エントリー

2018年03月10日の記事は以下のとおりです。

以前入手済みの

  • 2018/03/10 14:52

土地の地積図、区画割図は、古い公図である程効力が強い、法律規定はこうなって居ます。

過去にきちんと石川さんは、実母所有土地と、隣地に関して、公図を入手して有りました。

一方長男側は、地積図、区画割図なぞ、当然手に入れて居ません、有った所で「境界石を引き抜いた、隣地を強奪出来る、とは、全く出来なくなるばかりですけれどね」

古くて正しい地積図、区画割図を使えば、他者の土地強奪は、より出来なくなります、だから、古い公図を手に入れていたとしても、自分の歪んだ欲を満たす事は、全く出来ない訳ですよ。

こうした、不動産実務も、何もかも知らない法破り集団、なのですね、愚か過ぎます本当に。

既に法務局に、隣地は地積図が作成されて、登記済みです、境界石を引き抜こうと、他者の所有地は、奪え無いですから。

公図がきちんと有ります、法務局に、登記済み証明公図が有るんですよね、だから「境界石を幾ら引き抜こうと、他者の土地強奪は成功しません、那須塩原警察署、宇都宮地検、調べろきちんと」

本当に無知蒙昧、無能ですね、この犯罪者側連中も、呆れるばかりに無知蒙昧、無能です。

犯罪だから

  • 2018/03/10 14:38

遺品整理事業は、何の許可も資格も要らない、違いますよね犯罪委任、犯罪請負だから、本当は表立って行え無い所業、犯罪を行うから許可も資格も、当然不要、ですから。

正業では無いから、資格だの、許可だの、事業を行える裏付けだの、不要ですよ、犯罪を行うのに正しい資格、要件は、要る筈が無いです。

犯罪を正業と、特に報道が今、公然と喧伝して居ます、元々この犯罪行為の事業化、道新、HTB等が、犯罪を重ねて居るこいつらを、新規事業だと、嘘を並べて、正しい事業と、公式に偽って通しに走って来た、そう言う代物ですから。

犯罪ですからね、遺品整理士養成講座テキスト!あれの内容は、やはり酷い代物です、25,000円ですとさ、あんな代物が。

遺品整理士と言う、この資格を得れば、特段出来るようになる事は、当然御座いません、犯罪だから、資格も無いし、摘発を逃れさせてくれている道警本部、中央署、道庁、札幌検察庁に感謝しろ、犯罪者連中。

国税も、市町村も同様です、犯罪の委任、犯罪の請負だから、犯罪請負費は偽造処理、犯罪利得をこうして隠させて税務申告書の偽造も認めて、犯罪処理物品引き受けも、当然犯罪者と共犯で、税金投入施設を、犯罪用に悪用して、受け入れて処理して居るしね。

全く堅気の所業では無いです、公権力と共謀して、犯罪を国中で行い、通されている、犯罪をしのぎとさせて、通されているんだから。

弁護士を名乗るが、本当かどうか不明の者は「相続前遺品物品等の公式調査、事実証明、廃棄する物品の処理金額見積もり等を、弁護士法違反だ、訴える、だそうです?遺品整理士連中の事だろう?犯罪請負者は」

愚かしい事ばかり

  • 2018/03/10 10:09

本当に頭が宜しくない人間は、愚か過ぎる行動にばかり走ります、理を説いても無駄ですから、困ってしまいます。

こう言う手合いと組む連中も、ほぼ同類ですからね、余計状況悪化を招き続けるんですよ、毎度の事ですけれど。

まあ、そう言うパターンが出来た後で、結構な武器が作られたりも、良くしますからね、考え方ですけれどね。

今回もやはり、同類同士が結託したらしいんですが、自爆する実例証拠が、次々向うから出て来て居ます。

事の重大さにも気付けませんからね、どんどん自爆を重ね続けてしまうんです、毎度こうなりますから。

今回は、不審人物からの、身元証明も無い文書が、とても有効な武器となって居ます、自爆の連鎖です、良い事です。

合憲、適法な相続遺産物品他洗い出し、各証明作業、合憲、適法な、不要な残置物の再利用、廃棄等処理に要する費用の見積もり、この正当な業務請負を、犯罪だのと言い掛かって来ているんですよ。

でも「反対側で見れば、相続前の遺品物品一括処理犯罪請負、あの犯罪行為を断罪して居る、こうも取れる訳です、事実犯罪行為だから、あの詐欺資格事業なぞ」

こう言う形でも使えるんですよ、ああした不当行為証拠は、武器になる訳です、起きている犯罪を証明する、等用の。

結局の所

  • 2018/03/10 08:59

遺品整理士認定協会、詐欺集団ですけれどね、ここから取り寄せた「遺品整理士認定講座テキスト?には、農業新聞、日経新聞、産経新聞の記事、遺品整理士事業委任で、高額請求された、だの、守秘情報資料を持ち出された、だの、不法投棄された、だのの記事も入って居ました」

それはそうです、元々犯罪行為者ですから、頼んで居る側も共犯ですし、被害どうこう言う立場に無いのだから、犯罪を委任した側も、被害、違う、犯罪を委任したら、余計犯罪が起きた当事者の一角、だよ。

相続前の遺品物品を、法を犯している連中に処理を頼んで居る訳です、犯罪を委任して居ながら、犯罪被害等を訴えるのが愚かです。

同罪だ、頼んで居る側も、実行犯と、愚かにも程が有る本当に。

犯罪者を使い、犯罪を行わせて居るんです、犯罪を頼んだら、犯罪を多く実行された、馬鹿ですよね。

犯罪者と承知で、己も同罪で、犯罪を代行させて居ながら、思ったより犯罪が増えた、被害者だ、も無いから。

犯罪者を使い、犯罪を代行させて置きながら、犯罪者を使い、犯罪に手を染めさせれば、当然代行犯罪が起きるに決まって居ます、当たり前過ぎる之すら、本当に委任した犯罪者も警察、法曹権力、警察、役人も、理解出来ないんですねえ。

正しい手続きも知らず

  • 2018/03/10 07:58

相続前の遺品物品を、相続権者全員の、文書も含めた合意も得ず、一括処理を請け負う、事業では無くて、犯罪です。

根っこから法を犯しており、それを糊塗する為に、犯罪を多数重ねて、成功させて有るんです。

国家権力、報道が間違って居る事は、幾つも有ります「遺品整理士資格事業なぞ、憲法規定、法律規定上成立しない、ここから、愚かしい国家資格者、各監督機関役人、報道は、理解不可能なのです」

偽造捏造、証拠隠滅、犯罪の限りを尽くして、表向きだけ成功させて有る、犯罪委任、犯罪請負です。

国家資格者の直接加担も、いよいよ大きくクローズアップされて来て居ます「法を根本から犯して居るので、表だって何をしているか、公式証明は出来ません、摘発されるんで」

犯罪を重ねて成功させて有る、どう言う犯罪が、国家権力と共謀して行われて居るか、遺品整理士とか言う、実際に法を犯してしのぎを得ている方々からも、色々聞いて有りますし。

犯している法律行為に付いての事実確認も、次々果たして行っています。

犯罪で金を得て居るから、犯罪を重ねて形を取ってる、当然の事です、国税、地方税部署、税理士の直接犯罪加担も、既に証明して有るから。

国家資格者事業と

  • 2018/03/10 07:03

@法の根拠の無い、法を多数犯して成功させて有る、遺品整理士事業が、国家資格者事業の領域を犯して、と、国家資格者他の犯罪加担等協力を得て、公然と正業を偽り、蔓延り続けて居ます、一方、合憲、適法に似て非なる事業の実施に対して、犯罪と言い掛かって来た実例も出ています、弁護士会、税理士会には、一定証拠も送ります、行政書士会には、追加証拠を送ります

                                平成30年3月10日

上川陽子法務大臣 大臣官房秘書課、川上担当
TEL03-3581-4111(2056大臣官房秘書課、川上担当)
FAX03-3592-7393

一般財団法人遺品整理士認定協会 法曹三者他国家資格者の上の資格?
TEL0123-42-0528
FAX0123-42-0557
札幌弁護士会 会長、会員弁護士
TEL011-281-2428
FAX011-281-4823
北海道税理士会 会長、会員各位 遺品整理事業者も、帳簿他偽造です、地方自治体も認める事実
TEL011-621-7101
FAX011-642-0476
北海道行政書士会 会長、会員各位
TEL011-221-1221
FAX011-281-4138
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、札幌、釧路、旭川、函館方面本部、各所轄
TEL,FAX011-251-0110

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

※行政書士会会員一同、別紙の通り、当社で請け負って居る、xxxxx町空き家内外残置物、相続遺品、形見分け品、他者所有品、不要故処理する物品選別、処理費算出業務、警察、自治体とも協議しながらの請負に付いて、弁護士を名乗る不審人物から、弁護士法違反だ、等言い掛かり文書が来ています、既に送って有る遺品整理士認定用問題、当社の回答他と、上記事案当社等文書と、不審人物からの文書も読み、比較して下さい”先ず遺品整理士資格で、相続前遺品物品一括処理受けなぞ出来ない、ここの顧問弁護士は、山口央弁護士です、この不審人物は、この事業と顧問弁護士の加担等、これを否定して下さっては居ます”これが分かるし、当社の事業は、合憲、適法を果たす為、警察、行政と綿密に打ち合わせて行って居る、憲法規定、行政所管法律規定事業故ですが、この人物には理解不可能、之も分かります。

※今月7日付文書に対しては、先ず共産党市議団から回答が出る事になって居ます、別紙の通り、来週初めには回答が出ます、労基は、回答内容等協議中との事です。

※裁判所が行って居る,不動産明け渡し強制執行搬出費廃棄処理事業、法を幾つも犯して行って来て、当社の助言で適法化を重ねて居る事業は、最高裁扱いとなっており、政府と、適正事業化を果たす為に、法整備の協議も行う所に来ている、こう答が来ています。

1,国中の「今までは闇で巨大犯罪事業として行われて来て居る、相続前遺品物品一括処理請負、一般廃棄物一括処理請負です、この犯罪公認が嵩じて、道新、HTBは、北洋銀行系不動産業者ネクステップが、遺品整理事業にも参入、こう報道し、テレビコマーシャルまで流す状況となって居ます」

2、当社はこうした、国際環境犯罪等の蔓延事実を認める事は、法治国家の破壊、テロ公認として、先ず合憲、適法領域の遺品物品、家庭の不要物を、費用を頂き、引き取り、各扱する事業を立ち上げると同時に、徹底して犯罪の事実証拠を揃え続け、犯罪を潰して来て居ます。

3、ネクステップによる、相続前遺品物品、一般廃棄物一括処理請負に付いては、北広島市の調べでは「下請け業者を使い、一般廃棄物、相続前遺品物品を、請負地の何処からも一廃事業許可無しで、一括処理請けさせて居る」これ等を調べて頂いて有ります。

4、恵庭市役所税務課課長からは「昨年親が死去した後、多数の遺品整理業者からDMが届いた”等事業者で遺品を整理、買い取り、廃棄処理します、相続分遺品物品目録も作成致します、この目録に付いては、自身で作成した事で使用下さい”こう記載されていた、弁護士法、行政書士法違反も認識して居ると、これで確信しました」こう伝えられて居ます。

5、上標津のわたぼうし、大平社長、札幌の朝日ライジング代表等からは「遺品物品の処理請けは、相続権者か否か関係無く委任請けして、主に廃棄処理で請け負います、一般廃棄物処理請けと同様にです、この廃棄物品は、自社が排出者と偽り、市町村の処理場に持ち込むと、虚偽と承知でしょうが、無条件で処理請けされています、この処理費は、自社の事業廃棄物処理経費で落とせています、税理士も偽造税務申告から共犯、ですか、これ等を答えて居ます」

6、こうした証明書偽造、帳簿、税務申告書偽造、行使、犯罪利得隠匿、脱税事実、事業者と税理士犯罪は、国税、道内各市地方税課も、今では事実と認めて居ます、税務調査すべきだが、責任問題も大きく二の足を踏んで居る、等答えて居ます、北広島、江別、当別、帯広市他同様犯罪業者、札幌、帯広市が飼って居る、同様犯罪委任業者多数他からも、多数犯罪の手口他を確認し、実例証拠も揃えて有る事は、行政書士会もご承知の通りです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3109148
ユニークアクセス:2668179
今日
ページビュー:311
ユニークアクセス:308
昨日
ページビュー:3193
ユニークアクセス:3109

Feed