エントリー

正しい事実、証拠で刑事、民事事件を扱い、合法根拠による判決は、実際無いと言う

  • 2022/10/03 10:39

損保が捜査指揮を執り、損害賠償保険金を、犯罪を行わせる捜査指揮で、捜査機関他に、損害賠償保険金不払いを成功させられる、必要な犯罪公務に手を染めさせて、実行を常に果たさせられて居るので、損保、支配下の自賠責、労災事業も含めて、合法な対人賠償支払いを、大手を振って潰せて居る。

この犯罪が、常に成功させられている、最終の武器が「損害保険金詐欺冤罪強制捏造、詐欺と虚偽の自白を吐かせて、詐欺冤罪に落とせて居る、警察、司法が、損保の詐欺冤罪式も受けての凶行の成功事実と」

損保、自賠責事業、労災事業が、犯罪証拠を武器とさせて、合法な対人賠償を、公然と踏み倒して逃げられる判決が常時下る故、合法根拠、証拠は無しでの、犯罪賠償踏み倒しで正しいと、常時テロ判決のみ下されて居るから。

一昨年の、山本巡査一方的追突、重過失傷害事件では「対人賠償支払いは、自賠責保険から120万円支払いと、被害車両が掛けていた、東京海上日動自動車保険、人身傷害特約から、賠償金の一部として、189万円位仮支払いだけ、なのに」

山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、地裁裁判官が共謀して、事実を無視して、189万円は、加害側が支払った保険金だ、30万円弱過払いだったと、虚偽の訴え提起、審理潰しで詐欺が正しい判決、控訴審に、人身傷害で189万円立て替え支払い、加害側に法廷内外で請求します、証明書も出されて居るから、訴訟詐欺が完全立証されている通りです、この30万円、税務署も、賠償金で無い金員を、加害者が払ったなら、徴税対象だから調べる、と答えている通りですし。

昨年3月29日の、重過失傷害事件では、東海は加害者が加入の自家用自動車保険で、高額対人賠償を、損害保険金詐欺冤罪をでっち上げる手、東削刑事一課強行犯と、札幌地検を、詐欺冤罪でっち上げ用犯罪捜査指揮下に置いて「被害者が焼却炉購入者、被疑者が購入は嘘、被害者を偽装した人間は、被疑者設定者が加入、東京海上日動自家用自動車保険に、損害保険金詐欺目論見で請求した、詐欺事件だ!こうでっち上げに走り、捜査機関に、被疑者に被害者が焼却炉購入者、被害者は東海に、詐欺目的で保険金請求した、と、虚偽自白させて、被害者を詐欺犯に仕立てろ!」

こう、違法な捜査指揮を執り、刑事、検事は「東海の捜査指揮通り、被疑者に、被害者が購入した焼却炉です、被害者は、被疑者が加入の東海自家用自動車保険に、詐欺請求しました、と、偽証を求めても居たと言う、証拠は全く違う事実を証明して居る、被疑者が購入の機器、被疑者が一部示談済みにより、示談金支払い、被疑者が東海に、既払い分支払い請求手続き実証子も、捜査機関に提供済みなのにです」

東京海上日動が、違法な自家用自動車保険適用で、不払い用に、損害保険金詐欺事件捏造目論見、偽証を捜査機関に指示して取らせて、詐欺冤罪成功まで

  • 2022/10/03 10:05

昨年起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも「平成23年8月18日から始まった、共栄火災、日下課長補佐、田中燈一辯護士が、中央警察署刑事二課、平田警部補を指揮して、でっち上げた損害保険金詐欺事件、を成立させて、私を詐欺の共犯者、に落とそうとも、虚偽を重ねた、損害保険金詐欺冤罪用の、犯罪捜査指揮凶行、この事件と同様に」

虚偽の損害保険金詐欺自白、から取って、私を損害保険金詐欺冤罪に落とすべく、損保、提携弁護士が、警察、検事、刑事担当裁判官を、詐欺でっち上げを成功させる為に、犯罪捜査指揮に、が起きて居ます、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任、こいつが転勤した後は、木村課長補佐が、損害保険金詐欺冤罪を、犯罪によって成立させる、と暴走し捲って居ます、従兄、被疑者の息子も、直接犯罪に手を染めて、組して居ます。

正しい事実、証拠は「自家用自動車保険は不適用、焼却炉は、被疑者が自己資金で購入して、息子が社長の会社に届けた機器故、故人が加入して居る、自家用自動車保険は適用不可能、が証明されており、保険業法違反から適用です、背任行為です、東海の資金を、違法拠出して居る、背任行為です」

焼却炉購入費拠出は、被疑者が自己資金で拠出、私は購入費など出して居ませんし、被疑者が加入の、自家用自動車保険は、被疑者が被保険者で、被害者の私は、被保険者不適格、詐欺請求等蹴られて終わるから。

税務署も、証拠によって「焼却炉購入費は、被疑者被相続人の自己資金で購入、息子相続人の会社に届けたから、この法人に対する出資金、相続人の相続遺産金、と答えて居ます、私や、経営する法人とは無関係、税務署が答えて居ます」

当事者間示談書も、こいつらの言い掛りとは違い、合法な示談取り交わしで、合法な示談分の示談金支払い、貸付金、贈与金では無い、貸付金と言うなら、息子相続人は「被相続人が貸付した金だが、未回収の相続税対象遺産金、相続税を納付する対象の遺産金、と、税務署に届け出が必要ですが、そんな届け出も何も、大掛かりな相続遺産金隠匿、巨額脱税を、東海、提携弁護士と目論見、の一環だから」

そもそも相続人、共犯者「巨額の相続遺産金を隠匿もして、高額脱税を成功させて、昨年の重過失傷害事件に係る、税務署が税務調査で証明事項が出来ないように、この巨大犯罪にも手を染めて出し、東海、提携弁護士、法曹権力、相続人等が共謀で、この事件だけでも、極悪な犯罪で有り、見逃されて居る事が間違いだけど、もう合法には向けない警察、司法他、が理由で」

東警察署、一体東海、伴と、どんな対人賠償踏み倒し、巨額脱税等犯罪を成功させる為、と言う、東海伴からの、犯罪を行う捜査指揮を受けて、犯罪のどれ等を凶行して来たのか?北海道警察も、札幌検察庁、検事も、札幌の裁判所、裁判官等も共謀犯、実行犯の一角で。

数千万円もの遺産相続金甌税潰し犯罪、これだけでも重大犯罪です、警察、司法が、公然と手掛けて居る、相続遺産金隠匿、高額相続税脱税だけでも、全国報道されても当然、の犯罪だから、損保が指揮、警察、司法犯罪で有ろうとも、国税は、この一連の犯罪には、組みせずでいます・

司法犯罪実例、証拠を、公に使うと、同様の犯罪は、訴追不可能も生まれる

  • 2022/10/03 08:54

損保が警察、司法を指揮下に置いて、必要な犯罪の指揮を執り、公権力が、唯々諾々と、損保が死した権力犯罪凶行に、常に走るから、損保、自賠責、労災事業は、大手を振り、対人賠償支払いを、権力ぐるみ犯罪で、常に踏み倒し出来ている、公開して有る事実です。

こう言った、司法、警察が共謀犯での、犯罪を正当と、職権を悪用して捏造して、損保等指揮、犯罪指揮に従い、合法を犯罪とでっち上げる、犯罪なのに、適法犯罪と、強制でっち上げ判決で逃がす、最後の武器は、司法犯罪適法判決!事件事実証拠を、同様の事件で、正しい事実、証拠を武器とさせて使えば。

被疑者設定者を逮捕!して、外部からの、正しい救済の手を、身柄拘束と言う、冤罪で自由を奪うと言う、警察、司法犯罪で、冤罪なのに自由を奪い、冤罪で有罪に落とす、警察、司法テロから救われる、正しい司法、警察他、同様の犯罪の制度化事実、証拠等を入手も出来なくさせて、冤罪を自白等させるか、無罪証拠は使わせず、やった、やらないだけで、刑事裁判、民事裁判共、冤罪を成功させる為の罠、で、こう言う争いごっこさせて、罠に落として成功、が通らない状態。

昨年3月29日の、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、加害責任者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約を、法人に届けた、故人が購入焼却炉だから、自家用自動車保険は不適用なのに、違法適用させて、高額の対人賠償金を、法を犯した手で不払い成功目論見で。

東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴担当、今は木村課長補佐と、提携弁護士連中、被疑者死後は息子が結託して「焼却炉は、被害者か、被害者経営法人が、実は購入した(刑事が被疑者に、こう自供を強要していた)被疑者から無償で貰った機器だ(息子相続人、東海、提携弁護士がでっち上げている、税務署は否定済み)よって被害者は、被疑者が購入の機器と嘘を吐き、被疑者が加入、東京海上日動自家用自動車保険に、詐欺目的で違法請求した、詐欺事件だ!」

こう、損保東海伴の捜査指揮で、被害者を冤罪で、損害保険金詐欺犯に落としに「被疑者に、実は被害者が購入したz焼却炉です、故意に事故を起こして、被疑者がこうにゅと嘘を吐いて、被疑者が加入の東海自家用自動車保険に、被害者が、損害保険金詐欺目論見で請求したんです」

こう、虚偽自白させようと、昨年12月3日まで、虚偽自供を取り、被害者を損害保険金詐欺犯に、冤罪で落とそうと、走って来た、高額の対人賠償を踏み倒す目論見で、ここまでの犯罪に走って来た訳です。

損保と公権力が共謀、賠償金踏み倒し用犯罪を常とさせて有る

  • 2022/10/03 07:53

損保、警察、司法、国土交通省、厚生労働省、金融庁、法務省ら共謀、損保が公権力を指揮、この形、組み合わせ、指揮、命令系統での犯罪は「損保、損保の下僕自賠責、労災事業が”合法な対人賠償、補償金支払いせず、おおっぴらに、犯罪を公権力が指揮して凶行、を武器とさせて、踏み倒して通せるように”これを全ての目論見、とさせた、損保が指揮、公権力が唯々諾々と、損保の下僕、犯罪実行担当で凶行三昧、が真実です」

損保、合わせて自賠責、労災事業が「合法な対人賠償、補償金支払いせず、犯罪を武器とさせて、大手を振って踏み倒して逃げられるように、この手の犯罪のノウハウは、損保しか持って居ないから、損保が公権力を、対人賠償、補償金踏み倒し目論見犯罪実行、指揮役で動かして、公権力が賠償踏み倒し、が正しいと決めた!と偽装を成功させて有ると」

通常は、この損保が賠償踏み倒し目論見で、警察、司法、医師、自賠責、労災事業、健康保険事業の、賠償踏み倒し用総指揮を執り、これ等共犯公権力が、損保様の犯罪指揮を、無条件で受けて、各々が、対人賠償、補償金踏み倒しを成功させる為の犯罪に、常に走って成功、が仕組まれて居るのだけれど。

犯罪でしか無いから「この、対人賠償犯罪で強引に踏み倒し、を成功させて有る、一連の公権力が、犯罪で対人賠償踏み倒し目論見犯罪実行、には、合憲、合法は微塵も無いので”証拠の合否で争う事を、強引に潰して来ているし、どうしようも無い、対人賠償犯罪で踏み倒し、が暴かれた等の事態の危険が生じると、損害保険金詐欺冤罪をでっち上げて”不都合な被害者側を、粛清して逃げて来て居ます」

この、損保が指揮、警察、司法、報道カルトが共謀の、損害保険金詐欺冤罪も「損害保険金詐欺を狙いました、損害保険金詐欺を働きましたと、事実証拠無視で、自供させて、自供しなくても、総指揮を執る損保、提携弁護士が”こいつが当損保に、損害保険金詐欺目論見請求したんだ”と告訴告発すれば、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官が共謀して、損害保険金詐欺冤罪で粛清常時、ここまでのテロが仕組まれて有るから、常時この損保指揮、警察、司法他、公権力テロも、常に成功させられて来て居る訳です」

損害保険金詐欺冤罪捏造も「詐欺と言う証拠等、一切不要で”詐欺に手を染めました、と、虚偽自白させれば詐欺確定”だし、自白させられ無くても、損保、提携弁護士が、損害保険金詐欺事件、と告訴告発すれば、普通は詐欺で有罪に落とせて来た訳です、警察、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、主治医、自賠責、労災事業も、犯罪の総指揮は、損保が執って居るからです」

この国家テロ犯罪権力が、損保犯罪指揮下に入れられて居ないのが「国税庁、税務署です、下はどうにか出来ても、上は、損保用犯罪の指揮下に入れられて居ませんが”昨年の重過失傷害事件で、東京海上日動、提携弁護士は、被疑者死後、相続人犯罪者と共謀して、警察、司法も共謀して、巨額の遺産資金隠匿、高額脱税にも手を染めた訳です、合法な徴税実施となれば、合法な高額対人賠償しなければならないから、相続税脱税で逃げる必要が生じたからです」

正しい事実証拠の取得済みなのに、損保の捜査指揮で、損害保険金詐欺冤罪でっち上げのみに

  • 2022/10/03 07:35

幾ら正しい証拠を得て居ようとも、損害保険金詐欺冤罪を不成立、とした証拠の取得を、捜査機関でも取得して居ようとも「損保職員に、捜査指揮権を渡して、損害保険金詐欺冤罪を成功させる為の、でっち上げた詐欺事件捜査、詐欺事件だ、と、自白を行わせて、東海が被害者の、自家用自動車保険金詐欺、を、冤罪で成立させる、この黒い企み以外、一切合法な真実を、証拠が証明して居る事も含めて、目を向ける能力も持たない捜査機関だから」

損保、提携弁護士がでっち上げた、損害保険金詐欺冤罪、を、虚偽の自供を出させて、損害保険金詐欺事件だと、損保が対人賠償金不払い、を、この冤罪成立で果たせるように、詐欺事件だ、と捏造出来る「自供を取ろうと必死、これだけが、損保が指揮、損害保険金詐欺冤罪を成功させられる武器だから、ですよ」

昨年起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも「焼却炉の購入者、加害者に対して、東警察署刑事一課強行犯、平野巡査部長と、上司の山田警部補、二階堂郁美検事は”加害者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償担当の伴に、捜査指揮を全て委ねて、伴がでっち上げた、被害者が購入した焼却炉なのに、加害者が購入の機器と嘘を吐き、加害者が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、被害者が損害保険金詐欺請求した、詐欺事件で有る”この、でっち上げた損害保険金詐欺事件を成立させる為の、犯罪捜査のみに走った訳です」

損害保険金詐欺事件も、損保からして「対人賠償保険金不払いを、犯罪で成功させる目論見での、損害保険金詐欺冤罪捏造だから”当事者らに、実は損害保険金詐欺です、と、根拠無く自白させろ!この、刑事、検事に要求する捜査指揮”がほぼ全てなのですよ」

当事者の誰かに「実は損害保険金詐欺狙いの、違法な損害保険金請求でした、との、虚偽自白をさせれば、詐欺は捏造、冤罪だと、証拠が捜査機関にも揃って居ようと、損害保険金詐欺冤罪に、強引に落として来た訳です、今までずっと」

この損保、警察、司法共謀犯罪、損保が合法な対人賠償せず、犯罪をやり放題で、損害保険金詐欺冤罪捏造も常に成功させられるから、野、損保が捜査機関を、詐欺冤罪成功等目論見で捜査指揮の手を「事前にでっち上げ、犯罪だと、犯罪行為事実、詐欺冤罪との証明等を揃えて、犯罪行為と証明を重ねて置けば、損保が違法に捜査指揮、損害保険金詐欺冤罪で粛清成功、も潰せる可能性が出るんです」

損害保険金詐欺冤罪も、損保が指揮、警察、司法の常套人権犯罪

  • 2022/10/03 07:03

昨年の、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件に絡んでも、加害者が加入、東京海上日動自家用自動車保険、札幌損害サービス第4課、永井課長、伴担当等と、提携弁護士が共謀して「法人に届けた焼却炉故、自家用自動車保管特約、適用不可とも理解出来ない頭で、被害者は被保険者不適格、も気付く頭を持たずで、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約を、違法稼働させて」

東京海上日動、提携弁護士による、保険業法違反、背任罪、弁護士法第27条適用、非弁行為者と提携弁護士犯罪、ですけれどね、これ等の犯罪に手を染めて、被害者を「加害者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償に、被害者が”被害者が購入した焼却炉なのを、加害者が購入した焼却炉、と嘘を吐いて、被害者が東京海上日動に、損害保険金詐取目論見請求を行った”損害保険金詐欺事件だと、札幌方面東警察署刑事一課強行犯に、東京海上日動、伴が、詐欺事件で訴えを出したと」

伴は「被害者が、都合により、二か月以上入院の重症だけど、22日で退院して、大きな行政犯罪事件に絡んで、現地に足を運んだ、退院翌日に、被害者から「東京海上日動自家用自動車保険の被保険者は加害者で、被害者は被保険者不適格、東海と関わる理由も無い”と伝えられて、気付いた訳ですが」

東署刑事一課強行犯と、東海上層部に「上記の法螺で組み上げた、被害者が、加害者加入の東海自家用自動車保険から、損害保険金を詐取しようとしている詐欺事件、と、でっち上げで報告、刑事事件届け出してしまったから、もう嘘と言えず”愚かな捜査機関の連中が、でっち上げた損害保険金詐欺事件”で暴走して居る事に付け込み、捜査機関に詐欺冤罪捏造を、成功させるべく暴走させて、逃げる気だった訳です」

札幌方面東警察署、刑事一課強行犯平野巡査部長、二階堂郁美札幌地検検事は「焼却炉購入者、息子が社長の法人に、自分が購入した焼却炉を届けた、重過失傷害事件加害責任者に罠を仕掛けて、次の嘘の自供を迫ったと言う、上司の山田警部補が認めた事です」

平野巡査部長は「焼却炉購入者、加害責任者に、執拗に、昨年暮れまで”焼却炉の購入費は、被害者が拠出したんだろう,あんたが買った焼却炉と言うのは嘘で、被害者が購入した焼却炉だろう?東京海上日動の伴から聞いて知って居るんだ、被害者が購入した焼却炉だ、と認めろ”と迫り続けたと言う」

所が加害者は、平野巡査部長に、昨年7月14日に「焼却炉は息子が社長の法人、xxエス商会に納品した納品書、東海が、自家用自動車保険が適用出来ますよ、と出した書面、当事者間示談書の一部、示談通りの示談金支払い証明書、加害者が、既払い示談金に付いて、東海に支払い請求した書面、これらを証拠で出して有ったんですが。

平野巡査部長は「東海伴から”被害者が購入した焼却炉を故意に倒して事故を起こし、焼却炉は虚偽の加害者購入機器、と嘘を吐き、偽装の被害者が、加害者と偽った人間が加入する、東京海上日動自家用自動車保険に、損害保険金詐欺請求した、損害保険金詐欺事件”と、上司の山田警部補共々、提出済み証拠も見ず、思い込みで決めていたので、被害者を損害保険金詐欺で送検、これしか考えて居なかったと」

だけど「被害者を初めて聴取した、昨年12月3日に平野巡査部長は、焼却炉購入は加害者、加害者は、DAITOに、焼却炉購入費を支払った証拠も揃えて有る、捜査機関が求めれば、証拠で出す、と言って居ると伝えられて、伴は4月23日に、被害者は被保険者不適格、と伝えられて、被害者と無関係と気付いて居る、よって、被害者が、加害者の加入損保自家用自動車保険に、詐欺目的で支払い請求した損害保険金詐欺事件等成立しない、と理解したけれど」

東京海上日動、伴共々、平野刑事ももう「被害者が、加害者設定の人間が購入した機器と嘘を吐き、加害者設定者が加入する、東京海上日動自家用自動車保険に、損害保険金詐取目的で支払い請求した詐欺事件、は成立不可能だ、と気付いたが、この事実を、誰にも自白出来ず、被害者を偽り、加害者設定者加入東海自家用自動車保険に、被害者が詐欺目論見請求した詐欺事件、と偽って突っ走って来たのが真実です」

経済事犯事件でっち上げも、司法犯罪で常時事実と捏造判決、証拠無しで成功ですから

  • 2022/10/02 09:05

経済事犯犯罪でっち上げで国保告発、訴訟提起も、日常の司法共謀犯罪です、犯罪弁護士のしのぎと言う理由で?無知な法曹資格者が共謀して、経済事犯で有る事の事実、証拠無しで、経済事犯事件をでっち上げれば、合法無しで、正しい経済事犯だ、と判決を、刑事、民亊とも下す、司法疑獄テロ犯罪制度です。

昨年3月29日の、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、幾つものでっち上げた経済事犯事件が、被疑者の息子犯罪者相続人と、東京海上日動と、提携遺産預金泥棒合法無く適法だ、弁護士会決定実行辯護士等で、犯罪と証明されて居る、悪行の数々が凶行されて来て居ます。

被疑者が死去後、こいつらが共謀犯で「被疑者が遺した、相続税対象の遺産資金隠匿、巨額隠匿して、数千万円脱税に走りました、東海、提携弁護士が、被疑者の息子相続人、xxエス商会社長が企んだ、巨額脱税目論見での、高額の遺産資金隠匿、巨額脱税に走った理由は、高額の対人賠償金支払いを潰す為の犯罪を成功させる為には、合法な相続税納税手続きを取ると破綻して、拙いから、巨額の相続資金隠匿、巨額脱税にも加担したと」

;事件原因の焼却炉は”被疑者が個人資金で購入して、息子が社長の法人に納品した”証拠で証明されている事実ですが、合法な相続税申告、納付を行うと、この事実、証拠により、被疑者が加害責任者だ、と正しく決定するんで”焼却炉はxxエス商会が所有者だ、被疑者は無実だ、焼却炉はxx商会が、被害者か、被害者経営法人に、無償で提供した機器の筈だ、被疑者に刑事、民事責任は無いんだ!この法螺主張が、根底から崩壊するから、巨額の相続税脱税にも加担して居ると。

;当事者間示談書、部分示談を交わした示談書x枚も”偽造の対人賠償示談取り交わしだ、示談金部分示談済み分支払いも嘘で、実は資金貸付か、贈与資金だ、加害者に対人賠償責任等無いんだ”この法螺主張で、残りの高額賠償踏み倒しに走って居る悪事も”正しく相続税申告手続きして、相続税高額納税すれば、既払い示談金200万円位は、徴税対象外の、損害賠償金受領と、正しく証明されるんで”高額の遺産金隠匿、高額脱税への加担犯罪も、東海、提携弁護士は、加担した訳です。

;当事者間示談書は偽造だ、この言い掛りにしても”部分毎の示談締結で有り、どの示談書を、何故偽造とでっち上げられるのか”示談書の数分の特定と、偽造と言う証明が必要だし、既払い分の示談金も、貸付金、贈与金との証明が必要なのだけど、一切そんな証明も無いですし”示談金で既払い資金、貸付と言うなら、息子は相続遺産金、未払いの相続遺産金と申告が必要だけど、そんな申告も無いし、贈与金と言うなら、証拠を添えて、贈与税徴収せよ、と税務署に訴える筈が、出て居ない訳で、只の犯罪行為者でしか、極悪な犯罪行為者連中だと。

司法犯罪、経済事犯も捏造、虚偽の業務上横領、詐欺犯罪捏造も常と、犯罪利得隠匿、脱税も犯罪合法判決で

  • 2022/10/02 08:29

司法犯罪には「虚偽の業務上横領犯罪、犯罪者捏造や、でっち上げた損害保険金詐欺事件、詐欺犯捏造の状態化事実、も有る通りです」

この司法犯罪も、経済事犯事件だと、正しい証拠を揃えた告訴告発、刑事訴訟法、民事訴訟法扱い事件、これを正しく証明出来た、証拠の取り揃えを前提として、事件として正しく受理、事実証明等により判決、決定、これが先ず必須条件ですが「虚偽の経済事犯で訴えたと、警察、検事、検察庁、刑事、民事事件担当裁判官、裁判所も熟知して居るから”経済事犯事件だと言う、正しい証拠等、強制的にも、揃えず受理、でっち上げただけの戯言告訴告発、訴訟提起を承知で、訴え通りが正しいと、詐欺判決、詐欺決定のみ下すからくりを、司法犯罪で、でっち上げで作って有ります」

普通は「ここまで出鱈目な、経済事犯事件だとの、根拠無し、虚偽の訴えで受理、出鱈目な訴え通り強制判決のみ下す、虚偽の経済事犯犯罪、犯罪行為を、正しい事実と、犯罪判決で強制熱層が常時成功、なのですけれどね」

特に「経済事犯事件で有れば”経済事犯事件で有る事の、必要な証拠の取り揃えが先ず必要で、被害者特定と、被害資金証明、被害金額証明も必要で、被害資金が、どうやって、どこの誰に、幾ら流れたか?この事実証明も必要です”が」

でっちあげ、虚偽の経済事犯事件をでっち上げて、刑事、民亊で訴えて有るだけだから『正しく経済事犯事件だと、全く証拠が無いし、被害資金が、何処から、幾ら、どう言う犯罪で、誰に幾ら流されたと言うのか?証拠も揃えない、でっち上げた経済事犯事件捏造、受理、でっち上げた経済事犯事件だが、正しい犯罪だとのみ、根拠無しで常時判決、迄仕組んで有りますけれど」

税務署に対して「経済事犯事件とでっち上げて有る、これが事実である、徴税目的調査を求める、と、国税徴収法発動を求めれば”司法犯罪、でっち上げた経済事犯犯罪”で有ろうと、徴税の可否調査実施、に動いてくれる場合も多く有るんです」

でっちあげた経済事犯事件だから「徴税目的の調査の実施により、でっち上げた経済事犯事件と証明出来るし、賠償踏み倒し目論見の、詐欺事件でっち上げや、対人賠償犯罪で踏み倒し目論見での、巨額の遺産資金隠匿、巨額脱税目論見損保、司法共謀犯罪事実も、事実証拠を持って、徴税目的調査を求めれば、正しい徴税目的調査を行い、合法徴税実施、も果たされ出して居ます」

経済事犯事件故、税務調査の求めを出して

  • 2022/10/02 07:57

昨年の、従兄が購入焼却炉転倒、重過失傷害事件でも、被疑者が死去した、今年5月18日以降、相続人で、xxエス商会社長、幽霊法人社長の息子と、被疑者が加入、東京海上日動自家用自動車保険会社、日常生活賠償と、弁護士特約違法稼働損保、提携弁護士が共謀して、次の悪行、犯罪に走って居ます。

;被疑者の遺産金、3カ所の金融機関の遺産預金、郵貯、道銀、北洋銀行遺産預金と、野村證券で、細かく投資している資金、Ⅹ千xx百万円を、先ず現金化して隠匿して、巨額脱税(多分3,000万円とか?)を目論んだ、相続人と東海、提携弁護士等が共謀犯で、弁護士特約、自動車保険適法被保険者特権での犯罪、らしいです?数千万円の脱税行為も、自家用自動車保険適用で、こうして凶行出来るとの事。

;他にも”被疑者が、息子の法人医出資して居た資本金300万円、焼却炉購入、この法人に届けた資金120万円以上、被相続人生存時に、息子は父親のカードを預かり、浪費し捲った資金等も、脱税する予定だった訳だ”他にも、他に出資した形を取った、数百万円の、相続税対象資金も有るし、この連中は、こう言った、確信犯で相続遺産金隠匿、巨額脱税に走った訳です。

;そして”被疑者と被害者で交わした、数枚の示談書、示談済み分の、対人賠償金既払い分を、偽造示談書だ、示談金支払いは嘘で、貸付金だ、医療費立て替え金支払い手続き書面、札幌市国保宛、被疑者発行書面も偽造だ!”と、先ず市役所を、言い掛かりで脅迫して、数千万円に上る、被疑者が支払い責任を認めて、一部支払い済み、対人賠償示談と、既払い金を、虚偽と捏造に走り、対人賠償踏み倒しを目論んで、犯罪に走って居ます。

これ等の、相続人、xxエス商会社長、東京海上日動、提携弁護士共謀の、経済事犯の範疇でもある犯罪、犯罪で巨額の利益を得る目論見の、極悪犯罪も、税務署に訴えて、税務調査が行われて居る訳です。

記載して有る、相続遺産金、遺産預金隠匿行為は、税務署で既に、証拠等取得済みで「私の訴え通り、相続税徴収対象金、とされて扱われて居ます、示談複数の一部と、示談済みによる、部分示談金既払い金も、犯罪者連中の虚言、示談書が偽造で、示談金支払いも嘘で、貸付金か、贈与金だとの、犯罪者連中の、高額賠償金犯罪で踏み倒し目論見、の虚言に付いても「合法な示談取り交わしで、合法な示談金支払い、受領故、徴税対象外の金員やり取り、受領、と答えを得て有る通りですし」

相続人の吐いている嘘「焼却炉は、xx商会が所有者だ、帳簿にリースと書いて有るからだ?焼却江尾は、無料で被害者か、被害者経営法人に貸したか、無償譲渡した機器だ?証拠は無いが、この戯言に付いても税務署は”機器購入費は、被疑者が自己資金で拠出、納品書で、xxエス商会に納品、しか証明が無いので、被疑者が息子の法人に、自分で購入した焼却炉を届けただけだから、息子の法人に対しての、購入費貸付と扱われて、相続税納付対象金、との答えが出て居ます”」

この一連の、相続人、東京海上日動、提携弁護士共謀犯罪「しかも、法人に届けた焼却炉で起きた重過失傷害事件だから、被疑者が加入の、自家用自動車保険は不適用なので、東京海上日動、提携弁護士連中は、東海資金を、背任行為等で違法拠出、違法資金受領して居る訳で、違法な非弁行為事業実施と、非弁事業者との提携弁護士業務実施、も凶行ですからねえ」

こうした、こいつらが共謀犯での、巨額の経済事犯犯罪も、税務署に徴税目的調査実施を、犯罪利得の詳細、脱税目的相続遺産金隠匿の証拠等を揃えて行って貰うと、こうした、詳細な、犯罪利得を得る、隠して脱税、も潰せる訳ですし、記載極悪犯罪も、犯罪で有る証拠証明が果たせるんです。

経済事犯事件は、国税、税務署上層部に、犯罪利得、脱税事実を持ち、徴税目的調査を求めれば

  • 2022/10/02 07:32

一昨年8月11日に起きた、北海道警察所属、山本巡査による、一方的追突傷害事件でも、幾つもの損保、司法共謀の、対人賠償犯罪で踏み倒し、これ用の犯罪が手掛けられて、通常成功させられる、筈の悪事だから、犯罪責任逃れさせられている通りです、主治医の医療行為、診断を、自賠責事業、損保職員、らしい、身分不詳者が「虚偽の後遺傷害等の受傷との診断だ!犯罪診断と、一審判決で、後遺症に該当する受傷も、判決に書いて居ないから?判決が正しいので、後遺症に該当する受傷は虚偽だ、犯罪診断を武器、犯罪判決も加えて、こう犯罪者診断?に走り、後遺症を潰す暴挙を重ねている通りです」

そして「山本巡査、加入する共栄火災、斉田提携弁護士、一審裁判官は”自賠責の範囲を超えて、189万円、対人賠償金支払いした、30万円弱過払いだった、もう債務は無い”と、虚偽の訴訟提起して、地裁裁判官は、司法詐欺訴訟事実、証拠を出されて逆上して、口頭弁論開始、審理潰しで、事実無根で、訴訟提起内容が全て正しいと判決!」

で、控訴の提起して「189万円支払いは、被害車両が加入の、東京海上日動自動車保険、人身傷害特約が、自賠責基準に準じた補償金額一定額を、加害者不払い故、仮支払いした、との証拠を出しており、又”この立て替え支払いした、対人賠償金の一定額を、加害側から法廷内外で回収する、と記載した証拠も出している通りです”」

法に沿うと「山本巡査、共栄火災、提携弁護士斉田、一審裁判官は「確信犯で、対人賠償債務詐欺抹殺目論見の訴訟詐欺を提起、詐欺訴訟と承知の上で、合法な訴訟提起、提起内容で有ると、詐欺と確信犯判決!で有り、国が犯罪行為責任を、正しく法に沿い、取らせる責任を負って居る、司法疑獄犯罪と証明されている事件です」

この経済事犯の一端犯罪も「税務署に訴えて有り、189万円を支出したのは山本巡査、共栄火災、東京海上日動の何処か?の調査証明と、加害側が拠出なら、が前提で、30万円過払いだ、との主張に合法根拠が有れば、損害賠償金受領では無いから、納税対象金取得扱いとなると、北税務署が伝えている通りです」

この、山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、地裁裁判官が共謀の「経済事犯事件も”税務署に、徴税目的調査の求めを出して、犯罪利得と言う資金は、誰が、何処に流したのか?証明させて、犯罪利得と主張する根拠証拠を、当事者から出させて、徴税対象資金か否か、虚偽の経済事犯事件捏造化も、正しく立証させれば良いのです”」

法を犯して得た収益なら、刑法第19、刑事事件で扱わない、犯罪の類いの収益は、刑法第20条を適用させて、全額没収か、徴税実施が法の規定だから。

この事件は、絵に描いた訴訟詐欺で有り、故意に訴訟詐欺を提起して、詐欺と承知で、合法な訴訟と詐欺判決を下して居る、司法疑獄犯罪事件です、税務署も徴税目的調査に、司法疑獄経済事件でっち上げも、徴税目的調査をさせないで、成功させて有るだけだから。

ページ移動

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561154
ユニークアクセス:5726844
今日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1522
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed