エントリー

2019年01月04日の記事は以下のとおりです。

犯罪を指揮、実行警察、司法、行政

  • 2019/01/04 18:30

犯罪組織、警察、司法、行政、報道の実際が之です、国家権力を手に入れて、犯罪を公然と行い、通る立場となった、と錯覚して、実際犯罪し放題出来て、通されて居るのです。

犯罪を表だって指揮して、共に犯罪に走って、国家権力を悪用させて、犯罪を公然と、犯罪者と共犯となって、行い、通して居るのです。

千葉市で昨年9月8日に起きた「元々過積載用に違法改造して有り、車検証偽造の、産廃輸送用トレーラーの、過積載故の横転、対向車線の車に積載鉄屑が降り掛かり、乗員を圧死させた事件も、警察、司法、行政ぐるみで、過積載用違法改造トレーラーを、メーカーぐるみ造って売り、公道走行出来ない違法改造と言う事実を隠して、犯罪運行させて、過積載運行だったので、転倒した、国家権力犯罪による死亡事件です」

この犯罪も、警察、司法、行政、報道、政府ぐるみ、知って居て、犯罪を重ねさせて、当然起きた死亡事件なのです。

犯罪を警察、司法、行政、報道が、公式に指揮して、犯罪国家を形成して居る、その結果の死亡事件です。

犯罪を当たり前とさせて居て、犯罪によって理不尽にも被害を加えられて、被害を泣き寝入りもさせて居ます、国家権力犯罪だから、強引に泣き寝入りさせられて居るのです。

今後どんどん、この殺人産廃輸送車両で「過積載仕様だから当然、過積載運行して、人を殺しても、国家権力犯罪と言う事実を使えば、免責されるでしょう、国中の都道府県庁で、国家権力犯罪で、行われて居る犯罪ですから」

千葉市の事件で、国交省、厚労省、千葉県庁、千葉県警、裁判官、裁判所、弁護士連中は「運転手さんを、表だって庇う責任を負って居ます、当然ですから、国家権力犯罪によって、不当にも過積載運行させられて、転倒死亡事件となったのだから」

憲法、法律が正しいか、間違いか、警察、司法は間違いで通して居る

  • 2019/01/04 16:48

憲法、法律は、警察、司法は、間違いだから守る必要は無い、之を日常的に言い張り、強権発動で押し通す事を重ねて居ます。

行政は、憲法、法律を、職権を悪用させて置かしている事実、証拠を揃えられて、糾弾されれば、何れ誰か、担当部署の役人が、憲法、法律を犯している事実を認めて、正しい方向に、是正させるべく動きます。

警察、司法に、合憲、合法、社会正義、法で律せられる国家を求めても、無駄です、別次元の生き物ですからね、憲法、法律の規定なぞ、警察、司法権力の連中には、そもそも理解自体、ほぼ出来ないですから。

前提が完全に違います「憲法、法律規定に沿う気なぞ、全く無い集団です、狂ったカルトテロ権力、犯罪集団ですから」

今日の文書の記載でも、良く分かるように「警察、司法は、憲法、法律規定は、無いのと同じです、守る気自体、微塵もないテロ国家権力です」

この連中が、刑事事件だと扱う事件の多くは「事件の構成から何から、出鱈目、でっち上げ、虚偽、偽造です、まともに刑事事件を組み、立証した実例は、本当に少ないんですよ」

犯罪が証明された、弁護士、警察官、検事、裁判官カルト上げて「詭弁、虚言、三段論法、嘘、偽造ねつ造に走り、出鱈目、でっち上げた事件医、強引に造り変えて、押し通しに走ります」

まともさを求める方が愚かです、警察、司法は、国際テロ犯罪行為集団です「素養がそもそも無いのですから、合憲、合法なぞ、求めるだけ無駄です、根本から合憲、合法、社会正義実現なぞ、果たせる生き物では無いのですから」

千葉の事件で、一応国交省、厚労省、出先等は、行政による犯罪公認、続行責任から認めて居ます、警察、司法より、まだマシでしょう。

在原君、連絡下さい

  • 2019/01/04 16:30

千葉市で起きた、車検証偽造、過積載用違法改造トレーラー横転事故、対向車に鉄屑落下、乗員全員圧死事件、運転手さんにも文書を郵送しました。

あの事件、国策犯罪です、戦争で軍人が、敵を殺すのと同じ構図です、罪に問える訳が有りません。

今までずっと、犯罪を知って居て、犯罪を止めもせず、犯罪を認めて突っ走って来て居ます、警察、司法、国、地方自治体、政治、報道ぐるみで。

完全に国家権力犯罪、確信犯罪です、千葉市の過積載トレーラー横転、対向車に鉄屑落下、圧死事件は、国家権力が確信犯で起こさせた、権力犯罪です。

法を正しく適用させて、違法改造、車検証偽造産廃輸送トラック、トレーラーを、即刻使用禁止として、産廃屋に捜査、調査を掛けて居れば、あの死亡事件は起きなかったのです。

国挙げて、違法改造産廃輸送車両を造らせ、車検証を偽造して、積載量を減らさないで、更に過積載運行を、今も国中で行わせて、故意に見逃し続けて居ます。

犯罪も労働である、こう嘘き、犯罪に従事させて居るんです「法に沿えば、即刻使用を禁じなければならない産廃輸送車両です、それを承知で、国家権力が指揮を執り、違法車両の運行をさせて、過積載させて、通して居ます」

元々国策で、過積載仕様の産廃輸送ダンプ、トレーラーを作って売り、車検証を偽造して、積載量を誤魔化して置いて、更に過積載運行を、官民挙げて行わせ、警察、司法、監督すべき国、地方自治体挙げて、犯罪を知って居て、隠して、ばれてからは、公式に犯罪運行を続行させて居ます。

罪に問える道理が有りません、国家権力が行わせて居る、今も行わせて居る、権力犯罪の結果ですから。

司法犯罪に

  • 2019/01/04 14:29

@上下肢一級身体障害故、訴訟、調停に介助者が付かなければ臨めない、山本あつ子の障害に付け込み、介助、補助者を付ける事は違法、こう、相手方被告青森銀行、秋葉会、委任弁護士と、調停申し立て者       、       、委任弁護士      の言い掛かり異議を認め、あつ子が訴訟、調停に望めない状況に落とし、訴訟、調停不出廷と言い掛かり、無条件に勝つとしている、山本あつ子は憲法、法律、閣議決定他を準用し、札幌市に必要な介助申請中です、司法犯罪で陥れる事は認められて居ません

                                 平成31年1月4日

                                本件申立者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                     山本あつ子
                            TEL011-784-4046

               山本あつ子夫、ハウスリメイク取締役、同住所

                                      山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

〠100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府、安倍総理、麻生財務、金融大臣、石田総務、根本厚生労働大臣
TEL03-5253-2111

大谷直人最高裁長官 最高裁回答も、間違いで無効、法務省、最高裁
TEL03-3264-8111 回答、間違い無いですよね
FAX03-3264-5691
山下貴司法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局、広報
TEL03-3581-4111
FAX03-3592-7393
根本匠厚生労働大臣 大臣官房秘書課 障碍者に介助者を就けて訴
TEL03-5253-1111 訟遂行、この手続きに回答は?
FAX03-3592-1281 障害保健福祉課
FAX03-3592-1459 介護保険指導室、徳久担当
札幌高裁綿引万里子長官、宝塚誠地裁所長
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
FAX011ー281-7747 第28号、1640号事件
FAX011-222-7550 家裁調停1908,1909号
秋元克広札幌市長、市議会全議員
障害福祉課青山、介護保険課目崎
FAX011-218-5166
札幌弁護士会会長、綱紀員会
TEL011-281-2428
FAX011-281-4823

1、山本弘明代筆文書、代理行為全て違法、弁護士法違反犯罪との、山本あつ子相手方、委任弁護士、札幌弁護士会決定が正しいなら、事件を受けた裁判官も刑事告発して、該当書面全て無効化する事。

2、現在山本あつ子は、閣議決定、憲法第32条、最高裁回答、日弁連意見書規定、障害者基本法等規定を準用し「山本あつ子が憲法、法の各規定、閣議決定他により、障害を補って頂き、本人訴訟、調停に臨めるよう、夫が必要な介助、補助を行う事は、法の規定も無効化した、事とされて、違法と決められておりますので、札幌市役所に対して、必要な介助を、公費で、公務で遂行して頂く手続き中、御承知の通りです」

3、ですが、札幌地裁28号、1640号事件裁判官、担当書記官、家裁調停事件1908,1909号事件担当裁判官、書記官は「障害を理由として裁判に、調停に望めぬ等認めぬ、自力で出廷し、書面作成、提出を果たせ、裁判官のこの意に逆らうなら、不当に出廷せず、書面作成、提出せずと看做し、不利益を被らせる、調停を不当に拒んだ事とさせ、山本あつ子の責任で不調と確定させる、札幌市による介助は認めぬ、全て山本あつ子が自力で裁判、調停に臨む以外認めぬ、こう扱い、障害に付け込み、不利益を被らせに走られて居ます」

4、ですが、山本あつ子は「正しく介助を受けて、本人訴訟に、調停に臨む権利を、憲法、法律、閣議決定他で持って居ます、札幌地裁、家裁、裁判官、相手方、弁護士の所業は、明確に憲法、法律違反です」

5、今後の正しい行政手続きは「今札幌市、多分障害福祉と、札幌市議会会派、厚生労働省障害保健福祉課等が協議、調整中となって居る、下記手順となって居ます」

(1)厚生労働省で、障害者が本人訴訟を遂行する為、必要な介助を行政で就ける手続きを、何処の市町村部署が担うか決めて、国、都道府県庁が、何割資金負担するか決めて、通達、通知を都道府県庁、市町村に出し、予算を下ろせるようにする。

(2)これが決定され、通知が下りてから、札幌市役所、市議会が協議に入り、どう言った補助、介助者が必要か、予算は幾ら居るか、何処まで介助、補助を行うか、補助、介助者の身分は見做し公務員とするべきか、書面作成は、札幌市公文書とすべきか、等を協議、審議し、補助、介助者を決めて、予算を付けて下ろす。

(3)これが決まってから、札幌市は、該当訴訟、調停事件に、介助、補助者を就ける申請を行う。

(4)裁判官が、この介助、補助者を蹴れば”後は札幌市会議員、道議会議員、国会議員と政府が、憲法、法律規定は、弁護、裁判官の独善で、無効で通るか否か、議会で協議に入る”札幌市議会会派は、この手続きと理解し、国会議員にも伝えて、動いて下さっている筈です。

(5)裁判官が、札幌市による介助、補助者参加を認めれば、山本あつ子が当事者の訴訟、調停全書類、山本弘明作成の全書類を、全て市で作り変えて、訴訟、調停を、初めに戻して再開する。

6、之が憲法、法律、閣議決定、最高裁回答、日弁連意見書他に沿った、正しい”上下肢一級障害者である、山本あつ子が、札幌市の介助、補助を受けて、正しく本人訴訟を、調停を遂行出来る手続きです”政府、法務省、各議会、司法に憲法、法律を守らせる責任を果たすべきです。

行為者のみ処罰は、完全に間違い

  • 2019/01/04 08:46

@昨年9月8日発生、千葉市県道で起きた、産廃バラ積みトレーラー、積載量37トンで走行、転倒して、対向車線の軽乗用車に鉄屑落下、圧死させた事件”も”国挙げて、過積載用、車検証偽造産廃輸送トレーラーを造り、売り、使わせた結果の、国家権力犯罪です、運転手、雇用事業者、積載した先の全責任は、違います

                                 平成31年1月4日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯

千葉県八千代市神野707号
(株)在原商店 在原伸悟様 下記とも事実証明、協議下さい

〠260-8620 千葉市中央区中央4丁丁目11-1千葉第二合同庁舎
千葉地方検察庁 昨年9月8日発生、過積載トレーラー横転事件担当検事
TEL043-221-2071

国土交通省自動車整備課、加野島(車検証偽造)他担当
TEL03-5253-8111(42-422)
FAX03-5253-1639
FAX011-712-2406 札幌運輸支局内木首席
FAX043-244-0760 千葉運輸支局和田主席
厚生労働省安全衛生部、松本担当他
TEL03-5253-1111(5477)
FAX03-3502-1598
FAX011-756-0056 道労働局龍瀧、小田桐専門官他
FAX043-221-6868 千葉労働局、松葉専門官
千葉県庁知事、廃棄物指導課(産廃許可)高野担当他
TEL043-223-2757
FAX043-221-5789
協同通信社 デスク、勝井潤記者他
TEL043-227-4466
FAX043-222-1044
千葉日報 デスク、記者
TEL043-222-9211
FAX043-224-7001

1、在原伸悟様、(株)在原商店社長殿「別紙文書(他は記載他に配布済み)記載の通り、昨年9月8日発生、鉄屑過積載トレーラー運行での横転、対向車乗員圧死事件は”国挙げて、過積載用産廃輸送ダンプ、トレーラーを造り、売り、北海道から沖縄まで、過積載用違法改造、車検証偽造ダンプ、トレーラーを運行させて、恒常的に産廃過積載運行させて居る結果、必然で起きた事故です”」あのトレーラーも、車検証偽造、過積載用偽造トレーラーでしょう。

2、当社は従来から、国交省、厚労省、環境省、法務省、総務省、内閣府、道庁、札幌市他道内市、札幌陸運局、運輸支局、道労働局、労基、道警本部、札幌検察庁、裁判所、報道各社に対して、産廃輸送車両違法改造、過積載廃棄物運行、無許可貨物輸送、遺品、個人所有物犯罪処理請負等を他犯罪を証明し、犯罪撲滅を訴えて来ましたが、犯罪事実、証拠を認めた上で「法は守らずで良い、犯罪で安く処理されており、犯罪とせず、犯罪を公式に認める、こう道警、検察、裁判官、裁判所、行政機関、報道が公式に認め、通して来ている事実、正午が山のように揃っています」

3、あの事件、過積載トレーラー横転死亡事件も、この権力犯罪公認が有り、今も同じ犯罪が、国儒で行われて居る訳で、あの事故も必然で起きた事件で有り、在原伸悟氏が全責任を負う謂れは無いのです「当社に連絡下されば、詳細に説明致します、記載他公的機関も、国、都道府県庁、政令指定都市、警察、司法、政治の責任等認めており、全面的に協力する体制も、当社で取って行って居ます」

法曹三者、法務省対政府

  • 2019/01/04 06:28

@下記      弁護士、札幌弁護士会の言い分、弁護士法違反言掛りが正しいなら、札幌家裁調停、簡裁、地裁訴訟も、代理記載訴状他です、全て無効です、裁判官に弁護士、札幌弁護士会は、調停、訴訟を受ける事が犯罪と公式通告するべきでした、根本から憲法、法を持ち、白黒決着を付けて下さい

                                平成31年1月4日

                             本件申立者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                    山本 あつ子
                            TEL011-784-4046

                               同住所

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下貴司法務大臣、刑事、民事局、広報
TEL03-3581-4111 法務省広報は”憲法、法律は間違い、法曹
FAX03-3592-7393 3社が独善、独自見解で合否決定”回答
札幌高裁綿引万里子長官、宝塚誠地裁所長
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
該当事件、札幌地裁平成30年行28,ワ1640、588他、札幌家裁イ1908,1909号
FAX011-281-7747 地裁民事1部
FAX011-222-7550
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
TEL011ー261-9322 代理調査、代理訴状他作成、提出等が弁護
FAX011-222-7357 士法第72条違反、関係者全員共犯捜査対象
札幌弁護士会会長、綱紀員会
TEL011-281-2428
FAX011-281-4823

1、法務省は「憲法、法律、法律から派生した合憲、合法規定は全て間違い、合憲、合法、違憲、違法決定は、法曹三者が各々の独善か、独善解釈で決定すれば通る、憲法、法律規定が正しく適用されると思うな、こう回答して通して居ます、議会制民主主義、議会が策定、施行した憲法、法律を、法務省は公式否定して、法曹三者が日本国の独裁支配者、こう決定して、通して居ます」

2、同様に「札幌弁護士会も、憲法、法律規定は、法に沿わず、弁護士が独善で決めれば合憲、合法である、こう決めて、弁護士犯罪を免責として暴走して居ます」

3、こうした事実を踏まえ、下記に付いて法務省、該当裁判裁判官、裁判所、検察庁は、白黒を公式に付けるよう求めます。

(1)札幌弁護士会所属        弁護士は「上記住所、山本あつ子、上下肢一級障害者のあつ子に必要な調査、介助等を行って来ている、ハウスリメイク、山本弘明と、委任した山本あつ子、小林清志は、全員弁護士法第72条違反の共犯、犯罪者であり、刑事告訴(告発件しか無いが、弁護士故、法は無効で告訴が出来るらしい)すると、数度内容証明送付等を行っています」

(2)札幌弁護士会は、この言い掛かり脅迫、偽計業務妨害には、正しく弁護士法第72条違反共犯に、山本あつ子、ハウスリメイク、山本弘明、小林清志全員該当する事実があり、該当弁護士の主張は正しいと決め、通して居ます。

(3)であるならば「山本弘明が、上記他事件の事実調査を行い、訴状、証拠他を作成し、提出した事を知って受けた、該当裁判官、札幌簡裁、家裁、地裁も、調査、告発等に対応した青森、札幌方面警察署、警察官も、青森銀行、秋葉会、法務省、青森財務事務所も、全部弁護士法第72条違反の共犯でなければならず、記載等訴訟、調停も、全て無効としなければ、辻褄が合いません、札幌弁護士会、綱紀員、当然ですよね、何故相手方弁護士は、代理で訴訟書類を作成により、訴訟自体無効、受けた裁判官は弁護士法第72条違反の共犯、この論法で、札幌弁護士会ぐるみ、刑事告訴?が、今からでも必須の手続きです」

(4)札幌地裁上記事件担当裁判官、家裁担当裁判官は、     弁護士、青森銀行、委任弁護士、秋葉会、委任弁護士の主張である「上下肢一級身体障害を負っている山本あつ子に、閣議決定、憲法第32条規定、障害者基本法、最高裁回答、日弁連意見書他で認められて居る、必要な介助を就けて、本人訴訟も遂行出来る権利規定は、違憲、違法で認めぬとの異議を受け入れ、上下肢一級障害者の山本あつ子は、訴訟、調停行為全てを自力で行う以外違憲、違法、上記閣議決定、憲法、法律、規則等は全て間違っている、と決定して、通して居ます」

(5)当然ですが、弁護士法違反告訴と合わせて、記載訴訟、調停は、全て無効で、憲法、法律が間違いと主張し、通っている以上、山本あつ子は、絶対に訴訟、調停には、永遠に参加不可能です”又、現政府も解体が、早急に必要であり、札幌弁護士会、法務省が、政府解体に、公式に動かなければならない”当然です。

(6)この主張が合憲、合法で正しく、上下肢一級障害者の山本あつ子に、必要な介助を就けて、本人訴訟を遂行する事は、違憲、違法、犯罪と決めている札幌の該当裁判官、札幌弁護士会、上記他、山本弘明が代理で証拠を揃え、訴訟、調停に関わる書類を作成、行使した事件全てに付いて、担当裁判官を、弁護士法第72条違反で告訴?提起する事、訴訟、調停も、犯罪故無効として、告訴する事、札幌検察庁、札幌弁護士会に同調し、上記機関、事業者、担当者も含めた全部を、弁護士法第72条違反の共犯者で、強制捜査からするよう求めます。

(7)札幌弁護士会、該当裁判官、札幌検察庁、検事「札幌弁護士会平成30年度(綱)第10、30号に於いて”ハウスリメイク、山本弘明による、xxxxx、xxxxxの身分をxx、xxが偽り、JA十和田おいらせ、青森銀行、秋葉会と共謀して、金融機関の資金横領を働いた、等事実を証明し、刑事告発、訴訟に使用した、等行為も含め、該当者全員が弁護士法第72条違反の共犯に該当する、事も有る旨決定して居る以上、対象者全員刑事告訴、強制捜査が必須で、訴訟、調停全て、先ず無効で扱い、犯罪はどちらか、刑訴法手続きで決定が必須です”」

(8)上記犯罪による、金融機関の資金横領は犯罪にあらず「今後の調停、訴訟等で合否が決まる旨、弁護士会で勝手に決定して居るが”青森財務事務所坪田担当、JA十和田おいらせ本部高谷金融部長、青森銀行本店工藤副部長が、山本あつ子、小林清志を説得して飲ませてほしい旨求めて居る事は””xxxxx、xxxxxの身分を詐称して、xx子、妻、xxが、金融機関の資金を横領した事は、提出証拠の通り事実なので、この横領資金をxxxxx、xxxxxによる、正しい預金引き出しと、山本さんから、山本あつ子、小林清志を説得して飲ませて欲しい、飲んでくれれば、金融庁、財務省、農水省、青森県庁も了解して居るので、帳簿を偽造して、正しい当事者による預金引き出しと、偽造で処理出来る”こう求められている通り、この犯罪資金横領は、帳簿、決算書偽造でしか、誤魔化せず、調停、訴訟で合法化は出来ない。

(9)金融機関の帳簿は、この事件でも明白なように”日常的に偽造が行われ、横領が当たり前となって居るので、金融機関が告訴、告発する、職員による業務上横領事件では、ほぼ帳簿等を証拠で出せない、偽造ばかり故、証拠価値が無いからである”スルガ銀行も、昨年の横領事件?で、帳簿偽造の横行、業務上横領で告訴しても、帳簿偽造を持ち出されれば、横領事件を消して、使途不明金で処理して居る、之を認めており、昨年の横領?事件も、当社のこの追及を受け、1億6千万円を、使途不明金で処理して、犯人に仕立て上げようとした職員は、告訴せず通して居る”金融機関の資金横領は、監督官庁が共謀して、偽造で使途不明金処理”これで横領し放題で通って居る、之は事実との、JA十和田おいらせ、青森銀行、スルガ銀行事件の証拠実例複数である。

(10)札幌弁護士会も共犯で「昨年4月2日に、青森銀行、秋葉会職員と共謀して、xxxxxの身分を偽装し、青森銀行の資金100万円を横領した犯人を、上記綱紀員会決定10号で、xxと偽って決めて居るが、札幌地裁平成30年(ワ)第1640号事件で、青森銀行から証拠が出ている、札幌弁護士会、法務省他にも渡っている通り、実行犯はxxで有り、xxでは無い、札幌弁護士会も、実にいい加減で嘘吐きの組織との証拠である」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年01月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4324166
ユニークアクセス:3635050
今日
ページビュー:1097
ユニークアクセス:1072
昨日
ページビュー:3917
ユニークアクセス:2936

Feed