エントリー

2018年09月19日の記事は以下のとおりです。

産廃業者の多くが

  • 2018/09/19 17:22

日本中の産廃業者の多くが、あの殺人トラッククレーン積載、あおりを異常に嵩上げして、過積載数倍用に違法改造ダンプで商売して居ます。

過積載数倍運搬を、彼らは産廃処理費の算定基準とさせて有ります、公共事業も同じ、違法過積載運搬が基準となって居ます。

あの殺人トラッククレーン積載、過積載運搬前提違法改造ダンプは、使用禁止、製造禁止となるでしょう、表だって車検は通りません、違法改造と承知で、民間の恒常が、違法を合法と偽り、車検を通して居ます。

クレーン自主検査も、違法に通されているんです、あんな仕様のトラッククレーン、自主検査も通る筈が無いんです。

こうした法破り、犯罪を行っており、産廃収集運搬事業者は、事業を行えて居ます、過積載数倍が前提の事業実施、この一時だけでもとんでも無い事です。

古河ユニックが、この犯罪トラッククレーンを製造、納品して居ます、自主検査、違法に検査合格は、札幌特殊車両が請負、違法なのを偽り、合法と偽の証明を行っています。

こうした犯罪事実が、当社によって表に出されて居ます、もう隠せません、古河ユニック、札幌特殊車両、国交省、労働局、道警、開発局、道庁、札幌市、小樽市等がこの事実を知ってしまいました。

最高裁、政府、法務省、総務省等も知ってしまいました、もう言い逃れは無理です。

古河ユニック、大きな会社ですよね、タダノクレーンも過去に作って居ました、大事です、この犯罪事実が表に出た事も。

犯罪を前提とさせた事業、産廃収集運搬事業の現実です、犯罪がここまで詳細にばれて居ます、あの殺人トラッククレーン搭載、過積載用違法改造ダンプ、使えなくなれば産廃業者多数、破滅でしょうね、今後の合法事業への切り替えは、出来る筈も無いしね。

巨額の負債を抱えるでしょうね、ここまでの法破り事業を行った結果です、法は犯すべきではない、当然です。

法律上出来ない

  • 2018/09/19 17:00

法律規定上は、憲法第29条規定ですが、出来ない行為です、裁判所による、不動産明け渡し強制執行物処分も。

当然ですが、遺品整理だの、個人が所有する物品の、代行闇処理なぞ、どう足掻こうともやれません。

ですから「遺品整理業者だの、個人が所有する物品を、法を多数犯して闇処理請負する業者だのは、証明書、証拠の偽造、帳簿、税務申告手続きの偽造、犯罪利得隠匿、脱税を行い、犯罪で利得を得捲って居ます」

裁判所による強制執行搬出物品処理は、国による執行ですから、合憲、合法とは言えませんが「全国共通で施行出来る条例を作り、裁判所が所在する市と、管轄の大きな市役所が、同じ条例を作り、施行する事で、ガラス張りの執行物代行処理事業が出来ます」

これは「裁判所の公務、国による公務遂行なので、札幌市だのが独善で、根拠法も犯し捲り、天下り利権を確保出来る為の条例造り、施行は無理です」

全国の市が共通で作り、倣って作り、施行出来る、根拠法を踏襲した、税法も見た条例が必要です。

遺品整理だの、個人が所有する物品を、犯罪を重ねて闇処理する請負は、正しく帳簿処理も出来ないし、正しく税務申告、納税も、絶対不可能なのです、前提が犯罪で、禁じられている行為だからです。

大阪市の廃アスファルト不法投棄、毎年4億円以上請負業者と産廃業者で、満額山分け出来て居る、あの犯罪も、税務調査が行われて居ない、国税、税務署には税務調査するスキルが無い結果、なのですよ。

廃棄物処理事業は、犯罪事業故事業内容の調査も実際にはされて居ないし、税務調査も、仕方が分からないから、実際にはされて居ません、無法事業です。

目指す方向

  • 2018/09/19 14:59

@裁判所、国が行う不動産明け渡し強制執行搬出物、結果として一般廃棄物区分で代行処理事業への参加、再申し込み申請

                                平成30年9月19日

                         参加申し込み社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL 011-784-4046
                            FAX011-784-5504

〠060-0042 札幌市中央区大通西11丁目
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456

1、当社の真意が正しく伝わって居ないようなので、専門的な法r津による、各専門分野の法律、実務が絡んでおり、中々真意が伝わらないであろう事は想定して居ましたが、再申請を行い、当社が目指す「国による、執行物品の適法処理策の構築の仕方から伝えます」

2、現行法律規定では、個人が所有する物品を、代行で廃棄等処理する事は、建設業者が一定の要件を満たせた場合か、自社完結で再利用(再生、廃棄処理)出来る要件を満たせる場合に限って居ます「裁判所、国による強制執行搬出物の、一般廃棄物扱いでの代行処理は、現行廃掃法、税法等法律規定では認められて居ませんので、違法な処理と、違法な税務処理、違法税務申告しか出来ません」

3、当社はこれを是正する為、札幌市議会会派も、今の札幌市の一般廃棄物に関しての、違法を重ねた処理制度を、根底から是正する事を持ち、動くと言っていますので「札幌市議会、保護課、介護保険課、障害福祉課と協議して、一般廃棄物処理に関わる市条例を、合法化する形で変えて頂く協議等を行って行っています、別紙札幌地裁提出文書内容は、問題点を列記した上で、出来る限りの合法化を果たす為の事実記載で、これを基に、札幌市一般塵処理合法化を果たす条例策定等を行って頂くよう求めて有り、当社から種々提案して行っても居ます」

4、その中に「裁判所、国が行っている、不動産明け渡し強制執行搬出物の、適法代行処理を果たす条例策定、特例による条例策定も含めて頂くよう、種々提案も行って行っています」 

5、当社が札幌市清掃工場、他市処理場と協議して、現行の範囲で構築して有る方法は「強制執行搬出物目録、事件番号が記載された目録を添えて、目録記載物を処理場に持ち込めば、国が一般廃棄物区分で代行処理を委任した、この証明書を出して頂く方法です、あくまでも処理等を請け負った事業者が、自身で処理場に持ち込んで処理、が前提です、環境事業公社方式、下請け産廃業者を使い、代行請負処理や、産廃業者が産廃扱いで処理と違い、正しい国委任一廃処理方法です、同様の処理を、他の市にも提案して、条例策定を願い出て行っています、この条例を作った市には、該当物搬入処理をして頂けます、札幌から初めて全国で同様の条例を作り、施行させ、強制執行物を合法処理させようと考えて居ます」この形の処理を、条例で認めて頂く為、根回し、詰めを行って来ています。

6、この事業は、本人(国ですが)が自身で自分の所有物を処理した、この形、証明が最も合法です「産廃業者が代行処理、では無い事業です、国から一廃区分処理を委任された業者が、自身(国として)で廃棄物処理完遂、が最も正しい形です」保護課、介護保険課、障害福祉課による違法、ケア対象者の家財等を、代行一括処理する為の条例、適法と出来る条例、ガラス張り情報開示出来る事業実施を果たす条例も、合わせて構築して行こうと当社は動いて居ます。

7、国から一廃区分品を、国として代行処理事業は、法律上存在しない事業です、ですから「現行の産廃処理業者、公社下請け、公社も”国税庁から入金の帳簿、税務申告方法確定手続きは、得て居ません、偽造、虚偽処理、申告です”合法申告の為には、上記証明書を出して頂き、その上で国税庁と処理等を協議し、経費、消費税適用割合(入金に対する割合等)を決めて頂き、帳簿処理、税務申告が必要な事業です」国が行っている事業です、税務処理、税務申告偽造は認められません。

8、この事実を証明した事件が、別紙大阪市発注上下水道工事不正、工事で出たすふぁるとを、掘削砕石と混ぜて海洋埋め立て地に投棄し、毎年4億円以上を請負業者と産廃業者で山分け、の記事です、マニュフェスト偽造で成功させて居るが、もっと問題なのは「産廃業者に対する事業調査と、税務調査が、正しく行われて居ない、当社が指摘して来たこの事実が原因で、毎年4億円以上丸々山分け出来て居ますす”国税は、廃棄物処理業者の税務調査方法が分からないのです、遺品整理、個人所有物違法処理請負利得調査は、もっと分かりません”前提が犯罪なので、税務調査の正しい方法が、構築されて居ませんから」

9、それらの問題を解決して行く為にも、上記強制執行物適法処理を果たす条例策定、施行は重要なのです、今執行官が補助で使ている産廃業者は、全部違法行為を重ねて居ます、合法な執行物廃棄方法、税務処理、税務申告方法を持たない業者、事業ですから。

10、別紙、今月19日付文書二部記載もご覧下さい「産廃収集運搬事業許可請け業者の多くは、労働安全衛生法違反トラッククレーン装着、過積載用異常な高さのあおり違法装着ダンプを使い、札幌特殊車両が違法にクレーン自主検査合格、車検違法合格させて、違法事業を実施して居ます、あおり重量等を差し引いてもおらず、重量税脱税も行って居ます(総重量8トンを超える違法積載ダンプ)過積載は、3倍前後を常態化もさせた事業実施です、執行官が使っている産廃業者の幾つかは、この違法ダンプを持ち、違法を重ねた産廃収集運搬事業等を行って居ると思われます、国である以上、違法を重ねた事業実施業者を使う事は認められません」

11、文書記載の通り、この違法ダンプは製造、使用禁止させます、多くの産廃業者は、犯罪事業実施によって監査、捜査を受ける、徴税等される、違法ダンプ使用禁止で多大な負債が生じる、違法事業実施により、事業が破綻する、合法事業への転換は、多くの業者は不可能、違法事業で経営を成り立たせて来て居るから、委任事業者から過積載等で事業実施を強要もされて来たから当然、等に陥るでしょう「強制執行物代行一廃区分廃棄処理は、廃棄物代行請負処理事業とは違います、産廃業者に代行廃棄処理を、間違ってさせた結果です”あくまでも国から委任され、請け負った業者が、一廃処理証明書を出して貰い、自社処理、それを持って合法税務処理、税務申告が正しい処理、事業実施でしょう」

12、当社は札幌地裁民事執行係りが、当社と協力して、全国に先駆けて強制執行搬出物の適法処理達成に動いて下さった事を持ち、各市条例策定、施行等を札幌、近郊市に果たして頂き、全国の裁判所等に反映させたいのです、その目的を一番にした、事業参加申し入れです、国です、合法化を果たすべきですし、之を魁で果たせるのは札幌地裁と当社、札幌市議会、近郊複数市だけですから、再度審査願う次第です。

違法改造トラッククレーン搭載ダンプ

  • 2018/09/19 08:25

古河ユニック、違法改造トラッククレーンを今も製造して、納品し、使用させて居るけれど、あれは明確な違法改造で有り、まともに車検は通らないし、トラッククレーンの自主検査も、違法を隠してしか検査合格しません。

さっき、違法改造トラッククレーンの自主検査事業者である、札幌特殊車両の浅野氏に電話をしました、ようやく事態認識が出来て、調べ出して居るとの事ですよ。

ここと、あの違法改造トラックの車検を通して居る、民間指定修理工場は、こうなれば「労働局、陸運局、警察から調べを受ける必要が有ります、大原則でしょう、トラッククレーンは人を乗せて捜査は禁止、転倒し易く危険なので、一番の大原則でしょう」

厚生労働省、国土交通省、労働局、陸運局、警察、道庁、札幌市は、重大な犯罪公認責任を負って居ます、大原則から守らせず、何をしているんでしょうか。

産廃屋の運転手、クレーンオペレーターも、産廃区分扱い何でしょうか?警備員と同じで人以外の区分と言う扱いでしょう。

犯罪がほぼ全部認められている、治外法権特権を得られて居る事業者だけれど、代わりに人以外扱い、ですか、それは其れは。

人以外だから法は全て適用除外、か、結局は。

あのトラッククレーン、荷台を合法位置まで切り、クレーン操作機器を荷台左右に付け替える以外、使用禁止です。

教習で

  • 2018/09/19 08:06

トラッククレーン免許を取得する時、玉掛講座の時点で「トラッククレーンは操作時に、人を座席、荷台から排除して、クレーンの回転半径内から立ち退かせて操作が鉄則、トラッククレーンは転倒事故が多いので、この鉄則を守り操作する事。

これを教育されて居ますが、玉掛とトラッククレーン免許を手にした時点で、受講内容全て忘れる、元々覚えて居ない、のでしょうね?

あんな殺人改造トラッククレーン設置ダンプ、良く高所に上り、クレーン操作して居ますよね、ひっくり返ればオペレーター、死にますよ、落下して首の骨を折るとかになって。

自分の身を守る知識も無いんでしょうね、ダンプが違法クレーン操作でひっくり返って死傷しても、何が根本原因か、全く理解も出来ないんでしょう。

昨日も黄色い産廃収集運搬、違法改造ダンプの作業を見たけれど、アウトリガーも出さず、あの高所の椅子に座り、クレーン操作して居ました、死にたいんでしょうか?

自分の身は自分で守らなければなりません、あの違法改造ユニック装着、過積載用ダンプで、高所違法改造クレーン操作椅子に座り、アウトリガーも出さずクレーン操作して、転倒して死傷しても自業自得です。

警察、労働局、行政犯罪ですよ、誰も指摘して来なかったけれど、法を犯している事実は主知されました、さてどうなるか。

法を犯す行為、犯罪を見ても理解出来ない

  • 2018/09/19 07:41

警察官、役人達、報道カルト、弁護士、検事、裁判官カルトは元々論外ですけれど、警察官、役人連中は「法を強く犯す行為、犯罪を見ても、常識から備わって居ない結果、法を強く犯す行為、犯罪だと理解出来ません」

強い違法行為である、犯罪に該当する行いであると判断、理解出来る素養、知識、判断根拠がほぼ備わって居ませんから、法を強く犯している、犯罪に属する行為を見ても、理解不可能なのですよ。

普段から自分で思考、判断して居ないから、XXが決めた、言ったから犯罪だ、正しい法を犯す行為だ、之が判断基準のほぼ全てですからね自分で見ている行為を、正しく法に沿い、判断なぞ出来ない結果です。

この程度なのですよ、警察官や役人の実際の頭のレベルは、根本的にまともな世間常識から、ほぼ備わって居ない連中なのです。

こんな連中が公権力を与えられて居ます、まともな思考力、判断知識、能力が備わって居ない連中が、強権を発動出来る特権を持ち、間違った強権発動に走り放題出来て居ます。

この手合いは「自分が法を犯した、完全に判断を間違った事を指弾され、証明されれば、権力を悪用させて”己が間違った事をした、間違った判断をした事を消す為、証拠隠滅、隠匿、証拠偽造等に走るのが常です”」

こう言う手合いが常に意気投合する人間は、嘘吐き、犯罪者です、人間性が向う側故、嘘吐き、犯罪者と常に意気投合します、真人間は排除、言い掛かり抹殺に走るのが常です。

弁護士、検事、裁判官は、完全に論外です、報道の連中と共に、こちら側の生き物では無い、何の正しい思考、判断能力、知識も持たないで、神と己を狂信している手合いですから。

合わせた訴え

  • 2018/09/19 06:51

@動労働局長、中央、東労基署長、道警本部長、札幌市建築安全推進課”家屋解体工事では以前として、道路使用工事で道路使用許可、警備員配置せず、重機使用解体時に保安員を置かずの違法、危険工事が常態化したままです”道路使用許可を取らせる、道路警備員を必要人数配置させる、重機使用時に保安要員を置かせる、之を守らせるよう求めます、家屋解体を請け負う不動産屋、家主等が、安く解体させる為、法の順守を不要としている結果が之です

                               平成30年9月19日

                           本件申立社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

道労働局長、中央、東労基署長、労働安全衛生課
TEL011-709-2311
FAX011-737-1211(中央労基)
札幌市建築安全推進課、山内課長
TEL011-211-2867
FAX011-211-2823解体工事届け出部署、違法解体受禁止です
和田昭夫道警本部長、交通課課長
TEL,FAX011-251-0110

1、従来から通行車両、通行人、解体作業員に危険が及ぶので、家屋解体工事で道路使用許可を取らず、道路を工事場所で使い、道路警備員も置かず、の家屋解体工事を禁じ、道路使用許可を取らせて、必要人数道路警備員を配置させた、合法な家屋解体工事を行わせるよう、又、重機を使用する解体作業時には、保安要員の配置も徹底させるよう求めて居ますが、家屋解体工事の場合、ほぼ守らせて居ません。 

2、当社以外は、住宅解体工事の場合、解体費が安ければ良い、この考えのみにより、道路使用許可不要、道路警備不要、保安要員配置不要、必要費用を削り、安く家屋解体出来れば良い、この考えだけで解体工事を発注、請け負う事が横行して居ます、特に不動産屋が解体を請け負う場合、道路使用許可、警備員、保安員配置不要、近隣医解体工事実施願いも取らず良い、これで家屋解体工事を実施して居ます。

3、道路を使用しての解体工事なら、通行車両、通行人の安全確保の為、道路使用許可を取り、警備員を必要人数配置は鉄則、費用削減で削れる事では無いです、又、重機使用解体時に保安要員を配置し、重機作業で危険が生じないように図る事も鉄則です。 

4、各警察署交通課署員は「以前から住宅解体工事は、道路を違法使用し、警備員、保安員配置無しが当たり前だったので、言われるまで気にして来なかった、確かに道路使用許可取得、警備員、保安要員配置は必要だった、又、ダンプ荷台前高所にトラッククレーン操作機器と椅子が設置され、オペレーターが産廃を掴んで積載作業も当たり前だと思っていた、確かに違法で危険作業だった」と認めて居ますが、労働局、道警本部、建築安全推進課が法の順守、人命保護不要、安く解体出来れば良いとの姿勢故、合法化が果たされません、速やかなる道路使用許可取得、警備員、保安要員必要人数配置を果たさせる、違法改造産廃収集ダンプ使用禁止措置を講じるよう求めます、安全対策費は、削れる費用では無いのです。                            

殺人トラッククレーン

  • 2018/09/19 06:06

@道労働局長、道警本部長、国交省、高橋知事、秋元市長、産廃収集運搬ダンプ運転席後部高所にトラッククレーン操作機器、椅子を設置した仕様ダンプは、オペレーターの命を危険にさらす、違法改造車両です、アウトリガー二本のトラッククレーンは乗車操作禁止、椅子増設も違法です、即刻製造禁止、使用禁止措置を講じるよう求めます

                                平成30年9月19日

                           本件申立社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

国交省自動車局貨物課 尾崎担当
TEL03-5253-8111(41-312)
FAX03-5253-1637
道労働局長、中央、東労基署長、労働安全衛生課
TEL011-709-2311
FAX011-737-1211
石狩振興局地域環境係 吉水主幹
TEL011-231-4111(34352)産廃事業許可出し責任)
FAX011-232-1156
札幌市環境局環境事業部事業廃棄物課 清水課長
TEL011-211-2927
FAX011-218-5105 産廃許可担当
和田昭夫道警本部長、交通課、生活経済課長
TEL,FAX011-251-0110
古河ユニック札幌営業所 渡辺担当
TEL011-787-3200
FAX011-787-3201

1、かつてはタダノも制作して居たと言う、今は古河ユニックと外国のメーカーで制作して居ると言う、産廃収集運搬ダンプ運転席後部高所に、椅子とトラッククレーン操作機器を設置した仕様のトラッククレーンは、明確な違法改造で有り、指定整備工場と、指定自主検査工場が違法改造を隠し、車検、トラッククレーン検査を通して有る代物です。

2、アウトリガー二本のトラッククレーンは乗車禁止、転倒の危険が高く、死亡事故多発クレーン故、操作機器を左右に設置し、吊り荷の逆で操作が原則、トラッククレーン操作時は、運転席、助手席、荷台から人を下ろしてしか操作禁止、玉掛、トラッククレーン受講で教育して居る事です、乗車してクレーン操作出来るのは、アウトリガー4本の自走式クレーン高所作業車等ですが、こうした自走式クレーンは荷の積載荷台は無し、荷積載でバランスが崩れ、オペレーターが危険なので、人命を守る為の、根本の鉄則です。

3、椅子を違法に増設も、絶対に認められ無い違法改造です、記載公的機関、何故あんな違法改造危険車両を見ながら摘発、使用禁止措置を講じないのですか「あの違法改造トラッククレーンの自主検査は、札幌特殊車両のみが(札幌と近郊でしょうが)行っています、違法改造トラッククレーン車検も、特定の指定修理工場で違法改造を隠し、車検を通して居ると、修理工場から聞いています、椅子増設の時点で、陸運局持ち込み車検は通せない、当たり前です」又、伝えて有るように、あのダンプの荷台異常嵩上げは、積載量の数倍積載用で、違法で危険な改造です、取り締まるべき違法行為です。

4、こう言った事実、法律適用事実が揃っています「即刻あの仕様のトラッククレーンの製造を禁止し、合わせて現行使用されている、、違法改造トラッククレーンを使用禁止とするのと合わせ、違法改造で車検を通している指定修理工場と、違法改造トラッククレーン自主検査を通して居る指定自主検査工場を調べ、業務停止措置を取る事を求めます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3491353
ユニークアクセス:2993189
今日
ページビュー:43
ユニークアクセス:43
昨日
ページビュー:3773
ユニークアクセス:2398

Feed