エントリー

2019年03月27日の記事は以下のとおりです。

保護費詐欺複数回

  • 2019/03/27 15:10

相続人二名が保護受給者、平成23年に父親が死去して、30年に母親が死去して居る、札幌市役所保護課は、二回相続遺産が発生した事も、知った上で「相続が発生した事も含めて、公式報告は不要、相続財産が有るが、申告も不要、保護費打ち切り等もしない、之で通してくれている」

二名の被相続人の財産、遺産は、家財以外保護受給者の子供(甥)が、保護受給者の叔母と共謀して、持ち去って居る。

当然、二名の死後、相続手続きは、行われて居ない、遺産金が幾ら有り、何処に消えたか不明で来ている、まあ、この被相続人御孫夫婦が、基本掠め取ったんでしょうけれど、叔母と共謀して。

今出ている遺産は、遺産不動産の減殺遺留分で数百万円、冠婚葬祭互助会積立金が、約47万円、之は表に出されて居ます。

後は、祖母の方が遺した、預金関係や、年金の最後の支給金、等でしょうね。

どちらにしても、法律規定では、保護受給者二名と、保護を受けて居ない相続人二名で、均等に相続が法律規定です、保護受給者は、相続を受けた金額分、保護打ち切りか、市が支給した保護費の一部で回収、ですけれどね。

当然ですが、厚別区役所保護課の、ケースワーカーのXX田なる人間が、区役所の意を受けて行って居る「相続財産の家財の相続を受けるな、処理費は払わないから、之は脅迫ですし、法律規定で、認められ無い犯罪です」

正の遺産は、被相続人の孫、相続人4人に関して、子、甥が、ほぼ全部掠め取って居るが、処理が必要な家財等は、札幌保護課の責任分も含めて、甥が自己所有と、偽りでされて、自己責任で、費用全て負担して、搬出、処分、予定となって居ます、札幌市、司法犯罪が、ここでも出る訳です。

相続遺産、財産強盗

  • 2019/03/27 12:17

認知症が悪化した人に付け込み、財産を横領、詐取すれば、泥棒が所有権者と、法の規定の破壊を警察、法曹権力が共謀して行うので、之で通って居ます、他者の財産は、犯罪で手に入れた者が、事実として所有権者と、強引にされて通って居ます。

死んだ人の遺産も、横領、窃盗、詐取、強奪に成功すれば、犯罪者が所有権を、無条件で得た、こうされて、通って居ます。

之が講じ続けて、保護受給者でも、他者の財産を横領すれば、遺産も横領、窃盗してしまえば、警察、法曹権力、行政が、正当な所有権者である、保護費詐欺ともしない、で通って居ます。

もう、合憲、合法は通らない国に成り下がり切って居ます、警察、法曹権力、役人、報道カルトには、日本国憲法、各法律規定も何も、まるで正しく理解も出来る頭が備わって居ません、単なる粗暴な犯罪者、と言って間違って居ない現実なのです。

この国の国家権力、構成員は、最低の犯罪者集団、頭の悪い粗暴犯と、実際成り下がり切って居ると、、、。

祖父母の財産、遺産を、孫が保護受給者の叔母、父親と共犯となり、根こそぎかっぱらい、闇に隠して来て居るが、欲を更に出して、叔父を民事訴訟で訴えても来ましたので、慎重に対策を練って行っても居ます。

当社が委任を請けた範囲、では無いのですけれどね、財産、遺産の洗い出し他は、相続割合の確認も、ですし、あくまでも仮定の話、ですけれどね。

報告です

  • 2019/03/27 10:15

冠婚葬祭互助会積立金に付いて、解約手続き書類が届いた、との事です。

札幌市役所保護課は「保護受給者の相続権者二名は、遺産を放棄した、と言う事にすれば、それで良いと言っていますので、この通り書いて、解約手続きを取れば良いです、と言って有ります」

それで保護費詐欺にならないのか?地方役人がそれを認めたから、で通るのか、国は75パーセント、保護費を負担して居るんだよ。

三親等以内でしたか、保護受給者に対して、扶養義務を負って居ます、扶養義務を負っている親族が、保護受給者の相続分も貰えば、保護受給者の扶養義務も課せられず、保護受給者の相続遺産も貰える、完全におかしいでしょう。

実際にこうして、保護受給者も含めて、相続遺産金が次々出て来て居ます、甥が掻っ攫った遺産金も、後日洗い出して来ます。

相続遺産金を、四分の一手に出来るか、二分の一に増えるか、数百万円の話ですからね、軽々しい事では無いです。

保護受給者に、違法に保護費を支給して居る訳です、だから警察にも通報したのだから。

下手をすれば、保護受給者で無い相続人二名も、保護費詐欺の共犯責任を問われます、慎重に事を運ぶ必要が有ります。

税金資金詐欺は、より罪が重いのです、当たり前です。

税の部分も絡めれば

  • 2019/03/27 07:59

税の部門も絡めれば、悪質な霊感商法商売、遺品整理、焚き上げと称した、詐欺、泥棒他犯罪も、破綻して行きます。

単なる犯罪、横領、窃盗、詐欺ですから、相続される前に遺産金品を盗めば、泥棒が所有権を得て通って居る、警察、法曹権力犯罪、とんでも無い権力犯罪です。

遺品物品、神仏具には、魂が宿って居る、そんな宗教は、少なくても仏教、キリスト教、イスラム教、神道では無いですが「これ等宗教に関わる主教アイテムを、焚き上げと称して、金を得て引き取り、燃やす、塵処理場に運んで処分して居ます。

悪質な霊感商法、詐欺行為ですよね、あの連中には、信仰も何も無関係、詐欺、犯罪を請け負っており、信仰も、宗教の真実も、全く関係有りません、犯罪で稼ぐ、之が全てです。

犯罪者に簡単に騙される、率先して犯罪者と手を組み、犯罪を共に凶行し捲って居る、国家四大権力の真実、も有る訳です。

捨て駒要員が、これ等犯罪丸投げ、実行犯連中です、指揮って居る上は、摘発を逃れさせて、捨て駒の実行社だけ、言い掛かりで挙げる、時々、国家権力共謀犯罪ですから、縄張りを荒らされれば、逆恨みで、言い掛かりで摘発もしています。

まるで暴力団そのものです、これが日本の国家権力の本当、行為なのです。

合憲、合法の対極に位置して居ます、犯罪をしのぎと、犯罪者と共謀して、しているんですよ、サブリースアパート、殺人施工アパートの公認も、同じ構図ですしね、国家権力が法を破戒させて、認めて通して、殺人施工アパートを建てられて、貸して通って居る、あれと同じ構図です。

税務調査と絡めれば、犯罪のからくりも、金の流れも、多くが証明出来ます、犯罪を請け負っており、正しい帳簿処理、税務申告は、出来る訳が無いですし。

国家権力を気取るが、頭の程度は

  • 2019/03/27 07:45

詐欺師でも、三流以下の、詐欺師とも言えない犯罪者の連中が、簡単に国家権力を手の中で転がせています、うましか、過ぎますよね。

思考力も無いし、正しい常識、法律知識も、皆無状態故です、無様過ぎますよね。

こんな連中が、日本国を独裁者気取りで、支配者気取りで、合憲、合法の破壊、犯罪の制度化の達成を目指し、暴走を重ねて居るのです。

犯罪の制度化、正気さが全く見当たりません、これが日本の国家権力の正体です。

信仰とは全く無縁の、犯罪で稼いでいる連中が「焚き上げだのと言う、宗教全てを網羅させた、宗教を偽る行為で稼いでも居る、霊感商法と変わりません」

あの焼却炉、本業で出る物品を焼却する、が基本で売買出来るのであって、焼却専門では、売れないんですよね、宗教関係の所で、理由が立てば、売れるけれどね。

焚き上げ等と言う事業は、存在しないんですよ、遺品整理、遺産金品泥棒請負と同じく、詐欺、犯罪ですから。

宗教をきちんと調べて、あの焼却炉の売買根拠も調べて、使用出来る理由も調べて、法を踏まえさせて、が抜け落ちて居ます。

ですから「悪質な霊感商法、泥棒、廃掃法、古物商法違反等多数、の犯罪請負も、成功出来て居ます」

詐欺のレベルですら無いです、霊感商法でも、悪質で、単純な犯罪です。

犯罪は何時までも続けられない

  • 2019/03/27 06:58

@札幌市役所は、相続されて居ない遺産物品闇処理請負、犯罪委任、請負に付いて、法による措置を取るべく、制度作り、実施に動いて居ます

                                平成31年3月27日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

北海道労働局 龍瀧専門官、中央、東労基
FAX011-756-0056
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
xxxxx、遺品整理窓口xxxx、xx担当
FAX011-x62-xxxx
xxx、遺品整理窓口葬祭部門、xx担当
FAX011-x42-xxxx
(株)xxxサービス、xxxから遺品整理一括請負、xx協会と組み、違法焼却
FAX0x-4259-xxxx
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者

1、札幌市環境局との協議で、環境局、市税も協力する体制を、出来る限り取り、相続前の遺産金品横領して提供、遺品整理請負、横領、窃盗行為、焚き上げと称した(宗教では無い、廃棄物違法焼却、仏教です、焚き上げは、遺産物品に魂は入って居ないし、霊感商法と同様,です)一廃違法焼却実施業者(事業で出る廃棄物焼却以外、基本設置は違法)に対して、廃掃法を軸とさせた、事業者への調査も始める、当社の助言を受けた、市税事務所も調査に加える、等を、順次実施して行く、市税の参加は今後の協議、違法が見いだせれば、刑事告発、国税への告発も視野に入れて行く、との事です、xxxxxx、xxxxxxx、xxx・xx・xxxxxxx等全て今後対象、税務調査と合わせれば、犯罪のからくりが証明されます。

之で司法、法を司る頭も無いのに

  • 2019/03/27 06:16

@弁護士委任状は、委任者氏名偽造で合法委任、受任、妻の両親の相続他訴訟で、偽造委任状での代理行為が、複数合法?に遂行出来ている、を踏まえての”目の見えない弁護士さんの委任、受任、訴訟他代理は、何の法律根拠で方法委任、受任なのか?”この質問に、最高裁、札幌高裁、法務省は、下記対応、回答です

                                平成31年3月27日

つくし法律事務所 竹下義樹代表、弁護士
TEL03-6380-1088
FAX03-6380-1087
根本匠厚生労働大臣、成年後見制度利用推進室、梶野友樹室長
TEL03-5253-1111 福野担当
FAX03-3592-1459
山下貴司法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
TEL03-3580-4111
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
札幌弁護士会会長、綱紀員会
TEL011-281-2428
FAX011-241-4823

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、妻が”青森県警、道警、弁護士(会ぐるみ)札幌家裁、簡裁、地裁、裁判官から、両親の財産、遺産強奪被害を受け続けている事件で”筋ジストロフィーが悪化して、字も書けなくなっている義兄(加害側)との間で、札幌弁護士会所属、xxxx弁護士が、義兄の氏名偽造委任状を使い、札幌簡裁、地裁、家裁事件で、義兄の訴訟、調停、成年後見人選任代理人となり続けており、記載公権力が、弁護士委任状は偽造で合法委任、受任である、こう強弁し、通して居る事実等を踏まえた”別に差別では無く、目の見えない弁護士さんが複数在籍しておられる、つくし法律事務所の弁護士さん方は、目で合法委任、受任確認は、制度が無くて出来ないが、何の法律根拠で合法委任、受任、刑事、民事訴訟法事件代理が出来ているのか?”この問いに、上記国家機関は、下記の答えを行って居ます。

(1)最高裁広報中山担当”日本国憲法、法律は間違い、条文通り適用されると思うな、法曹資格者が法によらず、決めれば合憲、合法となる”と、最高裁として答えておられる、議会制民主主義否定最高裁窓口の答え。

中山担当ー目の見えない弁護士は、自身で合法委任、受任確認出来ない、障害者にしかるべき措置を取る、議会決定も有るが、制度設計が無いので、合法委任、受任と証明出来ない、何の法的根拠で、合法委任、受任、訴訟代理遂行出来るか、受けて居るかって?議会に聞け、最高裁に聞くな。

札幌高裁広報、鈴木担当ー言われれば確かに、合法委任、受任確認は、、、、。法の根拠は確かに、、、、。

法務省民事局担当ーそう言われれば、目が見えなければ、合法委任、受任は確認出来ませんね、、、。訴訟、調停委任状は偽造で合法、の法の根拠も、、、。

2、妻は札幌地裁に対して、本人訴訟原告となりました、一回出廷しましたが、重度の筋ジストロフィーなので、私が最高裁回答、弁護士会意見書他を踏まえ、補助参加して補助すると、補助参加申し立てをしましたが”被告青森銀行、秋葉会委任弁護士が、利害関係無し、違法補助参加、棄却せよ”と申し立てたからと、裁判官は、補助参加棄却決定しました、憲法、障碍者基本法他にもより、認められて居る補助参加ですが。

3、で、青森銀行、秋葉会委任弁護士と裁判官は”法によらない談合を行い、電話会議と言う、法に無い制度が有る、被告、被告委任弁護士は、出廷不要”こう談合で決めたと言い、二回の口頭弁論に出廷せず、妻は一回は出廷しました”電話会議の場合、判決を出さない前提で、訴訟前整理手続きと言う事で、認められており、口頭弁論出廷偽装は犯罪”こう突き付けると共に、札幌市に対して、妻の介助補助参加申し立てして有ります、裁判官は”妻に出廷命令を出す”等しているが、自分でほぼ何も出来ない、字は書けるが、なのです、命令されても出廷出来ないけれど、理解も出来ない訳です。

4、民訴法規定だと、妻は勝訴して居ます、二回の口頭弁論で、妻は一回出廷、被告は未出廷です、いい加減過ぎますね、法曹三者、裁判所の公務は。

5、で、xx弁護士と札幌の裁判所、裁判官、弁護士会法破り談合”義兄との間で、訴訟、調停、成年後見人選任審判、義兄氏名偽造で委任、受任は合法委任、受任複数に繋がって居ます”法曹権力は特に、日本国憲法、各法律規定から、ほぼ理解も出来て居ない訳で、幾ら法を制定しても、知らないから合憲、合法な制度作りも出来ないのでしょう、訴訟委任状偽造で合法、判決後、偽造弁護士委任状を持ち出せば、特に刑事裁判で有れば、判決無効とも出来ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4672331
ユニークアクセス:3921777
今日
ページビュー:629
ユニークアクセス:602
昨日
ページビュー:3828
ユニークアクセス:3751

Feed