エントリー

2017年08月02日の記事は以下のとおりです。

便利屋、犯罪事業者は

  • 2017/08/02 18:20

便利屋多数派「軽貨物輸送事業者登録して居る、こう記載して”軽トラック積み放題パック、二トントラック積み放題パック”この一般廃棄物犯罪請負処理事業を謳って居ます」

軽トラック運送事業許可ですよ、白ナンバートラック、二トントラック積み放題パックは「貨物自動車違法輸送事業であり、犯罪ですよ」

この犯罪広告記載の内容と、実際に「軽貨物輸送業者が”白ナンバートラック、2~4トントラックを使い、一般廃棄物違法処理請負して居る事実証拠”も合わせて、この違法貨物輸送事実も立証して有ります」

札幌市役所保護自立支援課、井上係長は得意げに「保護受給者がどれだけ家財等を所有しているかは、押し入れまで調べて把握して居るんだ、だから保護受給者の家財処理請負見積もりは、一式見積もりで相場に沿った搬出運搬処理金額かどうか、判断出来て居るんだ」

こう嘯いて居ました、だれば「軽トラックで運べる量なのか、札幌市の役人は、きちんと把握して居る訳ですよね」

でも「保護受給者の家財違法請負処理見積もり、軽貨物輸送事業者が作成した見積もりには”白ナンバートラック二台、四トントラックだったかが二台で、保護受給者の所有物を処理します”こう書かれた見積もりも、有りましたよ」

見積もり書の段階で「違法貨物輸送だとも、知った上で発注して居ます、札幌市犯罪役人は」

貨物自動車違法輸送も

  • 2017/08/02 18:13

札幌市指揮犯罪には、軽貨物輸送事業届け出業者多数を使い、一般廃棄物無許可違法収集運搬処理事業を恒常的に行わせて、今も、今後も続行の犯罪と!

軽貨物運送業者に「保護受給者の引っ越しを、税金事業で恒常的に請け負わせて居る、でも”軽貨物では運べない量なので、白ナンバートラックで引っ越し荷物を運んでいる事を認めている、知った上で無い事にして居る”」

こっちの犯罪請け負わせ事業も、多数存在して居ます、確信犯罪ですよ、こっちの犯罪請け負わせ事業も。

一般廃棄物犯罪請負処理事業を「偽装引っ越しだ、引っ越しに際しての一般廃棄物運搬処理だ、こう強弁して居るけれどね」

偽装引っ越しだから良い、では「軽貨物運送業者多数にこの事業を請け負わせて居る、結果”やはり白ナンバートラックを使い、一般廃棄物を搬出して積み込み、運び、違法処理して居ます”」

結局犯罪です、偽装引っ越しも、貨物自動車運送事業法の違反、100万円以下の罰金刑適用です。

この犯罪事実も、国交省、陸運局貨物課、警察に通報しました、併せて捜査して頂く事で、連絡したんです、こっちも逃げられませんから。

詐欺リース物品の犯罪処理も

  • 2017/08/02 09:54

詐欺リース物品も、排出者、所有者を偽装して、毎年兆円単位、今では国家権力が公認までして、産廃違法処理が行われ、通り続けて居ます。

札幌市犯罪、一般廃棄物一括無許可犯罪処理請負事業、毎年数千件実施させて、犯罪を重ねる手で成功させて通して居る事実と合わせれば「もう廃棄物処理法も、無効な法律と証明されて居るのです、廃棄物処理法を、どうやってもこの惨状では、正しく適用はさせられません」

もう、無茶苦茶を超えてしまって居ますね、何処にも正しい処理策が無いまで、国家権力場当たり巨大犯罪が、重ねられ過ぎてばれて居ますから。

詐欺リース物品の犯罪を重ねた窃盗、詐取、横領提供に、排出者を偽っての産廃処理恒常化事実で、もう廃棄物処理法なぞ、無いのと同じになって居ます、全国的に。

札幌市役所は、一般廃棄物一括処理犯罪請負事業公認、犯罪を複数認めて行わせて、行って成功させ続けて居る事業実施も有ります「犯罪者天国札幌です、犯罪者は札幌に集い、犯罪を行い、免責されて稼げます」

犯罪が国家権力の指揮、実行により、ここまで国中を覆っていたとは、今更ながら驚くばかりです。

排出者を偽り、違法産廃処理を行わせ、通して居る、腐り切って居ます本当に、札幌市の役人連中は特に。

今後は

  • 2017/08/02 09:24

札幌市が実践し続けて居る「廃棄物は”塵ステーションに無差別投棄すれば、市が税金で処理してくれて、合法な処理で通る”」

この廃棄物処理の方法が、今後市全域で公認されるんでしょうか、昔に戻りますね、遂に、札幌市指揮、実行一般廃棄物犯罪処理請負事業によって。

この手法が公式になるのであれば「塵ステーション、狭すぎますよね、あらゆる廃棄物を塵ステーションに投棄するようになるんです、球場位の広さが居るでしょう」

解体材も今後、塵ステーションに持ち込んで処理が出来るでしょう「産廃、一般廃棄物と、正しく区分した処理も、札幌市犯罪の事実立証により、不要となって居るしね」

一般廃棄物を、一括請負闇処理する事業を、市が複数の犯罪を組み込んで、違法闇処理させて通して来て居る事も、詳しく公開証明した事で「一般廃棄物、排出者は個人と承知で”事業廃棄物だと、市ぐるみ偽った証明書を常時発行する事で”一般廃棄物一括違法処理請負事業が、札幌近郊で毎年数千件も”公共事業も含め行えて、通って居るのですから”」

で、この犯罪廃棄物請負処理事業、保護受給者家財税金使用処理事業では「廃棄処理は、塵ステーションに投棄しての処理まで公認して居ます、で、この塵ステーションへの無差別投棄、後は市が税金で処理手法も、いよいよ公の処理方法となる訳です」

 

偽造公文書契約書発覚にしても

  • 2017/08/02 09:16

道警本部長と三好商会との間で交わされた、コピー機75台を「コピー機を所有する三好商会が、道警にこの機器を貸し出す契約も、どんどん拙い状況が拡大して居ます」

本当にこのコピー機、三好商会が購入して、所持して居る機器なのか?ここから重大な疑問が生じて居ます「資本金3,000万円で、道警分だけでコピー機75台、購入出来ますか、無理でしょう」

しかも「収入は月額100万円前後で、契約は3年です、総合計で4,000万円も入って来ないよね」

この収入の中から「コピー用紙代金、トナー代金、メンテナンス費用が出ます、残るの幾らだ?」

コピー機購入費、機器設置に要する費用、引き上げに要する費用、機器の廃棄処理に要する費用、マイナスでしょう。

この契約が、本当に正しいとするなら「道警は、三好商会に対して、不当な利益提供を行わせた事になります”億単位の金額になるコピー機を、無償に近い形で提供させて居るのだから”恐喝では?」

この公共事業契約、取引を認めている会計検査院、公正取引員会も、重大な責任が降り掛かって居ます「調べれば分るだろ、こんな契約は、法律上成立させられない事から、ヤクザでもしないよ、こんな契約を、公式には」

闇金以下ですね、之で国家権力、警察だと言うのだから。

一事が万事と

  • 2017/08/02 09:08

昨日行われた、警察署での廃棄物処理法違反事件での調書取りで、札幌市犯罪、無許可一般廃棄物請負処理事業を成立させて有る、複数の犯罪行為と、犯罪事業委任、実施は、全て同罪だと、更にはっきりした訳です。

もう塵ステーションへの廃棄物の投棄処理も、札幌市指揮犯罪をどうするか、その結果でしか、廃棄物処理法違反とは出来なくなりました。

札幌市役所が、保護課が「保護受給者家財処理公共事業で”塵ステーションへの投棄処理も、公式に認め、通して居るのだから”」

であるから「じゃあ”札幌市が発注する公共事業なら、一般廃棄物を請負処理する場合も含め、塵ステーションに投棄して合法となる、法の根拠が有るのか”となって居る訳です」

無いですよね、そんな特約条項は「処理費用も貰いながら、塵ステーションに投棄する処理、税金を使う処理で通して居るが、貰った処理費、詐取して居ます」

公共事業ですよ、税金ですよ、一般廃棄物一括請負処理事業発注、実施は、法を犯して成功させて、廃棄処理は塵ステーションへの投棄で良いまで認めて、行わせて、何をして居るんだ本当に。

市が公共事業で行わせ、通して居ます、こぞって塵ステーションへの投棄処理を行うべきでしょう、市に倣うのは当然だから、合法な処理だから。

犯罪者天国札幌

  • 2017/08/02 07:16

@昨日山本は、警察署にて、冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ他物品を、札幌市も保護受給者の引っ越し、家財廃棄処理事業で利用して居る、便利屋ライフパートナーズに、これ等を有料で、一般廃棄物処理を委任した事件で、正式員面調書取りを終えました、札幌市保護受給者家財、税金処理事業と同様の処理委任、処理実施での調書取りです
                                 平成29年8月2日
金田勝年法務大臣 大臣官房秘書課中山、刑事局大場担当
TEL03-3581-4111(2056中山)
FAX03-3592-7393
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長、民事執行係り
TEL011-231-4111
FAX011-271-1456
環境省廃棄物課 堀川課長、産廃課服部、一般廃棄物吉田担当
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264
石井啓一国土交通大臣 貨物課加藤課長
TEL03-5253-8111(41-301)
FAX03-5253-1637
塩崎恭久厚生労働大臣
TEL03-5253-1111
FAX03-3592-5934(社会援護局保護課池沼2827)
FAX011-737-1211
秋元克広札幌市長、市議会、保護自立支援、介護保険課、区同部署、環境局3部署、オンブズマン、保健所、清掃工場、環境事業公社
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166
高橋はるみ北海道知事、道議会、保護課、介護保険課、環境
TEL011-231-4111
FAX011-221-6399

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                            山本弘明
                            TEL011-784-4060
                            FAX011-784-5504

河戸光彦会計検査院院長 広報吉田、西村他担当
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530
公正取引員会北海道事務所
TEL011-231-6300
FAX011-261-1719

1、昨日山本は、警察署にて、下記事件の調書を取る手続きを終えて来ました「札幌市挙げて行っている、一般廃棄物を無許可業者に、公共事業でも処理請け負わせしている事業、之を踏襲して、札幌市も同事業(保護受給者の引っ越しも委任)を、保護受給者家財処理で委任もしている、便利屋ライフパートナーズに、市と同様の手法により、他者所有冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ他一般廃棄物物品廃棄処理を委任した事件での、廃棄処理委任者としての、廃棄物処理法違反事件での調書取りです」

2、当然ですが、この、山本が一般廃棄物を、無許可業者に処理委任した、廃棄物処理法違反事件での調書取り事実は「札幌市が直接行って来ている、保護受給者の家財同様処理公共事業も、間接的に行わせて居る、施設入所者家財処理同様手法処理事業も、これら廃棄物処理法違反事業を、札幌市が今では公開された中で、廃棄物処理法違反と承知の上で、今も、明日以降も同様の犯罪処理委任し続けて居る事件も、全て廃棄物処理法違反だと、更に立証された訳です」

3、今後ライフパートナーズとすれば、この一般廃棄物違法請負処理実施に付いて、下記事実を主張するし、自供に付いての証人(保護課役人、保護受給者他一般廃棄物処理委任者、処理代理委任者ケースワーカ、ケアマネ、ソーシャルワーカー等)証拠(保護受給者、施設入所者他処理請けした一般廃棄物引き受け領収書、公社発行領収書、処理施設搬入申し込み書他)も、刑事事件捜査で調べて貰う事になります。

(1)保護受給者家財請負処理も含めて”引越しを偽装した委任状を取り、環境事業公社を、一般廃棄物を運び込んだ作業場に呼び、委任状写しと合わせて一般廃棄物を引き渡せば、委任状記載排出者では無く、ライフパートナーズが排出者の事業廃棄物”との、偽造領収書発行としてくれていて、一切違法は無い、と公社は今も答えている、この偽造領収書が無ければ、帳簿処理も、税務申告も、まともには出来ない。

(2)札幌市環境事業公社は”一般廃棄物処理を一括元請けで請け負う事は出来ない、あくまでも収集運搬のみの事業許可なので”搬出は、他業者が元請けで請け負う事になる、公社が廃棄処理を請け負える物品の種類も少なく、複数の廃棄物収集運搬業者に託すか、処理施設に持ち込まねば、処理は終えられない、この事実を知って居るから、札幌市の役人も、ケースワーカ、ソーシャルワーカー、ケアマネも、公社も、法を犯して楽に処理してくれる業者、無許可一般廃棄物違法処理請けを行う業者を、今も使い続けて居て、上記違法行為を行う事で、違法処理を果たさせて居る、共犯者です。

(3)違法処理目的で搬出し、運搬した一般廃棄物、保護受給者、施設入所者他処理請け一般廃棄物を「破砕、焼却場に持ち込み、ライフパートナーズが排出者だと、偽造搬入申込書を書けば、一般廃棄物違法請負処理と知りながら、無条件受け入れ処理してくれている」

(4)当社はまだ良い方、他の便利屋、運送屋、保護受給者、施設入所者他引っ越し、家財請負処理実施業者の中には「処理を請け負った一般廃棄物、保護受給者所有も含めてを、塵ステーションに投棄する等も行って、利益を増やせてもいる」

(5)札幌市役所役人、ケースワーカー、ケアマネ、ソーシャルワーカーは現在も「上記手口のまま、保護受給者、施設入所者所有物の、一般廃棄物無許可処理請負事業を、便利屋、運送屋等無許可処理請け業者に委任し続けているし、民間からの一般廃棄物無許可違法請負処理事業実施も、未だ上記廃棄処理方法で公認しており、公社、破砕、焼却場も。排出者が処理請け事業者だと偽る処理請けを通してくれているので、今まで通りに違法廃棄処理請負事業が、今では公然と通せている」

3、昨日告知した、薄野の塵ステーション他への「一般廃棄物投棄もですが”札幌市が公認、発注して居る一般廃棄物違法請負処理方法の踏襲の一実例です”今までも、今も、明日以降も公然と行い、行わせ続ける、一般廃棄物犯罪請負処理手法のなぞりです”塵ステーションへの廃棄物無差別投棄事件でも、廃棄物処理法違反容疑で捜査、立件するには、札幌市指揮、公認での、一般廃棄物違法処理を成立させて有る、複数の札幌市ぐるみ犯罪の捜査が先ず必須となる訳です、昨日の調書取り事件は、今後廃棄物を、市公認方式で塵ステーションに無差別投棄すれば、税金処理してくれる処理方法が公式に確立されるか否か、にも繋がって居ます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年08月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2443494
ユニークアクセス:2086052
今日
ページビュー:94
ユニークアクセス:94
昨日
ページビュー:1506
ユニークアクセス:1374

Feed