エントリー

2019年04月11日の記事は以下のとおりです。

親が、泥棒も教えた結果?

  • 2019/04/11 20:20

札幌弁護士会会長も、綱紀員会の弁護士も「人様の所有物、所持金をかっぱらっても、泥棒して居るのだけれど、泥棒なのか、正しい犯罪なのかを判断してくれるんだ」

こう言い張って居ます、親が先ず、泥棒してはいけないと、正しく教えても居なかったんでしょうね?であれば、この連中も、子供に「誰かが泥棒が正しい、犯罪だと決めてくれるから、どんどん人様の財産を盗み捲りなさい、こう教えて来て居るんでしょう、ね?」

泥棒を育てている連鎖が、特に法曹界では、続いて居るんでしょう,泥棒を喜んで実行する人間が、法曹資格を得る、大きな条件、なのでしょう、そうとしか考えられない現実ばかりです。

泥棒が法曹界を支配して、泥棒を養護して、泥棒を国中で、制度犯罪だ、泥棒が犯罪とされるかどうかは、誰かが何処かで決める事で、自分達法曹界の人間は、泥棒し放題出来るんだ。

こう宣言までして、泥棒を重ねて居るんです、泥棒も日常行為、こんな連中が、法を支配して居る、正しくは、刑事、民事訴訟法ですけれどね、行政所管法律は、法曹三者には、独裁私物化特権は、無いから、あらゆる法律を、法曹三者が独裁支配して居る、こう勘違いしているこの連中ですけれどね。

逃げの一手

  • 2019/04/11 15:26

帰宅して、札幌弁護士会長の弁護士事務所に、先ず電話しました、泥棒も、弁護士会挙げて行って居る、他事実を持ち、法律家となっているから、法律で答えを求めました「相続前の遺産金品を盗めば泥棒、弁護士会挙げて、泥棒を行って居る事に付いて、法律で正しいなら答えろ」

これを求めたら「犯罪かどうか、決めるのは警察官です、だとさ、愚かしいのもここまできてりゃ、哀れしかもよおしません」

こいつ、札幌弁護士会の会長ですよ、法律家、法曹資格者ですよ「自分で法律判断も、本当に出来ないレベルと、更に分かったでしょう、まだ役人の方が、一定人数、法律を持って答えるし、法律を調べて、是正したりするだけマシです」

刑事は「検事の指揮で”刑法、刑事訴訟法、行政が所管する法律の、刑事罰則が付与された法律違反に付いて”刑事罰が科せられる要件を満たしており、証拠等が捜査出来るだけ揃っているか”これに沿って捜査する、捜査出来る条件がそろって居ない、刑事罰則は、適用とならない、を判断して、それによって動くんです」

刑事が決める、この頭で、弁護士なのですよ、無様過ぎて呆れるばかりです「言ったでしょう、行政機関相手に”弁護士会、弁護士連中が手を染めている、犯罪行為も合わせて、合否決着に等、向かえ無いと」

法律家が呆れます、検事、裁判官も、大差が無いからね、己が手を汚して居る行為、犯罪であれば余計、法を所管している公的機関、職員と、直接対峙は出来ないのです「法律等、正しく駆使出来ませんので、そんなスキルは、無いですから」

犯罪をしのぎとして居る、弁護士集団

  • 2019/04/11 15:16

公に、弁護士犯罪が、各行政機関、法曹権力、警察ぐるみで、白黒を公式に付ける段階まで、ようやく来た訳です。

今日は労働局、労基、札幌市役所各部署を回り、書類に押印も貰って有ります「受け取って、配布して、確認した事の証明です、逃げ道は塞ぐべきなので」

北海道警察本部、琴似の本部にも、当然出向いて来ました、生活経済課の警部補にも、押印付きの書類を渡して、説明しました。

昨日、本日の、弁護士会の実行犯、遺品整理屋、当社、各担当役人、警察官が集い、犯罪事実を確認、証明する集まりで、当社、犯罪弁護士連中、遺品整理屋の、誰を逮捕するのか、当然ですが、当社も、犯罪弁護士、弁護士会も、遺品整理屋も、業務実施証拠も、役人、刑事にも、出す訳です、それを持ち、現行犯で逮捕するか、数名刑事を出してくれるように、要請もしました。

はっきりして居る事は「遺品整理屋も、相続前の遺産金品泥棒に走っている弁護士会、弁護士も、幾つもの犯罪に手を染めている、と言う事です」

そもそも「相続されて居ない遺産金品を、盗んでいる時点で、泥棒ですからね、当たり前です、相続される前に、遺産金品を盗んでいる弁護士連中、遺品整理屋は、犯罪者ですから」

泥棒が偉そうに、法律の前に、子供でも知って居る、正しい常識、人さまの金品を盗んではならない、之すら理解も出来て居ないんだから、遺品整理屋は、分かって行っているけれどね。

犯罪請負ですから

  • 2019/04/11 08:18

当たり前ですが「未相続の遺産は”正しく相続権者全員の、書面を持った合意が無い限り、手を付けては駄目ですよ”」

未相続の遺産金品を、一部の親族が盗み、遺品整理請負屋や、委任した弁護士に提供して、闇に溶かす事が、法曹、警察、行政ぐるみで、おおっぴらに行われています。

単純明快に「泥棒ですよ”この犯罪も、法曹の狂った虚言、詭弁で有る”相続前の遺産金品等は、誰も所有して居ないから、財産権侵害、犯罪とはならないんだ」

この狂った虚言、詭弁で「警察、法曹、行政、報道挙げて”相続前の遺産金品は、我先に泥棒してしまえば、泥棒が所有権を得たと、国家権力が偽り、通せるのだ”」

之に走り続けているんです、狂い方が尋常では無いですよね、民事調停、民事訴訟でも「弁護士、裁判官、調停委員挙げて、之を通し捲って居ます、泥棒だと承知で、法曹権力を悪用して、遺産金品を、相続する前に、盗んで泥棒が所有権を得たんだ、こう、嘘を強引に通す事を重ねて居ます」

犯罪がしのぎ、法曹の現実の一つです、とても良い実例証拠が、今出て、犯罪を法曹挙げて公認、実行犯、共犯で、も証明出来て行っています。

相続問題で、遺品整理も俎上に

  • 2019/04/11 08:06

未相続の家屋の、違法解体と、未相続の遺産物品を、未相続の遺産金毎「法を犯して解体を、闇で行おうと目論んで、しくじり捲って居ます、遺産預金泥棒も”結局完遂にしくじりました”弁護士だ、遺産預金を偽造書類で出せ、とか、成功しない訳です、事前に相続権者が、正しく阻止の手を講じれば”」

そして「遺産の段階の物品を、遺産の段階の金を違法に抜いて、遺品整理屋等に渡して”犯員が委任した弁護士が元請けと言う事例も”で、実行されて、通っても居る訳です、法曹、警察挙げて、こう言った犯罪も、直接加担して、強引に犯罪を成功させて居る訳です」

そうこうしている内に「札幌弁護士会所属弁護士と、札幌弁護士会自体が”相続されて居ない遺産金品泥棒にも手を汚して居る、この国家資格者、所属組織挙げて、遺品物品闇処理、整理、遺品整理物品を、泥棒業者に提供する、相続遺産緒段階の金と共に、闇に溶かす事に、この連中も明け暮れて居る事にも気付けず」

当社が行って居る「正しく相続物品だと、証明出来る証拠を揃えて置いて、正しく相続を果たせた後に”相続を受けた人との間で、正しく委任者の所有となった、元遺産金品を、不要物引き取りする”前段階の調査委任、請負を」

恒常的に金を得て、法律行為をしている、弁護士法第72条違反だ、委任者も共犯だ、こう、文書にも書いて、しつこく寄越して居るんです。

事業は全て、法律行為ですよ、当たり前ですが、この国家資格者連中には”法曹三者以外も、当たり前ですが、法律行為事業、公務を遂行して居る”之すら、本当に理解も出来ないんです、愚か過ぎますよね。

相続前に遺産金品を、泥棒と共犯で手に入れて

  • 2019/04/11 07:55

相続前の遺産金品を、泥棒した親族等と共謀して、提供させて、闇に消す、遺品整理請負とは、こう言う犯罪請負です。

本日も、北海道新聞おくやみ欄に「ネクステップの遺品整理請負が、大きく掲載されています”まあ、窃盗罪だし、弁護士法第72条違反共、言えなくも無いですね”それ以前の犯罪ですけれど」

遺産金品は「正しく相続を果たした後に、相続を受けた人から、要らない物品だの、古物で売りたい物品だの、所有権を得た人から”法を守り、引き取らなければ駄目なのです”相続前の遺産金品に手を付けて、滅失させれば、泥棒行為ですから」

札幌弁護士会は、良い仕事?をしています「そうですよ、相続されて居ない遺産金品に手を付ければ、犯罪に決まっているからね、弁護士法第72条違反どうこう以前の、単純に泥棒です」

ですが「札幌弁護士会、所属弁護士が、遺品整理屋、家財等違法処理請負屋と共謀して”元請けでこう言った、犯罪請負に精を出して居ます”裁判証拠でも、相続されて居ない建物の、違法解体請負証拠も、相続されて居ない遺産物品を、相続されて居ない遺産金と合わせて盗み、物品を闇に溶かす請負の証拠も、当たり前だと、法律も知らないから、出して、裁判官も、もっと素人だから、証拠で通して居るのが現実です」

遺品整理を請け負います、まあ「弁護士法第72条違反、と、言えなくも無いでしょうね?その前に、泥棒だけどね、公に手を汚して、広告して、報道して、通せる犯罪では、全く無いから」

公開法律判断要求の追加

  • 2019/04/11 06:57

@昨日付け、当社が正当な事業を遂行して~表題、相手先日本弁護士会連合会、札幌弁護士会、山下法務大臣他宛て文書記載の追加として”本日付け北海道新聞26面、おくやみ欄広告、ネクステップ遺品他整理広告、ネクステップで相続前の遺産物品等を、有料で処分等します問題”も加えます

                                平成31年4月11日

                               本件申立社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

ネクステップ 水口千秋社長
TEL011-221-1233
FAX011-210-4020
(株)ルーツ・オブ・ジャパン 湊源道社長
TEL011-803-6445
FAX011-803-6446
日本弁護士会連合会 業務第一課、弁護士法第72条他、小泉御担当
FAX03-3580-2866
札幌弁護士会、樋川常一会長、向井諭綱紀員会委員長
FAX011-281-4823

山下貴司法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
秋元克広札幌市長、市議会、環境局、環境事業部、保護、介護保険、障害福祉他、遺品整理、家財違法処理委任、実施部署
FAX011-218-5165

1、上記記載、昨日付け文書に、本日「遺品整理、生前整理を、北海道新聞広告で広告で謳って居る証拠を、本日付け北海道新聞26面、おくやみ欄、株式会社ネクステップの広告に付いて、弁護士法第72条、相続前の遺産金品窃盗、廃棄物及び清掃に関する法律に関して、この請負に、上記法律が適用されるか否かの可否、この労役?に従事している労働者に、労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法の適用の可否の、公式判断要求も加えます」

2、既に証拠も揃えて有る通り、一部親族等が横領、窃盗した、相続前の遺産金品を、遺品整理業者、遺品整理元請け、一部相続権者委任弁護士等が提供を受けて、遺産金品を闇に溶かす委任、請負が「帯広市役所、十勝銭期の町村、夕張市、北海道新聞、HTB他が広告を打ち、報道各局が”遺産金品は、相続前に抜き、遺品整理業者等に渡して、闇に消す委任、請負を、正業だと報道合戦に明け暮れて居ます”」

3、この事実証拠も、昨日付け記載等法で可否決定、犯罪行為者を刑事訴追する事の要求文書に、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパンにも、昨日求めた会合に列席頂き、当社、札幌弁護士会、所属弁護士で、遺品整理等実行者と共に、弁護士法第72条、窃盗、横領罪、廃棄物及び清掃に関する法律等適用の可否決定を、必ず果たすよう求めます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591714
ユニークアクセス:3847602
今日
ページビュー:44
ユニークアクセス:44
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed