エントリー

2018年04月28日の記事は以下のとおりです。

優先順位

  • 2018/04/28 17:03

被相続人が死去して、負債が有るとなれば、遺産金員部分で負債を、先ず処理する必要が有るのです。

遺産金員や、金目の物品を、証拠を残さないように企み、盗む、これを支援して居るんです、法曹権力、裁判官は。

遺産の内、金と同じ遺産は、負債を放り出して相続受けした、これを日常的に、日本の法曹権力は、凶行し捲っているが、表には出せないけれど、無いともっと状況悪化します。

遺産であろうと、他者の所有する金品を、法を犯して私すれば、犯罪行為者です、法律規定上r当然の事です。

負の遺産を解消する為には、遺産金員部分が、負債を処理出来るだけあるならば、真っ先に負の遺産を、正の遺産を使い、処理しなければなりません、遺産預金を根こそぎ盗んで、自分の好きなように使う、遺産負債は放り出して逃げる。

本当にまともでは無いですよ、我欲しか持たない故でしょう、まともが通じない人間は、正論を幾ら説こうとも、聞く耳自体無いですから。

相続権者の中に、まともさを持たない人間がいれば、遺産を盗んで自分の所有だと、嘘を吐く事から、何の痛痒も感じないのです、まともさが無いならば、犯罪に走ったって、何も感じないのです。

盗まれた遺産預金

  • 2018/04/28 16:50

相続と泥棒と、本気で全く区別も出来ない法曹資格者です、そんなカルト犯罪者に、盲目的に隷属するばかりの警察組織と来ています。

東北町の事案、遺産預金業務上横領犯罪、この盗まれた遺産預金は「負の遺産である建物解体費と、残置物撤去費用です、この処理で多分消えてしまう金額なのです」

横領された遺産預金を、司法、警察遺産泥棒制度を持ち、強引に正しいと偽り、泥棒に所有権を与えたなら、もう解体と残置物撤去は、泥棒と国家権力が、全責任を負うべきとなります。

遺産は、泥棒で手に入れた人間が、法の規定を破戒させて有る故、所有権を得る、この司法、警察遺産泥棒入手制度が、東北町事案でも、強引に適用させて、押し通そうとすれば、泥棒と共犯側に、処理責任が正しく回ります。

泥棒と共犯国家権力が、泥棒を正当化に走り、押し通せば、建物解体責任と、残置物合憲撤去処理責任を、犯罪者側に負わせれば良いだけです、根回しを十分行って置いて、犯罪者に犯罪行為責任を、当然です、負わせれば良いのです。

泥棒が自分の所有金員とされて、通るとなれば、建物の解体撤去費、残置物の合法な処理費は、こちらには無関係と言う事です。 

法の正しい適用自体出来ない

  • 2018/04/28 10:31

この国の国家権力、国家資格者の現実は「正しく日本国憲法、法律の規定を、正しい常識知識を持ち、適用出来るスキルが、ほぼ備わって居ないのです」

実際のこの連中は、オウムより程度が低い、カルトの狂信者か、それ以下の頭なのですよ。

正しい常識から、ほぼ身に付けて居ません、ですから「法を持ち、事件を理解して扱う等、知識、能力が無いので不可能です、実際には」

ですから「合憲、合法、適法を持った遺産相続処理何て、宇宙人の言語と変わりません、何を言われて居るか、ここからほぼ分からないのです」

これが現実ですからね、遺品整理士民間資格事業等を「正しい民間資格だ、遺品整理士資格を持てば、相続されて居ない遺品物品を、遺品を相続受けもしていない誰かと遺品整理士が共謀して、遺品を闇で証拠を残さず売買して正しいんだ、排出者を違法処理請け業者と偽り、事業廃棄物で処理しても、正しい犯罪なのだ」

これを本気で狂信して、通して居られるんです、遺産とは、遺産の正しい処理、相続とは、どれもほぼ正しく理解何て、永久に出来ませんから。

正しい遺産の処理、相続の手続きも、幾ら教え込んでも理解出来ないでしょうね、頭のレベル的にも、ほぼ無理でしょう。 

ほぼ何も知らない

  • 2018/04/28 10:14

弁護士、検事、裁判官は、遺産相続問題も、ほぼ正しい法律論から知りません、何も正しく遺産相続の内容も知らないで、遺産相続関係事件も、扱って居るんですよ。

ですから「正当な遺産相続処理を果たそうと考えても、ほぼ通じません、何も知らない連中が相手です、言って分かる筈は無いのです、言われている事を、ほぼ理解出来ないのですから、弁護士、検事、裁判官連中は」

こいつらの「理解?は、遺産相続争いだ、こう言えば、あらゆる憲法規定、法律規定は適用が除外される、犯罪だろうと犯罪責任を負わず通せる、之が唯一全てなのです」

相続と泥棒と、全く区別なぞ出来ません、遺産相続だと言えば、犯罪が全て認められるんだ、こう、完全に間違った意識だけしか無い連中ですから。

馬鹿を超えているんですよ、この連中の実態は「裁判官、検事を定年で終えた連中の多くが、公証人になって居るけれど、前に表に出した通り、大通公証役場元裁判官北澤と、中公証役場、元検事の小川も”遺産相続だと言えば、公正証書遺言が有れば、法の適用は全て除外となり、遺産預金、遺産不動産を、偽造書類作成、行使に手を染めて、泥棒が自己所有と出来て居る”」

こう、堂々と嘯いて居たでしょう、あれが全てなのです、遺産相続と、泥棒と、全く区別を付けられない頭なのです「まして、正の遺産で真っ先に、負の遺産を処理が必要だ等、あの連中の頭の次元を、完全に超えてしまって居るんですよ、理解なぞ不可能です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3690377
ユニークアクセス:3152255
今日
ページビュー:794
ユニークアクセス:732
昨日
ページビュー:864
ユニークアクセス:818

Feed