エントリー

2017年05月30日の記事は以下のとおりです。

違法処理まで公認、生保家庭の廃棄処理

  • 2017/05/30 17:31

東、北、西、手稲区役所生活保護課を回りまして「保護家庭の不要物、塵を税金で処理して居る、公共事業に関し、違法請負処理を恒常化させて、通されて居る、官民合体犯罪事実に付いて、保護課役人連中に、生活保護法のこの事業遂行規定、3社から見積もりを取らせ(実際は市の仕切りのやらせ、業者は闇で指名して居る)、最安値を付けた業者を指名し、委任させて居る、委任して居る事に関して」

処理方法は、一切問わないから、違法処理であろうとどうでも良い、処理をどう行ったか、一切証明不要で通すから。

こう、この国税、地方税投入事業を、過去からずっと行って来ていますと、各区役所の役人諸氏は、異口同音に答えて居ます。

当然ですが、今の廃棄物処理法規定では、正しく廃棄物処理法違反です、税金事業でここまでの犯罪を、札幌市役所として行わせて、犯罪だとばれて開き直り、公開犯罪で続行です。

法律の正しい規定から、何も守るスキルから無いが、法を正しく駆使出来ない犯罪国家権力が、独善だけで「自分が白、黒と決めれば正しくなるんだ」

これを行い、実際通せています「で、保護家庭の不用品の、税金を使っての搬出、処理公共事業にしても、役人犯罪者連中が独善で決めれば、廃棄物処理法規定違反ばかりだけど、正しい犯罪で通って居る、こう答を得続けて居るんです」

墓石問題は

  • 2017/05/30 17:20

有る時から「墓石は自然破壊を引き起こす産業廃棄物である、中沼のコンクリート破砕施設に”墓石クラッシャーを設置したので、以後墓石加工後の端材、撤去した墓石は、中沼の施設に強制搬入せよ”これをしない場合、産業廃棄物違法処理として刑事罰を食わせる」

こう、札幌市内と近郊各市、町の墓石業者に通告して、従わせた、これを確認済みです。

で「墓石は自然素材だし、墓石から仏教の僧侶が魂を抜き、普通の?産業廃棄物に変えた等、詐欺以外無い話だ、そもそも産廃か否かは”魂が入って居る、居ないは関係無い”所管法律を悪用した、役人犯罪だ」

こう言い続けて来た事が、今ようやく、多くの人にすぐ理解されるようになって居ます。

中沼に設置した、墓石クラッシャー機械は、墓石なぞ幾らも持ち込まれる訳が無いから「使用頻度も限られて居るでしょう、つまり、この詐欺話を通して、税金詐欺を成功させて、こんな機会をまんまと設置出来た、之でしょう、狙いは」

今になり工事管理の部署から「墓石は自然素材で有り、砕いて敷き込んで問題は無いだの、公文書に書いて出して来て居るが”じゃああんな高額の機械、どんな理由で税金を注ぎ込み、購入し、設置したのだ”」

単なる自然素材を砕く為に、億単位の機械を税金で購入し、設置するか、詐欺話で血税を詐取したのが事実だろう。

嘘の塗り固めで

  • 2017/05/30 16:33

墓石には魂が宿っており、又、墓石は自然環境を破壊する産業廃棄物である。

こんな狂った虚言で「札幌市役所は、近郊の市、町と共謀して、札幌市中沼のコンクリート破砕施設に”異常に硬い墓石クラッシャー機械を設置して、札幌市内と近郊の市、町から強制搬入させました”」

墓石から仏教の僧侶が「魂を抜き”普通の産業廃棄物とさせた”はあ、魂が入って居る時は、じゃあ何だったんでしょうか?」

産業、一般廃棄物扱いで処分する物品って「物理的な事実で決めて、処理施設に搬入させて処理して居ますよね”魂が入ってりゃ産業廃棄物では無いが、魂を抜けば普通の産業廃棄物になる?”」

役人が公式に吐く事か、詐欺以外答えは無いぞ「こんな虚言で”国税、地方税をこの施設に注ぎ込んだのですよ、国、札幌市役所が”詐欺に税金を注ぎ込んだのです」

これが詐欺で無いと言うなら「墓石に魂が宿って居る内は産業廃棄物では無いが、仏教の僧侶が、あらゆる宗教の墓石から魂を抜いた後は、単なる石ころだけど、環境汚染させる産業廃棄物に転じる、よって中沼のコンクリート再生工場に、墓石クラッシャー機械を税金で導入して、魂を抜いた後の墓石を、札幌市内と近郊の市、町から強制搬入させて、砕いてコンクリートと混ぜて、道路に敷き込んで来たけれど、今は止めた」

この事実がどう正しいか、秋元市長、近郊の各市の市長は公式回答を出すべきです、先ずは。

犯罪し放題

  • 2017/05/30 09:31

安倍首相の「忖度?で、今度は首相が昵懇?らしい元記者、ジャーナリスト?とやらが、女性に睡眠薬か何かを飲ませ、強姦した事件で、逮捕状まで出たが、忖度?を受けた警視庁、検事が事件を握り潰した、と、被害者女性が身分も顔も出し、訴えましたね」

まあ、この件に限らず、この国はとっくに、同様の所業が当たり前になり下がっていたのです、権力とつるめば、権力側に居れば犯罪し放題で、私利私欲、我欲を犯罪に走り、満たして、法の適用除外で逃げられて居るんです。

憲法、法律なぞ、とっくに無効化が果たされて居ました「決める決定権は全て公権力側が、憲法、法律を無効化したとして、決めれば通る日本に成り下がって居たのです」

結果がテロ、犯罪し放題日本国樹立、この現実なのです、どんな悪事、テロ、犯罪だろうと、権力側に居ればやり放題出来ます。

治外法権日本国家が、とっく樹立されていたのですよ、憲法、法律規定なぞ、犯罪権力側集団には一切理解自体出来ないのが現実です、ですから余計、法律の正しい適用なぞ、果たせる道理が無くなっていたのです。

治外法権国家日本、安倍首相の忖度云々は氷山のほんの一角です、権力側に立てれば、犯罪をし放題出来て、私利私欲を犯罪に走って満たせる、それが現実の日本です。

踏み絵の強要まで

  • 2017/05/30 08:54

秋元札幌市長、市議会、市の役人は、地上最高位で絶対の神に君臨してまでいる、気になり切って居ます。

ローマ法王、イスラムの指導者、アラー、天皇、何も、誰も彼らには立ち向かえないようです「唯一絶対の神、だそうですよ、この連中は」

オウムがまだまともっぽく思えます、ここまで思い上がり切った言動には、流石に走って居なかったから。

仏教の僧侶があらゆる宗教の墓石から、魂を抜いた、よって「墓石は”単なる産業廃棄物に変じた”自然素材だけど、墓石の大半は」

良くもまあ、ここまで思い上がり切れる物ですよね「墓石に魂が入って居るかどうかは、産業廃棄物か自然素材か、関係無いですしね」

税金詐欺を行う言い掛かりが、之だったんですね「莫大な国税、地方税を、この詐欺事業に注ぎ込ませたんですよ、墓石は魂を抜けば産業廃棄物だ、おいおい、現生の物理的な問題と、宗教論とがごたまぜになってしまって居るぞ、本当にこいつら、本物の嘘吐き犯罪者です」

良くもまあ、ここまで飛んでも無い嘘を吐き、強権発動出来る物です、カルト犯罪者の特徴がそのまま出て居ますよね。

嘘、犯罪行使に何の禁忌も持って居ません、本当に極悪な公権力です、私利私欲を満たす為であれば、憲法、法律の蹂躙なぞ一切禁忌を持たないのです。

平然と嘘を書いて公文書発行も

  • 2017/05/30 08:22

札幌市長、市の役人連中は、憲法、法律を公然と犯して、それで通されて居ます、犯罪者そのものです、完全なる。

憲法、法律を犯す事に付いても、重罪が科せられる犯罪に手を染める事に関しても、全く禁忌が無い人間集団なのです。

ですから札幌市役所、市長、市議会議員もですが、犯罪を当たり前と勝手に思い、法を犯し放題に走り続けて居ます、狂った組織犯罪者の集団となり果てて居るのです。

アスファルト、コンクリート、墓石を中沼リサイクルプラントに運び込ませて、砕いて道路工事で使って来ている「この事実も、嘘を公文書に書いて否定し続けて来たのです、市長、環境局の犯罪役人連中が」

法を犯す事に対して、全く禁忌が無い人間ばかりなのです、こいつらは。

根っからの犯罪者性質なのでしょうね、根本から犯罪を行う事が「議員、役人だろうと、民間人だろうと、禁止されて居る事から、全く念頭にも無いんです」

ここまで公然と、憲法、法律を犯し放題に走り、司法、警察ぐるみ、市長、議員、役人と共犯業者の憲法、法律破壊テロ犯罪擁護が起き続けて居れば、もう憲法、法律なぞ何の効力も備わって居ません。

これが日本の現実です、とっくに憲法、法律で正しく律せられる国家等では無くなっていたのですよ。

情報提供の求め

  • 2017/05/30 07:22

@下記に付いて”税金の合法使用の可否、憲法第20条規定に付いての秋元市長による合憲、違憲回答の答え、及び答えを裏付ける法律、憲法規定と証拠の提供”を、併せて求める

                                平成29年5月30日

秋元克広札幌市長
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166 
管財部工事監理室技術管理課、副島課長
TEL011-211-2462
FAX011-218-5135
環境局業務課木村、施設管理課村田、事業廃棄物課東田課長
TEL011-211-2922(事業廃棄物課)
FAX011-218-5105

 公式回答要求、及び回答を裏付ける根拠証拠情報提供を求める者

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、情報提供説明書、平成29年3月15日付、発行者管財部工事管理室技術管理課発行文書記載に関して先ず秋元市長に公式回答と回答の根拠の情報提供を、併せて求めます。

2、公文書公開請求書整理番号第16-305号に対する答に付いて「札幌リサイクル骨材では現在、墓石の受け入れはしていないが、過去には墓石業者が持ち込んだ墓石を、自然素材として砕き、再生砕石の路盤材として販売、使用させていた、この再利用に問題は無いと考えている、この答えに付いて、下記の点に答えを求めると共に、答えを裏付ける証拠の情報提供を求めます」

(1)墓石業者、札幌、近郊市町墓石業者からは「墓石を墓石業者所在市、町が産廃と強制確定し、中沼リサイクルプラントに持ち込み、処理せねば産業廃棄物処理法違反とする、こう決められ、それまで土地を購入し、埋めるか、廃棄物埋設処理場に持ち込み、処分して居たが、札幌、近郊市、町の墓石業者は、強制的に中沼リサイクルプラントに持ち込み、産廃処分をさせられる事となった」との証言を、平成25年8月より複数得て来て居る。

(2)各墓石業者からは更に「作り変えて不要となった墓石を、中沼リサイクルプラントに持ち込まされ、この墓石を砕いて路盤材で再使用させているとは、墓を作り変えた顧客には言えない、顧客、親族、市民からうちが糾弾され、大問題になるのは分かり切って居るので黙って居る」との答えを得ている。

(3)役所からは「仏教の僧侶が、あらゆる墓石から魂抜きをした、結果、墓石は単なる産廃と変わった、行政がこの宗教論を確定とさせたので、この理論?で墓石、産廃物品を中沼リサイクルプラントに持ち込み、産廃処理せよと命じられて行っている、山本さんの言う通り、確かに仏教には魂も死後の世界も無いですよね、僧侶が魂抜き等出来る筈が無いですね、役人が確定出来る事では無かったですね」等答えを得て居る。

3、松原産業社長からは平成25年8月、電話にて「墓石を砕く機械は、墓石は尋常では無く硬いので、砕く機械は高額で、とても購入しても採算が合わない、よってうちはコンクリート破砕機械しか持てないでいる、中沼リサイクルプラントは、税金を使えるから、墓石を砕く機械も購入し、墓石も受け入れ出来ている」「結果、駅南側道路工事等では、墓石入り破砕コンクリートは使われて居ない、ハウスリメイク顧客、白石区本通顧客の道路工事、6月の道路工事で使われたのも、墓石が入って居ない破砕コンクリートである、墓石入りコンクリート使用の道路工事は、駅北側である」これ等証言を得て居る。

4、これ等証言を前提として、次に付き、市長からの公式回答、及び回答を裏付ける証拠の情報提供を求める。

(1)墓石の廃棄物扱い受け入れ処理は、埋設処理です「墓石を砕く高額機械を税金を使い、購入し、設置した上で”墓石を産廃と、虚偽を持って、行政権限を悪用して決め、札幌市、近郊市、町も同調し、墓石を強制力を行使し、中沼リサイクルプラントに持ち込ませ、砕いてコンクリートと混ぜ、道路路盤材で使って来た”これが事実では無いのか、答えるよう求める」

(2)墓石を砕き、国民に隠れて道路工事で使い、不特定多数の人間に、この事実を知らせず踏ませて居る「前代未聞の憲法第20条破壊、信教の自由の蹂躙、市長、行政による踏み絵行為の強要等です”この所業が憲法第20条に反して居ない、信教の自由の蹂躙では無い、今後も墓石を踏み続ける事と言う、憲法第20条理論を、私と世界中の宗教相手にも、神社本庁、バチカン等に対してもですが、市長は公式回答するよう求める”」

(3)私が工事を確認し続けて、当家近く、佐藤病院玄関向かって左横まで「北ガスのガス本管道路埋設工事でも、平成年8月まで、埋め戻しに中沼リサイクルプラントで購入した、墓石入りコンクリートが使われて居ます、当時北ガス、東土木にも確認済みで、市、北ガスにも文書で通告済みです、私が信教の自由の侵害と、当然の訴えを出したので、この先の工事では、砕石が使われました、北ガスは、東土木から、中沼リサイクルプラントから墓石入りコンクリートを購入し、埋め戻すよう求められた結果、と答えて居ます”この、墓石入りコンクリートガス本管埋設道路工事部分に付いて、伏古1条から6条、1から4丁目の分の、工事場所図の情報提供も、先ず求める”墓石入りコンクリート埋設工事図”との記載も入れる事」町内に配るので。

5、札幌市長、二度に渡り「環境局からは”アスファルト、コンクリート、墓石を中沼のリサイクルプラントに搬入させた後、砕いて道路に敷き込む工事を行わせて居る事実は無し”と公文書が出ている、虚偽記載公文書を作成、発行した、重大な市長、役人犯罪事実に付いて、法を明記し、この行為が正しいとの答えを出すよう求める」

こっちにも

  • 2017/05/30 06:51

@札幌区役所北、西区長は生活保護世帯の不用品、塵を税金で処理して居る事業に関し、法を持った答えを公式回答するよう求める

                                平成29年5月30日

札幌北区役所区長 保護1課小野、2課高田、3課庄司、4課筒井係長
TEL011-757-2513
FAX011-757-2012

札幌西区役所区長 保護1課中村、2課清水、3課青木係長
TEL011-641-6957
FAX011-641-2406

                   本件公式回答要求の求め者 

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、札幌区役所北、西区長に対し、別紙平成29年5月26日付、東区役所区長宛公式回答要求文書、保護世帯の不用品、塵等を税金で処理して居る公共事業に付いて、6、(1)、(2)に関する公式回答要求に準じ、回答を求めます。

2、回答要求に付いて、補足資料として昨日付け、高検検事長他宛て文書も添付致します、他資料は東、中央、白石区役所より受領済みとの事なので、全てを検証し、法を持った答えを出す事を求めます。

3、不要物の、権利譲渡後の扱い、所有権譲渡せず、廃棄物として物品を処理する行為に求められるのは「合法、適法に不用品が業者に渡った後、正しく取り扱われたか、又は正しい廃棄処理が果たされたか否かであり、国税、地方税を使っての廃棄処理で有れば、合法、適法に再利用等出来る裏付けが、廃棄処理請けであれば、正しく廃棄処理出来る裏付けが、共に見積もり段階から必要で有り、安く請け負わせて、後はどう扱う、処理しても無い事とさせて居る事は、重大な違法公務遂行、非合法、犯罪行為者との共犯です」

4、環境事業公社は”委任状等と言う違法書類、表に出せない書類を添えて、業者が受けた所有者の不用品、塵の再請負処理(公社下請け業者請)で、排出者が委任状で業者に廃棄委任した事実から、偽って処理施設等に搬入し、処理施設も、持ち込まれた時の排出者は偽り、と承知で受け入れ処理”して居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3109122
ユニークアクセス:2668153
今日
ページビュー:285
ユニークアクセス:282
昨日
ページビュー:3193
ユニークアクセス:3109

Feed