エントリー

2018年12月の記事は以下のとおりです。

国家権力の庇護から外れ掛けている犯罪業者

  • 2018/12/31 08:06

国家権力の庇護を受けて、悪事の限りを尽くして、通って来た犯罪をしのぎとさせて居る、犯罪業者の幾つかが、国家権力からの、犯罪の公認、この庇護から外され掛けて居ます。

犯して居る法律が、犯罪を共に凶行国家権力が所管して居る法律では無いので、法を強く犯している事実、証拠により、犯している法律規定が、刑事罰則適用の法律、犯罪行為なので、共に犯罪を行って来ている国家権力が、犯罪を見逃す事が出来ないから、監督機関が動いて居る故、共犯国家権力が、もう庇護出来なくなっています。

今までは、共犯の国家権力が「犯罪に走らせている民間業者に対して”幾らでも犯罪を行って良い、公的機関のうちが、犯罪を認めて居るから、警察も検察庁も、報道も何処も、犯罪行為を糾弾、処断しないから、犯罪の限りを尽くして良い”」

こう、犯罪業者に犯罪を認めて、犯罪を行わせて、警察、検察、裁判所、法曹資格者、報道ぐるみで、犯罪と承知で、犯罪を重ねさせて、通して来たのです。

犯罪をこの連中は、犯罪と承知の上で、犯罪者と共に法を犯して、犯罪の限りを尽くして、通して来たのです、都道府県庁、都道府県警、市町村、地方政治、報道、国税、司法等が、犯罪者に犯罪を認めて、共に犯罪を手掛けて、犯罪を免責に走って、通して来て居るんです。

産廃輸送車両が、解体屋、廃棄物収集運搬屋の車両は、ほぼ違法改造で、車検証偽造車両ばかり、過積載運行用の犯罪改造、車検証偽造、この手で日本中、廃棄物輸送は過積載運行で、警察、司法、地方自治体、報道ぐるみ、知って隠して通して来て居る、権力犯罪行為。

この権力犯罪も「国土交通省、運輸支局、厚生労働省、労働局、労基が所管する法律を、刑事罰則適用となる内容で犯しており、警察、司法、地方行政機関、報道が、犯罪を見逃して、今まで通りに犯罪運行を通す事が出来なくなっています」

警察、司法、監督機関、報道によるテロ続発に

  • 2018/12/31 07:51

権力が指揮する、共犯で加担して居る犯罪は「事実証拠を積み重ねられて、権力テロ、犯罪を立証されれば、警察、司法、行政、報道、テロ行為者は、全く法律で太刀打ち出来ません」

この連中は、普段から「物事の理から何から、何も正しく理解も出来ないで、三流以下の犯罪者の言うがままに、同類がこの手合いだから、三流以下の犯罪者の戯言以外受け入れず、共に犯罪に狂奔する、之ばかりを重ねて来て居ます」

国家権力の頭の程度を、三流以下の犯罪者連中は、知って居る訳です「馬鹿を超えた連中だから”上手い事犯罪を、国家権力を使って成功させれば、国中で同じ類の犯罪を、地方自治体、地方政治、警察、報道、司法ぐるみ、蔓延させて通すと、知悉して居るんですよ”」

正しく物事を判断する知識、理性、まともさ、世間知が、この国の国家権力集団には、全く備わって居ない事から、三流以下の犯罪者ですら、知悉して居るのです。

国家権力が欲しい答えを、犯罪で稼ごうと企む連中が、愚かを超えた国家権力に告げれば「我が意を得たと、国家権力犯罪行為者の一角が大喜びして、犯罪を採用するのです」

後はもう、なし崩しで、日本中の国家権力が、先を争って、同様であろう犯罪に手を染めて、染めさせて行く、之が国家権力犯罪が、日本需を席巻し捲って、通って居る原因、理由、流れです。

犯罪を、国家権力を悪用させて、国中で繰り広げる、犯罪者と共謀した国家権力が、日本中でこれを重ねて、通して居ます、ここまで狂った、カルト犯罪無能国家権力しか居ない日本です、憲法、法律に、意味など備わる筈が無いのです。

国家権力犯罪、テロ行為の蔓延、犯罪免責の山の公開により、同じ犯罪を、ご都合主義で訴追が、どんどん出来なくなっています、当たり前ですよ、巨大な件数、規模で、同様の犯罪を、日本の国家権力が指揮を執り、国中で繰り広げているんだから、公開された事実になって居る事ですから。

金融詐欺、横領の指揮、実行、犯罪免責とも

  • 2018/12/31 07:33

金融犯罪の詳細な内訳証明でも、何処の国家権力が、どうやって犯罪を成功させて来て居るかが、良く理解出来て居るでしょう、分かる人は、ですけれど。

事業の内容から、帳簿記載等を偽造して、犯罪を隠して、それを国税、監督すべき官庁他ぐるみ、知った上で故意に見逃して「金融屋の事業を、犯罪塗れに染め上げさせているんです”預かっている資金を、金融屋が、色々な手口で、自由に横領し、資金を横領後、提供させるよう指示した相手に、犯罪資金を提供し捲って居ます”」

で、帳簿から何から、偽造に走らせて有り、横領を消して居るんです、犯罪を証明する証拠書類は、偽造して、犯罪を消して居るし、犯罪証拠が有れば拙いとなれば、監督官庁、警察、国税、司法ぐるみで、闇処理もさせて居ます。

この現実も、詳細に、犯罪者から証拠も出て来てて、正しい事実だと立証されて居ます。

この事実、証拠の公開にもより「金融屋が言う、業務上横領事件、金融屋の職員が、金融屋の資金を横領しただのとされた事件は”業務上横領を証明出来る、金融屋の帳簿等は、元々偽造ばかりで存在しておらず”又、金融屋の帳簿を、正しい犯罪の証拠で出せば、偽造のオンパレードです、自爆するんで出せません、之も、使いの実例証拠で、公式証明された今年です」

と言う事実、証拠も公開されており、金融屋の職員連中は「元々そうなように、資金横領し放題なのですよ、国家権力ぐるみで、資金横領を、国中の金融屋にさせて、差し出させて居る事実、証拠も、金融屋の職員は、山のように持っており、この犯罪隠蔽も、帳簿から偽造だとも、知悉して居ますから」

金融屋の幹部、国税、警察、司法、監督官庁は、絶対に業務上横領事件?だと騒いでも「証拠の帳簿他を、正しく証拠で使う事が出来ないのです、同様の犯罪が山のように行われて居て、帳簿から偽造ばかりですから」

過積載運行を、警察、司法、行政ぐるみで、トラックメーカーも

  • 2018/12/31 07:20

今年、当社が公開証明した、国家権力テロ、犯罪には「誰もが普通に目にしながら、黙認、公認に走って居る、国中で行われて居る極悪国家権力犯罪、テロの一つ”産廃収集運搬車両、解体屋、廃棄物収集運搬専門の業者のトラックは、違法改造車ばかり所有、使用が通っている事実”も有ります」

違法改造の目的は、廃棄物収集運搬、公道運搬で、積載限度の数倍過積載して、公道を運行出来るように、警察、司法、監督機関で関与して居る所が、全部確信犯でこの犯罪を公認して来て居る、過積載運行を指揮して、廃棄物処理費を安く上げられており、万人が恩恵を受けて居るから、この狂った行為を、国家権力が指揮して、認めて居る、と言う構図、言い訳です。

遺品整理、個人の所有物犯罪処理前提闇請負を、警察、司法、行政、報道ぐるみ、必要となる犯罪を、全て認めて、犯罪行為事実により、告発されても「犯罪だが犯罪としない、法の適用を免責とさせて、逃がして居る、理由は”犯罪を行い、安く?処理されており?喜ばれて居るから、犯罪全てを、警察、司法、行政、報道ぐるみで認めて通して有る”」

之が「犯罪を、国家権力の悪用の手で指揮して、行わせて、犯罪を見逃す、犯罪を免責で逃がして居る、警察、司法、行政、報道の連中の、犯罪を共に重ねて、犯罪を国中で行わせ、共に犯罪に走り、通して居る悪事の正当化理由です」

廃棄物収集運搬事業犯罪と、同じ構図、言い訳です、この国の国家権力は、根本からテロ犯罪集団なのです、犯罪者そのものが集った国家権力であり、合憲、合法の破壊に狂奔している連中です。

現実と向き合う人間性、スキル自体ゼロレベル

  • 2018/12/31 07:08

国家資格を得た、法曹資格を得たら、神羅万象全てを支配下に置いた、少なくても日本国の絶対神に君臨出来る立場になった、こう、本気で弁護士、検事、裁判官カルトは、自己信仰、狂信に走るんですよね。

現実と向き合える人間性が、そもそもゼロレベルで備わっておらず、社会性を身に付けられる筈が、そもそも無い連中です、法曹資格を得たからと言って、社会で起きて居るトラブル、事件を「法に沿い、正しく理解、把握出来る事は無いですが、全く社会に適合できないから、ここから理解も不可能です」

弁護士、検事、裁判官だけが、日本国の絶対の神、独裁支配者だと、本気で自分達を狂信してだけ居て、周りの国家権力、報道等も、政治家も、自分の行動に、公務の筈の行為に、何の責任も持てないレベルの人間しか居ないから、法曹資格者を神に祭り上げて置き、自分達の悪行、法破り、犯罪を、司法犯罪ロンダリングで、見逃して貰っている、犯罪国家権力談合に、都合良く利用して居るのです。

自分の頭で、何も正しく理解が出来ない、狂ったカルト集団なのです、オウムの連中と、ほぼ変わりません、テロ、犯罪行為を日常として居る事実も、オウムとこの連中は、同様です。

日本国を、司法他国家権力が指揮する狂気のテロ、犯罪国家へと作り変えて、法曹資格者が「オウムの連中が目指したのと同様に、司法テロを絶対の制度化させて、独裁恐怖支配する、ここが目指して居て、実現させて来て居る、法曹資格者が恐怖独裁支配する、日本の未来、現実にそうなり続けて居る日本国の今、近未来です」

犯罪国家日本、警察、司法が権力犯罪を公認、犯罪免責に狂奔し、犯罪を事業化させて有る、今では公式に、表で証明されて、通されている現実です。

警察、司法は犯罪者の共犯

  • 2018/12/30 15:42

今年もまあ、呆れ果てるばかりに「警察、司法テロ犯罪が、次々公開立証されて居ます、犯罪者の用心棒、犯罪を免責に走る事しか出来ない、狂気過ぎる警察、司法の現実が、公開で証明されて居ます」

遺品整理、死後受任契約、個人が所有する不要物を、犯罪を重ねて闇に溶かす、泥棒他請負に付いては、遂に道警本部は、札幌市環境局、東田課長からの、摘発を求めた告発も握り潰しに走り続けるまで、表立ったテロ警察化してしまって居ます、当然札幌検察庁、札幌の裁判所も、共犯です、犯罪組織に、完全に成り果てて居ます。

他にもこの組織は「無許可有料貨物輸送発注、請負の公認、犯罪握り潰しを、公式に果たして居るし、違法改造車を、トラックディーラーが仕切って造り、車検証上は違法改造が無いように、車検証偽造を行って、販売して、道路走行させて居る、過積載運行を、国中でさせて、通す警察、司法犯罪事実も表に出されて、この犯罪も、公認に走って居ます」

どんどんこうして、警察、司法が頭を張って居る、凶悪犯罪の公認、犯罪握り潰しで、犯罪を公式に続行させて居る現実が、表に出されて行って居るのです。

最早この国は、法治国家等では全く有りません、とっくに日本は、警察、司法、行政、政治、報道等が共謀してのテロ、犯罪シリーズによって、法治国家等では無く成り果てて居た、この事実が、今年更なる実例証拠により、表に出されただけなのですよ。

違法改造車を公道で走らせて摘発された、だの、違法改造車と言う事を隠して、車検証が偽造されていた、だの、過積載運行で摘発された、だの、完全に警察が、他意を持って、恣意的に摘発して居るに過ぎません、実際には、凄まじい件数、トラックディーラー、警察、司法が共謀して、違法改造車制作販売、公道走行実施、車検証上は、違法改造車では無いと偽って有る、過積載用違法改造なので、正しい積載量の数倍過積載運行が、国中で公然と行われ、警察、司法、監督官庁が共犯だから、公式に犯罪と承知で、通されて居るのです。

もうこの国の警察、司法、監督官庁、報道は、完全な組織犯罪集団です、犯罪を取り締まれる国家権力では無くて、犯罪を行っている当事者です。

犯罪であれば、何処も同じ筈

  • 2018/12/30 15:19

当社、小林清志、妻が、弁護士法第72条違反、非弁行為者で共犯と言うのであれば、当社が調査を行てきた相手も、犯罪故捜査を求めて来た先も、犯罪事実証拠を持ち、民事訴訟を提起する為、訴状、準備書面、証拠書類を、私の手で作成して、小林清志、妻が使って来ている事を認めて居る、札幌の裁判所、裁判官も、全部同罪でなければならないのです。

ですが、件の弁護士と、弁護士なのに、己が行って来ている、代理人行為なる、呆れ果てるばかりの所業を、自分で合法証明も出来ないらしく、代理人弁護士を使っている、代理の弁護士も、札幌弁護士会も「警察、裁判所、裁判官等、法務省、総務省、税務署等、金融機関、秋葉会、施設等に対しては”弁護士法第72条違反行為者で、共犯で有り、刑事告訴する、とした文書を送っても居ません”札幌弁護士会は、ここへの調査もせず、逃げて居ます」

法律規定は、同じ行為であれば、答えは同じです、小林清志、妻、当社にだけ「弁護士法第72条違反だ、共犯だ、刑事告訴する、こう脅して居て、他の国家権力、事業者には、一切同じ文書を送り、脅して居ません」

言い掛かりだから、国家権力相手にも、調査先、死人になった親、認知の親の身分を偽り、犯罪利得を手にした、他の泥棒にも手を染めている犯罪者の、共犯事業者連中にも、弁護士法第72条違反の共犯者だ、告訴するぞ、と文書を送ったり、直接脅したりは、全く出来ないで居るのです。

しかも「私が作成して、清志、妻が使って起こした訴訟を、件の弁護士は、受けて居るんですからね、札幌の裁判所、裁判官を、弁護士法第72条違反の共犯だ、この裁判は無効だ、と脅してもおらずで」

札幌弁護士会も同じです「弁護士法第72条違反行為者だ、共犯だ、と言うのが正しいなら、当社と私が関与した事を受けた相手は、全部同じ犯罪に該当しなければ、話が全く合わないに決まっています、件の弁護士と代理の弁護士と、札幌弁護士会は、共犯なのですよ、この事実が証明して居る事は」

悪事を重ね捲り、通されて来て居るが

  • 2018/12/30 09:47

警察、検察庁、裁判所、検事、裁判官、弁護士が頭を張り、犯罪の限りを共に尽くし捲り、国家権力を悪用して、犯罪を成功させて居る、犯罪がばれた、犯罪責任も免責で逃がす、之を公式に重ね捲って居ます、日本の現実です。

犯罪だと、正しく事実証拠を表に出され、立証されてしまい、犯罪の正当化に突っ走しっている、犯罪を免責とさせると突っ走って居ます、之で警察、司法機関、法律家なのです、之がこの連中、組織の日常権力テロ行為です。

犯罪を共に凶行で、犯罪利得を得られるように謀り、一部を弁護士犯罪国家資格者に還流させて居る、犯罪者そのものの所業です、警察、検察庁、裁判所、検事、裁判官ぐるみの権力犯罪事実です。

犯罪に禁忌が、全く無い組織、構成員なのです「犯罪を証明したければ、警察、司法を調べれば、山のように実例証拠が出て来ます」

遺産となった金品を、相続して居ない者と、共犯者が共謀して、泥棒して利を得ている、警察、行政書士、司法書士、法曹三者、検察庁、裁判所、金融庁、財務省、国税庁他が共犯だから、国中で行えて、成功して居るのです。

認知が進行して、当事者資格も失った人に付け込み、認知の人の所有財産を、好きなように詐取して居る、認知症者のケア施設、担当職員、顧問弁護士、認知症の方の預金先、一部身内等が共謀して、国中でこの犯罪も、山のように行われて、警察、司法、金融機関監督先機関等が共犯故、国中で今も、認知症者だから犯罪し放題で良い、当たり前とされて居るから、今も堂々と行われ、強引に成功させて有ります。

廃棄物処理事業も、犯罪塗れだと証明して有ります、国家権力がやはり、犯罪を多数組み込み、犯罪を、民間の犯罪者と共に行い捲って居ます、腐り切った国家権力です、犯罪組織、構成員だけです、日本の国家権力の真実です。

脅迫、偽計業務妨害は、弁護士連中には常習の犯罪

  • 2018/12/30 09:19

当社が「妻、義兄から委任を請けて、義父の遺産金品泥棒多数事件、次男と家族が実行犯の一角犯罪や、認知で施設に入所していた義母が、施設に預けて有った預金通帳、届け出印鑑を、施設の職員が違法に持ち出して、長女と共謀して、義母の身分を偽り、青森銀行ぐるみ、金を詐取した事件等を、徹底的に調べ上げて、犯罪を詳しく証明も行った、各必要な証拠も、法的手続きを取り、入手して来た」

こうした、合法な調査等請負に対して、犯罪者連中は、弁護士らしい人間を使い、犯罪の隠蔽、脅して犯罪を隠そうと、悪事の限りを共に尽くし捲って来て居る訳です。

で「当社、委任者妻、義兄に対して、件の弁護士らしい者は”当社と委任した妻、義兄は、弁護士法第72条違反、非弁行為犯罪の共犯だ、告訴する、等脅しを複数回、重ねて居るんです”」

ですが「当社が調査を行って来ている、犯罪故捜査せよ、等要求して来て居る相手方多数には、一切同じ脅迫を行って居ません、もし当社と委任者が、弁護士法第72条違反行為者で、犯罪を行って居る者だとするならば、調査、証拠提出先も、全部弁護士法第72条違反行為者の筈です、何故同様の書面を送り、全部刑事告訴(告発件しかない法律ですけれど)して居ないのか、この犯罪を、正当な行為だ、一切違法は無い、こう決めたとして、逃がしに走って居る札幌弁護士会の連中も、整合性を取った、弁護士法第72条違反の成立の可否に付いて、法を備えた決定を行い、公式回答が必須なのです」

私は、調査の結果、手に出来た証拠を使い、複数の訴訟資料も作成して、義兄、妻が使って来ています「でありながら、件の弁護士、札幌弁護士会は、札幌家裁、簡裁、地裁、相手方法務省他に対して”弁護士法第72条違反行為の共犯である、告訴する”ともして居ないのです」

法律は、100かゼロです、当社、義兄、奥方が、弁護士法第72条違反の共同正犯となる事実、法の根拠があると言うなら、調査相手も、裁判所、裁判官も、相手方も、全員弁護士法第72条違反の共同正犯で、公式に扱て居なければ、やはり犯罪を隠したくて、言掛りで脅して来た、之が事実です。

死んだ人の財産を、身分を偽って盗み、使い捲って居る、認知が進行した人に付け込み、入所施設が共謀して、認知の人に成りすまして、預金先も共謀して、金を詐取、こんな極悪な犯罪を隠す目論見でしょう、言掛り弁護士犯罪の理由は。

訴訟資料作成、使用も

  • 2018/12/30 08:24

懲戒請求対象の弁護士は、私が作成して、使用された裁判資料での訴訟も「札幌地裁に対して”訴状作成者は山本だ、受けた裁判所、裁判官も、弁護士法第72条違反行為者、共犯者だ、告訴するからな”これをして居ません」

全く法に沿って居ません、完全な「己も共犯者となって居る、委任者と家族らの犯罪、他共犯者多数犯罪を、言掛りを持った脅迫の手を使い、弁護士の権力を悪用した、言掛りによる脅しの手を使い、犯罪を隠そうとした、犯罪行為と言う事です」

山のような犯罪者達の一角に入り、犯罪の限りを尽くす手助けに走り、犯罪を成功させると走って来て居る、この事実、証拠を揃えられれば、自分も拙いから、場当たりだけの直接脅迫に、偽計業務妨害行為に走っても来て居るのです。

正しく弁護士法第72条違反だ、之を立証できる事実、法律根拠を持って居るのであれば「当社が調査等を行い、受けた相手方全部が、弁護士法第72条違反の共犯でなければならないけれど、法務省、総務省も、裁判所も裁判官も含めて、当然ですが、一切ここも含めて、非弁行為の共犯者などと言う事実も無いです」

言い掛かりの程度が、呆れ果てるばかりに低いです、こんな虚言、詭弁での脅迫、偽計業務妨害行為逃れを、札幌弁護士会も、詭弁で通そうとして居ますが「全く逃がす理由も、立って居ないのですよ、綱紀員も含めて、弁護士連中の大半は、こんな言い掛かりでの脅迫も、揃って行い、場当たりで責任逃れを通されて居るんです」

弁護士法第72条違反だ、当然の脅迫だ、理由がある脅迫だと言って居るんですから「相手方全部に同じ事をして、全部刑事告発しなければ、正当性は微塵も無いのです」

ページ移動

ユーティリティ

2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4324031
ユニークアクセス:3634927
今日
ページビュー:962
ユニークアクセス:949
昨日
ページビュー:3917
ユニークアクセス:2936

Feed