エントリー

2019年03月11日の記事は以下のとおりです。

報道が犯罪を誘発

  • 2019/03/11 15:27

相続する前に、遺産金品をかっぱらい、遺品整理士、遺品整理請負屋に提供すれば、相続した相続人は、まだ居ないから、泥棒にもならない。

警察、法曹権力、国税、法務省他行政機関、報道が、共謀して喧伝して、実行させて、必要な犯罪を、泥棒と共犯で行う、ここまでしている、遺産泥棒の事業化、正当化詭弁です。

死人が出た、我先に遺産金品を強奪に群がって、警察、司法ぐるみで、遺産強奪を成功させて居ます。

この権力犯罪が嵩じ続けて、犯罪を当たり前だと、この連中自体からして、錯覚し切り、遺品整理士等と言う、言葉の時点で泥棒行為まで「国家資格を凌駕した、自己申告だけの民間資格である”遺品整理士なら、相続されて居ない遺産金品を、泥棒した者から提供を受けて、遺品整理士の所有となったと偽り、正しく闇に溶かせる”」

ここまでの国家権力犯罪に、公然として居るのです、単純で荒っぽい、泥棒ですけれどね。

報道と名乗るが、犯罪者の犯罪適法虚偽宣伝機関の連中も、共犯者です「遺品整理士は、相続されて居ない遺産金品を、泥棒から受け取り、遺品整理士の所有となった、と偽れて、遺産金品を、犯罪を重ねて闇に消せます、どんどん相続されて居ない遺産金品を盗んで、遺品整理請負社に提供しましょう」

こう、表だって、犯罪と承知で宣伝を重ねて、犯罪者を増やし続けて居ます、この犯罪宣伝で、遺品整理屋、泥棒請負社から、宣伝費が入る訳です、大マスコミ、だそうです、泥棒を請け負います、泥棒した遺産金品を、遺品整理屋に提供して、闇に溶かさせましょう、と宣伝して居る事業者連中。

当社は原則、処理が必要となった遺産物品は、相続権者さんが相続を受けてから、引き取る方針の事業者です「相続前なら、遺産金品は盗み放題で通る、遺品整理請負泥棒行為、は、犯罪ですから」

負の遺産相続手続き

  • 2019/03/11 14:55

一定公開出来る、負の遺産先行相続手続き書類も、相続権者四名の内、二名から出て居ます、印鑑証明も付いて。

残りの二名は、保護受受給者との事で、被相続人二名の、正、負の遺産を、無いように偽装に走っており、負の遺産を先行相続手続きにも、応じて居ません。

厚別区役所保護課は、厚別区役所保護課が、保護費を支給して居る、と言う、相続人の一名に対して「負の遺産相続をするな、保護費から相続した家財の処理費は、出さないからな」

等「不当極まる脅しを掛けた、との事です”この事案では、被相続人が二名いて、共に正の遺産を残して居ます”生活保護受給者は、正の遺産が有れば、相続放棄は認められて居ません」

遺産相続は、正の遺産だけ相続して、負の遺産を、相続人の勝手で放棄する事は、認められて居ませんので、厚別区役所保護課の行為は、保護費支給権を悪用した、脅迫行為です。

当然ですが、保護費支給打ち切りを逃れるべく、保護受給者の相続人と、相続人二名の子(甥)が共謀して「被相続人二名には、正、負共に相続遺産は無い、正の遺産全ては、被相続人の孫が受け取れるからである」この偽り行為、遺産隠し行為に走って居る事は、詐欺行為です。

正、負の遺産が、保護受給者を含む相続人四人に、共に存在して居る事も承知で、厚別区役所保護課は「保護受給者の相続人に対して”相続をするな、等脅して”相続遺産が有るのに、保護費を違法支給し続けているんです」

保護課と保護受給者、身内らが共謀して、税金から、法を犯し続けて、保護費違法支給、受給も重ねて居ます、この犯罪に、弁護士、続いて裁判所、裁判官も、公式に加わるそうです、最早定番となって居る、司法犯罪制度の稼働も、既に始まって居ます。

報道も直接実行犯

  • 2019/03/11 12:35

遺産は相続される前に、誰でも好き放題強奪、窃盗して、犯罪で手に出来た遺産の所有権を得られる、遺産強盗警察、司法、国税、行政機関、報道ぐるみの犯罪の制度化、実際に国中で凶行されて、通されて居る、国家権力が頭の犯罪制度です。

報道もこぞって「どんどん相続が終わる前に、遺産金品をかっぱらい”国家氏悪者をうわまわる、自称の資格者、遺品整理士に提供しましょう”こう喧伝し捲り続けて居ます」

単なる泥棒、泥棒金品の提供受けですけれどね、犯罪を請け負います、との喧伝、宣伝だと承知の上で「自称の資格者、遺品整理士なら”相続されて居ない遺産金品を、泥棒した人間から提供させて、闇に消す請負が、正しく出来るのである、報道もこぞってこう、嘘八百を喧伝し続けて居ます」

泥棒を請け負います、最悪最低ですよね、確信犯で遺産泥棒を請け負います、との報道、宣伝も、この国の報道を名乗る犯罪者の手先でしか無い、報道機関?なる、犯罪宣伝事業者連中挙げて、公然と行い続けて居るのですよ。

生活保護受給者は、相続遺産が出たなら「遺産を隠せば、隠さない処か、公にも”生活保護を受けて居て、遺産相続権が発生したので、保護受給し続けながら、遺産も貰う”これも、もう公に認められているしね」

犯罪は、国家権力集団が先に立ち、やり放題出来るように、犯罪を犯罪者と国家権力が、共犯で実行し捲って企んで有り、公にも、国中で共通の犯罪制度で、犯罪の限りが尽くされ続けて居ます。

遺産は相続される前に、犯罪し放題でかっぱらえば、泥棒が所有権を、無条件で得て通されます、遺品整理請負も、保護受給者が、保護費を打ち切られない為に、相続権を得た遺産は、犯罪を手掛けて、無い事と偽れば、公に通って居る、も公開証明されています。

当然、国家権力がこぞって、これ等遺産強盗制度も、犯罪を認めて、犯罪に加担して、犯罪に手を染めて、強引に遺産泥棒も、成功させ続けて居るのです。

保護受給者が得た、相続遺産の入手の権利は、国家権力ぐるみの犯罪により、相続遺産は無かったと、公式に偽り、通されており、保護支給打ち切りも、されないとも、実例で証明出来て居ます。

保護受給者が、相続出来る遺産が出た場合の、公権力犯罪公認特権です、いいですね、収入を得ている国民全員に、別途生活保護費支給するべきですよ、保護受給者は、幾ら収入を、公に得ても、保護打ち切りも無い、遺産は特に、ですから良い国家権力ばかりですね。

一旦警察、司法犯罪制度で暴走開始となれば

  • 2019/03/11 09:05

一旦、警察、司法犯罪制度をなぞり、警察、司法が共謀して、暴走を開始となれば、どれだけ犯罪を行って居る事を証明して、犯罪を食い止めるべく、動いても、警察、司法テロ集団は、犯罪を完遂させる事にしか目が向かず、犯罪を重ねて行くばかりとなるのが常です。

法曹三者、警察官は、自分達が法を犯して居る事実、証拠を突き付けられれば、更に逆上して「現実逃避に走り、警察、司法犯罪を証明して、犯罪を潰そうとする側を、冤罪を仕掛けてでも陥れようとするし、犯罪を止める等、止めさせる等、絶対にしません」

警察、司法犯罪制度を稼働させれば、完遂を果たす事以外、目を向ける事もしません、警察、司法犯罪制度は、同様の犯罪実例を、国中で多数作り続けて、成功させて来て居ますからね、犯罪だと立証されたら余計に、警察、司法犯罪を、どんな手を使ってでも成功させるべく、暴走し続けます。

遺産は相続される前に、誰でもかっぱらえれば、犯罪で遺産を得た者が所有権を得られて、通って居る日本で公然と、傾圧、司法、国税、行政、報道が共謀して、この犯罪の指揮も取って、犯罪を直にも行っており、国中で成功して居ます。

生活保護受給者の風俗嬢、女性だって「自由恋愛で小遣いを頂いた、仕切る事業者?さんと山分け表に出さず済むお金だから、この手とかを使い、この”自由恋愛で得たお金を、無いお金とさせて、生活保護も受給出来て居るんですよ”」

それなのに、相続出来る遺産は無いと、公然と、弁護士も加担して「保護受給者も、今では偽ってすら居ないが、相続出来る正の遺産は無いと、司法、行政挙げて、嘘と承知で認めて通して、生活保護受給も認めて居ます、弁護士ぐるみの犯罪だから、もうこの暴走も、合法化に切り替える事も含めて、出来ないでしょうね」

保護受給者で、別収入を公然と得たい方、別収入が有るが、隠している方、相談頂ければ、有料で、、、。

財産権蹂躙も、警察、司法が加担して制度化

  • 2019/03/11 08:42

相続される前の遺産は、強盗、窃盗、詐取してしまえれば、犯罪で遺産を入手した者が、公の機関も共謀して、犯罪で手に入れた遺産全ての所有権を得られて、公式に通されて居る「警察、司法、国税、報道他国家権力が、総出でこの犯罪を、犯罪の限りを尽くして、法体系の破壊を実現させる事で、この財産権蹂躙、犯罪で得た他者の財産は、犯罪者が無条件で所有権を得て、通される制度実例作り、完遂に狂奔して居ます」

強盗、詐欺、泥棒の事業化、制度化にも狂奔して居ます、弁護士犯罪国家資格者が、遺産泥棒の制度化を果たせれば、表だって遺産泥棒にも狂奔出来ますからね、それが、遺産は相続前に、犯罪で手に入れてしまえば、犯罪者が公式に所有権を得て、通される、泥棒の制度化を目論見、国家権力が総出で、この犯罪実例、成功実例作りに狂奔し続けている愛の理由ですよね。

他者が所有する財産は、国家権力が、ほぼ総出で犯罪組織を形成しており、強盗、強奪、窃盗、詐取すれば、犯罪で他者の財産を手に出来た者が、無条件で、犯罪で得た財産の所有権を得て通る、公正証書遺言で遺贈としても、他の相続人には、減殺遺留分が、相続財産で残って居るが、減殺遺留分相続の権利も、法を破戒させて、失わせて通しても居る。

この国で行われ、強引に国家権力犯罪により、通されて居る、財産権破戒、犯罪で他者の財産を奪えれば、犯罪入手者が、犯罪で得た利得を、正しく所有出来ている、実例多数、今も起きて、警察、司法、国税、行政、報道等の合憲、合法破壊支援で、成功させられて居る、犯罪の制度化事実です。

犯罪者を国家権力挙げて、犯罪を公認して、支援に走って居ます、狂気の沙汰が、この権力犯罪でも、重ねられて居るのですよ。

犯罪、テロですが、荷狂奔して居る国家権力、構成員、実行犯連中には「日本国憲法、法律規定以前に、正しい常識から、ほぼ備わって居ないから、この権力犯罪の制度化にも狂奔し捲れるんです、弁護士犯罪でも有りますから、弁護士の犯罪指揮も受けて、この犯罪も、国中で認めて、加担して居ます」

単細胞が極まって居る上に

  • 2019/03/11 07:47

一つの事柄だけでしか、正解だと、勝手に思い込む事が出来ない、思考能力が、ほぼ備わって居ないからでしょうね。

当社の受任事案の、表に一定出せる事案の一つ、公正証書遺言一通、内容は「被相続人の一人が所有して居る、土地建物を、孫に遺贈する、之だけの公正証書遺言の記載で”遺言者と、後に死去した奥方の所有する遺産、正の遺産を、全部孫が手に出来るんだ”と言う事にして」

闇で被相続人二名の、正の遺産を、全部孫が手に出来るように、保護受給者の相続人二名が、この方々から見て子、甥と共謀して、この犯罪に走り続けて来て居る、と言う事件が発生して居て。

この、遺贈された人間が雇ったと言う、弁護士も共に「公正証書遺言の記載では”相続人4人には、減殺遺留分が各々に付いて、本来の相続分4分の一の半分存在して居る、遺言者の奥方も、死去したので”この法律規定も、やはり知らないようで」

遺贈により、自分を委任した人間には、遺贈者が遺贈した、所有土地建物の権利100パーセントが手に入れられた、この不動産に居住して居る一人だけを、立ち退き訴訟を起こしたから、強制立ち退きさせるからな、金は、一円も払わず立ち退かせるからな。

こう、無知さを曝け出して、通告して来て居ます、普通は、狂って居るのは同じ、の裁判官連中が「公正証書遺言で、不動産を遺贈するとなって居るから”他の相続権者に存在して居る筈の、減殺遺留分相続の権利は、認めない”法の規定どうこうでは無くて、裁判官が弁護士の意思を受け、決めたんだ」

之に、何時も通り走ったでしょうね、毎度法の破壊、犯罪を通す、だけを重ねて居ますから。

ですがこの事案は「相続人中二名が、札幌市から保護受給の身です、札幌市役所、市議会も、正面切って遺産隠し、保護費詐欺を認めない限り、何時も成功させて居る、遺産強奪成功制度は、難しいでしょうね」

遺産は相続前に泥棒、これで正しく所有権者

  • 2019/03/11 07:17

遺産金品、不動産は、泥棒で、詐取で、強奪で手に出来れば、犯罪で遺産を得た者が、正しく所有権を、犯罪ですが、無税で所有権を得られて、通されています、警察、司法、国税、法務省他、報道ぐるみの権力犯罪によってです。

遺産泥棒入手が絶対で、警察、司法、国税、法務省他行政機関、報道ぐるみ、この犯罪を正当と偽って、強引に押し通す事で通されています。

この、他者の財産強奪、強盗が勝つ制度、国家権力犯罪制度が有るので「相続前に遺産金品をかっぱらい、遺品整理屋なる、泥棒請負業者に提供して、遺産金品を闇に消す委任、請負も、おおっぴらに宣伝されて、遺産金品相続前に泥棒、之を果たす為の犯罪が、全て認められて居るので、成功し続けて居ます」

日本国憲法、法律規定は、自由主義経済を原則として、個人が財産を所有出来て、個人の財産所有の権利も謳って作られて、施行されて居ますが「警察、法曹権力、国税、法務省他行政機関、報道等には、本当に日本国憲法、各法律規定も、ほぼ理解不可能なのです」

ですからここまでの、財産権侵害犯罪である、遺産強奪、窃盗、詐取に成功すれば、遺産は犯罪で手に入れた人間が、無条件で所有権を得て終わり、他の相続権者には、犯罪で抜かれた遺産に付いて、相続の権利を失った、この遺産強盗制度が、常に強引に押し通されて、成功させられて居るのです。

今回の委任事案は、相続権者の中に、保護受給の方も居た上、保護受給者さんが、自分の子、甥(立場でこうなる)と共謀して、二名の被相続人の遺産、正の遺産全部を、子、甥に渡す事で「相続人4人には、一切相続遺産は存在しない、こう偽るべく、遺産泥棒に走った事が、司法、警察遺産強盗制度完遂を、食い止める武器で使えて居るのです」

保護費詐欺ですしね、この事件の内容は、保護費は税金です、税金詐欺でも有るのです。

司法ぐるみの犯罪、相続遺産犯罪入手

  • 2019/03/11 06:19

@遺品整理請負と同種の犯罪、被相続人二名、一人が所有不動産を、次男の子に遺贈すると、公正証書遺言に書いて死去した、之を、保護受給者の相続人等で、闇で盾に取り、被相続人二名の金融資産等も、この孫が詐取、相続人中二名が、札幌市から保護受給、上記犯罪で遺産を消して、保護費詐取事件で、保護受給者で無い二名が、負の遺産物品先行相続、処理協議書に署名、押印しました

                                平成31年3月11日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※負の遺産物品先行分割相続、相続権者の権利、責任で処理実施案、二名署名、押印文書、金融資産詐取で隠匿関係も添付

帯広市長、自称の詐欺資格、遺品整理、相続前遺産金品泥棒を公認
FAX0155-37-2313 保護受給者が相続遺産隠し、保護費詐取も、帯広市他、遺産整理士詐欺請負公認です、認めて居ますね
FAX011-221-8898 共同通信社札幌、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局、泥棒請負遺品整理宣伝
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局、報道部デスク
FAX011-233-6008 HTB報道部デスク、遺品整理宣伝営業
FAX011-271-1525 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道部デスク

1、別紙の取り「被相続人が二名居て、被相続人一名が、保護受給者である子供の子、孫に”所有する土地建物のみ遺贈する”と、公正証書遺言に記載した事を盾に取り、被相続人の孫、相続権者四人の実子、甥が、遺贈された不動産と合わせて、遺贈者、死去した妻の金融資産等も、保護受給者相続人二名と共謀して、孫が手に入れている事件に付いて、保護受給者では無い二名から”負の遺産家財等を、先行で分割相続受けし、相続人の権利、責任で処理する(保護受給者は、保護費支給自治体も絡む)為の相続案に、署名、押印がなされ、印鑑証明添付もされて居ます」

2、遺品整理請負の手口「相続される前に、遺産金品を泥棒して、遺品整理屋に闇で提供、犯罪を重ねて遺産金品を闇に消す、遺品整理請負が、遺産泥棒委任、請負との追加証拠です”不動産のみ遺贈とすれば、全遺産を孫が取れると錯覚して、保護受給者には、相続遺産は無い”と偽って、保護費詐取を重ねて居る訳です」

3、保護受給者相続人二名と、遺贈された人物は”保護受給の立場であれば、正の遺産が有れば、負の遺産と共に相続放棄は出来ない、保護法の規定です、当然、公正証書遺言での遺贈でも、他相続人には減殺遺留分、本来の相続分の半分が、相続権で残って居る事を知らずに、この行為に走った”と共に、被相続人二名が遺した金融資産全ても、保護受給者相続人が、遺贈受け者に、闇で渡し、遺産を隠す悪事、保護受給者には、正の遺産等は、一切存在しないように偽装、保護費詐欺も目的、の犯行も重ねて居ます。

4、年金情報の開示手続き、金融機関口座の開示手続きこれから実施と、冠婚葬祭互助会積立遺産金詐取目論見で、孫側が手続きに動いたが、禁止措置実施”合法に、相続人が解約手続きを取る準備中”これ等措置により、被相続人二名の、金融関係遺産も、証明されて行きます、遺産金品は、相続される前に盗めば、泥棒が所有権を得て勝つ、警察、司法、行政、報道ぐるみ犯罪制度、遺産泥棒制度は、この件では、保護受給者もおり、崩壊です。                              

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552576
ユニークアクセス:3812263
今日
ページビュー:520
ユニークアクセス:510
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed