エントリー

2019年02月23日の記事は以下のとおりです。

出鱈目を超えた事件構成、事件の証明

  • 2019/02/23 14:27

相続遺産金品は、強奪、詐取、窃盗した者が、所有権者と、法を無効化させて決まる、事と偽りで、させて通して居る、警察、司法、遺産泥棒共犯機関ぐるみの財産権蹂躙テロ実態が、之です「正しく相続権を持って居る、遺産泥棒被害者が、正しく自己の相続権を行使に動けば、冤罪を着せて陥れに走ります、泥棒が正しいと、偽りを正当化する為です」

アパート、旅館事業に使う建物は、各戸毎に防火施工が必要ですし、消防法規定による、防火施工、避難用の設備設置が必要ですが、公文書証明書上、合法施工とさせて、実際の施工は、違法施工で、国中通されています「当然ですが、火災が起きれば、あっと言う間に各区画に火と煙が回り、死傷者を生み出したりして居ます、殺人予定の、危険な建物故です」

この殺人予定危険、違法施工建物ですが、証明書上だけ合法施工と偽り、事業に使わせる事で「大手の建設業者、事業者は”違法施工により、巨額の闇利得を生み出せて居るのです”犯罪を、証明書偽造により、公に消せている故の、犯罪利得創出です」

廃棄物輸送車両の多くは「改造を施して置きながら、車検証を偽造する手が国中で認められ、通されており”新車の時点から、過積載用違法改造車で、車検証偽造車両で通って居ます、常に過積載運行が、官民挙げて委任され、行い、通されています”警察、司法、行政が共犯、実行犯故、国中之で通って居ます」

この事実は、日本の国家権力テロ犯罪制度の、本当の氷山の一角でしか有りません、犯罪で稼ぐ為、国家権力が集い、公文書等証明書を偽造して、犯罪事実が無いと偽り、通して、犯罪利得を、国中で生み出させて有るのです。

当然ですが「同種の犯罪行為とされた摘発、処分、刑事罰適用は”これ等の、同じ国家権力犯罪とも、整合性など取れないのです”同じ犯罪ですが、国家権力犯罪は、免責で通されていますから」

この国の国家権力の実際は、完全な組織テロ犯罪集団なのです、日本国憲法、各法律規定の徹底破壊の実現居暴走し捲る一方、同様の行為を、恣意的に犯罪と扱い、通して居ます、同じ国家権力が、です。

強制執行の相手方特定も、出鱈目で

  • 2019/02/23 14:07

相続物品の特定、相続権者の特定、相続する各々相続物品を相続する物の特定、証明、之も無しで「不動産明け渡し強制執行を申し立てれば、ほぼ事実確認、証明無く、受けて、強制執行を認めて、該当場所に有る物品を、所有権者証明無しで、強制搬出して、処分しても居ます」

相続されて居ない遺産物品であれば、当然ですが、相続権者全員が、推定相続権を、全物品に対して有して居るのに、法の規定も無視して、相続される前の遺産物品も、犯罪処理されて居るのです。

妻が受けている、同様被害の場合では「遺産他物品が存在して居る、相続遺産不動産を、次男と長女に、警察、偽造委任状暗躍弁護士、裁判所、裁判官連中が、法の破壊を重ねて強制独占占有させる手を講じて、遺産他物品の調査も、権力テロを用いてさせず、強制廃棄に走ろうと、暴走して居るのですよ」

物品特定をさせない、よって「遺産他物品は、全部廃棄する物品だと、次男、長女、警察、司法が独善で決定した、妻がどう言おうと”遺産他物品が何かから、一切公式証明出来ないから、妻には異議を申し立てる権利も無い、相続対象遺産物品では無いんだ」

こう言う、警察、司法テロ決定の手を使って居ます、居直り強盗以下です。

他受任事案では「不当な追い込みを受けている相続権者さん、委任された方が”相続遺産不動産、動産を管理して居ます”ですから”事前に、公式な対抗策を講じる事で、強盗と変わらない被害受けを、一定防止出来るのです”」

当然ですが、対象となる相続されて居ない遺産物品の、公式証明と、保全手続きも出来る訳です、妻の被害受けと違い、こちらは居直り強盗以下の、警察、司法テロ被害受け100パーセントとはならず、一定正しい相続手続きが通るでしょう「札幌市役所、市議会も、負の遺産、相続処理費用負担責任者ですしね、法に無い、保護受給者の家財、違法処理費支出制度で、遺産家財一定処理費代行拠出責任を、市、市議会が負って居ますから」

遺産相続に関する

  • 2019/02/23 09:44

東京、大阪等では、遺産相続に関わる各書類作り、遺産調査、証明等のアドバイス、調査を請け負う事業者が、雨後の筍状態で林立して居ると聞いています。

まあ、法曹三者、警察、裁判所、各行政機関の、あまりにも酷い現実が示すように、有んなレベルの国家権力、法律家ですからね「正しい遺産の証明と、目録作り、正しく遺産を相続処理する為の、遺言状等作成は、弁護士他国家資格者の、無知蒙昧を超えた実態です、きちんと実務法律から、理解して居る所に、法の範囲で委任しなければ、遺産相続は、ぐちゃぐちゃに混乱し捲るばかりに陥ります」

遺言状が無いなら、法定遺留分で相続を行い、終えれば良い、法の規定通り、な訳ですが「妻がされて居る、警察、司法、行政他が共謀しての、遺産強奪達成用、テロ攻撃、犯罪の数々被害受けでも分かるように”法定遺留分の相続も、この連中は、知らないから犯罪攻撃を重ねて、潰しに暴走し続けるのです”札の来ない、成功させて居る、司法、警察、行政、国税他共犯の、一部の相続人に、犯罪の限りを尽くして、遺産全てを強奪入手させる事を目論んで、です”」

そして「中途半端な公正証書遺言状の記載、なのですが”法曹三者、裁判所、司法書士等もですが、それも理解不可能なレベルが実際だから”この公正証書遺言で、正の部分だけ、遺産を全部手に入れられた”」

こう錯覚して、法曹資格者ぐるみ、暴走に入るんです、黙って居れば、警察、裁判所、裁判官も、合否も何も理解不可能だから、法を犯して遺産全部、正の遺産だけ強奪に、暴走して突っ走ります。

日本の、遺産相続に関わる法律規定から、ほぼ何も知らない法曹権力、警察、行政、報道他による、遺産正の分強盗テロは、こう言った事実により、国中で、一部の遺産強奪者と、国家権力が共犯となり、凶行され続けて居ます。

当社は”妻の遺産強奪被害他国家権力テロ事件”と、似て非なる”遺産不正強奪予定で暴走予定の事件”も、現在扱って居ます、当社の豊富な実務知識を、正しく生かせています、結果はまだ出て居ませんが、打てる正しい防御策の手は、色々打って有りますので、一定の、遺産強奪被害防衛は、現状果たせています。

財産目録作りから

  • 2019/02/23 08:31

遺品整理を謳う、要は金品泥棒請負にしても「遺産となる金融資産、不動産、物品”正、負共”これの調査から、きちんとせずに”相続が終わる前に、闇で遺産金を抜き、遺産と勝手に決めた物品を、闇処理請け業者に提供して、闇に消させて居る”んですよ、之が遺品整理委任、請負の実際です」

テレビ局、新聞社等が「遺品整理請負は正業です、個人の所有不要物一括処理請負と共に、どんどん委任して下さいね”遺産相続が終わる前に、遺産金と物品を盗んで、遺品整理請負業者に渡して、闇に消させて下さいね”こう、堂々と報道、宣伝して居ますけれど、泥棒です、単純に」

遺産の特定、証明が先ず必要で、遺産を相続する人の証明、特定も、合わせて必要です「公正証書遺言状が有っても”記載内容が100パーセント合法で、100パーセント効力が有る場合ばかりでも無いしね”」

こう言った、財産権所持証明や、遺産相続に関わる法律知識や、実務法律の、正しい適用知識が、凄いレベルで必要なのですよ、遺品整理屋等と言う、三流以下の犯罪者には、望むべくもない、必須の法律知識です。

法曹権力、警察官連中には「上記等も合わせ、法律の正しい適用から、本当にほぼ知らないで、司法書士、弁護士が、思い込みで言ったから正しいのだ、之を絶対と勝手に狂信して、司法、警察犯罪で染め上げた、遺産強奪、詐取テロ達成に走って居ます」

遺品整理請負屋も、この現実が有るから「兎に角”相続が終わる前に、遺産金品緒特定、証明をされる、する前に、遺産金品をかっぱらった身内から提供させて、遺産金品を、犯罪を重ねて闇に消せば、警察、司法は、犯罪全てを闇に葬る”こう闇密約が出来ており、おおっぴらに遺産泥棒請負を、しのぎと出来て居るのです」

遺産に該当する現金、預貯金、有価証券、動産、不動産の特定、証明した上で、目録に記載、相続権者特定、証明から、遺品物品処理等請負にも、必須に決まって居るのです。 

遺産強盗は、事前に被害防止がどれだけできるか

  • 2019/02/23 08:16

遺産相続が発生した後、一部の相続権者が司法書士、弁護士等と組み、遺産全ての強奪に走る、こうなると「警察、預金先金融屋、監督機関、法務局、国税挙げて、遺産強盗の支援に狂奔します」

法なぞ無いのと同じ、この連中に、合憲、合法は、元から備わって居ないですから、遺産強奪、強盗、詐取、窃盗の完遂に向けてだけ、暴走し続けるのです。

妻もこの被害を、ずっと受け続けている通りです「偽造委任状で暗躍弁護士と、青森県警、北海道警察、裁判所、裁判官が共謀して、遺産強奪を完遂させるべく、悪行の限りを尽くし捲って居ます」

この連中が、犯罪に手を染めた事実から証明される度「法の規定破壊が果たされた、神の弁護士の意を受けて、裁判官が、法の規定破壊を決定した、これを重ね続けて来て居ます」

妻は、遺産を何一つ押さえて居ません、ですから「多くの遺産強奪は、未遂と私がさせて居ますが、不動産強制占有、権利書所持、残りの遺産預金通帳、印鑑占有、遺産関連現金所有、使用し放題公認を、次男が認められており、これ等遺産を、全部強奪しようと、犯罪の限りを警察、司法、行政他が尽くし捲り続けて居ます」

こんな権力犯罪が、日本中の遺産相続問題で、国家権力が直接テロ、犯罪に、犯罪者の下僕と化して走る事が、国中で起き続けて居ます。

一旦この権力ぐるみテロ、遺産強制強奪に走り出せば、法曹権力テロの仕組みの稼働で有り、法曹が根本から、財産所有権、遺産相続法律各規定、ほぼ何も知らず、遺産強奪に走って来て居る事を、絶対認める訳に行かないので。

遺産強奪完遂まで、悪事の限りを尽くし続けて、他の相続権者の、相続の権利潰し、遺産強奪達成に向けて、暴走を重ねるばかりとなるのです。

今回請けた事案は「正しい”遺品整理請負”のスキルを活かして、事前に、遺産相続を謳うが、司法、警察、行政他が共謀して、遺産合法相続潰しの為、犯罪の限り実行を、どうやら食い止められるでしょう」

遺品整理請負は、泥棒請負

  • 2019/02/23 07:31

@遺品整理請負、単なる泥棒共犯、泥棒が盗んだ金品を、共犯で受けている犯罪です”当社が正しい遺産物品証明、処理責任者特定手続き等を、受任事案で取って居ます”相続権者のうち二名は、札幌市から保護費受給者で、この負の遺産相続、処理費拠出は、札幌市責任でも有ります

                                平成31年2月23日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局、遺品整理犯罪共犯募集宣伝
FAX011-231-4997 NHK札幌放送部デスク
FAX011-233-6008 HTB報道部、営業部デスク、犯罪CM放送
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道部デスク

1、当社に委任が来た「遺産物品特定、相続権者各々が、遺産物品各相続受け、搬出、処理等各々が責任を負う事案で”当社のスキルを駆使して、別紙の通り、正しい相続権者特定、弁護士等が間違った、相続手続きの指摘と、正しい相続権の所在証明、負の遺産も相続が必要で、家財等処理も負の遺産、保護受給者も同じく、負の遺産も相続、処理が必要”代行債務者は保護費支給自治体も入る”等を、法に沿い通知して、相続手続きを、委任者さんに取って頂いています」

2、遺品整理請負が正業なら”当社と同じスキルを備えて居なければならず、当社と同様の、事前調査、遺産物品所有者特定、相続済み後扱いが必要です”現行の遺品整理は、泥棒でしか有りません。

遺産は正、負共遺産

  • 2019/02/23 06:24

@日本で通常行われ、強制的に相続手続き、と決定されて居る手法は”正の遺産のみ一部相続人、就いた弁護士が、法に沿わず手に入れられ、逃がされ、通される”ですが、遺産には正、負が有ります”遺産物品処理費、家屋解体費用等も遺産”です”保護受給者が相続放棄して居なければ、遺産家財処理費、家屋解体費等負の遺産相続、処理は、行政に回せます、当社で実例を作れました

                                平成31年2月23日

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 憲法、法律規定は間違い、無効が法務省
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 法曹三者も同じ、法によらない判決、決定
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 強制執行搬出物、所有権者無視常態化
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357他者財産強奪は、法曹も犯遺品整理も犯罪
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
遺産物品引き取り、各処理等請負は”該当物品所有者証明”他が先ず必要です”相続権者が保護受給なら、処理費は保護費給付自治体”ともなります、遺品整理請負を正業喧伝、この原則も知らない業者を

原田環境大臣 物品所有者、廃棄区分偽装処理は犯罪、廃掃法以前
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課渡井、佐藤担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
FAX011-756-0056道労働局龍瀧、小田桐専門官、犯罪も労働
高橋道知事、道議会、遺産物品闇処理制度化、産廃業者に犯罪許可
FAX011-232-1156 石狩振興局環境吉水主幹、道議にも
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉、犯罪委任先
FAX011-218-5165
FAX011-218-5105 環境清水他課長
FAX011-218-5124 共産党市議団

1、相続権者で無い親族に、被相続人が公正証書遺言状で「土地建物のみ遺贈する、この内容の公正証書遺言を作った、後に遺言者が死去した事を受け、該当土地建物の名義変更を行い”居住者を退去させるべく、弁護士共々動いた”事案で、当社に遺産家財等引き取り、各扱い処理委任が来ました」

2、当社で契約を交わし、遺産物品相続、所有者特定等が必要故、公正証書遺言状内容、退去を求められた者、相続権者等の調査を行い、下記が分かりました、遺産整理請負を謳うなら、当然知って居て、委任者に説明して、証明が必須の内容一部です。

(1)この公正証書遺言状の内容では”複数の相続権者は、減殺遺留分相続の権利を有して居る、遺言者、遺言者死去後に死去した奥方の遺産相続手続きは、終えられて居ない状況です”日本の遺産相続の法律規定を、まるで理解せず、100パーセント遺産不動産の権利を得たと、受任弁護士、当社委任者が相談した弁護士等は、法によらず思い込んだのです。

(2)相続遺産には”正、負の遺産が有り、この事案だと、大量の家財等も、相続が決まって居ない状態なので”遺産該当物品を特定して、遺産該当物品目録を造り、相続権者各々が、遺産物品を相続受けしなければ、当社で引き取り、扱いは出来ない、立ち退き要求者には、不動産(遺言での権利入手範囲分)以外相続権は無いです。

(3)相続権者4人の内2名が”札幌厚別、西区役所保護課から、別紙通知文の通り、生活保護費受給を受けて居ます”この二名は”正の遺産相続権と、家財相続受け、搬出運搬、処理費が数十万必要な、負の遺産相続受けの権利、責任を負って居ます”

(4)この負の遺産相続受け責任に付いては”正の遺産、100万円単位遺留分は有るが、不動産入手者が減殺遺留分を払わなければ、入らない遺産金です、この権利は放棄するか、他相続権者に譲っても、負の遺産は、誰も引き受けません”よって”札幌市、厚別、西区役所保護課は、負の遺産家財を、保護受給者二名が各々相続受け後、法によらず実施して居る、保護受給者所有家財処理費拠出、この制度発動が必要です”保護受給者で有ろうと、遺産物品相続、処理、家屋相続、解体費拠出責任、物理的に金を掛けて、処理が必要な相続債務は、誰かが物理的に、この債務を引き受けなければ消せません、保護受給者が相続受けした、こうした債務引き受け者には、行政も入る訳です。

(5)この家財も”当社委任者様が管理しており、市が処理等費拠出でも、市が闇で飼っている、違法処理請け業者は使えません”保護受給相続権者と管理者、当社との協議となります。

3、この事案でも「日本の遺産相続を定めた法の規定、仕組みを”弁護士等他がほぼ知らず動いており、違法な強制執行手続き(執行対象者は、別にも複数、も知らなかった)を取れば、上記事実、法の規定はもっと知らない裁判所、裁判官は、違法を重ねた強制執行決定、物品所有者数名の権利、意志も無効化した、と強引に決めて、強盗執行に走りますから”運良く保護受給者の相続権者もおられたので、法に沿い、債務遺産相続分を、法律手続きに沿い、札幌市に正しく負って頂く手続きも、速やかに取った訳です」

4、昨年1月でしたか、札幌市中央区北1条東10丁目(の筈)で行われた、不動産明け渡し強制執行手続き、砲弾が出て大騒ぎとなった強制執行手続きは「土地建物所有者に代わり、地上げ目的の不動産業者が、居住者を退去させた後、不動産を買い取り目的で、執行申立した事案ですが”この土地建物を占有して居たのは、元々居住して居たのは、不動産所有者の親の兄妹で、既にこの方は死去しており、その方の子が、相続手続きをせず住み付いて居た”と言う事案で”あの強制撤去、処理物品大半は、未相続の動産でした”」

5、執行申立者の不動産所有者、代理執行申立不動産屋は、これ等を知悉して、執行させた訳です「当社が遺産物品引き取り、各処理等扱いを請け負った事案では”相続権者4人と、保護受給者二名の負の遺産相続、処理費債務代行支出者札幌市を、不当な強制執行が起きない前に、公式に遺産相続に出させた訳です”」

6、妻が受け続けている、遺産強奪目論見、警察、司法、行政ぐるみテロ被害受け実例でも「妻が持つ相続権から、法を片っ端から破戒させ、強奪に走られて、通されようとされています、当社今回受任事案でも、出来るだけ国家権力悪用、相続権破戒被害を、未然に防止しなければならないのです、幸い札幌市、市議会も、直接負の遺産代行処理当時者で、道警、札幌の法曹権力等も、妻に対するような、犯罪相続完遂は、難しいでしょう」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4553646
ユニークアクセス:3813314
今日
ページビュー:410
ユニークアクセス:399
昨日
ページビュー:1180
ユニークアクセス:1162

Feed