エントリー

2018年03月08日の記事は以下のとおりです。

合憲、適法な柱が無いので

  • 2018/03/08 14:39

合憲、適法を備えた柱、業務制度が無いから、何処までも脱法、テロ犯罪推進に走って行くんですよ、相続前遺品物品、一般廃棄物区分品の、一括処理請負犯罪行為も。

正しい事業が、きちんと作られて、行われて居れば、間違っても軌道修正出来ますが「遺品整理士資格者が、大手を振り、行政書士、弁護士を支配下にも置き、行政の共犯加担も得られて、こうした”事業を名乗る犯罪請負”をしのぎと出来て居て、取り締まるべき警察、検察は犯罪を見逃し、適法な事業を行うような、ふとどきな事業者は、強権発動で潰しに走ってもくれているのも」

護憲て違法を果たした事業は、当社しか行えて居ないし、当社の最高に正しい事業を、弁護士連中、検察庁、検事、道警本部、国税、道庁、道内市、町、報道が潰そうとして居て、犯罪業者を表の犯罪事業者に、格上げさせようとまでしているんです。

この連中が目論んで来て居るのは「遺品整理士だのと言う、詐欺資格者や、便利屋、リサイクル業者、運送屋、古物商に「必要となる法破り全てを認めて、相続前遺品物品、一般廃棄物品を、一括処理請負を請け負い、犯罪利得を得放題と出来るように仕組み、走って居る、これですから」

犯罪を、正しい請負事業だと偽りの柱を、本気で建てて、国中統一犯罪としようとして居るんです、間違った、犯罪行為の柱を、国家権力を悪用して、正しい事業と偽り、建てて、国中倣わせようと企んで居るんですよ、愚か過ぎる法曹三者、税理士らも加わって居ます。

遺品整理士様の僕になろうと、本気でしている訳です、国家資格者なのですが、自分が与えられている国家資格の意味から、実はきちんと理解も、名結果でしょう。

毎度の事ですが

  • 2018/03/08 14:20

仮にですが、本当に弁護士だったとして、馬鹿を超えた詭弁で、より事件をこじらせに走って居ます、毎度の事だけれど。

こう言った事案の展開を見た時、武藤さんの遺産窃盗他事件、あの時に、焦って借り出した、XX側に付いた弁護士、まともでしたよね、きちんと法律も適用させて、きちんと「武藤さんに、出来る限り早く、遺産金を支払いましたから」

ああ言うケースも、極稀に有りますが、多くの場合、法律の正しい規定なぞ「そもそも知らないから、治外法権テロを成功させる、こう走って来ます」

で、頼む人間と気が合う弁護士、之が一般的組み合わせだから、xxれた委任者が担ぎ出す弁護士は、大体同類です、合憲、適法なぞ、そもそも分からない組み合わせ、之が通常?ですよね。

それにより、常軌を逸した弁護士、検事、警察、裁判官テロが生み出されて、強盗の居直り以下の狂った詭弁を、正しい答えだと、強引に決めに走られます。

まあ、石川博さんのように「誰もそんな事は言って居ないのに、人さまの所有地を、親切に実質下さる場合も、出てはいるけれどね」

法律規定上は、おいおい、なのですけれどね、民事訴訟ですよ、誰も主張して居ないのに、いきなり人さまの土地の占有使用独占権、確定させてくれては、駄目だけれど、確定判決だからねえ。

遺産相続、遺産はどれか、何なのか、ここから知らないから証明も出来ていない、それが通常の遺産相続決定、法曹権力の決定事例の山、ですから。

それを更に、間違いばかりを通しに走り、修復不可能なまで拗らせる訳ですよ、法曹権力、警察は。

どれが正しいのか

  • 2018/03/08 12:00

弁護士を名乗る不審人物からの文書、相続前遺品物品を、法に沿い正しく分類し、書面医記載して、掲示、民事訴訟法手続き、国税等用に使えるようにする為の、当社が請け負って居る業務は、弁護士法違反だ、告発するからな。

この記載が、本当に弁護士が書いて送って来て、返された文書だとするなら、さて「じゃあ、どう言う手続きが正しいと言うのか、弁護士、法律家です、公式回答を出せる筈ですよね、ここは一切書いてないので、やはり偽物では?」

xx代理のようでも有るしね、本当に弁護士だとすれば、とんでも無い国家資格者、法律家です、法務省はそんな人間に、国家資格を与えているのか?となります。

山口央弁護士は、遺品整理士認定協会の顧問ですよね、あんな犯罪民間資格業者の、弁護士法、行政書士法違反業者の顧問です。

このように、本当に弁護士でも、弁護士法違反の正しい根拠、証明から、まるで知らないんですよね、自分の与えられた国家資格の、正しい業務範囲も含めて、ほぼ知らないと言う事でしょう。

こんな法律家、国家資格者だから、民間の詐欺犯罪を、いかにもまともに見せ掛ける、遺品整理士認定協会、遺品整理士資格なぞを、正しい資格事業、資格者で有る、特別の業務権限を得られる資格である、こう偽りを、本気で通しにも走るんでしょう、ね。 

相続遺産の証明

  • 2018/03/08 09:21

相続遺産は、公式に使える証明書等を作成し、使う必要が、本当は有ります。

当たり前ですが、遺品整理士資格でこれをすれば、摘発、ですよね、法律規定だと。

所で「弁護士を名乗る不審人物?から”当社が請け負って居る、相続対象各物品の証明、処理費算出手続きは、弁護士法違反だ、刑事告発する”と言った、現行怪文書が来たので、返しました」

仮にですが、この文書が”弁護士の手によるならば”じゃあ、遺品整理士なら良い、と言う事ですか?

であれば「遺品整理士を同行させて、行政書士は同行させない、が正しい訳、なのでしょうか?」

本当に弁護士、ならば「相当とんでもない事ですよね、自分が弁護士だったら、こいつと行政書士の領域だから、相続受けする、特に有価物品遺産の洗い出し、証明は”後は相続権者の手による、です”」

当社はきちんと法律を踏まえ、この請負を行う訳です、それに対する、この怪文書、だからねえ。

そうそう「裁判所の不動産明け渡し強制執行手続き搬出品、あれの廃棄処理に関しては、最高裁扱いとなって居る、そうです、法改正も必須ですし」

まるで当社が正しい、ような動きですねえ。

窃盗と相続と、区別出来もせず

  • 2018/03/08 08:43

弁護士、検事、裁判官、調停委員、公証人、警察官、国税職員、ほぼ誰も実は「相続財産の正しい証明方法を知らないし、相続と窃盗入手と、区別出来ません」

こんな体たらくなので、遺品整理士民間資格者事業?なぞが「弁護士法、行政書士法規定を足下に敷き、最上位の資格、事業である、公偽って、実際通って居る理由です」

相続財産、相続財産に分類される物品、これの意味も、ほぼ誰も、実は分からないんですよ。

なので、相続前の相続財産物品は「遺品整理士様が、相続権者全員の、公式委任等も無く、親族(誰だ?一体?)の委任を受けて、売り飛ばす、一廃で請負遺品整理士?の所有物と偽り、廃棄処理するとして、実際通って居る事に繋がっています」

一方で、正しく相続財産物品を、正しい手続きにより、証明した書類を作ると、公式に動いたら「弁護士なぞも出て来て”弁護士法違反だ、告発するぞ”等と、法律規定外言い掛かりに走っても、実際来る訳です」

遺品整理士資格で、相続前の遺品物品、かどうかも証明されて居ない物品を、法律規定違反で売り飛ばす、所有者を偽り、廃棄処理する事を、法律家も含め、依頼して行わせて置きながら、言い掛かりの内容が実に論外過ぎます。

法律の正しい適用も、まるで知らない、理解不可能の証拠実例、ですよね、犯罪を見逃す、一方で、適法手続きに、犯罪と言いがかるんだから。

裁判所も認めている事実

  • 2018/03/08 07:55

東京高裁も、札幌他裁判所も、今では事実だから当然ですが「遺産相続の正しい手続きなぞ、弁護士も検事も裁判官も、調停員も知らないんだ」

これを認めて居ます、つまり「日本で行われている、実際の遺産相続手続きは、憲法第29条規定の遵守も果たされて居ないし、相続を適法に行い、終えても居ない訳です、多くの場合」

当然ですが、泥棒と相続と、区別すら付けられない国家権力、ですからね「正しく相続税、国税の徴収も、行え無いから出来て居ません」

遺産、金銭で換算出来る遺産を、不法な手段で手に入れて、証拠も有っても「国税の職員連中も、呆れる程無能、無知だから、正しく税の聴取も、出来ないのが実際です」

この事実を知って居れば、何もまともに納税など、しなくて良いのですよ。

挙句、国税職員の、こうした無能さを証明して、相続財産、金銭換算出来る相続財産を、不法に私した事実、証拠を持ち、徴税するよう要求しますと。

逆上に走りまして、絶対に法に沿い、徴税する事をしない訳です、この手も使えば、堂々と税を逃れられます。

実例も幾つも作られている、正しい税の逃れ方、です。

遺産物品を

  • 2018/03/08 07:42

一人住まいなら特に、居住者が死去した後、居住者の占有不動産内外に残って居る、色々な物品に付いて、公式に使える、遺品と証明した証明書が、法律的には必須ですが、日本の場合、あくまでも制度で、ですが、物品遺産に付いては「例外を除いて、遺産に含ませない事と、制度だけでして有ります」

この制度を利用して、お金持ちの方は「高額の物品を沢山購入して、換金出来るようにして置く訳です」

この日本の、特殊な遺産財産特定方法?により、相続前遺品物品を、一括処理請負する仕事?遺品整理士資格事業?も、法律的には犯罪だけど、正しい資格取得者事業、のように偽れて、通って居るんです。

詐欺方法、ですけれどね、尤もらしく装っているが、実は「憲法第29条規定、相続に関する法律規定、国税徴収法規定等を、公然と犯して居るんです」

泥棒と相続と、全く正しく区別も出来ない、国税庁、法曹権力、警察の実態です。

ほぼ何も、実際には、日本国憲法規定、関係法律規定なぞ、この連中も、理解不可能なのですよ。

だから「正当な相続財産の証明手続きを、犯罪だ、告訴するぞ、こう、本気で弁護士等が、文書も作って送って来るんです」

前提条件は「正しく遺産、金銭換算出来る遺産を洗い出して、証明する事なのですけれど、法曹三者、国税職員からして、ここから理解出来ないんですよ」

死後に死者の

  • 2018/03/08 07:30

当人が死去後、亡くなった方の預金が引き出される、今も良く起きている事です。

この行為を成功させるには「預金契約者が死去して居る事実を、預金契約相手金融機関は、知らない事となって居る事が、一応の大前提です」

その上で、ATMを使い、預金を引き出す手口と、窓口に行き、表向き預金契約者が、自身の手で引き出し書類、解約書類を書いて、自分の預金を手にした、ように偽る手です。

まあ、最高裁の判例を根拠とさせて、法律的には、他者の手で、正しく死去した方の預けて有る預金は、引き出せませんけれど、最高裁の判例を根拠とさせて、一応200万円までは”窓口で、他者が契約者の身分を偽造で名乗る書類を書いて、死去した方の預金を引き出す訳です”

この手に付いては、一応ですが「相続権者全員が、代表相続引き出し者を、文書作成によって決めて、各々が印鑑証明を、代表相続権者に渡す、と言う手続き?を踏めば、死去した方の身分を偽った書類を作成し、引き出しても、犯罪としない、事になってはいます」

刑法第19条を適用させて、刑事訴訟法手続きを取り、刑事裁判で刑法第19条が適用される事が確定すれば、他者、刑事罰が確定した者の預金を「国が、国税庁が、国税徴収として解約し、国庫に入れられます」

こっちは、正しく法律規定手続きですよ、ほぼ誰も、ちゃんと知らないようですが。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3109159
ユニークアクセス:2668190
今日
ページビュー:322
ユニークアクセス:319
昨日
ページビュー:3193
ユニークアクセス:3109

Feed