エントリー

2018年04月26日の記事は以下のとおりです。

きちんと常識から考えて、法律を理解するべき

  • 2018/04/26 19:19

自分の頭で考えて、疑問は自分で調べて、矛盾が有れば矛盾を解消出来る正しい理論構成を組み立てる、当たり前です、特に人さまからお金を頂く、責任を負った行為なら。

ですが、それからして、全く出来る頭もスキルも、思考、判断力も備えて居ないんですね、この国の国家権力だの、エリートぶった連中だのも、犯罪をしのぎとさせて居る輩まで。

国家資格を得ている、法律業務に従事して居る筈の人間達も、誰もかもが、ほぼ何も正しく常識、法の組立、適用の仕方等を知らないんです、日本の現実です。

損保犯罪に限らず、本当にこの国の上の連中まで、愚か過ぎますよね、普通の常識から、何も分からないまま、カルト制度を狂信して、カルト制度を理解させられても、結局正しい方向に切り替える事も出来ません。

上がこうですからね、遺品整理士等と言う、三流以下の民間でっち上げ資格事業?犯罪請け負い連中の下僕にも、あっさり成り下がる訳なのです。

遺品整理士だの、馬鹿馬鹿しい民間詐欺資格を、多少の金を支払い、得て、相続前の遺品物品、一般廃棄物物品を、犯罪処理請負して居る連中も「多少でも考えられればと思いますが、あんな詐欺民間資格を、金を払い、貰って、遺品整理士です、こう威張って喧伝して居る頭ですから、それでも国家権力を下僕として、支配下に置けているんだから、無様な話ですよね」

当たり前の事ですが

  • 2018/04/26 15:30

宮城県庁が、当社に出した文書の記載「遺品整理で廃棄する物品は、一般廃棄物区分品です、当然の記述ですよね、遺品が発生した市町村と、廃棄処理する市町村に問い合わせて下さい、これも当然の記述です」

遺品整理請負事業、法律を正しく適用させれば、絶対にこんな請負は成立しません、遺品整理士事業等、成立する筈が無いのです。

今ではもうどの機関職員も「宮城県庁から出た文書の記載は、当然の事を書いて出して有ります、あの記載通りですから、こう答えて居ます、他の正しい法理論は、無いからですよ」

遺品整理一括処理請負、どう法律を引っ掻き回しても「便利屋、産廃許可業者、遺品整理請負業者、古物商、運送屋が行って居る、こんな犯罪事業を、適法な犯罪行為請負である等、答えとして出ませんよ」

犯罪を闇で請負、犯罪の限りを尽くして、ようやく成功させて有る、行為証拠が出れば、成功させた筈の犯罪行為者責任が、法に沿えば科せられます、遺品物品は通常?相続受けもしていない人間が、便利屋辺りを使い、闇で古物売買、古物売買の証拠は残さず、売った、買ったと、口頭のみで言い、窃盗ですが、古物売買と偽り、通されています、明確な古物商法違反行為です。

法曹権力、警察、地方行政機関、地方政治権力他が共犯です、国家権力側の連中は、完全なカルトです。

正、負の遺産を正しく証明し、遺産目録に記載

  • 2018/04/26 08:43

相続前の遺品物品を、相続受けもしていない犯罪者との間で、証拠を残さない、証明書を偽造する手口を使い、犯罪古物売買、した事に口頭でして、犯罪請負社が手に入れて、古物再販を、次の購入者と重ねて居る。

売れない物品は、犯罪処理請負業者が排出者だと、処理先市町村が共謀して、違法に廃棄処理が出来て居る。

絵に描いたような犯罪、国家権力が直接加担して、成功させて有る犯罪行為です。

国家権力が直接加担、犯罪を行うとしており、成功に持ち込めています、悪が正義を叩き潰して、通されています。

犯罪を正当化する為に、と言うより「犯罪を承知で加担し、直接犯罪に手も染めている国家権力だから、どんな犯罪事実証拠が出ようと、絶対に正しく法を適用させられません」

よって、相続前の遺品物品を、犯罪者と共謀して、犯罪処理請負社が、闇で手に入れられて、再販も出来る訳です。

法を犯す事を、国家権力ぐるみ行い、通されて居るから、排出者を偽り、偽らせて、廃棄処理して通せているんです。

偽造、証拠隠滅、闇で犯罪を行わせ、通して居る、国家権力が指揮して、日本の現実です。

遺産相続だと言えば、憲法、法律は適用除外となる

  • 2018/04/26 08:23

遺産相続だ、遺産相続の場合、憲法、各法律規定は全て適用除外となるんだ、犯罪でも犯罪とならない、司法、警察がそう闇で決めて有るから正しいのだ。

司法、警察、国税他が直接犯罪に与して居る、司法遺産泥棒他犯罪が、之です。

遺産だ、遺産相続だ、之の場合、一切憲法規定、法律規定が適用されなくなる、そんな筈は無いのですけれど「こんな狂った憲法、法律規定の破壊実現でしか、犯罪弁護士は、しのぎを得られ無いし、検事、裁判官連中も、正しい遺産相続憲法、法律規定が、全く理解不可能故、尾の司法、警察、国税他が直接犯罪に与して、成功させて有る、遺産泥棒犯罪制度を、絶対の制度と偽り、常に通させたいのです」

人身交通事故犯罪と、構図は一緒なのですよ、何も理解出来ない法曹資格者連中が、分かった気になれる犯罪制度をでっち上げて、それだけを常に通す、司法犯罪の定番なのです。

遺産だ、遺産相続だ、これの場合、一切憲法、法律規定は適用されなくなる、筈が無いのです「この司法、警察犯罪が裏に有るので、相続前の遺品物品闇売買、排出者偽装で闇廃棄処理する請負行為も、今では堂々と報道までされて、テレビコマーシャルも打てて、通されているんです」

ですが「人身交通事故犯罪、虚偽、偽造、でっち上げた事故扱い処理、犯罪を重ねて成功させて有る、司法、損保犯罪賠償のようには、遺産泥棒他犯罪闇処理制度は、行かないのです」

直接的には「負の遺産、之の公式処理は、こんな犯罪相続処理では、消えないですから”市町村が全部、壊さなければならない建物撤去費と、残置物撤去費を負担するなら、まだ良いけれどね”人身交通事故犯罪賠償と同じように」

犯罪相続処理

  • 2018/04/26 07:59

犯罪を制度化に走る、之を常とさせて居る法曹権力、警察、国税他、悪の権化国家権力です。

相続前の遺品物品犯罪処理一括請負、これを成功させて有る理由にも「弁護士犯罪利得獲得の、黒い権力の目論見が有るのです、犯罪弁護士が、犯罪に与してしのぎを得られるよう、合憲、合法な遺産の処理手続きを、根こそぎ破壊に走って居る、之も遺品整理士事業、犯罪闇遺産物品処理行為をのさばらせて、犯罪を免責として逃がして居る、大きな理由です」

筧千佐子さんが「結婚相手を毒殺して、次々遺産を狙った、らしで終わらせて有る、あの事件でも”筧千佐子さんと東大出の弁護士が手を区民、亡くなった方々の遺産を、根こそぎ不正手段を講じて、手にれて山分けして居た事実は、無い事とさせて有るでしょう、司法、警察がグルになっての、遺産泥棒制度の一例故です」

犯罪弁護士が、犯罪を重ねて遺産を不正に手に入れさせる、手に入れた遺産泥棒に与して、盗んだ遺産は、泥棒が手に入れて終わらせられて居る「この犯罪遺産入手で、犯罪者に与した弁護士も、犯罪利得から、犯罪報酬も得られて居ます」

当社に義父の負の遺産、残置物処理を果たす為の委任をした相続権者と、当社に対して「どうあってもこの正しい遺産証明、処理を行わせない、犯罪相続で終わらせようと権力悪用も、犯罪総軸を常とさせて、犯罪弁護士が稼げるようにとの、司法、警察の黒い思惑の発露なのです」

司法、警察犯罪が裏に

  • 2018/04/26 07:47

相続前の遺品物品等を、法を根本から犯し、犯させて、闇で処理させて通して居る、犯罪事業の裏には「合憲、合法を果たした遺産相続を、根底から破壊させて、犯罪弁護士に稼がせる、黒い司法、警察の意図も大きく働いています」

合憲、合法な遺産の相続、負の遺産処理から始める遺産の処理、相続では、犯罪弁護士が、しのぎを常に得られません。

ですから「正しく正、負の遺産を洗い出し、証明して、遺産目録を正しく作成して、その後”負の遺産が有るなら、正の遺産で負の遺産を処理して、正の遺産が残れば、残った遺産を法に沿い、分配する”この合憲、合法な遺産相続手続きを、司法、警察権力を悪用して、潰す必要が有るんです」

負の遺産は放り出させて、正の遺産で、盗まれて居ない遺産のみ、分割協議に強引に引き摺り出して、遺産相続手続きを、公式に終えさせるんです。

これで「負の遺産処理は、何れ相続権者に降り掛かるけれど”相続権者が自己の意志で、正の遺産のみ分配した”盗まれた遺産は、諦めて納得した、全て相続権者の意志だ、裁判官、弁護士には一切責任は無い」

こう言って逃げる「理由付が出来る訳です、人身交通事故犯罪賠償裁判と、同じ手口を、遺産相続でも作り出して、常に通す、真っ黒い司法、警察犯罪なのです」

違って居るのは「正、負の遺産目録作成を”行政書士に委任する”これもされれば、司法、警察のみで、テロ相続手続き達成は、無理になる事です」負の遺産処理を正しく先ず果たす、これを公式にされる事と合わせて。

事実の改ざん、隠蔽工作

  • 2018/04/26 06:17

@相続前の遺品物品、一般廃棄物等家庭の不要品闇処理を、幾つも法を犯し、証拠偽造、隠滅工作を、公権力との共謀で行い、成立させて有る犯罪請負行為、法曹権力、報道も共犯です”正規の遺産相続手続きの破壊”これを果たす為です

                                平成30年4月26日

遺品整理えむライフ、水島淳社長
TEL022-290-9505
FAX022-290-9506
ルーツ・オブ・ジャパン、湊源道社長
TEL011-803-6445
FAX011-803-6446
ネクステップ、水江千秋社長
TEL011-221-1233
FAX011-210-4020
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、保安課山田、生活経済課渡邊警部補
TEL,FAX011-251-0110
宮城県警本部長、生活環境課小関警部補、生活経済課、保安課
TEL,FAX022-214-8638

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

FAX011-271-1535 STVどさんこワイド長坂デスク、伊藤記者
FAX011-210-5596 道新経済部、ネクステップ犯罪喧伝デスク
FAX011-210-5592 道新報道部、札幌圏部樋口記者
FAX011-231-4997 NHK札幌放送部広池デスク、米田記者
FAX011-221-6807 HBC報道部、荒川記者
FAX011-812-1764 HTB執行役員、報道、営業部

1、3事業者、二警察以外には、昨日付け文書も添え、送ります「相続前の遺品物品、個人家庭の不用品を”闇で処理請けし、法を幾つも犯し、処理を果たして、犯罪証拠偽造、隠滅工作を、法を所管する監督機関、国家資格者等と共謀して行い、犯罪事実毎闇に消す”犯罪者のしのぎ行為を事業と偽り、通せている、この国家権力犯罪の理由には、合憲、合法な遺産相続手続きを破戒させて、弁護士闇利得を得させる、この事実も有ります」

※一例が京都の筧千佐子事件です、あの事件でも、警察、検察、国税は、法を犯して殺した方の遺産を不正入手し続けた、筧千佐子と東大出弁護士の犯罪を、故意に調べず、遺産不正入手多数を見逃して居ます、当社で調べた事実です。

2、東北町義父の遺産、正の遺産は「本来義母に渡すべき現金、葬祭費等金員、預金です、負の遺産は自宅、納屋、土地、残置物品となって居ます」

3、正の遺産、現金、葬祭費、預金は「相続権者の一人が全て持ち去り、二金融機関で、義父死去後に、義父を偽った書類を金融機関と共謀の上作成、行使して、230万円余りを抜いています”法律的には、二金融機関職員による、業務上横領ですが、警察、検察は、横領だが遺産相続手続きだ、犯罪としない、こう強弁し、犯罪握り潰しに走っている現実です”」相続されて居ない遺品物品を、相続受けもしていない者との間で、古物売買証拠を残さず売買取引、したらしい、犯罪証拠隠滅での取引理由とも共通、法律規定では犯罪が、事業と偽り、通せている事と同じですよね。

4、この正の遺産不正入手、犯罪行為に付いて「青森警察署、七戸警察署、手稲警察署、遺産不正入手側が雇ったと言うが、委任状交付も無い、横路俊一なる不審人物、不正入手されている正の遺産保全の為訴えて有る札幌地裁裁判官は”正の遺産を洗い出し、確定して、負の遺産処理を先ず正しく果たす、之が正しい遺産処理、残れば法定相続割合に応じ、正の遺産を相続受けする”この合憲、合法手続きを受け入れず、盗まれた遺産は諦めろ、遺産相続と言えば、遺産横領、窃盗他全て免責されるんだ、負の遺産は放り出せ、正の遺産を分けろ、こう強要に走って居ます」

5、相続前の遺品物品を、相続受けもしていない者との間で、闇で処理請負し、証拠を偽造する、証拠を隠滅するとして、古物売買取引、一廃を請負業者所有事業廃棄物と、偽造証明書を持って闇処理「この犯罪行為を、法の適用をしない、犯罪を免責とした、こう言い募り、国中で成功させて居る法曹権力、警察、報道、監督すべき機関、報道の闇の意図には、合憲、合法を果たした遺産処理を破戒させる、正しい正、負の遺産目録作成、行使を潰して、法を犯した遺産処理を通す意図が有ります」

6、理由としては”正の遺産を、法を犯し手に入れた者が、犯罪入手遺産を手に入れられる、之を通す為、弁護士が暗躍し、通せている事実が存在するし、負の遺産を無い事と偽り、正の遺産のみ分けさせる事を強要し、成功させる事で”負の遺産が正の遺産を上回って居ようと、正の遺産のみ分配争いを作り出し、弁護士が関与して稼げる、何れ負の遺産処理が相続権者に降り掛かるが、裁判官は調整役、相続権者が自分の意思で、正の遺産のみ分配したのだ、こう強弁して責任逃れを果たせる、知った事では無い”東北町事案でも強要されて来て居る、司法、警察犯罪行為です”この黒い意図も、大きく存在して居ます。

7、正、負の遺産共相続財産、正、負の遺産を正しく遺産目録に記載し、共に相続受けするか、共に全て放棄するか二者択一、相続人死去後は、遺産は原則凍結「この合憲、合法な遺産相続の鉄則を、司法、警察が先に立ち、破壊に走って居ます”こうした黒い意図が有る故、相続前の遺品物品を、相続受けもしていない者と、犯罪処理請け業者との間で、闇売買、闇転売、排出者偽装で闇処理、全て証拠偽造、隠滅が組み込まれ、通せている”これが成功させられて居るのです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3278908
ユニークアクセス:2819498
今日
ページビュー:1643
ユニークアクセス:1319
昨日
ページビュー:2938
ユニークアクセス:2217

Feed