エントリー

2019年03月03日の記事は以下のとおりです。

一旦司法暴走開始となれば

  • 2019/03/03 14:45

犯罪者に就いた弁護士が、弁護士犯罪制度を踏襲して、犯罪の完遂を目論見、犯罪指揮を執り出せば、警察、検事、裁判官、裁判所他国家権力は「普通は弁護士犯罪指揮に、無条件で従うばかりとなります、合憲、合法は、元々何の事かすら分からない、国家権力を持っているテロ犯罪集団ですから」

弁護士犯罪制度成功の為の、弁護士による犯罪指揮に、善悪判断など、見えもしませんから、無条件で従い、犯罪暴走を重ねます。

当社が委任を請けて居る一件は「弁護士が犯罪制度に沿い、暴走に走っても、犯罪指揮を出して、警察、司法が従っても”複数の重大問題が立ちふさがって居ます”資金が莫大に必要や、生活保護法規定問題等が立ち塞がって居ます」

普通の弁護士犯罪、犯罪指揮で有れば、警察、司法ぐるみで、弁護士からの犯罪指揮に、無条件で従い、テロの限りを尽くし捲るのですが、この件は、それはたぶん不可能でしょうね。

幾つもの「司法、警察テロ犯罪凶行で、犯罪を成功させる手が、この事案では通じさせられない、物理的な要件が存在して居ます」

普通であれば、合憲、合法の埒外、治外法権テロ犯罪状態化国家権力ですから、上手く犯罪を完遂に、だったのでしょうけれど、この件は、多分完遂は、無理でしょうね。

そもそも、当社が証明して、役所の担当部署らも~~の現状です、何時も通りの、弁護士犯罪指揮も、今までのようには出来ないでしょう。

犯罪者に就いた弁護士が、狂った思考で狂信して居る通りを常に

  • 2019/03/03 14:27

日本の警察、司法テロ集団は、正しい世間常識もほぼゼロ、世間知と言う、先ず必要な知識を持たなければ、正しく法律も適用出来ない事から、本当に理解も出来ません、で、狂った弁護士犯罪制度のみを絶対と、警察、司法テロ集団の世界で決めており。

犯罪者に就いた弁護士が、狂った思考で思い込んで、日常的に凶行している、犯罪制度の指揮に、警察、検事、裁判所、裁判官、役人等は、無条件で従い、テロ、犯罪の限りを尽くし捲ります。

この連中には、当たり前から理解も何も出来ません、犯罪者に就いた、合憲、合法も何も理解不可能な弁護士からの、犯罪を正当化する為に必要な、犯罪の手助け、権力犯罪凶行指揮に、無条件で従い、権力を悪用した犯罪を、唯々諾々と凶行し続けるのです。

中途半端な公正証書遺言での、遺贈記載を理解も出来ず「100パーセント実効性が有ると、独善だけで勝手に決めた、思い込んだ遺贈者、委任弁護士は”100パーセントの遺贈の効力だと、公正証書遺言状記載内容を、法に照らし合わせて正しいか否かも、知識が備わっておらず、理解不可能故勝手に決めて”暴走に走った訳です」

役人の中にも「あの公正証書遺言状の記載では、減殺遺留分が、現在は、相続権者4人に残って居る事等を理解して居ました、弁護士のレベルが、何処まで低いか分かる事実の一つです」

そして「生活保護受給者の相続権者が、札幌市保護課に届け出もせず”自分が持つ、正、負の遺産相続発生に付いて、正の遺産の減殺遺留分も、負債相続物品も、単に放り出して、それで相続は終わった、と勝手に勘違いして、保護費不正受給疑い”にも発展して居るのです」

当然ですが、公正証書遺言で、遺産一定部分を遺贈された人と、この人物が委任した弁護士の、法を強く犯した事実に付いての責任は、逃れられませんしね。

法律は通じない、それも踏まえるべき

  • 2019/03/03 14:13

公正証書遺言に何が書かれて居るか、公正証書遺言の正しい効力は、これを読み、理解出来なければ、正しく効力の範囲で遺贈は果たせません。

では、弁護士、検事、裁判官、公証人、調停員が、公正証書遺言状の記載を読み、遺贈の範囲等を、法に沿い、理解出来るかと言うと、ほぼ理解不可能が現実です。

この連中の頭、スキル、思考形態は「自分が一つの事だけで、全ての法を持った答えを正しく出せている、こう、独善、勝手な思い込みだけで、正しい答えと思い込んだから、それが正しい答えだ、之を強引に押し通すのが常です」

他の相続人の減殺遺留分が残る遺言内容と、減殺遺留分を全て消した遺言状記載内容と、遺言状の記載によって分かれる事も、ほぼこの連中は、知らないまま暴走する事が常です。

この連中は「遺言者の意志が全てだ、遺言者がXXに遺贈すると決めたんだから、遺産はXXが手に入れて終わりだ、他の相続権者には、XXが遺贈された遺産に付いて、権利は無いんだ”公正証書遺言状の記載によって、減殺遺留分が残る、残って居ないに分かれる等認めないんだ”」

これを絶対と、法も何も無知で知らない頭で、独善で決定した、とさせて、暴走を国中で行い、強制的に通す事を重ねて居ます。

一方では「司法、警察カルトが共謀して、相続されて居ない遺産は、泥棒した者が所有権を得て通る、泥棒された遺産は、相続財産から除外されるんだ、この遺産泥棒制度も、国中で行わせ、強制決定させて居ます」

犯罪請負の喧伝、宣伝責任

  • 2019/03/03 08:25

当社が請け負って居る事案に、相続されて居ない遺産物品の調査、証明、合法な相続受け後の扱い、引き取り等を合法、適法に遂行する為の調査等も有ります。

遺品整理屋は、相続される前に、遺産金員、遺産物品を、親族らに不法に盗ませて、提供させて、闇に消して居ます。

犯罪を請負、成功させて居ますが、警察、司法、法を所管する各行政機関、特に地方政治、報道が、この犯罪請負も、直接支援、加担して居る現実です。

まだ相続されて居ない遺産金員、遺産物品だから「誰も被害者が居ない、相続権者は被害者とならないんだ」

この、狂い切った虚言、詭弁を、警察、司法、行政、報道が共謀して、絶体と偽って決定して「遺産金品、遺産不動産は、相続される前にかっぱらえば、泥棒が所有権を、無税で得られるのだ」

この、狂い切った虚言で、遺品整理なる、泥棒請負も、公に行わせて、犯罪の限りを尽くせる特権、犯罪全て免責、犯罪利得も好き放題入手で良い、特権も与えて、この犯罪も、公に成功させて居ます。

遺産は相続される前に、好き放題かっぱらえれば、泥棒が所有権を得られて、無条件で通される、警察、司法が「合憲、合法の破壊権力だから、相続されて居ない遺産金品、不動産をかっぱらえば、不当利得だが、不当利得と扱わず、泥棒が無条件で所有権を得た、と、常時決定して、通して居る」

之が常時通されており、遺品整理屋も、大手を振って泥棒請負に勤しめています「この犯罪を、居直り強盗以下の詭弁で、強引に通させて、この犯罪を委任する共犯者を募り続けている、報道他国家権力の狂った権力犯罪事実が、妻の被害、他の同様事案の不当被害、遺産相続権強制破戒、犯罪で遺産を入手した者が、犯罪入手遺産全ての所有権者となる、之を完遂させるべく、警察、司法、行政犯罪被害を生み出させて居るのです」

報道を名乗る、犯罪を事業と虚偽喧伝、犯罪を事業です、と虚偽宣伝に狂奔報道機関も、本当に悪質です。

必要な情報も持たず、合憲、合法知識もほぼ皆無

  • 2019/03/03 07:42

自分勝手な思い込みだけで、犯罪者の委任を請けて、犯罪を成功させるべく、警察、司法、行政等に対して「犯罪者から委任されたと、今では口頭で言うだけで、委任、受任が成立した、事に、法律なぞ法務省も、法曹三者も警察も、知らない故強引に通されて」

こんな出鱈目受任?弁護士が、犯罪を成功させるべく、必要となった犯罪を、委任者?警察、司法権力に要求しますと、警察、検事、裁判官、裁判所他は「揃って無知蒙昧、正しい判断能力ほぼ欠如集団なので、弁護士からの、犯罪の公認、犯罪を職権悪用で実行に、恒に狂奔するんです」

不都合な証拠の隠滅、狂い切った虚言、詭弁、三段論法、事実を作り変える証拠の偽造捏造、犯罪遂行に邪魔になる相手は、弁護士指揮冤罪に落としに走る、正に狂ったカルトテロ国家権力です。

もう一つの当社受任事案では「こうなる前に当社が、種々必要な情報を仕入れて”調査結果を持ち、請け負う事業を、正しく実施の為必要な手を、行政、政治に対しても、当時者の一角ですから、行政、政治も”当事者の一角として合法に動くよう求めて、動いて貰えて居ます」

こうなれば、司法テロ犯罪が続行しても、行政、政治を相手取り、犯罪の完遂に走らなければなりませんが、それに走れば、委任者に直接「行為責任が及びます、それで無くても、行為責任が及び出して居るけれどね、行政が所管する法律を、とても拙い内容で犯した疑義が、当社が調べて、行政、政治に伝えたから」

弁護士が犯罪実行者に委任された、と言って出て来て、犯罪の完遂を目論見、法を犯して暴走しても、法を犯している事実、証拠を揃えて、犯罪防止、予防の為に、事前に手を打てれば、既遂を一定食い止められます。

犯罪者が委任した弁護士による、犯罪完遂目論見での、警察、司法、行政他相手の犯罪指揮、無条件で国家権力が、犯罪に加担して、犯罪を完遂させようとする、この闇制度は、手口を知り、対抗策を講じられれば、結構潰せるのです、所詮犯罪ですから。

弁護士指揮権力犯罪も、証拠隠滅、偽造が武器

  • 2019/03/03 07:23

犯罪者が委任した弁護士が、犯罪を完遂させるべく、警察、司法、行政等に、犯罪の指揮を行い、これ等国家犯罪日常権力は、憲法、法律に従うのでは無くて、犯罪完遂目論見弁護士の、犯罪を成功させる為に必要な犯罪の指揮に、無条件で、常に従い、犯罪者が手を汚す犯罪を、全て見逃すし。

国家権力を悪用させて、犯罪を各共犯国家権力も、凶行し捲ります、治外法権テロ犯罪国家権力の本領を発揮します。

妻の方では無い、弁護士も絡んだ「無法行為被害者さんの事案では”何の事実調査もせず、法のありかなど全くと言えるだけ知らない、向う側が受任したらしい弁護士は、簡単に追い出せると勝手に思い込んで、紙切れ一枚の、追い出し要求を突き付けて」

これで追い出せる、と、勝手に思い込み「何時出て行くんだ、出て行かなければ法的措置を取るぞ、出て行く時期を教えろ」

こう言って来たのです「残念ながら”あんな中途半端な公正証書遺言状記載だけで、勝手に思い込んだ目論見を、100パーセント完遂は、無理ですから”ネット検索しただけでも”遺贈内容によりますが、あんな内容では、他の相続権者複数には、減殺遺留分が存在して居る”これ位分かるから」

他にも「強引に追い出しを掛けて、対抗策が無いと勝手に思い込んで動いた事が、完全に間違いだと、事実として証明されて居る、重要な法を犯す行為?が、委任した側に有ります、相続権者一部にも、法を犯して居る強い可能性が存在して居ます」

遺産相続事件は、関係者のプライバシーを正しく知らなければ、正しい結果を出せません、当然ですが、憲法、各法律規定を、実務法律知識を正しく持ち、適用させ、駆使出来なければならないのです。

関係する、当社が動かなければ気付く事も無かった行政機関、政治も、直接関係者だと当社が理解させましたから、公式な事実調査から、と、一気に方向を付けました。

弁護士の狂った思い込み、独善に、無条件で服従

  • 2019/03/03 07:08

弁護士個々が、狂った思い込み、独善を持ち、犯罪者から委任を請けて、犯罪を強制達成に暴走、こうなれば、警察、検察庁、検事、裁判所、裁判官他は、元々合憲、合法なぞ、ほぼ知らない独裁国家権力だから、狂った弁護士犯罪指揮に、無条件で服従して、従い、暴走を重ねます。

一旦こうなれば、合憲、合法に切り替える事は、責任回避の為にも絶対しないのです、弁護士の犯罪指揮に、無条件で服従して、犯罪の限りに走って来て居る責任が、合憲、合法に軌道修正すれば、当然発生しますからね。

弁護士が犯罪者に委任されて、犯罪を完遂させるべく、狂った独善により、犯罪指揮に走った先まで読み込んで、司法、警察犯罪凶行に対抗しなければなりません。

普通の人は、正しい事が通り、法を犯した所業は「警察、司法、行政が、通す筈が無い、と錯覚して生きて居ますから、警察、司法、行政他、テロ国家権力は、やりたい放題が、常に出來て通って居ます」

普通の人は、人生でこうした犯罪者委任弁護士が指揮する、犯罪を完遂させる為の、警察、司法、行政他を常に服従させた、テロ凶行続発被害は、ほぼ受けて来て居ませんからね。

場数を踏んで居ない一般人が相手です、犯罪者が委任した弁護士の指揮で、警察、司法、行政他は、やり放題犯罪を重ね捲り、弁護士が指揮する権力犯罪を、普通は成功させ続けられて居ます。

ですが、こうした犯罪者の共犯弁護士による、犯罪を完遂させる為の犯罪指揮に、国家権力が常に従い、犯罪の限りを共に尽くし、尽くさせている現実を、裏のからくり、手口も含めて知って居れば、一定対抗出来ます。

妻の事案、一定分表に出して良い、となって居る、別の同様事案の、全く異なって居る今の状況も、犯罪者に与している弁護士の、犯罪行為、犯罪指揮の防止のレベルで、今の結果が全く異なって居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700133
ユニークアクセス:3945454
今日
ページビュー:66
ユニークアクセス:66
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed