エントリー

2018年11月04日の記事は以下のとおりです。

弁護士、裁判所、裁判官が

  • 2018/11/04 17:42

弁護士、有裁判所、裁判官は、公式に犯罪を手掛け、犯罪に直接加担して居ます。

金融機関と詐欺犯罪者が、公然と詐欺、横領に走り、警察、弁護士、検事、裁判所、裁判官が、直接詐欺、横領に加担、共犯実行に走って居ます。

今日の、札幌家裁相手文書の記載にも有るように、警察、弁護士、裁判所、裁判官は、裁判上でも詐欺、窃盗、横領に加担し、直接共犯で実行にも走って居ます。

遺産相続処理、遺産は詐欺、横領で金融機関職員から提供された金では有りません、当たり前ですよ。

警察、弁護士、裁判所、裁判官には「犯罪によって得られた利得は、遺産に該当もする資金だ、こう勝手に思い込み、通させて居る現実の犯罪加担、実行事実が有るのです」

法律家、違いますよね、国家権力を持てた特権を悪用して、犯罪者の用心棒を務め、合わせて詐欺、横領を共に実行に走って居る権力集団です。

犯罪によって得た利得も、遺産金員となる、訳が無いのですが、警察、弁護士、検事、裁判所、裁判官連中の頭では、犯罪で得た利得も、時によって遺産金員となる、場合もこうして実際、有る事とされて居るのです。

次男と長女は、普通では果たせない、巨大な警察、司法、行政、報道ぐるみ犯罪を、公式に表に出し、犯罪証明を果たさせた、大功労者です。

常にこれが通る、訳では無いけれどね、状況により、同じ犯罪行為で刑事罰則を科せられたりして居ます、出鱈目を超えた検察庁、裁判所犯罪の結果ですから。

金融機関は業務上横領が日常

  • 2018/11/04 17:10

義兄××××、義姉×××が実行犯の、義父、義母の身分を金融機関職員と共謀して偽り、金融機関の資金を横領した事件でも、金融機関、警察、司法ぐるみで、資金横領犯罪が、当たり前とされ、国中で普通に行われている事実を再確認しました。

偽造書類を作成、行使して、金融機関の資金を横領して置いて「預金契約者が”誰かに偽造書類を書かせて、自分の預金を引き出させた、合法な、預金契約者が指示しての、業務上横領だ”こう虚言を吐けば、警察、司法、金融庁が、正しく当人が、偽造書類を誰かに書かせて、自分で預金を引き出した、事となり、合法だ」

こう虚言を吐き、正しい預金引き出しだ、死んだ人が死後、自分の手で預金を引き出した、預金契約者が自分の責任能力を持ち、誰かに偽造書類手続きで、自分の預金を引き出させたのだ、こう言い張り、通して居る日本の権力犯罪の闇も、公式に表で証明されて居るんです。

犯罪国家権力、国家資格者、犯罪に染まり切った民間金融事業者ばかりの日本なのです。

弁護士犯罪国家資格者が、この犯罪も公認して、犯罪の限りを尽くし捲って居ます、警察、検事、裁判官、裁判所、報道カルトの共犯支援も、大々的に受けて。

合憲、合法な事業を行いたい、当社の目的も、こいつら国家権力テロ集団により、破壊させられて居ます、国家権力が悪に走って居ます、合憲、合法な事業は犯罪、と言う滅茶苦茶な屁理屈です。

金融機関犯罪

  • 2018/11/04 15:41

死人の身分を故意に偽らせて金を横領し、提供し捲って居る、金融機関の通常業務の一つです、死人は生きており、死後も自身で預金先に足を運び、自分の手で預金引き出し、解約書類を書いて、自分の預金を引き出して、持ち帰って居る、日本中の金融機関が、この詐欺行為も働いています。

預金契約者が死去後も、死んだ事を金融機関が知った上で「別人が死人の身分を偽り、金を詐取したいと申し出すれば”金融機関の職員達は、詐欺師を死人と偽らせ、偽造引き出し、解約書類を書かせて、金を横領して提供して居ます、で、死んだ人が死後、自分の預金を窓口手続きで引き出した、こう帳簿の処理を行い、警察、司法、金融庁、財務省が、正しい死人による預金引き出しだ”」

こう認めて、通して居るんですよ、日常的にこの犯罪も、国中の金融機関が先に立ち、行わせて通して居ます。

顧問弁護士も、検事も裁判官も、この犯罪も、正しい死人による預金引き出しである、一切違法行為は無い、こう強弁し、通し続けて居ます。

一方で金融機関の職員が、預金契約者の身分を偽った書類を作成して、金融機関の金を横領した、証拠は出さないが、こう訴えて、業務上横領罪で刑事罰を食わされて居ます。

どっちの犯罪も、証拠隠滅、隠匿でこの権力犯罪を通して居ます、証拠を正しく揃えて、使われれば、破綻しますから、金融機関も警察も法曹権力も、監督機関も、実行犯だと発覚するんで。

弁護士ぐるみで弁護士法違反も

  • 2018/11/04 15:28

まあ、弁護士が弁護士法違反に直接加担した実例は、実施枚挙に暇が無いですが、青森銀行、秋葉会、二事業者の顧問弁護士の実例のように。

その現実を見て、同じ犯罪が、日本中で、認知症が進行した方々のケアを行っている施設、ケアマネにより、預金先金融機関、顧問弁護士も共犯で「認知症が進行した方々は、実は認知症では無い、と偽り、認知症では無い方が、ケアマネに対して”自分の身分を偽った手続きで、自分の預金引き出しをして下さい、こう頼んだ、事にして”日本中でこの詐欺行為を繰り広げているんです」

そんなに確りして居るのであれば、自分で預金先金融機関に足を運び、自分で預金を引き出す手続きを行えば良い事です「認知症と言う症状は無い、偽りだ、認知症だと診断されて、行政が認定した方々は、実は当事者能力が100パーセント備わって居るのだ、こう秋葉会と青森銀行と、二事業者の顧問弁護士は、民事裁判でも主張して居ます」

挙句の果てには「特別養護老人ホームに入所して居る人達は、特養に預金通帳、印鑑を預けて居て”誰でも自由に入所者を騙り、金を引っ張れるようにして居る、これまで実際、させて居ます”」

誰でも自由に入所者の預金通帳、印鑑を持ち出して、当人を金融機関職員と偽り、金を詐取し放題出来ても居ます。

この悪事も、入所者の意志による、こう強弁して、通そうとして居るんですよ、特養施設には、こんな金づるが有ったんです、見知らぬ方でも見舞いに行きたくなりますね。

で、この惨状なので、遺品整理士なら弁護士法違反請負も出来る、とまで成り果てて居る訳です。

摘発される要件も

  • 2018/11/04 08:41

遺品整理だの謳えば、ここまでの犯罪請負が出来るんだと、本気で思うレベルが怖いです。

古物商許可、産廃許可、遺品整理士、こんな許可受け、民間詐欺資格で「不動産仲介、遺産相続受け、建設工事請負が出来る訳が無いです。

そもそも「不動産仲介と建設工事請負は、一緒の事業で出来るけれど、資格、許可を得れば、でも”弁護士、司法書士事務所も併用は、無理でしょうね”」

法律家の事務所で不動産仲介や、建設工事請負は、やれないでしょうね、宅建取引主任を置き、不動産業許可を得るんですか、施工能力を備えて建設会社も一緒に弁護士、司法書士事務所がするんですか、出来ないでしょう。

ここまでの無茶苦茶を、遂に道新は勝手に認めて走らせるまでになった訳です。

何処まで突っ走るやら、道新と警察、犯罪業者は、他の報道機関も、弁護士会、検察庁も。

忙しいので後で、この犯罪広告も追求しますか、ここまで来てくれて良かったかも、何処までも付け上がらせている結果が、この事態にまで持ち込ませたのだから、検察庁、警察、報道、行政が。

犯罪を公認の結果

  • 2018/11/04 08:19

今日の北海道新聞の折り込みチラシに、道新が犯罪請負と承知で、新聞に広告を打ち続けさせている、遺品整理士事業者のチラシを、折り込み元が共犯で入れて来ました。

プリモ遺品整理サービス、だそうです「リフォーム、解体、不動産売買、相続手続き、相談、おいおい、このチラシの記載だけで宅建業違反、弁護士法違反だぞ、建設業法違反も有るけれど。

良くもまあ、遺品整理士、古物商、産廃事業許可で、ここまで堂々と謳えるものだ、道新、HTB,STV等報道と、道警、青森県警、札幌検察庁、帯広市他が、ここまで付け上がらせたんです。

このちらし、道新折込センターで引き受けて、配布したと言う事です、道新は遂にここまでの犯罪を、公式に宣伝する所まで来た訳です。

ここに電話しました、全く法律も知らず、こんなチラシを作り、配布した、との事です。

不動産仲介、遺産相続処理に関与、完全に摘発物です、何が弁護士法違反だ、だよ、之こそ弁護士法違反だ。

建設工事請負も、当然違法だ、こっそり請け負うならばれないけれど、労働災害事故が起きたらどうするんだ、施主が賠償責任全部負うぞ。

道新も終わりです、ここまでの犯罪を、公然とチラシで謳わせ、通すんだから、怖いもの知らずですよね。

嘘で塗り固められた

  • 2018/11/04 07:00

事件番号 平成30年(家イ)第1908、1909号
       遺産分割申立事件 

                                平成30年11月4日

申立人 ××××、×××

相手方 小林清志、山本あつ子

札幌家庭裁判所遺産分割第5係 吉住陶弥書記官 御中
TEL011-350-4680
FAX011-222-7550

                                      相手方

                                     小林 清志
                        TEL,FAX011-783-5880
                                    山本 あつ子
                            TEL011-784-4060
                            FAX011-784-5504

1、札幌家裁、調停委員、担当裁判官は、本遺産分割申立事件に付いて、法に沿った申立内容とするよう、申立人に修正させ、法に適った正、負の遺産証明から果たさせて、法に沿った遺産相続処理を果たせるようにさせる事を求めます、ここまで出鱈目な申し立てでは、遺産処理等終えられません。

(1)小林武四郎の死後、武四郎の身分を偽装し、二件金融機関職員と共謀して、××××の家族が資金横領した事件では”昨年11月7日に武四郎が死去し、同月9日に、JA十和田おいらせ上北支店に××××と娘が足を運び、上北支店小笠原課長と陸男、娘が共謀して、武四郎が上北支店に足を運び、自分で預金200万円を引き出す手続き書類を書いて使い、死んだ武四郎が00万円を引き出し、帰った”と偽った。

※JA十和田おいらせ本部、高谷金融部長の証言”小笠原課長は××××さんから、武四郎さんが死去した、武四郎さんの預金を引き出したい、と申し出を受けて、娘さんに武四郎さんが来て、預金引き出し書類を書き、200万円を自分で引き出し、持ち帰った、と偽装させ、娘さんに200万円を渡した”武四郎さんの預金は、山本隼行政書士さん作成、遺産目録記載通り、法に沿って、武四郎さん死去時の昨年11月7日の預金額通り、450万円そのまま残って居ます、小笠原課長は数度、××××さんに対して、200万円を返して欲しいと求めて居るが、○男さんは返す返す、と言うだけで、200万円を返してくれず困って居ます、遺産預金は正しく相続権者が決まれば、武四郎さんが死去時の金額を支払います。

(2)青森銀行本店、工藤副部長証言”昨年11月15日に、青森銀行上北支店に××××、奥さんが来て、武四郎さんが死去した、武四郎さんの普通預金を解約して金を持ち帰りたい、と求められて、菖蒲川担当は”奥さんに、武四郎さんが上北支店に来て、自分の預金を解約して、30万円余りを持ち帰ったと偽った書類を書かせて、奥さんに30万円余りの金を渡しました”法律上は違法行為で、表立った場合は、この違法手続きは認められませんが、武四郎さんが死後、正しく預金を引き出した、遺産預金が現金化された、事に偽ってして下さい、青森銀行は修正に応じたくないので。

※青森財務事務所坪田担当は”この一件は青森銀行による、業務上横領行為、銀行法違反、特別背任罪ですが、青森銀行が預金を正しく戻し、帳簿を偽造して、30万円余りを使途不明金と偽った処理を行い、××××さんに上げるならそれで良いですよ”青森銀行が預金を戻し、帳簿を偽造し、30万円を奥さん、陸男さんに上げる事に応じないんですか、では証拠書類、ビデオ映像等を揃えさせて金融庁に報告させて、内容により監査を行い、行政処分をどうするか、決める事とします”

(3)今年4月2日、小林オナヨが、秋葉会経営特別養護老人ホーム、彩香園アルテリーベに預けて有った、青森銀行上北支店普通預金通帳、印鑑を、施設職員高田が持ち出し、×××、青森銀行菖蒲川職員と共謀して”認知4~5の小林オナヨが、自分で上北支店に足を運び、自分の預金100万円を引き出す書類を書き、100万円を持ち帰った、と偽り、×××にこの横領金100万円が渡った事件”では、秋葉会高橋事務長、高田ケアマネ、顧問弁護士、青森銀行上北支店主部川、顧問弁護士は”認知症と言う症状は存在しない、小林オナヨは100パーセント当事者能力、資格を備えており、本人の意思で子に自分の身分を偽らせ、自分の預金100万円を引き出させた、金は×××に渡した、正しい預金契約者の身分偽装手続きでの、預金契約者の預金引き出し、100万円提供である、秋葉会と青森銀行は、他の入所者こうに付いても、恒常的にこの、預金契約者の身分偽装の手での預金引き出しを行っている、証拠も有る、と主張して居ます。

※この問題で法務省司法法制部と話した所”弁護士法第72条違反ですよね、自己が金銭を得る目的で、恒常的に無資格で、金銭が絡む代理行為を行って居る、と言う事ですよね、秋葉会と青森銀行顧問弁護士は、非弁行為者の共犯”と言う事ですよね、法務省はこの件に関わらないので、弁護士法違反、詐欺行為で刑事事件で(検察に)扱わせて、最高裁まで持って行かせて、最高裁に、刑事訴訟法手続きで判決を出させて下さい”認知症の方々の預金引き出し、財産管理等に付いては、政府が肝いりで進めている、厚生労働省と制度作りを行って居る、任意後見制度に制度作り、対応を任せます、との答えを得ており、青森地検に法務省からの指示も伝え、刑事訴訟法手続きを執るよう、法務省、政府とも協議するよう求めて有ります。

2、上記業務上横領、詐欺等犯罪で、××××の子、妻、×××が得た利得は”JA十和田おいらせ、青森銀行の資金を職員が横領、詐取し、××××の子、妻、×××に提供した、犯罪利得で有り、小林武四郎、小林オナヨの遺産預金では有りません”この犯罪利得を除外して、小林武四郎、小林オナヨの遺産預金を、先ず正しく、武四郎死去時の遺産預金額で確定と、オナヨが100パーセント当事者能力が有り、子に自分の身分を偽らせ、100万円を詐取し、貰うよう求めたのか、認知程度4~5が事実で、秋葉会、青森銀行、二事業者顧問弁護士が虚偽を主張し、詐欺、業務上横領を糊塗に走っているのか、オナヨの診断書を××××、×××に出させて、認知の有無証明からさせるよう求めます。

3、裁判所、弁護士、裁判官、警察が”虚偽私文書作成、行使、業務上横領、詐欺(窃盗他も)を公認し、犯罪で得た利得を合法利得だの、遺産預金、認知症で当事者資格喪失者の預金が、偽造手続きで正しく引き出された、合法な詐欺、横領金入手である”こう認めて通そうとして居ますが、日本国の憲法、法律の、どの条文で認められて居ると言うのでしょうか。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3627127
ユニークアクセス:3101554
今日
ページビュー:3101
ユニークアクセス:2991
昨日
ページビュー:2958
ユニークアクセス:2867

Feed