エントリー

2019年02月02日の記事は以下のとおりです。

申告主義だから

  • 2019/02/02 16:27

日本の税務申告は、申告主義だから「泥棒請負で荒稼ぎ、犯罪利得なので、合法税務処理、申告は、当然出来る訳が無いし、偽造税務申告、脱税まで、国家権力から認められて居るので、犯罪利得隠匿し放題です」

申告主義だから、泥棒利得を得放題して、犯罪利得隠匿し放題で、国税ぐるみ通して居る、犯罪で利得を得て居ると、国税に証拠を添えて訴えたな、脱税告発により、業務が妨害された、警察に業務妨害で告訴して、逮捕させるぞ、二度と脱税事実を揃えて、訴えて来るな。

ここまで国税、税務署から、されて居ます「犯罪で利得を得放題で良い、犯罪で利得を得て居ると、証拠を揃えて訴えてきたら、業務妨害罪で告訴し、逮捕させる、のですから”安心して泥棒を請負、荒稼ぎして、犯罪利得を、当然無税で得放題して下さい”」

泥棒を、犯罪を、金で委任されて、請負、犯罪を成功させられて居る、国家権力が犯罪を、公に認めて、共犯で犯罪を実行して、嘱託犯罪を、警察、司法、行政、報道ぐるみで成功に持ち込ませて居るんです。

便利屋よっち事件等「泥棒を請負、売れない相続前遺品物品等を、マテック循環コンビニに置いたからと、言掛りで廃棄物不法投棄実行犯とされて、違法処理を請け負った物品を、警察、報道が、札幌市を騙す事もして、犯罪処理未遂だった事に、金を得て犯罪を請け負いながら、未遂とはどう言う事だ、ちゃんと請け負った犯罪を、成功させろ」

こう、よっち代表を逮捕、拘留して置き、警察、検事、報道が代表者身内を脅して、泥棒物品等犯罪処理を、既遂に強引に持って行かせました。

犯罪請負を、公然と認めて、金で請け負った犯罪だ、未遂とはどういう事だ、ちゃんと請け負った犯罪を、成功させろと、逮捕者の身内を脅して、犯罪請負を既遂とさせた、恐ろしい国家権力テロ事件です。

犯罪を事業と偽り、国中で犯罪を展開に走り続けて

  • 2019/02/02 16:12

犯罪でしか無い遺品整理請負、泥棒ですけれど「泥棒だが、遺品整理士なら、相続されて居ない遺産金品を、相続して居ない人間にかっぱらわせて、遺品整理業者、泥棒に提供させて、通るのだ」

泥棒を委任して良い、泥棒を請け負って良い、警察、司法、政治、行政、報道が、この犯罪共犯実行も、公に公認、共犯で犯罪に手を染める、として居ます。

義父母の遺産金品も、偽造委任状で暗躍出来て居る弁護士、札幌地裁、家裁、裁判官、青森県警、北海道警察、所属警察官を名乗る犯罪者、預金先金融機関等、犯罪実行集団により、強奪されて来て居ます。

家財の犯罪闇処理も、この連中は、犯罪業者を使い、遺産金もかっぱらい、実行させるべく、犯罪に走って居ます。

ルーツ・オブ・ジャパンも、この手の犯罪を、相続事件を受任した弁護士が仲介して、まだ相続されて居ない段階で、遺産金品をかっぱらって提供されて、泥棒を成功させて居る、と答えています。

相続されて居ない遺産金品だから、泥棒の被害者は居ないんだ、だから「相続されて居ない遺産は、強奪しても、犯罪被害にならないから、やり放題出来て、通るのだ、こう、警察、司法、行政、報道を名乗る犯罪国家権力は、嘯いて、泥棒、強盗の支援に狂奔して居ます」

遺産は、泥棒が出たら、泥棒の支援に狂奔する警察、弁護士、裁判所、裁判官、金融屋、法務局等ぐるみの遺産泥棒被害を、出来るだけ防止して、強奪を防げた遺産を守る、強奪された遺産は、諦めて、警察、司法、金融屋が共謀して、強奪に成功した遺産は、犯罪を重ねて返しませんから。

これを覚えて置くべきです、日本はこう言う、犯罪国家権力、犯罪者で国家権力を構成、が事実の国ですから。

取り敢えず、義父母の遺産金は、4男と妻の相続遺留分は、保全に成功しました。

合法と犯罪とが真っ向対決

  • 2019/02/02 15:55

遺品整理士、詐欺資格を謳う連中に、帯広市と十勝全域の町村は「相続されて居ない遺産金、物品泥棒請負を認めて居ます、行政が、泥棒を認めて居る訳です、相続遺産金品に付いて、何の権利も無い行政が」

当然ですが、泥棒請負ですから、犯罪を重ねて、犯罪を請負処理させて居ます。

物品の処分は、古物買い取りを偽装の物品は「物品所有者は死去して居るし、誰も相続して居ませんので”虚偽の古物買取です”基本、古物買取記録を作りません、犯罪証拠になるので、帯広市、十勝全域町村、道警が、この犯罪を公認して、犯行を重ねさせています」

遺産物品の廃棄処理は、物品所有者、排出者偽装、個人所有物で、廃棄物と所有者不在故、決まって居ないが、犯罪請負業者が排出者の、事業廃棄物と、偽って処理させて居ます。

当然ですが、泥棒請負資金の計上は、偽造、闇に隠匿ですし、犯罪に要した費用も、偽造計上処理で、脱税です。

犯罪を、行政が公然と認めて、これ等犯罪を、共犯で成功させて居ます。

札幌市役所環境局、清水課長は「こうした泥棒請負も、犯罪で認められない、と言い、撲滅に動いています、帯広市役所、十勝全域町村、道警本部、報道が指揮する犯罪と、真っ向対決に走って居ます、法を武器とさせて」

さて、犯罪で利得を得て、闇に隠させて貰って居る、犯罪に要した経費も、偽造証明書で、偽造計上で、犯罪を承知で認めて貰えて居る事まで、公になって居ます、ここまでばれて居ます、まともに税務申告、納税は、する事は無いんですよ。

国家権力犯罪洗い出し、国家権力は、犯罪公認、告発潰し

  • 2019/02/02 08:54

国家権力犯罪を、詳細に洗い出し、証明して、撲滅の手立ても構築し、犯罪有料委任、犯罪請負、国家権力が共犯で、犯罪全てを公認、加担で成功に、強引に持ち込ませて居る、未遂の請負犯罪は、警察、司法、報道が共謀して、犯人側に既遂とさせている。

相続されて居ない遺産金品、個人が所有する不要物、所有者不明と偽った物品犯罪処理委任、請負も、同じ事態となって居ます。

犯罪を、金を払い委任、金で犯罪を請負、犯罪を重ねて成功に、強引に持って行って、国家権力が加担するから、成功出来て居る、異常を超えた国家権力、国家権力主犯、犯罪委任、請負公認国家です。

公共事業でも、この犯罪が、警察、司法、行政、政治、報道、国税が共犯で繰り広げられて、犯罪を公認して、強引に成功させられ続けて居ます、当然、犯罪事実証拠が、公文書でも揃って居ます。

犯罪委任部署、担当、先証明、犯罪委任内容、犯罪委任金額、犯罪既遂証拠、当然公文書で揃って居ます。

公共の、有料犯罪行為委任、請負ですが「犯罪委任費、犯罪実施に要した、犯罪を成功させる為の費用計上内容も、当然、犯罪がばれるから、偽造で犯罪を隠して居ます」

犯罪を重ねて、個人の所有金品、有価物を「犯罪者が犯罪者に提供して、闇に消させて居ます”裁判所、市役所も、この犯罪を、犯罪者に資金提供して、物品を闇に消させて、犯罪の限りを尽くさせて、犯罪を免責とさせて、通して居るのです”」

札幌地裁は、強制執行搬出物犯罪処理実施に付いて「廃掃法、憲法第29条、この憲法を、犯罪によって蹂躙した犯罪者、犯罪を金で請け負った犯罪行為者に科せられる、刑法各規定、犯罪利得隠匿、犯罪に要した経費偽造計上、脱税公認、犯罪で物品処理を、正しい犯罪だとするべく、札幌市、環境省、国税等と対決するようです」

いよいよ「弁護士、検事、裁判官、警察が公式に、これ等犯罪は正しい、犯罪だが公認犯罪で通す、現行の犯罪全てを適法で通す、こう、公式に打って出るようです、司法犯罪国家確立を目指しての動き、でしょうね」

犯罪請負物品は

  • 2019/02/02 08:36

犯罪を、金を払い委任し、犯罪を請け負うと喧伝して、請負、犯罪を遂行出来ている、遺品金品泥棒委任、請負、個人の所有物犯罪処理委任、請負、官民こぞって委任し、おおっぴらに請負、犯罪の限りを尽くし捲って居ます。

この国家権力犯罪は、権力が主犯なので、犯罪を既遂させる事が、国家権力を名乗る犯罪指揮、主犯の使命にまで成り下がり切り「犯罪を請け負いながら、未遂とすれば、逆上した警察、司法は”犯罪を、金を得て請け負った以上、既遂としろ!”こう、犯罪を請け負った側を脅して、更なる犯罪を、警察、司法が強権発動で重ね、重ねさせて、既遂とさせるまで、狂気の沙汰に発展して居ます」

犯罪ですから当然、正しく入金計上は出来ないし、犯罪の委任費ですから、犯罪を完遂させる為に要した費用も、正しく計上、処理出来ません、偽造して、経費計上して、通されています。

犯罪を委任、請負ですから、遺品整理は完全に泥棒委任、請負ですから、犯罪を重ねさせて貰えて、それで成功させて有りますので、表立って行為事実を公表も、出来ないんですよ。

裁判所、裁判官、弁護士も、この犯罪に手を染めて居ます、犯罪なので「金品所有権者の所有のままなので”司法権力を悪用させても、犯罪実行事実、証拠を、犯行場面に警察も導入し、公式に揃えて犯行既遂、犯罪証拠を公開”も、出来ないんですよ」

警察、司法は共犯だから、怖く無いんです「問題は、国税が何時まで犯罪利得入手、隠匿、犯罪に要した費用を、偽造項目で経費計上、偽造税務申告、脱税を、公に認め続けてくれるかです」

札幌地裁が、民事執行物犯罪処理実施に付いて、札幌市役所、環境局、環境省、政府と、犯罪を認めさせるべく、争う姿勢を表明して居ます、司法、警察が、法と二権を相手取り、家財犯罪有料処理委任、請負を通すと争う、日本国憲法破壊、三権分立破戒、法治国家破壊が行き着きましたね。

犯罪がここまで公に

  • 2019/02/02 08:01

@別紙による、4期目の”犯罪の事業化実施、必要犯罪全て公認、犯罪有料委任、請負、警察、司法他ぐるみ、請け負った犯罪は既遂させて通す”犯罪利得は隠匿、偽造税務申告、脱税も公認”を持った、白紙事業税申告を、別紙の通り実施します

                                 平成31年2月2日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
安倍総理、山下法務、石田総務大臣
TEL03-5253-2111
山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
原田環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課、私、佐藤担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
高橋道知事、道議会
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹他、道議にも
和田昭夫道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
FAX011-756-0056 道労働局、龍瀧、小田桐専門官

1,今期も”別紙による、司法、警察、行政、政治、国税、報道他が指揮、共犯犯罪の強制事業化、犯罪有料委任、請負、必要犯罪全て公認、犯罪利得隠匿、犯罪経費虚偽計上、偽造税務申告、脱税公認事実、証拠を持ち、白紙法人税申告手続きを取ります”国家権力犯罪を洗い出し、処断を求めれば、合法税務申告不可故、犯罪者以上の特典が来るのですね。

税務申告用

  • 2019/02/02 06:11

@藤井健志国税庁長官、未相続遺産金品を、窃盗犯から受領して、闇に消す遺品整理請負、個人所有物を、犯罪処理委任し、排出者等偽装他、犯罪多数実施で処理請負、これ等犯罪委任、請負に関し、犯罪利得隠匿、経費偽造計上、偽造申告、脱税を公認して居ますので、裁判所関与、札幌市委任同様犯罪事実証拠を添え、当社は今期も”偽造税務申告しない為、国税庁に白紙申告し、犯罪申告合法根拠を持った、申告手続き回答”を、4年目ですが、求めます

                                 平成31年2月2日

〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
藤井健志国税庁長官 同じ申告で、税務申告方法無回答3年
TEL03-3581-4161

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※国税庁、記載犯罪公認事実を持ち、回答願います、犯罪利得提供、受領、犯罪請負実施、脱税公認は犯罪です

綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 各所は”裁判所は法を全て遵守回答必須”
秋元克広札幌市長、市議会 犯罪委任保護、介護保険、障害福祉
FAX011-211-3078 市税事務所法人市民税安澤課長
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105 環境局清水他課長
FAX011-218-5124 共産党市議団
FAX011-218-5121 民進党市民連合岩崎他市議

実行犯事業者、強制執行物処理請負予定社
道民運輸 橋本社長 札幌地裁執行物請負処理
TEL011-711-3221
FAX011-711-3224強制執行物違法処理、証拠は国税にも配布
まこと引越センター 裁判所執行物、市保護課からも違法処理請負
TEL011-792-3385
FAX011-792-3885 東署からも、記載犯罪禁止通告受け済み
大和梱包 強制執行物処理請け申請中、宮下氏担当
TEL011-814-1111
FAX011-814-7777

(株)ルーツ・オブ・ジャパン湊社長
TEL011-803-6445 遺産泥棒金品、市保護課他家財犯罪実施
FAX011-803-6446 で処理請負多数、弁護士案件他も
※記載犯罪を承知で、適法請負と虚偽報道、宣伝機関一部
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-233-6008 HTB報道部、営業部 

1、国税庁、過去3年、記載等国家権力犯罪事実証拠を持ち、犯罪申告が合法根拠説明と、犯罪申告方法回答を、当社は求めて居ますが、未回答のままです。

2、国税、地方税部署は、相続されて居ない遺産金品窃盗犯から、闇処理を請け負う業者犯罪、家財犯罪処理委任、請負行為実施業者が得ている、犯罪利得隠匿を、犯罪故没収金、と承知で隠匿事実毎見逃し、犯罪資金犯罪処理、偽造廃棄処理費、犯罪外注費等を、虚偽経費計上と承知で控除を認める、偽造塗れ税務申告、犯罪利得隠匿、脱税公認を重ねて来て居ます。

3、現在札幌市環境局事業廃棄物課、清水課長は「相続されて居ない遺産金品を、相続受けせず抜き、処理委任業者が請け、個人所有未相続物を処理する為、物品所有者偽装、個人所有物で、所有者未定故廃棄物で無いが、事業塵と偽る処理して居る、遺品整理委任、請負は窃盗、廃棄方法も、廃掃法違反で禁止、この請負金は窃盗資金、犯罪で得ている利得、偽造廃棄処理も犯罪、犯罪支出、認められない、犯罪利得隠匿、虚偽経費計上、偽造税務申告全て認められない」こう、法に沿い答え、禁止措置実施に動いています。

4、札幌地裁民事執行係り、城崎総括は「強制執行搬出物を、結果として廃棄処理実施に際し”ハウスリメイク、環境省から、廃掃法違反他違法と指摘を受け、一定是正した、平成29年7月以降までは、運送業者所有廃棄事業廃棄物、との偽り処理、搬出保管、廃棄処理費は、債権者から運送屋に提供だった、公社下請け、マテック等との共謀で、排出者、廃棄物区分偽造で処理実施とした”」

5、今は、燃える物品は一廃で処理、それ以外の物品は、執行官が排出者の事業塵、排出者を執行官と言う事にして、マニュフェスト使用処理、と答えています「裁判所と処理先自治体で、又違った、法を犯す処理実施、当社調査結果事実です」 

6、当然ですが「平成29年7月までの、執行物処理は、全てが犯罪利得提供、入手、虚偽帳簿処理、虚偽税務申告、脱税です”札幌市環境清水課長は、物品所有権移動事実無し、廃棄物でも無い、物品は所有者に返還が法律措置、この委任、請負は、物品所有権規定、廃掃法規定上も犯罪、税務調査、徴税、告発、立件も必須”と答えて、動いています」 

7、現行の「物品所有者、排出者偽装での”執行官が事業者、排出者偽装、マニュフェスト悪用偽造産廃処理も違法、個人所有物で、執行官に所有権移動は無い、執行官が事業者も虚偽”と、法に沿い答えています」

8、ルーツ・オブ・ジャパン等が、報道、弁護士、裁判所等の共犯加担も得て、公に行って居る「相続されて居ない遺産金品を、相続受けして居ない者が窃盗し、遺品整理、泥棒請負を謳う業者に提供し、犯罪業者は”古物売買物は、古物売買記録作成せずか、売買記録偽造売買実施、古物商法第15,16,19条違反””相続未定故廃棄物でも無いので、廃棄は、物品所有者、排出者偽装、請負業者排出事業塵と偽る、等犯罪処理を行って居ます”」

9、当然この行為は、遺産金品泥棒、廃掃法違反等の、委任者、請け負い者共に共犯です「犯罪利得隠匿、虚偽帳簿処理、偽造経費計上、偽造税務申告、脱税実施も、当然行って居ます、強制執行での犯罪と、基本同じ犯行手口です」

10、清水課長は「この犯罪委任、請負物と犯罪委任費は、相続権利者に返還が必要、窃盗罪、廃掃法違反、脱税等で立件、送検が必須の悪行、税務調査実施も必要、等、法に沿い答えています”多くの役人、まともな刑事も同じ答え、泥棒委任、請負である、相続後、相続権者の権利で扱いだと、当然を答えています”」 

11、国税庁、市税事務所は「記載等犯罪委任、請負、之を成功させる為の、犯罪多数実施、犯罪利得隠匿、虚偽経費計上、偽造税務申告、脱税全て承知で”納税者申告主義故、犯罪事実が幾ら出されても、税務調査せず、似て非なる、適法事業実施ハウスリメイクは、申告不要で通す、記載犯罪見逃しが破綻する故、国税は関わらない、今後も、これ等犯罪業者犯罪全て見逃す、犯罪請負でも、申告主義故、犯罪利得隠匿、虚偽経費計上、脱税全て見逃す”こう決め、北税も、二度と訴えて来るな、警察に、犯罪申告理由による業務妨害罪でお前を告発するぞ、法人税申告は偽造等でも良い、之が国税、税務署の答えだ、こう脅しを掛け、逃げて居ます」

12、幸いにして「裁判所強制執行搬出物犯罪処理委任、請負、札幌市保護課、税金資金拠出、保護世帯家財犯罪処理委任、請負、裁判所、弁護士絡み”相続されて居ない遺産金品泥棒、犯罪業者に提供、犯罪処理他犯罪実施”は、公文書証拠が揃った犯罪です、国税庁、裁判所、市税事務所、市議会、報道、これ等公的犯罪事実証拠も、公式見逃ししますか、清水課長は、犯罪を認めないと動いて居ます、ネットも通じ、広く知れ渡った権力ぐるみ犯罪ですが」

13、裁判所、記載事業者、市議会、国税庁、市税部署、報道「法を持ち、環境省、法務省、札幌市環境局等と、記載犯罪全てが正しいと、公式に戦う事を求めます”当然ですが、決着が付くまで、犯罪処理物品は、公式保全する必要が有ります”又”窃盗金品、犯罪廃棄物品は、所有権者所有です、国税、裁判所、裁判官、弁護士、検事、警察、議会、役人、報道には、所有権否定権限、廃棄物決定権、個人所有物を産廃変更権限は無いです”」

14、犯罪委任国家権力、実行事業者各位「あまりにも頭が悪過ぎる犯罪請負、犯罪を成功させる為の犯罪多数実行です”犯罪利得隠匿、偽造経費計上、偽造税務申告、脱税の手口も公開されています、当社に御相談下されば、助言致しますが、今まで来た、市が飼っている犯罪者は、法を守らず、必要経費、設備支出もせず、犯罪利得を得たい、警察は無知で怖くない、市も道連れだし、どうとでも言い逃れられる、徴税は、出鱈目処理なので、言い逃れ出来ず怖いが、脱税で摘発まで犯罪を続ける”こう答え、二度と来ないですが」         

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4672342
ユニークアクセス:3921788
今日
ページビュー:640
ユニークアクセス:613
昨日
ページビュー:3828
ユニークアクセス:3751

Feed