エントリー

2018年09月の記事は以下のとおりです。

地方分権が招いて来て居る

  • 2018/09/30 13:45

国は地方自治体に,国が所管するべき法律、法律で許可を出す事業を丸投げして来て居ます。

その結果、都道府県庁、市町村は、中世の地域限定独裁権力化して居ます、憲法、法律の規定や、正しい常識を破戒させて、狂った地域限定の独裁絶対権力に君臨して、テロを重ねて、重ねさせています。

遺品整理、相続されて居ない遺産金品を、闇に横流しして、闇処理させる請負の公認も、地方分権が招いている、地方自治体犯罪です。

廃棄物収集運搬事業、廃棄物処理請け事業が犯罪そのもので行われ、成り立って通って居るのも、地方分権が招いている、権力ぐるみ犯罪事業化です。

認知症が進行して、当事者能力がほぼ失われている高齢者受け入れ入所施設が、一部の親族と共謀して、入所者が自身で自身の預金を、窓口手続きで引き出した、と偽り、身包み剥いでいる、入所施設、預金先金融機関、一部親族、警察、弁護士、検事、裁判官犯罪も、地方分権が招いた犯罪です。

地方分権を言い募り、国が所管し、許可取り消し権も合わせ、地方自治体に丸投げして来ている事で、国の機関は怖くない、地方自治体が最上位、恐怖支配独裁権力だ、之を公然と言い募り、実行出来てしまったから、認知症高齢者の入所施設と、一部親族が共謀して、入所者の身包みを剥ぐ悪事に走り、ばれても責任も取らず済んでいる今の現実が、次々同様の権力犯罪が起き続けて居るのですよ。

施設に入所させて、施設側と共謀囲い込み

  • 2018/09/30 13:32

義母の身分を偽り、青森銀行ぐるみで資金横領に走った、あの犯罪行為の裏の多くが、今日のニュースで一定理解出来ました。

認知症が悪化した高齢者の入所施設は、一部の親族と共謀しており、他の親族を排除して、入所者の身ぐるみを剥ぐ事までしても居る、そうだったのですね。

金融機関も共犯です、青森銀行、スルガ銀行から聞いて有った「認知が進んで当事者能力、資格が無くなっている高齢者が、自分の意思で自分の預金を、窓口手続きで書類を書き、引き出した、ようにさせて居る、金融機関の職員も”認知が進行しており、当事者能力が失われた入所者が、自身の意思で書類を代筆させ、自分の預金を引き出した、之も日本中の施設、金融機関で行われて居ます」

この話は、こう言う事でも有ったんですね「一部の親族を、良い親族と偽って決めて、それ以外の親族は、親不孝な悪人とでっち上げて、施設に来て、入所者と面会する事を潰す」

こう言う構図とさせて、良い親族と施設が共謀して、入所者の身包みを剥いでも居るんですね。

義母の事件は、こう言う闇のからくりが作られて、国中でこの手の犯罪が重ねられて居る事の踏襲、だった訳ですね。

小林陸男、山崎ゆき子と家族が、母思いの良い親族で、4男と次女、家族は親不孝な悪い親族と、この連中と施設ででっち上げて有り、良い親族が母の預金を根こそぎかっぱらって手にする、こう言う企みが出来ていたんでしょう、日本中同様の犯罪が、高齢者の入所施設で起きて居るんですね。

他者の権利に属するする金品

  • 2018/09/30 13:20

遺品整理を謳う?請負は、相続がなされて居ないのに、遺産金を詐取した親族等が、遺産物品を処分させる、犯罪が複数手掛けられる悪事です。

犯罪請負です、ですから当然、透明化は不可能なのですよ、透明化すれば犯罪を行わせた、行った事がばれるんで。

裁判所による不動産明け渡し強制思考は、まだ透明化が果たせるけれど、遺品整理等、透明化は出来ません、犯罪なので。

廃棄物処理請負事業は多くの場合、法を幾つも犯して商売と出来て居ます、処理は法を犯して行われ、成立させられて居ますから。

遺品整理業者や便利屋、運送屋、リサイクル業者、古物商の連中は、他者が所有する物品を、証拠偽造、事実証拠隠滅等犯罪を重ね、闇処理して居ます、共犯が産廃、一廃業者、処理場です。

一部政治も、このからくりをだいぶん理解して来ました、表で透明化させて、行う事が不可能な犯罪行為、請負だと、随分理解出来て居ます。

産廃収集運搬業者達の犯罪事業事実、違法改造トラッククレーン、車両を使い、車検証、クレーン自主検査済み証を偽造して、違法労働、過積載運搬を常時行い、事業を成り立たせて有る、都道府県庁、政令指定都市の環境部署が、この一連の犯罪を、証拠を揃えさせて受けており、知悉した上で、合法事業と偽り、事業許可を与えて居る、之もおおよそ把握して居ます。

遺品整理請負等犯罪請負業者は、産廃犯罪収集運搬業者との犯罪廃棄処理の共謀にも走っており、今後共倒れも見えて来るかも知れません、法を犯している、共犯者同士ですから。

権力犯罪実例証拠を多数

  • 2018/09/30 09:19

権力犯罪の実例証拠を、こちらは山のように揃えて有ります、次々増え続けて居ます、司法、警察、行政、地方政治、報道等がグルになり、闇で大々的に手を汚し捲って、闇利得を得られて、通して居る、国家権力が犯罪者側だから、法を正しく適用する筈が無い、そう言う事です。

犯罪を事業だと、嘘でしか無い虚言を公然と吐き、権力が犯罪者の用心棒故、ここまでの権力テロ、犯罪が通って居るのですから。

犯罪行為だが、司法、警察、報道が犯罪を免責とした、犯罪を事業と認めたから、犯罪を好き放題しろ!これを嘯き、通して居ます。

犯罪を事業と偽り、犯罪に手を染めて、犯罪利得を得られて居る、正しく税務申告、納税は出来ないが、国税庁、地方税部署も犯罪者側だから、犯罪利得隠匿、脱税もし放題出来て居ます。

ここまでの規模で、こんなに正しく事実証拠を表に出され、逆上して「犯罪者仲間を守る為と、自分達が犯罪者の用心棒だった事が、なので、悪の自分達と言う現実を、強引に自分の中から消して、犯罪の続行に突っ走り続けて居ます」

産廃収集運搬ダンプ、トレーラー、違法改造し捲り、産廃収集運搬事業許可が、偽造車検証、偽造車両の写真添付、国中で下ろされて来て居ます。

許可を与えた都道府県庁、政令指定都市には、偽造車検証、違法改造車両写真が揃っています、完全に確信犯での、法を犯して居ると知った上での、違法改造車両を使い、違法廃棄処理してくれれば良い、都道府県庁、都道府県警、政令指定都市犯罪です。

警察、司法、報道が犯罪者に与して破綻した、その先は

  • 2018/09/30 09:06

毎度同じ構図に陥ります、司法、警察、報道ぐるみで犯罪者と共謀して、馬鹿げた犯罪を事業だ、正しい行為、法が適用されない犯罪で、正しい犯罪だ、こう虚言を吐き、犯罪者の用心棒に走り、犯罪は犯罪と暴かれた、その先のこいつらの動きは「嘘も百回吐くと本当だと偽り、決められる、之に毎度走ります」

廃遺物処理事業犯罪、犯罪で構成して有るこの事業も、こちらが犯罪を片っ端から表に出し、犯罪と証明し続けて来て居る、けれど「司法、警察、報道が共謀して、犯罪者と共謀して犯罪を事業だと偽り、押し通して来て、犯罪だと暴かれて、言い逃れが出来なくなり切り、犯罪だが正しい事業だ、犯罪全て免責だ!」

やはりここに走って居ます、犯罪と承知でテレビ、新聞広告まで打ち続けて、犯罪を事業化する為暴走を重ねて居るんです、警察、検察は、どんなに詳細に、関係する犯罪が証明され、告発されても、全部握り潰し続けて来て居ます。

ですが「産廃収集運搬事業の許可を、都道府県庁、政令指定都市環境で出して居ますが”産廃収取運搬ダンプ、トレーラーは、違法改造車両です、違法なトラッククレーンを搭載しており、違法にあおりを嵩上げして、車検を偽造で通して居て、クレーン自主検査も偽造で通して居ます”」

こいつらは、車検証は偽造、違法改造車両と承知の上で「産廃収集運搬事業で許可を与えて、犯罪自由化も認めて居ます」

完全な確信犯罪国家権力です、警察も共犯ですし、国交省、厚生労働省は、所管法律を犯されているが、気付くスキルも無かった訳です、当社から指摘されて、ようやく自分が所管する法律を、正しく適用させるべく、動き出したんです。

実行犯業者と共犯国家権力は、さてどう犯罪続行を成功させますか、公開された権力犯罪です、注目して居ましょう。

そう言うからくりだったか

  • 2018/09/30 08:42

今日の新聞の記事で、介護系の施設は今、一部の親族、子と共謀して、施設に居る親に、他の子等を合わせないようにして置いて、親の財産を、一部の親族、子が独り占め出来るようにしており、国中で同様の悪事が働かれている、と分りました。

当然ですが、特別養護老人ホーム彩香園アルテリーベ、高田担当、山崎ゆき子、小林陸男、横路俊一弁護士、青森県警、青森銀行ぐるみの犯罪も、同じ闇のからくりが前提だった、と言う事でしょうね。

虐待防止法の規定では、施設に入所している高齢者に対して、施設側による虐待行為が有ると思われて、訴えが出たなら、施設は事実を調べて、間違い、虚偽では無いと分かった場合、監督官庁に報告を入れて、調査チームを作り、事実調査を行い、監督官庁に報告して、監督官庁の指示を待つ、となって居ますけれど。

こうした施設に対する行政処分権限は、都道府県庁が権限を持っており、厚生労働省では無いから、現実の今は「施設側と一部親族とで、やり放題出来て通って居る、事実を持った訴えでも都道府県庁は、片っ端から調査も不要と決めて、握り潰し捲くっているんですね」

廃棄物処理法を所管出来た、犯罪全てを公認する、やり放題で良い、都道府県庁、市町村、地方警察、地方政治、報道犯罪と、見事同じ構図です。

地方自治体に法を所管させて、許認可権、処分権も与えれば、同じ構図が生まれ、腐敗して行きますね、私利私欲を法を犯し、満たす、ここに必ず行くんですよね。

犯罪証明

  • 2018/09/30 06:23

        札幌市共産党市議団からの質問事項への回答

                                平成30年9月30日

札幌市共産党市議団
TEL011-211-3221
FAX011-218-5124

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

@質問事項と答え

質問ー遺品の状態で、業者が一括処理を請け負う事の違法部分は?

答ー遺品は、相続権者全員が相続権を持つ金品、不動産等、正、負共遺産”相続前の遺産金の一部を関係者が横領し、違法処理請け業者を使い、売れる古物は闇売却(古物商法違反、古物売り主偽装)し、売れない物品は請負業者所有事業廃棄物、と偽る処理は、横領、詐欺、窃盗、廃掃法違反他が科せられる犯罪”遺産金員、遺産物品全て目録に記載し、相続確定させ、相続受け者責任で処理が合法。

※犯罪証拠は”遺産相続証明書類の有無です”物品処理委任者が、正しく相続受けした事を証明した書類、被相続人、相続人証明、相続内容証明の有無です、遺品整理業者は、この書類を無しで、闇請負処理して居ます。

質問ー生活保護受給が死去して、残った遺品物品の処理を、合法に行うには?

答の1ー保護課で相続権者を探し、相続権者が居て、物品を中心に相続受けするなら、相続権者責任で処理させる、ここからは、市は関知出来ません。

答の2ー誰も相続受けする者が居ない場合”国が相続権者となるので、法務省に報告を上げ、法務省の指示を受けて、保護費以外の財源から費用を出し、古物で売れる物品は売り、売れない物品は廃棄処理します”処理完遂以後、国に報告します、実態として、この法的手続きは、ほぼ採らず、札幌市、保護課の場合は、遺品整理業者、便利屋、運送屋等を税金で雇い、闇処理して居ます。

質問ー遺品整理を謳う業者による、遺品物品、古物売買出来る物品、出来ない物品の扱い方法は?ヤマト、ネクステップ等運営、リサイクルショップ販売古物の仕入れ方法は?

答ー古物商法では”購入古物は売り主を正しく確認し、古物購入となって居るが、遺品は相続前物品なので、古物商法第16,19条による、古物売買記録作成、売り主、古物商各一万所持は出来ません”廃棄遺品処理費から、買い取り古物額XX円を引きました、と口頭で言うだけの、違法な古物入手です、ですからこうした古物は”ヤマト、ネクステップに突如として湧いた古物”との扱いとなって居ます、古物商法第15,16,19条全てに違反しており、各30万以下の罰金、6か月以下の懲役刑です、相続人が騒ぐと、窃盗、横領等にもなります。

質問ー札幌市福祉局の、保護受給者の(生きている場合も基本同じ)遺した物品処理に関わる違法行為はどの部分か?

答ー家財処理費と引っ越し費用は、保護法による保護費給付では無く、厚生労働省社会・援護局長通知第7ー(10)-オ等による支給で、多くの市町村は支給して居ないし、支給の場合でも札幌のような、受給者の請求を、違法性の有無から調べす受け、支給後、何の監督等もせず丸投げもしていません、違法が無いか監視し、費用削減に努めています。

質問ー札幌市環境局ー札幌市環境事業公社ー清掃工場ー遺品整理、便利屋、運送屋等との関係、違法部分は?

答ー札幌市条例はあくまで”公社は一般塵400㍑以上の場合、公社も引き取り処理出来る”との条例が有るだけで、市環境が言い張る”一般塵400㍑以上の場合、公社以外、一切一般塵引き取り処理が出来ない、犯罪となる”訳では無いです。

答ー建設業者が一定の条件を満たした場合、自社で再利用、処理を完遂出来る場合等、一般廃棄物引き取り、各利用、処理が認められた法の規定が有ります、建設リサイクル法、リサイクル法等有ります。

答ー札幌市環境局、公社は”公社には直接自社で塵収集車、収集作業員、中間分別施設を持たない為、産廃業者、遺品整理、便利屋、運送屋、古物商等を下請けで使い、一般廃棄物代行一括処理請けさせて居ます”この仕組みの結果、排出者偽装、一廃を産廃と偽る等犯罪処理となって居ます。

答ーこう言うからくりなので”清掃工場は、排出者を偽らせた廃棄持込み処理を、恒常化させて有ります”この手でしか公社、保護課、障害福祉、介護保険課等も、ケア対象者の不用物品処理が出来ないからです。

答ー公社には中間分別施設も無いので”市保護課、遺品整理、便利屋、運送屋等とも共謀し、公社下請け産廃業者のパッカー車に、燃える物品、小型家電品、ビン、瀬戸物、鉄製品、再資源対象不要品一式投げ込み、清掃工場で違法焼却しても居ます”札幌市の、ゴミ分別、再資源化も含めた処理を定めた条例違反でも有ります。

質問ー札幌近郊自治体との相違は?警察、検察等の動向は?

答ー小樽、石狩、北広島、江別、恵庭、千歳、岩見沢で異なって居ます”小樽は基本、上記犯罪禁止に動いて居る””石狩は何もせず様子見””北広島は、北洋銀行(ネクステップ母体)等と組み、一廃、遺品物品違法処理事業者使用で、空き家内家財等の違法処理委任も、今の所視野に入れている””江別は様子見””恵庭は遺品整理請負原則禁止、相続済み証明が有り、相続人責任処理を求めている””千歳は恵庭と協議中””岩見沢は様子見”

答ー保護世帯の引っ越し、家財処理費支給はほぼしていないし、支給の場合は法を守り、余分な税金支出を抑えるように監視し、動いて居ます。

警察、検察の動向に付いて。

答ー道庁、道警本部、検察庁、報道は、法令順守せずを重ねており、遺品整理犯罪請負では、廃掃法違反、古物商法違反、遺産金品横領、窃盗等を認めて居る、産廃収集運搬犯罪では、道路運送車両法違反、労働基準法、労働安全衛生法違反等に加担しても居る、違法改造クレーン搭載ダンプ、あおり嵩上げ違法改造仕様、トレーラーも同様の違法改造、車検証、クレーン自主検査済み証偽造、過積載運行公認他を認めて来て居る、こうした事実、証拠が表に出されて居て、厚生労働省、国土交通省が実態調査、法破り撲滅に動き出しており、今後の動向は不透明ですが、国の機関が所管法律違反事実を認識し、合法化に動き出した以上、今まで通りの犯罪公認は、無理でしょう。

追記ー札幌市保護課、介護保険課、障害福祉課は”ケア対象者の彦市でも、無許可の業者多数を闇で使い、安く違法引っ越しを成功させて来て居ます”保護課は、税金を使っての犯罪です、各警察署交通二課特別捜査係は、保護課に任意捜査を掛けました(貨物自動車運送車両法第70条1項、無許可有料貨物輸送の場合、懲役3年以下、300万円以下の罰金刑適用による)ですが、は道警本部、札幌検察庁、会計検査院は、この犯罪数千例有り、も潰しました、一方で昨日報道の通り、丁海民なる人が、白タク運行容疑で苫小牧署に逮捕され、報道されて居ます、道警本部、札幌検察庁、報道の犯罪握り潰し、同じ悪事で犯罪と決める、不整合さが収拾不能に陥って居ます。

死ぬのを待てなかった

  • 2018/09/29 21:05

じき死ぬから入院させなくても良い、次男が義母人事不省に近くなり、施設が入院させようとして、偽造身元引受人となったから、聞いた事に答えた事です。

施設の高田と共謀して、身元引受人を自分で良いと、4男と次女も認めたと、嘘を承知で決めて、闇で決めて、こんな非道な所業も行ったんですよ。

義母が死ぬだろう、死ねば義父の時と同じく、死んだ人が死後、自分で金融機関を訪問して、自分の預金を引き出す書類を書き、預金を引き出して帰ったと、金融機関職員と共犯で偽り、金融機関の金を横領して、隠す手筈だったんです。

JA十和田おいらせもですが、金融機関は日常的に、この手で横領を働いています、犯罪に麻痺し切って居るんでしょうね、次男、長女のような犯罪者と同じく。

次男と長女は、今年1月4日に、義母が死ななかったから、金をかっぱらうのを待てなかったんでしょうね、施設職員高田と共に、死を待てなかったんでしょう。

で、今年4月2日に、義母を騙って、青森銀行上北支店職員と共謀して、偽造書類を書飽き、横領を三回目ですが、働いたんです、安諸利銀行職員は二回目の横領、JA十和田おいらせは一回、横領に走ったんですよ、こいつらと共謀して、次男嫁も一回、犯行に手を染めて居ます、そこまでの悪人だったんですね、次男の嫁も、もう少し正直だと思っていたけれど、恥を知らない連中だ、嫁、親族に自慢したか?

犯罪証拠が多数

  • 2018/09/29 16:49

今日書いた裁判書面は、青森銀行、秋葉会、国を一緒に訴えたのですが、国を行政訴訟として切り離したんで、同じ書面と証拠を、二の事件に、同じ内容で出した書面です。

同じ事件を切り離すから、面倒な扱いになり、困りますよ、こちらとすれば。

結果、又違う法律に詳しくなりました、どんどん色々な法律の実務知識、付いてしまいますよね、別に、他の事件で使うとも思えない知識です。

銀行の悪事も、特養の犯罪も、共に「犯罪事実を知らされたなら、事実を確認して、間違い、虚偽で無いようなら監督機関に伝えて、内部調査を行う為の組織を作り、内部調査から行い、調査の結果を監督機関に報告しなければならない、こうなって居ます」

ですが、青森銀行も秋葉会も、犯罪が内部の職員ぐるみ、行われた事実証拠を突き付けられながら、握り潰して再犯に、確信犯で再犯に走らせたんですよ、青森銀行、秋葉会共、上層部ぐるみの再犯です。

関係法律を、仕方が無いから調べる事で、こう言った実践知識も身に付きます、犯罪を内部の職員が行った、之を知らされたが、組織ぐるみで犯罪を見逃し、再犯も共に行って来ている、行政処分は必至の事実です。

何故ここまで犯罪を重ねるんでしょうか?再犯を重ねる、犯罪者同士共謀して、何なのでしょうねこいつら、小林陸男と家族、山崎ゆき子と家族も合わせて。

証拠説明書

  • 2018/09/29 14:40

                                平成30年9月29日

証拠説明書

事件番号 平成30年(   )第        号

証拠提出者

原告 小林 清志

原告 山本 あつ子

甲第4号証  老人福祉法等抜粋                    写し

甲第5号証  金融庁 主要行等監督上の評価項目抜粋      写し

甲第6号証  今年8月15日付、スルガ銀行行員横領記事    写し

甲第7号証  小林武四郎、小林オナヨ遺産目録          原本
 の1~3 

甲第8号証  今年3月16日付、青森銀行宛文書          写し

甲第9号証  青森銀行発行、預金取引明細、偽造引き出し書類 写し
  の1~2

甲第10号証 今年7月27日付、青森銀行他宛て文書       写し

甲第11号証 今年9月2日付、札幌弁護士会所属         写し
         横路俊一弁護士に対する懲戒申立書

甲第12号証 今年2月20日付、彩香園アルテリーベ宛文書   写し

甲第13号証 今年2月25日付、彩香園アルテリーベ宛文書   写し

甲第14号証 今年3月6日、山本あつ子、山崎ゆき子メール   写し
         やり取り

甲第15号証 今年3月6日付、厚生労働省他宛て文書       写し

甲第16号証 今年7月4日付文書他                  写し 
 の1~3     

ページ移動

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3627179
ユニークアクセス:3101606
今日
ページビュー:3153
ユニークアクセス:3043
昨日
ページビュー:2958
ユニークアクセス:2867

Feed