エントリー

2019年03月31日の記事は以下のとおりです。

二件とも

  • 2019/03/31 17:08

妻、xxさんの両親の財産、遺産泥棒被害事件は、どっちも「当社が調査等の委任を請けて居なければ”すんなり妻、xxさんの兄妹、子供らが、泥棒を全部成功させられて居ましたし」

負の遺産の始末を、泥棒で無い兄妹、子等に押し付けて、逃げられたでしょうね。

得する両親、祖父母の財産、遺産は、犯罪を重ねて手に入れて、損する財産、遺産は、泥棒では無い兄妹、子等に押し付けて逃げる、とんでも無い事ですが、当社が委任を請けて居なければ、二件の犯罪で、共に成功したのです。

犯罪者連中は、得する財産、遺産は、犯罪に手を染めて手に入れて、損する財産、遺産は、他の親族に押し付けて逃げる事にも、全く禁忌も無い人間達なのです。

しかし、当社が委任を請けて、法を正しく適用させて、対抗させて居る結果「泥棒を全て成功させる、のにもしくじったし、損する財産、遺産は、泥棒では無い親族に、不正に押し付けて逃げる事にもしくじって居ます」

こう言った、親族を食い物にする犯罪は特に「公の犯罪とする前に、全部成功させ無ければ駄目なのですよ、公の犯罪となってしまえば、犯罪者も、就けた弁護士も、裁判官、裁判所も警察も”犯罪を公に成功させる事を、強制的に、警察、法曹権力悪用で、は、法で対抗されてしまえば、出来なくなるしね”」

遺品整理請負、泥棒を、相続が終わる前に成功させる請負も「相続事件が公となれば、泥棒ですからね、成功に持ち込めないんです」

欲を、深すぎるレベルでかくから

  • 2019/03/31 16:38

親、祖父母の財産、遺産を、根こそぎ法を犯して、自分緒手に入れて、好き放題使おう、こう目論見、犯罪の限りを尽くして、親族の誰も、本当には止めないのを良い事とさせて、犯罪し放題を重ねて居る。

財産、遺産の根こそぎ犯罪入手を成功させるのに、邪魔者が出たからと、共犯となる弁護士も雇い、裁判所、裁判官も、共謀してくれている状況まで作り出して居る「警察、法曹他者の財産強奪、遺産強奪制度の踏襲です」

両親、祖父母の財産、遺産を、根こそぎ強奪に成功出来るように、警察、法曹も共謀、でも「下手に弁護士、裁判所、裁判官も共謀に走るから”逆に、法律が公式に機能を発揮し出す事も、二件の両親、祖父母の財産、遺産強奪犯罪で分かるように、有る訳ですよ”」

この手の犯罪は「行政、法曹が、公式に関与する前に、成功させなければ、犯罪の完遂が、法が機能する事でしくじったりします」

妻の被害実例、xxさんと下の妹さんの被害実例でも、犯罪行為者の相続人と家族、就けた弁護士が共謀して居ても、訴訟沙汰になる、する前に、泥棒を全部成功させて置かなかったから、結果として、法律が機能を発揮してしまって居るのです。

どっちの犯罪も、単なる泥棒ですからね、訴訟沙汰に持ち込ませる、持ち込むのが愚かだったのです「弁護士も就けたし、財産、遺産強盗は完遂させられる、何も法の根拠も無いから」

結局「公に遺産は、凍結を食う結果っとなって居ますし”遺産不動産から強制立ち退きさせる、どれだけの訴訟沙汰と、お金が必要かも含めて、分かって居ないんですよね”訴えた人間の共犯の親、叔母、相続権者は、生活保護受給者だとも、公にばれたしね」

保護受給者の相続人と共謀して、被相続人死去前は財産を、死去後は遺産を、この連中で全部犯罪入手しようと目論見、悪事を尽くして来た、保護費詐欺もばれて居ます。

妻の被害事件と、xxさんの被害事件は共に、認知症の親なのを良い事とさせて、ケアマネも共犯者に入って居ます。

十年は無理でしょうね

  • 2019/03/31 16:08

簡単に両親の財産、遺産を、根こそぎ犯罪により、手に出来ると思って居たのでしょうけれど、xxさんの場合は、次男と長女、次男の息子夫婦が、ですけれどね。

どっちの事件も、親(祖父母)の財産、遺産を、相続権者と親族で、法を犯して財産、遺産を根こそぎ手にしようと、悪事遂行に走った連中を、他の相続人、親族が、正しく法を持ち、犯罪を食い止めなかった事が、最大の過ちです。

両親(祖父母)の財産、遺産を、自分の物だと勝手に決めて、好き放題犯罪に手を染めて、かっぱらって来ています、根こそぎ盗んで、自分(達)の物にしようと、黒い企みに走り「損する財産、遺産は、犯罪者側では無い相続人に押し付ける気でもいます」

それを、犯罪に走って居ない側の相続人、親族が、正しく止めないから余計、こう言う手合いは、犯罪の限りを尽くし捲るんです、自分勝手な考えで、犯罪で利得を得ようと、犯罪だと知って居るが、暴走を止めませんから。

二件ともに、犯罪行為者親族連中を、いいように他の親族が、付け上がらせ捲り、犯罪の限りを尽くさせた結果です。

二件ともに、この先十年も、しくじった両親の財産、遺産総取りの処理に費やすのは、無理でしょうね、年齢的にも、病気の程度を見ても。

今後どんどん、こう言った相続人による、長期の遺産の塩漬けが出て、増えて行くでしょうね。

多くの場合、同様の親族犯罪が、犯罪者側では無い親族の、犯罪を承知で止めもせず、犯罪を尽くさせて、犯罪を成功させて、通して居るのが実際なのでしょうね。

泥棒が、国中で行われて、警察、法曹、行政、報道挙げて、泥棒を正当行為だと”犯罪と承知で、嘘で認めて”他者の財産強奪、遺産金品泥棒も、成功させられて居るんです”法曹、警察、報道ぐるみの、国中でこの連中が共謀した犯罪”で、行われて成功させられて居ます。

一旦財産強奪、遺産泥棒被害を受けてしまえば、合憲、合法による、犯罪で失われた財産の回復は、法曹、警察犯罪だから、難しいのが日本の実態です。

相続前に遺産金品を

  • 2019/03/31 08:29

報道挙げて宣伝に走って居る、行政も多く加担して居る、道警、道庁は、直接実行犯、共犯者の「相続される前の遺産金品は、横領、窃盗、強奪に成功すれば、犯罪で他者の財産を手に出来た者が、犯罪金品の所有権を得られる、この虚言で成功させて居る、遺品整理請負、なのです」

単なる泥棒ですけれど「法曹、警察、報道の虚言正当化が”相続前であれば、遺産金品は、泥棒してしまえば、誰も被害者が居ないから、相続権者は、相続前の遺産金品に、誰も権利が無いから(嘘ですよ、相続権者全員が権利者です)誰でも横領、窃盗、詐取すれば、所有権が手に入る”この虚言を、国中で通して居ます」

法曹、警察、報道、行政が直接手を汚して、成功させて居る、遺産金品、不動産強盗制度は、こんな虚言で、強引に成功させて有ります。

居直り強盗以下の虚言で、財産所有権を破戒させて、強盗、横領、詐取、窃盗を成功させて居ます。

この財産権破戒犯罪は、被害を受けてしまえば、多くの場合「法曹、警察が共謀して、強盗、泥棒実行犯を”正しく適用される法律を、片っ端から無効化した、事と偽ってして守り、犯罪で得た金品、不動産は、泥棒に所有権が移動した、正しい財産所有者、相続権者、本当の財産所有権者に対する債権者には、正当な所有権者が奪われた財産に付いて、全部の権利が失われた」

ここまでの他者の財産強奪の制度化、警察、法曹、行政各機関ぐるみテロ、犯罪に狂奔して居ます、遺品整理請負、泥棒請負も、この国家権力犯罪の常態化が理由で、大手を振って泥棒を請負、国家権力が犯罪で支援してくれており、成功させられて居るんです。

財産、遺産泥棒

  • 2019/03/31 08:04

他者の財産、遺産となった財産を、偽造他犯罪を警察、行政、法曹、報道挙げて認めて、偽造で、他者の財産をかっぱらう行為に加担して、成功させて居ます。

遺品整理請負、不動産明け渡し強制執行手続き、共に他者の財産を、偽造、虚偽を事実と偽り、強奪、横領、窃盗、詐取に成功して居る、他者の財産権蹂躙犯罪です。

xxさんの被害実例では「ご両親の財産、死後は遺産犯罪で強奪、横領、詐取、窃盗被害を受けており、更に”不動産明け渡し強制執行を果たすべく、不当な訴訟も起こされています”」

この訴訟で「立ち退きを認めるでしょうから、法は通りませんから、その後、不動産明け渡し強制執行手続きに移行して、無条件で執行も認められるでしょうから」

国、裁判所、執行官は「該当場所に有る、相手方に所有権も無い物品全てを”執行時に申立者が所有権者だ”と、国が偽り、強奪に走る訳です」

申立者が所有する金品が、執行場所に有るから、申立者が所有権を行使して、強制搬出した、こう言う嘘を持った、強盗実施です。

xxさんの事件では「該当場所に有る金品は”xxさんの所有金品、相続人4人が、、相続手続きを全く取っておらず、拠って相続人4人に、等しく所有権が有る金品、xxさんが行って居る、複数の事業に関わる金品”こうなっています」

で、相続人の内二名は「札幌市から生活保護を受けています、執行に持ち込む人間は、保護受給者の実子、甥です”甥の祖父母の財産、遺産を、法を犯して自分の物にしようと、と言う事件の中に、この祖父の所有不動産、不動産内外の金品強奪”も、果たそうと走って居ます」

当然ですが、これ等金品は、甥が所有権者、では全く有りません、単なる強盗です。

遺品整理請負と、不動産明け渡し強制執行実行が重なり合って居る、なかなか良い?国家権力犯罪実例です。

別側で見れば「甥は、執行時に強奪する、全部の物品を、自分が所有権者であると、国が決めて呉れる訳です”事実は全く違う事も、公に証明された上でです”遺品整理屋は、この場所に、xxさんの了解を得て、安い費用を提供して、違法に合付けた物品を、甥が欲しいらしいから、先ず阿部さんに差し上げては?”」

不動産明け渡し強制執行、強盗ですけれど

  • 2019/03/31 07:45

不動産明け渡し強制執行実施、実際には「該当占有場所に有る金品を”裁判所、国が執行官を使い、占有者の所有の有無は、強権発動で問わない事とさせて”強盗に走って居る、之が真実です」

この強制執行手続き、国が、憲法第29条規定から、確信犯で破壊させての強盗実施は「執行される側が”何の犯罪を、国、執行官は行う気で居るのか、之を理解出来ない事に付け込んで”占有者以外の所有金品と証明されて居ても、占有者、占有場所に有る金品の、正当な所有権者と、執行官に証明を果たした者、現場で立ち会う正当な権利者”を騙して」

占有者が所有者の金品だ、申立者が所有権者と、この執行手続きで権利が移動したと、国、執行官が偽り「強奪して行くのです”当然ですが、該当場所に有る金品の所有権が、申立者に移った事実も、根拠も証拠も無い訳です”単なる強盗行為を、国、執行官が”申立者に所有権が、執行実施で移ったんだと”嘘を吐き、強盗を成功させて居ます」

この強盗行為「関係する法律を所管して居る、廃掃法、古物商法、刑法を所管している警察、地方自治体環境の役人を現場に呼び”誰が正当な所有権者と証明出来る金品か”この事実証明を、其の場で果たして、正当な権利者が、法を犯して占有場所に有る金品を、申立者の所有と、権利が移動したと、国が言うだけ、の根拠、立証も求めれば良いのです」

法に沿い、執行対象場所に有る金品の、正当な所有権者証明を果たして「法曹による強盗実行に対抗すれば、警察、行政の関係機関担当を呼び、合憲、合法を武器で駆使して、対抗すれば良いのです」

遺品整理請負も同じです「実施場所に親族、相続権者が、生活安全課等の警察官を臨場させて、該当の市の環境部署の役人も呼び、相続されて居ない遺産金品泥棒の正当性を、請負犯罪業者に証明させるべきです」

泥棒が横行、警察、法曹、行政、報道が指揮、実行共犯

  • 2019/03/31 07:32

認知が進行して、当事者能力、資格を喪失した人の財産は「多くの場合、介護系事業者、職員が、一部の親族等と共謀して、預金先金融機関等も共犯加担して”認知が進行しており、当事者能力、資格を喪失した人だ、と言う事実を、故意に無い事と偽り”当事者の自由意思により、xxへ所有財産を渡す事に合意した、とか」

「xxが、自分の身分を偽造した書類を作成して、行使して、自分が預けて有る金融資産を現金化して、xxが受け取る事に合意した、本人の自由意思による、xxによる身分偽造書類作成、行使、財産詐取実行であり、正しい行為である、XXは、正しく委任者?の所有財産を手にしたのだ」

この警察、法曹、監督各機関、金融機関、資金預かり事業者連中が、泥棒と共犯で加担して居る、他者の財産権蹂躙の制度化、成功させて居る手口は、国中で無数に行われ、この虚言、詭弁で成功に持ち込ませて居ます。

単なる泥棒、強盗、窃盗、横領、詐欺ですけれど、警察、法曹、行政、他者資金預かり事業者、報道が共犯となっており、国中で他者の財産権蹂躙犯罪が行われて居て、成功させられて居るのです。

犯罪を制度と偽り、他者の財産強奪も、合憲、合法の破壊を、法を所管している国家権力が、ほぼ全部、犯罪を犯罪者と共に実行しており、国中で成功させて居ます。

認知が進行して、当事者能力、資格を失えば、死んでしまえば、財産は片っ端から泥棒と、共犯国家権力が共犯で、犯罪の限りが尽くされて、通されるから、強奪され捲って、通って居ます。

遺産相続も、之方式が主体で有り、合憲、合法な遺産の所有権移動も、ほぼ認めず、泥棒が遺産を犯罪で手にした、正当な所有権者だ、これを押し通して居るのが日本の実態です。

委任状

  • 2019/03/31 06:10

@被相続人となった両親の遺産、特に家財等遺産物品の証明、引き取り委任に関してを中心として、下記業者に必要な調査、証明書作成、公的機関との協議、必要な証明等を委任致します

                                平成31年3月  日

委任事項

平成xx年x月xx日死去、実父xxxx、平成xx年xx月xx日死去、実母xxxxに関する、遺産家財等物品相続、各相続権者分引き取り委任に関する調査、証明及び、関連した必要な調査、証明、公的機関(札幌方面xx、x警察署、xx警察署、裁判所、道警本部、札幌市各部署、厚労省各部署他、既に調査実施も多数)に対する必要な調査、証明、証明書提出も含む委任、費用は双方協議し、随時清算

委任者

住所 〒xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
氏名 xxxxx
直筆署名        印
TEL080-xxxx-xxxx

受任者 

住所 北海道札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
事業所名 有限会社 エッチエイハウスリメイク
              取締役 山本弘明
TEL011-784-4046
FAX011-784-5504
携帯

@被相続人両親の遺産物品は、委任者兄、xxxx居住、両親の遺産土地建物(札幌市xxxxx東x条x丁目x-xx)内外に有り、xxxxが責任管理して居ます、xxxxも同じ業者に委任済み

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700517
ユニークアクセス:3945829
今日
ページビュー:450
ユニークアクセス:441
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed