エントリー

2019年02月26日の記事は以下のとおりです。

司法、痴呆が実際だと

  • 2019/02/26 16:15

遺留分減殺請求が「結果として通じるのは、後妻業の妻から、一旦全部取られた被相続人の遺産を、自分の減殺分の請求を掛けた場合、と言うのが現実です」

弁護士、検事、裁判官は、呆れ果てるまで「日本国憲法、法律各規定の前に、普通の常識も何も、ほぼ知りません”あの連中は、実務に沿い、正しい知識を積み上げて行く、当たり前が、そもそも出来ないんです”自分で考える事が、ほぼ出来ませんから」

情報の更新、積み上げ、情報を組み合わせて、出来るだけ正しく使う、こう言った作業も、当然出来ません、多くの法曹資格者は、之が現実の生き物集団です。

何故後妻業の方なら、一旦全て手に入れた、後妻に入った夫の財産、夫死去により、全て手に入れた遺産を、減殺請求を受ければ、返すかと言うと「法曹資格者より頭がマシだから、遺留分減殺請求の事も、知って居るからです」

つまり「色々と”大事になれば拙い”理由が有るから、ですよ、後妻業に入り、夫の死後、財産を手に入れるには、何度も後妻業で、の人は、捜査機関から目を付けられないように”トラブル防止に努めて居ます」

後妻業数度で稼ぐなら、しない方が良い、捜査機関から目を付けられない為の、色々な対策を講じているんです「弁護士、検事、裁判官、警察官等と違い”何度も後妻に入り、運悪く、次々夫が死んでしまい、偶然が重なり、死んだ夫達の遺産を、多くの場合、全部手に入れられて来て居る”なら余計、不当な?疑いが向かないように」

捜査機関が「疑念を持ち、捜査に入らないようにする為の”種々対応策を講じているんです”捜査機関が動くには、も知悉して居ますし、ワンパターンのまま半世紀も同じ捜査方法、ですから」

後妻業に、結果としてなって居る後妻さん、次々夫に死なれてしまい、遺産が全部手に入って来て居る後妻さんは、法曹三者より、よっぽど実務法律知識に長けているんです、と言うより「弁護士、検事、裁判官連中の憲法、法r津にも無知蒙昧を超えた頭、が異常なのですけれどね」

日本の遺産相続規定も、法曹資格者は当然知らない

  • 2019/02/26 15:57

日本の遺産相続法律規定では、遺言状を作成して、相続権者が複数いる場合で、相続権者の一人に全遺産を相続させる、こう遺言状に記載したり、相続権者が居るが、相続権の無い者に、遺産全てを相続させる、と遺言状に記載しても、他の相続権者には、減殺遺留分の相続の権利が存在して居ます。

今ドラマで放送されて居る、後妻業でも、内縁の妻に収まった主人公が、一旦は死去した内縁の夫の全財産を、遺言状によって手に入れたけれど、遺言者には娘が一人居るので、妻、子で五割ずつの相続権が、遺言が無ければ有りますが、内縁の妻に全財産を相続させる、との遺言状により、娘は減殺遺留分として、半分の半分、四分の一を、減殺請求手続きを取り、回収した、こう言う内容の回が有りました。

後妻業で有名になった、筧千佐子さんも、後妻で収まった夫の遺産全てを、公正証書遺言状により、手に入れたけれど、何人目かの夫の遺産の内、相続権者が持つ、減殺遺留分を回収されています。

日本の法曹三者の頭は、法律規定が理解出来ない結果、法の規定は理解不可能故、通りません、減殺遺留分に至っては「何を言われて居るか、理解以前ですし”日本の法曹三者の頭は、日本国憲法、法律規定外ですから”遺言状に、XXに遺産全てを譲る”こう書かれて居て、他に相続権者が居るのに、減殺遺留分回収の権利も、多くの場合、法を知らないので、認めないんですよ」

ですが「後妻業妻は”減殺遺留分の請求をされれば、大事になると拙いから”愚かを超えた法曹三者の、治外法権決定、判決、減殺遺留分等知るか、遺言状には、XXに遺産全てを譲ると書いてあるから、XXが遺産全てを手に入れたんだ」

この決定、判決の状態化には沿わず「減殺遺留分を、請求者の相続権者に、あっさり渡すんです、大事になると、色々拙い事態も生まれ兼ねないからね」

日本の法曹三者の、実際の頭のレベルは、ここまで低いんです、日本国憲法、法律規程等、ほぼ理解も出来ないのが実際です。

遺産は強奪者、泥棒が犯罪入手で所有権者

  • 2019/02/26 09:52

日本で行われて居る、遺産金品扱いの実態は「利の部分のみ、強盗、詐取、泥棒し放題、犯罪を好き放題凶行して、遺産を強奪し放題出来て居ます」

で、負の遺産は、弁護士、検事、裁判官、裁判所、警察、監督官庁等が、遺産強盗と合わせて共謀しており、放り出せば通ると、公式にされて居ます。

二件の遺産相続事案でも、この国家権力犯罪が、例外なくですから、凶行され捲って居る訳です。

妻の被害実例では、今も変わらず「遺産金強奪、使い放題し続けらていて、警察、司法、行政の公認を受けて、通り続けて居ます、何れ家屋解体費、物品処理費と言う、負債処理が降り掛かるけれど”弁護士、警察、札幌の裁判所、裁判官等、遺産預金先金融屋、金融庁、財務省他が、遺産金は強奪、詐取、窃盗したら泥棒が所有権を得る、どんどんこの犯罪を重ねて良い”何れ発生する、家屋解体費、家財処理費分も含めて、泥棒が使い捲り、盗み捲って良いのだ」

これを公言出来ており、強制的に通され続けて居ます、法曹権力、警察、行政が共犯で通し、通させて行っています、公文書で証拠も残しながらの、国家権力犯罪を続けて居ます。

もう一例では「遺産家財の遺留分負債処理と言う、保護受給者も当事者と言う、札幌市保護課が、保護受給者の相続分、家財処理費支出責任を負うであろうと言う、楽しい、日本初の事例が、当社の尽力によって作られています」

こっちのケースでは「減殺遺留分と、被相続人の遺産金複数の相続も、残って居ますから”札幌市は、負の遺産支出と合わせて、正の遺産、不当利得となった遺産金の扱いも、公式に存在して居る、当事者の立場なのです”遺産不当利得入手者との、種々協議責任も有る訳です」

遺品整理は泥棒請負

  • 2019/02/26 09:38

当社が委任を請けて居る、表に出した事例分二件、さて「遺品整理屋が、当社と同じく公権力を相手にして、扱い、処理を果たせるんでしょうか、無理ですよね、所詮泥棒請負だから」

札幌市役所は、保護受給者の家財処理費を、税金から拠出して居ます、保護法規定に無い税金拠出制度です。

相続人複数の内、半分が保護受給者です、札幌市保護課からの保護受給者です。

保護受給者でも、相続放棄手続きを取っておらず、相続も終えられて居ません、相続放棄の期限もとっくに切れています。

と言う事で、札幌市、市議会に対して「保護を受けて居ない方から、遺産家財の引き取り、扱いを請け負いました、あくまでも”この請負が正しく出来るなら”が前提です、事前の遺産関連調査を、先ず請け負って動いています」

で、札幌市保護課は、負の遺産家財処理費用に付いて、拠出すべき当時者であり、他の同様事例と整合性を取り、拠出が必要と証明して、市、市議会と折衝して居ます。

後は、当社には関係有りませんけれど「正の遺産相続分の扱いでしょう、負の遺産処理費用を、札幌市は、制度に倣えば必要ですけれど、正の遺産金の扱いをどうするのか、不当利得入手者に、市は請求する必要が、とも言えるのでは?」

今後日本中で「保護受給者に家財処理費を拠出して居る、保護法に無い制度に拠り、を行っている市町村は”家財等物理的な負の遺産処理費も、制度に沿い、拠出責任を、自己責任で負うのです”」

札幌市役所、市議会、保護課の制度に拠り

  • 2019/02/26 09:09

札幌市役所、市議会は、生活保護法の規定に無い、保護受給者の家財処理費を、税金から出す事業を行って居ます。

この制度を使い、遺産家財の処理費、相続遺留分、負の遺産分の拠出を、札幌市に求めても居る訳です。

この制度は、保護受給者が相続の権利を放棄せず、相続放棄出来る期間を過ぎたなら負の遺産、特に物理的な、必ず誰かが、物理的に負の遺産処理が必要な事案では、適用しなければなりません。

相続遺産家財も、保護受給者の相続権、相続、処理責任範囲です、札幌市は、保護受給者の家財の処理費を、税金で出して居ますから、この制度の適用は、相続した家財、負の遺産家財処理費拠出でも、適用されます。

相続遺産は、正、負共に相続財産です、物理的に費用が発生する、負の遺産相続分は「誰かが物理的に、費用を負担して処理しなければなりません、遺産物品、遺産建物処理共にです」

札幌市他、大都市は、法に無い、保護受給者の家財の処理費を、税金から支給して居ます、大量の相続遺産家財は、保護受給なら所有出来ません、相続受けして、所持すれば、正の遺産有鬚ですから、保護は打ち切られます。

生活保護法の実務知識が有れば、この事も分かります、さてどうするか、札幌市役所、市議会、厚生労働省、政府他も。

遺品整理請負が犯罪だと、更に良く事実証明して居ます、この程度も知らず、遺産金品泥棒請負を正業だの、呆れ果てます。

犯罪の事業化警察、司法ぐるみ

  • 2019/02/26 08:39

犯罪を請け負います、弁護士が犯罪を事業と、犯罪業者の下僕となり、自分でも何に加担して居るのか、弁護士の頭では、何も理解も出来ず、犯罪が事業化された、と、弁護士自身も無知蒙昧故、独善で決めて、暴走開始して居ます。

遺品整理請負、泥棒の請負も、この狂った弁護士ぐるみの虚言を持ち、警察、司法、行政、報道、政治挙げて「相続前の遺産金品は、好き放題強奪、窃盗して入手して通る、相続権者が決まって居ない内なら、強盗にも泥棒にもならないからだ」

ここまで狂った詐欺論法で、相続されて居ない遺産金品強盗、泥棒がまかり通り、この犯罪を実行した者らから「遺産金品、窃盗金品を提供させて、闇に消す、遺品整理請負、泥棒請負も、大手を振って宣伝出来て、泥棒を請け負えて居ます」

で、当社が受任している案件の内容です「遺言状により、遺産不動産のみ遺贈を受けた、之だけですから”正規の相続権者達には、減殺遺留分が有る訳です”法の規定で認められた、遺贈によろうと、認められた相続権ですが」

この事も、当然と言える事が恐ろしいですが「全く理解の他の、遺贈を受けた人が委任した弁護士が、遺贈で遺産不動産他、全部手に入れられたと錯覚しての所業が、当社に委任をする事に結び付きまして」

遺贈の範囲とは、残っている遺産、正、負の遺産相続処理が必要となって居るが、相続手続きは終えられて居ない、負の遺産となるであろう、家財の相続も、処理なら相続人複数が保護受給者なので、債務代行責任は、行政も負う。

こうした、法律適用問題に、正しく発展して居る訳です「遺品整理屋は、当然関われませんけれどね、泥棒請負は、出られません」

犯罪を事業と虚偽喧伝

  • 2019/02/26 06:52

@正しい遺産相続手続き、処理は、法曹からして”理解出来ておらず、遂行不可能が理由で”行え無いのが実態です、遺産相続正、負の遺産証明、合憲、合法相続処理が必要な事案での処理方法実例、負の遺産処理責任者に市役所も実例、当社も関わって居る事案を確認下さい

                                平成31年2月26日

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 遺産相続事件も出鱈目、無法の限り、遺品整理、遺産金品泥棒請負がまかり通っている理由です
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357

※ここからは別紙文書も添付、虚偽を合法、適法と報道、宣伝、遺産金品泥棒請負遺品整理も同様
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局、遺品整理犯罪宣伝中
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告部、遺品整理犯罪宣伝
FAX011-231-4997 NHK札幌放送部デスク
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道部デスク

1、別紙、今月24日付、秋元市長他宛て文書の記載の通り「当社が未相続遺産物品引き取り、各処理を委任され、先ず相続人特定、相続が済んで居るか否か等調査から開始して居る事案は”負の遺産である、大量の家財も含めて、被相続人二名の遺産相続手続きが終えられて居ませんでした”当然ですが”所謂遺品整理実行は、犯罪故出来ません”」

2、この事案では、下記が正、負の遺産となって居ます。

(1)正の遺産として、相続権者で無い者に、公正証書遺言で遺贈された遺産不動産に付いては、減殺遺留分請求の権利を、正規の相続権者が有して居る、遺産預金、現金、年金未給付分のお金が未相続です。

(2)負の遺産としては”今の所、大量の家財が、原則処理費が必要と言う理由で、負の遺産で存在して居ます”相続を受けた方が決める事ですが。

3、この相続遺産、家財に付いては”相続権者の内二名が、札幌市から、生活保護費給付を受けておられるので、札幌西、厚別区役所保護課も、法に無い、保護受給者家財税金処理”代理債務者となって居ます、二区役所は、該当受給者担当課、担当者が、この問題の扱い等協議に入って居ます。

4、この事案の発端は”相手方の特定もせず、遺贈で得られる範囲、相続が終えられて居るか否か、遺産(今回は家財)債務処理責任者は誰となって居るか”全く証明せず、遺贈を受けた方の代理人弁護士が、公式に動いた事で、当社に”さる公の所の紹介と言う事で”この案件が回って来ました。

5、この件は「札幌市役所、市議会、保護課も、代理債務処理責任者の一角と言う”今後日本中に反映されて行く、国家案件の走りです”」

6、妻が受け続けている警察、司法他、遺産強奪被害、今も相手方、偽造委任状で暗躍弁護士、札幌の裁判所、裁判官他によって、遺産消失等被害拡大中”の事件でも”遺産家屋解体費、家財不要物適法処理費”負の遺産が数百万存在して居るが、相手方、偽造委任状で暗躍弁護士に警察、司法が、遺産金強奪、使用し捲り特権を与えており、負の遺産処理費も相手方に、犯罪を認め、提供させに走り続けられて居ます。

7、妻の警察、司法、行政ぐるみ犯罪被害も何れ「国、東北町が”遺産家屋解体、家財処理強制代執行に動いて、費用請求となるでしょう”これも承知で青森県警、道警、青森、札幌検察庁、札幌家裁、簡裁、地裁、担当裁判官、札弁連、財務省、農水省、金融庁、国税等が共謀して”遺産現金、預金を相手方に強奪、詐取させて消失させて、税金で負の遺産強制処理実施、近未来に国、東北町が税金で負債処理、とさせに走って居ます」

8、近未来に起きる、強制執行解体費用請求に対抗する為「相手方らに遺産現金、預金詐欺、強盗提供警察、司法が、この犯罪利得使用し放題公認証拠を、出来るだけ多く揃えて行っています”強制代執行費用が発生後は、国、東北町が、妻、他相続人の相手です、負の遺産処理を優先させず、遺産金だけ法を犯し、強奪、窃盗し放題で、負の遺産の付けを警察、司法が職権悪用で国、地方自治体に回す”今回の件と絡む、遺産債務責任当時者決定事件です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4659386
ユニークアクセス:3909381
今日
ページビュー:827
ユニークアクセス:775
昨日
ページビュー:1167
ユニークアクセス:1125

Feed