エントリー

2018年03月28日の記事は以下のとおりです。

回答を求めて

  • 2018/03/28 15:48

@東北町、道警本部、青森県警本部、内閣、環境省、法務省、総務省、検察庁、裁判所とも協議し、公文書で統一回答を求めます

                                平成30年3月28日

蛯名鉱治東北町町長殿
保健衛生課、川島担当
TEL0176-56-3111
FAX0176-56-3110(ファックス送信)

〒030-0801 青森県新町2-3-1
青森県警本部長殿 必要証拠、資料は東北町、道警から頂いて下さい
保安課 石川警部、上野警部補
TEL017-723-4211(郵送)

和田昭夫道警本部長、生活経済課渡邊警部補
TEL,FAX011-251-0110(ファックス送信)

                        回答を求める者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                            取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、道警本部、青森県警、東北町、下記事項に付いて、本文書到達後10日以内に、必要事項に付き、法を添え、回答する事を求めます。

2、東北町xxxxx、所有者死去により空き家となった住宅、納屋内外残置物を、合憲、適法に処理等する為の見積もりを請け負った当社は、有価物(個別相続対象品、予定)形見分け物品(すでに終了)相続人が価値無しと決めた、処理費が掛かる物品に分類し、目録作りを行います、法律家も絡め、費用を得て行う予定です、ここは問題ありません。

3、相続権者全員の合意を得て処理、これが最後ですが、見積もり段階では、処理費を取り、処理扱いする物品の内、神仏具関係(憲法第20条規定物品)親書、アルバム、名簿等(憲法第11条規定物品)死去者次女山本妻所有物、当社で再利用可能な物品は、必要費用を徴収し、当社に持ち帰ります、ですが、別紙内閣府他宛文書記載の通り、札幌市役所環境局東田課長は”憲法規定、法律規定に沿い、当社が引き取り、札幌に持ち帰る物品に付いて、言い掛かりを持ち、犯罪と断じ、当社が警察に、自社を告発しろ、こう言い掛かられております、完全な言い掛かりですが、行政庁からの言い掛かりです、道警、青森県警は、環境省、法務省に紹介を掛けて、得た答えを踏襲し、札幌市からの言い掛かりが正しいか、言い掛かり、行政権力を悪用した脅しで、当社の事業方法が正しいのか、公文書回答を出すよう求めます。

4、法律規定では、相続前の遺品物品を、誰かが相続し、相続受けした者の所在地に運び、自身で処理ですが、物理的、予算的に不可能です、東北町で一定の物品を廃棄処理しますが、この処理(相続権者も居ての処理)に関して、東北町、青森県警本部は”市町村ぐるみ、日常的に行われている、この形の廃棄処理に付いて、法を添えて、一定適法である公文書回答を出して下さい”

5、この負の遺産算出用見積もり、家屋解体費も含めての見積もりは「相続人の一部が、無人家屋から被相続人、妻所有現金、預金通帳等を持ち去り、二か所の金融機関から、有印私文書偽造、行使の手を使い、xxx万円少しを引き出してもおります、xx警察署、札幌所轄署に被害届も出して有りますが、下記を求められている状況であり、上記回答を得て、負の遺産算出見積、刑事、民事訴訟法手続き証拠用見積もりは、必ず必要なのです」

6、不当に持ち去られた現金の、正しい所有者の特定(相続財産課、相続財産以外か)違法に引き出された被相続人預金額は”違法引き出し者の相続遺留分を超えた額か否か、の証明”身内の事件故、重大な証明事項、刑訴法適用後、訴追出来るか否かの判断証明。

7、つまり「いま判明して居る、持ち去られている相続分金額は、約xxx万円です、約ですが、家屋内外物品処理費と、住宅、納屋、ビニールハウス解体撤去費を合わせて、500~600万円前後を要します、この処理費を正しく算出し、相続分金額を証明しなければ”横領、窃盗事件を正しく組めません”xxx万円-解体費、物品撤去費額=相続分金額、この額を相続遺留分毎に相続出来る、之が算出出来ません」

8、こう言う事情です、刑事、民事訴訟法手続きに使える、必ず使う、公式見積もりが必須です、必ず本文書に回答を出すよう求めます。

法の有か以前

  • 2018/03/28 13:33

@札幌市環境局事業廃棄物課、東田課長の”廃棄物処理法、関連法律に対する無知さ、根本的間違いが分かりました”東田は、公社以外、多くの家庭塵を収集運搬処理出来ない”裁判所だろうと犯罪となる、建設業者が条件を満たし、家庭の廃棄物を請負処理しても犯罪、こう本気で答えて居ます

                                平成30年3月28日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府御中、安倍総理殿
TEL03-5253-2111
上川陽子法務大臣、大臣官房秘書課
TEL03-3581-4111(2056)
FAX03-3592-7393
野田聖子法務大臣、大臣官房秘書課
TEL03-5253-5111
FAX03-5253-5511
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
和田昭夫道警本部長、札幌、旭川、釧路、函館方面本部、各所轄
TEL,FAX011-251-0110
FAX011-737-1211 道労働局、労基

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046 
                            FAX011-784-5504

高橋道知事、道議会各会派、議員、地方税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-221-6399
秋元札幌市長、市議会、議員、市税、オンブズマン、環境、保健所、保護、介護保険、障害福祉、建築安全推進
FAX011-218-5166
FAX011-281-4823 札幌弁護士会会長、会員各位
FAX011-281-4183 道行政書士会会長、会員各位
FAX011-642-0476 道税理士会、会員各位
FAX011-210-5596 道新経済部、ネクステップ記事責任デスク
FAX011-210-5592 道新報道部、札幌圏部樋口記者
FAX011-231-4997 NHK札幌放送部、広池デスク、米田記者
FAX011-812-1764 HTB執行役員、報道、営業部

※東北町空き家残置物、まだ相続前遺品物品の処理見積もりは、別紙による回答要求を、道警本部、青森県警、東北町に出して有ります。

1、本日札幌市環境局東田課長に確認して、この課長がどの部分で、完全に法から間違って思い込み、合法と犯罪をひっくり返して通そうとして居るか、ようやく理解しました、市議会も、こんな愚かな間違いに乗って居る訳です。

2、東田、市議会が完全に間違って、法を犯して居る位置版の部分は「札幌市が勝手に決めた”大量の家庭塵は、環境事業公社が処理する事が出来る”この市の決まりを、法の絶対根拠と錯覚して、行政権力を、間違って強行して居る事です」

東田ー札幌市の決まりで”大量の家庭塵は、環境事業公社のみが、あらゆる家庭塵を、物品問わず、一括してパッカー車に放り込み、焼却場で焼却処理出来る”公社以外の産廃業者が、家庭から出る廃棄物を収集運搬すれば、裁判所の、現行の処理方法、執行物を、処理請けする業者毎に仕分けして、各産廃業者に処理させて居る、国による処理も、犯罪となる、自分が決めた。

東田ー公社は燃える塵だけを収集して、中間施設が無いからまっすぐ清掃工場に運び、焼却処理しか出来ない、公社も認めて居るだと、そんな法は無い、公社はあらゆる家庭から出る廃棄物、家電四品目等も含めて、纏めてパッカー車に放り込み、潰して収集運搬し、あらゆる廃棄物を一括焼却処理出来る、家庭から出る大量廃棄物は、この処理以外犯罪となる”建設業者が、施主所有物を、一定の条件を満たし、自社所有廃棄物と変えて事業廃棄物で処理するや、再利用を自社で行う、との理由で引き取り、運んで扱えば、全部犯罪だ”

東田ー東北町の空き家残置物品を、一定分札幌に処理請負して運び、扱うだと、青森県警、道警は、正しい理論が有るので、良いと認めただと、自分が犯罪と決めた、警察がどう言おうと犯罪だ、自分は刑事告発しない、裁判所、山本が、警察に自分を告発しろ。

※取り敢えず”当家にも有る、大型家電、消火器、小型除雪機、耕運機他を投げ込み、潰せるパッカー車を用意して下さい”又、金属、食器等を燃やして壊れない焼却施設を設置すべきです”こんな犯罪焼却処理を重ねる結果、市の焼却炉は、溶けた金属他が固着し、焼却炉が壊れて億単位、修理費が掛かり続けて居るのですから”正気を疑う以外無い所業の意味が、ようやく理解出来ました。

3、ようやく札幌市、市議会犯罪の謎が解けました「市が勝手に決めただけの”環境事業公社は、大量の家庭塵を収集運搬処理出来る”この決まりが、あらゆる憲法、法律規定を凌駕した、絶対の答えだと、本気で錯覚して、通して居る結果です」

犯罪請負は

  • 2018/03/28 11:15

相続前の遺品物品、一般廃棄物物品を、犯罪処理前提で請負、犯罪廃棄処理に市町村も、直接加担して居るんですよ。

当然ですが、地方議会も直接加担して居ます、犯罪者側です、見事に、市町村と地方議会も。

道警本部、札幌の検察も、直接犯罪者と共謀して居ます、犯罪に直接加担して居るんです。

悪の権化です、完全に、決して許されません、当然です。

当社が請け負っている、東北町の空き家残置物処理見積もりは、道と県を跨いでいます、道警、道庁、札幌市が「犯罪処理で良い、こう言い張っても、青森県警が認める保証は無いのです」

そもそも、犯罪処理見積もりを、刑事、民事訴訟法手続きに出せませんから、当たり前です。

犯罪を闇で認めて居ようと、表には出せません、あくまでも闇の中でしか使えません。

犯罪政令指定都市札幌の犯罪処理は、当然、表に出せる代物では無いです、公式証拠で使えるか、犯罪処理証明を。

東田は認めるでしょうけれど、表では逃げて出て来ないから。

報告事項です

  • 2018/03/28 11:06

ちょっと前に青森県警本部にも電話しまして、相続前の遺品物品、一般廃棄物犯罪処理前提請負問題を、きちんと事実を確認し、今後について、協議して頂いています。

犯罪請負が常態化して居ます、幾ら国家権力犯罪だと言おうと、犯罪ですからね、表に出せませんから、当たり前です。

道と県を跨いだなら、今の犯罪処理請負は、もっと収拾が付きません、表に出せない犯罪事業です、都道府県を跨いだなら、事態は複雑化するばかりです。

地方議会も直接実行犯だからね、犯罪者とじかに結託して居ます、向う側ですから、完全に。

札幌市役所犯罪は、もっと悪質です、市が頭を張り、犯罪処理を、裁判所にまで強要して居るんだから。

悪の権化です、之で役所、役人ですから、呆れ果ててしまいます。

裁判所は札幌市からの、犯罪行為要求を拒んで居ます、当然ですよ、裁判所が「確信犯で犯罪に手を染める等、認められ無いから、役所、役人も同じですけれどね、実際には公権力も一緒に、犯罪三昧ですが」

地方議会、地方自治体、地域の警察、報道がグルだから、ここまでの極悪犯罪が、公然と行えて、通って居るんです、共産党も自民党も民進党も民主党も一緒くたでです。

犯罪側と合法化側

  • 2018/03/28 07:47

相続前遺品物品、一般廃棄物の犯罪処理前提請負、犯罪を公認し、組織化しようと走って居る側と、合法化を果たそうとする側、色分けがどんどんはっきりして来て居ます。

結果で見ると「札幌の所轄が、これ等犯罪を摘発しようと動いて来て居る事も、犯罪事実による任意捜査も行い、犯罪業者に「犯罪は認めない、禁止する、続けた場合、摘発も視野に入れる」

こう、法に沿い通告した事も「結局道庁、道警本部、札幌市役所、検察庁、報道に利用されていた”犯罪を組織化して、犯罪利得を得られるようにしたい、等の黒い思惑に、利用された訳ですね”」

戦後の愚連隊を、大きな暴力団の傘下に纏めて、巨大な犯罪利権の構図を作り上げた、捜査機関等の行為と同じ構図、に見えて居ます。

犯罪業者を炙り出させて、法に沿った摘発方法を、当社に証明させて、その上で「犯罪業者を畏怖させた上で、一気に少数の犯罪業者の参加に入れさせよう、こう言う目論見でしょう、実際の行動が示す事は」

犯罪者を、一部の犯罪業者に支配させる、暴力団と同じ構図です、捜査機関、報道、道庁、札幌市役所は、これを実現させるべく、突っ走り続けている、実際の行為はこうなっています。

暴力団と変わりませんよね、この事実が証明して居る事は、所轄は良いように利用されているんでしょう、犯罪者を一部の犯罪者に支配させて、犯罪を事業と偽り、巨大な犯罪利得を得られるように、この黒い思惑に利用されている、構図はこうです。

こっちにも

  • 2018/03/28 07:06

@平成29年11月8日、豊平区交差点で発生した、人身交通事故事件警察捜査に付いて連絡

                                平成30年3月28日

〒003-0021 札幌市中央区大通西9丁目キタコーセンタービル6階
岩本、佐藤法律事務所、担当佐藤弁護士
TEL011-281-3001
FAX011-281-4139

  本件人身交通事故事件、被害者から事故関係調査委任を受けた者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、御無沙汰しております、岩本先生もご健在の事と思います、早速ですが、昨年11月8豊平区交差点での、直進バイクに右折車両が、直進走行バイクを見落とし、バイクにぶつかり、右折車は、一旦現場から立ち去った人身交通事故事件に関しまして、当社に事故関連調査を委任して来て居る、バイクライダー様より昨日、下記事実を伝えて来ました。

2、昨日、豊平警察署交通課に出向き、担当の警部補から”人身交通事故被害者として、正しく員面調書取りを行って頂きました、加害者には賠償の意志も無い事も併せ、重い刑事罰を望むとも伝えて、記載頂いて有ります”との伝言でした、事実、証拠に沿った正義(知人が証拠保全した成果でも有ります)は遂行されるべきと思います、先生も同意見と斟酌いたしております。

3、委任者様には、医学では無く、損保、司法の慣習で、治療限度は7か月以内なので、出来うるならこの期間を限度とし、治癒せずとも治療中止が、大きく揉めない事に繋がりますが、とは、助言致しております。             

解説追加

  • 2018/03/28 06:09

@内閣府、昨日付け文書、札幌市オンブズマンに対する、市議会による議会での追求要求、一般廃棄物犯罪処理一括請負、特に札幌市保護課による、同様犯罪と、裁判所民事執行搬出物品犯罪処理も握り潰し事実等に関して、当社の合法化を求める動きにより、一定適法化が果たされて行っている事実も併せ、概略解説致します、札幌市議会と政府との協議が必須です

                                平成30年3月28日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府御中 安倍総理殿
TEL03-5253-1111

共産党札幌市議団
TEL011-211-3221
FAX011-218-5124
岩崎道郎民進党札幌市議 
TEL011-818-3160
FAX011-818-3170
秋元市長、市議会議員全員、市税、オンブズマン事務局次長加藤、環境、保護、介護保険、障害福祉、建築安全推進
FAX011-218-5166

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

※国家資格を上回る、監督官庁も当然無い、犯罪事業用詐欺資格
FAX0123-42-0557 遺品整理士認定協会
FAX011-281-4823 札幌弁護士会会長、会員各位
FAX011-281-4183 道行政書士会会長、会員各位
FAX011-642-0476 道税理士会会長、会員各位
FAX011-210-5596 道新経済部、ネクステップ犯罪事業記事責任者
FAX011-210-5592 道新報道部、札幌圏部樋口記者
FAX011-231-4997 NHK札幌放送部、広池デスク、米田記者
FAX011-812-1764 HTB執行役員、報道、営業部

1、内閣府、安倍総理(以下相手にも)昨日付け、オンブズマンによる、札幌市役所犯罪への直接加担行為事実に付いて、当社から札幌市議会に対し、議会での公式糾弾も求めた文書、オンブズマンからの回答文書、添付札幌市発行当社宛公文書記載犯罪に付いて、概略解説を添えます。

(1)オンブズマンは”無許可で一廃を収集運搬処理等した場合、廃棄物処理法第25条1項が適用される、清掃工場は、この事実が見いだせれば違法を説明し、持ち帰らせる”等記載して居ます、この文書発行後に出ている、保護課発行文書記載事実、札幌市保護家庭家財等を、一般廃棄物犯罪処理前提一括請負処理させて来て居る保護課、違法を承知で証明書を偽造し、中間請けしている環境事業公社、清掃工場犯罪を、当社が知り、糾弾して、当社からの犯罪禁止通告を受けた保護課は、闇で、取り敢えず昨年7月から、当社の指示に沿い、適法化を果たして来て居ます、所轄は捜査に動き、市が飼って居る犯罪業者数十社に、遺品整理、一廃一括処理請負は犯罪、禁止通告し、捜査を行って来たが、オンブズマン、道警、検察は、この巨大犯罪を握り潰し続けて居ます。

※所轄は犯罪故禁止、この機に乗じて道新、HTB、ネクステップ、市環境局(公社は塵収集車、塵収集作業員、中間分別施設無しの犯罪許可業者、よって、元々犯罪業者が、市、公社と共謀し実務を行って居る)は、遺品整理、一廃一括請負犯罪事業を、乗っ取りに走って居ます”結果で見れば、道警本部、札幌検察庁、道庁、札幌市は、所轄に地元の犯罪業者を、法に沿い押さえさせて”一方でこの犯罪請負を、ネクステップ等に乗っ取らせに走って居る、犯罪の組織化を果たそうとして居る”構図です。

※市、保護課は、同様の犯罪業者多数に、年間保護課分だけでも千件単位、無許可引っ越し発注も行っており、当社の告発を受けて、交通二課特別捜査係が区保護課に任意捜査に入って居ますが、やはりオンブズマン、道警本部、検察、報道が、犯罪を握り潰して居ます。

(2)裁判所による、不動産明け渡し民事強制執行搬出物品を、債権者、代理人弁護士の求めに応じて”搬出処理を請け負った運送屋所有、一廃系事業廃棄物と偽り、札幌市(国中)と共謀し、犯罪廃棄処理して居る”司法犯罪は、当社の助言を最高裁も受け、昨年7月1日から、日本中の地裁が、段階を追い適法化し続けて居ます、やはりオンブズマン、道警本部、検察、報道が握り潰して居る事実です。

2、札幌地裁民事執行係りに対し、札幌市環境局事業廃棄物課、東田課長が指示した廃棄処理方法は”公社下請けを使い、家電、食器、金属製品、布類、紙類、家具等全てパッカー車に投入させ、一括違法焼却処理せよ”この廃棄物処理法、市条例違反の、犯罪処理要求です、札幌地裁は当社からの、法を犯す処理、禁止を受け入れ、正しく廃棄物処理請け出来る全業者を呼び、適法処理させて居ます。

※現在札幌市、市環境局が、相続前遺品物品、一廃違法処理前提一括請負行為犯罪者に伝えている「犯罪一廃物品請負処理がばれ、拙くなれば、公社下請けを呼び、裁判所に要求したのと同様の、パッカー車を呼び混合投入、一括犯罪焼却せよ、この犯罪証拠隠滅処理です。

3、先日当社に、xxxxによる、xxxxxxxxxxxした、xxxxから、内部物品一括処理委任、見積もり委任が来ました「当社からは、当社は適法に一括引き取り出来るが、他事業者は犯罪、他に委任は良いですが、xxxxxです、犯罪の委任による摘発に気を付けて下さい、こう助言して有ります、xxからxxxxに対しては、xxxxxxx、自分で処理するなら、xxxと同様に、公社は燃える廃棄物以外扱えませんので、他物品は、合法処理出来る業者を全て呼んで処理して下さい”違法処理は認められませんと伝えて有る、との事です」

4、記載犯罪を認めて、法を犯す事業を確立させようと謀って居る札幌市、オンブズマン、道警本部、検察庁、報道と、裁判所、今は労基、所轄署他と言う構図です、遺品整理士認定協会は山口央弁護士、オンブズマンは房川弁護士、当社が無人家屋内外残置物(遺品系)処理見積もり、負の遺産算定用見積もりを請け負って居る、東北町事案に付いて、弁護士法違反請負業務、共に告発すると言い掛かり、委任者、当社を脅し続けているのは、横路俊一弁護士を名乗る者、こう言う構図も出ています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3192898
ユニークアクセス:2744408
今日
ページビュー:814
ユニークアクセス:813
昨日
ページビュー:3020
ユニークアクセス:2954

Feed