エントリー

2018年04月22日の記事は以下のとおりです。

犯罪証拠を無くして有る、ネット広告、報道された事実

  • 2018/04/22 15:46

相続前の遺品物品を、所有権も無い者が処理を委任して居る、犯罪を請け負う業者に。

値が付く物品は、古物売買の証拠を作らない手を使い、犯罪業者が物品を手に入れている「法律規定で刑事罰則も備えた、古物売買の証拠書類の作成、売り主に古物売却証拠書類を作成し、交付が必要、買い取り古物商も、購入記録の控えを備えて置かなければならない、違反の場合、買い取り業者に、古物商法第15,16,19条規定による刑事罰が適用される」

この法律違反を、犯罪請負業者連中は、堂々とネット広告も打ち、行って居ると喧伝して居ます。

で、この犯罪古物入手物品は「次の古物商に転売する場合が多く有ります”違法入手古物を転売して居る相手の古物商も、やはり犯罪買い取りして居ます、売り主は違法処理請負業者だと、知った上で偽り、買い取って居ます”古物商法違反、共に犯罪行為者です」

遺品整理えむライフは「ネット広告で、この相続前遺品物品、買い取ったと口頭で言うだけ、証拠になる古物買取記録は作成せず、売り主の泥棒?にも一枚渡す事も、当然行って居ません、これをネット広告にも書いて、認めて居ます」

ルーツ・オブ・ジャパン、湊社長とSTV は「死去した人の知人、赤の他人と湊社長との、犯罪遺品物品処理請負を公開で実行して、放送されています”やはり所有権も無い人間から買い取ったと、湊が言っただけの貴金属等とテーブル買い取り?は、、証明書の作成、交付も無でした、売った人間の身元の、写真付き証明書を提示させた確認も、無いですし」

まあ、売るとした人間は、遺品物品を相続もしておらず、ここも犯罪です。

事実は偽造で作り変え、正しい証拠は隠滅

  • 2018/04/22 14:18

遺品整理請負い、一廃一括犯罪処理請負、犯罪に塗れて成功させて有ります。

廃棄する物品は「行政、中間処理請け産廃、一廃業者、処理施設がぐるになり、違法廃棄処理請負業者が排出者、事業系一廃であると、確信犯で証明書偽造、行使を国中で行い、犯罪請負を、犯罪廃棄処理を成功させて居るんです」

相続前遺品物品、一廃処理物の中で「古物買い取り出来る物品を、犯罪請負業者で選び出して”特に相続前の遺品物の場合は、誰も正当に相続もしていないから、物品の所有者でも無い人間と承知の上で、古物売買を行ったと、あくまでも業者が口頭で言うだけ”これで遺品古物を、犯罪業者は手に入れられて居ます」

古物を購入した事は、証拠書類自体犯罪証明故、作成も保管もせず、この犯罪を成功させて居ます、犯罪なので証拠を残しません。

こうして犯罪により、手に入れた古物は「犯罪業者が所有であると、虚偽を持ち、事実を作り変えて、国家権力がグルになり、この犯罪複数実行を認めて居るから”STVテレビでルーツ・オブ・ジャパン湊社長は、被相続人の知人と自称しただけの怪しい男に、相続されて居ない遺品物品の買い取り交渉をして、実際には違法廃棄処理遺品物品の処理費から差し引いた、口頭でこれを伝えて、了解を、何の相続権も無い犯罪者と、この闇犯罪取引を成功させて居ました」

公開で犯罪を、犯罪放送まで通って居る

  • 2018/04/22 14:05

相続前の遺品物品を、犯罪を数多く行い、闇で売却用入手、証拠は残さず手に入れて、古物を転売して、闇利得を得て居ます、この犯罪請負業者と、次の古物商とが共犯で転売も、数多く行われています。

犯罪です、完全な、犯罪をこうして行えて、通せて居るのも、法を所管する筈の国家権力、捜査機関、地方政治権力が、報道共結託して「この類の犯罪を、知った上で公認して居るし、犯罪事実を証明されて、指弾されれば”犯罪だが警察、検察、監督機関が犯罪を認めた、犯罪にしないから良い”」

こう、表だって嘯いて、犯罪者を逃がして、犯罪を公然と行えるようにまでしている、之が事実です。

犯罪に絡んだ古物入手、古物闇転売まで、法曹権力、公安委員会、警察、報道ぐるみ、公認して居るんです。

犯罪で入手した、他者の所有物も、もう安心安全に、この手で換金出来るのです、何しろ「法を所管して居る機関が、全部犯罪古物入手、証拠隠滅犯罪転売公認まで、公式に認めて、堂々と行えるようにまでしていますので」

元の犯罪請負、相続前遺品物品一括処理請負、一廃一括処理請負、偽装も含めた引っ越し請負金額から”古物で買い取った、事にした物品の購入額を差し引いた、口頭でこれを言い、差し引き金額の領収書を書き、出してお終い”古物購入は、何処にも証拠で残されて居ません。

遺品整理業者、一廃一括処理請負業者の、之が日常の犯罪手口です、法を所管して居る国家権力との、共犯犯罪事実です。

犯罪公認の言い訳は?

  • 2018/04/22 13:18

@宮城県警本部長、生活環境課小関警部補、保安課課長、郡和子仙台市長、市民税課、廃棄物課課長”遺品整理えむライフによる遺品物古物商法違反入手、転売、輸出も犯罪です””宮城県警本部長、県庁から遺品物犯罪処理請負に関して、法による答えが当社に出ています”えむライフ犯罪にも言及して居ます

                               平成30年4月23日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府御中、安倍総理、麻生財務大臣殿
TEL03-5253-2111

宮城県警本部長、生活環境課尾関警部補、保安課課長、古物商法
TEL,FAX022-221-7171
郡和子仙台市長、市民税課、廃棄物課課長
TEL022-214-8638
FAX022-214-8613

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、宮城県警本部長、郡和子仙台市長、各担当部署「相続前の遺品物品一括処理請負では、古物購入に付いて”遺品整理えむライフネット広告記載、及び、別紙記載、STVテレビ放送された、ルーツ・オブ・ジャパン湊社長実例の記載文、内閣府宛13,14日付文書、18,19日付青森県警、法務大臣他宛て文書記載の通り、古物購入記録無し、一廃犯罪処理請け金から差し引いたと、口頭で告げるだけ”古物商法第15,16,19条違反、刑事罰適用犯罪入手し、更に、別古物商との共犯再販等を行って、闇利得を得て居ます」古物商法違反嫌疑で捜査、摘発すべきです。

2、宮城県警本部長、生活環境課、別紙の通り当社に、宮城県庁環境より、遺品整理廃棄物は一廃、排出場所、廃棄処理場所市町村に問合せの事、他記載が有ります「相続前遺品物の内、廃棄する物品は、違法処理請け業者が排出者と偽る処理、廃棄物処理法違反犯罪です、捜査、摘発するべきです」

遺品整理請負、犯罪請負です

  • 2018/04/22 10:00

古物商法の規定違反、刑事罰則が適用される規定多数有り、廃棄物及び清掃に関する法律規定、重い刑事罰則規定有り。

これ等の法律を、遺品整理だの、一般廃棄物だのを、一括処理請負している連中と、法を所管して居る筈の公的機関、職員、地方政治権力、報道は、公然と法の適用を潰して、犯罪を認め、行わせ、犯罪委任、犯罪請負を公然と行わせ、通し続けて居ます、更に状況悪化させて、この法律違反犯罪行為を、テレビで放送するところまで来ているんです。

完全な犯罪取引、犯罪実行を、公然とテレビ放映までして、法を破戒させている国家権力がグルになり、元々実行犯の一角各機関故、犯罪公開放送まで、認めて通すまでに成り果てて居ます。

呆れ返る処では無いです「犯罪を行って居る、犯罪取引を放送して居る、之すら理解も不可能なのです、犯罪者としても、こいつらは最低レベルですね」

犯罪を手掛けているがあまりにも頭の程度がお粗末故、全く犯罪だとも、気付く事すら出来ないのです、犯罪請負している連中の頭のお粗末さも、呆れ果てますけれど、放送する報道機関の連中も、愚か過ぎてどうにもなりません。

ルーツ・オブ・ジャパン、湊社長、STVテレビは「犯罪を委任した連中複数も、身元特定、顔も流すまでしました、愚か過ぎて言葉も無いです」

古物売買の鉄則すら、こいつら揃って理解不可能なのです、愚かを超え過ぎて居ます。

馬鹿丸出しの

  • 2018/04/22 09:37

仙台市の遺品整理えむライフのネット広告を見ました、ルーツ・オブ・ジャパンの湊社等とSTVテレビが共犯の犯罪、相続人でも無いから、当然相続受けもしていない、他人が。死去した方の遺品物品を、犯罪処理、違法売却、違法廃棄処理に走った事件を、正しい事業実施と、嘘八百報道した事件での、遺品物品古物買取犯罪、あれと同じ手口を、仙台の遺品整理エムライフも、堂々と謳って居ます。

遺品廃棄処理見積もり金額-遺品の内買い取り物品金額-請求額です。

ルーツ・オブ・ジャパン湊が行った手口と、見事同じです「古物商法違反の実例証拠が、仙台の遺品整理えむライフのネット広告でも、堂々と謳われています」

古物商許可事業者は「売主と対面で、売り主の身元確認証明書での確認を行い、正しく売主が所有者の古物か、之を確認し”買い取れる古物で有れば、買い取り、買い取り内容証明書を作成し、売り主に交付、古物商も保管”これが責任付けられて居ますが、古物商法第15,16条違反犯罪を、こいつらは常時行って居るんですよ」

ルーツ・オブ・ジャパン、湊社長は「実際に、テレビ局もグルで、遺品整理えむライフネット広告記載犯罪、古物商法違反他犯罪を、堂々と実行して、放送された訳です」

あまりにも頭が悪い、少し位思考、判断能力を持つべきですが、この程度なのでしょうね、こいつら犯罪業者、法を所管する権力、報道の連中の頭の程度は。

経験から

  • 2018/04/22 09:09

嘘で塗り固め捲って、嘘の積み重ねだけれど、国家権力ぐるみだから、犯罪し放題で、犯罪が詳細に証明されて居るけれど、法の適用はされない、犯罪だが免責だ、ここまでの権力犯罪加担まで、公式に表にも出てしまって居ます。

宮城県庁からの文書の記載により「昨年の便利屋よっちと、共犯のクイックパートナー他による、遺品等一般廃棄物物品、犯罪処理一括請負での”古物商法違反事業、マテック無人循環コンビニへの、これた違法処理請負一廃の、一時保管?行為”あれを、法の正しい適用をせず、不法投棄事件だ、こうでっち上げて逮捕し、略式起訴でお茶を濁した事件も、見事破滅です」

遺品物品で、廃棄処理する物品は「一般廃棄物に区分されます、排出場所、処理場所の市町村に問合せ下さい、こう宮城県庁は、法に沿い答えて居ます」

廃棄する遺品、一般廃棄物品を「排出者を請け負い犯罪業者と偽らせ、偽り、廃棄処理を成功させて有る請負事業は、実際には一廃を、違法処理請負業者が排出者の事業廃棄物、こう偽らせ、偽って廃棄処理を成功させて有る、便利屋よっち、共犯のクイックパートナー等に、相続受けもせず、廃棄する遺品物品の処理を委任した、又、別の違法処理委任者から請け負った、これ等一廃を、古物商法違反のマテック循環コンビニに一時保管した、こう言う法律行為です」

全く廃棄物処理法違反は無いです、冤罪でっち上げ、冤罪と承知で犯罪者とデマ報道、ですから。

犯罪の証明追加

  • 2018/04/22 07:38

@宮城県庁環境部署から”遺品整理で発生する廃棄物は、一般廃棄物に該当する、遺品整理業者の違法処理も含め、排出場所、処理場所の市町村委問い合わせの事”これを記載した文書が出ました、遺品物品一括処理請負業者は、自社所有物と偽り、事業廃棄物廃棄、古物犯罪転売です、犯罪を事業偽りで宣伝、犯罪免責加担、逃げ道無しです

                                平成30年4月22日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府御中、安倍総、麻生財務大臣
TEL03-5253-2111
上川陽子法務大臣、大臣官房秘書課
FAX03-3592-7393
野田聖子総務大臣、大臣官房秘書課
FAX03-5253-5511
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係
FAX011-271-1456 財産は、正、負共財産、負は遺産除外は嘘
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357一廃、遺品物品犯罪処理、法の適用免責機関
和田昭夫道警本部長、保安課山田、生活環境課渡邊警部補
TEL,FAX011-251-0110古物商法、廃棄物処理法違反公認部署
FAX011-281-4823 札幌弁護士会会長、会員弁護士
FAX011-281-4138 道行政書士会会長、会員行政書士
FAX011-642-0476 道税理士会、会員税理士、税務処理、申告偽造

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

FAX011-271-1535 STVどさんこワイド、長坂デスク、伊藤記者
FAX011-210-5596 道新経済部、ネクステップ犯罪擁護勝木デスク
FAX011-210-5592 道新報道部、札幌圏部樋口記者
FAX011-231-4997 NHK札幌、放送部広池デスク、米田記者
FAX011-221-6807 HBC報道部、荒川記者
FAX011-812-1764 HTB執行役員、報道、営業部
高橋道知事、道議会議員、環境犯罪部署、保護、介護保険、障害福祉他
FAX011-221-6399
秋元札幌市長、市議会議員、区長、市税、建築安全推進、保健所、保護、介護保険、障害福祉、環境犯罪清水、木村、阿部課長
FAX011-218ー5166
FAX011-218-5124 共産党札幌市議団、他政党共々実行犯の一角 

1、宮城県庁から「遺品物品処理に関して”別紙の通り、今月20日付ファックス回答文書が出ました”遺品物品の内、廃棄する物品は、一般廃棄物に該当する、遺品整理業者、仙台市遺品整理えむライフによる、遺品物品請負処理(自社排出一廃系事業廃棄物偽りで処理、一部輸出に回す、証明書無しで一部古物買取偽りも実施)も含め、発生場所、一廃廃棄場所市町村に問い合わせ願う”こう言う内容の文書です」

2、遺品物品、一廃一括処理請負で「違法処理請負業者がこれ等処理請け物品を、自社が排出者、事業系一廃と、行政、地方政治権力、警察、報道ぐるみ常時偽らせて、廃棄物処理法、古物商法、法人税法、国税徴収法違反を行わせ、犯罪を承知で成功させて居る、この事実が更に立証されています」下記不法投棄起訴事件も、従いまして虚偽立証、起訴事件です。

3、昨年の、便利屋よっち、共犯のクイックパートナー等による「遺品等処理請け物品を、古物商法違反事業、マテック循環コンビニ(古物商事業を謳うが、古物商在籍管理無し、古物と買取金引き換えせず)に”一時財物保管事件”では、当社から記載記者らに対する”マテック事業は古物商法違反、不法投棄に該当せず、該当物品を処理委任した、相続受けして居ない遺族、一廃犯罪処理委任者、委任物品特定無し”これ等法に沿った指摘を、知った上で報道から除外し、虚偽と承知で不法投棄事件偽り報道、法的には冤罪公認報道です、をしました」

4、当社からのこの指摘により「正式刑訴法裁判が出来ず、略式起訴、罰金50万円で誤魔化しました”正式起訴なら、上記立証から無し、公判維持は拙い”違法起訴ですから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3494288
ユニークアクセス:2995373
今日
ページビュー:2978
ユニークアクセス:2227
昨日
ページビュー:3773
ユニークアクセス:2398

Feed