エントリー

2019年03月30日の記事は以下のとおりです。

未相続も

  • 2019/03/30 17:41

叔父に対して甥が「甥の祖父、叔父の父親が所有して居た土地家屋を”叔父の妹と結託して、入院して居て、目も見えなくなっていた、甥の祖父を、叔母と共謀して病院から連れ出して、中公証役場まで連れて行って”甥に、祖父の所有する土地建物を遺贈する”」

こんな公正証書遺言を「祖父は当事者能力、資格を、もう備えて居なかったとしか、の状態で作成して、祖父が死去と同時に、甥は祖父の土地建物を、自分名義に変えた訳です」

ですが「この遺贈の合否も有るけれど、他の相続権者、甥の祖母、甥の父親、甥の叔父、叔母二人には”減殺遺留分が存在して居ます”叔父を、一円も出さずに叩き出して、祖父の遺産だった土地建物を売り払い、全部我が物とする、は、法律上も無理なのです」

そして甥は、祖父母の金融財産、遺産金分類分も、違法に我がものとさせて、手に入れる等して来て居ます、横領、窃盗です。

当然、こう言う状況ですから、甥から見て祖父母に関して、遺産相続手続きは、祖父母共に、全くまともにも何も、行われて、終えられて居ません。

こう言う状況です「甥が叔父を、甥の祖父が所有して居た土地建物、叩き出しに掛かっている叔父が、850万円出資した不動産から、一円も出さず叩き出せる話では、全く無いのですよ」

叔父を、生きる術ごと奪うまで、法を犯して追い込むから、叔父は必死になって、救いを求めて動いたんです、で、回って当社に辿り着いた訳です。

弁護士連中他誰もこの方を、正しい法律知識を駆使して、救う事が出来ませんでした、当社は、法に沿い、正しく救済出来ます、この方は、正当にご両親の財産、遺産を相続出来る権利を持って居るのだから。

犯罪を重ねて、甥は叔父さんを、不当極まる所業を重ねて、追い込み続けて来て居ます、やり過ぎるから、自分の破滅を招くんだよ、法を犯しているくせに、付け上がり過ぎだ。

さて、幾ら祖父母の金を抜いて来たか

  • 2019/03/30 17:15

正直に、祖父母の遺産、金銭遺産分類契約は、何処の何か、孫が「どう見ても、不動産明け渡し委任弁護士が打った文書に記載して、xxさんに送って来ましたから、金融機関に対する、預金履歴入手も、もっと楽になりました」

孫が、祖父母の金融資産に属するあれこれを、権利も無いのに自由に扱う、等して来た訳です「挙句、祖父母が死去後も、自分の資産と、勝手に扱って来て居る、訳です、法律を踏まえれば、自分の父親、叔父、叔母に返還して居なければならないのに」

一体この連中、甥夫婦、甥の父親、叔母が共謀して、祖父母、父母の金融資産等を、どれだけ違法に私物化させて来た物やら、妻の兄、姉と家族と、同様の犯罪行為者ですよね。

得する財産、遺産は、法を犯して自分の物扱いして、処理が必要な遺産物品は、長男、次女に押し付けて、逃げる気で居るんです。

残念ですけれど、得する財産、遺産金は手にして、負の遺産物品は、責任を負わず逃げる等、認められる訳が御座いません。

遺産不動産にしても「正しく祖父が、孫に遺贈する意志を、当事者資格を備えて持っていたのか、之への大きな疑念も、当然出ても居ます」

日本の警察、法曹権力、行政機関、報道を名乗る犯罪事業者連中は、全く遵法等果たしません、果たすまともさ、法の順守知識、意志が無いからです、根本から犯罪組織、犯罪者集団だからです。

xxさんの、両親の財産、遺産強奪、横領被害受け事件では、兄妹二人も犯罪者側で、生活保護受給者です、共犯の孫は、彼らに取り、実子、甥です、札幌市役所保護課、厚生労働省保護課も、共犯で突っ走り、成功に持ち込む、訳にはもう行かないでしょう。

 

二件の財産、遺産窃盗事件

  • 2019/03/30 17:05

妻の被害受け事件と、XXさんの被害受け事件、両親緒財産、遺産を、兄妹、兄妹の子が、犯罪に手を染めて横領、窃盗されて居る事件は、共に「犯罪に手を染めて、両親緒生前には、財産を、死後は遺産をかっぱらって居る、犯罪被害を受けています」

犯罪者の側には共に、弁護士、札幌弁護士会所属の弁護士が就いて居ます、札幌の裁判所、裁判官も、直接当時者で加担に走って、と、同じ状況です。

どちらの犯罪も、偽造を軸とさせて、両親の財産、遺産をかっぱらって、通して居ます。

この犯罪は、警察、法曹犯罪、相続前に財産、遺産を、犯罪を手掛けてかっぱらえば、泥棒が犯罪で手に入れた、他者の財産の所有権を得た、と、警察、法曹、監督行政機関が偽り、通される、この犯罪被害で共通です。

で、どっちの犯罪も、当社が委任を請けて、警察、法曹、行政犯罪を洗い出して、証明して、被害事実から証明し続けて居ます。

偽造が主となって居る、警察、法曹、行政が、犯罪を成功させるのに必要な犯罪を、犯罪者に認めており、犯罪が、表向き成功して居ますので、この権力犯罪を、次々表で証明して来て居ます。

どっちの事件でも「負の遺産処理を放り出して、利の部分を、泥棒親族に国家権力が、犯罪の共犯で組して、強奪、窃盗する、させる事を重ねて居ます」

日本の遺産、財産強盗、警察、法曹、行政、報道ぐるみの、犯罪強奪制度を、この二件の財産、遺産強盗被害事件でも、なぞって居るのです、国家権力が、犯罪者と完全に共謀してです。

先ずは、相続完了が鉄則

  • 2019/03/30 08:29

未相続の内に、遺産金品をかっぱらわせて、かっぱらってしまえば、犯罪で手に出来た遺産金品は、泥棒が所有権を、無条件で得られる、法曹、警察、報道犯罪、遺産金品強盗制度です。

認知が進行した人の財産は「認知により、当事者能力、資格が失われている事実を、警察、法曹が、無い事と勝手に決めて、認知が悪化した人の財産を”認知の方の氏名の偽造書類作成、行使等の犯罪を行い、横領、窃盗し放題”も、警察、法曹、行政、報道が共謀して、行えて、通されています”」

不動産明け渡し強制執行手続きで、占有場所に有る金品は”執行の時点で、申立者が全部の金品所有者だと、法曹、法務省が偽装で決めており”堂々と強盗が出来て居ます。

この手続き?実施実例に「生活保護受給者も相続権者と言う、生活保護事業犯罪実例予定、も加わって居ます」

国家権力が共犯となっての、個人の財産、遺産強盗制度実例で、相続前の遺産金品泥棒請負、不動産明け渡し強制執行、なる強盗、認知が進行して、当事者能力、資格を失った方に付け込み、財産横領、窃盗犯罪が、見事重なり合い、表に出されて行っています。

公に、これ等犯罪が、公権力も共犯で、実行されて行っています、国家四大権力、警察、国税が、互いの所管法律も、公に蹂躙しながら、犯罪を成功させるとして有る事実も、公式実例で、表に出続けて居ます。

あいプラン、遺品整理犯罪請負業者の一角、道新他、遺品整理、泥棒請負宣伝報道犯罪事業者も「遺品整理請負、泥棒委任、請負犯罪の、正当な事業と偽った報道、宣伝、共犯事実まで、実例証拠にもより、証明されて行っています」

幾つもの国家権力犯罪が

  • 2019/03/30 08:12

妻が受け続けている、両親の財産、遺産強盗被害受け事件では「弁護士の委任状、訴訟、調停、成年後見人選任代理人委任状、両親の次男の委任状は”次男は字も書けない事も、弁護士、裁判所、裁判官は、妻から伝えてあったが、理解も出来ない結果、全部の委任状も、偽造委任状だった”これが分かり、札幌弁護士会、札幌家裁、簡裁、地裁、最高裁、法務省は」

弁護士選任委任状も、委任者氏名は偽造で、合法な委任、受任、訴訟、調停、選任手続きとなる、これを強引に通しに走って居ます。

で「目の見えない弁護士さんが、複数在籍して居る、つくし法律事務所さんも加えて”じゃあ、弁護士選任委任状って、何の法律的、物理的根拠を持って、合法な弁護士委任、訴訟、調停代理行為となって居るんですか?”目が見えないなら、弁護士さんには、事実確認が出来ませんから、国家資格者が、自分で真偽判断出来ない事を、公式に補える制度も無いし、之への回答を、国家権力に求めて有る訳です」

弁護士委任状は、偽造で合法な委任受任となり、訴訟、調停事件代理も合法代理で通せている、法の根拠は、当然無しで、この犯罪も、通されて居ると証明出来て居ます。

偽造の段階で、違法、犯罪です、偽造署名で、合法だとなる訳が無いのです、まして「民事、刑事訴訟法手続き、調停手続き、後見人選任手続きで”代理人弁護士の委任状が、委任者名偽造や、委任者が正しく当時者なのか、等の証明が無い”で、合法委任、受任と出来ているが、合法な筈は有りません」

偽造して、代理人犯罪?が成功すれば、犯罪が適法で通される、現実が間違いなのですよ、警察、法曹、行政、政治、報道ぐるみの犯罪、なだけです。

二件の遺産強奪事件で

  • 2019/03/30 07:56

二件の遺産強奪、警察、法曹、行政ぐるみ犯罪、不当な被害発生事件の調査を請け負い、こんな四大権力、警察、国税犯罪だと、詳細に実例証拠が揃い続けており、立証出来て行っています。

相続が終わる前に、遺産金品を横領、窃盗して、成功すれば、犯罪で手に入れた遺産金品は、犯罪者に所有権が移る、遺品整理請負も、当たり前ですが、泥棒だと、更に正しく証明されています。

あいプラン、ベルコも「葬祭部門が仕切り、遺品整理を請け負って居ますが”泥棒請負だと、はっきり承知の上で、相続前の遺産金品を横領、窃盗させて、提供させて居る訳です」

xxさんの両親の遺産、相続されて居ない遺産横領、窃盗事件でも「あいプランにも、両親は積立金を遺しており、甥の嫁が”両親緒契約を、自分の契約に変更しようとして、結果しくじり、あいプランはxxさんに”代表相続人を決めれば、解約に応じます”と、法律上当然の事を告げて来て居ますが」

遺品整理とは「相続が終わる前に、遺産金品を横領、窃盗させて、提供させて、闇に遺産金品を溶かす委任、請負です、泥棒ですからね」

xxさんの両親の遺産横領、窃盗事件の調査により「報道も共謀しての、遺品整理請負、相続前に遺産金品をかっぱらい、闇に溶かす泥棒請負も、より正しく、単なる泥棒、財産権蹂躙犯罪だと、正しく立証が更に出来て居ます」

未相続の遺産物品を「裁判所に申し立てた、不動産明け渡しを求めた訴訟の判決、明け渡しを認める判決を取り、不動産明け渡し強制執行手続きに移行させて”未相続の遺産物品だと、甥、弁護士、裁判官、執行官、保護課、札幌、小樽、北広島市環境他が知った中で、甥が所有者だと偽り”強制搬出、違法故買、廃棄処理が、果たして成功させられるか」

等、今後の権力ぐるみ犯罪は、目が離せません、定番の国家権力犯罪ですよ、これ等は。

報告

  • 2019/03/30 06:57

@当社委任者さん、xx様が受けている、両親の遺産総取り目論見被害事件で、甥(別件委任弁護士のようですが)から”xx様が求めた、両親が契約者の、あいプラン積立証書、道銀、ゆうちょ銀行預金通帳、届け出印鑑を返還する”旨文書が返って来ました、xx様妹の証言、甥に両親の金融資産関係を、全て預けた、証言は正しかった訳です

                                平成31年3月30日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

世耕経済産業大臣 商取引監督課
TEL03-3501-1511
FAX03-3501-6202 相談窓口志賀担当経由
あいプラン、遺品整理担当やわらぎ、xx担当
TEL0120-600-300 遺品整理請負、相続前遺産金品窃盗
FAX011-762-4415 確信犯罪請負ですよね、報道も共犯です
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局、遺産は相続前に窃盗宣伝
根本厚労大臣 成年後見制度利用推進室、梶野友樹室長、福野担当
FAX03-3592-1459(認知が進行した人の財産、死後遺産窃盗)
FAX011-756-0056 道労働局龍瀧、中央、東労基
原田環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課、渡井、佐藤担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 厚別、西、小樽署刑事二課にも配布
高橋道知事、道議会、保護、介護保険、障害福祉、消費者相談
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水、記載先にも配布
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5165
FAX011-218-5105 環境八田他課長、

1、別紙の通り”xx様が甥、2,3番目の兄妹(保護受給者)次男子、甥に対して、不正に甥が所持して居る、xx様の両親が生前契約して居た、相続遺産(金)である、あいプラン積立証券、御母堂の預金通帳の返還を求めた、長女xxxxさんが、甥に全部預けて、扱わせて有る、と証言した事を根拠として、相続遺産(金)返却を求めた事に対して、甥xxxx氏(どう見ても、不動産明け渡し訴訟代理人、xxxx作成文書?)から阿部様に、下記の返却を”代表相続人が決まれば、代表相続人に返還を果たす”との文書が届いています。

(1)xx様ご両親契約、あいプラン積立証券

(2)xx様ご母堂契約、道銀、ゆうちょ銀行預金通帳、届け出印鑑

2、この文書により「甥は”不正に祖父母の預金通帳、届け出印鑑、あいプラン積立証券等を所持し、不正扱いをしている?”事と、彼に対して祖父母の方々の遺産相続手続きは、全く終えられて居ない事実も承知して居る事も、立証されています」

3、さて「記載先公的機関”相続前に遺産金品を負横領して、合法に財産所有権移転完遂、遺品整理請負もそれ、の合法根拠と、保護受給者は、相続遺産を、口頭で放棄する、と言えば、相続遺産隠匿が出来るし、保護打ち切りも無し”の根拠を文書で答えて下さい」甥は、祖父母の財産、遺産窃盗、横領完遂をしくじりましたよ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4706968
ユニークアクセス:3951629
今日
ページビュー:291
ユニークアクセス:274
昨日
ページビュー:1013
ユニークアクセス:960

Feed