エントリー

2017年05月24日の記事は以下のとおりです。

物品所有権証明

  • 2017/05/24 17:48

動産の所有権を、特に事業関連で有れば、公式に証明しなければならない場合が、多々有ります。

物品をリース貸出して居る、こう言う契約なのに「物品を貸し出して居る事業者は、リース貸出?物品を所有して居る事を、絶対立証出来ません、物品を所持しておらず、当然物品リース等行える筈が無い結果です」

要するに、詐欺行為ですよ「物品が誰の所有か、事業を行って居るんです、まして”物品を所有し、リース貸出している”契約となって居るのであれば、貸した側は、貸出物品を正しく所有して居る証明が、当然出来なければなりません”」

でも、実際の事業事実、契約内容は、違法貸金契約です「物品を購入し、所有し、有料で貸し出していると言い張って居るのは嘘です」

こんな三流以下の詐欺師と共謀して、公権力は犯罪を指揮し、支援し、犯罪と承知で税金を流して差し上げておられるんですよ、本当に極悪な国家権力だ、私利私欲のみしか見えない腐り切った国家権力だ、本当に。

この三流以下の詐欺が、犯罪以外無い証明には「この金融詐欺被害物品を資産登録して有る、無い顧客所在市の台帳記録を、顧客契約物品記録と突き合わせても、幾つも出tて来ます」

虚偽廃棄物処理ばかり

  • 2017/05/24 17:39

札幌市の一般廃棄物処理は、所有者偽装、犯罪処理ばかりです。

何しろ合法な処理策が、自己搬入以外無い事業形態です、この手で処理場に運ぶ、受け入れる処理方法しか、基本無いから。

その事実を隠して「違法な搬入受け入れは基本無い、処理場が騙された場合だけだ、こう嘘を吐いて来たけれど」

札幌市の高齢者宅、生活保護家庭の廃棄物運び出し、運搬処理事業でも「無許可違法業者を使い、違法を重ねた処理を日常で行っている事も、きちんと証明しました”公共事業です、市が直接指揮しての犯罪事業です”」

もう言い逃れは、全く無理です、ここまで詳細に犯罪の事実証明がなされてしまって居るのだから。

さて「札幌市環境局は、調べて違法で有れば、是正指導からする、と言って居ます”警察は、検察庁は、どうするんだろう、いいだけこの犯罪も、見逃し続けて来たのだから”」

結局札幌市役所も、違法を見逃すのは難しくなってしまい、是正指導からしなければ拙い状況にまで、私が追い込みました「今後、同じ犯罪を”確信犯で行い続けるなら、もう誰も一般廃棄物無許可、違法請負処理業を手掛けても、国家権力にどうこう言われる筋合いは、全く無いから”」

この事実も

  • 2017/05/24 12:31

@環境事業公社中村次長と話、引っ越しに際して居る場合、之を証明して、一般廃棄物請けするチェック体制を拡充させる事を確認しました

                                平成29年5月24日

秋元克広札幌市長、市議会、環境、各区介護、保護課
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166
札幌高等検察庁上野友慈検事長
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
北海道警察本部長、札幌方面東警察署長
TEL,FAX011-251-0110

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、今日公社中村次長と話して「公社は今後、引っ越しに際しての、引越し委任者所有廃棄物引き受けである事の証明も取り、その上で廃棄物引き受けする、家電四品目は引き受け不可もきちんと運送業者に周知させる(処理券処理大型家財も引き受け禁止)」こう答えて居ます、生保、高齢者家庭の廃棄物処理公共事業でも、所有者偽装で公社に引き受け処理させて居る、家電四品目も違法請け処理等も伝えて有ります、ライフパートナーズ、ライフピース、ジャパンプロスタッフ、金太郎運送、片付け本舗等多数が公社契約事業者で、同様犯罪処理者です。

2、市保護自立支援課、環境局、複数の区生保部署にも「上記事実等を伝えました、公社と焼却場が、違法請負一般廃棄物を違法引き受け処理しなければ、終わる犯罪(公共事業も)ですから”当社はきちんと法律家も必要な場合委任し、合法、適法な手続きを取り、必要な費用を頂き、不用品等を所有権移転させて扱い、処理します、必要な設備は整えた上での事業です”当社に相談するべきです、これ以上犯罪を続ける事をせず、又、弁護士会、行政書士会、警察に乗り込まれる前に、遺品整理士、弁護士、行政書士法違反、廃棄物処理法違反者にも高齢者、保護世帯の廃棄物処理委任させて居るが、止める事も伝えて有ります」

家財処分請負も

  • 2017/05/24 12:09

東区役所保護3課、松田係長との話で、保護世帯の廃棄物処理、引っ越し以外が多いと聞きました。

でもね「請けた業者は環境事業公社に”引越しに際して出た廃棄物と、嘘を吐き渡して居るんだよね”」

公社が「無差別受け入れして居る結果です、ライフピース、クイックパートナー、ライフパートナーズ、金太郎運送、ばなな、片付け本舗、ヤマトホームコンビニエンス、引っ越し社、サカイ、佐川他、何処もこの違法廃棄処分です」

要するに「引っ越しに際しての、引越し委任者排出塵です、こう偽れば、札幌市、環境事業公社、焼却場が”嘘と承知で無差別引き受け処理して居るから”成立して来た犯罪事業です”」

ここを潰せば、この札幌市主導犯罪は、崩壊します「裁判所犯罪は、どうなるか、ですね”強奪した金品の所有権を債権者に移す、この法律手続きを、以前のように取れば良い事です”」

所有権を公式移動させる、之をしなければ、何時までも犯罪が重ねられるばかりです。

札幌市役所、区役所の生保家庭、高齢者、障碍者家庭の廃棄物請負処理事業、犯罪塗れと証明されたけれど、どうするのやら「担当役人と請負業者、セットで捕まるべきです、確信犯罪なのも公開証明されて居るのだから」

うちの事業に

  • 2017/05/24 10:05

一般廃棄物犯罪請負処理、ようやく札幌圏分は、予定して有った合法化の道が見えて来ました。

回りが、札幌市主導で犯罪に走って居るんで、うちが困って居ます、正しい事業を行うのが違法に見えて。

だから合法化を果たす為、一所懸命動いて来たんです「合法、適法な処理を、うちは出来ます、公権力にもきちんと合法、適法を証明出来るから」

必要な設備を揃えて有ります、必須の設備をきちんと、それが無いのに一般廃棄物を請負処理する名と言うんです。

お陰で国需の一般廃棄物犯罪請負処理、淘汰出来るんでは、潰すひな形を一定構築したので。

この犯罪も、潰して適法化するには、深い専門知識と方法論が必須だから。

私で無ければ出来ません、札幌圏の場合「札幌市環境局と環境事業公社、ここの犯罪を、先ず潰さない限り、是正は無理だから」

公社に違法請負廃棄物を渡せば、逃げられる、この犯罪の撲滅が必須でした」

公社も是正を更に行うと

  • 2017/05/24 08:59

公社の中村次長と話しました、次長は「私に言われてから”引越しに付随した場合のみ、運送屋から顧客所有廃棄物を受け取る手続きに、現状是正して居ますが、もっときちんと引っ越しに付随しているか否か、市とも協議して是正の方向で動きます”」

こう答えて居ます「公社の中村さんにも言いましたが”数千万円の設備投資が出来ている、出来る事業者で無ければ、廃棄物請負処理事業は出来ません”」

軽トラック一台だけの運送屋、便利屋に、公共事業一般廃棄物請負処理を請け負わせれば、違法ばかりとなるに決まって居ます。

土地、建物、一定の設備が必要な事業です「ここまで持って来ました”土地建物、設備を持って居なければ、公共事業も含めて一般廃棄物請負処理は、より出来なくなるでしょう”」

うちはここを目指して来たのだから、ようやくここに到達しました。

生活保護、高齢者、障碍者の家庭の廃棄物処理”のみ公共も含めた請負事業”も、之で潰せるでしょう。

後は、どう言う処理を果たすか、ですね「処理の適法な方法が、全部は無いので」

もっときちんと法整備して頂くしか無いです、遺品整理士、あの犯罪業務も追及ですね。

 

公社は犯罪事業社

  • 2017/05/24 08:52

札幌市環境局事業廃棄物課、八柳係長さんの「正義の所管法律適用条件通告により、環境事業公社の犯罪振りが、より証明されて居ます」

占有している車両、作業員とは「自社で所有、使用登録が、陸運局になされている車で有り、自社で作業員に日当、給料を支払って居る作業員を指すのです」

他社の車に自社の名を書かせたって、占有車両とはなりません、他者の職員、労働者を自社の下請けで労働させて居たって、自社の占有労働者とは、当然なりません。

事業所もですが「占有して居ると言う事は、公式に立証出来るのです、詐欺リース物品も同じですから」

事業所で有れば、公式に占有、所有を立証出来ます、当然の事です。

出来そこなったガキ以下ですね、こいつらの狂った言い訳は、頭の程度が幼稚を超えて居ます。

詭弁ですら無い、嘘の羅列だけで違法、犯罪を正当化出来ると思っているのが呆れます。

環境事業公社、運送屋、便利屋、札幌市の犯罪廃棄物処理事業が、ここまで明らかとなって居ます。

誰が正当な権利者であるか、合法、違法、犯罪とどうやって証明されるか、良く分かるでしょう。

公権力犯罪の手口

  • 2017/05/24 06:56

@ファイナンスリース、国際金融詐欺物品、一般廃棄物無許可犯罪処理、公共事業でも恒常的に行われて居るこの犯罪は、最終処理が所有者偽装廃棄処理です、札幌市生保家庭廃棄物処理、区役人、請負業者から、違法処理証言等を更に得ました、札幌市環境局八柳係長、札幌市環境事業公社中村次長の証言でも、この事業者が違法事業許可だと立証されて居ます
                                平成29年5月24日
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目
上野友慈札幌高等検察庁検事長殿
札幌地方検察庁特別刑事部
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高等裁判所長官 公社と契約しても下記の通り適法にもなりません、弁護士会、裁判所が法を犯し続けているが、社会秩序が崩壊します
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456

                 本件刑事告発者

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                      有限会社エッチエイハウスリメイク
                            取締役山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

         本告発事件、犯罪指揮、実行犯一部
河戸光彦会計検査院院長 広報西村、吉田他担当
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530 犯罪に国税投入、検査自体虚偽です
公正取引員会北海道事務所
TEL011-231-6300
FAX011-261-1719
環境省 廃棄物課堀川課長
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264
麻生財務、金融大臣、政策金融、金融公庫火災保険、保険、金融
TEL03-3581-7686
FAX03-5251-2217 詐欺貸金発覚で合法納税も不可能制度確立
塩崎恭久厚生労働大臣
TEL03-5253-1111
FAX03-3592-5934(社会援護局保護課鈴木2827)
FAX03-3502-1598(安全衛生部安全衛生法松本5477)
田中敏章北海道労働局長、各労基署長
TEL011-709-2311
FAX011-709-2714 
高橋はるみ北海道知事、道議会、人事局人事課、法制文書、環境、保護
TEL011-231-4111
FAX011-221-6399
秋元克広札幌市長、市議会、市税、生活保護、介護、環境、焼却場、環境事業公社、オンブズマン
TEL011-211-2132 不都合な情報開示は答えず逃げる
FAX011-218-5166 公社の車両、作業員、処理場の有無情報も
旭川市長、市議会、職員課、環境、市税、契約、生活保護等に配布願う
TEL0166-25-6369
FAX0166-29-3977
小樽市長、市議会、職員課、市税、契約、廃棄物、生活保護へも配布
TEL0134-32-4111
FAX0134-25-1487
石狩市長、市議会、市税、職員課、契約、廃棄物、生保へも
TEL0133-72-3119
FAX0133-75-2275
北広島市長、市議会、市税、職員課、契約、廃棄物、生保
TEL011-372-3311(米川)
FAX011-372-1131
江別市長、市議会、市税、職員課、契約、廃棄物、生保へも
TEL011-381-1404
FAX011-381-0390
恵庭市長、市議会、職員課中川部長、市税、契約、廃棄物、生保へも
TEL0123-33-3131
FAX0123-32-0260
FAX0123-33-3137 職員課中川部長
千歳市長、市議会、市税、職員課、契約、廃棄物、生活保護へも
TEL0123-24-0158
FAX0123-49-2056
岩見沢市長、市議会、市税、職員課、契約、廃棄物、生活保護へも
TEL0126-23-4111
FAX0126-23-9977
北海道警察本部長、札幌方面東警察署長
TEL,FAX011-251-0110

1、ファイナンスリース、違法貸金契約、物品は顧客購入物、この犯罪物品の扱いでも、次の犯罪まで行い続けて居ます「リース契約切れ後、物品に付いても貸金、販売店所有と、役所の契約でも、貸金、販売店と役所両者が共犯で偽り、物品を横領提供、貸金、販売店所有は嘘と承知で、税金を更に注ぎ込み虚偽購入、所有者を偽り産廃処理する悪事を恒常化して居ます”顧客所在市町村資産登録台帳、貸金、販売店の帳簿、資産台帳、税務申告内容、決算内容等でこの犯罪も、正しく証明されて居る事です」当社は、この所有者偽り事実等を公式立証し、法人税合法申告不可、白紙申告が国税証人で通って居るのです。

2、貸金、販売店、官公庁、ファイナンスリース顧客事業所の帳簿、資産登録、税務申告等書類記載、手続きを偽造させ、通して居る国税が決定した事です、国の決定は絶対です「しかし詐欺リース物品廃棄処理は、都道府県庁が実行犯、指揮犯で所有者偽装処理です」この詐欺事業を通して証明出来る真実です、之が。

3、昨日、札幌市による生活保護家庭の廃棄物税金処理犯罪に関し、次の違法、犯罪事実も確認しました。

4、道公取委に出向き、区役人、請負業者に対し、電話をスピーカーにして話して得た違法、犯罪事実纏め。

中央区役所保護一課係長米沢、東区役所保護3課係長松田、南区役所保護一課係長谷に対し、確認した事実基本。

山本ー生保家庭の廃棄物処理では、廃棄物の内訳無し、廃棄物を正しく処理した証拠無しだ、これら情報は合法に廃棄物を処理した事実を証明する為、必須の情報だ、窃盗だが裁判所の不動産明け渡し執行では、これら情報は基本揃っている、何故合法に廃棄物を処理させた情報を無しで良いとしているのか、法による答えを公取委、国民に対して出す事を求める、金太郎運送、片付けや本舗ほっと他全て、区の役人が内訳、処理証明不要と言っている結果と答えている。

3係長ーそれは処理委任した保護家庭がした事で、その内容で税金支出した法的根拠等は、答えを持って居ません、廃棄物処理法から何も知らず行って来た事業だったので、これから是正を考えます。

5、中央区役所保護1課委任、片付け屋本舗ほっと朝倉氏との会話纏め。

山本ーこの廃棄物処理では、家電四品目もあるだろうし、多くの他廃棄物処理も有るよ、どう言う処理をしたの。

朝倉ー家電四品目は、うちで処理券を購入して、業者に引き渡しました、他の廃棄物は、保護家庭住所地と、自分の住所地の塵ステーションには、町内会長に話をして、塵袋に入れて出しました。

山本ーそれは違法だよね、処理券は委任者名で購入して処理なら、一応適法だけど、所有者偽装処理だから、塵所有者以外のステーションに出して居るのは、市の条例上も違法だよ、そんな処理で(中央、白石)区が認めているの。

6、東区案件(株)ケーワイ流通北村氏との会話纏め。

山本ーこの保護家庭の廃棄物、どうやって処理したの?

北村ー産廃業者に引き渡しました、一般廃棄物処理物品を事業廃棄物と偽った処理で、確かに違法処理ですね、警察の捜査が有れば、証拠提出等致します。

※裁判所の不動産明け渡し執行、運送屋、便利屋、公社、公社下請け公清、北清企業が恒常実行して居る処理です、廃棄物処理法違反責任は問え無いでしょう。

7、札幌市役所環境局事業廃棄物課、八柳係長と環境事業公社中村次長とのやり取り概要。

八柳係長に、札幌市生保家庭廃棄物違法処理事実等伝達。

八柳ー聞いた内容だと、廃棄物処理法違反でしょうね、所有者を偽った処理も、一般廃棄物を事業廃棄物と偽る処理も、他地域の塵ステーションに出す行為も違法ですから、市の事業なので、いきなり廃棄物処理法違反で刑事告発とは出来ないので、保護自立支援課から事実確認し、事実なら是正を求める所から行います。

山本ー環境事業公社には、塵収集車、収集作業員、中間分別施設一切無い、ごみ収集事業許可を出せる要件を知りたい。

八柳ー占有権が有る塵収集車を持って居る事、所有、リースどちらでも良いから、収集作業員を抱えている事、派遣でも良いので、之が許可を出せる条件です、公社には収集車、処理作業員一切いないんですか、一部は外注も認められてはいますが。

公社中村次長への山本からの電話ーごみ収集事業許可条件は、塵収集車を占有所有して居る事、所有、リースどちらでも良いから、ごみ収集作業員を抱えている事、雇用、派遣どちらでも良いから、だが公社にはどっちもゼロだ、違法事業だろう。

中村次長ー他社に仕事を出し、他車の車両にうちの事業所名を記載させて、うちの業務を行わせて居る、よって車両、作業員を公社が占有して居る事になる。

山本ーそれは外注であり、占有事実は無い”占有車両とは所有権、使用権が陸運局に登録された車両で有り、作業員を抱えているとは、日当、給料を作業員に直に払う雇用契約を言う”明白に違法事業だ。

山本ー引っ越しに際して一般廃棄物、引越し委任者が日常生活で出る廃棄物を、引っ越しと合わせて、利益を取らず処理請け出来る環境省令は”引越しを請負、併せて処理請け出来る”だが公社と契約運送屋、便利屋、生活保護、高齢者家庭の廃棄物処理は、一般廃棄物のみ請負処理して居る、違法だろう

中村ー運送業なら”引越しに際してかどうかは問わず、一般廃棄物を請負処理して通る、環境省令でだ”環境省令では引っ越しに合わせて、利益を得ず、排出者作成廃棄物品目記載書面と塵を受けるとなって居るが、運送屋であれば一般廃棄物を請負処理出来る環境省令だ”

山本ー八柳係長は”運送屋、便利屋、裁判所の執行で、越境して一般廃棄物を搬入処理して居ても、刑事罰が無いから認められるのでは?と答えている、公社も焼却場も、この違法受け入れもしているが、理由は?

中村次長ー運送業許可を得て居れば通る、そう言う条件である。

8、ここまで違法、犯罪事実と、犯罪行為者を調べ上げました、検察庁、警察、各国の監督機関、これ以上犯罪を重ねる事を認めず、後の責任を負うべきです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3278903
ユニークアクセス:2819494
今日
ページビュー:1638
ユニークアクセス:1315
昨日
ページビュー:2938
ユニークアクセス:2217

Feed