エントリー

2019年03月25日の記事は以下のとおりです。

厚別区役所、西区役所保護課で、全く逆の動き

  • 2019/03/25 15:58

同じ被相続人の遺産相続事件で、相続人4人の内、二名が札幌市から生活保護を受けて居ます。

一人の保護受給者が、厚別区役所から保護を受けて居ます、この区役所と、担当のケースワーカーは「相続を違法に潰しに動き、相続遺産が二回発生して居るが、相続に付いて、報告も要らないし、相続財産分、保護費打ち切りもしないから、ここに走って居ます」

もう一人の相続権者の保護受給者は「西区役所保護課から、保護を受けて居て、西区役所保護課は、遺産の隠匿、保護費詐欺の疑いが大きい、親の遺産を子に渡して、保護費を受給しても居る、違法受給の疑いが~~と言う仮定で?、、と言う、、。」

厚別区役所保護課と、西区役所保護課とで、全く対応、動きが違って居ます、同じ被相続人医関わる遺産相続事件で、同じ保護受給者の相続人、でですよ、同じ札幌市役所でですよ。

大都市の場合、保護受給者が相続遺産発生となっても「保護課は、面倒だし、他理由により、遺産相続が発生した保護受給者と知っても、相続が発生した事を、無い事で通す、や、相続を放棄させた、事にする、等、脱法行為に走って居るようです」

小さい市町村で有れば、保護受給者に相続遺産が発生したとなれば、多くの場合、すぐ知れ渡るから、相続遺産隠しを行政ぐるみで、は難しいけれど、大都市で有れば、遺産を隠しても、ばれないんですよね。

元々大きな国家権力犯罪、犯罪制度ですが、ここまで表に出してしまえば、当社が面倒で、一々説明して歩かなければならないし、関係者、法を所管して居る公権力に。

報告事項

  • 2019/03/25 15:49

当社委任者さんの案件、生活保護費詐欺も入って居る、あの事件で、先ずは厚別警察署に足を運び、二課の刑事さんに、軽く経緯を伝えて、調査資料等を渡して来ました。

明日にでも、西警察署にも足を運び、二課の係長さんと話して、資料の提供も行う予定です。

小樽警察署にも、本当は出向くべきなのですけれど、面倒で、行きたくないです、本当は。

西警察署に足を運んだあと、どうするか、小樽まで足を運ぶか、考えます。

この事件は、行政、警察、司法が、色々犯罪に関わって居ます、国家権力犯罪の一つです、システムです、この犯罪の根本から。

わざわざ叔父を訴えたりしなければ、あんな公正証書遺言の内容で、甥夫婦は、祖父母の遺産全部を手に入れられると錯覚して、愚かしい訴訟まで提起するから、こうして国家権力ぐるみのシステム犯罪だと言う事まで、公に表に出されてしまうんですよ。

まあ、遺産相続を名乗る強盗、泥棒の恒常化、生活保護費詐欺支給、受給も組み込まれて居る、日本の遺産相続、遺産泥棒制度等が、一気に絡み合い、公開犯罪証明されて居るから、結果的には良かったんですけれどね。

私が面倒で、嫌です、経費倒れしますから、遺品整理、相続前の遺産金品泥棒委任、請負犯罪潰し他で忙しいんだから。

犯罪合法化に狂奔ばかり、国家権力の真実

  • 2019/03/25 09:59

偽造捏造は正しい、偽造された証明書は「正しく事実を証明して居る、偽造こそ正しく合法だ、そうですか、成程”弁護士委任状も、偽造こそ正しくて、正しく取り交わされた委任状は、偽造何ですか”」

この実例証拠も、複数揃っており、刑事、民事訴訟法手続き、法定外代理行為弁護士も「偽造の委任状で代理権を、正しく得た事で、居るんだと実際、更に良く証明されて居ます」

偽造委任状で代理行為、法律上は、犯罪、刑事罰則適用、代理人資格は存在しない、んですけれどね、実務?では、警察、法曹権力、法務省が、委任状は偽造で合法、正しい委任、受任で有り、偽造委任状で選任?された弁護士は、正しく代理人となり、法廷で委任者の代理行為が出来ている、んですから。

委任状は、弁護士委任状は特に「偽造で有れば、合法な委任、受任と、実際訴訟事件、調停事件でも、なって通って居ます、法務省、警察、法曹権力が、実際にこれを合法代理行為と、法を破戒させて通して居ます」

であれば、目の見えない弁護士さんが複数在籍して居る、つくし法律事務所さん、現行の制度、法の規定で「どう言う法の根拠証明で”正しい委任、受任、法廷での代理人弁護士業務遂行だと”立証出来て居るんでしょうか?”」

弁護士の訴訟委任状、調停委任状、訴訟外代理人委任状は「偽造で合法委任、受任だと、完全に法律規定の破壊を、法務省、警察、法曹権力が行い、通して居るんです、国家権力犯罪ですが、之が実際、日常的に通って居ます、偽造委任状は、100パーセント合法で、正しい代理委任、受任だ、訴訟手続きでも、之が公に、合法代理で通って居ます」

法曹権力が行って居る公務とやらも、完全にテロ、犯罪と言う事実の、追加証明ですよ。

合憲、合法が通じる頭自体、国家権力集団は持たない

  • 2019/03/25 08:32

合憲、合法を通じさせるには、国家権力側の担当者が、合憲、合法を、実務常識、知識に沿い、理解出来て、判断出来なければなりませんが、全くそれが、無知蒙昧、無能で、常軌を逸し過ぎた国家権力の構成員ばかりだから、通せません、通りません。

日本国憲法、法律規定どうこう以前に「この国の国家権力、構成員には”普通の社会常識からして、ほぼ備わって居ませんので”合憲、合法を通せる素地が無いんですよ」

国家権力が犯罪に加担した、犯罪を犯罪者と共に手掛けた、等が証明されれば、犯罪行為者責任を逃れる為に、国家権力が逆上に走り、国家権力が一つのテロ犯罪組織化しており、手を携えて「犯罪者擁護、犯罪の隠匿、犯罪正当化、犯罪者を正しい犯罪行為者だと、犯罪の限りを尽くして、虚偽決定、犯罪を正当と偽り、成功させる」

常にここに暴走します、国家権力を手に出来たから、あらゆる憲法、法律規定を破戒させて、独裁恐怖テロ実行特権が手に入った、こう、本気で錯覚して、他の国家権力構成員も同じ生き物なので、見事に同調に走るから、この国家権力ぐるみのテロ、犯罪が、常時成功させられて居ます。

犯罪の制度化、国家権力がでっち上げた、犯罪の制度化が発覚したなら、国家権力が共犯なので、国家権力が総出で犯罪を成功させて、犯罪者を逃がす事にのみ狂奔する、もう定番過ぎて驚かない、日本の国家権力テロの真実です。

財産所有権も、司法書士、弁護士犯罪国家資格者が、この犯罪の制度化で稼げるようにと、泥棒、詐欺師、横領犯が「法を犯して手に入れられた、他者の財産緒所有権者となる、この財産強盗の正当化、制度化にも狂奔し捲って居ます”あくまでも、上手く犯罪により、手に出来た他者の財産を基本とさせて”です」

この先は、警察、司法が共犯での、財産強盗国家権力悪用テロ実行、これに暴走します、被害をどれだけ食い止められるかですが「法を持って阻止に動くと”冤罪粛清に走られます”警察、法曹権力テロを、合憲、合法を武器で駆使して、阻止に動いた罪、ですよ」

無知蒙昧も極まり過ぎており

  • 2019/03/25 07:40

ここまで無知蒙昧、無能な法曹資格者、警察、検察庁、裁判所、国、地方行政機関、国税、会計検査院、報道他、国家権力に君臨して居るからと、犯罪の限りを尽くす事ばかりに狂奔して居る、腐り切った国家権力構成員集団なのです。

まあ、国家権力犯罪に遭遇して、事実を洗い出せば、犯罪のオンパレードが常です、とても法を所管出来るような連中では無いです。

ここまで無知蒙昧、無能だと、正しい最低限度の常識も、通る筈が無くて当たり前です、犯罪者そのものの集団ですし、自分が犯罪を日常として居る事も「自分の記憶も組み替えて、無い事と自分を騙して、国家権力を悪用させて、犯罪を法を破戒させて、正当化して通して居る事も全部、こうした事実を表に出して、権力犯罪を糾弾する輩が犯罪者だと、常に言い掛かりを付ければ」

之が又、警察、法曹権力、報道を名乗る、国際テロ犯罪集団が共謀して、嘘を事実と偽り、常に通せて居るのです。

合憲、合法等、この国の国家権力、構成員には、そもそも理解自体出来ないから、憲法、法律規定自体に効力、意味が存在しない事とまでされて、通って居ます。

警察、法曹権力が指揮を執る、法を犯している犯罪者に直接組して、共に犯罪を成功させると暴走して居る、国家権力が主犯の犯罪被害は「被害回復は原則不可能、認められません、実行犯が国家権力ですからね」

実行犯である警察、法曹権力が、己らも共犯で行い、成功させた犯罪を、法を正しく適用させて、処断する訳が無いです「何しろこの連中は”あらゆる犯罪を行い、虚偽を事実で、強引に通せる特権まで、憲法、法律規定には無い、国際テロ実行特権まで、実務で持てており、通せていますから”」

日本の国家権力も、国家権力を悪用させて、犯罪を犯罪者と共謀して手掛け、通す事ばかりに狂奔して居る、国際テロ犯罪行為組織、集団です「ですが日本の場合、表だって国家権力テロを証明されながら、常時権力テロを重ねて成功させ切れるかと言うと、そうでも無い場合が有ります、警察、法曹権力が、武力を備えた独裁テロ国家権力で、国を恐怖支配出来ている訳では無いからです」

司法ぐるみの犯罪が次々

  • 2019/03/25 06:32

@つくし法律事務所在籍弁護士さんで、目の不自由な方は、どうやって委任契約を交わして居ますか?妻の兄、筋ジストロフィーで字も書けない人間のケースで、弁護士を代理人とする、調停、訴訟、成年後見人選任委任状は全て偽造で、法務省、裁判所、札弁連、警察が、弁護士他委任状は偽造で委任、受任が合法成立、も実行済みですので

                                平成31年3月25日

つくし法律事務所
竹下義樹代表(弁護士)殿
大胡田弁護士様
西園寺様
TEL03-6380-1088
FAX03-6380-1087
札幌弁護士会会長、綱紀委員
TEL011-281-2428
FAX011-281-4823

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、目がご不自由な弁護士さんが複数在籍しておられると言う、貴事務所にお尋ねしたいのですが、委任者さんの身分確認、委任状取り交わしは、どう言う方法で適法になされておられるのでしょうか?問い合わせ理由は、下記に拠って居ます。

2、妻が被害を受け続けている、両親の遺産相続に関わる、警察、裁判所、裁判官、弁護士による、法を蹂躙させての権力犯罪被害多数に関してですが「妻の兄、次男は、妻以上に病状が進行して居る、筋ジストロフィー患者で、とっくに字も書けなくなっています」

3、この事実も確認せず、義兄が委任したと言う、xxxx弁護士は「簡裁、地裁の訴訟委任状、家裁の調停委任状、妻母の生存時に、法を犯して義母の代理人となり、相続争いに加わる為と宣告して、義母の成年後見員選任代理人委任状を、全て偽造委任状で受けて、裁判官は、偽造委任状は100パーセント有効、法定代理人委任状は、委任者氏名偽造で合法、と決めて通して居ます」

4、札幌弁護士会、法務省も「法定代理人委任状は、委任者氏名偽造で100パーセント合法、偽造委任状の効力は、弁護士会が独善で決定出来る故である、こう言い放ち、決めて通して居ます”札幌高裁は、委任者氏名偽造の場合、法の規定が有り、代理人資格喪失です”普通は、法定委任状もこれだけ偽造で有れば、重大な犯罪ですけれどね」

5、つくし法律事務所さんには、目の不自由な弁護士さんも複数在籍との事ですが「委任者の身分確認、委任状の取り交わしは、どうやって適法と証明して、行えておられるのか、宜しければお答えを頂きたいのですが」

6、先日最高裁が「成年後見人は、親族が望ましいと見解を発表しました”義母の成年後見人選任申し立てで、xxxx弁護士、札幌家裁(簡裁川原武彦裁判官が証言)は”義母の管轄家裁は、青森家裁野辺地出張所なのに、札幌家裁に義母の成年後見人選任手続きを取り、認められて居ました”xx弁護士、札幌の裁判所、裁判官は、後見人選任申し立ては、被後見者の住所地で、管轄が決まって居る事も知らなかった故です」

7、しかも「他実例でも承知ですが、義母の成年後見人審判申し立てでも”特に成年後見人選任であれば、認知程度を証明する、主治医の診断書と、行政による、要介護認定証明が必要ですが、一切無しで、xx弁護士、裁判官も、義母の認知証明無しで、認知程度を当事者資格無し、闇で確定とさせて居ました””後見人選任申し立ての場合、4親等以内の親族に、審判開始の通知を出して、異議が有れば、2週間以内に異議申し立て出来る、この法の規定も無視で、司法書士、弁護士のみを後見人に選任する為、闇審判を常時実施して居るので、川原裁判官が、別の訴訟で、義母の成年後見人選任手続きを、xx弁護士が後見人となると、札幌家裁に申し立て済み、この審判決定後、xx弁護士が、義母の法定代理人となり、相続争いに義母として出る、と告げて来なければ分からなかった事実”等が分かり、法務省、最高裁に、違法審判、違法代理行為、違法相続手続きだと訴えました」

8、この事実で、法曹権力、警察、行政、政治他、国家権力が合憲、合法も知らず、法律争いごっこに興じて、通されている事実のごく一部です「義兄に付いては”義父簿の預金を、偽造書類作成、行使で数度盗み、偽造者は義姉、義兄、義姉親族ですが、全て義兄が偽造者だと、札幌弁護士会が決定したので”現在義兄の筆跡は、調停委任状も含めて、5通り公式に揃って居ます、今後の法律手続きは、義兄に付いては”5通りの筆跡での署名が必須となって居ます”全て法律手続きを経て、確定して居る事です」

行政ぐるみの国家権力犯罪

  • 2019/03/25 06:12

@既に数回伝えて有る、生活保護受給者も入って居る遺産相続事件で”札幌市保護課、ケースワーカーも共謀しての、保護受給者とグルになった、合法相続潰し、保護費詐欺事件”の追加証明です”保護受給者は、相続遺産が有る場合、相続放棄は認められて居ません、ここから国家四大権力、警察他、全く知らない訳です、行政も含めての犯罪行為ばかりですね

                                平成31年3月25日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※相続前に遺産金品を横領させて、提供させ、闇に溶かす、遺品整理請負は、冠婚葬祭互助会も、派遣業、便利屋、納棺、焚き上げ業者丸投げ実施で行って居ます、派遣業法、廃掃法他違反です

FAX0155-37-2313 帯広市長、市議会、清掃事務課、市税他
FAX0134-32-5032小樽市長、市議会、塵減量推進、市税、保護
FAX0133-75-2275 石狩市長、市議会、環境、市税、保護他
FAX011-372-6198 北広島市長、市議会、市税、環境、保護他
FAX011-382-7240 江別市長、市議会、市税、環境、保護他
FAX0123-33-3137 恵庭市長、市議会、市税、環境、保護他
FAX0123-23-2492 千歳市長、市議会、市税、環境、保護他
FAX0126-23-9977 岩見沢市長、市議会、市税、環境、保護他

1、別紙二部文書をご覧下さい「札幌の事件、保護受給者も二名入って居る遺産相続、被相続人二名の遺産、違法全入手”当社が動き、遺産全て横領、窃盗は未遂”事件の追加証明、実行者保護受給者の証言主体証明です」

2、生活保護受給者は”相続が発生したなら、相続放棄は認められて居ない””正の遺産は相続して、負の遺産放棄は、誰であろうと認められて居ない””遺言で相続遺産が遺贈されても、他に相続人が居れば、他相続人には減殺遺留分が残って居る””不動産明け渡し強制執行搬出物は、処分時に法を犯し、執行訴え者所有と偽り、訴え者全負担で故買、廃棄処分する”保護受給者相続遺産物品も、この手を使うと、保護支給行政機関ぐるみ、違法処分出来ている”他、国家資格者、国家権力構成員ほぼ誰も知らない事も、正しく証明されて居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591764
ユニークアクセス:3847652
今日
ページビュー:94
ユニークアクセス:94
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed