エントリー

2018年10月01日の記事は以下のとおりです。

重大な報告二

  • 2018/10/01 15:48

重大な報告を二記載します、とても重大な事実報告です。

@例の違法改造トラッククレーン搭載、あおり異常嵩上げ他、違法改造も加わった産廃数集運搬ダンプの問題ですが、見掛けた場合、ナンバーを控えて下記に積法下さい、国交省が対応します、との事です。

;国土交通省 自動車局整備課、加野島担当
TEL03-5253-8111(42-422)
FAX03-5253-1639

;北海道運輸局 札幌運輸支局、内木首席陸運技術専門官
TEL011-731-7168
FAX011-712-2406

@先月29日に、苫小牧警察署(TEL0144-35-0110)に、白タク運行容疑で逮捕された、丁海民さんの事件で苫小牧警察署交通課、島田警察官に電話を入れて”道警本部、札幌地検特別刑事部宮本検事、札幌運輸局貨物課大友課長、NHK広池デスク、米田記者、道新樋口記者、STV伊藤記者らは、札幌市保護課犯罪、保護世帯無許可引っ越し年千件単位も、犯罪だが犯罪と扱わない、無許可貨物輸送もやて良い、有料貨物輸送に許可も要らない”とう嘯き、潰して来た、東警察署交通二課特別捜査係、小堀巡査部長他が、東区役所に任意捜査にも入ったが、道警本部、札幌検察庁、報道ぐるみ、事件を潰して居る、これ等を伝え、丁さんは冤罪の筈、即刻釈放して謝罪すべき、道警本部、地検と総きゅに協議が必要、等伝えて有ります。

もう犯罪はし放題です、犯罪者とされた人は、多分善人で冤罪でしょう、之が警察、司法、報道が作り変えた日本の犯罪事件の合法、違法決定根拠です。

三つそれぞれ

  • 2018/10/01 12:44

;裁判所の手続き、不動産明け渡し強制執行搬出物品の処理。

;相続前の遺品金品緒扱い。

;個人が所有して居る物品の扱い。

基本この三種類に分類が、先ず必要です、国が行う、不動産明け渡し強制執行搬出物の扱いは”今ある各実務法律規定は適用外の、国による公務遂行です”現行ある実務部分用の法律は、原則適用されません。

遺産金品は、相続を受けた人を証明してから、相続受け者の権利と責任で、各物品扱い、処理を行わなければなりません。

個人が所有して居る物品を、他社が金を得て、代行搬出運搬処理するなら”法に沿い、増改築工事請負業者か、再利用を自社責任で出来る業者か、自社完結廃棄処理を果たせる業者で無ければ駄目です”遺品整理、便利屋、運送屋、リサイクル業者、廃棄物収集運搬許可一般業者、古物商は、出来ない請負です。

このように、案件毎に、根本的な憲法規定、各法律規定の適用が異なって居ます。

根本の憲法規定(11,19,20,29条とか)、関係する各法律規定の正しい適用を、先ず分からなければならないんです、根本に適用される憲法規定、関係法律規定が全く異なっているのに、一緒くた扱いするから、どれも違憲、違法な闇処理請負等となって居ます。

当社以外、何処もこの根本から、理解から出来ないんでしょうね、困った事です。

違法改造により、違法に人が乗って操作労働

  • 2018/10/01 08:31

違法改造したトラッククレーン、クレーン頂点より上に操作機器と椅子を、クレーンの支柱に違法取り付けして、ここでトラッククレーンを操作させている、日本中で見られる、違法な産廃収集運搬ダンプです。

この仕様の理由は「あおりを屋根より高く嵩上げして有り、過積載積載量の数倍実行用となって居るから、横の操作機器では、逆側操作だと産廃が見えないし、荷台の中も見えませんから、クレーン支柱最上部より高く、クレーン操作機器と椅子を違法に据え付けて、違法な高所クレーン操作として有ります」

当然ですが、全部違法ですから、ダンプの屋根の上に、違法クレーン操作労働用の床板を設置して有るし、屋根に上る梯子も後付けして有ります。

クレーン取り付けの分、屋根と荷台に空間が有るから、屋根から荷台に移る為の、横足場も取り付けられて居ます、地上3メートル位に、何の安全対策も無しで。

ここまで違法改造して有り、違法労働に従事させて居ます、車検証は偽造、クレーン自主検査も偽造、これ等を知った上で、法を犯す事を認めて、違法労働に従事させて居ます。

犯罪塗れ過ぎます、之が司法、行政、警察によって認められ、通されている権力犯罪なのです。

まともな思考力、想像力から無い

  • 2018/10/01 08:03

出荷時点では、ヒアブトラック搭載用クレーンの支柱頂点には、操作機器と椅子は設置されて居ません、絶対に人が乗り、操作は、トラッククレーンには認められませんから、まして”トラッククレーン自体に人が乗り、クレーン操作する等、絶対に認められ無いです”」

ヒアブトラッククレーン搭載ダンプに車検取得時には、あおりを屋根より高く嵩上げもしていません、このあおりの重さだけでも、何トンも重量が有ります、過積載用に、あおりを頑丈に作って設置し、思いっきりかさ上げして居るんです、クレーンで積載廃棄物を、思いっきり押し付けても、あおりが外に曲がらないように、頑丈で重いあおりを作り、取り付けて有ります。

ヒアブトラッククレーンの重量と、この違法改造あおりの重量と、屋根の上の板、梯子、クレーン設置の為、座席と荷台が大きく間が空いており、屋根から荷台に移動する為の板を合わせた重量は、10~12トン積載ダンプへの設置の場合、3~4トン単位有ります。

この改造の後の車両で車検を取得すれば、違法クレーン操作用椅子設置、あおり屋根より高く設置です、車高が変わります。

当然ですが、車両総重量規制が有るから、車両重量を3~4トン増やして、荷積載量を3~4トン減らす必要が有ります。

過積載用のあおり異常嵩上げ改造です、過積載の度合いが増えるだけで、何のメリットも無くなります「標準あおりの方が、どうせトラッククレーン搭載で、標準あおり一杯まで積載出来ませんから、標準あおりのままの方が、法律規定では、荷積載量が多いですから」

で、過積載用あおり異常嵩上げのメリットを保つ為「合法仕様で車検を取得し、後に違法改造して居ます、この後、偽造車検証と違法改造車両写真で産廃許可が出て居ます、後は民間のクレーン自主検査と、民間工場での車検取得、どちらも違法改造を隠した、偽造合格で通して居ます」

この犯罪事実、都道府県庁、政令指定都市、地方警察は、知った上で見逃して来て居ます。

責任は重大

  • 2018/10/01 07:40

@厚生労働省、国交省、道庁、振興局、札幌市環境課、道警、合法仕様の段階で車検を取り、後に、人乗車クレーン操作、違法トラッククレーンに改造、あおり過積載用違法改造、車検証偽造、違法改造証明写真を出させ、産廃収集運搬事業を許可、確信犯罪公認責任は重大です

                                平成30年10月1日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

加藤厚生労働大臣
TEL03-5253-1111(安全衛生法安全衛生部松本5477)
FAX03-3502-1598
FAX011-756-0056(龍瀧地方産業安全専門官)
石井国土交通大臣
TEL03-5253-8111
FAX03-5253-1639(自動車技術局技術政策課江連42255)
FAX03-5253-1637(貨物課尾崎41312)
FAX011-712-2406(札幌運輸支局内木首席陸運技術専門官)
和田昭夫道警本部長、交通課、生活経済課課長
TEL,FAX011-251-0110

1、記載先「ヒアブトラッククレーンは出荷時、クレーン支持支柱先に操作機器、椅子は付いて居ません、ダンプあおり異常嵩上げも無しです、この状態で車検を取り、後に違法改造し、都道府県庁、政令指定都市が、違法改造車両で違法産廃収集運搬事業を、無差別期限許可出ししています」運転手が違法責任を負い、事故責任も負います、犯罪クレーン、車両操作、運行ですから。

2、どう法を犯し、何が危険で拙いか、理解出来なかったようですが「例えば”工事現場用移動出来る、物資上げ下げ用エレベーターは、購入時”人乗車禁止、人が乗る可能性が有れば、販売しません”と謳って居ます”運送屋等倉庫で作られている、荷揚げ下げ用エレベーターも、人乗車禁止を謳い、設置、使用が認められて居ます”トラッククレーン頂点より上にクレーン操作機器、椅子を後付けして、合法仕様、合法作業の筈が無いです、過積載用違法改造、車検証偽造を知った上で見ない事にして、違法車両運行、過積載運行させて通して居る、法と人権、人命無視も度を超え過ぎて居ます」 

越後屋と談合する悪藩主、家老

  • 2018/10/01 07:05

今の日本は、悪い商人らと結託して、私利私欲を自由に満たす藩主、家老、息の掛かった藩の武士、商人、この構図と変わりません。

政府、国の機関が、国を憲法規定、各法律規定を正しく適用させて、合憲、合法で律せられる日本国を保つ事から、見事に放り出してしまって居るんですよ。

で、今の日本国の現実は、廃藩置県廃止前の日本に戻り続けて居るんですよ、日本国憲法、法律規定が意味を失い続けており、地方役人、地方政治権力、地方の実力者、この連中に取り居る詐欺師、この構図に食らいつき、利を得ようとする報道、こうした地元の動向を見て、犯罪を見逃す、犯罪を糾弾する人間を、冤罪を仕掛けて粛清して、地元の闇利権を守る、之に走る法曹権力、警察、之に成り下がり切って居ます。

21世紀の日本国は、18,19世紀に戻り続けて居ます、憲法、法律の正しい規定により、一国一制度で法治国家を形成する日本、は、実はとっくに崩壊して居たのですよ。

犯罪者が取り入る地方権力は、犯罪者の言いなりに、犯罪を事業と偽らせ、犯罪で稼がせて行っています、合憲、合法等守ったって、権力を得られた事で、我欲を満たす事は出来ないですからね、犯罪者の言うがまま、犯罪を事業と偽らせ、犯罪で稼がせてやることで、黒い利得が回って来るんですよ、権力を手に入れられた恩恵が、之によって得られるんです。

遺品整理、犯罪闇請負の強制公認も、この結果ですからね、複数の地方自治体が、北洋銀行と結託して、この犯罪に組み込まれに走って居るのも、要は権力の我欲の為です。

犯罪が行き過ぎて

  • 2018/10/01 06:36

地方分権のお題目を、まるで素晴らしい政策のように持ち上げ続けて、国が所管しなければ、国が崩壊してしまう、国を保つ為の根本の法律まで、都道府県庁、市町村が最高権限を持てる、ように丸投げし続けて居る日本です。

その結果、地方自治体は、やりたい放題に走り続けており、廃藩置県廃止以前の日本に戻り続けて居るんです。

徳川幕府に「藩主、家老の悪事を訴えて、藩の政治を是正しなければ、藩に仕える武士と、藩内の民人は、悪性に苦しめられるばかり、賄賂、情実人事、不正が横行して、もう治安維持も出来ないような事態になって居る、こんな日本の今が、実際そこら中で生まれ捲って行っています、時代を一気に百年以上引き戻した訳です。

大半の法律は、国の機関が根本を所管しなければなりません、その大原則を犯し、都道府県庁、市町村、弁護士、検事、裁判官、警察、詐欺事業者が、法の根本から犯し捲って、政府、国の機関が之を認める事を重ねて、当たり前の状況に持って来続けて居るから、日本の今は、徳川幕府支配時代と同様の「藩毎(都道府県、市町村毎)の、地元の役人、警察、政治権力、実力者(業者と詐欺師)報道が、治外法権支配出来て、通せている国家に成り果て続けて居るんですよ。

一国複数制度が、現実の日本の本当なのですよ、法を統一で、正しく適用など、どんどんされなくなり続けて居ますからね。

地方分権、法の根本規定まで、地方自治体の役人、政治権力、地元の力のある業者、地元警察等の自由裁量とさせて居ると言う、法治国家である事を破戒させる政策が、ここまでの時代錯誤国家を形成し続けさせています。

法の根本を、正しく統一適用させる事まで、国の機関、政府は放り出して、出鱈目な法の扱いで通させて来続けたから、徳川幕府時代の日本にまで、実際遡ってしまって居るんですよ、憲法、法律の根本規定で律せられる日本は、現実として崩壊して居ます。

状況が大きく変わって

  • 2018/10/01 06:14

@違法改造産廃収集運搬ダンプと承知で、道、札幌市他が産廃収集運搬事業許可出しは、国交省、厚生労働省が違法証明から無し、犯罪事業を撲滅に動き出しました、裁判所不動産明け渡し強制執行物品、遺品、個人所有物犯罪処理請負は、一部市議団が環境省、国交省、道庁、札幌市と、法を犯す部分を確認し、合法化に是正の動きに入りました

                                平成30年10月1日

〠100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
安倍総理、加藤厚労、石井国交、中川環境、上川法務、野田総務大臣
TEL03-5253-2111

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

FAX0155-37-2313 帯広、市議会、市税、環境各部署配布願う
FAX0134-32-5032 小樽市長、市議会、市税、塵減量推進、北後志広域連合
FAX0133-75-2275 石狩市長、市議会、市税、環境
FAX011-372-6188 北広島市長、市議会、市税、環境
FAX011-372-6188 江別市長、市議会、市税、環境
FAX0123-23-3137 恵庭市長、市議会、市税、環境
FAX0123-23-2492 千歳市長、市議会、市税、環境
FAX0126-23-9977 岩見沢市長、市議会、市税、環境

1、違法改造トラッククレーン搭載、過積載用あおりも違法改造、産廃収集運搬ダンプ問題は”道路運送車両法違反等に付いて国交省、陸運事務所が””違法改造トラッククレーン、高所危険作業等、労基法、労安法、労災補償法違反、違法労働に従事事実に付いては厚労省、労働局、労基が”事実証明後、違法潰し、合法事業に是正で動いて居ます”都道府県庁、政令指定都市環境は、車検証と違法改造ダンプが合わない事実を承知で、産廃収集運搬事業許可を出し、監督せず、で通させて居ます、重大な地方自治体犯罪です。

2、札幌市議団(一部)と一回目の協議を行い、別紙二部の通り、裁判所不動産明け渡し強制執行物品の合法扱い処理策と、遺品、個人所有物犯罪処理是正の為の、法に背く問題点列記等を行い、伝えました、今後これ等を持ち、政府、地方自治体誠治、国の機関、道庁、札幌市担当部署と協議を重ね、先ず札幌市分から合法化を果たす協議に動く、との事です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3696519
ユニークアクセス:3155735
今日
ページビュー:1142
ユニークアクセス:580
昨日
ページビュー:2428
ユニークアクセス:1335

Feed