エントリー

2018年02月12日の記事は以下のとおりです。

偽造税務申告を

  • 2018/02/12 17:11

国家権力犯罪制度、之での黒い金儲け事業は「税の申告手続きも、当然犯罪、偽造ねつ造で逃げている、ここにメスを入れられれば、破綻します」

詐欺リースも、相続前遺品物品、一般廃棄物物品の、犯罪処理目論見一括請け負いも、共に一番の急所が、ここですから。

犯罪を重ねて成功させて有りますから、帳簿処理、税の申告手続き内容を、犯罪のからくりを知った人が調べれば、偽造がばれます、犯罪で金を得ている事実が証明されます。

当然ですが「正しい帳簿処理は不可能です、合法な税務申告なぞ、出来る筈は無いのです」

ですから、帳簿は偽造です、金の流れは不透明、使途不明金ばかりです。

税務申告なぞ、偽造ねつ造のオンパレードです、納税も、当然法を犯して行われず、通して居ます。

国税の職員が馬鹿過ぎるから、地方税部署の役人も含めた、こうした犯罪事業者の共犯、地方役人に、馬鹿にされて、こんな偽造が通されているんですよ。

犯罪で稼いでいるんです、まともな金の流れとなって居ません、正しい帳簿処理なぞ有る筈は無いです、合法な税務処理が、出来る道理は無いです、合法納税?している訳が無いに決まって居ます。

報道の仕方から決定的に違います

  • 2018/02/12 16:37

道内で発覚した、相続前遺品物品、一般廃棄物無許可違法処理前提請負事件の報道は、こう報道されています。

道新、NHK、STV,HBC他ー便利屋よっち、クイックパートナーによる、遺品物品、一般廃棄物の、無許可請負処理事件に付いて”無許可で一般廃棄物で処理を請け負う事は、廃棄物処理法場違反です”拠っち、クイックパートナーは、相続前遺品物品や、一般廃棄物物品を、金を得て処理を請負、不法投棄したので”不法投棄の角だけを捉え、廃棄物処理法違反容疑で逮捕されました、罰金刑を、略式で受けました”

本州の都府県での報道だと「無許可で一般廃棄物の処理を請け負った角で、便利屋、運送屋、リサイクル業者XXが逮捕されました、XXは、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ず、一般廃棄物やXXを、排出者から金を得て処理を請負、不法投棄した、作業場に運び込んだ角で、廃棄物処理法違反容疑により、逮捕されました、刑事罰を受けました」

こんなに、同じ法が適用されている犯罪行為で、報道の仕方、事件の立件内容が違って居ます「道内の立件、報道の仕方は”無許可で廃棄物を、金を得て収集運搬して、法を犯して処理する事は、絶対に廃棄物処理法違反としない不文律”と、確定でされて、通して居ます」

道外の場合は「初めに”無許可で廃棄物を、金を得て、廃棄処理目的で収集運搬した事が一番先で、廃棄物処理法違反を成立させて居ます”法の正しい適用は、道外の事件の扱いです」

北海道警察、法曹権力、道庁、道内市町村、道内の報道機関は「廃棄物処理法規定も、弁護士法、行政書士法規定も、憲法第11,19,20,29条規定も、関連している法律規定も、全て無効化させた、事にして、犯罪を公認して、犯罪の事業化を推し進めて居るのです」

犯罪廃棄処理受け入れ先は

  • 2018/02/12 16:25

ネクステップも「公式に参入した、相続前遺品物品、一般廃棄物犯罪処理目論見、一括請負事業、犯罪によるしのぎは、廃棄処理物品を、何処が”偽造の排出者を謳う、事業系一廃で、受け入れ犯罪処理してくれるか”ここに移行して居ます」

間違い無く、法を複数犯させて、受け入れて、廃棄処理して、証拠を次々隠滅に走るのは、メインの犯罪一廃受け入れ処理自治体は、札幌市役所清掃工場でしょう。

元々毎年、凄まじい件数、市内外で法を犯して、犯罪廃棄処理請負した一廃を、偽造させて、偽造と承知で、常時受け入れて、廃棄処理して、証拠隠滅を重ねて来て居ますから。

環境局東田ー山本さん、違法に廃棄処理を請け負った一廃は、排出者を偽造で偽って有り、受け入れ後廃棄処理して、証拠隠滅を果たして有るから、犯罪を証明出来る筈が無いんですよ。

ここまで公然と嘯いて、実際通されている通りです「札幌市が凄まじい件数、環境事業公社、公社下請け産廃業者、清掃工場ぐるみで、一廃犯罪処理請負物品を、排出者偽造、違法処理請負事業者排出、事業系一廃と、札幌市挙げて偽らせて、違法を知った上で、排出者を偽造させて受け入れて、廃棄処理して証拠隠滅成功」

これを、今ではもう、公開市役所指揮犯罪に、完全に格上げさせて、堂々と行い、通されて居るから、ネクステップも、取り敢えず札幌圏での、新規参入犯罪は、下請け犯罪者と共に、成功させられるのは確実でしょう、札幌市役所、道警、札幌検察庁、道新が完全に共犯ですし。

札幌市役所が

  • 2018/02/12 16:11

そもそも、札幌市役所、市長、市議会議員連中が、犯罪を指揮しており、犯罪者と直接共犯です、実行犯でも有ります。

だから、犯罪を証明して、告発しようと、捜査機関は握り潰すんですよ、警察官が多く再就職して居るし、札幌弁護士会そのものが、札幌市に飼われているんだから。

治外法権政令指定都市なのですよ、つまりは、合憲、合法が通るような自治体では、全く有りません。

札幌市役所が、捜査機関、法曹権力、報道、国税、会計検査院、公取委、道庁を足下に置いていますから、札幌市役所による、憲法破壊、テロ犯罪の数々は、公式テロ、犯罪に格上げされて、通るんですよ。

国の機関の多くが、札幌市役所犯罪、当然ですが、多くの場合、全国の市町村犯罪を、知って居て認めて、行わせて居る現実も有ります、ですから、憲法規定、法律規定を、テロのレベルで蹂躙して居る事を、詳しく証明して、告発しても、握り潰されるし、犯罪者と犯罪を、強制免責として、逃がして通すばかりになります。

本州の都府県、市町村では、憲法蹂躙、関係して居る法の破壊テロ行為は、犯罪と正しく?されて、処断されるけれど、道内では違います。

幾つも闇ででっち上げられて、通されている、司法、警察、行政、報道ぐるみ国際テロ犯罪の制度化を、この掲示板でも、次々公開して、テロ、犯罪証明して来て居る通りです。

さて、道新とネクステップ、道警本部、札幌検察庁合体テロ、相続前遺品物品、一般廃棄物犯罪処理目論見一括請負に参入、実務は犯罪業者にピン撥ね後丸投げ、環境事業公社方式の犯罪は、もう公開実行されている、んでしょうね、捜査機関も共犯で。

一つの国で

  • 2018/02/12 12:09

日本国の中で、同じ憲法規定、法律の規定なのに、真逆の適用を、幾つもの権力犯罪の制度化で、行い、闇犯罪事業化させて通して居ます。

捜査機関、監督すべき行政機関ぐるみで、所管法律を、真逆に扱い、権力犯罪を凶行させて、通して居るんです。

犯罪を公認して、犯罪がばれたからと、犯罪を免責とさせて、犯罪者を逃がして、公開犯罪に昇格までさせて居ます。

一方で、犯罪だからと言い、逮捕、報道されて、刑事罰を受けて居ます、同じ行為真で逆の扱いなのですよ。

之では、憲法規定、法律規定を守って居たからと言って、無事で済む保証自体、全く無い訳です「合憲、合法を破戒さsて、犯罪を民間に行わせて、公権力が共犯となり、犯罪を委任する、必要な犯罪に手を染めるとして、通して居て、このテロ行為を公認までして居るんだから」

しかも、合憲、適法な事業を、同種で全く憲法規定、法律規定の遵守度合いが違う正しい事業を実施と謳えば、法の順守を果たした角で、犯罪者とでっち上げる、こう脅す事までして居るんです、捜査機関、行政がこの状況です、憲法規定、法律規定なぞ、守っていようと、無事で済む保証は、全く無いのですから。

それが嵩じて、ネクステップ犯罪に参入、犯罪を丸投げして、ピン撥ねで稼ぐ発表、報道ですから、マフィア化が、国家権力のマフィア化がここまで進行している証拠実例の一端です。

犯罪者を逃がす事

  • 2018/02/12 09:24

一旦、根本から憲法規定違反、関係する法律違反行為に手を染めて、間違った犯罪事実認定をしてしまった、犯罪者を間違って作ってしまった、犯罪者を正しく認定出来て居なかった、こうした事実が、詳細にばれたなら、法曹権力、警察、関係役人、報道は「犯罪者を逃がす事にのみ、狂って走るんですよ、毎度の事で」

ネクステップ遺品整理等”事業”に参入、この報道、発表は、その先の「犯罪に参入して、稼ぎます発表、報道です、上記の逸し方が尋常では無いけれど、ここまで持って来させたのは、道内の法曹権力、道警、道庁、道内市町村、報道です、国税、会計検査院、公取委も、直接共犯でここまで持って来させています」

国家権力と言うが、ここまで無能、無知蒙昧な犯罪者の集合体、カルト集団なのですよ。

合憲、憲法違反、犯罪、脱法、合法を、ほぼ何も正しく判断出来ないのが実際です、無能、無知蒙昧な、狂ったカルト犯罪者集団です。

犯罪と、完全に立証されてしまったが「権力犯罪で、黒い犯罪利得を、莫大に生み出せており、天下り闇利権が巨額得られて居るから、犯罪を公認までして、通して居るんですよ」

ネクステップによる、犯罪への参入発表記事にも「ネクステップは”北洋銀行等からの天下りを、多く受け入れており(犯罪委任者は)信用が高い?”こう報道して居ますが」

犯罪委任者、犯罪を金を得て請負う業者、どっちも犯罪行為者だから、信用も何も、全く違う話ですけれどね。

犯罪で摘発と、犯罪公認が

  • 2018/02/12 09:03

刑事訴訟法手続きでも「廃棄物処理法第25条を、一定正しく適用させた、摘発、刑事罰適用事件多数が”北海道警、北海道の法曹権力以外では、作られ続けて居ます”」

ですが、道内では、廃棄物処理法第25条違反は、特に”無許可で一廃物品を、違法廃棄処理目論見で請負、犯罪を重ねた処理をしている行為は、一つも廃棄物処理法違反ですが、刑事訴訟法手続きを取って居ません”道警本部、道内の法曹権力、特に検察庁、検事、道庁、全市町村が共謀して、之を通して居ます。

廃棄物処理法違反、相続前遺品物品犯罪処理目的請負の場合は、弁護士法違反、行政書士法違反、窃盗罪も加わって居ますが、犯罪を法曹権力、道警本部、実施先市町村挙げて、免責とさせて逃がして、公開でこの犯罪を、事業と偽り、実施させるまで、犯罪を認めて通し続けて居ます。

当然ですが、国税庁、会計検査院、公取委、市町村長、市町村議会議員、地方税課ぐるみの、犯罪の公認、犯罪で利得を得て、犯罪税務処理まで公認して、通している結果です。

国税徴収法違反、法人税法違反、地方税法違反まで、道全体の規模で、公権力が犯罪を認めて、必要な権力犯罪に手を染めるまでして、巨大な犯罪の事業化を果たさせて居ます。

完全にマフィア組織化の実現です、国家権力がマフィア組織を作り指揮している構図なのです、狂った道内の公権力は、マフィアそのものとなって居ます。

公開で犯罪に手を出すと

  • 2018/02/12 07:57

@ネクステップ水口社長、道新、道警本部、札幌検察庁、公式に相続前遺品物品、個人所有物を、複数の犯罪に手を染め、丸投げ請負処理”犯罪で稼ぐ”事業に参入発表、公認事実は、日本国憲法、法律規定に対する挑戦状、民と官、報道が集い、マフィア化宣言です

                               平成30年2月12日

大通西1丁目14-2 桂和大通ビル508
株式会社ネクステップ
水江千秋社長、水江総務部長
TEL011-221-1233(代表)
FAX011-210-4020
道新、経済部勝木デスク 添付書類は、ネクステップに送ります、確認下さい
TEL011-210-5595
FAX011-210-5596
上野友慈札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、札幌、旭川、釧路、函館方面本部、各所轄
TEL,FAX011-251-0110
秋元克広札幌市長、市議会議員全員、各区長、オンブズマン、環境局
TEL011-211-2132
FAX011-218-5166 配布後、配布済み回答ファックス下さい

                    本件事実伝達、犯罪証明社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-4046

1、今年1月25日付、道新9面記事”ネクステップ遺品整理事業に参入”この公式報道は”同種の犯罪をしのぎとさせて居るあまたの犯罪者、道警本部、各所轄、道内各市、町等に、多大な驚きと怖れを与えて居ます”

2、道内限定で、無許可一廃違法処理請負(相続前遺品物品犯罪処理請負は、弁護士法、行政書士法違反、窃盗等犯罪も加わる)が、捜査機関、行政により、闇で認められて、通って居る、札幌市の場合は、市長、市議会議員、市の役人挙げて、環境事業公社に同様犯罪一括廃棄処理請負、丸投げで犯罪廃棄処理、ピン撥ね事業を行い、天下り利権を得られて居る”所管法律、独占事業、許認可権限を悪用させた、行政犯罪が、札幌と近郊市町村を商圏とさせて、年5,000件規模実施され、数百の犯罪業者がしのぎと出来て居る、今では公開でも、この巨大権力犯罪が、道内では行えて、通されている、この現実を、公式に表に出した訳ですから。

3、この行為、無許可廃棄物有料収集運搬処理行為は犯罪と、別紙山本弘明宛、平成29年4月12日付、札幌市オンブズマン房川樹芳弁護士発行公文書にも記載されている通りです「廃棄物処理法第25条1項1規定により、罰金(個人は1,000万円以下、法人は3億円以下)と、併合で5年以下の懲役刑が科せられる犯罪、等記載されている通りの犯罪です」

4、次の記事、回収した塵を隣町へ、の記事には”奈良県香芝市に拠点を置く廃棄物処理業者は、塵を集めて、越境焼却処理を重ねて居る、一般塵は、排出者所在市で処理のルールを破って居る”これを調査しての記事です、無許可で市町村を広く跨ぎ、相続前遺品物品、個人所有物を、丸投げ廃棄処理等請負に参入、重大犯罪実行で稼ぐ、宣言です。

5、次の記事抜粋は”無許可で廃棄物を(廃棄目的で)有料収集運搬した角で逮捕、起訴し、有罪判決を下して居る、等記事多数の一部抜粋です”道内限定で”無許可有料廃棄物一括処理目論見請負に、廃棄物処理法違反を適用させて居ないが、他都府県では、法に沿い摘発されています”

6、別紙道新記事、昨年11月12日の記事には”遺品整理等、一廃違法処理請負を行い、不法投棄した角で、便利屋よっち代表(と、クイックパートナー代表他2名)が逮捕されて居ます、記事にも、無許可で一廃を、廃棄処理目的で収集運搬している業者と書いているが、他都府県と異なり、無許可一廃違法収集処理行為を、警察、法曹三者、札幌市役所が罪とさせて居ません”オンブズマンの文書と、全く異なって居ます。

7、別紙公文書、札清田保第997号、昨年8月15日付公文書表紙と、生保家庭家財違法処理請負証拠見積もりは”清田区役所保護課が、税金を投じて、便利屋拠っちに(他年330件以上、業者数150以上に同様犯罪委任)保護世帯家財等を、犯罪処理目論見で、一括請負処理させた証拠です”やはり、廃棄物処理法第25条1項1違反を、故意に免責とさせて居る、公共事業でも故意に犯罪を免責とさせて居る、動かぬ証拠の一つです”強制捜査でこれ等犯罪を、日常的に行い、犯罪利得を得ており、偽造税居無申告で脱税も重ねて居る事まで、公式立証した上で、法曹三者、道警、国税、札幌市税事務所ぐるみ、逃がした事件です。

8、昨年5月1日付文書、領収書写し等は”山本が、裁判所民事執行物品、二事件の物品の一部を、札幌市保護課も保護家庭家財等を、法を多数犯させ、廃棄処理請負させて居る、無許可業者の一つ、便利屋ライフパートナーズを頼み、札幌市長、市議会議員、市役人、同様犯罪請負業者多数と同様、行為者全員が、廃棄物処理法第25条規定により、重罪が科せられる犯罪と承知で処理させた、実例証拠です”確信犯罪です、私とライフパートナーズの人間は。

9、この犯罪処理請け負わせ後、私自身で東警察署生活安全課に、自信が委任した犯罪を、証拠も添え通報したので「廃棄物処理法第25条規定により、刑訴法手続きが取られており、私は捜査され、調書も取られています」ですが「多分検事の、廃棄物処理法第25条違反を、法の規定は無効化させた、との意志によるらしい捜査指揮が有るようで、事件は闇に隠されたようです」

10、つまり”東署は、刑訴法規定の正しい適用を、完全に間違えて?私を刑訴法手続き対象者とさせた、冤罪事件だったとの、札幌検察庁、検事達の扱いのようであります”又、東署、北署、南署、帯広署等は、一廃無許可違法処理請負は犯罪、許可が出て居ても、相続前遺品物品処理請負は犯罪、廃棄する物品を、処理請け事業者所有と偽る処理も犯罪、丸投げ処理による、代行廃棄処理も犯罪、市町村を跨ぐ廃棄処理も犯罪、こう犯罪請負業者に告知し、犯罪行為実施業者多数に、禁止警告を出し続けて居ますが、この行為も、悪質な、警察権力を悪用した、業務妨害罪との意志のようです、本州での、多数の無許可一廃廃棄目的一括請負、処理事件での逮捕、刑事罰適用も、冤罪との、事実を持った意志の発露のようです、冤罪だとの事ですから、再審請求手続きと、損害賠償請求手続きが、今後山のように、逮捕された業者、事業を禁じられた業者から、出るのでしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3022907
ユニークアクセス:2589144
今日
ページビュー:261
ユニークアクセス:261
昨日
ページビュー:2308
ユニークアクセス:2224

Feed