エントリー

2018年07月の記事は以下のとおりです。

司法、警察によるテロが

  • 2018/07/31 16:31

個人が財産を所有する権利は、憲法第29条で守られて居るんです、けれどね。

法曹権力、警察は、憲法第29条、個人が財産を所有する権利規定も、全く知らなんですよ、実際の話です。

ですから「遺産緒調査をしようとすれば、司法、警察が、権力を悪用して、強制的に妨害して、つぶしに走ります」

遺産が何か、調べて証明されれば、遺産横領、遺産窃盗司法、警察強制成立犯罪が崩壊しますからね、遺産を正しく調べて証明して、遺産目録を作り、使う事は、絶対に、警察、司法権力悪用テロに走って潰さなければなりません。

義父の死後、義父の身分を偽り、金融機関の資金横領を働き、次男がこの横領資金の提供を受けて、好き放題金融機関の横領資金を使い捲り、青森県警、北海道警察、横路俊一弁護士、高木勝巳裁判官から、犯罪の公認を得られて、横領資金の私物化を、公式に行えて居るのも、司法、警察テロ犯罪、個人の財産所有の権利破壊テロの恩恵です。

まさか「行政書士が義父の遺産目録を作成して、公式に使う事態が生じる等、予想もしていなかったのです”弁護士、検事、裁判官、警察官は、遺産目録、正しく遺産を調べて、法律規定に沿い、遺産目録に記載出来る金品、不動産を記載した遺産目録が作られて、使われる事態は、全く想像すらして来なかったんですよ”」

遺産は闇の中で、犯罪に手を染めて、犯罪者が好きなように手に入れられて、司法、警察テロ権力が、犯罪を手掛けて遺産を手に入れた、正しい遺産所有の権利を得た者で有る、こう憲法、法律規定を破戒させて、決定して押し通せる金品、こう本気で思い込み、司法、警察テロ決定で、実際通せて来たのですから。

横路俊一弁護士は、この定番司法、警察テロが、義父の件でも通るとだけ、勝手に思い、悪事の限りを尽くし、次男等に尽くさせて来たのです。

警察、法曹権力が

  • 2018/07/31 15:15

個人の財産所有の権利侵害、警察、法曹権力はこれを国中で、警察、司法独裁テロ権力を行使して、日本国憲法、法律規定の破壊を行い、成功させており、どんどん状況悪化させて行っています。

もう日本は、個人が正しく財産を所有出来る国では無くなって居ます、警察、法曹権力が個人の財産所有の権利を、根本から蹂躙し捲って居ますので。

遺産が何か、調査を強権発動で妨害して、遺産を正しく証明させなくしてある日本、この警察、司法権力悪用テロにより、遺産横領、窃盗し放題国家を作り上げて有るのです。

東北町で一人住まいだった義父が死去後、義父の遺した遺産預金、現金、売却、処理物品の調査から行おうとしたら、毎度の如く「遺産独り占め、法を犯して遺産を独り占めに走った相続人が出まして、腐った相続人、犯罪行為者に、例の如く警察、弁護士が組する、之も定番の動きが出た訳です」

で、遺産金品の調査妨害が、やはり起きたのです、警察、弁護士、裁判官テロ権力による、強権発動調査妨害ですよ。

遺産泥棒司法、警察犯罪制度を、やはり強制的に飲ませるべく、青森県警本部、道警本部が、犯人側が委任した、横路俊一弁護士の支配下に、と言う毎度の、で、遺産の正しい調査から、公然と妨害に走られて居ます。

遺品整理請負事業?を国中で展開させて上げている、警察、司法、行政、報道が、遺産調査、証明を、遺産目録作成、使用を潰しに走って居るのです、遺産金品横領、窃盗を成功させる制度が犯罪だと証明されますから」

遺産証明潰しが武器

  • 2018/07/31 09:28

死んだ人が死後、自分で金融機関の窓口手続きを取り、自分の遺産預金を引き出したのだ、司法、警察が事後共犯となり、強制的に成功させて居る、オカルト金融機関横領の手です。

子供でも呆れてしまう、愚か過ぎる言い訳、実際に通させて有る手口です、之で司法、警察なのですよ、カルトです完全に。

遺品整理請負も、遺産調査を妨害して、遺産を正しく証明した書類を作成し、遺産目録金品を、正しく相続させる、之をされれば破綻しますから。

警察、司法、行政、政治、報道が共謀して、遺産の調査妨害、遺産目録作成妨害に、日常的に走って居ます。

闇の請負を、表で請負させて、犯罪を重ねて成功させて有る、国家権力が指揮を執っている巨大組織犯罪です。

遺産調査を行い、遺産目録を作り、目録記載遺品を各相続人が、遺産目録内容に沿い、相続受けする、之が正しい遺産相続でしょう、ですが「司法、警察、行政指揮犯罪請負、遺品整理、犯罪請負を守る為、法の無効化を促進させて居るんです」

遺産調査を徹底して妨害して、遺産を証明させない、これが大前提です、遺品整理等と言う犯罪請負を成功させる、犯罪の根本手口は。

司法、警察、地方政治、地方自治体等が指揮を執り、事後共犯となる事を前提とさせて、遺品整理請負犯罪も、国中で成功させて有るのです。

遺産調査、遺産目録作成、使用、之が根本なのです、遺産犯罪処理請け業者は、絶対に正しく遺産を調べて証明して、遺産目録を作り、使う事を潰さなければ、成功しない犯罪です。

普段から犯罪の支援だけだったから

  • 2018/07/31 09:16

死者の遺産預金を「死者の身分を騙り、金融機関の職員と共謀する等して、横領した、事に強引にする司法、警察犯罪は、義父の同様犯罪の証明、事実立証により、金融機関の資金が横領された事件で、死んだ人の遺産預金が、死後正しく引き出された事件では無いと、正しい事実証明がなされて居ます」

この金融機関資金横領犯罪事件、行政書士が遺産目録を作成して、使った結果「死んだ人の遺産預金は、死んだ時点の預金額が、正しく法により、存在して居る事が証明されて居ます」

つまり、死んだ人の身分を、死後騙った書類を使い、金を横領しても、消失したのは金融機関の資金で有り、死者の遺産預金では無い事が、行政書士作成遺産目録記載事実で、明確に立証されて居るのです。

国中で実際には、この詐欺行為が、司法、警察犯罪により、成功させて来て有ります「死んだ人が死後、自分で金融機関の窓口に来て、引き出し書類を書いて、自分の預金を引き出して行ったのだ、死人の預金は正しく引き出された、こう、司法、警察ぐるみで偽り、強制的に事実とさせて、押し通して来て居ます」

ですが、遺産調査を行い、証拠に沿って行政書士が、遺産目録を作成して、遺産預金額も正しく記載した結果「死人が死後、自身の手で書類を書き、自分の遺産預金を引き出した等、偽り以外無いと、公式立証されて居るんです」

横路俊一弁護士、高木勝巳裁判官、青森県警本部、道警本部が事後共犯となり、死人自身の手で、死んだ後金融機関の窓口手続きを取り、死人の遺産預金を引き出したんだ、この嘘が、見事ばれて居ます.

犯罪者の性質は

  • 2018/07/31 08:55

法を強く犯す行為に手を染めて、その行為が犯罪で、事件化されれば自分は破滅する、ここに気付いた後、同じ犯罪に、もう手を染めようとしない人間と、今表で糾弾して居る、国中で警察、法曹権力が指揮を執り、事後共犯となて成功させて有る、身分を偽った書類手続きで、金融機関の資金を横領する犯罪の当事者のように、摘発されるまで犯罪を止めようとしない、根っからの犯罪者とに分かれます。

根っからの犯罪者性質の人間には、幾ら犯罪に手を染めないように言っても、無駄です、摘発されない限り、犯罪を重ねますから。

こう言う手合いは「自分が手を染めた犯罪に付いて、自分の犯罪行為責任には、絶対に考えを及ぼさせません、犯罪に手を染める正しい理由だけを、捕まるまで言い募るんです」

犯罪行為事実により、摘発されたなら「XXの正で摘発されてしまった、自分が捕まったのはXXのせいだ、こう逆恨みするんです」

警察官、弁護士、検事、裁判官連中は、この思考、行為が基本です「全て他者が責任を負う、自分が法を犯そうと、法を犯している人間と共犯となって居ようと、全て他者の責任で、自分には、法を犯した行為責任は無い、こう常に事実を捻じ曲げて責任転嫁だけを重ねるんです」

職業犯罪者ですよ、こう言う手合いは、何の職業に従事して居るかと、犯罪者性質の人間である事とは、全く別の問題なのです。

金融機関の資金横領犯罪、弁護士、裁判官、警察組織が事後共犯の、巨大国家権力犯罪事件も、実行犯、事後共犯全て、職業犯罪者性質と、では無いかと。

横領金返還が

  • 2018/07/31 08:00

狂った弁護士、裁判官、警察テロにより、義父の身分を偽り、二金融機関のお金を、金融機関の職員と共謀して横領させ、提供を受けて、使い捲っている事件は、行政書士に遺産目録を作って貰い、遺産預金は被相続人が死去時の金額、正しく存在して居る事を、国家資格者に証明もさせた事も加えて、司法、警察テロと、はっきり立証されて居ます。

あまりにも愚か過ぎます、之が弁護士、検事、裁判官、警察官の実態なのです、オウム以下の狂ったカルトです。

遺産を正しく調べて証明させない、遺産目録作りを強制的に潰す、之を司法、警察は、日常的に行って居て「遺産を特定、確定されないように共謀して、常に通して居ます」

この司法、警察テロが有り、遺産は横領、窃盗し放題出来ており、遺品整理なる、遺産金品闇受け商売が、国中で公然と行えて居るんです。

司法、警察、行政が、ここまでのテロ行為を日常化させて居るから、遺産は横領、窃盗で手に入れれば勝つし、遺品整理と言う、絵に描いた犯罪請負も、国中で司法、警察、行政、政治、報道が共犯となり、成功して居るんです。

憲法、法律の根幹の破壊が、これ等権力犯罪を成功させて居る武器です、完全な権力テロです。

やくざがまだマシに思えます、こいつら国家権力の狂気振り、狂気の権力犯罪事実は、オウムの比では無いです。 

犯罪弁護士、警察組織

  • 2018/07/31 06:17

@JA十和田おいらせ、青森銀行”横路俊一弁護士、青森県警、道警が事後共犯となり、二金融機関の資金横領、横領金所持、使い込みを直接認めて通して居る、権力が今では主犯の事件、横領された資金、所持、使用者に”国の許可を文書で得て”差上げるのですか、公的な資金ですが?他の相続人に、今までと同様、この金を付け回しは出来ないですよ

                                平成30年7月31日

※山本隼行政書士による、小林武四郎、オナヨ分の相続人相関図作成、遺産調査結果分の遺産目録作成、使用事実と、横路俊一弁護士による、これ証明書は不要、他双方代理人活動、どちらが合憲、合法か、下記大臣は公式回答を出す事、当然です、横領金所持、使用公認事実にもです

上川陽子法務大臣、大臣官房秘書課、民事、刑事局
TEL03-3581-4111(2056大臣官房秘書課)
FAX03-3592-7393 
野田聖子総務大臣、大臣官房秘書課
TEL03-5253-5111
FAX03-5253-5511

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

青森銀行本店、事務統括部工藤正博担当
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153
東北財務局、青森財務事務所坪田担当
TEL017-722-1461 金融機関資金横領、横領金所持、使用を
FAX017-777-3177 弁護士、警察が公認、個別民事事案?
JA十和田おいらせ上北支店、田村支店長
TEL0176-56-3161
FAX0176-56-5454
青森県庁農政部、農業団体支援グループ尾崎統括主幹
TEL017-734-9459 苫前町農協事件と手口は同じ、偽造証拠
FAX017-734-8138 もこちらは有り、資金流出先も判明
和田昭夫道警本部長、知能犯、盗犯課長
TEL,FAX011-251-0110 横路弁護士と横領事件事後共犯
青森県警本部長、知能犯、盗犯課長
TEL,FAX017-723-4211 横領隠し、防犯ビデオ消滅にも加担
道央法律事務所、小林陸男、山崎ゆき子双方代理
横路俊一弁護士
TEL011-221-1466
FAX011-251-7876 

1、義父、義母の死去に伴い「司法、警察が指揮、実行犯となって成功させて来て居る、遺産調査潰し、遺産目録作成潰し司法、警察犯罪が起き、被相続人死去後、死者の身分を偽装して、金融機関資金横領、横領金は”被相続人が死去後、自身で窓口に来て、自分の口座預金を引き出した、死者の預金は、正しく死者の手続きを経て消失した”とのオカルト司法、警察事後共犯犯罪も、愚かな親族らにより、起きて居ます」

2、JA十和田おいらせ、青森銀行「合わせて230万円余りの金融機関資金横領金、金融機関実行犯職員と、この横領金を所持し、横路俊一弁護士、青森、北海道警察の加担支援を受け、所持公認、自由使用公認とされて居る、小林陸男、家族に対して、この横領金、公的なお金を差上げるのでしょうか?明白過ぎる犯罪入手資金ですが?政府、監督機関から文書回答が出なければ、この明白な金融機関資金横領金が、小林陸男らの所有とは出来ませんよ」

3、この金融機関資金横領金は「青森県警、北海道警察、横路俊一弁護士、札幌地裁、高木勝巳裁判官の、公式な横領金所持、使用公認を受け、通って居る事件です、そこに山本隼行政書士作成、遺産目録が出た為、更に正しく金融機関資金横領が立証されたが、横路弁護士、二警察、高木裁判官は、事後共犯責任を逃れる為、行政書士作成遺産目録を無効扱いすべく暴走中、憲法、法律規定破壊に暴走と言う、前代未聞の状況に陥っている事件です」これ以上愚かな次男、長女を煽り立てて、犯罪を公認し続けて、事態を悪化させないで頂きたい物です。

4、当社は4男、次女と協議しており「この二金融機関資金横領金、次男等に所持、自由使用を弁護士、警察、裁判官が法を犯して認めて居る犯罪利得を、二金融機関が、今は回収せず居ても、刑事時効7年、民事時効は実質無し故、横領金返金すべき、二金融機関が法に沿い、次男等相手に、横領金の回収に動いたなら、既に弁護士、裁判官、警察の公認を受け、この横領金の多くを好きに使い込み中(100万円以上使い込んで居るよう)の次男等故、立て替える等の穴埋めをどうすべきか協議して居ます」

5、この状況ですから、4男、次女には一切責任は無く、警察、横路弁護士、高木裁判官、つまり国が、横領資金補填も含めて全責任を負うべきですが「直接の親族多数への影響が、ここまでの権力犯罪、国中で司法、警察が事後共犯となり、起きて居る犯罪の公開実例です、直接の親族への影響が甚大に及んで来ます、横領金の回収問題を先ずどうするか、之が直近の懸案でしょう、二金融機関、監督機関、こうした権力犯罪、巨大疑獄犯罪事件は4男、次女には扱えません、出来る範囲当社が対応致します」

6、こうした事件の場合も”横領証拠帳簿、死人が死後、預金引き出し偽り、横領犯罪証拠等を、法曹権力、警察は、一切証拠で使わず、事件事実を捻じ曲げ、通して来た、そもそも横領の構成等何も知らないから、この事実は”金融機関の帳簿記載、遺産目録を出されれば、破綻する事も、二金融機関、財務省は承知でしたよね。

金融機関が横領金の回収を

  • 2018/07/30 16:22

JA十和田おいらせと、青森銀行は、業務上横領で失われたお金を、本当はもっと早くに回収にも動くべきだったのです。

苫前町農協事件では「本当は違うけれど”顧客の身分を偽り(証拠は隠滅済み、農協側で事前に)顧客の預金12口を横領した、之に気付いた農協が(いや、この横領犯、農協側の上でしょう、初めから山下部長も、それを認めて居たように)12件の預金を元に戻しました”証券を偽造して、5~10年ジャンプした、花井元組合長証言、ですけれどね」

こう言う建前により「被害者は苫前町農協となった、よって苫前町農協が”業務上横領の被害者として刑事告訴を提起する”こう報道されて居ます」

義父の事件では「そもそも義父が死去後に、義父の身分を詐称した書類を作り、お金を横領しました”義父の遺産預金が引き出された、訳が無いのです、義父の遺産預金は義父が死去の時点で、基本凍結されて居ますから”」

ですから「次男が交付を受けたと、擬制自白して居る、合わせて230万円余りの、二金融機関横領金は、二金融機関が業務上横領の被害者ですから、正しく横領被害の回復手続きに、もっとずっと前に動く責任を負って居ました」

当然ですが、この明白な金融機関資金業務上横領犯罪を、弁護士権力を悪用して、警察権力を悪用して、裁判官権限を悪用して野放しとし続けて、横領金を自由に使用させて居る事は、言語道断を超え過ぎて居るのです。

まあ、政府、国が「この金融機関資金横領分を、正しくくれると公文書を出して、認めてくれるなら構わないですけれどね、今後同じ業務上横領は、し放題となるし、弁護士、警察、裁判官が直接加担した、とても良い実例証拠が出来て居る訳だし」

次男、良くやった、国が業務上横領金を正しく呉れるなら、だけどな、義理でも身内だ、子は直接親族だ、本当にとんでもない事を続けてくれているな、頭が本当にイタイ・・・~(>_<。)ゝ、今後の処理を考えると。

横領金はずいぶん変って

  • 2018/07/30 15:57

JA十和田おいらせ上北支店職員から200万円、横領後横領金を交付受けして居るそうです。

青森銀行上北支店職員からは、横領後30万円余りの金の交付を受けて居る、との事です「横路俊一弁護士共々認めて居る事です、青森県警も、北海道警察も、之を認めて居て、自由に使わせてもいます」

札幌地裁高木勝巳裁判官は、法を犯して得た金の保全を認めず、自由に使い放題させて居ます。

まあ、もうこの230万円余りの、業務上横領で抜いたお金は、使い放題が弁護士、裁判官、警察により、公認までされて居ますから、随分減ってしまって居るようです。

次男、義父の死去後だけでも、横領金30万円と、家から盗んだ10万円と、香典の余り金、何ま年か知らないけれど、等を使い込んで居るよね?

で、義母が死去して、同じ横領手口で青森銀行上北支店職員に横領をさせる気だたけれど「私が事前に、再犯を食い止める手を講じて有りました”元々死人の身分を偽った書類を使い、金融機関のお金を横領して、死人の預金が正しく引き出されたと等、この犯罪を知られて糾弾されれば、金融機関は偽った処理は出来なかったんです」

偽造書類手続きで金融機関のお金を、職員が抜けば、業務上横領犯罪、被害を受けたのは金融機関の資金、こう言う事です。

業務上横領で抜いたお金です所持して居られて、自由に使い放題させて居て、司法、警察、監督各機関、この横領金、使い込んで居る犯人は、返すお金は無いぞ、二金融機関が回収に掛かったなら、どう責任を取る気だ。

そうなれば横路弁護士、札幌地裁、青森県警、道警、横領被害金融機関を脅して、横領被害金の回収を潰すのか、他の同様犯罪も、同じ扱いに変えろよ。

犯罪利得

  • 2018/07/30 15:39

死んだ人の身分を偽った書類を作成して、金融機関職員と組み、お金を横領する行為は、犯罪そのものの行為です、死んだ人は法律行為がもう行えません。

そうやって横領金を手に入れて、好き勝手に使い捲って居る事を、横路俊一弁護士が直接共謀して、犯罪の正当化に走って居る、札幌の裁判所、高木勝巳裁判官等も、この横領行為から、良しとさせて、通して居る。

青森県警と北海道警察も、虚偽私文書作成、行使の手を使い、金融機関のお金を横領して、金融機関の職員が横領して、後に横領金の提供を受けた、らしい「擬制自白が出ている犯罪を、公式に認めて通して居ます、それを受けて横領金を得たらしい次男側は、横領金を敷き放題で使って居ます」

この実例証拠により、今後同様の金融機関の資金横領を、広く行える日本に成り果てるでしょう、横路俊一弁護士、二警察本部は、金融機関の資金横領、横領金自由使用を公認して、国中同じ制度で通しに走って居る、犯罪の公認実現のパイオニアです。

230万円、結構な額ですよね、法に背いてこの横領金、本当に次男にくれてやるんでしょうか?金融機関が資金横領被害を、ここまで公式に握り潰して、犯人側に提供して、逃がしてくれるんでしょうか?

帳簿の処理がどうなって居るか、処理棚上げで有れば、どう処理するの、之に掛かって居ます「金融機関の資金は、顧客等からの預かり金で有り、勝手に横領させて、横領金を犯人側にくれてやって終わり、とは扱えないのです」

ページ移動

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3278873
ユニークアクセス:2819464
今日
ページビュー:1608
ユニークアクセス:1285
昨日
ページビュー:2938
ユニークアクセス:2217

Feed