エントリー

2019年02月16日の記事は以下のとおりです。

遺産相続

  • 2019/02/16 18:29

遺産は正だけで無く、負の遺産相続も必要です、負の遺産だけでも、遺産相続処理が必要です。

負の遺産が大半で有ろうと、誰かが遺産相続、処理する必要が有ります、誰かが遺産処置、相続処理しなければ、遺産は宙に浮くか、不当に誰かが、処理責任を負うのです。

遺産相続処理を、公式に負えなければ、遺産物品の処理も、手を掛けられません。

そこに付け込んで居るのが、遺品整理を謳う、泥棒請負業者です、公式に誰かが遺産物品も、相続した上で、相続権者の権利、責任で、元遺産物品の処理を行わなければなりませんが、遺品整理請負を謳う、泥棒請負業者は、相続されて居ない遺産金品を、泥棒した物から提供させて、闇に溶かして居ます。

こんな犯罪請負は、事業とは出来ません、事業にはならないんです、当たり前です。

当社は、遺産物品も、正しく引き取り、各扱、処理出来る事業を行って居ます、適法な事業ですから、刑事、民事訴訟法手続きにも、出せるのですよ、正しい事業だから。

遺産物品を管理している、相続権者は、遺産物品の相続、その後の扱いに付いて、他の相続人等に、遺産物品を、負の遺産物品ばかりなら、処理費を、負の遺産です、持たせられます。

遺産相続が終わらなければ、遺産物品の処理は、公式には出来ません、泥棒になります。

同じ責任逃れ

  • 2019/02/16 12:17

鈴木商会の人間は「違法改造を隠す為に、車検証を偽造して有り”車検証上は違法改造車では無い、だから合法です”こう言い放って、責任逃れに走って来て居ます」

レオパレス21、防火施工違反、消防法違反の、殺人予定アパート問題で、レオパレスの職員も「確認申請図面上は、防火施工、界壁防音施工がなされている、だから何の違法も、責任も無し」

こう、現実から逃げて、責任逃れに走って居ます「こう言う逃げ方で、実際通されているんですよ、国家権力犯罪の数々が発覚した後は」

現実を見ない、現実の犯罪行為を証明され、糾弾されても「だから”証明書等上は、違法は存在して居ない、拠って合法である”こう言い、逃げられる、国家権力共犯、犯罪責任逃れの手口が、国家権力犯罪の数々で、共通の責任逃れ作となって居ます」

現実逃避が、巨大犯罪なのに、国家権力が、証明書上で合法、適法として有るので、現実が違法、犯罪であろうと”現実の確認を、絶対しないから、違法、犯罪は無いんだ”こう、カルト犯罪者特有の言い訳で、逃がして通して居ます。

遺品整理請負、泥棒が、相続されて居ない遺産金品をかっぱらい、提供を受けて、犯罪利得を闇に消す請負でも、同じ権力ぐるみ犯罪責任逃れが、国中で行えて、押し通されています。

犯罪と言う現実を、証拠、実例を、幾ら突き付けられようと、犯罪を見ない、見なかった事にする、だから犯罪は無い、このカルト詭弁で、犯罪を公認し、共に犯罪に狂奔して居る国家権力集団は、犯罪事業者の下僕に堕ち切り、共に犯罪に走って、通して居ます。

この現実多数、国家権力が、犯罪を事業と偽り、犯罪の限りを犯罪実行犯と、国家権力の悪用で犯罪し放題とさせて、犯罪を重ね続けて、通して居ます。

泥棒が事業と偽られ、通る所まで、この国の国家権力集団は、狂い切ったのです。

遺産泥棒の事業化

  • 2019/02/16 08:52

相続されて居ない遺産金品を、相続受けして居ない誰かが盗み、遺品整理請負、相続されてない遺産金品を、泥棒した物から受け取り、闇に消す、泥棒請負業者です、この泥棒から、盗品受け取り、犯罪請負行為者を、正業と、虚偽と承知で喧伝、宣伝し捲って居る報道、も含む国家権力。

当然、泥棒ですから、多数の犯罪を行い、警察、司法、各監督機関が、犯罪を成功させる為に必要故、行っている犯罪を、おおっぴらに免責と、法を破戒させて認めて、この泥棒請負も、成功させて有るのです。

根本が泥棒です、枝葉を幾ら、適法と偽り、偽装しても、泥棒でしか有りませんから、相続財産は、相続権者が全員権利者であり、泥棒には権利は有りません、当たり前です。

この根本常識、法律規定を、国家権力が共謀して、蹂躙に走り「相続されて居ない遺産は、泥棒が権利を得る、相続されて居ない遺産はかっぱらえば泥棒が無条件で権利を得て、勝てるんだ、こう、泥棒の正当化を、警察、司法、行政、報道挙げて、憲法、各法律規定破壊の実現を目論見、諮り続けています」

泥棒から遺産金品を提供させて、闇に消す請負、犯罪請負が、遺品整理です「この犯罪を成功させる為に、警察、司法、各監督機関、遺産預金が有る金融屋、法務局他に、税理士も”犯罪で得た利得隠匿用の犯罪処理”部分で、加担、実行者となって、国家資格悪用に走って居ます」

表向きだけ「合法、適法だと、特に遺品整理請負屋と共謀して、帳簿記載、入金事実偽造処理、犯罪に要した費用の虚偽項目計上、偽造税務申告、犯罪で得た利得闇入手、脱税を、共に成功させて居ます」

この泥棒請負も「闇の犯罪の手口を理解出来て居れば、どの部分で、どう言った犯罪を行い、警察、司法、監督機関、報道が、犯罪事実を隠匿に走って、成功させて有るか、詳細に分かり、証明出来るのです」

泥棒請負業者の共犯税理士と、税務署、国税庁、泥棒請負業者所在市、町地方税部署が、税の部分で、当然共犯なのです。

正しく申告すれば「犯罪で得た利得です、刑法第19条も含めて、行っている犯罪に付いて、刑訴法手続きを取らなければならない悪事ですから、没収されます」

廃棄物関係事業は

  • 2019/02/16 08:28

廃棄物収集運搬、処理事業は「地方自治体が、最上位で法を所管出来て居ます”都道府県庁、市町村が各々、国を超えた、法を幾らでも逸脱出来る職権を、所管地域内で持てて、行使出来て居ます”」

廃藩置県は、実は達成されて居ないのです、日本の現実です「この現実により、産廃輸送車両は”過積載運行前提で、都道府県庁、都道府県警が指揮して通っており、過積載用に違法改造されながら、改造は無いと、車検証偽造で偽り、通せています”」

産廃輸送車両は、車検証偽造記載積載重量の2~3倍過積載運行を、都道府県庁、都道府県警、国土交通省、厚労省等が、公共事業での産廃処理発注でも、大前提とさせて、通して居るのです。

この現実が大前提で、実際有る訳です、公の発祥地は、青森県庁、県警本部、青森運輸支局、運輸省、そして労働省ですけれど。

ここと、日本中の都道府県庁、都道府県警、都道府県議会、報道等が共謀して、過積載前提産廃輸送が、公に行われ、法の適用せず、で通って居ます。

ここまでの国家権力犯罪です、トラックメーカー、トレーラーメーカー、ディーラーが、過積載用違法改造産廃輸送車両製造販売、素で車検を取得した後、架装を施す、車検証偽造車両の製造販売に手を染める筈です。

それどころか、架装済みの状態で”運輸支局に車検取得に持ち込めば”架装は施されて居ない、こう偽ってくれて、国交省が車検証偽造に手を染めてくれている”ここまでの国家権力犯罪が、公然と行われて居るのですから。

厚生労働省の村木局長が逮捕されて、200日以上身柄拘束された事件は「偽造の障碍者団体認定証明書の作成、行使容疑、結局無罪でしたよね、違法改造を隠す為に、国交省が青森県庁から求められて、改造事実無し、と車検証偽造、行使は、完全な犯罪ですけれど」

色々な証言の意味が

  • 2019/02/16 07:14

札幌方面本部の警察官らの「認識せず、発して来た言葉の意味が、どんどん裏付けを持って来て居ます」

一人の警察官が、私に言った言葉「違法改造車両、トラック、トレーラーの違法改造は”高さが3,8メートルを超えなければ、改造分の重量を、車体重量に加えて、積載重量を減じる、としなくても良いのでは?違法改造トラック、トレーラー取り締まりは、高さ制限を超えた事だけで判断して居ますよ”?」

この言葉の意味、裏事情は「産廃輸送車量は、過積載運行を、国交省、都道府県庁、都道府県警ぐるみ、闇で認めて、公共事業も含めて、過積載産廃輸送を前提で発注して、過積載運行を、日常的に行わせて、通して居る、過積載用改造を施させながら、車検証を偽造して、過積載用改造は無いと、公式に偽装させて有って」

その上で「架装で重くなった分の、積載重量を減じて居ない、車検証上の偽造積載重量の、2~3倍過積載産廃輸送を、行政、警察が公認して、行わせて居るのです」

警察の「産廃輸送車量の、違法改造、過積載取り締まりの実態は”高さが3,8メートルを、大きく超えていない事だけ”とされて有る、過積載は、過積載用違法改造隠蔽目的で、改造は無いと車検証偽造を国交省、都道府県庁、都道府県警ぐるみ、産廃輸送車両で行っている事で分かる通り、前提が、素のトラックの積載量の、2~3倍産廃過積載輸送なので、産廃輸送トラックは、過積載運行で摘発は、故意になされて居ないんです」

廃棄物収集運搬、処理事業は、国家権力が直接手を汚して、犯罪で構成されているんです、過積載運行を、車検証偽造も行い、常態化させて、通して居る、不特定多数の人間に対して、違法改造、過積載産廃輸送車両を国中で運行させる事で、無差別殺人予定組み込み運行させて居ます。

こんな車両運行、コントロールがまともに効きません、当然ですよ、千葉市の産廃過積載トレーラ横転、対向車の乗員3人、積載鉄くず落下で圧死事件も、国家権力犯罪が最大の原因だったのです。

この権力犯罪が原因で

  • 2019/02/16 07:01

昨年9月に起きた、過積載用違法改造、ばら積み産廃トレーラー横転、対向車に29トン積載されて居た、鉄くずが落下して、乗員3人が圧死した事件の原因も「産廃輸送車量は”過積載用に改造して、車検証は、改造事実を国交省、運輸支局も共謀して、運輸支局でも、改造は無いと、車検証を偽造発行して、通して来て居る”」

で「違法改造による、あおり数トン搭載を、車検証偽造で無いと偽り、偽造車検証記載積載量を、常時大きく超えた積載を認めて、産廃輸送を国中で、国交省、警察、都道府県庁他が行わせて来て居る事で、千葉の産廃輸送トレーラー、過積載運行による、死亡事件も起きました」

あの、産廃ばら積み用トレーラーも、総重量36トンで、あおり無しの、素の状態で、29トン積載となって居ますが「ばら積み用です、あおりを装着しなければ、産廃ばら積みは出来ません。

ですから、あの横転トレーラーも「鋼鉄製のあおり、あおりの高さが2,1メートル位の、頑丈な鋼鉄製のあおりを搭載して居るが”車検証が偽造されており、積載重量29トンと、公に偽られて居ました”」

あの架装あおりは、5~7トン位有る筈です、つまり「正しい積載重量は、22~23トン前後の筈なのです、その事実を公表すると、国交省、警察、都道府県庁全てが共犯だから、拙いと、強制捜査によって気付いたから、その後千葉での、過積載運行トレーラー横転、対向車に落下鉄くずで、乗員3人死亡事件は、続報が無いままなのでしょう」

所謂「報道しない自由、あれですよ、各報道機関ぐるみの、国家権力ぐるみ犯罪隠蔽工作です」

同じ構図

  • 2019/02/16 06:48

国土交通省が、青森県庁(県警も)と共謀して、産廃輸送車両は”過積載運行を常態化させる目論見で”あおりを高さ制限一杯まで嵩上、鋼鉄製の、頑丈な、過積載に耐えられる、数トンに及ぶ、頑丈なあおりを装着して居るが、二次改造車との事実を、車検証を偽造して、無い事とさせて来た。

この改造の目的は、標準車両の状態の、合法な積載量の、2~3倍産廃を、過積載運行する目論見での改造です、その前提なのに、あおり改造の重量を、車重に乗せて、積載量を減じれば、もっとあおり嵩上の意味を失います。

と言う、黒い目論見により「青森県庁(県警も)が、青森運輸支局、運輸省と共謀して”改造を無い事と、車検証偽造で、運輸省が偽造して、産廃輸送車量は、幾ら改造しても、車検証を偽造する手で、改造は無いと、公に偽装し捲って来たのです”」

こう言う理由で、日本中の産廃輸送トラックの大半、解体業者、廃棄物収集運搬業者の、廃棄物輸送トラック、混載用トラックは、あおりを目いっぱい、鋼鉄製で作り、嵩上されて、偽造車検証記載の積載重量、あおり改造分を減じて居ない(違法改造クレーン搭載車両は、クレーン分も減じて居ない)車検証偽造車両記載積載重量の2~3倍過積載運行されて、公然と通されて来たのです。

レオパレス21のアパートや、民泊建物や、グループホームの建物の多くが「防火施工違反、消防法違反だけれど、アパート、旅館施設で使えている事実と同様の、人命無視、金儲けだけを見た、無差別殺人組み込み、国家権力テロです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4553562
ユニークアクセス:3813231
今日
ページビュー:326
ユニークアクセス:316
昨日
ページビュー:1180
ユニークアクセス:1162

Feed