エントリー

2018年06月09日の記事は以下のとおりです。

次の手も

  • 2018/06/09 17:49

義父が所有して居る、死んだけれど、義父の所有する住宅、納屋、農地等土地は、公式に次男が相続する事に決定です。

絶体にこれ等の遺産も手放さないんだ、との答えを、答弁書に記載もしています「不動産の権利書も、次男が義父の家を物色して探し出して、かっぱらって持ち去り、握って居ます、もう絶対に手放さない権利書だそうです」

これで空き家処理も、残置物処理も要らない訳です、次男が相続して、所有権者となる訳だから。

この事実、証拠を、東北町に知らせます「今後は、義父が所有して居た建物、土地は、次男が管理他全責任を負うと、正しく知らせます」

先ずは今年の固定資産納付書を、次男に送って頂けば良いでしょう、今後ずっと、毎年7万円以上と言う、固定資産税納付を、次男が行うんですけれど、どうでも良い事だから。

次男の自宅、3回目の建物不同沈下中です、酷い泥炭地に家を建てたけれど、支持杭をケチった結果、杭がとっくに腐食して失われたんで,二回20センチ位沈下して、持ち上げたそうですが、又20センチ位沈下して居ます、もう上げるのも無理だそうで、自宅放棄も、では無いでしょうか、吃驚しました、家に入って、後で増築した玄関部分(まだ悔いが残っており、沈下しない)と、元の自宅部分が、恐ろしい食い違いになって居ます、どうでも良いけれどね。

欲に囚われた

  • 2018/06/09 17:09

欲に囚われた人間は、同類と結託します「他の人間は、要らないから、田舎の古い農家の建物も、売れもしない農地なぞ」

住宅と納屋の解体撤去費と、残置物の処理費負担が、尋常では無く重いですからね、誰も要らないんです、元々。

ですが、このまま放置して置くと、何れ相続権者に莫大な撤去処理費が降り掛かって来ます、遺産金員をかっぱらって使い切ろう、之を成功させると、狂った犯罪に走り続けて居る、建物解体撤去費、残置物処理費は消え去る訳です。

そう言う状況の中で次男は「遺産不動産も、残置物も自分が所有するんだ、誰にも渡す物か!いやいや、誰も寄越せ、自分が相続するんだ、等言って居ないから」

良い弁護士?に出会えてよかったですね「見事遺産住宅、納屋、残置物は次男の物です、公文書でこれが証明出来て、こちらはもっと良かったです」

さて、遺産建物、残置物は、次男が相続する、誰にも渡すか、こう答弁して居る書面も、あちこちに配布しましょう「違う形で東北町の義父所有住宅、納屋、残置物の、ある意味処理の責任者が確定しました」

全く何も、まともに物が見えて居ないんです、次男、長女、この連中が頼んだらしい愚か者は「おかげで残された遺産金員と、建物等全て正の遺産と確定しました、もう遺産建物解体撤去処理と、残置物の処理に悩む事は無くなりました」全責任は次男が負うので。

結果的に

  • 2018/06/09 16:59

ダチョウ倶楽部のギャグ「自分が、いや、自分が、いやいや、自分が、じゃあ自分が、、どうぞどうぞ」

このギャグと同じ結果でしたね、東北町の義父の所有農家住宅と納屋、残置物処理問題は。

別に大金が必要なだけの、これら負の遺産は、次男以外要りませんでした、500万円を超える出費が必要な、売れる筈の無い負の遺産ですから。

でも「腐った欲に囚われて居るから”建物の処理と、残置物の処理が先だ、不動産の権利書を引き渡せ、保全するんだ”こう訴えたら、誰が渡すか、壊すか、俺の家と残置物だ」

こう、だろうなと思う通りの答えを出して、悦に入って居る訳です、そうですか「義父の所有建物、土地、残置物は、全部自分が相続する、良いですよ、どうぞどうぞ」

最大の懸案事項が、これで解決しました、後は「相続権者が個別に、自分の取り分の遺産相続遺留分の回収を、之をすれば良いからね」

民事裁判で次男は、公式に「親父の土地建物、残置物品は自分の物だ、絶対に誰にも渡さないからな、自分が家探しして手に入れた遺産だ」

こう答弁してくれました、どうぞどうぞ、これで遺産不動産、残置物は、全部あなたが公式な相続権者だから、之でこれ等遺産の相続権は、確定出来ました。

字は読めても、内容が全く

  • 2018/06/09 12:48

札幌地裁民事裁判の準備書面、読んだ所で理解なぞ、ゼロレベルで無理と承知して居ます。

この作業の肝は「国中に重大な影響を及ぼす、とても重要な事実証拠を、裁判証拠でも残す事が目的です」

遺産を預けて有る金の内から、個別に相続権者が手に入れられる事も、ほぼ誰も知らない筈です、私も知らなかったですから。

この手続き、とても有効ですよね、面倒な相続人同士の、犯し過ぎる戯言に関わらず、一定の相続が受けられますので、各相続権者が、持って居るスキルを発揮出来れば、各々で遺産金員の一定額を、面倒が少ない手続きで手に入れられますから。

出来ればですが「遺産泥棒、横領事件が有り、捜査に入れられれば、とても迅速に、手続きが通りそうです」

色々な裏技が有る物ですね「まあ、預金契約者の身分を偽装して、預けて有る金として、金融機関が預かっている金の中から盗み出す、等よりよほど正しい手続きですから」

幾つかの預金横領、窃盗事件に関して、出来る範囲で手助けをして有れば、何時かこうして役立つ事も有ります、相見互いと言う、あれでしょうか?

batuとやらと、川原でしたか、簡裁裁判官、自滅ですよね、武藤さんの事件証拠を公開で使われてしまって。

証拠説明

  • 2018/06/09 11:20

甲第22号証  東北町から原告宛に届いた、平成30年度    原本
          被相続人所有軽自動車税納付書

甲第23号証  平成30年6月1日付、高松市による、       写し
          放置空き家強制代執行決定記事

甲第24号証  平成27年度、札幌家裁扱い、遺産相続      写し
  の1~4   協議事件関連証拠

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3817727
ユニークアクセス:3238849
今日
ページビュー:1044
ユニークアクセス:706
昨日
ページビュー:5092
ユニークアクセス:3264

Feed