エントリー

2018年09月01日の記事は以下のとおりです。

犯罪権力

  • 2018/09/01 14:25

犯罪を確信犯で重ね続けて居る、警察、弁護士、検事、裁判官、国税、報道他が共犯、実行犯。

悪の権化国家権力です、法を守る意志なぞ微塵も無い、腐敗し切った国家権力ばかりです、犯罪を何とも思って居ませんから。

犯罪で稼いで当たり前、犯罪がばれれば、犯罪が証明されれば、警察、司法、報道がぐるになり、犯罪を免責に走る、犯罪を無い事とさせて居ます、犯罪者と共犯ですし。

裁判所、警察、国、地方行政機関、報道、腐敗国家権力です、国家資格者、犯罪を糊塗する為、国家資格を悪用して居る連中が多数です。

犯罪を当たり前として居る、国家権力を手に入れた自分は神、独裁者だ、法なぞ守る必要は無い、馬鹿な平民は、国家権力、国家資格者は合憲、合法のみを行う正しい権力だと錯覚して居る、愚かな生き物だ、愚民ばかりだから、国家権力側に居る自分達は、どんな悪事、犯罪でもやり放題で、犯罪責任を問われず通せている。

ここまで世の中を舐め切って居るんです、犯罪者が国家権力に、国家資格者になって居る日本、合憲、合法なぞ、この連中には意味すら理解出来ないんです。

同類は気が合う、同じ行為を行うし、同じ性根だから、横路俊一弁護士と川原武彦、高木勝巳裁判官、青森県警警察官と道警本部の警察官連中、××××と×××、家族も、見事同類です。

犯罪を当たり前だとして、法を犯す行為を重ね続けて居る、犯罪を公認、指揮、支援し続けて居る、職業犯罪集団です,行為事実が証明して居る、見事に。

義母の身分を偽り、秋葉会施設職員と共謀して、青森銀行の職員と共謀して、偽造書類を作成して資金横領して貰い、多分横領した100万円を提供された、上北支店の菖蒲川職員が、防犯ビデオ映像も確認して、伝えて来て居るが、×××、犯罪で得た100万円、どうなった?もう使って無くしたか?国にも渡る防犯ビデオだ、凄い功績を上げたな、特養施設と銀行ぐるみ犯罪実例証拠だからな。

遺産相続事件、の筈だが

  • 2018/09/01 11:34

横路俊一弁護士、お前を委任したらしい××××と×××は、父の遺産相続、に付いて委任した、んだよな?委任状も無いので分からないけれど?

だが、実際に行われて居る事は、金融機関、義母が入所して居た秋葉会経営施設と共謀しての、義父と義母の身分を詐称しての、金融機関職員による資金横領と、実家に有った金品窃盗、犯罪利得を自由に使い捲る悪行、之が事実だ。

犯罪を重ねて、青森県警、北海道警察本部も共犯で加担して、犯罪を見逃してくれている、遺産証明、相続処理なぞ、出来る知識も意思も、合法を通す人間性も、一切無い、何を委任、受任したんだって?犯罪を重ねる共犯委任、か?現実を見て証明されて居る事だが?

遺産を調べて、法に沿って証明された遺産を、正しく遺産目録に記載して、遺産目録を此方は作成した、××××、×××、横路俊一弁護士は、金融機関、施設と共謀して、預金者の身分を偽り、金を横領して、多分横領犯人金融機関職員から、横領した金の提供を受けて、犯罪利得を手に入れて、使い捲って居る、だよな?

お前ら、遺産関係の調査請負業務を、弁護士法違反だ、委任者と請負社は弁護士法違反の共同正犯だ、だのと、法律にも無知蒙昧な犯罪者だと、自分で証明して居るが、横路俊一弁護士に対して、二回目の懲戒請求も行って有り、こうした横路とお前らの共犯犯罪も入れて有るから、白黒が一定付くだろう。

遺産目録は、こちらで証明出来た分作って有る、遺産証明する知識、スキルが無い、遺産緒確定法律規定、根拠は知らない、横路俊一弁護士とお前らでは、もう永遠に遺産目録を、正しく作れる筈が無い、さてどちらが法に適い、正しいか、結果が出るのが楽しみだな、別の手も打って有り、行くし。

横路弁護士、××××、×××と家族犯罪のらとお前らの犯罪行為の数々は、お前等自身でも行っている、犯罪者だと自分達でも証明済みだ、頑張って犯罪を正当化して見ろ、国家機関、国家権力が共犯阿野も証明して有る、正しい犯罪だと証明出来るなら、して見ろ、出来るのであれば。

幾つの国家権力ぐるみ、金融機関、秋葉会が共犯の犯罪を、今も重ねて居るか、どうしようも無い犯罪者連中だ本当に、公共の為、広く世の中に告知も必要だ、無差別同種犯罪が起きており、被害が拡散されて行っているから.

犯罪が公然と、法曹資格者、警察が仕切って

  • 2018/09/01 09:04

遺品整理を謳う犯罪、相続されても居ない遺産金品を、泥棒がかっぱらって、犯罪業者に提供して居ます、ネクステップ、犯罪業者ですが、テレビ、新聞がこの犯罪を、堂々と宣伝に走って居ます。

泥棒同士です、遺産金品泥棒と、提供受けしているネクステップは、日本では、遺産金品は「詐取、横領、窃盗で手に入れれば、警察、法曹資格者、国税が”正しい遺産金品緒所有権移動だ、無税で犯罪利得が得られたんだ」

こう、法も何も備わって居ない、犯罪を共犯で通す行動に走り、国中でこの遺産金品泥棒を成功させて居ます。

犯罪と合法と、全く無知蒙昧故、判別が出来ないんです、日本の警察官、弁護士、検事、裁判官委は、国税の連中も同じです。

犯罪者と同じ側に居ます、警察、弁護士、検事、裁判官、国税職員が、これが日本の現実なのです。

犯罪で利得を得れば、犯罪者が犯罪利得を正しく手に入れた、事と強引にされて、通されて居るんです、警察、法曹資格者、国税が、ここまでのテロを認めて通して居ます。

ですが「表だって”犯罪でこれだけの利得を得て、犯罪利得を没収せず、徴税もせず通しており、憲法、法律に反して居て認められない、正しく犯罪利得を没収、無いし課税、徴税せよ、国税、犯罪利得を返せ、税務申告して納税しろ、犯罪者、こう訴えれば、国、国税は窮地に立たされます、待ってろ、実例を作ってやるからな」

遺産泥棒が証明出来れば

  • 2018/09/01 08:48

遺産泥棒が、一定正しく証明出来たなら、国税と犯罪者を、同じ被告とさせて、犯罪で得た利得を没収しろ、犯罪利得に課税しろ!こう訴えれば良いんです。

遺産相続と、遺産金品窃盗、横領、詐取は全く違います、遺産金品を犯罪に走り、手に入れる行為は犯罪、犯罪利得の獲得です。

遺品整理等、犯罪の極致です「被相続人が死去して、まだ遺産金品を洗い出して、証明書作りも行われて居ないのを良い事とさせて”遺産金品を、誰かが掠め取り、犯罪者に横流しして、闇に消して居ます”」

ネクステップ等犯罪請負業者は、遺産金品を盗んだ者と共謀して、遺産金品をかっぱらい、犯罪利得を得て居るんです。

市の環境職員と、地方税部署職員が共に調査を行えば、当然「頼んだ人間は、相続を受けた者では無い、遺産金窃盗提供です、遺産物品も、頼んだ者が相続受けして居ない、泥棒です」

廃棄処理も、古物売却も、当然「物品排出者、所有売り主偽装です、廃掃法違反、古物商法違反で、刑事罰が科せられるんです」

税務処理は当然偽造ですから、税務申告も偽造です、犯罪利得隠匿、脱税です。

出だしが犯罪だから、全部犯罪で構成されて居ます、遺品整理請け社?を調べられれば、犯罪が明るみに出るんですよ「委任した人間も実行犯です、遺産金品泥棒ですから」

小樽市役所他が、裁判所犯罪と、遺品整理を謳う犯罪を、公文書を出し、是正勧告、禁止通告もします、法を所管する権限に置いての公務遂行です、道庁、道警、札幌市、国税、労基、報道犯罪実行、共犯、どう逃げられる?

犯罪の事業化、遺品整理なる犯罪

  • 2018/09/01 08:06

法曹資格者、警察は、遺産を正しく証明して、正しく遺産相続処理を果たす、知識も能力も、実はゼロレベルで、備わって居ません。

遺品整理を謳う犯罪請負は、法曹資格者、警察官連中の、ここまでの無知蒙昧さが有る故、公然と犯罪を手掛け、成功させて来れて居ます「遺産の正しい証明、相続手続き、完遂が、法曹資格者、警察官連中には、全くと言えるだけ、知らないから出来ない、よって”死人が出れば、遺産金品、預金は詐取、横領、窃盗し放題出来ているんです”」

そこに持って来て「国税職員が、無知蒙昧と来ていますからね、犯罪で利得を得て居るが、全く分からない頭です”相続と犯罪で遺産金品入手と、全く判別出来ない頭なのです”」

この連中が、ここまで無能、無知だから、犯罪そのものでしかない、遺品整理等が横行出来て居ます。

誰もこの事実から表に出せず来ており、犯罪がどんどん荒っぽく、当たり前で出来てしまう日本となって来たのです。

犯罪を公然と請負、行えて、警察、法曹資格者が共犯で通されて居る、最悪の国です、日本の国家権力の、之が現実なのです。

犯罪を、大手を振って行えて、警察、法曹資格者、国税が犯罪を認めて、犯罪で利得を得させて、犯罪利得を全額手に出来て通って居る、犯罪者天国日本です。

犯罪で利得を得られて、国税も共犯で、犯罪で得た利得は全額犯罪者が手に出来て、公然と通されて居る、まじめに働く人間が、正しく納税する者が馬鹿だと、こいつらは実例で証明して、正しい人間、事業者を馬鹿にし切って居ます。

考え方

  • 2018/09/01 07:13

日本の行政機関の上下関係は、地方交付税で縛られており、国の機関、都道府県庁、市町村、こう上下関係がはっきり構築されて居ます。

国からの予算が都道府県庁、市町村財政を支えて居ます、市町村は、国、都道府県庁に逆らうと、地方交付税を削られたりします、ですから「国の行政機関が最上位、都道府県庁が次の独裁権力、政令指定都市もほぼ同格、それ以外の市町村、この確固たる上下関係、支配の構図が出来上がって居ます」

一般廃棄物に関する法の所管権限、事業許可権限、廃棄物処理場建設、運営、管理権を、市町村が持って居るけれど「国、都道府県庁と都道府県警に、市町村は逆らえ無いと、そこに付け込んだ訳です、道知事、道職員、道警本部、道議会議員連中、報道の連中は」

で、ネクステップから始めて「遺品整理は正しい請負事業ですよ、どんどん”相続されて居ない遺品金品を、横領、窃盗して、遺品整理業者に横流ししましょう”全部偽造捏造、証拠隠滅しますから大丈夫ですよ、犯罪だけど道庁、市町村、道警が共犯です、ばれやしないから」

こう思い上がって、道内全部の市町村を支配出来ており、犯罪を共犯で行わせても、全部の市町村は言いなりに手を汚すと、犯罪の成功に確信が有ったんです。

だけど、考えようです「道内の全部の市町村が、一廃関係は最上位で職権を持って居ます、何処かの市が”犯罪に与しない、法を守らせると、公式に動いたなら、道庁、道警本部、報道の連中は、破滅するんですよ」

こんな犯罪、成功させたいなら「日本中の市町村全部を、全部共犯に組み込まなければ駄目だったんです、馬鹿を超えて居ますねこいつら、独裁者気取りでしたが、法治国家だぞ日本は」

今度は公文書で

  • 2018/09/01 06:11

@裁判所が行て居る、不動産明け渡し強制執行搬出物品の廃棄処理公務、昨年6月までは、ネクステップ等犯罪業者同様、排出者偽装、産廃偽り処理だったが、当社の指摘で一廃区分処理変更、但し、裁判所管全市町村が対象で、裁判所所在市に越境搬入処理、廃掃法違反なので、札幌地裁分は小樽市、北後志広域連合町村、札幌近郊各市から裁判所、国に対して、広域一廃処理協定締結要求公文書を出させる事が決まりました、ネクステップ等の犯罪請負は、ネクステップと共犯報道と合わせ、禁止通告公文書の発行を了解頂いています、各市町村広報へも、遺品整理等犯罪委任禁止を、法を持って掲載するよう求めて有ります

                                 平成30年9月1日

相続前遺品物品も、廃棄処理は一廃、産廃業者、市町村処理場が共犯処理、報道各社、排出者偽装、一廃物品産廃偽り処理請負、税務処理、税務申告全て偽造、犯罪です、全市町村と共犯協定締結が必須

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

河戸光彦会計検査院院長 下記も昨日付け別紙貼付
TEL03-3581-3251 道内複数の市町村は、裁判所による広域一  
FAX03-3593-2530廃物違法処理禁止を、公文書でも禁止通告

※遺品整理等犯罪請負宣伝、犯罪宣伝責任は負わないのですか
FAX011-210-5727 道新執行役員、営業第一グループ
FAX011-812-1764 HTB執行役員、営業、報道
FAX011-271-1535 STV執行役員、どさんこワイド長坂デスク
FAX011-231-4997 NHK執行役員、報道広池デスク

※相続されて居ない遺品金品、詐取、窃盗で横流しは犯罪、一廃を産廃偽装、越境処理も犯罪、税務処理、税務申告偽造も犯罪です、遺産調査、目録作成、使用から、法曹三者は不知故成り立つ犯罪
FAX011-281-4823 札幌弁護士会会長、会員弁護士
FAX011-281-4138 道行政書士会会長、会員行政書士
FAX011-642-0746 道税理士会会長、会員税理士

1、昨日付け文書記載の続き報告です「小樽市役所、外北後志広域連合町村、札幌近郊各市は”札幌地裁、国による不動産明け渡し強制執行搬出物の廃棄処理、札幌地裁管轄全市町村が対象のこの公務に付いて、当社の更なる合法化指摘、一廃区分処理品、札幌地裁管轄全市町村との間で越境一廃処理協定を、国は締結しなければならない”この廃掃法規定を正しく受け入れ、二年前は口頭で違法勧告済み、今度は公文書を、先ず札幌地裁管轄市町村から札幌地裁に出し、札幌地裁、国の公務、広域一廃処理の適法化を果たす事となりました」

2、合わせてネクステップ等犯罪請負、相続されて居ない遺品金品等詐取、横領横流し、請負犯罪、個人所有物犯罪処理請負に対しても、廃掃法違反、地方税法違反等事実を持ち、ネクステップ、報道各社等に禁止通告公文書を発行する、市町村広報に、遺品整理等委任は犯罪、相続を済ませた後、相続人責任で処理が必要、法を犯す事業者に委任しないよう掲載頂く、これを了承頂いて行っています、これ等犯罪請負実態調査は、既に始め出して居る市も有ります。

3、義父、義母の身分を偽り、JA十和田おいらせ上北支店職員と共謀し、200万円横領、青森銀行上北支店職員と共謀3回、二回は既遂で合わせて130万円余りを横領、義父、義母分一回ずつ、未遂義母身分詐称一回、金融機関資金横領、横領金所持、使用公認犯罪、××××と家族、×××と家族、横路俊一弁護士ら犯罪は、国税と共に、金融機関資金横領、交付、自由使用、犯罪利得総取りは認められぬ、合法徴税を求めると訴える事にもして有ります。

4、横路俊一弁護士、青森県警、道警本部、高木勝巳裁判官等は「遺産調査証明が出来ない、遺産を確定させる法の根拠も知らない、よって遺産目録作成も出来ない、遺産目録なぞ見た事も無い、なので”金融機関職員と共謀して、死人、生者問わず、預金契約者の身分を偽って金を横領は、預金引き出しだ、遺産、横領金は、次男、長女が行い、通って居るように、泥棒が自由に使って良い、等を公式に吐き、通しており、横路弁護士、裁判官は、永遠に義父、義母の遺産合法相続処理は出来ません、当方は合法に、遺産目録作りも、山本隼行政書士を委任して、証明出来た分果たして有ります、警察、横路弁護士、高木裁判官、国税に、法律的な勝ち目は無くなっています」

5、法曹資格者は、法による遺産証明方法から知らない、よって、正しく証明済出来た分目録に記載も、全く知らず出来ない訳で、これ等司法、警察犯罪、遺産の合法調査、証明、合法相続等出来て居ない(弁護士、行政書士、税理士がほぼ共犯)事実隠匿を目論見、横路弁護士、青森、道警は、当社の請負、合法遺産等調査妨害(家屋解体、家財等処理調査は、横路、警察の妨害工作により、潰されました)に走って来たのです。

6、遺品整理等犯罪請負に付いても、各市町村からも、犯罪利得隠匿、脱税潰しを国に行わせて欲しい、等求められており、先ず札幌市保護課犯罪、保護世帯家財犯罪処理委任、税金犯罪使用、受給者から回収し、国に税金返金請求事件訴訟、提起済み訴訟の市答弁も見て「国、道庁相手に、遺品整理等犯罪を野放しにして、税務処理、税務申告偽造、犯罪利得所持、脱税公認を行って居る責任を、民事訴訟でも追及します”各市市税部署による、遺品整理等犯罪利得実態調査、委任者は遺産金品泥棒、請け負い社は何もかも偽造、犯罪そのもの行為に付いての税務調査等も行われます”当社が正しい、答えは出ています」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3696721
ユニークアクセス:3155817
今日
ページビュー:1344
ユニークアクセス:662
昨日
ページビュー:2428
ユニークアクセス:1335

Feed