エントリー

2019年03月05日の記事は以下のとおりです。

さて、裁判所も法律規定で白黒決着が必要と

  • 2019/03/05 14:07

複数権利者が居る、管理家財は相続されて居ない遺産物品、相続を終える必要が有る、とか伝えたけれど、やはり「減殺遺留分請求権も知らない、あんな不備な公正証書遺言での遺贈では、相続権者の遺留分は、正規の遺留分の半分残って居る、他を、弁護士らしい人間も、やはり理解不可能でしたね」

まあ、一人を相手に、立ち退けと訴えたって、数多くの対抗要件が揃って居ますからね、本当に愚かしいですね、法曹三者の連中は。

一つの事しか、本当に理解した、気になれない、あくまでも「理解した、気になっただけですが”世の中は、複数の法律が関わる、適用になる事案、事件ばかりです”あんな不備な公正証書遺言状で、100パーセント実効性を得たと、錯覚と言うより」

自分の頭のレベルでは、そう錯覚したまま暴走する事しか出来ないんですよね、お陰で札幌市も、市議会も、法を持ち、正面で白黒を付けなければならなくなりました、保護不正受給他に付いて。

あんな四枚の紙きれの記載で、100パーセント権利を得たんだと、法に無知な頭故、思い込み、暴走に走って居ます。

こうなった以上、法を備えて白黒決着が、必ず必要となったのです、それをしない為に、保護を打ち切られたりしないように、当社は尽力もしたのですが、無駄でしたか、やはり。

後は「今後の展開次第ですね、どう動くか、どう攻撃に転じるか、まあ、慣れているんでどうにか出来るかも?」

国家権力が脅迫、恐喝、詐欺で遺産相続を

  • 2019/03/05 10:12

国家権力がこぞって、犯罪者と共謀もして、犯罪の限りを尽くし捲り、相続手続き?を成功させるべく、暴走し続けて居ます。

所で、新情報ですが「件の、当社の委任者さんの甥と言う人が委任した弁護士さんから”当社の委任者さんを訴えた、追い出しの為の訴えだ”と聞きました、そうですか」

この連中、追い出すにも、一体誰と誰を相手取らなければならないか、ここから知りません、関係している役人方は、おおよそ理解して居るけれどね。

当社の委任者さんは、その中の一人です、他にも居るから、権利者が多数。

仮の話で民事執行係りと、この件も事前に確認して有ります「要するに、権利者を正しく証明して置く事と、何が権利であるか、証明する事が先ず必要です」

又余計な、無料の行為が増えますね、余計なトラブルを防ごうと、色々手を講じて居るのにねえ、伝わらない物だ。

で、こうなったから札幌市役所、市議会、国も、裁判所も「白黒決着が必要に追い込まれました、減殺遺留分緒決着も、札幌市役所も当事者で、白黒決着が必要となった訳です。

保護費の不正疑い、之も白黒決着が、こうなれば必要になった訳です、遺産相続権が発生したが、隠して保護費を、の問題等も、白黒決着問題となってしまいました。

裁判所の不動産明け渡し強制執行も、色々拙くなりますね、今までのようには行きませんから、事は司法、行政、政治問題ですよ。

何故法によらず暴走するのか

  • 2019/03/05 09:28

札幌厚別区役所保護課、やらかしましたね、相続権者4人と私以外、どう言う内容で、負の遺産家財の処理を負担するかから、知らない中で、長女さんを脅したって、脅迫、恐喝罪でしょう。

どんどん収拾が、権力の法破り暴走により、付けられなくなり続けて居ます、愚かしい事をまあ、何度も繰り返す連中だ、呆れ果てる。

何故立ち止まって、自分の所属機関、公権力の身分に於いての責任から、自覚、認識しないのでしょうか?

相続権者の長女に、法を犯して電話をして「家財を相続して、処理費を市に請求しても、金は一円も出さないから」

こう、何の根拠も、言える権限も無いのに、脅す愚かしさには、呆れ果てるばかりです。

札幌市役所に、家財処理費請求書類が書類が送られて来たなら、そこからの、法を持った対応でしょう、まあ「保護費から、保護受給者の家財処理費を、違法を重ねて実施する業者を使う処理前提で、税金で金を支給している時点で、法に沿うも無いけれどね」

次々やらかしますね、国家権力犯罪を、司法、警察、行政、国税、報道問わず、国家権力を悪用して、犯罪を重ねて居ます。

さて、遺産家財の相続、処理費用拠出問題、保護を受けて居ながら、減殺遺留分正の遺産隠し発覚他、この事実と合わせて、どう責任を取って下さるやら、札幌市役所、市議会、遺贈受け者委任弁護士は。

場当たりで逃げた気で居ても

  • 2019/03/05 07:58

物理的な事実、処理問題で、場当たりの嘘、でっち上げ、虚言で、其の場だけ逃げた気で居ても、物理的に処理が必要な問題は、何れ物理的な処理の必要が、当然出ます。

厚別区役所保護課、やらかしましたね、当社はあくまでも「当社の委任者さんが”相続人4人の兄妹の内、次男、長女は、札幌市から生活保護を受けている”と聞いたので、かも知れない、で、余計なトラブル、犯罪行為の防止も見て、動いています、当人には関わって居ません」

其れなのに、厚別区役所保護課は、長女さんに電話を掛けて「減殺遺留分相続は関係無い、負の遺産家財を相続しても、処理費は出さないからな、等脅しに走ったとの事です」

当社が役所に送っただけ、の情報も、違法に流したんですよ、重大な役人、役所犯罪です。

当社が役所等に渡して居る、種々情報も、役所、役人には、守秘責任が有ります、長女さんの情報漏えいと、当社の情報漏えいが、厚別区役所保護課によって行われています。

この話、遺産相続に対しても、不当を超えた、保護課が保護費支給権限を持って居る事を盾に取り、保護受給者を脅した事件です。

犯罪ですよ、脅迫、恐喝罪でしょう、この話で保護課が、保護受給者に直接脅しを掛ける等、普通考えられません。

正、負共に、遺産は相続権者の意思で、法に沿い、相続の可否を決めて、相続完遂手続きを終えるのです、札幌市役所、保護課が違法に保護受給者相手に、相続完遂妨害に走った、とんでも無い行政犯罪、役人犯罪です。

遺産相続手続きは、法に沿い完遂が必要です、それを怠った結果が、今の事態に繋がったのです、相続問題には、市役所、役人は、関われません、脅迫、恐喝行為です、札幌市役所、厚別区役所、保護課がしでかしました、保護費給付権限を悪用させて。

誰に付けを回すのか

  • 2019/03/05 06:51

@厚別区役所保護課”当社は、保護受給者かも知れない、長兄が言うので”で文書作成等しています、当時者に電話を入れ、金は一円も出さない、負の遺産相続は認めぬ”等脅しているとの事、犯罪行為です”正の遺産隠しを見逃し、負の遺産相続潰しに走る、軽率過ぎます”西区役所は、仮定の話で協議して居ます”妻の事案で、解体費、家財処理費二社見積もり、共に金を抜かせ、逃げる算段でした、付けは何処に回すのか?同じ構図です

                                平成31年3月5日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
高橋道知事、道議会、保護、介護保険、障害福祉、環境
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹、記載先へも配布
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5165
FAX011-211-3078 市税事務所法人市民税安澤課長
FAX011-218-5105 環境清水他課長
FAX011-218-5124 共産党市議団、保護課情報違法漏洩は
FAX011-641-2406 西区役所保護課、渡辺係長、窓口
FAX011-895-4031 厚別区役所保護課渡邊一課、井上二課長

1、別紙文書の通り「妻が遺産相続問題で、警察、司法、行政他の犯罪行為続発で、被害を受け続けている事件に付いて”遺産金員は、次男、長女に抜き放題、使い放題させて、一方で負の遺産、家屋解体、家財、農機具等処理費は、近未来の相続権者、東北町、国に付けを回させる算段、司法、行政、警察他犯罪の証拠として、遺産家屋解体、家財等処理費見積もりとして、次男、長女側が出して来た、二社の見積もりには、実効性は無し、金を抜く為だけに、実効性を持たず作成、証拠提出と証明されています”詐欺行為です」

2、厚別区保護課は「当社はあくまで、委任者様長兄が、次男、長女は、札幌市から保護を受けていると言うので、当時者に確認出来る立場には無いし、確認する事でも無い、当社の請負内容上、仮定の話で下記を伝えて来たのです」

3、相続権者全員、父母の遺産相続手続きは、一切行って居ない、遺産放棄時効は切れているので、正、負の遺産共に相続するしかない、相続権者父が、次男子息に公正証書遺言で、土地建物遺贈したが”あの内容では、相続権者四人全員に、減殺遺留分として、各8分の一の相続遺産、現金換算で、遺贈者が各々相続権者に不当利得で返金すべき金額が、100万円位存在する、この事実を伝えて居ます。

4、又、長兄が保管して居る遺産家財等は、負の遺産として、相続権者全員が、平等に処理責任を負っており、この責任から逃れる事は出来ない、之も伝えて居ます。

5、当社はあくまでも「余計なトラブルを防ぐ為、仮定の話で、相続権者4人中保護費受給者二名、次男、長女が保護受給者で、負の遺産家財等相続処理責任を、市が負うべきだと、当時者には関わらず、記載先等に伝えて居ます」

6、処が「厚別区役所保護課が暴走して、長女に電話で”負の遺産家財相続しても、処理費は一円も出さない、負の遺産相続しても、市は金を出さない、減殺遺留分残存は関係無い”等脅しに入って居る、之を長兄から聞き及んでいます」

7、厚別区役所は長女に「減殺遺留分残存は関係無い、負の遺産相続をするな、遺産相続処理が終わって居ない等、保護には関係無い」等伝えているそうで、長女は従って「遺産相続手続きには応じない、相続手続き完遂など関係無い、区役所から、相続手続きに応じるなと言われて居る」等長兄に伝えている、との事ですが、市長、市議会、完全な犯罪行為でしょう”保護受給者による正の遺産隠し、負の遺産放り出し、市が強制指揮”市長、市議会、市役所の責任は重大です。

現実への対応自体無い

  • 2019/03/05 06:13

@東北町上北大字大浦19、小林武四郎自宅解体に関わる、御社による見積もりに付いて、事実確認が必要です

                                 平成31年3月5日

蛯名鉱治東北町町長、保健衛生課乙越課長
TEL0176-56-3111
FAX0176-56-3110
青森県上北郡東北町上北xx丁目xx-xx
(株)xxxx
代表取締役 xxxx 御中
TEL0176-56-xxxx
FAX0176-56-xxxx

小林武四郎次女夫経営会社、4男、長女から必要事項調査委任請社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、札幌家裁事件で出て来た、御社による遺産建物解体費見積もり、次男からの要請で出された見積もりに付いて、事実確認が必要です、小林武四郎、オナヨ死去により、次男、長女と4男、次女の間で起きて居る、遺産問題「次男、長女は、自分達で遺産現金、預金等を自由に使い、遺産土地建物、家財は放り出して、10年後位の先に、東北町に付けを回す、周りもそうして居ると、小林xx妻等も言って居るから良い、母(のちに死去)4男、次女には一円も渡す気は無い、解体等にも使わず使い切る、これが次男、長女(と夫)の主張と、行為事実です」

2、4男、次女は「法に沿い、正しく遺産を分配する、その前に遺産建物、家財を合法に解体、処理して、残れば分配しなければならない、解体は4男が自分で行い、費用を削減する、家財処理は、当社が東北町、七戸警察署と協議して、廃掃法違反に問われない手続きで処理する、こう、法に沿い当然を、次男、長女に求めて来ましたが、根本が全く違うので、当然ケリが付いて居ません」

3、この前提が有る中で「札幌家裁調停事件、1908号に、申立者次男、長女側から、二通の見積もりが出て居ます、一通が御社で、もう一通が札幌のxxxxと言う不動産業者です」

4、xxxxの、家財等も調べず、実施予定も無い見積もりと、当社からの聞き取りに答えた見積もりは「家屋解体費で2、646、000円プラス消費税、家財等処理費で30万円位、合わせて300万円位の費用、但し、何処の業者が実施するか、この金額で処理出来るか等は、考えて居ない、が答えです」

5、御社の見積もりは「建物解体費で税込み4,746,333円となって居ますが、昨日の当社からの、下記に付いての問い合わせ、建物は二棟、ビニールハウス他も有り、家財、農機具等多数有り、これ等はどうするのか、見積もりに無いが、見積もりに無ければ、別費用の筈ですが?との問いに、下記を答えて居ます」

6、この見積は、次男から見積もってくれと頼まれて出した、実施すると言う訳では無い、ビニールハウス、他他tもの解体費、家財、農機具等処理費も、書いて居ないが入って居る、実施する予定で作った見積もりでは無い、頼まれれば実施するかもしれないが、見積もり有効期間は3カ月程度で、もう1年近く経過して居るが、さほど費用は変わらない筈。

7、二件の見積もり共に「実施予定は無い、次男から、弁護士から頼まれて出しただけ、ですから”実効性は元々無い訳ですね”請負で見積もる以上、実効性を持たなければならない決まりです、実効性の無い見積もりを、良く無い目論見に加担して作成、行使では、違法性が強いですよ、二社共に、委任側と共謀して、金だけ抜く算段でしょう、で、建物、物品は放り出させ、近未来に全部の相続権者、自治体に付けを回す算段への加担ですから、行為者責任を生じさせていますよ」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4582514
ユニークアクセス:3838993
今日
ページビュー:74
ユニークアクセス:74
昨日
ページビュー:2037
ユニークアクセス:2007

Feed