エントリー

2018年04月21日の記事は以下のとおりです。

公式な処理を突き付けられて

  • 2018/04/21 15:26

東北町の事案で当社から、公式な処理の手を答えよ、こう、当たり前を突き付けられた先、東北町、札幌市役所、道警本部、青森県警等は「公式に文書で処理の方法を、答える事が全く出来ないでいます、日常的に犯罪処理を、委任もして、認めて行わせて居ますからね」

その中で宮城県庁は、きちんと「遺品物品で廃棄処理する物品は、一般廃棄物に区分される処理です、こう文書回答を出して来ました、法律的には、遺品整理業者を名乗る、犯罪者と廃棄処理先の市町村、警察も含め、この回答が正しい事を、公式となれば、認めるしかない、正しい答えが出た訳です」

遺品整理事業だの、一廃犯罪処理前提請負だの、犯罪を重ねて成功に見せ掛けて有るに過ぎない、之が真実ですから。

宮城県庁は、廃棄物処理法の規定を、遺産の正しい相続と絡め、答えを出したのです、当たり前の答えを出したのです。

ですが、実際に国中で行われている「相続前の遺品物品の、犯罪業者を委任しての廃棄、古物買取偽装請負行為は、法を犯し捲り、表向き成功させて有るだけの悪行です」

この事実を、身を持って知って居るのです、市町村、各警察署は、報道も地方政治権力も?理解不可能かもしれないけれどね、頭の程度が地の底以下に低いので、あのエリートぶるだけで、何の知識、能力も無い連中の実際は。

犯罪業者との共謀事実

  • 2018/04/21 15:02

本日本州の3市、町に送った文書にも記載しましたように「札幌市役所は、犯罪事業者多数と直接共謀して居ます、共犯の関係なのです、遺品、一廃犯罪処理一括請負に付いても」

犯罪者と十二分に承知の上で「一般廃棄物物品を、犯罪を行わせて、認めて通す前提としてあります、犯罪請負と知って居ますから、札幌市役所は、今では道警本部他もですが」

ここまでの犯罪者関係を、共犯関係を持って、一般廃棄物物品、相続前の遺品物品犯罪処理請負を認めるだけで無く、委任までし捲って居るんです、札幌市役所”も”真っ黒の政令指定都市ですから。

宮城県庁環境局から出て来た文書の記載内容にもより、札幌市役所、道警本部、法曹権力、報道ぐるみで、一般廃棄物物品、遺品物品犯罪処理一括請負を、こいつらが直接支援して居る事を、更に正しく立証したのです。

宮城県では、仙台市の遺品整理業者、東北6件、宮城他県を股に掛けて、一廃、遺品犯罪処理請負を重ねて居る、普通の一廃一括犯罪処理請負も同様に行って居る事業者として、遺品整理ねおライフが「東北町の義父の事案で、義父が遺した物品を処理したい、引き受けてくれますか?と打診済みです。

一応請け負います、こう答を得て居ますが「実際にとなれば、警察、東北町他が責任を負わされます、誰もが犯罪と承知ですから」

日本中の警察署、地方自治体を問い詰めれば

  • 2018/04/21 14:48

相続前の遺品物品、一般廃棄物扱い品を、根本から法を犯し、請負処理、闇処理して居る、便利屋、リサイクル業者、運送屋、古物商等犯罪事業者による、巨大で稚拙な犯罪請負です。

犯罪を請け負って居ますから、犯罪を幾つも手掛けなければ、犯罪請負は成功しません「廃棄物処理法違反、古物商法違反を始めから組み込んで、犯罪請負を成功させて有ります」

犯罪個人所有物請負処理、処理品の中から、古物で売れる物品を除き、主に他の古物商に、共謀の上再販して、金にしています。

再販購入した古物商との間では”再販との事実、証拠を偽造し、一廃、遺品物品一括処理請負業者が売却古物の所有者ですと、双方確信犯で偽造証明書を作成、犯罪古物取引を行って居ます”多くの場合、違法に遺品、一廃一括処理請負した業者、再販業者も古物商許可を得ていますからね。

どっちも拙いのです、古物商法違反行為者ですから、違法古物売りて、違法と承知で古物買い取り手、どっちも古物商法違反行為者ですから。

この連中には、古物商法違反により、幾つもの刑事罰が、法の規定では適用されるのです、きちんと調べれば、一廃、遺品法を犯して一括処理委任され、請け負って居る業者が、古物売り主、多数の古物の所有者、売り主と偽りでしてあるが、偽りだと、きちんと調べられればばれます、当然ですから。

古物商いの実態

  • 2018/04/21 09:50

古物商いも、真っ黒い商売が多い、良く理解しました、そうでしょうね、雨後の筍状態で今は、特に貴金属類買取フランチャイズ店が増えて行っていますから。

過当競争が過熱し続けて居ます、買い取れる物品を、何処も喉から手が出る位欲しい筈です。

一般廃棄物一括処理請負、相続前の遺品物品一括処理請負、どっちの犯罪請負でも、多品種の古物売り物品が発生します、古物買取店とすれば「法を犯した商売遂行で、法を犯して手に入れた物品であろうと、欲しい筈なのです、過当競争の今を切り抜ける為にも」

そして「この一廃物品犯罪処理請負の連中は、多くの場合、法に疎い上、売りたい古物の価格なぞ、ほぼ分からないのだから、道瀬実際には、無料で手に入れた古物ですからね、売った金を懐に転がり込ませる、違法な入手古物転売です、買い叩かれたって多くの物品で、分からないし、転売出来れば良いだけだから、どうせ」

転売でこうした古物を、法を犯して居る事を承知で、違法入手古物と承知の上で買い取った古物商は、大きな利益を手に出来おり、こんな違法古物取引を、国中の古物商の多くが、一応古物商許可を得ている、犯罪業者と共謀して行っている、之が実態でしょう。

双方の犯罪古物商い商売業者に取り、共に利が有る法を犯した古物取引、なのですよね、私さえ居なければ成功し続けたのにね。

悪人の下請け

  • 2018/04/21 09:38

一般廃棄物物品、相続前の遺品物品を、犯罪を重ねて処理請負する、事業を偽るが、犯罪です。

この犯罪請負では、基本二通りの物品処理が行われています、形上だけの古物買取と、違法廃棄処理が行われています。

古物で買い取る、形だけでも無いけれどね「元の請負金額を高くして置いて、廃棄処理目的請負を、引っ越しと偽装や、一廃一括処理、相続前遺品物品一括処理請負、この中の物品の一部を、口頭だけの買い取り、この部分の物品は、多くの場合”闇で他の古物商に転売して居ます”」

元々の犯罪請負の金額を、あらかじめ高く設定して伝えて「買い取る古物の金額を伝えて、納得させて”元の犯罪処理請負金額から、買い取り金額を引いて、この請負金額だけを領収書に記載”まあ、元々買い取り金額差し引き分の額を乗せて有るから、実際には買い取り金額無し、ですけれどね”」

この物品は、他の古物商と共謀して、転売して、表に出さない金を得て居ます、警察、法曹権力ぐるみの犯罪行為です。

廃棄する物品は「違法処理請け事業者が排出者、こう偽れて、偽りを承知で処理先行政機関、警察、報道ぐるみ、違法廃棄処理をさせて、通して居ます」

これが「遺品整理事業、一廃一括処理請負事業の実態犯罪行為の一端です。

法律規定破りを国家権力が

  • 2018/04/21 09:17

宮城県庁はきちんと「遺品物品処理で、廃棄に回す物品は、一般廃棄物に分類されます、排出先、無いし、処理先の市町村に問い合わせ下さい、又、遺品整理を請け負って居る事業者の違法行為疑いに付いては、処理して居るであろう市町村が、監督権限を有して居ます」

こう、明確と言える回答が、初めてきちんと行政から出ました、実態はこうなっていないから、何処もこんなきちんと法に沿った答えは、特に公式文書では、出せなかったんですよね。

実態は札幌市役所犯罪です、日本中ほぼ札幌市と同種の、犯罪一括処理公認です、ですから「宮城県庁が出した公文書記載は、実態に反するから出せないで来たのです」

でも、宮城県庁から文書が出たので、もう犯罪公認機関と犯罪業者、言い訳も出来ません「違法処理請負した業者が、違法処理請けした物品の所有者です、この嘘で成り立たせて有ります、でももうこの嘘も、通せなくなった訳ですよ」

犯罪を事業と偽っても、犯罪は犯罪です、言い訳で正当化は無理です、犯罪者を野放しには出来ません、当たり前です。

犯罪行為を野放しにしている、を超えて、法を正しく所管する責任を負っている、筈の公的機関が犯罪者です、絶対に許してはなりません。

今も国中で、相続前遺品物品、一廃を、犯罪を重ねて種々処理請負を行い、犯罪を免責されて通されています、法に沿い犯罪者を潰すべきです。

遺品物品犯罪請負処理

  • 2018/04/21 07:24

@宮城県庁から”遺品整理事業で発生する廃棄物は、一般廃棄物に該当する、遺品物品一廃の処理は、発生場所の市町村が行う”等文書が出ました

                                平成30年4月21日

蛯名鉱治東北町町長、保健衛生課乙越課長
TEL0176-56-3111
FAX0176-56-3110

郡和子仙台市市長、市民税課、廃棄物課課長
TEL022-214-8638
FAX022-214-8613

本郷谷健次松戸市市長、法人市民税課大川担当、廃棄物課課長
TEL047-366-7322
FAX047-365-9416

  @東北町農家、所有者死去、無人化により残置物各処理他請負社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、東北町事案、山本の義父死去により、空き家となった農家の残置物各物品証明、法に沿った各処理を果たす為の、先ず見積もりに関して、遺品物品の廃棄分処理に付いて、宮城県庁環境生活部循環型社会推進課、廃棄物指導班内藤昭紀担当より、別紙の通り今月20日付で、一定の回答が出ています。

2、宮城県庁からの回答の骨子は「遺品の内、廃棄に回す物品は”一般廃棄物に該当するので、遺品廃棄物発生場所の市町村、又、処理を行う市町村と協議の事”こう回答が出ています」

3、更に”遺品整理事業者、このケースでは、仙台市の遺品整理えむライフ事案ですが、えむライフが所在する仙台市(他市町村発生分も、仙台に搬入、違法一廃処理実施)と、遺品物品を一括請負処理して居る先の市町村が、指導権限を有して居る、該当市町村に問い合わせの事”これも”廃棄物及び清掃に関する法律の規定”に沿い、回答を出して居ます。

4、国中で大手を振って行われている、相続前の遺品物品の一括処理請負、一般廃棄物一括犯罪処理請負行為、松戸市では遺品整理ライフリセットが、国中でこの犯罪請負を行って居ます”ライフリセット下請け横道企画事務所と札幌市保護課は、保護家庭一廃一括処理犯罪請負も、市が税金資金拠出し、複数実施して来て居ます、札幌市は、この犯罪一廃一括処理を成功させる為、一廃廃棄処理証明書の偽造も、市挙げて行って居ます”これ等犯罪利得の一定分は、遺品整理ライフリセット、札幌市が共謀し、運営母体アシストに流れて居る訳です。 

5、遺品物品、一廃一括処理請負が成功して居る理由は「一廃廃棄処理先市町村、中間処理請け産廃、一廃業者が”処理する一廃が、違法処理請負業者排出、事業系一廃と、札幌市と同様、確信犯で証明書偽造を行って居る故です”」 

6、別紙今月18,19日付青森所署長、法務大臣他宛文書記載の通り「遺品整理事業者等は”不正手段で手に入れた相続前遺品物品の内、古物売却出来る物品を、他の古物商と共謀し、転売して、共に利を得ても居ます”古物商法を所管して居る公安委員会、警察、そして法曹権力、報道が、直接この窃盗、古物商法違反、詐欺等犯罪も公認しており、国中で成功して居ます」

7、東北町、義父が遺した遺産金員分は「建物解体撤去、残置物各処理に要する費用で消し飛びます、別紙記載の通り”一部相続権者がプラス他分遺産を根こそぎ盗んでおり、二か所の遺産預金は金融機関職員により、横領されています(証拠で立証されている事実はここまで)横領預金を法に沿い、預金を金融機関が戻さない場合、国家権力が、合法な負の遺産処理を妨害し続ける場合等は、記載通りこちらは家屋撤去、残置物各処理責任(負債として費用負担も)を負う必要が有りません」その場合、東北町は二金融機関、青森、道警察と、建物、残置物撤去費負担を協議下さい。           

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3491398
ユニークアクセス:2993234
今日
ページビュー:88
ユニークアクセス:88
昨日
ページビュー:3773
ユニークアクセス:2398

Feed