エントリー

2019年02月06日の記事は以下のとおりです。

最大の武器だった、証拠偽造が

  • 2019/02/06 16:19

相続されていない遺産金品を、泥棒親族らがかっぱらった遺産金品を、遺品整理士だから、相続されていない遺産金品を泥棒から提供を受けて、闇に消す請負、犯罪請負が出来る、国中でこの警察、司法、行政、報道ぐるみ公認犯罪も、大手を振って行えて居ます。

この犯罪、財産権蹂躙犯罪請負の、最大の武器が「警察、司法、行政、国税、報道が共謀して、政治も加担しての”犯罪で手に入れた金品、と言う事を隠す、消す為に、証拠隠滅、証拠偽造も、公に国家権力が、認めて通して居る、之が武器で成功させられて居ます”」

泥棒利得を、泥棒に正しく持たせて逃がす為に、警察、司法、行政、政治、国税、報道が共謀して「犯罪で得た利得の、正しい所有権者を消して、泥棒が正しい所有権者だ、と偽り、通す為の手口が、証拠隠滅、証拠偽造なのです」

之もしくじれば、居直りに警察、司法、行政、国税、報道が共謀して走り「一旦手に入れられた、他者に権利がある金品は、犯罪によって他者の財産を入手して居る、泥棒に財産所有権が移ったんだ、憲法第29条規定、派生する法律全ては、間違って居るんだ、他者が所有権を持つ金品は、泥棒が盗みに成功すれば、泥棒が正しい財産所有権者となるんだ、之を言い募り、権力テロを行使し、通して居ます」

国家権力が共謀して、他者の所有金品強盗、泥棒の制度化に走り、国家権力も泥棒請負業者を委任もして、ここまでの、巨大国家権力テロに狂奔し捲って居ます、弁護士犯罪国家資格者が、泥棒と共謀して、しのぎを得られるように、等で仕組まれた権力犯罪です。

泥棒で入手した金品の、所有権者偽造は、札幌市環境局、市議会一部会派も、之以上続けさせないと動いています、犯罪続行を目論む国家犯罪権力集団は、合法化阻止に警察、司法ぐるみテロに、遂に走るんでしょうね、犯罪者の下僕化し切り、犯罪公認に、ばかり暴走して居る、之が事実の警察、司法他犯罪国家権力だからね。

犯罪を通す為に

  • 2019/02/06 16:04

他者の所有する、他者に所有権がある金品を、所有権の無い者がかっぱらい、闇に消して居る、犯罪ですけれど、警察、弁護士、検事、裁判官は、成功させた財産権侵害犯罪は、泥棒が正しい、こう独善で決めて、警察、司法テロに走り、被害者を強引に泣き寝入りさせるのです。

強盗、泥棒天国日本、之がこの国の警察、司法テロ権力の常套手段です、義父母の遺産、財産泥棒の数々も、この警察、司法犯罪公認の結果の一つです。

他者の財産権蹂躙、強盗、泥棒、詐欺犯罪者に、犯罪で手に入れた、他者に権利の有る金品の所有権を、強盗の居直り警察、司法テロで認めて居る、手口は「犯罪で手に入れた金品の所有権を、犯罪者に偽造、証拠隠滅等犯罪を認めて、強引に犯罪者の所有財産だ、こう偽る手口です」

この警察、司法テロ状態化により、相続されていない遺産金品強盗、泥棒入手者が、公に事業と偽り、死人が出た事を利用して、遺産金品泥棒入手し放題の事業化も、国中でなされ捲り、犯罪多数が必要だから、犯罪を認めて逃がして、成功させて居るのです。

他者の財産所有権も、こうして警察、司法ぐるみ、蹂躙させ放題されて、通されています。

この警察、司法強盗正当化強制が有るから、相続されていない遺産金品泥棒入手で、国中通って居る、遺品整理士なら、相続されてない遺産金品を、泥棒から受け取り、遺産金品泥棒の引継ぎが通る、この犯罪請負も、表だって、司法、行政も委任する、まで公然の犯罪となって居るのです。

札幌市役所、市議会は、こうした犯罪、他者の所有金品泥棒隠蔽の為、盗品所有者偽装から、認めないと公式に動き出して居ます、さて、警察、検事、弁護士、裁判官、裁判所を任じる犯罪集団の、犯罪正当化詭弁を持った反撃は、ですね。

遺品整理犯罪成功も、強制執行犯罪と同じ手口

  • 2019/02/06 09:28

相続されていない遺産金品を、相続受けせず、泥棒が盗み、遺品整理屋に闇で提供して、泥棒金品を、闇に溶かして、警察、司法、監督官庁、国税、報道ぐるみ、この一連の犯罪を、法を所管する特権を悪用させて、犯罪責任免責、犯罪証拠隠滅、偽造、脱税等全て認める手を使い、おおっぴらに犯罪委任、請負をさせて、通して居ます。

法の順守をすれば、簡単に遺産物品犯罪処理や、個人の所有物犯罪処理を、犯罪を請け負う業者を委任して、成功させられ無いから、兎に角犯罪全てを、犯罪請負業者に認めて、犯罪個人所有物犯罪処理を成功させるんだ「国家権力が集団で、この一連の犯罪を、口頭で認めて行わせて、犯罪責任全てを免責で逃がすんだ」

と、口頭で犯罪者に告げ、犯罪の限りを尽くさせて、国中で「法を多数犯す事で、個人の財産権を、根こそぎ蹂躙し捲って居ます」

悪の限りを、法を所管出来ている特権を、国家権力特権、国家資格者職権を悪用すると走り、犯罪を認めて行わせ、成功させて居ます。

義父母の、相続手続きも終わって居ない遺産預金、現金泥棒も、家屋犯罪業者委任解体未遂も、家財等犯罪処理委任、実施未遂司法、行政、警察犯罪も、こう言った、国家権力犯罪指揮、共犯実行が、国中で、警察、司法、行政、政治、報道、国税等が犯罪組織となり、犯罪実行犯と共に、犯罪の限りを尽くし、犯罪を免責で通して居る中の、公開司法ぐるみ犯罪実例証拠です。

弁護士犯罪集団が、犯罪者と手を組み、犯罪で利得を得られるようにと、警察、検察庁、検事、裁判所、裁判官が犯罪を認めて通す事で、ここまで異常な警察、司法犯罪も、実行されて成功させられて居ます。

義父母の、一連の事件は、一定当社が尽力して、未遂で通させて有ります、司法犯罪、弁護士犯罪は、既遂とされれば終わりです、警察、検事、裁判官が共謀して、弁護士犯罪を全部認めて、被害者を強権を持って追い込み、被害毎泣き寝入りさせる、之を常套手段とさせて有るので。

犯罪を、法を所管する公権力うが公認、公文書許可は無し

  • 2019/02/06 08:10

犯罪そのものの所業を、各法を犯させなければ成功しないから、を理由とさせて、法を所管して居る筈の各公権力が、実行犯罪者に「あくまでも口頭で”必要な犯罪は、全部認めるからな、犯罪がばれても、摘発、告発しないから、安心して犯罪を手掛けろ”」

こう、口頭で認めており、犯罪の限りが実際、尽くされて来て居ます「札幌市環境局事業廃棄物課、清水課長は”公文書で犯罪を許可して居る訳でも無い、犯罪行為は認めない、摘発せよ!”」

こう、道警本部に告発して居るけれど、道警本部は「自分達も口頭で、犯罪と承知で認めて、行わせている犯罪だから、せせら笑って犯罪を、おおっぴらに行わせて、通して居るのです”道庁、道議会、報道も共犯となって”です」

公権力が、口頭で認めて、行わせている犯罪、相続されていない遺産金品泥棒、泥棒請負社に提供、遺産金品を闇に溶かす委任、請負、個人所有物を、犯罪を重ねて古物売買、廃棄処分して、証拠隠滅、偽造他犯罪を重ねて、成功させて居る悪行ですから、清水課長が幾ら告発しても、道警本部、札幌検察庁、道庁、道議会は、国税も、絶対に犯罪を処断しない訳です。

ですが「口頭で認めて、加担して通している犯罪でしか有りませんから、犯罪者に公な、犯罪行為責任逃れの道は無い訳です」

道庁、道警本部、札幌検察庁、裁判所、報道が、永遠に口頭で認めただけ、の犯罪を認めて通してくれる、保証は有りませんし「札幌市は、産廃、一廃に関する職権を有して居ます、道庁、道警本部、司法、報道が、口頭で認めて行わせて居るだけ、の犯罪を、札幌市が認めないと動かれれば、犯罪公認を貫くのは無理です」

犯罪是正には、物理的対応が居る

  • 2019/02/06 07:47

札幌市環境局事業廃遺物課、清水課長は「前任の東田課長が、道庁、道警本部とも共謀して”あくまでも、犯罪手法ですから、口頭で、札幌地裁、遺品整理請負業者、便利屋、運送屋、リサイクル業者、古物商に、犯罪を認めた内容”物品所有者を偽造で変える手口、個人所有物を、違法請負業者、執行官が排出者の産廃と偽る廃棄処理手口”を、公文書で市が認めた証拠自体無し、と、当たり前を持ち、犯罪は認めない、合法手法とせよ」

こう、先ず札幌地裁に伝えて、環境事業公社に、廃棄対象物ごとに収集車を派遣させて、まっすぐ各処理施設に搬入処理させる、と是正させる事に決まりました、札幌地裁民事執行係りも、この是正を受け入れて、日本全国等しい合法化に是正する、と答えています。

そもそも、札幌市環境局事業廃棄物課、東田課長と、北海道庁環境局、道警本部が「犯罪を認めたが、行政、警察、検察庁が、犯罪を公式に認めた証拠を残すと拙いから、口頭で犯罪を認めて、摘発、告発しないから、遠慮せず犯罪に勤しめ、こうまで犯罪の支援に走って来て居る、相続されていない遺産金品泥棒から提供受け請負、個人所有物犯罪処理請負で、口頭で認められたから、堂々と行っている犯罪各種、物品所有者偽造、廃棄する物品区分偽造、犯罪利得隠匿、犯罪に要した経費、偽造税務申告で経費処理公認等々は、犯罪なので」

あくまでも犯罪者は、口頭で認められtだけ、の犯罪を、公然と行っているだけです、犯罪を警察、司法、行政が、公文書を発行して、認めた訳では有りませんから。

いざとなれば、警察、検察他司法、監督官庁は「犯罪実施事実を持ち、摘発、処断に動きます、そうなった時、道警本部、検察庁、札幌市が認めた犯罪だ、と騒いでも、逃げられませんよ”ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン等のように、犯罪を認めた、犯罪委任も行って来ている国家権力の、共犯者証拠から握って居れば、多少は良いかも、ですが”」

報道犯罪責任

  • 2019/02/06 06:55

@報道各社、当社が札幌地裁民事執行係り、札幌市環境局事業廃棄物課と意見調整して”裁判所不動産明け渡し強制執行搬出物廃棄処理で、排出者、廃棄物処理区分偽装廃棄”を、合法廃棄手法に是正させる事が出来る事となりました、遺品整理、個人所有物犯罪処理請負と同じ、犯罪処理司法版の是正が果たせます

                                平成31年2月6日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-231-4997 NHK札幌報道部デスク
FAX011-233-6008 HTB報道部デスク、営業
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道部デスク

1、別紙記載の通り、当社が札幌地裁民事執行係り、札幌市環境局事業廃棄物課の意見調整を行い、裁判所が債権者の訴えを受けて行う、不動産明け渡し強制執行搬出物を、結果として廃棄処理する場合の、「燃えない廃棄に回す物品執行官代行処理手法を、執行官排出産廃偽り処理から、債務者排出一廃、執行官代行廃棄手続きに切り替えられます」

2、この、個人所有物偽装廃棄方法は「裁判所、遺品整理屋等に、札幌市環境局事業廃棄物課、清水課長前任東田課長、道庁環境、道警本部が、闇で、口頭で、この手を使えば、告発、摘発しないと約して、認めた犯罪処理方法ですが、清水課長は”口頭で、法を犯して良いと認められた”等知らない、違法は認めない、合法化する事、と動きました」

3、自己申告民間資格、遺品整理士なら、相続されていない遺産金品を、相続者で無い者が横領、窃盗して遺品整理士に渡し、遺品整理なる、泥棒闇犯罪処理が出来る”遺品整理士資格を、公的資格者、遺品整理士は、相続されていない遺産金品を手に入れ、闇に消せる、と紛らわせる喧伝は詐欺、この窃盗他行為は窃盗、古物商法、廃掃法違反等犯罪です”

司法犯罪是正へ

  • 2019/02/06 06:15

@債権者委任弁護士による、不動産明け渡し強制執行搬出物、結果として廃棄処理を”執行官が排出者の産廃”と、債務者所有物廃棄ですが、偽る現行廃棄手続きを”債務者所有一般廃棄物、執行官代行処理、市環境が指示し、こう是正される事となりました”相続前遺品物品、個人所有物違法処理請負も、同様偽造廃棄、当然違法、犯罪処理です

                                平成31年2月6日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
安倍総理、山下法務、石田総務、原田環境大臣
TEL03-5253-2111
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
藤井健志国税庁長官
TEL03-3581-4161

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※札幌市議会全会派、市環境、保護介護保険、障害福祉課”個人所有物代行廃棄請負委任者、違法請負業者に、公社パッカー車一台に、燃える物品、燃えない物品全て一括投げ込み、違法焼却処理、排出者偽装も公認”清水課長前任東田課長が認めた、廃掃法、市条例違反処理も、裁判所と同じく、合法廃棄処理に変えて下さい”

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官 当社仲介で、最後の違法処理是正が果たせます
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 憲法第29条、派生法律順守の徹底を
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 物品所有者偽装故買、廃棄は犯罪
原田環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課、渡井、佐藤担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
FAX011-756-0056 道労働局龍瀧、小田桐専門官
高橋道知事、道議会 物品所有者偽装故買、廃棄制度化道庁、道警
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹、道議にも
秋元札幌市長、市議会、保護、介護保険、障害福祉、犯罪委任仲介
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105 市環境清水他課長
FAX011-211-3078 市税事務所法人税安澤課長、偽造申告認識
FAX011-218-5124 共産党市議団
FAX011-218-5121 民進党市民連合岩崎他市議

1、当社が動き、適正化を進めさせて来た、裁判所による不動産明け渡し強制執行搬出物の、結果としての廃棄処理方法で、遺って居た違法廃棄手法「燃えない廃棄に回す物品、債務者所有物の、執行官代行廃棄の手法で、執行官が排出事業者の産廃、この違法廃棄手法を、当社が地裁民事執行係り、市環境局事業廃棄物課の意見を聞き、市環境は、下記合法処理手法に是正させる、裁判所執行係りも受け入れ、是正する事となりました」

(1)債務者所有廃棄に回す物品中、燃える物品は”市環境事業公社パッカー車で一括焼却場搬入処理、現行もこの処理”

(2)燃えない債務者所有、廃棄に回す物品は ”当社の助言通り、債務者が排出者の一般廃棄物を、執行官が一廃、債務者排出物代行廃棄”と是正処理する。

(3)市環境は、裁判所民事執行係り、公社に対し”公社は中間分別施設が無いので、各処理物毎に分けられた、燃えない物品を、公社がそれぞれ車両を出して、各処理施設に直接搬入処理とする”この合法収集運搬処理に改めて貰う。

(4)問題は”公社下請け業者に、この合法分別収集運搬処理を行えるだけの、産廃収集運搬車両、運転手が揃って居るか”強制執行の件数、おおよその廃棄に回す物品総量等も確認し、合法一廃区分廃棄処理策構築が必要。

(5)この手法は、日本中の強制執行搬出物も、所有権者移動が無い以上、同じく債務者所有一廃、で処理としなければならない”これでようやく、当社が裁判所に助言を続けた、強制執行搬出物廃棄処理の、合法廃棄処理手法が完遂されます”下記犯罪請負処理公認原因が、是正されます。

2、裁判所が、強制執行搬出物廃棄処理で、ここまで合法化を果たします「相続されていない遺産物品違法処理請負、個人所有物違法処理前提請負で、古物売買、廃棄処理実施で行われている、物品所有者偽装故買、請負業者排出産廃闇処理の手法と同じです”道庁、道警本部他が、遺品整理屋、便利屋、運送屋、リサイクル業者等に、上記犯罪前提請負処理で、認めた法を犯す手法、帯広市、十勝全域町村も、遺品整理請負業者等に、犯罪認識を持った上で、指揮して、違法廃棄に加担して居る、法を犯す手法です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4706923
ユニークアクセス:3951591
今日
ページビュー:246
ユニークアクセス:236
昨日
ページビュー:1013
ユニークアクセス:960

Feed