エントリー

2017年09月の記事は以下のとおりです。

引っ越しに際して

  • 2017/09/30 17:37

北区役所が資金を出した、保護受給者の引っ越しと、併せて実施した受給者の所有物廃棄事業ですが、今日、引っ越し分の領収書写しが送られて来ました。

これでこの事案は「クロネコヤマト引っ越しセンターが、税金からお金を受け取り、保護受給者の引っ越しと、一般廃棄物請負処理を、併せて行った事案だと,公式証明された訳です」

となり、じゃあ「環境省令を守ったのか、破ったのか、この問題の立証となりました」

環境省令では「引っ越しに際して、引っ越しを委任した者の排出した、一般廃棄物を引き取り処理する場合”排出者が作成した、廃棄物品目記載書面を受け取り、処理に要する費用に限り受け取り、廃棄物を運び、一般廃棄物収集運搬業者に、排出品目記載書面と合わせ、交付する手続き、之を満たした場合に限り、廃棄物処理法の適用を除外する”」

こうなっています、さて、ヤマトは「引っ越しに際して行った、保護受給者の家財一廃扱い処理で”環境省令を守ったのでしょうか、北区役所保護課は”環境省令も守って居ません、利益も取り、一廃請負処理して居ます”こう認めて居るんです」

となると「公共事業で、廃棄物処理法違反事業を行わせて、行って、税金から金を払う、受け取る行為が常態化して居ると、又立証された訳です」

さて「ヤマトに対する、廃棄物処理法第25条を適用させての刑事告発、どう検察庁が扱うか、大注目です、北警察署も同様です」

警備員の

  • 2017/09/30 15:49

警備員、道路警備に限定しての事ですがタコ部屋労働以下の労働環境で、貰えるお金も安く、仕事が入る保証は無い仕事です「天候、工事日程変更により、一か月に20日仕事が入れば、とても幸運です」

タコ部屋以下労働で、之ですからね「タコ部屋労働は、休日以外働けます、その面でも道路警備員の仕事は、最低ラインの仕事ですね」

タコ部屋以下労働実態を、私が表に出して、労働局と警察を動かして居ますので、大きく改革の波が起き出して居ます、でも「法に沿った警備員配置、労働環境となっても、タコ部屋以下労働です、従事する人が居ません」

道路警備の仕事に従事するなら、扱いが悪いのは同じでも、施設が雇う施設警備の方が、まだ良いかも知れません。

でも、働く先によっては、数日ぶっ通し労働が続く環境も、施設警備業では多いそうです。

こっちはこっちで体を壊すそうです、警備員の仕事って最悪の部類ですね。

一般廃棄物犯罪請負処理、家屋解体仕事、警備員の仕事、最低部類の仕事ですね「金を安く押さえられれば良い、合法労働、発注は不要、金が安いのが絶対、犯罪行為を行おうと、ばれなければ良い、どの仕事もこれですから」

発注者が屑、請け負う、働く側に法を犯させて、安い金を払う、官民こぞってこうです。

実行

  • 2017/09/30 14:53

            @家庭の不用物品引き取り依頼

                               平成29年9月30日

xxxxxxxxxxxxx 御中
TEL011-×××ー××××
FAX011-×××-××××

     委任者

    xxxx

TEL

※先程電話にて、預かり物品の処理を委任したxxです、預け先から処理を求められ困って居ました、処理を請けて頂き有難う御座います、何処かに処理を頼みたかったのですが、先週道立消費安全センターの記事、家庭の不用品や遺品処理を、金を払い頼んだら、処理してくれない悪質業者が横行している、弁護士会と相談受けする、との記事も見て、センターにも電話したが、何の知識も無ゆえ役に立たず、たまたま東区役所に出向いて、知り合いの役人さんに話して、御社他数社を、こう言った物品処理を、市も行わせている業者と聞かされ、信用出来るから、と紹介されました。

@処理を頼みたい物品リスト、費用を出し、ファックス送信下さい。

;自転車一台、30インチ薄型テレビ、タイヤ3本、漬物石プラスチック3個、樽3個、ポリタンク入り灯油一個、紙類段ボール一函、掃除機2台、家庭用浄水器一台、小型ポータブル石油ストーブ一台、丸型木製テーブル一台  

必要費用を出さず、安価な工事を

  • 2017/09/30 12:28

危険が伴う土木建設工事で、費用削減を唯一絶対の目的とさせて、廃棄物違法処理や、警備員削減、ゼロ体制を常態化させている、公共事業からこうです。

法の順守意識は、無いに等しいのですよ、この国の国家権力には。

費用削減、之が唯一絶対、守るべき法律を、安全対策実施を、不要な事と決めて、実際通して来れています。

何処もそうだから、それが免罪符にはなりません、当たり前です、まして税金事業で犯罪が、重大な違法が、安ければ良いで免罪されたりしません。

廃棄物処理法違反、警備体制不備、必要だけどせず「これで浮く費用は、結構な金額になりますからね、安価にはなる訳です」

警備員の人件費は、定時労働で今、16,000円を超える金額となって居ます、3人警備員が必要であれば、一日5万円近く費用が要ります、10日で50万円近くに上ります。

この計算でも「必要な警備員を使わず通せば、短期の土木建設工事で有れば、費用は結構な割合、減じられますから」

住宅解体工事で、道路使用が必要であれば、警備員と保安要員費用で、30~100万円単位、費用が変わりますから、合法工事遂行と、違法な道路使用、警備員無し体制で比べれば。

100~300万円の工事で、警備費用が別途数十万円~百万円必要な訳です、警備員を配置したく無い訳です「安ければ良い解体工事、合法は不要で安い工事費の工事遂行しか、官民は求めないから」

でも「警備員は安い、人扱いされない、そんな労働状況下に置かれていると言う、これが日本の現実です」

法律規定は

  • 2017/09/30 08:39

                                平成29年9月30日

@北海道労働局局長、各労基署長
TEL011-709-2311(第一合同庁舎代表電話)
TEL011-737-1192(中央労石川副所長、労働安全衛生課、富塚課長)

北村博文北海道警察本部長、札幌方面各警察署長
TEL,FAX011-251-0110

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                              山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、従前より指摘して来ている「道路警備、及び、道路際等での、特に重機を使用しての解体当工事の場合、道路法、道路交通法、労働安全衛生法の遵守が、強く求められています」

(1)以前から伝えている通り”道路を一時的に工事場所として、工事を遂行する手続き、道路使用許可発行”は、行政が所管する道路法の規定を、道路交通法を正しく守る事を条件として、一時的に道路法の適用を止める手続きです。

(2)この道路使用許可の、最重要必須遵守事項が「道路管理者に代わり、道路法を一時的に外して、道路を工事場所として使用させられる事を認める、道路警備員の必要人数配置なのです」

(3)つまり、道路警備員の仕事は”道路管理者の代理で、道路法を一時的に外して、道路を工事場所と出来る為の、責任管理業務なのです”工事を請け負った土木建設業者の最末端下請け業(この間違った扱い故、必要な警備員人数不用、警備員は休憩、トイレ使用不可扱い)では、法律規定上も無いのですよ。

(4)この法律の正しい組み立てを、当方が指摘して、理解頂き、警察、労働局、監督署が動いて下さっている結果「特に道路工事公共事業では”警備員を必要人数揃える事と、仮設トイレを設置する事を条件として、道路公共工事実施が認められる、となって居ます”」

(5)札幌他市土木建設工事、上下水道工事部署が言い張って来たように「工事発注公共機関が、道路交通法、労働基準法、労働安全衛生法規定は無関係とさせ、警備員配置人数独善決定し、仮設トイレは不要、休憩、昼食摂取一切無しで、8~10時間以上通し労働で良し、警備員委任費用も、発注公共機関が独善決定で正しい」事では有りませんでした、タコ部屋労働がまともに見える、強制収容所労働です。

2、又、特に住宅解体工事では「費用さえ安ければ良い、これを持ち、工事届け出を受ける市担当部署(札幌は建築安全推進課)が、残置一廃違法処理黙認(普通ただで処理させる)道路使用工事でも、道路使用許可不要、道路、通行人当の安全対策要員、警備員、保安要員配置不要と、行政権力を悪用させ、許可して通して来て居る訳です」

3、解体撤去費を押さえられさえすれば、廃棄物処理法(解体家屋内外残置一廃違法処理公認は、環境局ぐるみです)道路交通法、労働安全衛生法等順守不要、之が、行政機関が指揮し、行わせている事です。

4、解体工事に要する費用は、請負工事ですから、法に沿い、必要な費用を積み重ねて決まるのであり、法に沿い必要な工事を行わせない、無料で工事を指せる事は、法律上出来ません、事情により広報が変わる、工期が伸びれば、工事費は増額します「別紙、町田市役所旧庁舎解体工事事実、解体工事予算を、当社の指摘で仮予算組とした(騒音、振動規正法適用、地中埋設廃棄物調査、撤去が読めない)事実でも、証明されています」      

行政、司法犯罪がばれて、犯罪適法化に走って

  • 2017/09/30 08:28

国家権力犯罪が暴かれた、大慌てで行政、司法が結託して、犯罪は適法である、と公式に走った「犯罪を証明して有る公文書と、犯罪は適法だとした公文書が、見事揃った」

じゃあ「同じ犯罪を、正しい行為、事業だとして、公式に行い、通せるわけだ、良い事だ、堂々と犯罪を行い、通るんだから」

今後、一般廃棄物犯罪処理請負事業も、廃棄物処理法違反とは出来ません、今日からはもっと、正しい犯罪となる訳です。

別に「生活保護法による、一般廃棄物犯罪処理目的請負事業なら、廃棄物処理法違反とはならない、訳では無いしね、生活保護法による事業で有ろうと、一般廃棄物違法処理前提一括請負事業は、廃棄物処理法違反だから」

「生活保護法による同様事業であれば、廃棄物処理法違反とはならないから、過去も、今も、今後も続行して、取って居る、行くんだ」札幌市役所挙げての言い草、実行実例です。

実際、行い続けて居る訳ですからね、之を、今も、明日以降も「じゃあ、生活保護法による事業実施であると、秋元市長から公文書を、実施業者は取れば良いのです、排出者は生活保護受給者です、身元証明はこうなって居ます、之を記載した公文書を、秋元市長から取れば」

もう、大手を振って「生活保護世帯の家財等、一廃違法処理請負が出来ます、今は闇で違法廃棄処理して居るけれど、今後はこの証明書を手に入れて、何処にでも放置して、通ります」

他の法律をぶつけても

  • 2017/09/30 08:15

札幌市役所が頭に立ち、生活保護法による事業だ、こう「証拠も出さず言い張り、廃棄物犯罪一括請負処理事業を”同様の犯罪事業も含めて、今も、明日以降も行えて居ます」

生活保護法による、保護受給者の家財等の、一括処理請負事業だと「市が言うから”廃棄物処理法は適用されないのだ”証拠も無だが、よって、今後も同様の、一般廃棄物一括処理請負事業を続行させて行く」

となって、通って居ます「もうどうにもなりませんよね、ここまであからさまな行政指揮、実行犯罪が、公開で続行出来ている状況では」

と言う現実なので「実行犯である立場により”生活保護受給者である、廃棄処理を委任した人間は”これを証明する公文書証明書を、秋元市長に出させます」

スクラム事件でですよ「生活保護法による事業遂行で有れば、廃棄物処理法は適用されない、公文書でも、市が言い張って居る事です、この理論構成?法律の適用で、今も”結局一般廃棄物違法請負闇処理を、市挙げて続行し続けて居ますから”」

であれば「不法投棄しようと”生活保護法による事業遂行です、保護受給者の家財処理だと、添付、秋元市長発行証明書で確認下さい”こう言う証明書も添えれば、何処に廃棄しようと、廃棄物処理法違反とは、ならない訳です」

わざわざ「排出者を偽り、産廃業者、札幌市環境事業公社下請け業者、清掃工場と結託して、虚偽排出者証明書を作り、法を犯した処理なぞ、せず済むんですから」

犯罪がばれて、詭弁、虚言を弄して正当化に走った、その先がこの状況です「税金を投じた事業ですよ、之が、犯罪を、税金を使い、今も重ねて通って居ます、狂って居ますねこいつら、完全に」

大手を振って行える、今日からは堂々と

  • 2017/09/30 07:33

一般廃棄物、遺品一括請負犯罪処理事業、今日から特に札幌圏では、公開犯罪に昇格致します、公式な犯罪の制度化が、今日正式に果たされます。

道立消費生活センター

通常の電話番号

TEL011-221-0110

   本日は下記電話にて、午前10時~午後3時

TEL011-242-5850 今日の相談用特設電話番号

特に法を犯してこの事業を行っている、犯罪業者様方「明日以降のアリバイ作りに、是非電話相談すべきですよ」

悪質な一般廃棄物、遺品処理請負業者の被害相談、って、アホを超えてしまって居ますね「どう相談受けするんだ?委任者も同罪で、そもそも”犯罪を委任する事自体、表だって騒げる事では無いんだから”」

「犯罪を、委任者も罪に問われる犯罪を、金を払い頼んだが、実行してくれない、自分は被害者だ、と言う相談受けだってさ、弁護士が今日、この”被害相談受けするんだって”」

被害者、は居ないけれどね、この事案には、行為者全て犯罪行為者です、犯罪の委任は、契約成立自体、認められません。

法律以前過ぎる

  • 2017/09/30 07:22

法律の遵守と言うけれど、各法律の正しい組み立て、上下関係から、きちんと理解出来ている公権力の人間自体が、ゼロレベルです。

極当たり前の「正しい常識に属する事ですら、全く理解自体不可能なのが現実です、今の時代、ネット検索すれば、基本の問題点を理解出来れば、答えを見いだせるのだけれど、思考力自体ゼロレベルですからねえ、考える頭を備えていないので、正解を導き出せもしません」

今日、北海道立消費生活センターとやらが、遺品整理、一般廃棄物一括処理請負事業”被害者相談他”を実施するらしいけれど、これ、犯罪だから、頼んだ人も、請け負った業者も、同じく廃棄物処理法違反です。

お金を払い、家電品の処理を頼んだ、遺品の処分を頼んだけれど「廃棄処理市に来ない、悪質な業者だ、被害を受けた、相談だってさ、アホを超えて居ますよね」

この「間違い過ぎた悪質事業者被害?相談を、札幌弁護士会、会員弁護士、北海道新聞が”今日、公式実施するんだそうですよ”これでもう、一般廃棄物処理請負も、遺品整理業、窃盗、弁護士法違反、行政書士法違反、廃棄物処理法違反業を、大手を振って実施出来ますね」

道庁、弁護士会、北海道新聞が、遺品、一般廃棄物一括請負処理業を「きちんと金を取り、処理実施しないと悪質業者ですよ、こう決定して下さっているんだから、愚かを超え過ぎて居ますよね”処理方法は、排出者偽装処理ですよ、札幌市役所が指揮して居る、この手口での闇処理です”」

生活保護法事業証明書

  • 2017/09/29 19:13

スクラム代表に電話しました「で、来週初めに”生活保護受給者の家財一廃処理事業を行った事を、公文書で証明して貰うんですよ、秋元市長に”」

その証明書が出れば「廃棄物処理法違反は適用されない、そうなので”一般廃棄物の請負処理を、便利屋、運送屋等に発注して、一括請負処理させて居る札幌市役所は、この発注の時点で廃棄物処理法違反です”それがそうなっていない理由は、札幌市によると」

生活保護法による、一般廃棄物請負処理事業だから、生活保護法による事業だと、無許可有料貨物輸送も、一般廃棄物違法請負処理も、違法にならない、之が札幌市の言い分ですので。

であれば「一般廃棄物違法請負処理事業、無許可有料貨物輸送共に”請け負った時点で生活保護法による事業である事を、秋元市長は、請け負った業者に対して、公文書で証明しなければ駄目だったんです”」

この証明書が有れば「スクラム代表にしても、石狩に保護受給者の家財等を置いて来た時、生活保護法による廃棄処理だと言う、証明書も貼って置いて来れば、捜査を受けず済んだ、筈ですから」

ですから「秋元市長から、生活保護法による、保護受給者の家財処理事業実施だったとの、公文書証明書を取り、捜査機関に渡すんですよ、それで冤罪となる、筈だから」

そして、警察、検察に、厚生労働省、環境省に対して、生活保護法規定で廃棄物処理法、貨物自動車運送事業法の適用除外となるのか、公式確認させるんです。

ページ移動

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:2552985
ユニークアクセス:2189134
今日
ページビュー:410
ユニークアクセス:410
昨日
ページビュー:2121
ユニークアクセス:1982

Feed