エントリー

2017年08月04日の記事は以下のとおりです。

併せて強制捜査が

  • 2017/08/04 17:33

犯罪政令指定都市札幌、犯罪政令指定都市故、公務を偽る犯罪が、山のように行われています。

一般廃棄物無許可犯罪請負闇処理事業に、無許可有料貨物輸送事業、之も犯罪札幌市が、犯罪そのものなのに、事業だと強制的に言い張って通し、一大犯罪事業を展開させて居るのです。

どっちの犯罪事業も「同じ犯罪業者が、多数居ます、両方の犯罪を、同じ犯罪実行担当業者が請け負い、犯罪に手を染め続けて居るのです」

当然ですが、札幌市役所、市の犯罪役人が、こいつら犯罪業者を闇で飼い、札幌市役所犯罪を代行実施させて居ます。

こう言った真実も、犯罪公務請負業者達は、今後もし、強制捜査対象になれば「市の役人との黒い癒着も含め、捜査で喋ります、本当の悪は誰なのか、多くの捜査が市、区役所に入れば、一定証明出来ます」

この二つの札幌市役所犯罪、併せて捜査も出来ますから、楽になった部分も多数有るでしょう、警察は。

もう札幌市役所、犯罪の指揮、実行役人も、犯罪を請け負って重ねて来て居る、犯罪業者も逃げるすべは無くなっているのです。

国税、地方税を使い、巨大な犯罪事業を展開させて、通して来た、悪の権化です、札幌市役所、役人は。

犯罪事業者を多数闇で飼い、廃棄物処理法違反公共事業を、無許可引っ越し事業を市が指揮して行わせて来て、犯罪がばれていよいよ、巨大市役所犯罪にも、捜査が入り出しているのです。

公共事業犯罪だから、公式に犯罪の証拠が揃っています、公文書証拠で、逃げられる筈は無いのです。 

ニュース続き

  • 2017/08/04 17:25

警察署交通課より、区の保護課に「無許可運送業者に、保護受給者の引っ越しを委任して居ないですか?」

この確認の連絡が、先ず入り出していると、区の役人から聞きました。

この犯罪は、公共事業での犯罪だから、調べて立件するのが楽なのです「無許可運送業者に、保護受給者の引っ越しを委任しているか、いないかの確認、証明ですから」

最低限、保護受給者の引っ越しを請け負わせた業者は何処なのかを、警察は確認すれば良いのです、今後行うと決まって居る保護受給者の引っ越し事案に付いて。

そして「過去に実施された、保護受給者の公共事業での引っ越しに付いて、警察も札幌市に情報開示手続きを取り、保護受給者の引っ越し実施情報を開示させて入手して、引っ越しを請け負った業者が無許可なのか、軽トラック一台登録業者なのか、普通の運送業者か、確認すれば良い事ですから」

過去に実施した分は、公共事業ですからね、ゆっくり調べられますから、公文書証拠が揃っていますので。

この犯罪公共事業、100の単位?犯罪請負事業者を、札幌市は闇で飼っているようですが、全滅状態にいきなりなるようなので、どうするんでしょうか、今後、早急な対応策を取れるんでしょうか、合法に切り替えて、早急な対応が取れるのでしょうか?

ニュース!

  • 2017/08/04 16:00

札幌の全警察署の交通課に連絡を入れました。東警察署には足を運んで、必要書類を渡してきました。

東警察署の交通課他複数の警察署から、警察署が所管している市役所保護課に連絡を入れていただき、保護受給者の引越しで貨物輸送事業許可のない業者を使い引越しを行わせているというのは本当か?これから行う予定の保護受給者の引越しのリストを出してもらいたい、どういった業者を使っているかから確認したいので、といった内容で順次連絡を入れていただいております。

これで、この先の違法業者への違法引越し委任は、止められるはずなのです。

これからゆっくり、今まで札幌市が行わせてきた無許可業者への引越し委任を捜査しいただく事にもなっています。

なにしろ、公共事業なので、証拠が前部そろっていますので。  つづく

狂った犯罪役人

  • 2017/08/04 11:33

犯罪政令指定都市札幌、犯罪市役所らしく、犯罪者が役人を行えて居ます。

犯罪者ばかりの市役所、役人なので「ほぼ誰も、無許可運送事業犯罪も、犯罪として捜査され、摘発されるとは、考えても居ないですね」

政令指定都市の役人だから、神より、総理だ人より偉いと、本気で思い上がり切って居るのでしょう。

でも「犯罪業者は逃げられません、犯罪を市の役人と行って来ていると、はっきり立証されていますので」

逃がされたとすれば「もう同様の犯罪では、刑事罰も受けず済みます、誰もが同じ犯罪を行っても」

捜査が出来ないように、刑事罰を適用されないように、札幌市の役人連中が、犯罪者と共謀して、犯罪を行い続けて、犯罪の証明が出来ないようにまで、行政権力を悪用して居るのです。

犯罪政令指定都市札幌、犯罪を市が指揮して行い続けて居ます、史上空前の犯罪件数です。

もう貨物自動車運送事業法違反も、廃棄物処理法違反も、立件させられませんね、ここまで札幌市役所犯罪が、公然と重ねられて通って居る現実では。

連絡

  • 2017/08/04 11:26

              連絡文書

                                 平成29年8月4日

FAX

 

@札幌市役所の犯罪、一般廃棄物の犯罪請負処理に合わせて、無許可運送事業実施も加わりました、基本同じ業者に請け負わせている犯罪なので、無許可運送事業実施、こっちから立件して行く事も出来ます。

;札幌市役所、区保護課に「保護受給者の引っ越しを委任した記録が、多数揃っています”請け負った、之から請け負う業者が、貨物自動車輸送事業の許可を持って居るか、軽貨物輸送届けで有れば、之から引っ越しを行う事例を、実施日に警察が現場を張れば”軽トラックだけで引っ越しを行うか否か、分かりますから」

;こっちの犯罪は、保護受給者家財犯罪請負処理の十倍前後、犯罪引越しが多くを占めて行われて来て居る、との事です。

;この二つの札幌市役所犯罪を、次々捜査して行っていますので、市が飼っている犯罪業者は淘汰されるでしょう、市長、市議会、役人も、無事では済まないでしょう、史上空前の役所犯罪の規模ですから。

幾つかの警察にも

  • 2017/08/04 11:18

これから残りの警察署にも連絡しますが、無許可業者を使っての引っ越しの委任、札幌市役所犯罪の大きな物の一つ、保護課犯罪も、警察署に伝えて行っています。

一般廃棄物犯罪請負処理を請け負わせている業者と、ほぼ同じ業者です、つまり「貨物自動車運送事業法違反事実からも、こいつら犯罪者を立件出来ます」

捜査が楽になりました「無許可貨物輸送犯罪は、市が発注した分は、札幌市、区役所に揃っていますから」

先ずは「無許可運送事業実施社を選び、摘発すれば良いからね、市に証拠が有るから」

それを行う事で「市とグルになって行って来ている、一般廃棄物犯罪請負処理も、正しく立証出来ます、同じ業者を使った犯罪だから」

犯罪政令指定都市札幌、もう隠せない真実です「無許可業者を使っての、公共事業も含めた引越し委任犯罪は、一般廃棄物犯罪請負処理の十倍くらい行っている、らしいです、犯罪立証し放題ですね」

こっちから犯罪を立証して行けば、一般廃棄物犯罪請負処理も、楽に立証出来るのが良いです。

そして「貨物自動車運送事業法違反に、廃棄物処理法違反犯罪を行ったと立証されます、札幌市役所と共謀して、もう逃げられませんよ」

犯罪を止める為

  • 2017/08/04 09:25

無許可業者に運送事業を行わせて居る、常軌の逸し方が凄まじ過ぎます。

交通二課特捜係?らしいです、捜査担当は、東警察署に連絡して、後で連絡が来る事になりました。

東区、東警察署から先ず、公式捜査を行って頂きます、どうにかして犯罪続行を止めなければ、税金を使った犯罪ですから、こっちも。

無許可業者に引っ越しを委任して居る、公共事業で、とんでも無さが凄いです。

犯罪に対する禁忌が、全く無いのですよ、恐ろしい事に、之で政令指定都市、役人だから。

犯罪組織、犯罪者集団です、まともでは無いですから、全く。

犯罪事実を証明して、犯罪を先ず止めるよう指弾しても「聞き入れる気が無いのです、本当に狂って居ます、札幌市役所、市の役人は」

法体系の破壊公務が日常です、狂気の沙汰ですけれど、現実ですから。

今日も明日も明後日以降も、無許可運送事業者への発注も、公開で行われて行くのです、もうどうにもならないですね、札幌市犯罪は。

保護受給者家財違法処理の

  • 2017/08/04 08:30

保護受給者の引っ越し件数は、保護受給者の家財違法処理の数倍から十倍位行われて居る、との事です。

一体年間どれだけの件数、貨物自動車運送事業法違反が行われているやら、とんでも無いですね、札幌市役所、犯罪政令指定都市は。

先ずは警察に、保護受給者の引っ越し犯罪も、食い止めて貰う必要が有ります、どうするんでしょうね本当に、ここまで狂った犯罪公共事業が、公開で続行されている現実も。

貨物自動車運送事業も「法の適用はなされないから良い、完全な犯罪者集団です、之で市役所、役人だと言うのだから」

犯罪者を公務員で飼うとどうなるか、とても良い?実例見本、証拠です。

私が食い止める事では無いけれど、他に誰も出来ないので仕方が無いです。

保護受給者の家財犯罪処理請負も、保護受給者の引っ越しも、同じ業者が多く請負、法を犯して実施して、通されています。

犯罪を札幌市、市の役人が、税金事業でも犯罪と承知で発注し、犯罪を凄まじい件数行わせて居るのです、異常過ぎる現実です。

犯罪政令指定都市札幌の

  • 2017/08/04 07:13

@犯罪政令指定都市札幌は”保護受給者家財処理公共事業で、中間処理施設無しの環境事業公社に混載一般廃棄物を、排出家屋前から、下請け業者中間処理施設に運ぶ処理、明白な廃棄物処理法違反を認め、実施して居ます”保護世帯等の引っ越しを、無許可業者に委任、今も、今後も実行問題は”有料荷の運搬に、運送業事業許可は不要だからとの事です”
                                 平成29年8月4日
上川陽子法務大臣 大臣官房秘書課中山、刑事局大場担当
TEL03-3581-4111(2056中山)
FAX03-3592-7393
上野友慈札幌高検検事長、地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長、民事執行係り
TEL011-231-4200私の助言で公社に混載一廃処理委任中止
FAX011-271-1456
北海道警察本部長、札幌方面各警察署長、生安、交通二課
中川雅治環境大臣、堀川課長、産廃課服部、一般廃棄物田中担当
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264
石井啓一国土交通大臣、貨物課平島課長、尾崎企画法令担当
TEL03-5253-8111(41-301)
FAX03-5253-1637
加藤勝信厚生労働大臣
TEL03-5253-1111
FAX03-3592-5934(社会援護局保護課池沼2827)
FAX03-3502-1598(安全衛生部労働安全衛生法松本5477)
FAX011-737-1211 道労働局長、各労基署長

                        本件事実調査、告発者

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                      有限会社エッチエイハウスリメイク
                             取締役山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

河戸光彦会計検査院院長 広報吉田、西村他担当
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530
公正取引員会北海道事務所
TEL011-231-6300
FAX011-261-1719
秋元克広札幌市長、市議会、保護自立支援、介護保険、各区同部署、環境局、オンブズマン、清掃工場、環境事業公社
TEL011-211-2132 緊急配布願う、確信犯罪続行確認日決の為
FAX011-218-5166
高橋はるみ北海道知事、道議会、人事課、保護課、介護保険課、環境
TEL011-231-4111
FAX011-221-6399
旭川、小樽、石狩、北広島、江別、恵庭、千歳、岩見沢市長、各担当課
FAX0166-29-3977
FAX0134-32-5032
FAX011-372-1131
FAX011-381-0390
FAX0123-32-0260
FAX0123-49-2056
FAX0126-23-9977

1、道警本部長と三好商会との”75台のコピー機虚偽リース契約問題は、道警、三好商会からこれと言った答えも来ません””札幌市保護課犯罪、保護受給者家財税金処理で、請負業者に塵ステーション投棄で処理費詐取公認の踏襲、市民が倣い、薄野塵ステーションに投棄行為は、市が認めているから、捜査は止まって居るようです”当然ですね。

2、札幌市役所犯罪、保護受給者家財処理公共事業で「100前後にも上る犯罪一般廃棄物請負処理業者を闇で飼い、市、環境事業公社が共謀して”一般廃棄物を、違法処理請社排出事業廃棄物”と、虚偽証明書を発行して、廃棄物処理法違反を消して成立させて来て居る、市が指揮、実行、この手で毎年、官民分で数千件実施犯罪事業は現在、下記犯罪方法に変わって居ます、市環境局(事業廃棄物課東田)が、裁判所にも行わせようとした、犯罪処理方法です」

(1)裁判所による、不動産明け渡し強制執行手続きでも、同様の犯罪処理を行っていたが、当社が一般廃棄物処理法違反他を指摘し、合法化策を提示したが、札幌市環境局(東田)は裁判所を騙して”公社に混載一般廃棄物処理請けさせれば、合法化が果たせる”こう虚偽を述べ、方法を変えた、廃棄物違法処理公共事業を行わせようとしていた。

(2)当社から裁判所に対して”公社には中間処理施設も無いので、混載一般廃棄物運搬処理委任は廃棄物処理法違反、搬入場所で分別し、焼却塵、大型破砕廃棄物、リサイクル品、各産廃業者引き取り品毎に引き取らせなければ違法”と伝えたので、札幌地裁は、当社アドバイス方法で、処理請け業者毎に処理委任する処理として居る。

(3)一方、札幌市保護課保護受給者家財、違法業者に違法処理委任公共事業(自費で施設入所者家財違法処理も)は現在、市環境局事業廃棄物課と共謀し”環境事業公社に、公社には中間分別施設も無い故混載一般廃棄物処理委任は違法だと、保護課も承知の上で、庭先に搬出した混載一般廃棄物を纏めて引き取りさせ、何処かの産廃業者施設に運ばせて、闇処理させる公共事業とさせて居る”廃棄物処理法違反行為が、札幌市市職員出向、天下り先公社直接の犯罪”と変わった訳です、市、公社に強制捜査を掛けない限り、終わらない犯罪です。

3、札幌市が飼い、一般廃棄物犯罪請負処理委任業者の多くに、市が別の犯罪委任を行っている問題”貨物自動車運送事業法違反委任犯罪、無許可業者への保護受給者、施設入所者引越し委任犯罪、軽貨物運送業者に同様委任し、軽トラックでは引っ越し作業不能故、白ナンバーレンタカートラックを使った引っ越し、同様の貨物自動車運送事業法違反を、恒常的に行わせても居る、札幌市犯罪は、保護受給者の引っ越し件数だけでも、保護受給者の一般廃棄物犯罪請負処理件数を遥かに超えた件数、今日も明日以降も実施され続ける、との事です。

4、この、市、ケースワーカー、ケアマネ、ソーシャルワーカー指揮、委任、貨物自動車運送事業法違反犯罪行為に付いても各区保護課役人は”無許可で有料貨物輸送すれば犯罪となると、知らないし、貨物自動車運送事業法違反も関係無い、山本さんが警察に告発したなら、何れ警察から何か言って来るだろうから、市、役人は同じ委任を続けて行わせる、法を調べる、違法、犯罪なら止める気も無い”こう、複数の区保護課で答えて居ます。

5、当社から陸運局に、保護受給者家財違法処理実施資料、提供して居なかった残りを提供し、請負業者それぞれに付いて”軽貨物運送事業社で無い業者、軽貨物運送届け出業者、貨物自動車運送事業許可請け業者”に分類して置いてくれるよう求めて有ります”警察交通二課による、札幌市が委任の貨物自動車運送事業法違反事件多数捜査で、市が飼っている犯罪業者多数が、無許可、軽貨物届け出業者、貨物運送事業許可請け業者のどれに該当するか、陸運局に問い合わせれば、即刻判断出来るようにです。

6、こっちの札幌市が指揮する犯罪(一般廃棄物犯罪請負処理と同様、市が指揮、実施犯罪故、無許可運送請負事業も、毎年札幌圏で数千件行い、通って居る)は、市が保護受給者引っ越しを、無許可業者に公共事業で委任している事件は、即刻逮捕も出来ます「この犯罪公共事業実施も、先ず止めなければなりません、警察交通二課は、市保護課に任意捜査を掛け、今日以降の同様犯罪委任を調べ、食い止めるべきです」当社も、昨年実施分、保護受給者引っ越し委任公文書開示手続きを取ります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年08月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2552972
ユニークアクセス:2189121
今日
ページビュー:397
ユニークアクセス:397
昨日
ページビュー:2121
ユニークアクセス:1982

Feed