エントリー

2019年04月27日の記事は以下のとおりです。

違法改造、車検証偽造で隠す手

  • 2019/04/27 14:39

@マテック 産廃収集運搬車両

;ヒアブトラッククレーン搭載

;荷台高さ一杯まで、鋼鉄製あおり装着で嵩上げ

@積載重量ー9,7トン積みと記載されて居る

完全な「違法改造、二次架装されたダンプだけれど”鋼鉄製荷台の重量と、ヒアブトラッククレーン搭載重量が、車検証を偽造する手で、車両重量に計上されて居ません”車検証上は、二次架装はされて居ないと、嘘の公文書を作成して、使わせて居ます、国土交通省が」

正に、違法改造産廃輸送車、之を狙って?石を投げれば、幾らでも当たってしまうんです、産廃輸送ダンプは、大半がこの手の偽造ですから。

二次架装してから、二次架装は無いと、見て分かる二次架装なのに、二次架装話されて居ないと、車検を取得して居る「国土交通省、労働局、労基、そして”運輸支局、多くの労基”等利害関係機関の職員が、この違法改造、車検証偽造犯罪を、直接共犯ですから、実行犯の国家権力が指揮して、犯罪の限りを尽くして良い!;こうまでほざいて、実行させて居ます”捕まらなければ探し出す、気も当然、微塵も無いのも確かです。

ちなみにですが「このダンプ、総重量22tか20tですから、積載重量は10トン位で、鋼鉄製あおりの重さが3トン前後、ヒアブクレーン重量が1,5トン前後ですから、この重さの分、車両重量に加えて、積載重量が減らなければなりません」

ですが「積載重量9,7トンと表示されて居ます、二次架装の重量が消されて居ますよね”この現実なのに、消防車が過積載運行”と報道が叩く、いい加減過ぎます」

弁護士を使った結果

  • 2019/04/27 14:28

xxxxさんの甥は、弁護士を使って、xxxさんを家から追い出そうとしていますけれど「弁護士も得意げに”一円も出さない、早く出て行け”こうxxxさんと、直接関係も無い私に、電話でほざいて居ました」

で、今の状況は、甥は「祖父母の遺産を、法を犯して手に入れた、筈が”山のような、犯罪で得た利得返済責任に、父親と共謀して、全部他人の所有する土地に、産廃を不法投棄、違法埋設して居た事実も、証拠、証人も揃っており”今後この違法行為も、責任が降り掛かるのです、当たり前ですけれどね、犯罪行為者責任が降り掛かるのは」

この産廃の処理、巨額の費用が掛かります、必ず責任を、正しく行為者責任を負って頂きましょう、刑事罰の適用も、時効との兼ね合いですが、科せられるなら、科されるように、被害者さん達も動いて頂いて。

xxxxさんを、一円も出さずに追い出せる、弁護士を頼んだから成功する、訳でも無かったのですよ。

相続権も無い、祖父母の遺産泥棒も、上手く成功して、逃げて終わると、勝手に高を括り、思っていたようですけれど、泥棒が何時も成功するとは限らないのです。

行為者責任は、行為者が正しく負わされるべきです、当然ですよね、弁護士を使ったって、法を犯して、他者に被害を加えて居るのです「法を犯して居ながら、被害者顔をしても、世間は現実から見て居ます、法を犯して逃げる事を成功させないように、次々手を打って行きます」

被害者の定義

  • 2019/04/27 07:58

被害者の定義、自分が所有して居る、占有権を持ち、独占的に使用して居る土地建物、区画の場合「自己の管理下に有る不動産に付いて、違法に”入ってはならないように、物理的になって居て、誰が見ても違法進入の場合”占有者、所有者が被害者、侵入者は不法侵入となります」

自己の管理下に有る事を、公に、物理的に証明して有る建物に、法を犯して侵入した者が居る場合「占有者、所有者が被害者、侵入者が加害者となります」

自己の管理下に有る事を、公に証明して有る土地に「法を犯して土地を荒らされた場合、土地所有者、物理的に占有を証明して居る者が、被害者となり、違法に他者所有、管理地を荒らした者が、加害者となります」

自己が所有して居る、公に権利を有して、独占占有使用している土地に「違法に廃棄物を投棄したり、埋めたりした場合は”廃棄物及び清掃に関する法律規定違反行為の責任は、行為者の所有者、土地占有使用者が、違法行為者責任を負います”」

他者が所有して居る土地、公に管理、占有使用されている土地に、権利の無い者が「廃棄物を不法に投棄した、埋めた場合”被害者は土地所有者、管理して占有使用して居る者ですが”この場合は”違法な物品埋められている場合であれば、被害者となった人が、違法な物品が埋まっている事実を、権利者が証明して”」

警察、行政に対して「行為者が分かって居るのであれば、刑事、民事責任を取らせるように、被害の訴えを行う必要が有ります」

違法なものが埋められた被害を、公に知り、証明した上で、これをしない場合は「土地の権利者が、違法な物品を埋められた事に対して”処理責任を負うのです”」

と言った定義です、多分大半の人は、意味も分からないのでしょうね、多分、、、。

法曹、警察、報道の実際は

  • 2019/04/27 07:42

事業所が潰れたと分かれば「債権者?と思しき連中は、潰れた事業所に、我先に乗り込み、金になるであろう物品を、先を争って盗んで持ち去ります”別に、泥棒行為に合法根拠も、無いですからね、単なる泥棒です”」

死人が出たとなれば、特に一人住まいの人が死んだとなれば「未相続の内に、遺産金品を盗み放題して、泥棒ですが”法曹、警察、行政、報道ぐるみの、未相続の内に遺産金品を盗んでしまえば、泥棒が所有権を得た事と、嘘ですが、国家権力が強引に、泥棒が正しいと、国中で押しとす事を重ねて居ます”」

この二通りの「普通に泥棒が、何故大っぴらに出来て、通って居るかと言うと”法曹、警察、報道の連中の頭では、泥棒だと言う当たり前が、本当に、全く理解の端緒にも付けないから”ですよ」

この連中の頭の程度では「事業所が潰れたなら、事業所の財産、金に換算出来る財産は”債権者全部の権利に属して居る財産なのですが、全くここから理解不可能なのです”」

事業所が潰れた、金品が失われたなら”被害者は潰れた事業所だが、潰れた事業所は、もう事業所たり得ないので、被害者にならない、筈だ”拠って、潰れた事業所の財産は、幾ら盗まれても、被害者の事業所は潰れて無いから、被害者は居ないんだ。

こんな、狂った詭弁を、法曹、警察、報道挙げて「正しい法律論だと、勝手に狂信して、通して居るだけが事実です」

死人となれば、死んだ人の所有遺産は「誰でも自由に盗み捲って良い、財産所有者は死んだから”被害者の死人は、死んだからもう、被害当事者にならないから”幾ら死人緒財産を盗んでも、被害者が居ないので、窃盗罪は適用されない」

こんな狂った虚言を、未相続遺産泥棒は正しい、根拠とさせて有るのです「被害者は相続権者、死人が負った債務を持つ債権者ですよ」

消防車が過積載、違反だ報道も、ぴったり止んだ

  • 2019/04/27 06:48

北海道新聞が「恵庭、千歳市他の消防車が”過積載運行を行った、重大な違法行為だ”報道を続けたので、当社が、産廃輸送車両犯罪、国交省、運輸支局、指定整備工場、検査員が、都道府県庁、警察と共謀して、産廃輸送車両の大半で、二次架装して有る重量2~5トンの重量を、車検証を偽造する手で、車体重量に加算せず、過積載運行を、公共事業他で、国中で行わせて居る事実を指摘したら」

北海道新聞は「消防車が過積載運行を重ねて居る、報道を、ぴったり止めました”消防車が悪かったとすれば、二次架装の重量を、車検証を偽造して貰い、車の重量に加算する事をしないで、二次架装分、余計に積載出来る車両として居なかった、産廃輸送車両と同じく”過積載運行用に、車検証を偽造して居なかった」

ここでしょうね、消防が間違った事は「二次架装の重量は”車検証を偽造して、車の重量に加算しない”過積載運行を、この犯罪によって、産廃輸送車両は、国中で公に行えて居る」

こんな便利な制度を「日本中の消防に、何故国土交通省、警察、都道府県庁、報道、警察は”日本国民に、消防他に、公に告知せず居るのでしょうか?”おかしな話ですよね、実行犯がこの組織だから、でしょう、か?」

産廃輸送車両の大半が「国家権力が直接手を汚して、二次架装の重量を無いように、車検証を公に偽造して通して上げて有り”違法改造、車検証偽造、過積載運行常時実施”これを行い、国家権力が頭を張り、手を汚す主犯、実行犯だから、この犯罪をし放題で通って居ます」

ここまで大掛かりで、悪質で危険な犯罪を知った上で「消防車が過積載運行して居る、違法で危険だ、報道、恣意的プロパガンダに走って、当社からの、産廃輸送車の現実との整合性を問われて、報道を止めて居ます」

遺産は、未相続の内に盗み放題、法曹、警察犯罪です

  • 2019/04/27 06:33

相続遺産は、未相続の内に誰でも好きに、盗み捲れば、盗んだ他者の相続遺産を、公式に我がものと出来て、国中で通って居ます。

法曹、警察、報道挙げて、未相続の内に、遺産は盗み捲れば泥棒が所有権を得た、憲法第29条、民法各規定、刑法等全て「法曹、警察が、テロ国家組織だから、この犯罪も、公に制度化して有り、通すから、常に成功して居ます」

法曹、警察、報道が共謀した犯罪の、大きな物です、事前にこの国家権力犯罪のからくり、手口、実態も知って置いて「事前予防対策を講じれば、一定被害を防止出来ます、xxxxさんのご母堂の、亡くなった月の年金給付金詐取犯罪も”年金機構職員が、xxxxさんの甥と共犯で、この年金給付金詐欺を働いた上に、相続権者に渡した、こう始め嘘を吐いたけれど、相続人4人の内、共犯関係と思われる2名が、生活保護受給の身だと”伝えて上げたら」

当然、市役所に「保護受給者が、遺産年金も手にしていた事を、年金事務所が認めた、保護費詐欺だと、市役所に訴える」

之も当然伝えたら「実は、相続権の無い、xxxxさんの甥に、甥から見て祖母の方の、死去月の年金給付金を、新さっぽろ年金事務所の、給付担当の職員が、相続権の無い甥に渡して居ました」

こう認めて「xxxxさんに御母堂の、死去月の年金給付金を支払い、甥には返還請求を掛ける、警察への被害届は、本部で対応する」

こう言う結果になったのです「甥には弁護士が就いて居ます”弁護士を就ければ、相続権なぞ無関係で、未相続遺産を盗み、詐取し放題出来て通る、法曹、警察、報道犯罪、遺産泥棒制度は”犯罪ですから、犯罪被害者が、犯罪被害を証明して、被害回復を果たすべく、正しく動くと、遺産泥棒法曹、警察、報道ぐるみ犯罪制度も、崩壊する場合が、こうして有るのです”」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653378
ユニークアクセス:3903713
今日
ページビュー:168
ユニークアクセス:166
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed