エントリー

2019年03月20日の記事は以下のとおりです。

報告です

  • 2019/03/20 17:22

冠婚葬祭互助会の×××にも電話を入れて、遺品整理業者を斡旋頂きました。

×××サービスと言う、死去した人の身なりを整えたり、死に化粧を施したり、の事業者だそうです。

個々は、×き上げ協会に、集めた遺産物品を持って行って、×き上げ協会が「焚き上げ用と称して設置して有る、大型焼却炉で焼却処理等する、との事です」

成程、どんどん今度は、葬儀に絡む業者による、相続されて居ない遺産金品泥棒請負、闇処理が浮上して来て居ますね。

やはりそうですか、葬儀に付け込み、相続される前に遺産金品を横領させて、提供させて、闇に溶かす請負は、葬儀関係業者も、当たり前に犯罪業者を飼い、闇のしのぎにさせて居ましたか。

焚き上げ屋も、あの大型焼却炉の設置を悪用して、遺品整理、家財等闇処理を、違法引き取り業者にも持ち込ませて、稼いでいますか、×き上げ協会が、再度出て来ましたか。

×××、×××、共に遺品整理、泥棒請負に手を染めて居ます、日本中同じ犯罪を、冠婚葬祭互助会、葬儀関係業者も行って居ますね。

政治団体から個人的に、救済を頼まれた一件が、ここまで大きな、冠婚葬祭互助会、葬儀関係業者が、遺品整理屋、犯罪業者を飼い、犯罪を共に行っている事実まで、表で証明出来る状況に繋がったのです。

どんどん闇の中心に

  • 2019/03/20 16:11

所有権を偽る、所有権を、法を破戒させて、他者の所有財産、廃棄に回す物品だと、国家権力が法の所管権限を悪用して、虚偽で所有権を強制移動させて居る。

遺品整理請負、不動産明け渡し強制執行搬出物闇処理も、この権力犯罪により、強引に成功させて有ります。

憲法第29条、個人が財産を所有する権利保護規定の破壊、これを武器とさせての、要は泥棒行為の正当化です、国家権力が共謀して、財産所有の権利を、強制的に破壊して、通して居ます。

強盗ですよね、下げても?横領、窃盗、詐欺です、犯罪ですよ、完全に財産権蹂躙、国家権力が首謀者のテロ犯罪です。

経済産業省商取引監督課が所管する、割賦販売法により、許可された事業、成程「詐欺リースでも同じ犯罪を重ねて、通して居ます”本当は金を借りて物品を購入して、分割返済して居るのに、物品リースと偽り、物品を窃盗して、通して居る”あれと根本が同じですね、遺品整理委任、請負も」

財物の所有者を偽り、泥棒を成功させて有る、ファイナンスリース、遺品整理なる、相続前の遺産金品泥棒は、同じ犯罪の手口です。

経済産業省は、本当に禄でも無い事ばかりしています、詐欺ばかり、詐欺業者ばかりですから、経済産業省が所管する法律で、事業許可を出した業者、事業は。

報告です

  • 2019/03/20 15:54

xxxxx、冠婚葬祭互助会も、遺品整理を扱っている問題ですが「経済産業省商取引監督課、ここが所管している事業で”割賦販売法により、認められている事業”だそうです」

そうですか、一般的な組合費徴収等と違い、貸金の一種ですか、拙いですよね、金融業者が違法な事業者を抱えて、相続される前の遺産金品を提供させて、闇に溶かす共犯行為を行っているのでは。

だから言うんですよ「犯罪に手を出すなと、何れ法を犯した責任を問われるから、と言うんです」

割賦販売法による事業許可、ですか、ファイナンスリース、あれと同じ法律での、事業許可ですね、経済産業省が所管する貸金事業は、禄でも無い物ばかり、詐欺ばかりですね。

お役人方も言っているけれど「葬儀のどさくさに紛れて、相続手続きなどせず、遺品物品を、違法業者を頼ませて、処分させて居るんでしょう、相続手続きを取ってからとすれば上手く事が運ばなくなるから、違法と気付く人も出て来るし、他からも知恵を付けられるから」

まあ、そうでしょうね、冠婚葬祭互助会、葬儀屋は、相続のプロです、相続される前に遺産金品を、違法業者に提供させて、一気に処分でケリをつける、違法と承知に決まって居ます。

日本中の冠婚葬祭互助会、葬儀系の事業者が、遺品整理請負、犯罪業者を抱えて、葬儀のどさくさに紛れて、相続前に遺産金品を、違法業者に提供させて、闇処理請負させて居るんでしょう。

この業界も、闇が深いですね、遺品整理請負、ここまで闇が深い、相続前に遺産金品泥棒請負実施、犯罪委任、請負です。

之が損保、弁護士の頭の程度

  • 2019/03/20 09:47

誠意を見せろ、こう求められて、虚偽ですが、人身交通事故加害者になった方からの委任案件、要は「私が矢面に立ち、守って下さいと言う頼みですが、仕方が無いので”トラブルに付いて、調査を請け負った”契約を交わして、矢面に立った訳です」

そうしたら、あいおいニッセイ同和損保と顧問弁護士は「非弁行為、犯罪だ、手を引け、弁護士に窓口を一本化するんだ」

こう、不当な要求を行って来ています「要は用心棒、楯です、損保、顧問弁護士が一本化で受ける、本当か?で、確認したら」

あいおい損保の白井所長が言うには「用心棒、楯は”弁護士の谷口晃太郎弁護士が請け負うが、相手が押し掛けても、助言するだけだ、楯にはならないが、窓口を一本化する”訳が分からない事を言っています」

そして「調査を請け負うと弁護士法違反だから、谷口晃太郎弁護士が”どう見ても、保険金詐欺を通す為の調査、を行う”だそうです、詐欺を行う為の、弁護士による調査?大丈夫かこいつら」

当然ですが、損保犯罪被害者の会です「自動車保険詐欺は認めない、詐欺を止める調査を続ける、国交省他にも、詐欺を止めさせる為手を打つ、弁護士法違反だ、であれば、東警察署に告訴しろ、受けてやる」

これを通告して有ります、詐欺だろう、こんな事件、誠意を見せろと言われた、人身交通事故が起きたと偽装、100パーセントぶつかって居ないのに、過失割合確定、詐欺以外の答えが有りますか。

遺品整理犯罪請負と同じ

  • 2019/03/20 08:39

裁判所が訴え者、委任弁護士と共謀して行う、不動産明け渡し強制執行手続きの手口は、相続されて居ない遺産金品を横領して、遺品整理屋に渡し、所有者、排出者を偽り、処理請け廃棄物収集運搬業者、処理請け行政機関、処理場も共謀して、受け入れ処理が果たせている、国家権力が共謀しての犯罪と、根本から同じです。

今表で権力犯罪の詳細、手口を公開して行っている事件では「相続されて居ない遺産物品を、不動産明け渡し強制執行を名乗る、国家による強盗、盗んだ物品の所有者を、訴え者と国が偽り、確定させる犯罪も加わって居ます」

不動産明け渡し強制執行を名乗る、強盗公務に、相続されて居ない遺産物品横領、遺産金と共に、遺品整理屋に提供、闇に遺産金品を溶かす請負も加わって居ます。

どっちも同じ犯罪、財産所有権者を偽り、古物売却、廃棄処理を成功させて有る、この犯罪手法が使われています。

何故「負の遺産、遺産物品を、先行で相続完遂させると、書類を作り、相続人四人が署名、押印させる事としたか、分かりましたでしょうか”未相続の、相続人4人が相続権を持った遺産物品だと、公に証明出来るように”です」

こうした、相続未定遺産物品証拠を揃えて置いて「不動産明け渡し強制執行手続きの時も、執行官相手に使う事で”所有権者を国が偽装して、訴え者が所有者だと、強制偽りして”搬出して、物品所有者、排出者偽装を国が行い、違法処理して居る事実の立証を、公式に果たす為の手でも有ります」

この先は「古物商、廃棄物収集運搬業者、行政の廃棄物処理場等が、公に所有者、排出者偽装で引き取り、処理に走る事まで証明出来る訳です」

相続手続き中、と証明して有るから

  • 2019/03/20 07:50

負の遺産、家財等を先行相続して、この分の相続を終えましょう、こう申し入れ済みです、相続権者4人に対して。

遺産横領犯の一角、原告と弁護士、裁判官は「強制執行を行う時、訴えられた人が所有者でも無い物品だと、公に証明されている物品を、訴えた孫が所有者だ、こう公式に偽り、相続前の遺産物品を強奪します」

普通に「相続されて居ない遺産物品、財物の強奪犯罪です、でも、裁判所、裁判官、国が行うんで、正しい遺産強盗となる訳です」

で、これ等の相続遺産物品は「強制力を行使され、孫が正しい所有者と、確定されます、他者が所有者で、相続人全員が、推定所有権者の物品が、裁判官、国によって強奪されて、所有者を強制偽装され、確定されます」

こうなるので「相続人4人は、公式に該当遺産物品の相続権を、裁判官、国によって奪われる訳です、逆から見れば、、、、、、。」

こうなるから、事前に「相続人4人で、遺産家財等物品を、先行で相続済みとしましょうと、手を打って頂いたんです」

相続手続き中の、相続財産を、知った上で強奪して、孫が所有者だと、裁判官、国が、遺産横領行為者の一角の、孫と委任弁護士と共謀して、確定させる訳です。

泥棒ですが、公式に、裁判官、国が公務で行う泥棒で有り、物品所有者偽装、違法に所有権者確定の、公式実例が、リアルタイムで進行して居ます。

当然ですが、物品所有者、排出者偽装で故買、処理は、警察、公安委員会、処理請け市が、確信犯で共犯ですから、成功させられて居ます。

あまりにも無知

  • 2019/03/20 07:37

しかしまあ、この国の国家権力の構成員、所謂学歴エリート等、無知の度合いが凄まじ過ぎますよね、何の実務知識、能力も持って居ません、普通に子供でも分かる、常識すら、ほぼ備わって居ませんから、実務で役に立つ訳が無いのですよ。

相続と、相続財産強奪、横領、窃盗と、全くと言えるだけ、常識の範疇から、理解、判断出来ません、アホも超えて居ます。

何故競売不動産は、二束三文で競売に付されるか、之も本当に、大半の弁護士、検事、裁判官の連中は、理解も出来ないんですよね、無知も超え過ぎており、正しい情報の積み重ね、更新も、ほぼ出来ないからね。

あんな公正証書遺言の記載だけで、本気で「正しく居住して居る、住人、権利者を”一円の出費もせず、叩き出せるんだと、本気で勝手に思い込み、立ち退き要求訴訟を起こしたんです”愚かしい弁護士です、遺産横領原告です」

不動産明け渡し強制執行、犯罪を成功させる為の、国による手続きですが、占有場所に有る物品緒所有者を、原告、訴え者と、国が偽り、処理先の市役所、部署と共謀して「公権力が強権発動で、物品所有者、排出者を偽り、闇廃棄等処理して居ます、国家が之を行うから、犯罪が洗浄されるんです」

逆で見れば「強制明け渡しに成功したは良いけれど”占有場所に有る全ての物品は、強制執行申立者が所有者だと、国、裁判官が、公に偽りを確定させました”立ち退きを求めた者は、この決定責任から、絶対に逃げられません」

良かったですよね「多くの物品も、国、裁判官が、立ち退き要求者が所有者だと、正しく公式決定してくれるのだから、考え方ですから、こうした司法犯罪、行政ぐるみ犯罪は、いきなり大量の物品が、強制力を行使されて、訴え者所有と確定されます」

、国家四大権力、警察、国税で

  • 2019/03/20 06:11

@国家四大権力、警察、国税が結託して、他者所有金品窃盗、闇処理請負業者に委任、遺品整理、個人所有物闇処理請負、当社委任者さん事件で、遺産横領、保護費詐欺、弁護士、裁判所、裁判官も加担、も加わり、当社が証明して来た、国家権力ぐるみ犯罪が更に立証出来て居ます”相続前に遺産金品横領し、遺品整理士に提供下さい”宣伝は犯罪です

                        (有) エッチエイハウスリメイク
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※別紙記載の通り、これ等国家権力犯罪を取り纏めました、泥棒は犯罪、xxxxx、xxxxにも、遺品整理等孫請け派遣実施は摘発対象他、伝達済み

遺品整理詐欺師と共謀、帯広市長、市議会他実行犯部署
FAX0155-37-2313 各部署配布の事
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局、遺品整理は泥棒請負
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局放送部デスク
FAX011-233-6008HTB報道部、広告部、ネクステップ犯罪宣伝
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道部デスク

1、札幌市役所保護課も「保護受給者らによる相続遺産、正の遺産横領公認、負の遺産相続を潰して、保護費詐欺公認に直接走って居る、遺産横領犯孫による、遺産不動産不正全入手目論見、立ち退き要求訴訟提起、冠婚葬祭互助会、葬儀業者、派遣業者による、遺品整理請負、孫請け派遣業者実施等もも出ましたので、別紙の通り、同様犯罪を一旦取り纏めました」

2、遺産横領他事件は、委任を請けた時点で数通りの弁護士、裁判所、裁判官他犯罪が分かりましたので、立ち退き要求訴訟提起も見据えて、合法相続完遂目的手続きを、委任者さんに取って行かせたのです「保護課による、遺産横領利得入手、保護費詐欺公認、負の遺産相続潰し等は、どうなるか、起きてからの事でした、予想以上の結果です」

3、減殺遺留分支払い潰しで、遺産不動産総取り目論見訴訟提起、横領済み遺産隠匿公認は、想定の範囲です、冠婚葬祭互助会費積立遺産金、約46万円の遺産金保全、横領寸前で防止、保全は想定外です、保護課の保護費詐欺共謀は、更に立証されています、今後、これ等国家権力犯罪を、委任者さんが被告の立場で公文書に記載して、残します。

4、未相続遺産物品と承知で、強制執行を謳う、弁護士、裁判官、執行官強奪、闇処分予定済み、負の遺産相続潰し、札幌市保護課の犯罪とも協調等有り、窃盗を超えて強盗ですが、に付いても「幾つかの対策を講じる用意を整えて有ります”強制搬出物品所有者を、裁判所、弁護士、裁判官、処理請け札幌市が、原告孫、執行申立者所有と偽装処理、虚偽を承知で”ですから」

5、この実例にもより「不動産明け渡し強制執行を謳う、物品所有者偽装強制処理でも”司法、行政、警察が共謀して、物品所有者偽装処分実施、この手で違法廃棄洗浄成功”も、公になった訳です”違法廃棄目論見、有料引き取り、所有者偽装廃棄処理は、より公認されたのです”」

6、そもそもこの強制執行、遺産横領等実行犯の一角孫、訴訟提起者が”執行当日に存在する、未相続遺産物品等全ての所有者”と、裁判所が偽装して、孫の金で闇処理実施です「所有者と偽装した孫が、数百万円自己負担ですが、弁護士、裁判所、裁判官は、この事実等を伝えて居ないでしょうね”競売不動産が、何故二束三文で競落なのか、二束三文で競落しても、採算が合うかどうかは、結果次第ですが、孫も、委任弁護士も、知らないのでしょうね”所有者偽装廃棄物違法処理司法、札幌市ぐるみ実例です、違法廃棄処理請負、遺品整理、個人所有物闇処理請負成立、と同様の犯罪処理請負、常時違法廃棄処理成功理由の証拠実例です」

7、しかもこの事件は「多数の法破り、犯罪を重ねて、被相続人二名の遺産違法総取り目論見事件、札幌市複数部署、弁護士、裁判所、裁判官ぐるみ共謀の事件で、居住者さんは、不法占有でも無いですし、幾つもの相続権も、居住権、営業権も、正しく保有して居ます」

8、相続前遺産金品横領後請負、元請けxxxxx、下請けxxxx、実行社派遣業xxxx等に付いても、警察、労基、市環境、xxxxx、xxxxと協議して行っています、処理請け札幌市、清掃工場外共犯で成立の犯罪ですから。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4452564
ユニークアクセス:3719552
今日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:814
昨日
ページビュー:4557
ユニークアクセス:2675

Feed