エントリー

2019年03月12日の記事は以下のとおりです。

リース詐欺是正、決算も偽造発覚

  • 2019/03/12 18:13

ずっと説明して来て居る、ファイナンス融資を受けて、物品購入をしているのに、ファイナンス会社が物品を所有して居て、物品をリースで貸し出して居ると、嘘の契約を交わして来た、会計偽造処理して来た問題で、追い込まれた日本政府等は、遂に「詐欺リース手法を止めるしか無くなり、正しく融資を受けて、物品を購入して居ます」

こう、正直に、合法に会計処理からする事となった、との、日経新聞発表です。

この詐欺融資、分かり易く説明します。

;本当は、購入資金をファイナンス会社から融資受けして居るので”借金を正しく計上する事となる”隠して有った借金が、いきなり表に出ます。

;リースで借りて居る、と嘘の会計処理をして来た物品は”実は闇融資を受けて、当社で購入した物品でした”と会計処理しなければなりません。

;動産であれば”償却資産税納付逃れですから、地方税脱税が、公に発覚します”

;当然ですが”減価償却も、違法会計処理だとばれます”国税も、脱税責任を問われます。

;事業所の財務内容では、借金出来ない金額を、闇で借金して、物品を購入して居る事が公になりますから”融資を受けて居る先の金融機関は、融資資金を即刻引き上げる必要が生じます”違法融資が発覚しますので。

;当然ですが、違法に融資受け出来ない額、闇融資を受けていたとばれるので”もう融資は受けられません”潰れる事業所が続出、と、、、。

;投資家、株主に対する特別背任罪も、税理士、公認会計士責任と合わせて、大きく、公式に問われます、執行役員は、特別背任罪責任を問われるしね。

緊急ニュース!!

  • 2019/03/12 16:35

 

小樽市役所からの情報提供で、重大なニュースを二つお届けします。

その一(今月9日付日本経済新聞ニュースから)

オペレーキングリース(ファイナンスリース)を物品リースと偽ってきた問題で、今まで国際会計基準に沿わず、本当はファイナンス会社からの融資で購入した物品をファイナンス会社が物品リースしていると偽ってきた問題で、企業会計基準委員会はついにこれら物品を賃借対象表に計上することに決めた見通し。

これによって、上場企業全体で負債が単純計算で17兆円増えて経済に与える影響や総資産の利益率や自己資本比率などに重大な影響を及ぼす可能性が出ている。

------------------------------

そもそも、ノンバンクから物品購入資金の融資を受けているのに、ノンバンクが物品を所有してリース貸ししていると偽ってきている訳です。いきなり、顧客会社が月賦で買った物品だと帳簿に載せるんですよ。購入資金は本当は借金だった。これが表に出る訳です。本当は月賦で買ったものをリースで借りているとうそをついていた、決算書から偽造でした。脱税、帳簿偽造、株主に対する背信です。倒産する企業も出るでしょうね。

 

その二

小樽市役所は、市民向けのパンフレットに無許可の不用品回収業者や遺品整理業者を利用しないでください、廃棄物および清掃法に関する法律違反ですと明記しております。

遺品整理請負を謳っている業者、宣伝している報道機関は、どう責任を取るのでしょうか。つづく

遺産窃盗の制度化、保護受給者もこれを利用できており

  • 2019/03/12 09:41

認知が悪化した人の資産は、ケア施設、ケアマネが、一部の親族と共謀して、かっぱらい放題出来て、警察、司法、金融庁他金融監督機関等が共犯だから、盗めば泥棒が、公に窃盗物の所有者と、法を破戒させて、なって通されています。

死人が出れば、相続前に誰彼構わずに、遺産金品を盗み放題出来て居て、泥棒に成功すれば、泥棒した物は、泥棒が公にも所有権者と、国家権力により、認められて、通って居ます「この国家権力犯罪により、遺品整理請負、死人の金品泥棒請負も、公に宣伝されて、成功させて貰えて居ます」

こうした、他者の資産泥棒制度、国家権力ぐるみの犯罪制度は「生活保護受給者にも、大きな恩恵を齎してくれています、保護受給者の場合は、保護を受け続けたままで、認知者の身内の金を盗み、使い放題が通せているし、死んだ後は、認知者施設、ケアマネ等と共謀して、遺産をかっぱらい、使い放題が、公然と通って居るのです」

こうした収入?は、保護費打ち切り対象には、含まれない、とても便利な収入となって居ます、まあ、国権力が直接実行犯で、犯罪者と国家権力が共犯で行われ、通って居る犯罪で、保護受給者も手に出来ている収入です、保護費支給打ち切りも、する訳が無いけれどね。

生活保護受給者は特に、認知者の身内の金を抜いて使い放題、遺産も、不正に手に入れる、等で手に入れて、保護打ち切りも無しで使い放題が、公にも認められています。

之も警察、司法、行政、報道犯罪の一つです、生活保護事業も、真っ黒ですね、犯罪者を国家権力が、犯罪を認めて擁護して、税金から保護費を、詐欺でも強引に支給し捲って居るのだから。

警察、司法、闇の犯罪国家組織、構成員です、犯罪者の用心棒の、犯罪組織です、保護受給者による犯罪も、公式な国家権力犯罪制度となって居るんですよ、国の闇で。

どんどん公にされる、認知者の資産泥棒他

  • 2019/03/12 08:39

認知症が悪化した人の資産窃盗も、手口と合わせて、どんどん実例証拠が出て来続けて居ます、妻の母、別の委任者さんの親の、資産詐取、強奪事例が出続けて居ます。

認知症が悪化してしまえば、ケア施設、ケアマネも、一部の親族と共謀して、認知症者の資産詐取に、国中で走って居ます。

警察、司法、行政も、表だって共犯、実行犯で、この犯罪の制度化推進にも、走って居ます、法のありかなど、全く顧みる事も無い、マフィア化し切った国家権力ですから。

犯罪の限りが、国家権力の指揮で、国中で尽くされ捲って居ます、もう第三世界以下ですね、日本の現実は。

法律の意味も、国家権力テロ集団の大半が、全く知りませんから、犯罪を公然と、犯罪者と共謀して実行して、何の禁忌も有りません。

認知症が悪化した人の資産と、死んで相続手続きされて居ない人の資産を、国家権力挙げて、かっぱらい捲って通して居ます、強盗以下の国家権力です。

この犯罪も、弁護士犯罪の一つです、当然ですが、他の国家資格者も、共に手を汚し捲って居ます。

この犯罪に、保護受給者も加われて居ます「生活保護を受けて、定期収入を確保出来ており、医療費無料、納税不要、健康保険、年金支払い不要と言う、公務員以上の安定を手に入れられて、他の収入を得放題、遺産資産窃盗、認知者の金の詐取もし放題、この金は、保護打ち切りは無く、別収入で通って居ます」

生活保護課役人と、警察、司法、国税等と共謀しており、生活保護受給者は、ここまでの犯罪利得獲得まで、公認されています、日本国民全員に、生活保護費支給、医療費無料、納税、保険料納付不要措置を取らせるべきです。

当然、別収入は、無税で、保護費とは別収入で、使い放題で良い、これも通させましょう。

構図は同様

  • 2019/03/12 07:42

認知が進み、当事者能力も失ったが、成年後見人を就けず置いて”当人を騙り、認知者の資産を盗み放題出来ている”国中で起きて居る事です。

死人が出た、相続手続きが採られる前に、死人の所有する遺産金品をかっぱらえば、泥棒が遺産金品で、かっぱらえた分の所有権者となる、遺産は、相続前にかっぱらい放題で正しい。

この犯罪の制度化も、国中で、国家権力が指揮して、犯罪に直接手を染めて、国家権力犯罪として、国中の闇で成功させて行っています。

遺品整理請負、遺産金品泥棒請負も、それの一つです「遺産相続手続きを取る前に、遺産はかっぱらい放題して、犯罪と国家権力がしない、かっぱらえた遺産は、泥棒が所有権を得て通る、警察、司法、国税、法務省他行政機関、報道が共謀しており、この犯罪も、公にもやり放題で通る、こうなっています」

ここに「公に、保護受給者も、保護を受け続けたままで、相続遺産を手に入れ放題して、おおっぴらに認められて居る、と言う、保護費詐欺も加わっています」

一旦保護費支給と決まれば、その後働いて収入を得ても、遺産等が入っても「保護打ち切りとはされず、生活保護で固定収入を得られて、医療費、納税、保険料支払い不要で安定した生活を送って行けます」

今札幌市役所、市議会、厚別、西区保護課等で「保護打ち切りは不要、遺産を幾ら手にして、使い放題しても、保護費打ち切りも要らない、保護受給者は、幾らでも副収入を、保護費とは別に得放題で通る、之の実例を、公に作りに走って居ます。

道警、法曹権力も、当然加担者です、今更保護受給者の、この犯罪を、犯罪とは出来ませんから、手を汚してばれて、握り潰し捲って来たから。

巨大な権力ぐるみ犯罪、認知の高齢者資金、遺産金品泥棒

  • 2019/03/12 07:23

当社に調査他を委任されておられる、表に出せる二件の「遺産相続に絡む、事実調査他事案で、共に「認知が悪化した後、認知症者の施設に入所の後は特に”認知を良い事として、認知者の預金をかっぱらい放題出来ている”」

之が、共に出ており、証明されています、認知者が入所する施設の、ケアマネの頭が主犯の一角で、認知の入所者の預金を、一部親族と共謀して、法を犯し捲り、詐取し捲って居ます。

認知症者を入所させた後に、入所施設の職員の頭の人間と、入所者の一部親族が共謀して、認知の入所者の預金等を、生前、死後盗み放題されています。

もうこの類の犯罪も、ほぼ公式に、制度化、システム化されているんでしょうね、認知が悪化して、当事者能力を失えば、所有資産は盗まれ放題、盗み放題出来るシステムが、国家権力の手で構築されて、やり放題となって居ます。

死んだ人が出れば、相続される前に、遺産金品、不動産を、法を犯して得放題出来ている、之も国家権力犯罪制度です。

妻の母親が死去後、次男、長女と家族が、義母の入所して居た、特養に押し掛けて「弁護士が就いているんだ、母の預金通帳、印鑑を渡せ、金を引き出せるんだ、弁護士が就いているから」

こう、直接脅しに走った事も、数日後に特養で、義母の預金通帳、印鑑を渡して、その後この連中で、青森銀行等に押し掛けて「母(多分義父の預金も)の預金を渡せ、弁護士も就いて居るんだ」

等、犯罪資金強奪に走ったのも、もうこれ等の犯罪は、制度化されている故ですね、国家権力がこぞって共犯、実行犯だから、

遺産詐取、保護受給者も実行犯で

  • 2019/03/12 06:16

@死去されたご両親の遺産相続手続きに絡み、遺産家財等の適法引き取りを軸として、当社に必要な調査も含め、委任して来ている事案、xx様からの委任事案に関して、次女様から、保護受給者の相続人次男、次男子夫婦、長女さんが、御両親の所有金員等を、片っ端から抜き、使い捲って来た等、証言を得ました”次女さんは、保護費詐欺等も伝えたが、聞く耳持たずで両親の金を抜き、使い捲って来た”と証言して居ます

                                平成31年3月12日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※昨年死去されたご母堂様は”次男の子夫婦が、グループホームに入れて、長女、次男と共に、御母堂様の預金を抜きまくった、次男子妻は、認知症者施設長”との事です

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 遺産は盗めば勝つ、認知者の資産も公認
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 認知者、死者の遺産は泥棒が所有権取得
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456保護受給者も、認知者、死者の資産闇入手
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357保護受給者も、違法資金入手、保護費詐欺
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-2-0110
FAX011-756-0056 道労働局、龍瀧専門官
高橋道知事、道議会、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹、他記載先にも
秋元札幌市長、市議会、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5165
FAX011-211-3078市税事務所法人税安澤課長、遺品整理公認
FAX011-218-5105 環境清水他課長
FAX011-218-5124 共産党市議団
※保護受給者が収入を得て、申告不要で保護費詐取、厚別、東は通る
FAX011-641-2406 西区保護1,2課渡部係長
FAX011-895-4031 厚別区保護1課井上、2課渡辺課長
FAX011-743-2717 保護1課牟田口課長

1、当社委任者阿部様妹、被相続人次女様から、下記情報を得ました、市、税務署、捜査機関等に伝えて欲しい、との事です。

(1)被相続人父上に関しては、入院して居た父の預金通帳、カード等を”長女、次男、次男子夫婦で持ち去り、父上死去直前には、1,300万円以上父上には預金が有ったが、死去が近いと分かり、長女が中心となり、毎日ATMで、数十万円ずつ引き出し、長女、次男、子夫婦で着服した”もう8年経過しており、証拠も無いだろうけれど、との事です。

(2)自分は、保護費詐欺等になると、長女、次男、息子等に言ったが、聞く耳も無かった、兄も”長女、次男は生活保護で金に困って居るのだろう、揉めたく無いから見過ごす”と言い、対応しなかった、と答えて居ます。

(3)ご母堂様に付いては”長女、次男の子夫婦が、次男の子妻は、認知症者施設長の立場を使い、御母堂をグループホーム(二か所との事)に入れて、御母堂の預金通帳(xxxx普通、定額、xx、xx銀行口座)届出印も持ち去り、御母堂の預金も、ほぼ抜いたようだ、との事です。

(4)当社委任者様に、御母堂様の預金履歴を取り寄せて頂くのと合わせて、札幌市保護課、保護受給者による不当利得入手、隠匿に関して、調査を求めます。

(5)次男夫婦、長女は”ご母堂がグループホームに入所前には、銀行に連れて行き、数万円~数十万円ずつ引き出させて、手に入れて居た”との証言も行って居ます。

2、私の妻の相続遺産窃盗事件の経緯と、ほぼ同じ構図です”預金通帳、届出印を手に入れて、預金を抜き放題””認知症者を特養、グループホームに入所させた後、認知を良い事として、生前、死後預金を詐取し放題”も同じです。

3、xx様の事案、御両親の金融資産、遺産金違法に抜き取り、行為者は保護受給者相続人二名、長女、次男、次男の子夫婦、冠婚葬祭互助会積立金は、今の所詐取未遂、次男の子は、弁護士も使い、実家を、減殺遺留分も出さず強制入手目論見、訴訟提起、上記祖父母の所有金、遺産金詐取と合わせて、結構な巨額が、違法に抜かれて、この夫婦にも渡って居るようです。

4、こうした犯罪、死人の遺産泥棒、認知者の資産詐取し放題等が、警察、司法、行政、報道等により、闇で公認されており、遺品整理なる、相続前の遺産金泥棒請負、の制度化も、公に果たそうとされています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4242329
ユニークアクセス:3569035
今日
ページビュー:260
ユニークアクセス:258
昨日
ページビュー:1258
ユニークアクセス:1173

Feed