エントリー

2017年08月06日の記事は以下のとおりです。

行政指揮、実施犯罪だろうと

  • 2017/08/06 18:19

札幌市役所が頭に立って行って来ている、巨大な犯罪事業で有ろうとも、根本から犯罪ですからね、場当たりだけの言い逃れで、逃げられる道理が無いのです。

一般廃棄物を、違法業者を100単位も闇で飼い、違法を重ねて闇で廃棄処理させて、通して来て居る、廃棄物処理法を所管しており、廃棄物処理事業を仕切れているから、ここまで悪質極まる犯罪も、公共事業でも、堂々と行えて、行わせられて、通せて来ているのです。

この犯罪を成功させている手口が「一般廃棄物違法請負処理業者排出の、事業廃棄物と偽り、偽造証明書を札幌市、環境事業公社で作成し、発行すると言う、重大な犯罪行為です」

そして、この犯罪を行わせて居る、行って良いと、札幌市が公認して居る業者は「無許可運送業者、軽貨物届け出だけ業者が大半です、一般廃棄物を有料で請負、違法処理場所に運んで処理して居る業者は、有料貨物輸送恒常請負業者でも有るのです」

つまり「運送業許可の無い犯罪業者と、軽貨物有料輸送事業の届け出しか無い業者が殆どと言う、札幌市が飼い、公共事業でこの犯罪請負と、引っ越し請負を行わせている業者の実態は”札幌市役所は、無許可貨物運送事業者を殆どで、運送事業を発注もしていると言う事です”」

こっちの犯罪は、無許可運送業者をほとんど使って、有料貨物輸送公共事業を請け負わせ、実施させて居るので、貨物自動車運送事業法違反の立件は、確実で楽です。

札幌市環境局事業廃棄物課、東田課長、札幌市環境事業公社、中村次長はずっと「一般廃棄物請負処理事業は”引越しに際して行って居るんだ”こう言い張って来ています、引っ越しですよね、じゃあ貨物自動車運送事業法が、確実に適用される訳だ、無許可運送業者は、完全に犯罪者だよな」

犯罪の証拠

  • 2017/08/06 17:07

@札幌市保護課が、保護受給者の引っ越しでも使って居る便利屋、軽貨物輸送届け出事業者は、ネット広告に一般廃棄物犯罪請負処理広告を出し”軽貨物、2トン、4トントラックに一般廃棄物積み放題パック、00円で処理請けします”と掲示もしています、貨物運送事業法違反も立証されています

                                平成29年8月6日

金田勝年法務大臣 大臣官房秘書課中山、刑事局大場担当
TEL03-3581-4111(2056中山)
FAX03-3592-7393
上野友慈札幌高検検事長、地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長、民事執行係り
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
北海道警察本部長、札幌方面各警察署長
秋元克広札幌市長、市議会、保護自立支援、介護保険、区同部署、環境局、オンブズマン、清掃工場、環境事業公社、市保健所
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166
高橋はるみ北海道知事、道議会、人事課、保護課、介護保険課、環境
TEL011-231-4111
FAX011-221-6399

                      本件他事実立証、告発者

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                      有限会社エッチエイハウスリメイク
                            取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、札幌市役所も公共事業で発注して来て居る、行政犯罪の一つ、保護受給者家財の犯罪事業者と共謀しての搬出運搬、作業場等へ運ばせての違法闇処理以下付請負事業も「貨物有料輸送事業です”札幌市環境局事業廃棄物課東田課長、環境事業公社中村次長も、ずっと言い張って来ています、一般廃棄物を有料で請負、搬出し、請負業者管理作業場、倉庫に運び、排出者を請負事業者と偽り、産廃偽装処理事業は、引っ越しの一環、貨物有料輸送事業であると”」

2、その事実も踏まえて「札幌市が保護受給者家財違法請負処理委任と、保護受給者引っ越しに使って居る便利屋、ライフピース、ライフパートナーズ、市が使って居るかどうかは不明ですが、便利屋片付け本舗等は、ネット広告で”軽トラック、二トントラック、四トントラック一般廃棄物積み放題パック00万円”を謳って居ますが、これ等便利屋は、軽貨物輸送事業届しか無い業者です、つまり、白ナンバートラックで貨物有料輸送を恒常的に行っている、犯罪業者です”」無許可で有料荷物運送広告を打っても居ます、貨物自動車運送事業法第70条一項と77条も適用され、共に刑事罰が適用です。

3、貨物自動車運送事業法違反も、札幌市が保護受給者家財違法請負処理請負委任と、引っ越し請負を委任して来て居る便利屋、軽貨物運送業者、白ナンバートラックで貨物有料輸送を、恒常実行して来て居る業者達にも、正しく適用されるのです、犯罪政令指定都市札幌市も、言い逃れの余地は無いのです。

4、札幌市役所環境局、3課長、札幌市環境事業公社は「無許可貨物運送業者とも共謀して、無許可貨物(一般廃棄物)有料輸送物品を、法を犯して、違法業者が違法に運搬し、違法業者管理場所に持ち込んだ物品を、違法搬入先と承知で引き取りに出向き、排出者を請負業者、事業廃棄物と偽り、犯罪廃棄処理を、恒常的に行って来ているのです、札幌市、環境事業公社も、廃棄物処理法違反行為事実と、虚偽私文書作成、行使の罪、廃棄物処理法違反証拠隠滅の罪で、早急に強制捜査するべきです」

5、今、札幌市犯罪、保護受給者家財違法廃棄処理公共事業では「上記公社による、一般廃棄物違法処理請負と、無許可貨物運送事業で、違法業者管理場所に運ばれた後、公社差し回し産廃業者が、違法業者管理場所に違法引き取りに行く業務が犯罪と証明されたので、保護受給者居住場所庭先で、混載一般廃棄物引き取りと変えている(違法に中間処理施設に搬入処理、やはり廃棄物処理法違反)との事ですが、この引き取り方法変更事実も、一般廃棄物違法請負処理業者管理場所に、公社差し回し産廃業者が、違法運搬、搬入一般廃棄物を引き取りに出向いて来ている公社の業務が、違法業務だと立証して居ます」札幌市、公社が、違法輸送し、違法搬入された一般廃棄物を引き取り処理も、廃棄物処理法違反、犯罪だと立証して居るのです。

犯罪の証拠を

  • 2017/08/06 16:52

警察は(弁護士、検事、裁判官は、論外のうましかだから除外)一般廃棄物違法処理目的請負仕事、犯罪ですが、に関して(も)どう言う法律の適用、組立で犯罪となるか、犯罪を証明出来るか、知らなかったんですよ。

一般廃棄物犯罪処理請負は「有料貨物輸送事業でも有るのです、つまり”運送事業の許可が無ければ、貨物運送事業法違反も問われるんですよ”これを警察は、知らなかったんですよ、理解出来て居なかったんです」

この事実に付いては、札幌市環境局、東田事業廃棄物課課長と、札幌市環境事業公社中村次長が、ずっと言い張り続けて来た事が生きて居ます「一般廃棄物請負処理は、引っ越しに際して居るのだ、拠って、適法な運送事業の一環だ、こう言う事を、ずっと言い張って来ているでしょう、こいつらは、揃って」

ですから「札幌市役所環境局、事業廃棄物課東田課長と、札幌市そのものである、環境事業公社が口を揃えて言い張って来たように”一般廃棄物有料処理請負事業は、有料貨物運送事業でも有るのですよ”」

なので「軽貨物運送事業届け出しか無い、ライフピース、ライフパートナーズ、片付け本舗等の便利屋、せいぜいが軽貨物輸送届け出しか無い犯罪業者は”二トントラック、四トントラック、一般廃棄物積み放題パック00円、之で廃棄物処理致します”このネット広告を出している時点で、明白な貨物自動車運送事業法違反行為者と、確定して居ます」

逮捕しない理由が、逆に不明です、明白な犯罪証明を、ネット広告でも自ら果たしているのだから。

嘘の、犯罪を行うとした広告です、無許可貨物有料輸送(も)を請け負いますとの、犯罪広告ですから。

こっちの犯罪事実は、とても分かり易いでしょう、逃げられる筈の無い犯罪立証です、ネットに犯罪請け負います、広告は、ねえ。

犯罪政令指定都市札幌

  • 2017/08/06 12:11

@巨大犯罪の元締め札幌市長、市議会、市職員による、一般廃棄物無許可犯罪請負処理事業、無許可引っ越し請け負わせ貨物自動車輸送事業、市が公共事業でこの発注を行い続けて居る問題で、札幌のxx署のxx他、秘匿情報伝達です、各警察署には、道警本部長と三好商会との、虚偽コピー機リース契約書等も、順次配布されて行っている訳です
                                平成29年8月6日
河戸光彦会計検査院院長 広報吉田、西村他国税犯罪使用公認担当
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530
公正取引員会北海道事務所
TEL011-231-6300
FAX011-261-1719
石井啓一国土交通大臣 貨物課平島課長、尾崎企画法令担当
TEL03-5253-8111(41-301)
FAX03-5253-1637
FAX011-290-2704 同六運局長、貨物課谷貝次長、大友課長
中川雅治環境大臣、廃棄物課堀川課長、産廃課服部、一般廃棄物田中担当
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264
加藤勝信厚生労働大臣
TEL03-5253-1111
FAX03-3592-5934(社会援護局保護課池沼2827)
FAX03-3502-1598(安全衛生部労働安全衛生法松本5477)
FAX011-737-1211 道労働局長、各労基署長

                      本件を含む調査、告発者

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                      有限会社エッチエイハウスリメイク
                            取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

旭川、小樽、石狩、北広島、江別、恵庭、千歳、岩見沢市長、各関係部署
FA✖0166-29-3977
FAX0134-32-5032
FAX0133-75-2275
FAX011-372-1131
FAX011-381-0390
FAX0123-32-0260
FAX0123-49-2056
FAX0126-23-9977

※一般廃棄物無許可犯罪請負処理事業実施社、札幌市が使って居るライフパートナーズ、ライフピース等のネット広告には”個人所有廃棄物処理請け負います、軽トラック積み放題、2トントラック積み放題、4トントラック積み放題パック00万円”と掲載されています”この犯罪事業も有料貨物輸送事業です、これ等便利屋は、軽貨物事業届け出しか無い事業者です、無許可で運送事業請負広告を打って居る(無許可での有料貨物輸送引き受け広告は、貨物自動車運送事業法違反の筈)ですから、この広告を出して居る事で、貨物自動車運送事業法違反が成立して居ますよね

1、本日付け別紙の通り「札幌市役所が主犯、実行犯での、巨大犯罪、保護受給者が当事者の、一般廃棄物無許可犯罪請負処理事業発注、実施(無許可貨物有料運送事業でも有る犯罪事業)事実と、無許可引っ越し請け負わせ有料運送事業犯罪の事実を、札幌の全警察署に伝えました」

2、どちらの犯罪公共事業も「無許可貨物有料輸送事業実行実例証拠です、無許可貨物有料輸送犯罪は、公共事業で実施分は、簡単に立証出来ますので、一昨日から一部警察署は、区に対して直接動き出して下さっています」分かって居ながら、犯罪公共事業、特に一目瞭然の、無許可貨物有料輸送犯罪を、公共事業で続行させる訳に警察は、行かないからです。

3、札幌市が発注し続けて、実施させ続けて居る犯罪公共事業に、捜査が入り出して居ます、公共事業なので、犯罪である実例証拠は、各区保護課に揃っています「保護受給者が、運んで貰う、処分して貰う物品所有当事者です、一般廃棄物犯罪請負処理事業も、引っ越し請負事業も、どちらも貨物自動車輸送事業届け出、許可請けをしていないなら、していても、白ナンバートラックを主で使っての、有料貨物請負輸送は、貨物自動車運送事業法違反確定です”捜査対象事件、一般廃棄物犯罪請負処理事件と、無許可運送事業実施数は、併せれば、市発注分だけで毎年数千件で、ほぼ無許可違法業者に発注だそうです”巨大過ぎる、政令指定都市犯罪です」

4、xxは無許可廃棄物違法請負処理事件と、無許可貨物輸送事業事件と、両方のxx事実をxx、xxに着手して、し出して居ます「両方の犯罪で、無許可貨物有料輸送犯罪が行われています”一般廃棄物犯罪請負処理は、札幌市環境局東田と公社は、偽装引っ越し、有料貨物輸送事業だ、こう言い張って居ます、この事実だけでも、一般廃棄物犯罪請負処理、保護受給者家財違法処理も含め、有料貨物輸送です”国交省、陸運局、正しく貨物自動車運送事業法規定を適用とし、調査、刑事告発、行政処分実施(無許可白ナンバートラック使用貨物有料輸送に対して)を、他同様犯罪実例と同じく行うよう求めます」

犯罪を適法と言い逃れに走ろうと

  • 2017/08/06 09:38

絵に描いた以上の犯罪を、国家権力を悪用させて、適法化された犯罪だ、国家権力がグルになり、犯罪だが制度化したのだ。

こう言い張るだけを武器とさせて、犯罪が公式に証明されてからは、公開犯罪に昇格させて続行し続けて居ます。

国家権力犯罪だから、之が通せているのです、でも「犯罪を行っている主体は、民間業者と国家資格事業社等です、実行犯は民間事業者です」

ですから、国家権力犯罪を制度化した、国家権力を悪用させて、合憲、合法を破壊させた、犯罪を公開で続行し続けろ、こう犯罪を指揮する、必要となって居る犯罪を、直に手を染めてまで行っている国家権力が、犯罪直接実行役業者に命じても「怯えて逃げ出す犯罪業者、犯罪国家資格者が、多数出てしまうのです」

札幌市役所指揮犯罪でも、詐欺リースは、まだ逃げ出す業者は居ないようですが、一般廃棄物犯罪請負処理行為と、白ナンバートラック有料貨物輸送行為は、逃げ出す業者がどんどん出ています。

幾ら札幌市役所が「無許可で一般廃棄物有料請負処理事業を行って良い、無許可で、白ナンバートラックを使って有料貨物輸送を行って良いのだ、こう言い、この二つの犯罪を請け負わせ、実行させようとしても、犯罪を直に行う業者の中には、怯えて逃げ出す所も、当然出て来て居るのです」

有料貨物輸送も、無許可で合法と札幌市は

  • 2017/08/06 09:23

一般廃棄物犯罪請負闇処理事業も、貨物自動車運送事業法違反も科せられる犯罪です、廃棄物処理法違反と、貨物自動車運送事業法違反が、どっちも無許可で実施した事業者は、科せられるのですよ。

軽貨物輸送事業の届け出をして有ったって「実際の事業遂行は、軽トラックでは多くの場合、行え無いから、白ナンバートラックを使い、行って居るからね、どっちの無許可実施事業も、貨物自動車運送事業法違反は、同じく科せられますから」

もう逃げ道は無いですから、後は札幌市長、市議会議員連中、市職員と犯罪請負、実施業者が「表立って手を組み、無許可一般廃棄物請負処理事業も、無許可有料貨物輸送事業も、どっちも合法な事業遂行だ」

こう、公式に、警察、各監督官庁を相手取り、正面から無罪を主張して、無罪である証拠、法律論を公式に表で、監督官庁、警察、検察、裁判官相手に使い、無罪と立証して勝つ、この道しか、もう残って居ません。

警察からは既に札幌市、区に対して「無許可有料貨物輸送事業は違法、禁止と連絡も入り出して居ます、この禁止通告に対して、今週から札幌市役所、各区長、保護課他役人は”正面から異を唱えて、濡れ衣でしか無い、有料貨物輸送事業実施には、一切事業届、許可は要らないのだ”講師として主張し、勝つ為、今週から秋元市長も市の役人も、警察相手から動く訳です、勝利を願っています」

遂に札幌市長、市議会、市職員と犯罪業者は

  • 2017/08/06 09:09

いよいよ秋元市長、市議会議員連中、市の職員と、共犯の犯罪業者は、一般廃棄物犯罪請負処理公共事業事実と、無許可貨物有料輸送犯罪公共事業実施事実を持ち、警察と全面対決する状況となって居ます。

市側の主張は「廃棄物処理法、貨物自動車運送事業法は、適用されない法律であるから、一般廃棄物無許可違法請負処理事業実施も、無許可で有料貨物輸送を行い続けて居る事も、一切犯罪には該当しないんだ」

こう言い張り、実施事実証拠を警察に突き付けて「合法な事業である、どの実施実例もだ」

こう、公式に主張し、無罪と確定させる訳です、いよいよ市としてこれを果たすべく、警察、監督官庁と全面対決に走るのです。

さて、札幌市役所側に、勝算は有るんでしょうか?一般廃棄物犯罪請負処理、公共事業での実施分も含めてに付いては「言い逃れが出来なくなり、新たな犯罪に走るs事としたので、犯罪を重ねて来た事の、市による公式立証と、新たな札幌市直接の犯罪に変えた、実例証拠が出来てしまって居ます」

この事実、証拠を持った上で「過去の実施分も、今と今後の実施分は、全て合法、適法な一般廃棄物としての処理事業であると、どんな事実、法的根拠を持ち、主張して勝つ気で居るのでしょうね?」

まあ、政令指定都市札幌の市町、市議会議員連中と市の職員と、犯罪請負、実施業者です、無実を確信出来る何か確固たる法の根拠でも有るんでしょう、注目ですね、無実を晴らすこいつらの手が何かも。

こいつらが法を持って勝てば、立法府、国の行政機関による廃棄物処理法法律規定制定内容、制定された法律による、廃棄物処理事業実施内容、廃棄物処理法違反事件での、刑事訴訟法手続き過去分が、憲法、法律を犯して行われて来た事となるしね。 

史上空前の規模の

  • 2017/08/06 08:57

札幌市役所が指揮する、法を犯す行為を直に手掛ける、市役所が組織犯罪の元締めとなって居る犯罪、一般廃棄物犯罪請負処理行為に、白ナンバートラックでの、無許可運送事業、引っ越し委任行為と公認犯罪は、もう完全に表で立証して有ります。

空前絶後の規模の、市役所が犯罪の元締めとなった、重大犯罪です。

特に札幌圏での、一般廃棄物犯罪請負処理の公認状態も、白ナンバートラックを使った、無許可貨物有料輸送の公認状態も、この二つの犯罪事業を直接仕切り、この犯罪を常に成功させる為の犯罪も、直にも合わせ行い、行わせて来て居るのは、札幌市役所だから、ここまで公然と行い、通せる状況となって居るのです。

札幌市役所が頭に立ち、一般廃棄物犯罪請負処理の事業化も、主にこの犯罪を、市が先に立って委任し、行わせている犯罪業者に認め、行わせて、通して来て居るから、札幌市が飼い、一般廃棄物犯罪請負処理事業と、白ナンバートラック有料貨物輸送を、市が認めて、市が共に発注もして、自由に行わせて居る業者連中が中心となり、特に札幌圏では、この二つの犯罪が、巨大な犯罪事業化されて、通って来ているのです。

両方の札幌市役所指揮犯罪を合わせれば、札幌市が税金事業で発注して居る分だけでも、毎年数千件に上っているとの事です。

尋常な犯罪の数では無いですし、公共事業ですから、この札幌市による犯罪行為実行委任、犯罪業者が請負、犯罪に手を染めている行為の札幌市役所発注分は。

現状

  • 2017/08/06 08:08

                 現状報告

                                 平成29年8月6日

FAX

@現在の状況報告です

;札幌の××全ての交通x課特別xx係に、札幌市役所犯罪、無届、無許可有料運送事業への引っ越しの発注を、毎年千件単位、市保護課(介護保険課等も別枠で)で行っており、その結果、白ナンバートラックでの有料貨物輸送事業が、札幌市内全域で、札幌市が公認して居る故、常態化して居る、等事実を持ち、緊急xxを求めて有ります、証拠は区保護課に揃っていますから、ここから犯罪業者を確定し、xxを掛ければ芋蔓式に、数千、数万件立件出来ますので。

;一般廃棄物有料犯罪請負処理事業も、有料貨物輸送にも該当しますので、こっちも貨物自動車運送事業法第70条1項が適用されますから、白ナンバートラックでの有料貨物輸送犯罪業者は、保護受給者家財違法処理請けと、引っ越し共に、貨物自動車運送事業法違反でも摘発されます。

;現在、×××で直に区に連絡を入れたのは、×××です、今週からほぼ全部の×××が、札幌市保護課の犯罪から、xxに着手する筈です、札幌市役所で飼っている、ほぼ全ての犯罪請負業者が摘発対象となって居ます。

;一般廃棄物違法請負処理犯罪のxxは、札幌市の犯罪事業も含め、××、××等が、既に事件を掴み、××を行っています、又、近日中には”札幌市役所、区役所保護課が、今まで行って来た犯罪廃棄処理の方法を変えた事で、今まで行われて来た、一般廃棄物違法請負処理は、完全に犯罪事業と、札幌市自信が証明しましたので”他の××も、保護受給者家財違法請負処理事件から、xxを始めるでしょう”札幌市が飼っている犯罪業者は、こっちでもほぼ全滅します、違法有料運送と一般廃棄物犯罪請負処理は、ほぼ同じ業者が請け負っていますので、多くの業者が二つの罪状で処罰を受けます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年08月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2443502
ユニークアクセス:2086060
今日
ページビュー:102
ユニークアクセス:102
昨日
ページビュー:1506
ユニークアクセス:1374

Feed