エントリー

2019年02月07日の記事は以下のとおりです。

犯罪を警察、道庁、札幌市役所で、だとしても

  • 2019/02/07 16:41

札幌地裁民事執行係りは「強制執行搬出物を、結果として法を犯し、物品所有者を偽る、個人の所有物を、執行官が排出者だと、裁判所とも有ろう組織が、確信犯で偽装し、犯罪処理実行に狂奔」

札幌地裁は今後「裁判所上層部から、札幌市環境局上層部、局長以上との間で、現行の犯罪処理指示に付いての公文書での説明と、今後の合法処理方法の答えを、市に問いかけて、答えさせる、こう言って居ますが」

裁判所、司法でありながら「一札幌市の課長から、口頭で犯罪を指示されたからと、法を根本から犯し、犯罪廃棄に狂奔して来て、札幌市の担当が、合憲、合法を守らせる課長に代わり、犯罪禁止、法に沿い合法公務遂行とせよ、こう指示されるからと」

過去の共犯行為の責任を、口頭で犯罪と、双方納得して、犯罪を実施して来て居る裁判所が、札幌市の犯罪指示責任、口頭で犯罪指示行為責任を、札幌市よ取れ、公文書で答えて、責任を取れ、こう言って居る事が、完全に間違って居ます。

司法、行政、政治が、口頭で犯罪指示、犯罪を受け入れて実施して、市の担当が変わり、犯罪は禁止、合法に変えろと言ったからと、口頭で犯罪を指示したから、裁判所は受け入れて、犯罪の限りを尽くして来たんだ、札幌市、責任を取れ、は、市民が飲めません。

司法、政治、行政、警察が共謀して、犯罪を口頭で指示した、実行した事です、実行犯が、自己責任で犯罪責任を負うのが当然です。

ここまでの事態に陥りました、札幌市役所、北海道庁、道警本部、報道犯罪を、裁判所も口頭で指示されて、飲んで犯罪に走って来て、市が清水課長担当に代わり、合法化策を打ち出した結果です。

こうなれば、犯罪に手を染めた連中、口頭で犯罪を指示され、犯罪を重ねた連中が、責任を負うのは当然なのです。

犯罪の事業化、警察、司法、行政、報道ぐるみ、合法化に切り替えで

  • 2019/02/07 16:04

鈴木商会が、北海道新聞社と共謀して、家財等も犯罪処理前提で、請け負うと新聞広告を出して居ます。

遺品整理屋、便利屋、リサイクル業者、運送屋、不動産屋等が、おおっぴらに請負、犯罪の限りを警察、司法、各監督機関、報道から認められ、行えて居る事で、犯罪を請負、成功して、犯罪利得を得て、闇に消せている、犯罪を請け負います、広告です。

違法改造産廃運搬車を持って、車検証偽造で「この違法改造、過積載産廃輸送犯罪も、無い事と偽らせて貰えて、通って居る鈴木商会による、次の犯罪事業実施です」

犯罪産廃輸送車両事実を、警察、司法、行政、政治、報道ぐるみ、違法改造車を造り、車検証偽造で改造事実を消して、過積載運行が認められて居る「これで廃棄物処理費が安く出来ており、官民に喜ばれているから、違法改造車製造、購入、車検証偽造で違法改造、過積載運行を消したとされ、通っておる事も、正しい犯罪である、警察、司法、行政、政治、報道が、こんな理由で認めて居る、権力犯罪事業に邁進に加えて」

家財等を、犯罪を多数行い、処理請負する”事業”にも参入して来て居るんです、犯罪を事業と偽り、公然と実行して、国家権力が共犯で、犯罪を全部公認して居る中の一社、鈴木商会ですから。

次の犯罪請負を、こうして公に手掛けに走って居て、当たり前でしょうね、巨大な犯罪事業実施を、公式に認めて貰えて居る鈴木商会ですから。

犯罪者は、犯罪を行う事に、禁忌は無いのです、根っからの犯罪者集団だから、ですよね。

法務担当清水職員、鈴木商会は、犯罪に禁忌の無い、法の根拠ゼロで”正しい犯罪請負である、法の根拠は無いが、正しい犯罪請負である”こう言い張るだけの”法務担当”職員が、表でこんな虚言、カルトの戯言を吐くだけで、犯罪を続行して居るんです。

犯罪請負広告鈴木商会

  • 2019/02/07 10:13

鈴木商会は今日、前回と違う、不用物品犯罪処理請負広告を、社会面に打ちました。

前回の広告は「事業所の不用物品、産廃扱い物品を、有料で搬出運搬処理請け負います、だったから、法を犯した請負部分もあるけれど、黙認しましたが」

今回は「古物買取、産廃区分で物品搬出運搬、産廃で処分を請け負います、こう広告が出たので”個人所有物も、法を犯して、産廃と偽り、処理を請け負うんだろうと察して、確認したのです”」

山本ー家財の運び出し、処分を頼みたいけれど、家財の処分を請け負ってくれるの?

鈴木商会受付ーはい、個人の不用品も、処分を請け負いますよ、え?廃掃法違反請負、ですか、個人緒所有物を、産廃と偽装して処理を請け負うと、犯罪なのですか、法務担当と変わります。

法務担当?清水ー個人が排出する物品は一般廃棄物、事業者が排出なら産廃、個人の所有物を、産廃と偽って処理は廃掃法違反だ、?役人委も合法な請負処理と、確認を取って行って居る、確認した役人の部署、氏名は教えられない。

清水担当ー誰が”当社が個人の所有物を、産廃とさせて処理する請負を行うと言った、環境事業公社を使い、個人の所有物を産廃と偽り、廃棄処理する請負を行って居るんだ”

※鈴木商会法務部清水課長の、之が答えです、環境事業公社を仲介させて、個人所有物を産廃と、偽装処理して居るから適法だ、定番になって居る、環境事業公社を仲介させての、犯罪請負隠しです。

この犯罪手法は「清水課長、共産党市議団が共に”前任の東田課長が、道庁、道警本部と組み、認めた、犯罪個人所有物を、排出者所有者を偽り、廃棄処理して良い、こう犯罪に許可を与えた結果の、昨年3月前後までの、行政ぐるみの犯罪公認の手です」

今の清水課長、共産党市議団は、この犯罪も認めて居ません、不都合な事実を証拠隠滅、偽造証拠作成、行使で逃げられて居る事も合わせ、犯罪行為を認めて居ません、犯罪撲滅に、法に沿い動いています。

鈴木商会も、ですが、廃棄物収集運搬業者は、犯罪に対して、全く禁忌が無い連中です、平気で犯罪に、確信案で手を染める人間の集団です。

犯罪請負蔓延、泥棒を成功させる為、犯罪全て公認で成功

  • 2019/02/07 08:50

そこに有る建物を、所有権者の意に沿わず、所有権者が未定の中で、も合わせて、警察、司法が共謀して、強制解体撤去に走って、建造物損壊罪の適用除外、警察、司法権力の悪用を行使して、建物犯罪解体撤去も、多くの場合成功して居る。

行政代執行と違い、民間の債権者の利権獲得の為、警察、司法が債権者側や、一部犯罪行為者相続人と共犯となり、建物所有権者の意志によらず、行政代執行でも無いのに、建物犯罪解体にも狂奔して居ます。

この建物は、持ち主の意向は無視して、解体撤去すると、司法、警察が、違法解体を求める犯罪者の意向に沿い、犯罪を請け負う業者に委任して、建物を強制解体させるとした。

こう言う狂った論法で、建物所有者の意思を無視して、債権者が犯罪解体費を支出や、遺産金員を、一部の犯罪行為実行相続権者、委任犯罪弁護士、裁判所、裁判官が共謀して、遺産金員窃盗に走り、犯罪委任費を支出、強制支出して、等に走り、多くを成功させて来て居ます。

バブル期の地上げ屋より悪質です、犯罪を請け負う弁護士連中に、こうやって犯罪を認めて、通して、弁護士犯罪を成功させて居るのです。

家財等動産も「その場から無くさせろ、こう債権者から、委任請け弁護士が求められたからと、裁判所、裁判官に、そのまま訴えを出せば”所有者が行方不明だから、債権者側の所有物と偽り、犯罪処分を請け負う業者を使い、其の場から持って行かせて、犯罪を重ねて処理させて居る」

泥棒を、こうやって自己詭弁で正当化した、事と偽り、委任して、請け負って、犯罪証拠隠滅、偽造、脱税等を、警察、司法からして、民事、刑事訴訟法手続き他に組み込んで有り、泥棒う委任、請負も、国中で成功させて居るんです。

泥棒を請け負いますよ、弁護士、裁判所も行政機関、国税も警察も、この犯罪も公認して、通して居るから、この犯罪委任、請負も、ここまで次々、実例証拠が揃い続けて居ます。

犯罪だが、目的の為なら犯罪全てを請け負わせている

  • 2019/02/07 07:51

明らかな犯罪ですが、目的の為だから、犯罪を認めて行わせて居る、其の場から物品、建物が無くなれば良い、だから「犯罪者に、其の場から無くしたい建物、物品を、闇で金を払い、無くさせる請負を委任し、させて、必要な犯罪を、全て行わせ、犯罪責任を免責として、逃がして通して居る」

要するに、こう言う事です、相続されていない遺産建物の、犯罪業者を委任しての解体撤去も、家財等闇処理前提居委任、請負の恒常化も。

目的は「どれだけ犯罪を行っても良いから、目的の建物、物品を、無くさせる委任、請負です、目的は、犯罪し放題を認めるから、該当する建物解体撤去を、物品犯罪処理を果たせ、金は払うから、之なのですよ」

目的の為なら手段は選ばない、日本の警察、法曹三者、検察庁、裁判所、各監督官庁、政治、報道、国税ぐるみ、この意思と行為で統一されています。

目的を果たす為に必要な犯罪を、全て実行範囲認めて行わせて居る、泥棒委任、請負もこれです、犯罪遺産建物解体も同じです。

犯罪を警察、法曹権力、政治、行政、国税、法報道が共謀して、委任し、行わせて成功させて居る、相続されていない遺産金品泥棒に提供犯罪も、不動産明け渡し強制執行搬出物処理も、之そのものです、犯罪を認めて、目的を果たさせて居る、犯罪の限りを尽くさせて、です。

組織犯罪者そのものの思考、行動ですよ、つまりは、国家権力犯罪と言うけれど。

公に犯罪請負要請だと

  • 2019/02/07 07:37

相続されていない遺産金品泥棒を、公の場に証拠も出したいから請け負うように、こう要請すれば、どの犯罪請負業者も、逃げるんですよね、犯罪を請負、犯罪を重ねて居る事から、知悉して居るので、当然の逃げです。

犯罪者、犯罪行為者認識から、正しく持った上で、摘発される事も無い、国家権力が共犯者、委任者だから、こう高を括り、犯罪に走り続けて居ます。

同じ犯罪の委任を義父母の事案で、偽造委任状で暗躍弁護士、札幌の裁判所、裁判官ぐるみ、犯罪を請け負う不動産屋を使い、成功させるべく、公的に委任したけれど、犯罪を請け負った不動産屋は「当社からの犯罪事実指弾を受けて”義父母の件は”逃げて居ます」

同じ犯罪請負委任を、今日記載した先数社他、同様の泥棒請負業者等にも、当社で委任して、警察に、刑事、民事訴訟法手続きに、証拠で出すから、請け負って頂きたいと伝えたら「全委任先業者が、警察対応も、刑事、民事訴訟法手続き対応も出来ません、こう言って逃げて居ます」

普段から、警察、法曹三者、検察庁、裁判所、各監督機関、国税報道と共謀して、泥棒委任させて、請負、犯罪の限りを尽くせて通って居るが、公式に警察対応、刑事、民事訴訟法手続きで証拠提出、証言を求められれば、逃げる訳です。

公然と、の状態で、国家権力の共犯加担も得られて、泥棒請負に狂奔して居るが、公に泥棒を請負、警察対応や、刑事、民事訴訟法手続きに証拠で出して、証言をと求められれば、逃げてしまうんです、警察、司法、行政が、公文書で認めた犯罪では無いので。

泥棒請負が成功させられて居る、権力犯罪手法が

  • 2019/02/07 07:03

泥棒から、盗んだ金品の提供を受けて、盗んだ金品を闇に溶かす請負、遺品整理、裁判所による、不動産明け渡し強制執行、強制的に持って来た物品闇処理も、之ですよね。

泥棒を成功させる、それを実現させるには「盗ませて提供させた、窃盗金品の所有者を偽る、泥棒の証拠を消す、盗んだ金品の流れの証拠を、警察、司法、国税他が共犯で加担して消す、之で成功させて有ります」

通常の、犯罪で得た利得、犯罪利得金品の洗浄の手口と同じです、警察、司法、国税、各法を所管する公的機関、政治、報道が「直接実行犯になっており、成功させられて居る、相続されていない遺産金品を、泥棒から提供させて居る請負も、之で成功して居ます」

国家権力が集い、犯罪者の支援、共犯で犯罪を共に実行、に走る事で、単なる泥棒請負も、おおっぴらに請け負えて、犯罪の限りを尽くせて、成功させて貰えて居ます。

この巨大国家権力ぐるみ犯罪も「目的達成の為、犯罪を請け負わせて、該当物品を、そこから無くさせる、どんな悪事に手を染めても、其の場から物品が無くなれば良い、国家権力が指揮する犯罪委任、請負だから、必要となる犯罪は、全て行わせて居る、こう言う事です」

犯罪を請負、犯罪行使費用を受け取り、犯罪を遂行して成功させた、犯罪請負費は、当然表に正しく出せません、出す訳が有りません。

犯罪を成功させる為に要した”闇の経費”も、正しく事実通り、事業実施経費だとは、出来ません。

これ等の項目で、偽造、証拠隠滅が、国家権力の加担で行わせて貰え手、犯罪の証明の流れと合わせ、消されて成功して居ます、犯罪利得の隠匿は、同じ手口です。

犯罪者に犯罪公認で便宜を

  • 2019/02/07 06:06

@相続されていない遺産金品を、親族等が横領、窃盗し、遺品整理請負なる、泥棒請負業者に提供、物品所有者偽装で闇処理、故買、個人所有物を、物品所有者偽装処理前提で請け負い、同じ手口で、強制執行搬出物処理実施、札幌地裁は、当社の仲介で札幌市環境、市議会と協議し、市からの法令順守指示に沿い、この犯罪処理を是正する、持ち主偽装、個人所有物を産廃と偽装処理を止める、と決まりました

                                 平成31年2月7日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                    山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

FAX011-210-4020 ネクステップ水江社長、不動産屋が泥棒請負
FAX011-803-6446 ルーツ・オブ・ジャパン湊社長、市保護課他と共犯
FAX011-280-8900 鈴木商会、古物買取、産廃処理請負を宣伝して居るが廃棄物と、買取古物を一緒に運ぶと古物商法違反ですし、産廃とは”事業者排出廃棄物”で有り、物品区分では無いです、あの広告は犯罪請け負います、ですよ、違法改造、車検証偽造産廃輸送車も、犯罪運行です
FAX011-711-3224 道民運輸社長、物品所有者偽装故買、廃棄実施社
FAX011-792-3885 まこと引越センター、裁判所と市から、個人所有物所有者偽装他処理請負
FAX011-756-0056 道労働局龍瀧、小田桐専門官、犯罪を労働偽り
FAX011-211-3078 市税事務所法人税、安澤課長、国税と共に、記載他同様犯罪請負社の偽造申告、脱税他承知で法人税、地方税法違反公認
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357 記載関連犯罪多数、犯罪証明毎免責実績

1、裁判所不動産明け渡し強制執行現行処分策は、相続されていない遺産金品を、親族等が横領、窃盗して、遺品整理を謳う、泥棒請負業者に提供、物品所有者偽装古物売買、事業廃棄物偽装廃棄の手です、個人所有物犯罪処理請負も、同じ手口で成功させて有り、道庁、道警本部、法曹三者、裁判所、国税、多くの市町村環境、地方税部署、報道各社が共謀しての犯行です。

2、この犯罪手法を、札幌市環境局事業廃棄物課、清水課長他と、共産党市議団が、当社からの犯罪私的、合法処理方法提言を受け、札幌地裁民事強制執行の記載手口も、別紙の通り合法化に切り替えさせる、地裁も合法化指示を受け居れる、事となりました、道庁、道警本部、法曹三者、裁判所、報道、多数の市町村が共謀しての、他者に権利の有る金品泥棒請負、泥棒金品所有者から偽装で成功の手口は、合法を突き付けられて、破綻し出しました。

3、札幌市環境局は「今後、同様の犯罪処理委任、請負が発覚の場合、主犯委任者を洗い出して、委任者、物品所有者に、違法処理委任物を返還させて、自己責任処理させる”行政が、所有者不明と偽り、物品所有者偽装廃棄処理に加担する、旧来の警察、検察ぐるみの違法処理は、廃掃法違反故止める”とも決めています」

4、実行犯各事業者「私の妻の父母死去後、同じ遺産金品泥棒犯罪が、相続人兄妹、偽造委任状で暗躍弁護士、青森県警、道警本部、所属警察官、札幌地簡裁、家裁、裁判官ぐるみで複数、確信犯で重ねられて居ます、家屋犯罪解体、家財犯罪処理委任、請負、預金、現金泥棒等が重ねられて居ます、ネクステップ、遺品整理想いで、ルーツ・オブ・ジャパン等に”公に請け負って居る、金品所有者偽装請負委任を、義父母の事件でも、私が行った案件です、警察が関わる、刑事、民事事件証拠で出す等は、犯罪請負故出来ない、と言って、各泥棒請負業者で逃げた件ですよ”現在まで、当社を強制排除して、警察、司法ぐるみ、公に、犯罪委任と同様の悪事が展開されており、当社が一定未遂で止めて居ます」

5、遺産金品は、相続済み後、相続受け者から、一定の条件を満たせている業者なら、適法引き受け扱い出来る、記載犯罪業者は違法で有る、請負金勘定項目、請負に要した費用計上処理は”引き受け出来る条件を、合法に満たせなければ、記載先等のように、犯罪請負金隠匿、偽造項目、証明で、偽造計上処理、偽造税務申告、脱税を常態化させて有る、国税、地方税部署も共犯で、この偽造全て、脱税と合わせて公認して、成功させて有る”事実です。

6、記載先犯罪請負業者”国税、市税部署、環境、市議会、道警本部、検察庁、検事”共犯先と共に、環境省、札幌市、市議会他と、犯罪を通すべく、表だって戦って下さい、取り敢えず裁判所は、犯罪実施、犯罪業者支援、共犯加担から降りるようです”犯罪免責公文書証拠は、申し出があれば考えます”。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3938882
ユニークアクセス:3324188
今日
ページビュー:1878
ユニークアクセス:1269
昨日
ページビュー:4029
ユニークアクセス:2555

Feed