エントリー

2019年01月05日の記事は以下のとおりです。

認識、理解する頭がゼロ以下

  • 2019/01/05 15:34

弁護士、裁判官、検事、多くの警察官の頭は、見ても聞いても、ほぼ事実に沿った理解は、本当に出来ません、思考する能力が、見事に欠落して居る故です。

自分の行為に対して、責任を負う事は、当然ですが、ゼロレベルで不可能です。

無責任さの塊国家権力集団です、互いに責任転嫁して、どんな悪行、犯罪、テロを行っても、責任から逃げられる、国挙げての、司法、警察用、無責任権力犯罪国家権力制度に守られており、犯罪の限りを尽くし放題出来て、行為者責任を負わず逃げて、再犯し放題出来て居ます。

この状況が、加速の一途を辿り続けており「冤罪だの言うレベルですら無い、オカルト警察、司法冤罪が、当たり前になり過ぎて居ますから」

千葉市で起きた、過積載用に改造、車検証偽造産廃輸送トレーラー、過積載で横転、対向車に鉄屑落下で圧死させた事件にしても「映像を見れば、高さ制限一杯までの、鋼鉄製あおりを装着したトレーラーに、あおり一杯まで鉄屑が積まれて居る事等が、良く分かるのですけれどね」

あのトレーラーには、法律上何トン、鉄屑が積載出来るのか、全く考える事も出来ない警察官、検事、報道の連中、監督官庁の連中ばかりなので「過積載用にあおりを思いっきりかさ上げして有り、車検証はあおり装着前に取得して、過積載用トレーラーとなって居る、之も見て居て、理解不可能だったのです」

あの運転手は、国策犯罪、産廃輸送車両は、同じ手を使い、改造する前に車検を取得して、後に改造を施す手で、過積載が公然と出来る車両ばかり、この事実の犠牲者です、国策犯罪です、罪に問える筈が無いのです、同じ犯罪運行が、今も国中で、国策で行われて通って居るのだから。

滅多に無さそうな、弁護士会犯罪証拠

  • 2019/01/05 15:09

札幌弁護士会挙げて「弁護士連中が、日常的に手を汚して居る、共犯で行っている、預金者の身分を偽装して、金融機関職員ぐるみで、金融機関の金を詐取する犯罪を、法理論無しで正当化に走った訳です。

当然ですが、日常的に警察、検事、裁判官が共犯で、犯罪を握り潰して成功させて居ます。

預金者の身分を偽装して、金融機関職員と共謀して、金融機関の資金をかっぱらい、警察、検事、裁判官が共謀して「正しい預金引き出しだ、横領、詐欺では無いんだ」

こう、合法理論はゼロで強弁して、強行突破で押し通す、日常の司法、警察犯罪を、札幌弁護士会挙げて、正当化に走ったんですよ。

この犯罪は、帳簿、決算、税務申告等、必要な書類の記載も、横領、詐欺に使った書類と合わせて偽造して、正しく当事者の手で、当時者の預金が引き出されたと、偽り、通して居ます。

義父の身分を、次男子はJA十和田おいらせ上北支店、小笠原課長と、嫁は青森銀行上北支店、菖蒲川職員と共謀して、死後義父が自分の手で預金を引き出した、と偽って金を詐取し、義母の身分は長女と秋葉会職員、青森銀行上北支店菖蒲川職員とが共犯となり、詐称して、義母が自分で預金を引き出したと偽り、金を詐取した、事実証拠が揃っている犯罪です。

この一連の犯罪を、札幌弁護士会挙げて「調停か、民事裁判判決で、正しい犯罪、正しい当人による預金引き出しと決まるんだ、こう決定して、通しに走って居ますが”JA十和田おいらせと、青森銀行が、必要な書類の記載を偽造して、正当と偽る必要が有るんです”」

JA十和田おいらせ農協組合員と、青森銀行の株主に、きちんと「横領を隠したくて偽造した帳簿、決算書、税務申告だよ、と説明するべきですよね」

犯罪を重ねさせるべく、裁判所、札幌弁護士会の悪行

  • 2019/01/05 14:55

被相続人の身分を偽り、金融機関ぐるみで金融機関の資金を詐取して、発覚したから、弁護士を委任して、弁護士、警察ぐるみで、金融機関の資金横領、詐取犯罪握り潰し、犯罪の正当化に狂奔、毎度お馴染みの、司法、警察テロです。

で、札幌弁護士会の、直接犯罪への加担証拠も揃った訳です、横領を正当化すると、法理論も無しで、札幌弁護士会も、預金者の身分詐称、金融機関職員ぐるみ、金融機関の資金横領、横領金を、身分を詐称した犯罪者に提供、この定番犯罪を、何の正論も、合法理論も無しで、打って出て来て居ます。

札幌弁護士会と、懲戒請求された弁護士の詭弁が「調停の結果、つまり、犯罪者の相手方が、犯罪に裁判所に於いて、与するか、民事裁判判決で、預金者の身分を詐称して、金融機関職員と共謀して、金融機関の資金をかっぱらったが、正しく預金者自身による、預金引き出しである、こう、犯罪を、何の正当理論も無しで、正当化した判決が出るから、正しい犯罪となるのだ」

これですけれどね「当たり前ですが、法律を多数犯さなければ、こんな犯罪、誤魔化せないに決まって居ます、帳簿偽造、決算書偽造、税務申告手続き偽造、犯罪を重ねて、正しく本人が、死んだ後預金を引き出した、と偽る、認知が悪化しており、自分で何も認識出来ず、出来ない預金者が、自分で預金を窓口で引き出したと偽る、これ等の犯罪を、JA十和田おいらせ、青森銀行で行う訳です」

調停で、犯罪者の相手方が、犯罪に与したからや、民事の判決で、正しい犯罪だと判決を下した、で、帳簿、決算書、税務申告手続きが偽造されて、正しい犯罪に変わる等、有りませんから。

札幌弁護士会は、本性を見事に顕しました、苫前町農協事件、冤罪業務上横領事件と合わせて、弁護士、検事、裁判官が、本当はどんな司法犯罪に明け暮れて居るか、更に良く証明されて居ます。

公式文書の使い方色々

  • 2019/01/05 10:53

札幌弁護士会は、件の懲戒請求弁護士とも共謀して「義父母の身分を詐称して、JA十和田おいらせ上北支店小笠原課長、青森銀行上北支店、菖蒲川担当と、次男娘、妻、長女が、偽造預金引き出し書類を作成、行使して、金融機関の資金を、上記金融機関の職員が横領し、次男娘、妻、長女に提供した犯罪を、次男が全部犯行に手を染めた、と偽り、更に」

この犯行は、金融機関が認めて居る犯罪であり、正当な犯罪なのだ、懲戒請求者は、犯罪との前提で懲戒請求して居るが、犯罪化否かは「遺産分割調停の結果や、民事裁判判決で、犯罪化適法化が決まるのである、こう、嘘を羅列して、決定だとして居ます、ですが、犯罪は調停の結果でも、民事裁判判決でも、適法化は果たされません」

犯罪が正しくなる、ように、事実、証拠を偽造して、それで正当に偽装するだけです、定番となって居る、司法犯罪ロンダリングの闇、裏の再犯事実です。

調停に、この札幌弁護士会の、狂った司法犯罪強制正当化決定も、使って有ります。

裁判官、JA十和田おいらせの監督機関、青森県庁農政部と、青森銀行の監督機関、財務省、金融庁、青森財務事務所を一緒にさせて「帳簿、決算書、税務申告書を偽造して、横領、詐欺を正当化する算段ですが、合法なのですか?犯罪が積み重なっただけでしょう、こう問いかけて有ります」

札幌弁護士会の決定書記載です、逃げられませんよ、札幌弁護士会も、犯罪を正当化に走った証拠です、正当化は出来ないですが。

犯罪正当化、司法テロの実態

  • 2019/01/05 09:59

義父母の身分を偽り、金融機関の職員ぐるみで資金横領、この犯罪も、司法犯罪ロンダリングで、正当な犯罪に変えられる、筈だ、馬鹿過ぎます、弁護士、裁判官の頭は。

単に「犯罪は正当だ、こう判決を出せば、犯罪が正しかったように、関係先が偽造に走って、判決が正しいように偽装して、通して居るに過ぎません」

王様は裸だと、周り中知って居ても、王様が怖いから、事実を言えず、嘘を事実と、偽って通すのと同じです。

犯罪は犯罪のままで有り、犯罪が判決で合法に変わる、訳が無いのです。

偽造書類を作って使い、金融機関職員ぐるみで、資金を横領して、民事判決で「正しい犯罪だ、と決めても、金融屋は”帳簿、決算書、税務申告手続き等を偽造して、横領は無かったと、嘘を通すだけです”」

新たな犯罪が生み出されているに過ぎません、義理の兄、姉もまあ、良くもここまでの巨大犯罪に、得意になって走り続けて居る物です。

弁護士を使えば、犯罪行為が正当化される、訳が有りません、犯罪がさらに増えて、公開されて居るだけです。

悪の限りを尽くし捲り、弁護士が犯罪を消して、悪事が無くなる訳が有りません、当たり前です。

犯罪の限りを尽くして、犯罪が消えると思うのが愚かです、ここまで詳細に、犯罪が公開証明されているのに。

さて、帳簿、決算書、税務申告手続き公開偽造、行使実例が、又手に入りました、活用しますか、金融屋犯罪の証拠は、より役立つし。

犯罪が調停、民事訴訟で適法となるか?

  • 2019/01/05 08:04

@金融機関職員も共謀して、金融機関の資金を、預金者の身分を偽って横領、詐取して居るが、調停、民事訴訟判決で、この犯罪を認めた後、帳簿偽造の手を講じて通し、適法な、当時者による預金引き出しと出来る、札幌弁護士会、平成30年度(綱)第10号決定でも記載されて居るが、財務省、青森県庁農政部、之で決算、税務申告等通して居るのですか?

事件番号 札幌家裁平成30年(家)イ第1908,1909号
       事件名 遺産分割申立事件

                                 平成31年1月5日

申立者

相手方 小林清志、山本あつ子

札幌家庭裁判所遺産分割5係 吉陶弥書記官御中
TEL011-350-4680
FAX011-222-7550

調査先、札幌家裁、裁判官、調停員共々協議、回答を求める
東北財務局、青森財務事務所理財課、坪田担当
TEL017-722-1461 青森銀行監督部署
FAX017-777-3177
青森県農政部、農業団体指導グループ、尾崎統括主幹
TEL017-734-9459 JA十和田おいらせ監督部署
FAX017-734-8138

                             本文書提出者、相手方

                                      小林清志
                                     山本あつ子
                              山本あつ子代筆者、夫

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、先ず初めに「別紙、申立者が委任した弁護士      に対して、本文書提出者全員が出した、懲戒申立手続きの内、札幌弁護士会が出した決定、平成30年度(綱)第10号決定書、別紙記載の内、下記私文書偽造、行使、JA十和田おいらせ上北支店、青森銀行上北支店で起きた、私文書偽造、行使、業務上横領が、調停結果、民事の判決を持った後、帳簿等偽造の手で正しくなる、この決定が合法であるか否か、裁判官、荷監督機関から、公文書回答を出すよう求める」

2、”平成29年11月9日に、申立者     が、娘と共に同行したJA十和田おいらせ上北支店にて、申立者娘と、上北支店小笠原課長が共謀して、二日前に死去した小林武四郎の身分を偽った、預金引き出し書類を作成して、JA十和田おいらせの資金200万円を、先ず小笠原課長が横領した後、娘に提供した、私文書偽造、行使、業務上横領事件”が一回目の犯罪。

3、”同年同月15日、申立者      と妻が、青森銀行上北支店を訪問し、妻が上北支店菖蒲川職員と共謀して、小林武四郎の身分を偽った預金引き出し書類を作成、行使して、菖蒲川職員が、青森銀行資金30万円余りを横領後、妻に提供した事件”が二回目の事件。

4、平成30年4月2日、小林オナヨが入所していた、東北町特別養護老人ホーム、彩香園アルテリーベ職員高田が、申立者      と共謀して、オナヨがアルテリーベに預けていた、青森銀行上北支店普通預金通帳と、届出印を、高田職員が持ち出して、申立者      に渡し、申立者      は、その足で青森銀行上北支店を訪問し、菖蒲川職員と共謀して、認知4~5の小林オナヨが訪問したと偽った、預金引き出し書類を作成、行使して、菖蒲川良く員が先ず、青森銀行資金100万円を横領した後、申立者       に提供した事件。

5、この事件では、青森財務事務所坪田氏は山本に対して「青森銀行が帳簿を偽造して、使途不明金と偽って処理すれば、横領金は、横領金の提供を受けた人間が受け取って良いです、小林武四郎、オナヨさんの預金は、当然、当人は引き出して居ないから、全額残って居ます」等伝えて来て居る。

6、JA十和田おいらせ本店高谷金融部長、青森銀行本店工藤副部長は共に山本に対して「この犯罪を、帳簿偽造で消したい、山本あつ子さんと、小林清志さんを、小林武四郎さんが自身で死去後に、自分で預金を引き出した、之と、オナヨさんが自分で預金を引き出した、之で通してくれるように説得してくれませんか、小林武四郎さんの預金は、死去時の金額が全額残って居ますし、オナヨさんも、自身で預金引き出しはしておらず、100万円は引き出されて居ませんが、武四郎、オナヨさんが、自分の手で自分の預金を引き出した、との偽りを、あつ子さん、清さんに飲んで貰えるよう説得して下さい、飲んでくれれば、帳簿を偽造して、犯行を消せますので」こう数度求められて居る。

7、高谷部長は「        さんに対して、小笠原課長から何度も”200万円を返して下さい、使って居ませんよね?”と求めて居るが、    さんは”分かった、返す、200万円は全額残って居る”と答えながら、全く返金してくれず困って居ます、山本隼行政書士さんが作った遺産目録の記載、武四郎さん死去時の預金額が、遺産預金額、が合法ですから、あつ子さん、小林清志さんに、当人による預金引き出しを、飲んで頂くよう説得願えませんか、      さんは200万円を返してくれないので、山本隼行政書士さん作成遺産目録に沿い、請求されれば、うちが困りますので」とも、数度伝えて来て居る、札幌弁護士会が虚偽主張する、金融機関が了解しての、正当な預金引き出し、は虚偽である。

8、この事実の通り、札幌弁護士会の決定内容は、完全な偽り、犯罪行為を虚偽を持ち、正当化に走っただけである「裁判官、青森財務事務所、つまり財務省、金融庁、青森県庁農政部、犯罪に小林清志、山本あつ子、ハウスリメイク山本を引き込み、応じた先、ないし、民事の判決で、正当な犯罪と決めた先の”JA十和田おいらせ、青森銀行による、帳簿、決算書、税務申告書偽造、行使犯罪が正当化される事は無い、ここまではっきりした犯罪を認める事に付いて、法を明記して回答せよ、政府、国税庁にも提供する事実証拠である”」

9、この調停に付いては「記載犯罪資金問題の解決、小林武四郎の所有家屋二棟、土地を、申立者が不当に強制占有して居て、所有権を主張して居る事実があり、相手方二名は、実家の土地建物は、申立者が所有権を得た、相手方が実家に入ると、住居不法侵入で逮捕させる、すると、申立者二名と、七戸警察署天内警部補から、直接脅されている事実により、家屋解体費を遺産から差し引き、申立者がこの金員を手にする、との言い分は、当然認められない、所有権を主張する申立者が登記して、好きにする事である」

10、申立者が小林武四郎、小林オナヨの身分を偽り、横領した資金で飲み食いした、遺産から差し引け、との言い分も、当然認められない、先ず詐取した金を、JA十和田おいらせ、青森銀行に返して、山本隼行政書士作成遺産目録通りの状態にして、その上で、正しく遺産相続を終える事しか認めない、なお、オナヨ生存時に、オナヨを偽って詐取した100万円も、当然青森銀行に戻す事を求める。

11、申立者       は、小林武四郎、小林オナヨの葬儀に際して、香典を下さった方々の香典帳の開示をせよ、多くの香典金を詐取し、私的に勝手に使っており、相手方親族らからも、大きな批判が出ても居る、窃盗した香典の内訳を証明せよ、又、小林オナヨの年金を詐取しており、この金も、正しく金額を揃えて開示せよ。

12、申立者は、相手方が求めた各事実証明全てに対して、回答を拒んで居る、この文書記載への回答も合わせ、正しく事実証明、回答が出れば、小林清志は調停に出廷する、山本あつ子は、夫の介助を認めぬとされており、札幌市による介助決定が決まり、補助参加等が認められるまでは、書面を代筆で出す。

犯罪正当化は出来ない

  • 2019/01/05 07:51

義父母の身分を詐称して、金融機関職員と共謀し、金融機関の資金を横領した犯罪に付いて、札幌弁護士会も「調停で、訴訟の判決で、身分を偽り、金融機関の資金を横領したが、帳簿を偽造して、預金契約者による正しい預金引き台だったと、虚偽の決算、税務申告が通るのだ」

こう、件の弁護士と、札幌弁護士会は、強弁して居ます、そんな訳は無いです「であれば、青森県庁、青森財務事務所にも、札幌家裁と一緒に”身分を詐称して、金融機関の職員と共謀して、金融機関の資金を横領したが、帳簿を監督官庁、警察ぐるみで偽造して”預金契約者による、正しい預金引き出しだったと偽り、合法で通るのか?”」

この問いかけも、行うとしますか「完全な犯罪です、絵に描いた犯罪行為です、犯罪そのものですが”警察、監督官庁が、帳簿偽造も認めれば、正しい帳簿処理、決算、税務申告となる”のかどうか、之も公文書証拠で残すとしましょう」

何しろ「訴訟証拠に、弁護士会の懲戒請求への決定です”公式過ぎる、犯罪の自白、立証と、犯罪を司法、警察、行政が、偽造の手を認めて行わせ、通した公式実例、証拠ですから”」

之で更に「事業者は、堂々と帳簿、決算書、税務申告手続きを、偽造で行い、通せます、活用しましょう、誰もが、積極的に」

国税も大喜びでしょう「もう脱税どうこうも含めて”正しいか否か、証明も不要、不可能なのだから”犯罪者も大喜びですしね、金融機関の職員も、より積極的に、横領し放題出来るし、10億円くらい抜いて、辞めれば良いのでは?潰れるから、横領がここまで公認された事業者は」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年01月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4323997
ユニークアクセス:3634896
今日
ページビュー:928
ユニークアクセス:918
昨日
ページビュー:3917
ユニークアクセス:2936

Feed