エントリー

2019年03月02日の記事は以下のとおりです。

金で情報を操作して、犯罪を正業と偽装が日常

  • 2019/03/02 16:11

遺品整理請負、泥棒請負も、報道ぐるみで「正業ですよ、相続前の遺産金品は、自由にかっぱらっても犯罪となりません、どんどん相続が終わる前に、遺産金品をかっぱらい、遺産物品の闇処理請負、遺品整理委任して下さいね」

こう、表だって報道して、宣伝を重ねて居ます、泥棒の請負です、正業の訳が無いのですけれどね。

この手の情報操作、犯罪を正業と、報道ぐるみ捏造して、嘘を喧伝し捲り、平民を洗脳して、犯罪をしのぎとさせる実例は、山のように出続けて居ます。

遺品整理、泥棒の請負も、当社の法律の正しい適用、合法に沿い、遺品整理が犯罪だと、当然を立証し続けて「妻、別の委任者さんの”相続されて居ない遺産金品泥棒、不当利得入手等を成功させるべく、弁護士も出て来て、犯罪を成功させると悪事の限り”」

こうなっていますけれど、幸い?相続権者の中に、保護受給者もおられた事で「処理費が掛かる遺産家財等も、相続財産であり、保護受給者でも家財等を相続して、誰からも、何も言われる筋合いも無い訳です」

で、物品を相続した後「自分の家に運べば、先ず正の遺産相続、と扱われるでしょう、大量の物品ですから」

かと言って「他者が占有して、保管して居る相続した物品ですから、相続を受けた以上、速やかに引き取るか、処理しなければなりません、家に運ぶと正の遺産相続、処理するにも”札幌市の場合は、保護費から給付”が前提です」

さて札幌市役所、市議会は、どうする事やら、報道を名乗る、犯罪を正業と、嘘を承知で報道、宣伝機関も「とても拙い実例でしょう、普通に遺産金品泥棒請負で、闇に溶かす手口は、使えませんしね」

遺品整理請負が正業なら「この事案、得意分野の筈ですが?遺品整理を謳う業者は、多分全部逃げてしまうでしょうね、公式に扱えるのは、当社だけでしょう、行政、警察、法曹権力と、正面から是非を問うのですから」

所謂遺品整理請負等

  • 2019/03/02 15:57

妻の両親が死去後、次男、長女と家族、青森県警、北海道警察、札幌簡裁、地裁、家裁、裁判官が共謀して、次男が偽造委任状委任者と、偽りでなり、偽造委任状で受任した、との偽りで暗躍弁護士も加わって居て、実家を不法に、強制占有して、妻、4男、当社が入れば、住居不法親友で逮捕するとまで脅して。

まあ、実際逮捕でも、するでしょうけれどね、この連中の日常テロ、警察、司法権力悪用テロ手段ですから、治外法権が警察、司法、法務省他の日常犯罪行為なので。

これを強引に通して置き「残置物品を、次男、長女の独善で、自己所有物と、法を踏襲させず、強制的に認めたとして、勝手に処分もし捲り、通されています」

この連中が委任した不動産屋が「所謂遺品整理、相続されても居ない物品を、法を犯して処理する請負も、通そうと暴走したけれど、この不動産屋は逃げたようです」

遺品整理委任、請負、泥棒ですが、妻の遺産強奪続発、国家権力ぐるみは強引に通されていますけれど、もう一件の、一定表に出して良い事案では、札幌市役所、市議会も加わっており、遺品整理、強盗請負は、何処も引き受けないでしょう。

同じ犯罪ですが、妻の被害実例では、公然と相続されて居ない遺産金品強奪、闇に消し放題、警察、司法、行政が共犯で加担して居るので、ですが、もう一件の事案では、相続されて居ない遺産物品は、相続を受けた後に、相続を受けた人の権利、責任で処理等する以外、出来ないように、当社で手を打って居ます。

どっちも弁護士が出て来ている事案、ですけれどね、全く違う状況です、法律等知らない、法曹三者他の現実が理由です。

知識を持って居るかどうかと、対抗して行けるか

  • 2019/03/02 08:48

妻、別事案委任者さんに付いても「犯罪行為者と、就いた弁護士が、警察、法曹権力他が共謀しての、犯罪制度踏襲の繰り返し被害に対して、法を備えた対抗策理論を持って居るか、と言う事と、対抗出来る方法を持って居るか、対抗して行き続けられる心を持ち続けられるか、等ですよ」

こう言う弁護士指揮、権力が弁護士からの、犯罪指揮に無条件追従して、権力犯罪の限りを尽くして、攻撃され続ける、国中で起きて居る権力テロ、犯罪に、普通は対抗策も持って居ないですから。

合憲、合法を持ち、権力犯罪に立ち向かうと、弁護士指揮、冤罪粛清が降り掛かって来ます、冤罪を強引に生み出して居るのは、多くの場合弁護士指揮冤罪です。

弁護士犯罪制度は、弁護士犯罪を成功させるのに必要な犯罪は、全て闇で認めて、犯罪と証明されても法の適用を破戒させて、犯罪を見逃し、成功させる、之を武器とさせて有ります。

妻の弁護士指揮犯罪被害では、負の遺産分類の不動産を、売れると思った相続人等、法を犯し続けている連中に、強制占有させて、正の遺産金をかっぱらわせ続けて消費させて居ます。

負の遺産分類と、ようやく気付いたらしい今は「負の遺産を妻らに負わせて、正の遺産は、使い捲らせて無くさせる、闇に消す、之を成功させると、暴走し続けて居ます」

もう一件の、表に一定出せる事案では「正の遺産隠し疑い、保護費不正受給互いにも通じている問題と、負の遺産物品相続、処理方法問題、保護費から保護世帯相続権者が居れば、拠出する問題と合わせた、負の遺産処理実施問題が、当社によって証明されて、どう処理するか、当社が助言等もして、となっています」

弁護士が出て、治外法権に暴走は同じですが、その先は、全く違う動きとなって居ます。

委任弁護士指揮犯罪に、他国家権力が無条件追従

  • 2019/03/02 08:28

犯罪者が委任した弁護士の、犯罪を成功させるべく、出される、暗黙の了解も有る、弁護士の犯罪制度の踏襲で、法を所管出来ている特権を悪用して、国家権力集団は、犯罪の限りを尽くし続ける、毎度の事です。

弁護士が、犯罪の制度化闇特権によって、犯罪を認められており、一旦この弁護士犯罪が稼働し出せば、他の国家権力は、無条件で弁護士犯罪の踏襲に、弁護士からの犯罪指揮に動きます。

当社が受任して居る、負の遺産の正しい相続、負債遺産の、合法処理実現策の構築、実施等も「遺産相続法律規定破壊、遺言状で、遺産の一部を遺贈されただけ、の委任者からの委任を、弁護士が受けて”日本の遺産相続法律規定も、ほぼ知らず、暴走開始したけれど”当社が遺産負債の正しい扱い、処理を果たすには?を軸とした、先ず事実調査の委任を請けて、正しい法律事実等を、一定証明した上で」

請け負った分は、とっくに完遂して居るから、今は当社の事業を適法に実施するべく、基本は当社の為動いて居るのですが、正しく負の遺産を相続出来て、正しい所有者責任での、相続を受けた物品の扱い、保護受給者が相続権者で居るなら、保護費の不正受給とならないように配慮もして、等を果たす為、事実証明、話し合いを重ねて居ます。

一旦根本を間違えて、動いて終えてしまえば、この事案は特に、取り返しが付けられなくなります、それを防ぐ事も、当社には責任は無いですが、考えて対策を講じて行っています。

弁護士犯罪制度に従い、暴走して、一定、権力犯罪を重ねてしまえば、収拾が付けられなくなります、札幌市役所、市議会も、入内な法破りに加担責任と合わせ、負う事になるが、正しい解決策は、そうなれば失われるだけです。

で、弁護士他は、責任逃れにのみ走るんですよ、毎度の事です、事前に当社の手で、サービスで弁護士指揮、他国家権力追従権力犯罪被害完遂を、食い止めに動いているんです、当社が動かなければ、複数の法破り、犯罪行為は、闇に消されたでしょうね。

誰かが、不当な責任を負わされる

  • 2019/03/02 07:43

妻の、弁護士指揮犯罪等被害実例も、他人者の、同様のパターンの被害(まだほぼ未遂)実例も「受任弁護士(委任状無しと、偽造委任状で暗躍等)の、無知を超えた頭、勝手な思い込み決定で暴走に、他国家権力が、無条件で追従に走る、これなのです」

究極の無責任国家権力、無責任さしか無い国家権力ばかり故、弁護士の犯罪指揮にも、無条件で、職権悪用犯罪暴走に、揃って走る訳です。

一旦弁護士からの、犯罪指揮に従い、暴走開始すれば、どれだけ無法、犯罪行為に走って居ると証明されても、弁護士からの犯罪指揮から外れません、犯罪に加担した、走った責任を負わない為にも、弁護士犯罪指揮を完遂させると、暴走の限りを尽くすのです。

一旦ここに走れば「犯罪者擁護も合わせて、徹底的に果たし続けます、犯罪者を守る、犯罪は全て免責で逃がす、権力悪の限りにも走ります」

そして、正しい行為者、弁護士指揮犯罪被害に落としている被害者側に対して、冤罪で粛清テロも、日常的に仕掛けて陥れようとします。

犯罪者が正しい、犯罪を証明して、権力ぐるみのテロ犯罪を糾弾する、権力犯罪被害者側を、冤罪に落とせれば、権力犯罪で守って居る、犯罪者が正しい事になる、この論法故です。

今動いている事案の委任者、被害者さんは「地方行政機関、地方の立法権力も”公式に関わり、動くしか、当社が無くさせたので”司法犯罪暴走を完遂は、恐らく無理でしょう」

当社が動かなければ、弁護士指揮犯罪は、成功して居たでしょうし、他の犯罪も、闇で成功させられたでしょうね。

一旦暴走し出せば

  • 2019/03/02 07:22

弁護士犯罪に、無条件で、法の所管権限を悪用して、警察、法曹権力、関係行政機関等は、法破り指揮に従い、追従する事ばかりです。

妻が今、この弁護士犯罪指揮被害を受け続けさせられて居ます、一旦弁護士犯罪制度、弁護士の犯罪指揮に追従した以上、合憲、合法には動かないのです、法を犯した責任を逃れる為、犯罪の限りを尽くし続けます。

偽造委任状で暗躍弁護士に、無条件で追従し続ける、この路線から絶対に外せない、青森県警、道警、札幌の法曹三者、裁判所他、日本中で同様の、弁護士犯罪遺産強奪、負の遺産(不動産、物品等)相続、処理責任は、不法に放り出して、近未来に付けを回して逃げる、妻もこの不当極まる警察、司法他テロ被害を受け続けて居ます。

今当社が「請けた分の仕事は、とっくに終えて居ますから、当社の新事業実施を、正しく遂行する為の、各調査、方法の提案、適法な負の遺産処理を果たす為の、責任当時者等の意思統一の達成等に動いて居るのです」

こっちの事案では「仮にですが、相続権者の中に、保護受給者が居たとすれば”手続きを間違えば、保護受給者さん方の生活が、破壊されます”その後の収拾を、札幌市役所、市議会も、合法に付ける手立てを持って居ません」

警察、法曹権力、報道は「合憲、合法の破壊に暴走し捲って居る、特に弁護士犯罪に、無条件追従する事が日常ですが、その先の、法を犯して、強引に弁護士の犯罪指揮に従い、犯罪を職権悪用で通して、不当な被害に落とされた方々への責任も、絶対に負いません」

これを、身を持って、当社は知って居ます、出来る限り弁護士が指揮する権力犯罪被害を、事前に食い止める必要が有るのです「一旦暴走開始し出せば、警察、法曹権力、行政、報道他は、暴走を止めませんから、犯罪完遂まで、悪事の限りを尽くし続けます」

出、結果責任、犯罪指揮に従い、不当な被害を生み出した責任も、一切負わず逃げるのです。

犯罪の事業化の理由も

  • 2019/03/02 06:22

@当社の委任様の要望を受けて”当初の契約分は終えたので”当社事業を適法に遂行する為の調整等を重ねて、一応の案を作れました、妻の警察、司法ぐるみでの遺産強奪、負の遺産放り出し他被害続行のような、司法の暴走、犯罪責任を、近未来に不当押し付けが起きて、収拾が付けられなくなる前に、事を納める必要が有ります

                                 平成31年3月2日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 訴訟、調停代理人委任状偽造も公認
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 弁護士の指揮で合憲、合法破壊訴訟指揮
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456正の遺産は強奪、使用公認、負の遺産は?
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部
FAX011-222-7357 犯罪免責多数、同じ扱いで統一すべき
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110遺品整理請負公認、泥棒公認根拠は

※報道各社、この件で当社が動かなければ”弁護士が出て来て追い出しに掛かって居る、委任者は何処にも救いが無かったので、遺品処理が必要でした、遺品整理屋、便利屋を使えば、相続前遺品物品処理を、委任者様の費用で行ったでしょうね”
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道デスク
FAX011-233-6008 HTB報道部デスク、営業部
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道部デスク

1、遺産相続の法律規定も、公正証書の有効性の範囲もほぼ知らず、相続権者等が委任した弁護士の、無知さ丸出しの法破り暴走に、警察、検事、裁判官、調停員他が、無法の限り指揮に従い、暴走を重ねて、一旦暴走に入れば、犯罪責任逃れの為、暴走、犯罪の積み重ねを止める事が出来ません、妻が、この被害受けを続けられている通りに。

2、当社委任者様の意向を受けて「減殺遺留分法律規定も知らない弁護士が、委任者様の追い出しに掛かっている事案は”委任者様から当社に対して、被相続人二名の遺産相続処理が終えられて居ない、相続人4人中2名が、札幌市から生活保護を受けている、保護受給者弟、妹が、保護を打ち切られないような処理を願いたい”との要望でしたので、委任者様からの意向を市に伝えた(事実か否かは、当社は知りません)上で、下記負の遺産相続、処理案を構築しました、委任者様から他相続人3名に送る案、当社の事業遂行用の提案、保護受給者が居る、いないは、この案ではっきりする案です」

(1)負の遺産、家財等の処理費を削減する為”委任者様に、負の遺産物品4等分の権限を与える事に合意する”

(2)保護費から処理費用が出るであろう、保護受給者相続受け家財等は、委任者様の元から動かさず、当社が保護受給者相続人から費用を受け取り、引き取る。

(3)保護受給者相続人が、これ等遺産物品を引き取る場合は、正の遺産となるので、市保護課、市議会と、受給者との協議に移行、多分保護は打ち切り。

(4)相続人複数が、札幌市から保護費支給を受けて居るとして、保護費から相続を受けた家財等、負の遺産処理費を出さない場合”相続権者は自分で引き取り、処理も必要で、保護は打ち切りが原則、市、市議会は、以後の事案処理方法を持たない”相続権者が望むなら、当社は無関係なので良いですが。

(5)この事案では”不動産を遺贈された人と、委任弁護士、保護受給者も含めて、悪質な相続遺産隠し、保護費不正受給に繋がる行為が予見されています”当社委任者様の証言が事実なら、行政は、税の合法使用に反する事は禁止故、事実調査が必要な訳です。

3、当社が動き、ここまで持って来ました「当社に委任しなければ、結果は全く違って居ました、遺贈された人が委任した弁護士の暴走に、他国家権力は、無条件で従い、合法な相続潰しの為、法を犯し捲ったでしょうね”保護費不正受給疑い(悪質脱税疑いも、関係者、当時者の一角に有るようです)も、闇に消されたでしょうし」

4、委任者様が当社を委任しなければ「弁護士が出て来て追い出しに掛かられ、弁護士他に相談して、家を出るしか無い、向うの弁護士に対抗出来る要件無し、と言われるばかりだった委任者は、大量の未相続家財等の処理に、便利屋、遺品整理屋等を使ったでしょう”委任された遺産泥棒請負業者は、大喜びで、まして”弁護士に追い出される事情です”喜んで相続前遺産物品を、金で処分したでしょうね、何時も通りの犯罪請負、実施ですから」

5、妻が受け続けている、偽造委任状で暗躍弁護士に追従して、正の遺産強奪、自由使用公認、負の遺産、土地建物、物品は、違法行為相続権者に強制占有させて置きながら、相続等責任は負わず通させ、放り出して、近未来に不当なつけ回し目論見権力犯罪と、逆の動きを出せています。

6、妻が受け続けている、警察、司法、行政他が、偽造委任状で暗躍弁護士の指揮に従い続けている被害実例を、この事案で再現させる訳に行きません、一旦暴走開始となれば、法破り責任を負わず逃げられる警察、司法等は、弁護士犯罪指揮を完遂まで暴走し続けます「ですが、この案件は”札幌市、市議会、保護課等は、司法が法破りを強行突破で果たしても、保護受給者の相続受け物品処理問題、保護費打ち切り問題等、保護受給者の生活破壊、保護法の重大違反”責任処理事案が存在して居ます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4706880
ユニークアクセス:3951551
今日
ページビュー:203
ユニークアクセス:196
昨日
ページビュー:1013
ユニークアクセス:960

Feed