エントリー

2018年07月11日の記事は以下のとおりです。

司法、警察犯罪過去の実例証拠が

  • 2018/07/11 15:20

司法、警察犯罪実例証拠、過去の分が一気に火を噴きました、死人が預けたお金は、死人を偽った書類の作成、使用でかっぱらえて通って居ます、司法、警察が指揮犯、共犯だから。

犯罪は割に合います、何しろ司法、警察が実行犯ですから、司法犯罪の実行犯の一角ですからね。

犯罪をしのぎとさせて、通せている、司法、警察が頭です、犯罪は公然と行えて、通る訳です。

遺産泥棒司法、警察が指揮、共犯、公認している犯罪も、同じ手口の犯罪行為が繰り返されています、義父の遺産泥棒事件でも、とちぎの石川絹江さん遺産泥棒と同様の犯罪が、やはり行われて、同じく弁護士、裁判官、警察がぐるになり、犯罪を認め、犯罪がばれたら免責に走って居ます。

相続人の証明は不要だ、被相続人が死去の時点で、遺産は凍結されて、遺産を調べて目録に記載して、遺産を保全して、正しく遺産相続手続きを終える事も不要だ、遺産は、かっぱらえば泥棒が所有権を得るんだ、盗まれた遺産は、遺産から除かれるんだ、弁護士、裁判官、警察が常時言い張り、通している事実です。

栃木の事件でこれが強引に通されて、義父の事件でも再現されています「東京高裁でもとちぎん、ゆうちょ銀行、あいおいニッセイ同和損保が、弁護士を立ててこれを証明し、主張して居ます、日常の司法、警察犯罪故です」

で、これを強引に通して来て居ますけれど、犯罪を強引に通しただけだから、次の同様司法、警察犯罪が勃発して、事前に予想済みだから、対抗策を取られて、使われれば、こうして司法、警察犯罪は、崩壊するんですよね。

其の場だけ逃げられたように繕えれば良い、その程度だから、こうやって根本から崩壊するんです、遺産相続争いは、こうして永遠に続く結果を生みます。

犯罪司法、警察

  • 2018/07/11 13:24

@栃木県那須塩原市東栄在住、石川絹江さん死去後起きた、絹江さん遺産預金、保険積立金を、長男妻が絹江さんの氏名、押印を偽造し、有金を引き出した事件は、犯罪共犯がゆうちょ銀行大田原野崎郵便局、黒磯郵便局、とちぎん大田原支店、あいおいニッセイ同和損保宇都宮、JA那須高久支店となって居ました、JA那須高久支店分は、隠されていたが、訴訟終え後で、後日遺留分が渡されています、青銀、ゆうちょ、JA,父、母の遺産預金私の遺留分を、下記事例も踏襲し、渡すよう求めます

                                平成30年7月11日

                          小林武四郎、オナヨ次女

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                     山本あつ子
                            TEL011-784-4060
                            FAX011-784-5504

                  代理連絡者、証拠所持者山本あつ子夫

                                      山本弘明
                            携帯

青森県警本部盗犯、知能犯係課長
TEL,FAX017-723-4211
和田昭夫道警本部長、東署署長、知能犯、盗犯課長
TEL,FAX011-251-0110
東北財務局、青森財務事務所理財課加賀谷担当
TEL017-722-1461
FAX011-777-3177
青森県庁農政部、農業団体指導グループ、尾崎統括主幹
TEL017-734-9459
FAX017-734-8138
青森銀行本店、事務統括部工藤正博担当
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153
青森中央郵便局石岡窓口サービス、宮城本部窓口
TEL017-775-1625
FAX017-777-4259
JA十和田おいらせ上北支店、小笠原課長
TEL0176-56-3161
FAX0176-56-5454

※下記事件経緯は、小林武四郎、オナヨ遺産相続と同じで、警察、弁護士、裁判官緒主張は、遺産金品窃盗、横領すれば、犯人が所有権を得て勝つ、相続人証明、遺産目録を被相続人死去時存在遺産で作成、遺産保全し、正しく相続する法に沿った手続きは無効、之を押し通した結果、永遠に相続争いは終わらなくなっています

1、本日伝えた、栃木県那須塩原市東栄在住、石川絹江さん死去後起きた、絹江さん長男嫁、石川孝子による、絹江さん死後、絹江さんの身分を偽り、絹江さんの遺産預金、預入金を、預け先職員が横領後、提供受けした事件の民事裁判は、東京高裁平成24年(ネ)第199号、控訴人絹江さん次男、被控訴人長男、とちぎん(弁護士渋川孝夫)ゆうちょ銀行(弁護士篠連他7名)あいおいニッセイ同和損保(弁護士坂東司朗他2名)と、別紙の通りなって居ました。

2、この控訴事件裁判では、窃盗犯長男、記載3事業者、弁護士、裁判官は「相続人証明不要、遺産目録不要、盗んで闇に消した遺産金品は相続財産から除外、之を強制的に通しました」

3、高裁事件での3事業者の主張は「長男嫁と長男が、絹江さんを偽った書類を作成、行使して金を得た、絹江さんでは無く石川孝子と3事業者は知った上で、この偽造書類で絹江さん遺産預金、預かり金を孝子、長男に提供した、長男には、絹江が死去したと申告を受けた上で、絹江の身分を偽造させ、絹江の預金を引き渡した、この手続きは法と事業者内規に沿った手続きで有り、適法な引き出し、解約手続きで違法は無い、3事業者は、拠って遺産預金、預かり金消失被害に関して、消失責任者として当時者では無い、ゆうちょ大田原野崎主張所担当は村松和枝、黒磯郵便局担当は小島宣夫である」と始めはなっていました。

4、ですが途中から3事業者弁護士は、孝子の窃盗金から次男遺留分を、3事業所弁護士が回収して次男に渡す、それで法定外で和解願う、こう裁判官を通じ、申し入れして居ました。

5、又「遺産目録作成も不要、消失した遺産現金、有価物は遺産から除外となった、こう複数の裁判で宇都宮地裁、大田原支部、東京高裁裁判官数名、弁護士、栃木県警が決めたのですが”長男がこの裁判終了後、JA那須高久支店からも、孝子が絹江を偽った書類を作成して、当然JA那須高久も知った上での偽造手続きで、絹江遺産預金を抜いて有った、遺留分を別個で払う”と申し出があり、受け取って居ます」裁判判決は無効の証拠の一つです。

6、絹江さん事件複数裁判で、弁護士、裁判官は「遺産を洗い出す必要無し、存在が発覚した分のみ争える、但し、盗み、使えば遺産から除外、これで相続手続きである、こう弁護士、裁判官、警察が強引に通した結果、今も遺産相続争いは、続いており、永遠に終わりません」小林武四郎、オナヨの遺産相続手続きも同じで、次男、長女死後は、相続権者の伴侶、子等に引き継がれます。

緊急提言

  • 2018/07/11 10:06

内閣府に電話しました、被災地での病人、高齢者、子供と物資輸送方法の提言です。

;首相と国交大臣、海上保安庁が連携して、遊んでいる多数の漁船をチャーターして、病人、高齢者、子供と物資を輸送するべきだ、超法規的措置で早急にこれをするべきだろう。

;それには首相、国交大臣、海上保安庁が連携して、之を認めて動かせなければならない、陸の孤島化した多数の地域との間で、人と物資を運ぶには漁船の活用が一番だ、早急にこれを果たすべきだろう。

こう提言しました、一刻も早く実現させたい事です、映像を見て居て、漁船が多数遊んでいたので、あの漁船を使えれば、人と物資を大量に運べると思っていたので。

宴会している場合か

  • 2018/07/11 09:45

阿部首相以下馬鹿政治家多数が「国家の非常事態にも拘らず、宴会して騒いで、ネットにも載せている、本当にもう、この国の国家権力はどうしようも無くなり過ぎて居ます」

大雨による山津波被害多発の結果、各地で交通網が寸断されており、海と空からしか行き来出来なくなっています。

航空機は、オスプレイとヘリコプター以外ほぼ使えません、陸路はブルドーザーでも通行不可能です。

行き来出来るのは船です、漁船を活用するべきでしょう、首相、国交大臣が現地に出向き、特例で漁船を国費でチャーターして、人と物資を輸送するべきです。

漁も出来ないのですし、山のようにある漁船を有効活用すれば良いのです、首相、国交大臣が法の特例で、指揮を執って漁船を活用するべきなのです。

3,11と違い、今回は山津波被害と、河川の氾濫被害です、漁船は無事なのですからね、一刻も早く陸の孤島化した多数の地域に漁船も派遣して、人と物資を運ばせるべきです。

腐った政治家よ、少しでも国民の役に立て、国家権力を持って居るんだ、法を超えた救済策を取れよ。

司法犯罪シリーズ

  • 2018/07/11 08:09

他人様のトラブル、権力犯罪被害に手を貸して、色々裏を暴き出し、少しでも多く被害回復を出来るようにもして置くと、何れ次の同様事件発生で、役立ちます。

司法、警察犯罪は、宗教領域にまで発展して居る、良く理解出来ますでしょう。

死人は生きている、死後生きている人に憑依して、死人として「金融機関窓口で、自分が預けて有る預金を引き出す手続き書類を作成したら、窓口の職員は、霊が見えるので”死んでからxxさんが窓口に来て、自分が預けて有る預金を引き出す手続きを取り、預金を引き出して帰った”ここまで目視で確認出来るし、防犯ビデオにも映って居る訳です、死人が憑依した別人の映像も、きちんと有るんです」

栃木県那須塩原市東栄在住、石川絹江さん死去後に起きた「長男嫁に絹江さが憑依して、絹江さん自身の手?で自分の預けて有った預金を引き出し、持ち帰った事件が、今とても良い、確たる実例証拠となり、義父の遺産同様手口泥棒事件で、約だっています」

死後は、生きている人に憑依して?自分の遺産預金を、窓口手続きを取り、自由に引き出せます、、。

実例証拠が揃て居ます、合憲、合法な手続き、なのでしょう「なので、私は昨日、義父を憑依させて、義父として義父預け入れ預金引き出し手続きを取った訳です」

今後幾らでも「義父を憑依させて、義父自身の手で法律手続きを行える訳ですよ」

栃木の裁判所、栃木県警、東京高裁、最高裁が認めて有る、正しい手続きです。

国家犯罪の

  • 2018/07/11 06:53

@遺品金品、故人が所有する不要品を、法を根本から犯し、犯罪を重ねて闇で処理する請負事業は、行っている犯罪全て適法、犯罪事実証拠が揃って居るが、犯罪行為は免責で正しい、判決でこう決めさせましょう

                               平成30年7月11日

〒100-8914 東京都千代田区永田町
内閣府、安倍総理御中
TEL03-5253-2111

                         やらせ訴訟原告予定社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

河戸光彦会計検査院院長
TEL03-3581-3251
FAX03-3593-2530
中川雅治環境大臣
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264 産廃課、家電リサイクル法岸企画法令
FAX03-3593-8263 適正処理推進課、川上企画法令
秋元札幌市長、市議会、区長、市長秘書課他何時もの相手配布
FAX011-218-5166
FAX011-218-5124 共産党市議団、他会派とも協議願う
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠札幌地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
FAX011-271-1535 STV執行役員、どさんこワイド長坂デスク
FAX011-803-6446 ルーツ・オブ・ジャパン湊社長

1、遺品金品、故人が所有する不要品を、法を根本から犯し、一括闇処理して、犯罪を多数行わせ、行えて通って居る犯罪事業は「遺産金品は、相続権の無い者が所有者と先ず偽れて、次に法を犯して遺品物品を受け取り、処理する物が所有者と、司法、行政、警察ぐるみで偽らせ、偽れて通る手口です」

2、故人が所有する不要品一括闇処理請負では「古物売買品、廃棄処理品共に”引き取り業者が所有者だと偽らせ、成功させて有ります”」

3、ですから「自己所有物品を、自身が古物売却した、事業廃棄物で廃棄処理した、之で常に通せており”一廃事業許可も、産廃事業許可も不要、古物商事業許可も不要なのです”当然、引っ越し業者用環境省特例、引っ越し客排出一廃のみ引き取り、一廃業者引き渡し特例も適用されません”証明書、帳簿記載、法人税申告全て、偽造が認められて居るから成功して居ます」

4、各機関は、この偽造公認特例事実を証明して下さい、STV,ルーツ・オブ・ジャパン湊社長は、先日の犯罪実例放送証拠と、札幌市保護課発注同様犯罪請負の実際の偽造扱い証拠を、公式証拠で出して下さい。

5、之を通す事でもう「廃掃法違反、古物商法違反、法人税法違反、国税徴収法違反等は成立不可能と、公式に出来ます”次は、札幌市、市議会、墓石業者信教の自由蹂躙、墓石道路埋設公共事業追及です”墓石から仏教の僧侶が、あらゆる宗教の墓石から、入って居ないが魂を抜いたので、普通の産廃自然石となった”この主張を行ってください」

犯罪証拠隠匿

  • 2018/07/11 06:04

@法を添え、文書で回答を求める、札幌の裁判所、裁判官、弁護士、青森の警察は”遺産は被相続人死去後、自由に横領、窃盗し、使い放題して正しい、遺産凍結から不要、相続人証明、遺産目録作成不要、之を公式に打ち出し、実行させて通して居ますので

                               平成30年7月11日

                          文書で回答を求める者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                 小林武四郎、小林オナヨ次女 山本あつ子
                            TEL011-784-4060
                            FAX011-784-5504

                              代理連絡者

                           山本あつ子夫 山本弘明
                            携帯

青森警察本部長、盗犯、知能犯
TEL,FAX017-723-4211 
和田昭夫道警本部長、東警察署長、知能犯、盗犯課長
TEL,FAX011-251-0110
青森銀行本店、事務統括部工藤正博担当
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153
JA十和田おいらせ上北支店、小笠原課長
TEL0176-56-3161
FAX0176-56-5454
ゆうちょ銀行宮城本部、窓口青森中央郵便局石岡担当
TEL017-775-1625
FAX017-777-4259

※青森銀行、JA,ゆうちょ銀行用の、昨日付け小林武四郎預金引き出し手続きは、3金融機関実例証拠に沿った、合憲、合法の筈の手続きです、3金融機関に異は無いですよね

1、青森銀行、JA十和田おいらせ上北支店、平成29年11月7日死去小林武四郎預け入れ預金が、武四郎死後の11月9,15日に本人が窓口で手続きし、預金引き出しした、二金融機関の現在扱いは、本人が死後自身の預金を引き出した合法な手続き、一切犯罪事実、証拠無し扱いで通して居ますが、預金契約者が死去し、戸籍から抹消された後も”預金が残っているなら、何時までも死人の契約者が自身の手で、自身の預け入れ預金を”自分が乗り移った他者の手で?”引き出せるのですよね、法律規定、判例?で合憲、合法なのでしょうから、この、死後自身の手(乗り移った者が代筆?)で自身の預金引き出しは合憲、合法との根拠を、文書で証明願います。 

2、平成22年、那須塩原市在住石川絹江さんと言う方が死去後、絹江さん長男妻、石川孝子氏が、やはり”絹江さんを乗り移らせ”ゆうちょ銀行、とちぎ銀行、あいおいニッセイ同和損保に出向き、二金融機関、損保も”石川孝子さんに絹江さんが乗り移っており、本人による預金、保険金引き出しと認め、お金を渡して、後に違法手続きと次男から追及され、とちぎん次長は「確かに絹江さん(が乗り移ったので、絹江さんに見えるらしい)が窓口で、自身の手で書類を書き、金を引き出した、防犯ビデオにもはっきり絹江さん(が乗り移った孝子氏)が写って居る、死後自身が手続きを採っており、ビデオ証拠も有り、合法である、警察、次男にもビデオを提供する」こう主張し、ゆうちょ、あいおいニッセイ同和、栃木県警、宇都宮地裁大田原支部、東京高裁も、この3機関の主張は正しい、違法手続きと主張する次男が悪と、ビデオは提供させずに公式に扱いました、でも、間違った遺留分割合金は渡させました?」JA,青森銀行には提供済みの証拠です、ゆうちょ銀行も含め、証拠、訴訟資料を渡しますよ。

※東京高裁で裁判官が、3事業者弁護士の提案で出した和解案が「絹江さんが乗り移った石川孝子から、絹江さん預り金引き出し額の内、次男の遺留分(相続人証明、遺産目録無し、多くの遺産金品が闇に消されていたし)を3機関弁護士の手で回収し、次男に渡すので、之を果たす条件で和解願う、でした”」3金融機関、合法手続き実施も有るが、法が通らないですし、速やかに山本あつ子、小林清志遺留分預金預かり金支払い願います。

3、ゆうちょ銀行、預金契約者が乗り移ったとすれば、とちぎの実例も有り、正しく”憑依された者の手で、被相続人遺産預金は引き出せる”確固たる実例証拠も有る通りです、恐らく多数の他判例も有る訳ですよ。

4、武四郎に続き、オナヨも死去して、子4人が法定相続人と、法律的には確定して居ますが「小林武四郎遺産預金、現金は、次男と妻、二金融機関職員により、横領、窃盗されて、使われ放題され、通って居ます」

5、青森県警、札幌の裁判所、裁判官、次男と長女委任横路俊一弁護士が、これ等を認める理由は”小林武四郎、オナヨの遺産相続割合に争いは無いが”遺産は「相続人が誰か、正しく証明した戸籍、住民票、浮標、相続人相関図、被相続人死去時点の遺産確定、目録は不要、遺産預金、現金等は、被相続人が死去後、自由に横領、窃盗し、使い放題で良いので、遺産金品証明は不要、法を犯して得た遺産は犯人が所有権を得る、盗み、ばれた分は、返すかも知れないと言えば良いだけ」こう主張し、通して居ます、法の規定、判例がある筈の、事実による答えです。

6、青森県警、横路俊一弁護士、札幌簡裁、地裁裁判官(遺産を横領、窃盗した事実により、保全目的返還請求のみの訴え、相続割合争いは誰にも無いので)は、遺産金品の証明、保全は不要、偽造手続きで横領する、盗む行為は犯罪にあらず、ばれない分は隠せば良い、犯罪で手にした遺産金員は、自由に使い放題で終わりで良い、相続遺産から除外されて行く、法を犯して手にした遺産で、原告が証明出来た分を、保全目的で返せ、との訴え自体違法、一旦法を犯して手にした遺産は、返す必要無し、保全不要との法の規定、最高裁判例がある?こう主張し、通されています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3603682
ユニークアクセス:3078720
今日
ページビュー:2245
ユニークアクセス:2203
昨日
ページビュー:6928
ユニークアクセス:2058

Feed