エントリー

2019年04月01日の記事は以下のとおりです。

違法収集一廃は、強制執行決定不動産に

  • 2019/04/01 16:01

違法収集した個人の不用物品、一廃で処理を、違法と承知で請負、集めた物品は「不動産明け渡し強制執行が決定した不動産に運ぶと、強制執行申立者に、法を逸脱させて国が”執行申立者が、執行場所に有る金品全部の所有権者である”と偽って、確定させてくれます」

ですから「違法に、違法処理目論見で集めた物品は”強制思考が決定となった方に、安く提供して、強制執行決定場所に運んで、占有者さんに受け取って頂けば、強制執行時に、執行申立者が、全部の金品の所有者であると、国が虚偽で決定してくれます”後は、執行申立者が、費用負担も含めて」

自分の所有物?を、自己負担で処理する訳ですが「一廃ですからね、執行を申し立てた(個人なら)人の自宅に、国、裁判所は、処理する物品全部を、責任を持って運ばせなければなりません、違法廃棄処理は、廃掃法違反、犯罪ですからね」

執行申立者の自宅に「自分の所有物品です”一旦運送屋の倉庫に運んだ、執行申立者の所有物品は、運送屋の倉庫から国、裁判所の全責任で、執行申立者、物品の所有者の自宅まで、国、裁判所の監視下で、正しく運び込む事を、国中で徹底させなければならないのです”」

後は国、裁判所が、執行申立者が住む市に対して「執行申立者の全部の所有物を、国、裁判所の責任で、執行申立者自宅まで運ばせた、これを公文書、証拠も添えて公文書で、正しく通知する責任も、当然負って居ます」

その後は「執行申立者が住む市町村が、執行申立者の全所有物、廃棄する全物品を、執行申立者責任で、正しく一廃で処理させる責任を果たす、と言う事です」

相続される前に遺産物品を横領、窃盗して、遺品整理屋に提供して「物品所在地や、大きな市に運び、違法に廃棄処理実施、遺品整理委任、請負も、当然犯罪に決まって居ます”裁判所による、不動産明け渡し強制執行手続きも、完全な犯罪で成功させて居ますが、今後どこまで国が犯罪を実行して、成功させて行けるのか”遺品整理、泥棒請負と絡んで居ます」

遺産のうちに窃盗すれば勝つ、遺品整理請負

  • 2019/04/01 12:35

日本の国家四大権力、警察”も”合憲、合法なぞ、全く本当は、知りません、理解不可能なのが実態です。

窃盗、横領、詐欺事件、、、何の事かも、実際には理解も出来ません、xxが00が犯人、窃盗、詐欺、横領だと言うから、00が犯人だと決めた、之がほぼ全ての財産権侵害を謳う、事件立件の根拠なのです。

別に物理的証拠や、正しい他者の財産権蹂躙行為根拠証拠、法律の正しい適用も合わせた、犯罪の根拠が有る訳では無いのです、当社のような、他者の財産権蹂躙事実、証拠、自白、法の正しい適用による、犯罪証明が有る訳では有りません、之が国家権力の本当です、他者の財産権侵害を持った、犯罪との構成、立証等、出来るスキルも何も、持って居ないからね。

この現実が有るので「正しい遺産証明、正しい遺産相続手続きに至っては、ほぼ何も理解すら出来ません、その結果が”相続遺産は、相続が終わる前に、どさくさに紛れてかっぱらわせて提供させて、闇に溶かす、遺品整理委任、請負の常態化の現実も、起こして居るのです”」

しかも「保護受給者に親等の財産管理、私物化が出来る状況が生まれれば”保護を満額受けた上で、親等の財産を、自由に私物化出来て、保護課の公認まで得られて、不正利得も得放題、が出来て通って居るんです”」

保護受給者には他にも「遺産が発生しても、保護課が遺産入手も含めて、公認しており、保護打ち切りも無いし、保護費減額も無い、遺産は丸儲けで通って居る、こんな特権も、現実に与えられています」

しかも「保護受給者は”得する遺産は得放題で、保護費打ち切りも、減額も無い上に、損する遺産は、保護課が指揮して、放り出して通って居る”とても凄い、犯罪塗れすぎる遺産の相続が、国家権力の手で認められています」

損する遺産は国家権力が、テロ犯罪に走り「損する遺産を、不正に税金処理や、近未来に付けを先送りする、や、他の親族、相続権者に、不当に負の遺産を押し付けて、通す事まで、公に実行して居ます”負の遺産は先行処理、残れば正の遺産を相続”が鉄則なのに、ここまでのテロ、犯罪を、国家権力挙げて、国中で強制実行に走って、権力犯罪に走り、強引に犯罪を成功に持ち込んでも居ます」

保護受給者を、保護費打ち切り無しで使える

  • 2019/04/01 10:23

札幌市は「保護受給者は、金を得る、遺産が入るとなっても、保護課に口頭で申告すれば”保護費減額は無いし、保護打ち切りも無し”これで良いと、実例も持って決めて、通して居ます、相続遺産が発生したなら、親族に渡す、渡したと、口頭申告すれば、相続遺産は無い事と偽って、通しても居ます」

保護受給者は、働いたり、相続遺産が発生しても、親等の金を横領しても「保護費削減も、保護打ち切りも、このように実際、されず済みます、堂々と保護を受けた上で、保護打ち切りも、保護費削減も受けず、別の収入を得て、通るんです、実例、証拠が証明して居る事です」

今労働局とも「今後は”公に、保護受給者歓迎、保護打ち切りも、保護費減額も無しで、労賃を得られます”こう、事実通り謳い、保護受給者を、何緒社会保障も無しで使える訳です」

正規雇用でも「保護受給者で、保護費は満額受けられており、社会保障も、全部行政、国が負担の立場ですから、保護受給者なので、使う事業所は、一切社会保障負担も、責任も負わず済みます」

労働によって死傷しても「全責任は、国が負う訳です、何しろ、生活保護受給者の労働者です、保護を満額受けながら、労働に従事して、別の収入を得て通って居ますから、使う事業者は、保護受給の労働者に付いて、社会保障は一切無関係なのです」

法に沿えば、れっきとした「行政が主導の犯罪行為です”保護受給者と組み、保護費詐欺他犯罪を働いています”札幌市は、ですが、之で良いと、札幌市も、警察、法曹も認めているのですから”後は、保護受給者を正しく働かせて、手間賃を支払い、社会保障は一切責任無し、の公な制度化です」

保護受給者の雇用の道も

  • 2019/04/01 10:01

生活保護受給者は「警察、法曹、国、地方行政機関が確信犯で”保護受給者にお金が入る、入っても、お金を得た、得られる事を隠せば、保護費打ち切りも無いし、保護費詐欺ともならない”これを、実例証拠も添えて、認めています」

であれば「今後事業所は”大手を振って生活保護受給者を、日雇いで使えて、何の社会保障も要らない訳です”今までは、保護受給者と、日雇いで使う人が告げても、労賃を支払うにも、保護受給と絡み、面倒だから、聞かなかった事に、裏を取らずして」

帳簿の方を「違う項目の支出と言う事にして、処理して来ましたが”今後は、生活保護受給者歓迎、保護費打ち切りもされません”こう謳い、日雇いで使い、保護受給者さんに、公に労賃を渡して、処理出来ます」

保護を受けて居て、お金が入った、入るが、隠せば良い、相続遺産金は「自分の子、兄妹に、相続分を渡した、事に、口頭ですれば、相続遺産は無く出来ている、相続手続き完遂も、裁判所への相続手続き完了届け出も、保護課への文書での、一連の届け出も要らないのですから」

れっきとした、法律を適用すれば、保護費詐欺ですけれどね、札幌市役所は、こうした詐欺を認めていますから「保護受給者が口頭で、虚偽申告したり、金を得た、遺産が入る事実を、口頭で伝えれば、市が”別に構わない、保護費打ち切りもしないから”と、口頭で答えて、之で通って居るのですから」

生活保護受給者歓迎、札幌市在住で、生活保護を受けている方募集、被払い可、市保護課には口頭で「日雇いで稼ぐが、入った金の分、保護費削減はしない事、こう申告すれば、正しく、社会保障も見なくて済み、保護受給者を公に雇える訳です」

本当にこれで通るのか?労働局共、綿密な打ち合わせが要ります、警察との協議も必要です。

犯罪は事業と出来ない

  • 2019/04/01 08:33

認知が進行して、当事者能力、資格を失った事に付け込み、一部親族と介護系施設、職員、犯罪者側に就いた弁護士、時には裁判所、裁判官、監督すべき立場の行政機関が、認知が進行した人の財産、死後は遺産を強奪に走る、之が常套化されています。

死人が出たとなれば、葬儀関係の業者、介護系事業者職員、不動産屋が先に立って、死人の遺産を、相続される前にかっぱらうべく、泥棒親族、泥棒請負業者、泥棒側の弁護士が共謀して、かっぱらう行為も蔓延して居ます。

これ等の犯罪、他者の財産、遺産強奪犯罪に、保護受給者が相続権を得た時の、遺産になる前に、被相続人の財産窃盗、横領、死んだ後は、遺産窃盗、遺産不正入手を成功させて、保護費も詐取し続けている、之も実例が、公に出されています。

認知が進行して、当事者能力、資格が失われて居る事に付け込み、財産を横領、詐取し放題出来ている、一部親族と介護系事業者、職員、時には弁護士、裁判所、裁判官も共犯、警察も共犯、行政機関も共犯で、之が現実なのです。

そして「死んだとなれば、葬祭関係業者、介護系業者、不動産業者等が指揮を執り”特に家財等、負の遺産を、相続が終わる前に、遺産金と合わせて横領、窃盗を、一部親族と共謀して働き、闇に溶かす悪事も、国中で、国家権力も直接犯罪に加担するまでになっており”」

国中で相続前に、遺産金品泥棒も、働かれ捲って、国家権力が直接犯罪に手を染めてもおり、犯罪が成功して居る訳です。

これ等の国家権力犯罪に、保護受給者が相続権を得たら、これ等財産、遺産泥棒制度を利用して、認知者の財産横領、死後は遺産横領、窃盗を働き、遺産を闇に隠して利を得られており、保護課も共謀して、保護費詐欺も働けて、通っている事実証拠も出て居ます。

ここまで大掛かりに、警察、法曹、行政、報道が共謀した犯罪ですが、からくりは、多数の事実証拠も揃い、表に出されています「強制執行の、良い利用の仕方も、広く告知出来て良かったです」

調査経緯

  • 2019/04/01 06:59

     @阿部溘悦氏からの調査等委任に付いて、中間報告

                                 平成31年3月1日

                           調査等請負社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

調査他委任者

〒004-xxxx xxxxxxxxxx
xxxx殿
TEL090-xxxx-xxxx

1、現在までの調査による、各機関の担当者、今後の動きに付いて、当社受任分を先ず報告します。

(1)委任を請けた”xx様所在不動産からの立ち退き問題”に関しては”xx様と御兄妹は、御両親緒遺産相続手続きも、全く終えられて居ない事も踏まえて、札幌、小樽(xx氏住所地)北広島市(xx氏住所地)環境局は”強制執行手続きを取ったなら、未相続遺産物品を、裁判所、執行官が、立ち退き要求手続きを取った、xxxx氏の所有物と偽って強制搬出、排出者偽装廃棄処理するのがこの手続き”なので、執行時に現場に来て、阿部正明氏が物品所有者との証明を、執行官に果たさせる事として有ります。

(2)その上で、強制執行手続きを強行し、搬出したなら”処分に付いては、xxxx氏所有物とした以上、廃掃法規定に沿い、xxxx氏の住所地に、裁判所責任で運び入れて、小樽市環境の管理を受けて、小樽市でxxxx氏責任で、一廃処理させる”事と決めて有ります、費用は当然、所有者?のxxxx氏が全額負担です。

(3)なお、xxxx様は「未相続物品、二事業に関わる看板、物品は”当社、行政機関、警察も立ち合いますから、強制執行対象では無いので、執行を拒絶すれば良いです”」

(4)二事業に付いては、別途強制立ち退きを求めた訴訟の提起が、先ず必要です、合法に居住、事業実施されて居る事を証明すれば、不当な強制立ち退き、一円も出さず退去実施は、無理です、立ち退きさせるには、高額の費用が必要で、xxxx氏負担ですが、あくまでもxx様の意志と、事実証明が基本となります。

2、こう言う次第で、当初の委任事案は、責任を持って今後の対応等を構築済みです、別件の、両親の財産、遺産窃盗被害事件他に付いては、別の受任事件として、下記を先ず報告します。

(1)両親の財産、遺産は”次男子息xxxx氏が、長女xxxx氏と組み、不正に私物化して居る、次男、xx氏は保護受給者で有り、祖父母の財産、遺産窃盗は、保護受給者二名が、xxxx氏に不正に両親の財産、遺産を渡して私物化させる事で”両親の財産、遺産を共に不正に私物化させて、保護費打ち切りを防いでいる、保護費詐欺でも有ります。

(2)この事件では「厚別警察署刑事二課は、窓口がxx巡査部長、西警察署刑事二課は、xx巡査部長、小樽警察署刑事二課は、xx警部補が担当しており、相互連絡も取って頂いています」

(3)この事件に付いては「xxxx様、xxxxx様も”xxxx氏に両親の財産、遺産を、xxxx氏、xxxx氏が、不正に渡して、共に私物化して居る、xxxx氏、xxxx氏は生活保護受給者なので、この行為は保護費詐欺に該当もしている”事も承知ですから、保護費詐欺に加担して来た、疑いも発生して居ますので、公の機関に、xxxx氏、xxxxx氏からの調査委任を請けて、判明した調査事実として、逐一伝えて居ます」

(4)又、当社の調査にもより、相続されず横領、窃盗されて居る遺産が、次々判明しており、各相続人が相続出来る遺産金額は、負の遺産物品の処理費用を、大きく上回っている事実も証明出来て居ますので「札幌市保護課がどう言おうと”保護受給者二名に付いて、負の遺産処理費用は先行して、両親の相続遺産金から差し引ける”事実も証明されています」

(5)恐らくご母堂の預金履歴を取れば、不正に預金が引き出されて居ると思われますし、御母堂の年金も、不正に抜かれて居ると思われます、警察も、この件も、捜査して行く、xxxx氏等による横領、窃盗行為、保護費詐欺ですから。

(6)又「札幌市保護課、警察が良いと言うなら”保護受給者二名が相続出来る遺産金の、家財処理費を引いた残りの金は、xx様、xx様が受け取れます”この件も、今後当社が、負の遺産処理問題が先行して居ますので、警察、市保護課他と折衝して行きます」

犯罪証拠が

  • 2019/04/01 06:12

@別紙二部文書の通り、当社委任者xxxx様から、xx様弟長男に対しての、両親の相続財産証拠、xxxxx両親契約証券、御母堂預金通帳、印鑑返却要求に、甥から”代表相続人を決めれば返す”との、不正祖父母財産扱い証拠の一端が出ました”xxxxx、xxx、記載報道機関、相続前に遺産金品窃盗、闇に消す遺品整理と同じ、相続財産窃盗他です

                                平成31年4月1日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

xxxxx 遺品整理請負、xxxxxx担当
FAX011-x62-xxxx
xxx 遺品整理請負葬祭部門、xx担当
FAX011-x42-xxxx
(株)xxxサービス本社、遺品整理請負xxx下請け、xx協会が孫請
FAX0x-xxxx-xxxx
※相続前の遺産金品泥棒と承知で、遺品整理は正業と虚偽報道、宣伝”xxxxx、xxxの遺品整理請負は報道、宣伝しないのですか”
帯広市長、市議会、清掃事務課他、遺品整理共犯
FAX0155-37-2313
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、小川まどか記者
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局、遺品整理泥棒請負宣伝
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-233-6008 HTB報道部、宣伝部デスク
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBS報道部デスク

1、別紙二部文書の通り「当社委任者様、xxxx様から、xx様弟子、甥xxxx氏に対して”xx様妹、xxxx氏の証言、xxxx氏が、xx氏と組み、両親の財産、遺産を自由に扱って来て居る、証言に基づき、両親が契約者のxxxxx積立証券、御母堂の預金通帳、印鑑の返却を求めた事に対して、xxxx氏(書面構成は、弁護士事務所用)は”代表相続人を決めれば返す”と、彼には何の権利も無い、祖父母の財産、遺産”に付いて、所持等を認める回答を出して居ます」

2、これ等xxxx氏不正所持、扱い両親の財産、遺産(金銭遺産)証明書、印鑑に付いては「ご両親は死去されており、効力を失って居るので、返却されずとも困りませんが、xxxx氏夫婦が、祖父母の財産、遺産を、xxxx氏、xxxx氏(正明氏父、両名共に保護受給者)と組み、両親の財産、遺産の何を私物化して来て居るのか、祖父母共に、相続も終えられて居ない事も承知で、不正に私物化して居る証拠が欲しかったのです」

3、xxxx氏等は「昨年10月に死去された、祖母xxxx氏の預金も、不正に抜き、私物化して居る可能性が有ります、札幌市保護課、警察署も調べており、阿部氏にも調査を実施させます、更なる財産、遺産窃盗証拠、保護費詐欺証拠が出ると思われます」

4、なお、保護受給者二名の相続遺産金は、家財引き取り処理等費用を、大きく上回っており、相続が優先しますので、保護費と減殺する遺産金の前に、負の遺産処理が先行するので、当社が適法に引き取る費用も、きちんと有ります「遺品整理、泥棒請負とは違いますので」

5、現在この事件では、厚別、西、小樽警察署刑事二課も、相互連絡も取り、悪質な遺産窃盗、保護費詐欺疑い事件他~~として扱って頂いていますし「xxxx氏が、祖父所有土地建物を遺贈された、と言う事で、xxxx氏に対して、立ち退きを求める訴訟提起を行って居る事件では、xxxx氏が管理もしている、祖父母の負の遺産物品を、強制執行手続きで、xxxx氏に所有権が移ったと、裁判所が偽り、強制搬出、違法廃棄処理実施防止の為、札幌、小樽(xxxx氏住所地)北広島市(次女さん住所地)が、強制執行搬出時に立ち合い、違法廃棄禁止に、別紙宮城県庁文書(相続後、一廃で相続権者責任処理)にも沿い、裁判所、執行相手にも動く事となって居ます。

6、遺産は相続前に横領、窃盗して、遺品整理屋に提供、闇に溶かして居る、泥棒委任、請負が合法なら「xx氏の事件も、合法な犯罪の筈です”遺産は相続前に盗めば勝つ、遺品整理、遺産泥棒制度と組み合わせた、新手の遺産窃盗、隠蔽での、保護費詐欺制度構築実例でも有ります”国の機関、法曹、道警、札幌市が認めれば、道内では新犯罪制度化します」

7、xxxx氏、xxxxx氏は「結果として、保護費詐欺を知っており、保護費詐欺に加担した立場、でも有ります、ですから当社は、警察他にも、調査の経過も伝えて行っているのです”xxxxx、xxx、経産省、警察、札幌市、遺品整理屋と同じ媒体にCMを打って居る新聞、テレビ局と、遺品整理請負(泥棒でしょう)に付いても、協議するべきですよ”xxxx氏がxx氏に対して、立ち退きを求めた訴訟にも、遺品整理、強制執行を名乗る、遺産、他者所有物泥棒実態、証拠も出します、当社はきちんと負の遺産相続も果たして、引き取るを原則として居ます”」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4656769
ユニークアクセス:3906881
今日
ページビュー:998
ユニークアクセス:953
昨日
ページビュー:1670
ユニークアクセス:1603

Feed