エントリー

2019年02月24日の記事は以下のとおりです。

金で合法破壊、人殺し幇助まで

  • 2019/02/24 16:06

黒い利得の提供をさせて、凶悪犯罪だろうと「嘘の羅列を喧伝して、犯罪を隠しに走って居ます、報道を名乗る、犯罪隠蔽、情報操作で犯罪隠蔽機関の所業です」

防火施工違反、消防法違反施工アパート、グループホーム、民泊等建物と承知の上で「防火施工は不要だ、消防法規定施工も不要だ”スプリンクラーが設置されて居ない事だけが問題で、こうした建物火災発生後、瞬時に各区画に火と煙が回ってしまい、多くの死傷者を出して来て居るが、原因は防火施工違反、消防法規定施工違反では無い、スプリンクラーの設置が無い事のみが原因だ」

こう、次々起き続けて来て居る、防火施工違反、消防法規定違反アパート事業、グループホーム建物火災発生で、多数の死傷者発生事件で、報道各社は、このデマプロパガンダだけを重ねて来て居ます。

で「防火施工違反、消防法規定施工違反はそのままで良い、スプリンクラーを設置させれば良いのだ、こう、火災が起きれば住人焼死予定建物を、嘘を報道し続けて、使用させて来て居ます。

処が、レオパレス21のアパートは、多くが故意に防火施工違反、消防法違反施工で良いと、国土交通省、総務省消防庁、都道府県建築指導課、消防本部等が、闇で認めて来ており、レオパレス21のアパートも、この違法施工で建築費削減の恩恵を、目一杯受けて来た筈が。

テレビ東京が3回、レオパレス21のアパートの多くが防火施工違反、消防法施工規定違反で有り、火災発生で住人が死傷する、危険だ「こう報道し続けた事で、国交省、報道詐欺機関各社は”レオパレス21アパート防火施工違反物件から、住人を避難させ出して居ます”」

スプリンクラー設置違反だ、防火施工は不要、消防法施工規定も不要だ、スプリンクラーを設置させれば、合法アパート建物になる、この殺人予定詐話、デマプロパガンダを、いきなり引っ込めてしまったんです、行政、報道が一緒になって。

黒い金を出させて、ここまでのテロに走るばかり、報道を名乗るテロ犯罪権力の、正体の一部です。

犯罪証拠隠滅に成功しなければ

  • 2019/02/24 15:46

最近、特に理解させられて居ますが「この国の国家権力集団警察、法曹権力、法国の行政機関、地方行政機関の職員連中、国家資格者なる連中、国税職員連中、報道カルトの連中も、呆れ果てるしか無いまで、頭の程度が低過ぎますよね」

出来そこないの餓鬼の頭、人間性です、合憲、合法なぞ、理解するも何も、ずっと手前過ぎます。

正しく理解出来る、正しく判断出来る事は、ほぼ実際には無いのが実際です、そんなレベルで、国家権力だ、国家資格者だと威張り、権力を悪行使に暴走し捲って居ます。

オウム等のカルトテロ集団と変わらない処か、もっと酷いレベルが実際です、狂い切ったカルト犯罪行為集団です。

この現実により、司法、警察テロ制度ばかりが、国の闇ででっち上げられており、合憲、合法、正しい社会常識の真逆が正しいと、でっち上げた答えが「事実証拠偽造、真実抹殺テロが行われ、犯罪が正しいと、国中で通されて居るのです」

司法、警察テロ制度被害は、国中で凶行され捲り、犯罪が正しいと偽られ、合法破壊が常時強制的に通されて、犯罪者が不法を超えた、犯罪利得の享受を得られ、犯罪国家日本を満喫出来て居ます。

死人が出た、よし、遺産金品強盗で荒稼ぎだ、司法、警察遺産強盗制度が稼働したぞ、このテロも、国中で、そこら中で凶行され捲って居ます。

事前に司法、警察遺産強盗制度も予想して、被害を出来るだけ防止して置かなければなりません、司法、警察犯罪闇制度に拠り、遺産を全部強奪されてしまえば、ほぼ他の相続権者は、相続権を”法曹権力、警察、行政他テロ犯罪国家権力からの、遺産相続権蹂躙テロ稼働により”無効化されて、強奪された遺産は、相続出来ないで押し通されてしまいます。

遺品整理請負とは

  • 2019/02/24 15:20

        @所謂遺品整理請負の、正しい請負実例紹介

;委任者様の同意を得ており、当社受任、相続前の遺品整理事案の、法に沿った事業紹介します”遺産物品の引き取り処理前提調査から、請け負いましたが、下記遺産相続手続きから、先ず終えなければ、遺産物品引き取りは、不可能です”

;相続がまだ終わって居ない、ほぼ遺産が残って居ないと思い、放置して来た結果、二件の絡み合った遺産相続手続きを、合わせて行う事となって居る、当社の助言により、相続手続きを放置して有った、二件の、絡み合った遺産相続手続き開始に付いて、内容等を概略解説します。

;何年も前に父親が死去して、相続権者以外に、主な遺産だった土地建物のみを遺贈して、残りの遺産預金、現金、年金の最後の給付金等の相続は、ずっと放置して来て有りました。

;この、不動産のみ遺贈、公正証書遺言での遺贈内容では、他の相続人複数の、減殺遺留分は、消えて居ませんでした”この、公正証書遺言での遺贈内容だと、遺贈された相続権者以外の人の、減殺遺留分以外の遺贈割合は、法の規定では五割です”他の相続権者の減殺遺留分を請求されれば、現金で不当利得入手分、返還責任を負って居ます。

;つまり”この遺産相続手続きでは、遺贈遺産不動産に付いて、他の相続権者には、減殺遺留分請求権が存在して居ますし””遺産預金、現金、年金最後の給付金、遺産動産の相続手続き”も、残っている訳です。

;後に、上記被相続人の奥方も死去されましたので、こちらの遺産相続手続き処理も、合わせて必要となって居ます”上記遺贈不動産減殺遺留分四分の一も、この遺産相続に、入って居ます”

@当社は、この状況に鑑み、遺産調査、遺産証明を果たして、最終的に行政書士を委任して、遺産目録を作って貰い”遺産物品の相続が終われば、遺産物品相続権者との間で、遺産物品だった、相続済み物品引き取り請負を実施します”何時になるか分かりませんが、現在は調査関連主体で請負、動いています。

@なお、この遺産相続事件二件では”相続権者複数が、保護費給付を受けており、遺産物品相続後、処理に要する費用は、保護費から給付を、制度上は、他同様実例が、多数実施されており、受けられる可能性が有ります”市役所、市議会等と、保護費での家財相続後、物品請負引き取り等の費用拠出協議”も開始して居ます。

@遺品整理請負を謳うなら、こうした法律手続きから、知って居なければならないのですが、実態は、他事業者は、ほぼ何処も知らない合法手続きです。

公的関与機関には

  • 2019/02/24 09:21

今日の文書には「直接関与となる、公的機関、担当先には”情報をそのまま添えて、送ります”必要な情報ですから、国家権力が直接関与する当時者特定が、必須事項ですから」

遺産相続手続きは、被相続人2名に付いて、終えられて居ません「その状況の中で”その先の法律行為は、法を犯す事でしか、遂行は出来ないのです”」

遺産相続を受ける権利、責任を、司法、行政等が共謀して、法を所管出来ている特権を悪用させて、相続受けの権利、責任を、国中で潰し捲り、通して居るのです。

それを完遂される前に、当社が委任を請けて、合憲、合法、適法を武器で駆使して、対抗策を構築して、国家権力犯罪を、事前に食い止める為も有り、こうして動いています。

当社だけが持って居る、豊富な実務法律知識、正しい実践方法を使い、司法、行政テロ防止と、正しく市役所が、債務代行費用を拠出すべき、之を実現させる為の証拠提供、協議開始の求め等に、公に動いて居るのです、当社は。

この事案では、相続権者4名には、両親死去による遺産相続の権利、責任が「もう遺産放棄は出来なくなった中で、有ります”正の遺産は、多分不当利得入手者さんから返還させるのは、難しいと思います、一方負の遺産、相続遺産物品を、各自遺留分相続受けした後、自己費用負担で処分しなければならない”こっちに付いては」

誰かが、この負の遺産を引き受けなければ「必要な費用を各自が拠出して、どうにかしなければならないし、それを完遂しない限り、遺産相続手続きは、終えられません」

札幌市からの保護受給者が、相続権者の中に二名います「正の遺産は、入るめどが非常に薄い、一方で”遺産家財は、遺留分を各々相続受けした後、運び出して、使う、廃棄する事を、物理的に実施が必須です”順番に手を打って行きます」

札幌市役所、市議会とも協議が必要で、法を持った答えが市、市議会から出なければ、先に進められません。

相続されて居ない遺産金品強盗が

  • 2019/02/24 09:08

妻の警察、司法他、遺産強奪無法行為被害受け続々でもそうですが「この国の警察、法曹権力、行政、政治、報道、国税他には、日本国憲法、法律各規定の理解自体、ゼロレベルで、無いのが現実です」

この事実により「日本では、日本国憲法規定、各法律規定は、意味を持って居ないのが実際です、国家権力集団が、憲法、法律をほぼ理解も出来て居ないが、その事実すら、あまりにも程度が低くて、理解に至れないので、憲法、各法律規定は、意味を持って居ません」

ですから「個人も財産所有の権利を、日本国憲法第29条規定、派生法律各規定により、持って居ると言っても”この国の国家権力の大半には、宇宙人の言語のような物であり、通じません”日本の国家権力の大半には、まともな常識も、全くと言えるだけ備わって居ないから、合憲、合法何て、何の事かすら、ほぼ分からないんですよ」

今日の文書に書いた事等、国家権力カルトテロ犯罪集団には「何の法律が適用されるのか、何処がどう問題で、問題解決に必要な”正しい法律の適用と、合法を持った法律問題処理”とは何の事か、ほぼ理解不可能ですから」

当社は、委任を請けた領域を軸とさせて、事実調査、証明、証明出来た内容を踏まえて、相続されてから、遺産物品だった物を、相続を受けた人から委任を請けて、引き取、各扱、処理を実施すれば良い訳です。

遺品整理請負だの、不動産明け渡し強制執行搬出物、結果として強制廃棄処分公務とは違い、適法を証明した上で、請け負った業務を遂行するんです、当社だけが。

かなり間違った形で、弁護士、行政機関、裁判所も直接関わって、関わる事件です、公式な司法、行政も関与、と言う事件なのです。

個人が所有する物品処理請負は

  • 2019/02/24 08:54

裁判所と、札幌市役所事業廃棄物課、前任者東田課長は「個人が所有する物品の闇処理に際して、執行官を、無許可の産廃収集運搬業者と偽らせて、強制執行搬出物を、産廃、執行官が排出者である、こう偽り、闇処理して居ます」

当然、廃棄物及び清掃に関する法律の、25条1項が適用されて、事業者は3億円以下、個人は一千万円以下の罰金刑と、5年以下の懲役刑が、併合で科せられる犯罪行為です。

国、裁判所が、政令指定都市の一課長と共謀して、ここまでの極悪犯罪も、公に、公務で実行し捲って居ます。

万人が見倣える、法律的には重い刑事罰則が適用となる、犯罪行為です「法を犯して個人の書湯物を、国なのに犯罪処理する、闇の手口を、こんな手で編み出して、国中で実行し捲って居ます」

犯罪行為ですが「国が、裁判所が公務で行い、通されていますから、どんどん皆で”無許可で、廃棄物収集運搬事業届け出を出せば、もう廃掃法第25条一項も、不適用特権が得られます”」

こうしてどんどん、国家権力が共謀しての、国家権力犯罪制度が編み出されて、国の闇で凶行され捲って居ます、国民も次々見倣えば良いのです。

国、裁判所が首謀者です、この犯罪の手口を講じれば「人様の所有物を、公に強奪して、闇処分出来るのです、物品所有者偽装、個人所有物闇処分を隠す為、無許可産廃業者が排出者の、事業廃棄物と偽って、処分、証拠隠滅出来るのです」

今日の文書記載内容は、この国、裁判所ぐるみ犯罪他を、事前に食い止める目的を先ず主眼としての、法と、法によらない行政税金拠出制度公式実行の為の手です。

法の破壊、司法テロ事前防止に

  • 2019/02/24 07:23

@当社が委任を請けた”遺産未相続物品引き取り、各扱い処理請負に付いて、相続権者の内二名が、札幌厚別、西区役所から保護費受給を受けている”問題で、保護受給者への家財処理費支給、法に拠らない事業適用協議を、公式に開始致します

                                平成31年2月24日

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市役所 秋元克広札幌市長殿
TEL011-211-2022 市長秘書課
FAX011-218-5175
FAX011-218-5105市環境局清水他課長、違法な物品廃棄禁止
FAX011-895-4031 厚別区役所保護課
FAX011-641-6957 西区役所保護課

                                       住所
               事業所名
               TEL

綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 物品所有者、廃棄区分偽装処理も犯罪
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 相続前遺品偽装処理も犯罪

1、札幌市も行って居る「生活保護法規定には無い”保護受給者家財を、違法処理前提で、違法処理請負業者多数と組み、税金から処理費を拠出して、違法廃棄等処理を行って居る、税金事業”に付いて、別紙文書4枚記載によるように、相続手続きが終えられて居ない遺産相続事件二件に関し”札幌厚別区役所、西区役所保護課から、保護費給付を受けておられる方各一名、相続権者は四名の遺産相続手続き事件で、該当遺産物品の相続も発生しております”」

2、当社は記載文書の通り「委任状も交わした上で”被相続人緒遺産物品調査、該当物品を、必要費用を頂き、引き取り、各扱いをする請負契約を交わしております”最終的な遺産目録は、行政書士を委任し、公式作成、使用致します”」

3、この遺産相続事件で現在、概算判明して居る遺産相続内容は「相続人4人には、被相続人実父に付いて、相続人以外に遺贈した不動産部分だけでも、減殺遺留分、金額換算で数十万円~百万円前後、正の遺産相続の権利が存在して居ます、遺産預金、現金、年金の最後の支給分等は、遺贈されておらず、相続手続き前の状態です」

4、被相続人の実母の遺産に付いては「父、母が所有する遺産物品多数、預金、現金、年金最後の給付金等に付いて、相続手続きは、まだ行われておりません」

5、当社と致しましては「委任を請けた部分”遺産調査、証明、行政書士を委任して、遺産目録作成、遺産物品必要費用を頂き、引き取り、各扱”この請負部分を、法に沿い、実施しなければなりません」

6、当社と致しましては「札幌市厚別、西区役所から保護費給付を受けておられる”遺産相続処理実施案内に記載されて居る、2,3番目の相続権者様に付いて、遺産物品遺留分相続受け後、札幌市保護課事業から、法に無い、保護受給者家財処理費拠出”に付いて、適否を、法を明記して、公文書で回答を頂かなければ、遺産物品引き取り、各扱見積もりも作成出来ない状況です」

7、相続権者4名の内、当社が委任を請けたのは、一人とだけですが「この遺産家財は、当社を委任した方が、所有不動産と合わせて占有、管理しておられますので”札幌市であろうと、違法処理請負業者を動かし、保護受給者二名が相続受けした(場合でも)後、相続遺留分で相続した家財の、税金を使った引き取り、廃棄処理は、当社委任者様が、当社と協議して、双方が了解しなければ、不可能です”」

8、こう言う次第であります「秋元市長、厚別、西区役所保護課、当社と詰めの協議を願います、又、市議会全会派には”保護受給者の身元を秘匿した上で、議会承認も得る事を求めます”」

9、正の遺産は、他相続権者に権利を譲渡も出来るでしょう(減殺遺留分、遺産預金、現金は、不当利得入手者が支払わなければ、絵に描いた餅、何処からも出て来ません)が、負の遺産、遺産物品相続後、処理は、当社委任者か、もう一人の、保護受給で無い相続権者が、負の遺産を引き受けなければ、金銭債務では無いですし、札幌市が処理費を拠出して、保護受給者相続受け分を、物理的に処理する費用を拠出しなければ、負の遺産処理は不可能で、遺産相続は終えられません。

10、札幌市長、保護課、環境局、市議会、この事案では「正の遺産、負の遺産共に存在しており、保護受給者さんも、正、負の遺産共に相続権を有しており、負の遺産、遺産家財相続受け、処理の費用は、札幌市保護課が、他保護受給者家財、法を多数犯して闇処理公共事業実施事実により、代行処理費拠出責任を負って居ます、先ずは、必ず法を明記して、当社宛で本文書に回答願います」

11、裁判所、検察庁、道警本部、秋元市長、市議会「遺品整理請負、相続されて居ない遺産金品を、泥棒から受け取り、闇に消す請負は、泥棒でしか有りません、個人の所有物を、排出者偽装、廃棄処理区分偽装の手を講じて”市保護課税金で実行、ケアマネを通じる、民業の手、不動産明け渡し強制執行搬出物処理実施で、国中で行使して居ますが、犯罪以外の答えは無いです”」

12、当社は、こう言った犯罪はせず「法に基づき、物品所有者の権利、責任により、個人所有物、元遺産物品を、必要費用と共に正しく引き取り、各扱、処理致します”なお、近日中に裁判所に倣い、裁判所、執行官の届け出、産廃無許可収集運搬業届け出とは違いますが、無許可一般廃棄物収集運搬事業届け出手続きも、取ります”国が行い、通って居る、正しい事業届け出ですから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4544994
ユニークアクセス:3804852
今日
ページビュー:843
ユニークアクセス:792
昨日
ページビュー:892
ユニークアクセス:836

Feed