エントリー

2018年02月02日の記事は以下のとおりです。

窃盗の物品

  • 2018/02/02 15:32

環境事業公社は、やはり「裁判所の強制執行物品他を、引き取りに来ませんでした”闇でしか、法を犯した混合廃棄物引き取り、違法一括焼却処理は、出来ないからでしょうね”」

環境局東田の行政指導通りに「テレビも一緒に、パッカー車に放り込み、一括焼却させる予定で居るのに、引き取りから、又逃げました”今度は市議会も同罪です”」

これ等の物品は「もうご承知のように”不動産占有者側が所有している物品で、債権者が勝手に処分しているが、窃盗罪、廃棄物処理法違反行為です”」

そして「法を犯した、他者への処分品の押し付けにより”債権者が負担させられるべき、廃棄処理費が、不当に他者負担へと切り替えられて、不当な他者支出が強制されており、債権者に不当利得を、裁判所、国が与えて居ます”」

もっと悪質な実例は「札幌地裁平成28年執ロ第214号事件物品と、札幌地裁執ハ24号事件搬出物品です”これ等事件の物品の多くを、札幌市役所、道庁、第2合同庁舎、北税務署、東、西区役所に”盗品の証拠保全で、214号事件物品を市役所に、24号事件物品を、他記載公的機関に、寄付で、裁判所扱い物品の証拠と共に、置いて来ました」

で、全案件で「道警、道庁もグルになり、虚偽の遺失物扱いで、税金を不正に使い、処分して居ます」

税金不正使用で有り、法を犯した税金不正使用に走って、債権者側の支出を不要とさせたのです、民間に対して、犯罪に手を染めて、不当な利得を与えた事件です。

ネクステップ、相続前遺品犯罪廃棄処理請負事業物品も、個人の所有物の犯罪処理請負物品も「道警本部か、所轄警察署に、遺失物と偽って持ち込め、税金で処理出来るから、その分安く処理出来て、安全だから」

違うよね

  • 2018/02/02 12:57

札幌東警察署の、すぐ横の、アパート?火災でも「スプリンクラーが未設置故、家裁が燃え広がり、多数の死傷者が出た」

こう、勘違い過ぎる報道が、垂れ流されて居ますが、全く違って居ます。

;あの建物は、半世紀も前の建物だから”準防火建築では無いでしょうね、石膏ボードで表を覆った施工では、多分無くて、ベニヤ板でしょうね”火事になれば、薪ですから、良く燃え広がります。

;古い建物だから、各部屋石油ストーブ暖房だったとの事で、廊下にも灯油タンクが置いて有り、建物の一角には、1,000㍑位、灯油が備蓄して有ったとか、あっという間に火災の勢いが上がり、消火は不可能でしょうね。

;火災自動通報装置は設置されて居ましたでも”ベニヤ板施工で?灯油が大量に建物各所に置かれているし、廊下が燃え盛っており、各室の窓は、格子で塞がれていたようです、焼死する条件ばかりです”逃げ道は窓だけだから。

スプリンクラーは「火災自動通報装置は、87度を超えれば、配線が焼け切れて止まります、90度を超えれば、スプリンクラーのヒューズが飛び、水を散布し出しますが”この温度では、人は死んでいますし”あんな水の勢いです、あくまでも消火活動を多少助ける、だけの機器です”火災を消す装置では無いから」

火災をそれなりに消すスプリンクラーは「二酸化炭素の泡を充満させる装置です”大きな駐車場等に設置されています”油タンクですから、車は、二酸化炭素の泡で、酸素を遮断した消火を主体としなければ、消せないでしょうから」

このスプリンクラーが作動しますと「泡に覆われれば、人も死にます、酸欠となって、之がスプリンクラー設備の実際です」

法律無効化

  • 2018/02/02 12:43

法律の無効化、国家権力犯罪は、之で成立させて有ります、法律の無効化は、法律に適って居ませんけれどね。

行政が所管している法律で、刑事罰則が付与されている法律は、法を所管する行政機関の長が、法に違反した事実を持ち、刑事罰則の適用の可否を、法に照らし合わせてと、公共性が有るかどうかを鑑みて、決めるのですよ。

そう言う憲法、法律の規定ですが、この憲法、法律の正しい扱いも、すっ飛ばされて居ます「法曹権力、警察、マスコミ等が独善で、行政が所管する法律も、刑事罰の適用の可否を、独善で、勝手に決めて、通されているんですよ」

重大な犯罪を行っている、行政が所管している法律事業、行為で、であるのに「法を所管するトップが、法を犯した事実から持ち、刑事罰の適用の可否を、正しく決めるべきなのを、全く無視して、通す事ばかりが実際です」

相続前遺品物品、個人が所有する「廃棄したい、不要故処理したい物品を、法を犯して処理を請け負う事業、犯罪行為も、今では公然と、国中で大々的に、表だって迄行えて、通されて居るけれど、この現状が生み出されている理由も、法を所管している行政機関、行政機関の長、法曹権力、警察、マスコミが、犯罪を公認しており」

犯罪者に犯罪を認めて居るから、犯罪の免責を行って居るから、です、法を所管しているのは誰、何処かから、全くまともに知らない結果でも有ります。

刑事罰の適用の、正しい手順、方法も、知らない結果です。

犯罪を求めれば、無条件で悪に手を染めるから

  • 2018/02/02 07:45

相続前の遺品物品を、法を幾つも犯して、廃棄処理を、一括で請け負って、通せている行為も、個人が所有する物品を、法を犯して廃棄処理する行為も「裁判所、弁護士も、役人、役所も、先に立ってこの犯罪他者所有物品処理を、委任までしているから、公式な犯罪事業化されて、通せているのですよ」

憲法、法律の破壊を持ち、強引に、犯罪を多数行うまでして、強制的に成功させて有ります、国家権力が先に立ち、犯罪を行わせて、犯罪を免責としてです。

ですから、犯罪が詳細に暴かれて、犯罪を潰しに動かれても「もう後戻りは出来ないんです、国家権力犯罪だとまで、詳細に暴かれてしまって居るけれど、自分を守る為、之がこうなったから、最上位、唯一となり果てているんで」

こうなると、もう「合憲、合法なぞ、一切無効と決定までして、狂気の国際テロ犯罪を、公式に続行までさせるんです」

自分が犯罪当事者である、この真実を、どんな犯罪を行ってでも、完全にばれた犯罪全てを免責とさせてでも、犯罪を認められなくなるんです、犯罪全てを公認までして、犯罪行為者責任を、必死に消しに走るんですよ。

こうなるまで追い込み、犯罪の限りを公式に尽くさせて、犯罪の適法化を、実例証拠多数を持ち、果たさせるんですよ。

その先は「同じ適法化実現済み犯罪を、公式になぞり、行えば良い事です、犯罪が公式な事業で、自由に行えるようになりますので、国家権力共犯の犯罪業者と同様に」

重罪が科せられる犯罪だけれど

  • 2018/02/02 07:32

愚かを超え過ぎた、この国の国家権力は、三流以下の詐欺師にすら、あっさり手玉に取られる事ばかりなのです。

自分は神に等しい存在、知識、能力を備えた存在であると、自分を、事実を無視して崇拝して居ますから「自分の狂った考えを、思い込みを、無条件で追認して、従ってくれる人間だけしか、周りに置かないんですよね」

ですから、札幌市役所、道庁犯罪は「犯罪公共事業を提案した、勘違いしている、偉ぶった役人の上が、犯罪の手を告げると、無条件で同調する詐欺師が、これ幸いと、役所の公認が有るから、犯罪に走る訳なのです」

札幌市役所が、今では公然と手を汚して居る、詐欺リース行為、事業用電話機器ユニットと、工事の問題にしても「物品はリースで借りている、こう言い張って居るんだから”貸金が機器を所持して居る証拠を、当然出さなければなりませんが、実際は違法な貸金契約だから、こんな事実は無くて、物品所持証明なぞ、無いから出せませんが”」

事業者の償却資産登録は、市町村登録なのを悪用して「貸し金は、リース物品を購入し、所持して居るのだ、市に登録が有るんだ、こう嘘を吐くのと”リース契約、市の契約に付いて、物品リースの場合、リース貸出物品は、リース会社が所持している事実の証明は不要だ、償却資産税納付も不要だ”」

こう言い張り、双方が確信犯である、違法貸金契約と言う事実を、嘘の羅列で隠して、走って居るんです。

事業用電気工事が入って居るけれど、これにしても「貸し金、貸金下請け販売店は、事業用も、家庭用も、電気工事なぞ請け負う資格も許可も無いけれど”札幌市役所、道庁らは、電気事業法違反、電気工事士法違反、労働安全衛生法違反等を、知った上で認めて、公共事業で違法な電気工事を実施もさせて居ます”」

相続前遺品物品の、個人の所有物の、法を幾つも犯しての、犯罪処理請負公共、民間事業と同じく、税金事業も、犯罪に染まり切って居ます。

道庁、札幌市役所が全国の頂点だと

  • 2018/02/02 07:20

相続前遺品の犯罪処理請負、個人の所有物の犯罪処理請負、道庁、道警、札幌市役所、道内の検察庁は「自分達がこの”犯罪請負事業”の合否判断に付いても、絶対決定権を持って居るのである”」

こう、本気で思い込み、適用されるべき憲法規定、法律規定は、全て無効である、合憲、違憲、合法、違法の決定は、全て自分達が独善で決定して、通せる。

これを唯一、全てと自分達で決めて、実際通り続けて来たのです「自分が独善だけで決めれば、絶対の正解である、自分達は絶対の独裁国家権力だからだ、之が全てで、実際今も通せています」

市町村も、自分で正しく憲法規定、法律規定の正しい方法から、理解も不可能なので、隷属し切って居るんです「自分達は、法と業務、許認可を独裁的に所管出来て居る、之の正しい意味も、無能を超えており、理解なぞ永遠に出来ないんですよ」

で「全国一律で、相続前遺品の犯罪処理請負”事業”と、個人が所有している物品を、法を幾つも犯して、違法廃棄処理する請負も、公式な事業と、偽りですが、されて、国家権力の公認も受けて、犯罪を幾つも犯して、それも認められて、国中で行われ、通されて居るのです」

普通に犯罪ですが、犯罪を隠す為に必要となって居る犯罪を、どんどん行う事まで認められており、犯罪の限りを、公式にも尽くせているんです。

本当は「憲法規定複数、法律規定多数を犯して、強引に成功させて有るのですけれどね、国家権力犯罪だから、憲法規定、法律規定なぞ、無いに等しくされて、成功させて有るんです」

と言う状況を鑑みて「本当は犯罪ですが、公式な事業だと、国家四大権力も、市町村も、実態で認めて居る、事業の許可申請も、出した訳です」

法と業務、許認可を所管して居るのは

  • 2018/02/02 07:06

一般廃棄物の処理事業は、市町村がそれぞれ所管して居ます、ですから「道庁、道警、道内の検察庁、報道が”道内、全国一律で、相続前遺品、個人の所有物を、幾つも法を犯し、一括で廃棄処理する請け負を、公式にまで認めて居ますが、この犯罪を成功させる為に、幾つもの犯罪を行う事も併せて、犯罪全てを認めて居ますけれどね”」

元々道警、道庁、検察庁、報道に、全道、全国の市町村全て統一で、こんな犯罪行為を、正しい、適法な犯罪である、こう決定して、犯罪の限りを尽くさせられる憲法規定、法律規定なぞ、無いのです。

こんな犯罪を、国中で、道内一円で展開して居て、通して居る、全国、全道の市町村も、腐敗の極致ですけれどね。

この現実なのです、一般廃棄物処理を所管する事を、法と業務、許認可権の所管を、全部の市町村は、止めれば良い事です「法と業務、許認可権を独占で所管出来る、根本からの当事者資格も、もう無いですし、能力自体、ゼロレベルなのだから」

元々法と業務、許認可を独占して、正しく公務を遂行出来る資質も、能力も無いのだから、全て国か、道庁に返納するべきなのです。

道警本部、道庁、道内の検察庁、報道も、無能、愚かを超え過ぎて居ます「法の所管権限が、何処に有るかすら、行政が所管している法律、業務、許認可だと、ここから全く知らず、犯罪の握り潰し、犯罪の適法化に狂奔し捲って居るんだから」

揃いも揃って、第三世界の国家権力気取りです、独裁的絶対決定権を、本気で持てて居る気でいるんです「それにも気付く頭を持たない、法と業務、許認可を独占支配している、事すら理解不可能な市町村です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3275007
ユニークアクセス:2816566
今日
ページビュー:680
ユニークアクセス:604
昨日
ページビュー:3431
ユニークアクセス:2842

Feed