エントリー

2018年03月11日の記事は以下のとおりです。

頭の程度が

  • 2018/03/11 15:37

弁護士、検事、裁判官、税理士、行政書士、公認会計士、国、地方役人、警察庁の役人、警察官、報道の連中は、教師、教授、助教授、講師等から「教育機関在籍時に”教育”を受けて居る訳です、国家資格を取得する時には、資格を得る為の知識を身に付けて、試験を受けて、合格出来れば、国家資格を手に出来ます」

税理士、行政書士は、この資格を得られる役所に、既定の長期間務めた事で、資格を得られるけれどね、全く役に立たないけれど、資格に沿った知識自体、ゼロレベルだから。

教育を行う、大学の教授、准教授、講師も多数「遺品整理士養成講座テキスト編纂に、書いてある通りだと、加わって居るんです、けれどね」

遺品整理士資格取得用講座テキスト、だろう?そんな”この資格を手に入れなければならない”法に沿った資格、資格を得れば適法に出来るようになる事業、どっちも無い、こうしか書かれて居ない、どんな編纂を手掛けたんだ?

大学で教育を施して居る、こんなレベルで、呆れ果てますね「少なくても、遺品整理士資格と言う、法律的に必要となって居る資格事実が、一番先に必須だろう、そんな資格事業なぞ、元々無い、こう言う結論を、大学教授、准教授、講師が、編纂に加わり書いて、売る事が詐欺行為だ」

存在して居ない、成立して居ない、詐欺資格、詐欺資格を得れば、適法に出来るようになる事業なぞ無い「その結論なのに、遺品整理士資格取得が必要、この資格を得れば、遺品整理事業を請け負えると、完全に騙して、こんなテキストを売って居る訳ですから、詐欺実行犯でしょう、共犯報道している報道も、同様です」

しかも、相続前遺品物品一括処理請負は、犯罪を重ねて、闇で成功させて有るだけ、犯罪請負だから、必要な事業実施の裏付け、法律的裏付け他を揃えられれば、遺品整理士資格なぞ、当然何も必要無し、之が正解なのですから。

あちこちに

  • 2018/03/11 15:08

遺品整理士養成講座テキストも、弁護士を名乗る不審人物が送って来て、返した書面も、捜査機関や行政機関や、法曹権力機関や、多方面に配布して行っています。

合憲、適法なのであれば、当然ですけれど、公式に配布し、使って良い訳だし。

でも「相反して居るんですよ、記載内容の憲法規定、法律規定の適用が、書いてある記載の内容が?どうやったって、どっちも合憲、適法とはならない、相反した内容です」

そして、どっちの文書記載も、合憲、適法を証明なぞ、全くと言えるだけ行えて居ません、遺品整理士養成講座テキストの記述内容にしても「そんな資格仕事は無い、ですからね、根本から詐欺資格でしょう、無い資格事業だと認めながら”遺品整理士養成講座テキスト”も無いだろう」

そして、この薄っぺらい、枚数も内容も、薄くてまともでは無いテキストの記述内容は「遺品整理士資格取得に必要な、遺品整理士資格を得れば、法に沿い出来るようになる根拠、憲法規定、法律規定を踏襲した知識、請負の正しい手続き、正しい実施方法は、何も無い、と言う内容です」

何処が、遺品整理士養成講座テキスト、だ?そんな資格取得で出来る、合憲、合法に出来るようになる事業は無い、ですよ、内容は、詐欺とされても反論、正当事実証明出来ないですよね。

実際の、この請負行為実施内容は、法を犯す事を重ねて、闇で成功を偽装、ですから。

遺品整理士認定講座テキスト

  • 2018/03/11 14:56

大枚をはたいて、遺品整理士養成講座テキストとやらを、知人が購入して、提供して下さいました「損保の犯罪教育テキスト、医研センターテキストや、損保人身交通事故犯罪塗れ賠償マニュアルと、見事に同様の代物です」

犯罪ですから、これ等のテキスト、マニュアルの内容は「合憲、適法な業務遂行を記載なぞ、されて居ません、どれも」

遺品整理士養成講座テキスト、こう謳うが「テキストの記載内容は”遺品整理士資格を得れば、法に沿い出来るようになる、この資格が無いと違法となる請負事業なぞ、一切無い”要はこう言う内容です」

何処が”遺品整理士養成講座だ”遺品整理士認定協会作成、販売テキストだ、詐欺だろ、そんな資格取得で、法に沿い出来るようになる事業は無い、之が結論なのだから。

この犯罪請負を手掛けたなら、刑事罰則適用犯罪を、幾つも行い、闇で成功させられれば逃げられる、しくじれば、元から犯罪行為複数実行だから、当然摘発されてしまう、之が真実ですから。

農業新聞、日経新聞、産経新聞の記事「遺品整理士事業委任の結果で、法を犯した所業幾つも発生、元々遺品整理士事業なぞ存在して居ないが、遺品整理士資格事業と言う事業が有るようだ?この、法律規定の上でも存在しない事業実施者は、不法投棄実行さえた、委任した側の重要情報資料違法持ち出し、悪用された、犯罪委任費を、大きく上乗せ要求した、こう言った被害発生と言う記事ですが、委任者も請負者も、犯罪者です、被害も無いだろう。

犯罪隠蔽工作を重ねたが

  • 2018/03/11 14:43

今日の文書の記載で、相続前遺品物品一括処理請負犯罪、一廃区分品一括処理犯罪請負行為を、検察庁、道警本部、道庁、札幌市役所、報道機関、国税等が共謀して、正業と偽り、実際には犯罪を幾つも重ねさせ、重ねて、表向き正業とするべく、悪事の限りを尽くし捲って来た事実、これ等が証明されています。

遺品整理士資格を持てば、弁護士法違反、行政書士法違反、廃棄物処理法違反を適用されないで、犯罪を請け負い、通せる、これを偽り、正業化させようとして来て居る訳です。

犯罪委任、犯罪請負なので、犯罪を請け負った金を、正当な事業請け負い金とは、当然出来ません、なる筈は無いから、そして、廃棄処理費や、犯罪者に犯罪を丸投げした”害虫、違うか、外注費は、偽造した領収書、処理受け証明書作成”これで正当な経費と偽って居ます。

こうした犯罪を重ねて、帳簿、決算書、税務申告書も偽造して、通されています、国税、地方税部署ぐるみの犯罪により。

こう言った権力ぐるみ犯罪を重ねて、ようやく「表向きだけ正業と、偽りを通して居るんですよ、遺品整理士資格事業、こんな、法に適った資格も、事業も無いのに、有ろう事か、弁護士、検事、裁判官、行政書士、税理士、公認会計士、監督すべき役人、警察に、報道まで一つの犯罪組織を、こいつらの下僕で形成した状況を構成して、犯罪の正当化に狂奔しており、テレビで宣伝も打ち捲り、犯罪を公式実行させて、通すまでになって居るんです」

そうこうして居たら「私の義理の身内が死去して”親族、遺族として、空き家となった建物内外に残って居る品々を、きちんと分類して~~を、先ず請け負って動いて居るんですけれど”弁護士を名乗る不審人物から、弁護士法違反だ、等々脅し、業務妨害文書が来ており、こうなって居るんです”」

犯罪利得隠し他

  • 2018/03/11 09:17

犯罪を請け負う、当然ですが、請負代金?は、犯罪資金です、真っ当に処理は出来ません。

と言う事で、相続前遺品物品、一廃区分品一括処理請負金は「表向き事業者を任じているなら、関係書類、帳簿、税務申告書決算書、これ等を偽造して居ます」

之が通せる理由は、関与している税理士、国税、犯罪業者所在市町村が、こぞって犯罪に与して居るからです。

犯罪を事業と偽って、通すには、事業を偽って通すには、犯罪請負金を、表向き真っ当な請負行為代金だと偽って、通す必要が有りますからね。

ネクステップ、ここが手を染めている犯罪請負、一廃一括処理、相続前遺品物品一括処理請負、犯罪の請負金も、表で正しく事実、証拠を揃え、正しく処理は、出来ない金です、表に正しく、既遂行為事実を出せない所業です。

当然ですが、これ等犯罪請負行為事実証拠と、金の表向きの処理は「偽造塗れですよ、国税、市の税務課役人が、もう認めて居ます、帳簿、証明書類各種、税務申告書の偽造を行わせ、犯罪を隠して、これを通して成功させて有る、等事実から」

幾らネクステップ、道新、HTB、検事、道警本部が正業だ、犯罪など行って居ない、こう喚こうとも無理です、事業所の金の処理問題で、国税、地方自治体地方税部署が、偽造等犯罪行為を認めて居るんだから。

国家資格者の犯罪関与も

  • 2018/03/11 08:53

相続前の遺品物品犯罪処理請負、一廃区分品の一括処理請負も「弁護士、行政書士、税理士、社労士等が関わり、犯罪を正当な事業と”国家資格を悪用させて、偽り、通して居ます”」

国家資格を犯罪隠蔽、犯罪を正業と偽装して通す事の為に、数多くのこれ等国家資格者が、悪事に加担して居ます。

根本から犯罪です、犯罪を委任している、犯罪を請け負っている、之が事実ですからね、根本から犯罪を、金を得て請け負って居る事を、国家資格者の特権を悪用させて、真っ当な請負行為と偽り、通す事に加担して居るのですよ。

それを成功させる武器の大きな物として、遺品整理士資格事業、こんな犯罪の手も講じています、愚かしい事ですが、過去こう言った手口は、片っ端から成功して来て居ますから、現実に。

損保が勝手に資格を与えている「鑑定人」あれも同様です、まるで公的な、絶対の決定権を持てる資格、理再見積もりの絶対決定権を備えた資格だと、多くの弁護士も、司法書士、行政書士も、罹災被害見積もりを出す建設業者も、弁護士、検事、裁判官連中も、愚かしくも、本気で錯覚している代物です。

そんな特権、決定権力は、全く無いです、損保が勝手に与えている、それだけの資格ですから、遺品整理士資格と同じ、バッタもん資格です。

この手ですよ、遺品整理士資格認定、この資格を得れば、相続前遺品物品、一廃を一括犯罪処理請負して、正業で通る等と言う、犯罪の正当化の実際は。

犯罪を事業と偽り、通す為

  • 2018/03/11 08:31

道庁、札幌市役所、道警本部、札幌検察庁、複数の国の監督機関、道新、HTB他マスコミは、詐欺リースに続いて相続前遺品物品、一廃物品犯罪処理一括請負を「遺品整理士等と言う、犯罪民間資格者連中に仕切らせれば、正業と偽り、この犯罪を公式に事業とさせて、巨大な犯罪利得続けられる」

こう考えて、遺品整理士認定協会、民間の犯罪者生み出し資格認定業者を、あたかも、真っ当で権威を持った”国家資格を凌駕した”資格認定事業である、こう偽りを喧伝して、通すべく動いて来て居る、と考えるしか無い流れとなって居ます。

多分ですが、あまりにも色々足りない故「遺品整理士資格なぞ、何の法的効力も無い、意味の無い民間資格である事から、本当に理解も出来なかったのでしょうね」

だけど、毎度の事だけれど「勝手な錯覚に走り”相続前伊の遺品物品も、一廃区分物品も、遺品整理士なら、犯罪とされず一括請負処理出来る”こう愚かしい錯覚に走って、勝手に信じて、遺品整理士様が仕切り、相続前遺品物品、一廃区分品を、一括処理請負する、之に収斂させよう、そうすれば犯罪が消せるんだ」

本気でこいつら、こう狂った思い込みに走って、実現を果たそうとして来て居るんでしょうね。

タイムリーに当社に、義父が死去して空き家となり、残置物をどう扱い、建物内外から撤去するか、先ず調べる請負委任が来た物です「そうしたら、不審人物から”弁護士法違反だ、犯罪だ、だの、書かれた文書が来た訳です”遺品整理士なら良いのか?不審人物よ」

犯罪を重ねて

  • 2018/03/11 07:07

@犯罪を重ねて成功に持ち込んでいる、共犯は、法を所管する国家権力、犯罪を事業と偽り、洗脳報道に走る大マスコミ、相続前遺品物品、一般廃棄物品一括請負処理、犯罪を重ねさせて成功、正当事業と偽らせている、検察庁、道警、道庁、札幌市、各議会議員、北洋銀行との闇密約は?
                                平成30年3月11日
上川陽子法務大臣 大臣官房秘書課、川上担当
TEL03-3581-4111(2056川上担当)
FAX03-3592-7393
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長、家裁、簡裁所長、民事執行係
FAX011-271-1456
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、札幌、旭川、釧路、函館方面本部、各所轄
TEL,FAX011-251-0110
※民間詐欺資格が、国家資格を凌駕、定番ですよね
一般財団法人遺品整理士認定協会
FAX0123-42-0557
ネクステップ水江千秋社長 旧拓銀不動産系
FAX011-210-420 遺品整理、一廃一括違法処理請、帳簿処理は?
FAX011-210-5596 道新経済部勝木デスク
FAX011-812-1764 HTB執行役員、報道、営業

※上記犯罪事業公認、加担
FAX011-281-4823 札幌弁護士会会長、会員各位
FAX011-281ー4138 道行政書士会会長、会員各位
FAX011-642-0476 道税理士会会長、会員各位、偽造処理、申告は犯罪ですけれど?
高橋道知事、道議会議員全員、関係犯罪共犯部署
FAX011-221-6399
秋元札幌市長、市議会議員全員、区長、市税、保健所、保護、介護保険、障害福祉、建築安全推進、環境、オンブズマン
FAX011-218-5166

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、高橋知事、秋元市長、道議、市議、道、市役人、昨日札弁連、道行政書士会、道税理士会にも「当社が請け負っているxx町空き家内外物品、遺品等物品の選別、法に沿った物品区分証明、処理等関連請負に対して、双方代理者を名乗る不審人物から当社に対して、下記等文書が来た事実も含め、件の文書も添え、渡して有ります」

2、当社が請け負っている、被相続人所有建物内外物品を、相続する物品、形見分けする物品、被相続人以外の権利に属する物品、不要故各処理する物品に、正しく分類し、正しく扱い、放置空き家内外に一廃分類品を残さない、等の為の見積もり請負に関して、不審人物は「弁護士法違反だ、遺産相続に関与しており、犯罪である、等記載した文書を送って寄越して居る(返送済み、不審者故)裁判所、道、市も文書確認済みの事実です」

※参考までに、相続権者2名は、親族2名を仲介者に立てて、相続争いに臨む、と文書も出して居ます、矛盾が次々出ています。

3、当社は「被相続人次女を妻に持つ、当社取締役山本が経営する会社です”相続前遺品物品一括処理請負用?民間資格、遺品整理士なる連中は、遺族、親族から遺品物品の一括処理を頼まれて、之を行っている”正しい相続権者全員からの委任では無い、こう謳い、実行して居ます」

4、当社は「行政機関、所轄警察署とも協議しながら、この請負事業実施に当たっても居ます”当社は合憲、適法に請負事業を遂行して居ます、委任者相続権者4男、山本の妻は、被相続人の実子で、正しい相続権者です、山本も遺族、親族です”この関係で、ここまで合憲、適法な請負事業遂行であるのに、弁護士法違反も無いですが、であるなら、遺品整理士資格事業は、更に明白な犯罪請負です、遺品整理士事業だの、一廃違法処理請負業者と違い、当然帳簿偽造、税務申告書偽造など、不要な請負です」

5、札幌検察庁、宮本検事、道警本部長「昨年6月、宮本検事は”ファイナンスリース、融資詐欺及び遺品整理、一廃違法請負行為に付いて、両方を事情聴き取りからしたいと連絡しながら、いきなりキャンセルして、その後捜査を放り出して、片っ端から犯罪事例免責を重ねて居ます、その後道警本部は、所轄からの捜査実施要求を全て蹴り、犯罪だが捜査せず、法を幾ら犯して居ようと、安く処理して喜ばれて居るから良い、こう報道と共に言い、犯罪を認めて来て居ます」

6、そして「今年に入り、道新が先ず”ネクステップ遺品整理事業(にも)参入、昨年夏から準備して来た”報道を行い、次にHTBテレビが”ネクステップ遺品整理事業に参入、遺品整理士多数在籍コマーシャル放映です”北洋銀行、旧拓銀ノンバンク北洋リース(詐欺リース実施貸金)旧拓銀不動産系ネクステップ、こう言う関係ですよね。

7、北洋銀行と検察庁、道庁、札幌市、道警本部、道新、HTBは、ファイナンスリース、融資詐欺と相続前遺品物品、一廃一括犯罪処理請負、法を幾つも犯している犯罪事業を、公式犯罪事業で押し通すべく、良くない密約を交わして、こう言う流れを作って居る、と思えてしまうのですが?弁護士、税理士、行政書士も、矛盾を重ねた法破りに加担して居る(会員もいる)流れですし、ネクステップ、遺品整理士認定協会の顧問弁護士、税理士、行政書士、正しく国家資格者業務を遂行して居ると、公式立証出来ますか。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3274871
ユニークアクセス:2816464
今日
ページビュー:544
ユニークアクセス:502
昨日
ページビュー:3431
ユニークアクセス:2842

Feed