エントリー

2019年04月28日の記事は以下のとおりです。

出鱈目な責任の擦り付けばかり

  • 2019/04/28 19:40

防火施工違反の建物で、アパート事業を許可した、グループホームの多くが之です。

結果、建物火災が発生となれば、とても良く燃え広がり、死傷者が多数出てしまって居ます。

こうなった途端「防火施工違反を無い事とさせて”管理者責任だの、責任を転嫁させて、不当に責任者を作り上げて、魔女狩りに走って来て居ます”」

これを重ねて来たら「レオパレス21、ダイワハウス他に、国交省、都道府県庁、建築主事、消防が認めて来た”防火施工は不要だから、違法施工を行い、利益を上げて良い”この殺人協同住宅、国中で生み出し捲り事実です」

防火施工は不要だ、消防法規定の遵守も不要だ、理由は「コストが上がるから、利益が減るので、防火施工も、消防法規定による施工、装備の不用だ、之が理由です」

この不整合が明らかとなって「報道カルトは、鳴りを潜めて居ます”防火施工は不要、スプリンクラーを設置しなかったのが悪い、防火施工は無くても、スプリンクラーを設置すれば、建物火災は全て消せるのだ、このオカルト報道責任も、無い事とさせるべく、口を噤んで逃げて居ます”」

今までの「防火施工違反、消防法違反施工のグループホーム火災での、死傷者発生、事業者に刑事罰適用とさせて来て居る事実の責任を、警察、法曹、報道は、取らないで逃げて終わらせる気でしょうね」

闇の商売の横行の理由は

  • 2019/04/28 19:26

闇の商売が横行して、表だって闇の商売が出来るまで、日本はまともさを失って居ます。

こうなった理由は、犯罪だろうと、金を稼げれば良い、こう人間の性質が成り下がったから、です。

法曹権力は、元々こう言う性質、人間性です、警察官も、まともさを正しく備えた人間が、ほぼ消え去って居ます「正しい世間常識が、ほぼ失われて居るので、善悪判断を、正しく出来ないから、余計どうしようも無くなって居ます」

道路を使う工事で、正しく道路警備をさせるとしても、先日の東警察署の、小野警部補が良い、悪い実例ですが、トラッククレーンの吊り荷の下を、歩行者に通らせる、ユニック搭載トラックの横を、歩行者にトラックの際を通らせる、危険な作業を、危険とも認識出来ず、警察官が独善で認めたから良いと、事故が起きたら責任から逃げるのは、はっきりして居ながら言い放って、通そうとしたり、ああ言う事も、当たり前になり果てて居るのです。

挙句が、あんな危険な作業を、警察に公認させるまで、程度が凋落し切った労働局、労基の職員による「違法労働を指弾されての、逆恨みを晴らそうとしての、直接暴力行使未遂事件、菅専門官からの、私相手の暴力行為未遂事件勃発です」

まともさがもう、ほぼ失われ切って居ます、この国から、犯罪だろうと、金を稼げれば法律の遵守は不要だ、と公言して、犯罪をしのぎと出来て、公に犯罪で稼いで、公に通るまで、日本は犯罪国家に成り果ててしまったのです。

原野商法に乗った人達

  • 2019/04/28 08:48

原野商法に乗った人達は、未だに「何れ高く、勝った土地が売れる筈だと、有り得ない願望に囚われて居る人が大半です、無理ですから、今では日本中、住まいは都市の中心に回帰して居ます」

中沼の原野もそうですが「工事会社が、掘削残土等で埋め立てて、数年置いて、沈下が一定になれば(70センチ前後は沈下します、以後も沈下して行くし)建物を建てたりして、使う以外に使い道は有りません」

なお、価格が安いからと、火山灰で埋めても、土圧がほぼ掛からないので、ほぼ沈下しません、かと言って、土圧が掛かる砕石を埋めれば、あっと言う間に、100万円を大きく超える費用が掛かります。

土木建設工事で掘削して、投棄する、産廃交じりの土砂は、重いですからね、軟弱な土地の埋め立てに最適なのです、土圧が大きく掛かるから、沈下してくれますので。

ちなみにですが、アスファルト、コンクリートの大きな瓦礫が混じった土砂で埋め立てれば、浅い所に有る、大きなコンクリート、アスファルトは、地盤が沈下して、上に浮いて来ます。

調整区域の原野で、造成されている場所の大半は「土木建設工事現場で出た、掘削残土、産廃入り残土です、かつてはこれで埋め立てて、違法にはなりませんでしたので、行政の宅地造成工事も、同じ構図でしたし」

こう言った、無価値の上に、産廃が投棄されて居る、埋まって居る調整区域の土地の問題も、今後どんどん浮上して来るでしょうね「誰が、高額の産廃交じり土砂の、撤去処理費負担するのか、大きな国家問題なのです」

当社は「中沼の産廃埋設、当時された土地4区画に付いて”きちんと行為者責任で、掘って捨てる、再度まともな土砂で埋め立てる事を果たせるように”動いて居るのですけれど、まあ、通じないのかもしれません”売れもしない、売ると詐欺等に問われる、産廃が存在する土地から、行為者責任で、産廃入り土砂を撤去させて、合法な土砂で埋め立てさせる、多分通じませんよね?」

過去の所業が、今の法律規定と

  • 2019/04/28 08:09

最近までは、行政が行う宅地造成の多くにしても、塵捨て場所の確保に苦労してきた自治体が、宅地ブームが来て「塵で埋めた土地の上に、さらっと土砂を盛れば、一坪1,000円や2,000円の原野が、札幌の場合であれば、一坪20万円を大きく超える値段で、飛ぶように売れまくったのです」

で、北海道庁も、札幌他市も、どんどん塵で埋め立てた後、大規模な宅地として、売り捲る事を重ねて来たのです「宅地造成販売の組合を作り、役人が天下って、高額の報酬を、寝ていても得られて、塵捨て場が数十万円の値で売れて、役人も役所も、不動産屋も儲けて来ました」

札幌と、近郊の市に有る、大規模な造成宅地の多くには、大量の廃棄物が埋められて居ます、塵を埋めた後に、さらっと土砂を敷いて「年間で10センチ以下沈下するレベルに落ち着けば、造成して売り出して、飛ぶように売れ捲って来たのです」

札幌市の宅地造成販売事業である、うえるぴあひかり野の宅地造成事業の時は、既に「廃棄物で埋め立てた後、上に土砂を盛り、年間で10センチ以下の沈下に落ち着けば、宅地で販売する事は、違法となり、出来なくなっていました」

ですが、あの場所も、産廃交じりの土砂で埋め立てて、いろんな業者が、作業場等で使って居た土地なので、掘削すれば、一杯廃棄物も、出てくる土地ですよ。

昔からの宅地、札幌中心部の宅地にしても、平成に入って暫くまでは、解体で出たコンクリート、アスファルト他を、そのまま埋めて、家を建てて居ましたので、建物を壊せば、大きなビルでも住宅でも、一杯瓦礫等が出て来ますよ。

中沼の事件、原野商法で、騙されて購入して、地権者は管理も出来ず、せず、誰かが廃棄物等で埋め立てて、使って居る土地と言う、普通に起きている事件と、上記の実例と、変わって居ない訳ですよ。

まあ、土地の場所が特定されており、公権力も知っている訳ですから、地権者が自分で処理等責任を、今後は負うなら、それでも良い事です。

今後は、地権者の意向他で

  • 2019/04/28 07:58

大きな公共性が、過去原野商法で売られたまま、土地の所有者が全く管理せず放置されており、それを知って居る方々が、瓦礫、産廃と土砂を一緒くたに埋め立てて、使って居る、多くの土地に付いて、有る訳です。

森友問題でも明らかとなったように、こう言った、廃棄物が埋まっている土地は、売却する、何か建物を建てるとなった時「埋まって居る廃棄物の、合法処理が求められます、行為者責任と言うけれど、中沼の事件のように、上手く実行犯が判明して居て、廃棄物不法投棄、違法埋設等の証拠、証人も揃っている事例は、ほぼ存在して居ないから」

廃棄物掘削、合法処理、埋め戻しの責任は、土地所有者が全て負う訳です。

中沼の産廃不法投棄、違法埋設された土地は、公に知られたなら、売れば売主が、瑕疵担保責任を、間違い無く問われます、ほぼ詐欺行為と言う状況です。

法律規定とも結構違い、行為者責任の適用方法が、実務の扱いとして、大きく異なって居るんですよね「土地の所有者が”土地を正しく管理せず居る事で、廃棄物が不法投棄されて居る、埋められて居る結果を招いた”この場合、廃棄物が投棄されて居る、埋められて居る事が証明されて居ても”土地の所有者が、自分の土地に有る廃棄物を、そのままにして置く”と言い張れば」

廃掃法規定では違うけれど「実務として、投棄、埋設された廃棄物は、未来にそのまま送られて居ます”何れは相続権者が、高額の廃棄物処理責任を、負う場合も出るのですけれどね”」

国家権力にしても、色々拙い事情が有り、近未来に先送りして居ます、中沼の事件は「何処の土地か他が、公に表に出されており、稀有な事件ですよね」

他者の所有地に

  • 2019/04/28 06:33

@札幌東区中沼町92-156調整区域の土地と、隣接する、92-166,175,176の土地への、がれきなどの埋設、投棄に付いて、撤去責任を行為者に果たさせるよう、札幌市、警察にも留めます

                                平成31年4月28日

秋元克広札幌市長殿、市議会各会派、生活保護課、市、区部署
TEL011-211-2927 環境局事業廃棄物課、八田課長他
FAX011-218-5105
TEL011-211-2912 環境事業部清水他課長
FAX011-218-5108

札幌方面東警察署署長殿、生活安全課廃棄物不法投棄係
TEL011-704-0110

                   本件申立者、元92-165土地所有者

                  〒
                  氏名            印
                  TEL

               本件他、調査等申立者から委任を受けた者

                  〒
                  
                   TEL
                   FAX
                   携帯

        他者の所有地に、がれき等不法投棄、埋設他行為者身元

                  〒
           申立て者弟 氏名
                    TEL

                  〒
           申立て者甥 氏名
                    TEL 

1、札幌東区中沼町92-165,166,175,176調整区域の土地は、私の弟と、弟の子が、30年位前から昨年まで、がれきが入った、土木建設工事現場で掘削した土砂等で埋め立てて、使って来ている土地です、軟弱地盤なので先ず、電柱を井桁に並べて、その上に、がれき等が入った土木建設工事廃材を、大型ダンプで100台規模投入して、整地した、と言って居ました。

2、弟は、元土建業を営んで、土木工事請け負っており、甥は解体業者に勤めている事で、この土地に、がれき等が入った掘削土砂を、工事現場から運んで、埋め立てた物です。

3、私は昭和40年代に、中沼町92-165の土地を購入して居ましたが、私は横浜で治療院を経営しており、不要な土地でしたので、弟と甥が、使わせてくれ、と言うので使わせて居ました。

4、弟と甥は、92-166,175,176の土地は、所有者が本州の人間だから、好きに埋め立てて使っても良い、どうせ所有者は出て来ないし、もし出て来たら、使うのを止めれば良いだけだ、と私に常々言って居ました。

5、弟は、経営して居た土建業事業を潰して、脳梗塞も発症して働けなくなり、自宅のローンの支払いが出来なくなり、母に、金利を免除として貰って、残りの残債を肩代わり処理して貰って、自宅を手放して、中沼町92-165の、私の所有地にプレハブを設置して、電気、水道を引いて暮らして居ました、弟が働けなくなった後は、甥がこれ等の土地を、我が物として使って来て居ました。

6、この土地を欲しいと弟が言うので、一旦弟名義に切り替えましたが、弟が生活保護を受けたい、土地を所有して居ると拙いので、私に返すと言うので、又私の名義に切り替えました。

7、その後、平成28年頃、私の下の妹の夫が務める会社から、この土地を借りたい、出来れば購入したい、との話が出て来た所、甥は「自分が自由にこれ等の土地を使っているし、プレハブも数棟置いて、人に貸しても居る、勝手に貸すな、売るなと、夫婦で当家に怒鳴り込んで来たりされました」

8、その後甥は「叔父さんの土地だから、売りたければ売れば良い」と言い出したので「私の土地に置いたプレハブを撤去してくれ」と、購入者さんと甥に申し入れた所、甥は「横の92-176の土地にプレハブを移動させて、又貸しを続けて居ました”金が掛かったプレハブだ、無料で他者に渡したり、使わせたり出来るか”」と言って、プレハブと土地を、他者に有料で貸して居ました。

9、この土地売却の時、初めて私は、現地に購入者さんに連れられて行きました、その時に、他人の土地を甥が勝手に使っており、又貸しして居る事や、産廃等を埋めたり、放置して居る現場を見ました。

10、この頃、不動産業者を名乗る人から電話が来て「92-176の土地の売却話が出ている、貴方の所有地と合わせて売りたいが、92-176や、他の土地に、勝手にプレハブが置かれて、又貸しされて困って居る、誰がプレハブを置いて、又貸しして居るか、知らないかと聞かれましたが、不審な話だと思い、電話の相手の名前と、電話番号を聞いて控えて、設置した人間の事は教えませんでした」

11、今回、私が住み、事業を営む土地建物から、私を甥が負い出しに掛かり、必要な調査等を引き受けて下さる業者さんと知り合い、様々な事が分かりました「弟と甥が、私の土地だけでは無く、周りの土地も勝手に使って、瓦礫入り土砂等で埋め立てて、勝手に使うだけでは無く、又貸ししても居る事が問題なのは、当然知って居ましたが、指摘すれば揉めるので、黙って見過ごして来たのです」

12、御承知の通り、現在は、私の土地は売却して有りますが、中沼町92-165,166,175,176の土地には、弟と甥が言った話だと「電柱を並べた上に、掘削工事で出た、瓦礫入りの土砂を、大型ダンプで100台規模埋めて有ります、地権者さんに、重大な被害を与えておりますので、札幌市担当部署、市議会、警察が、弟と甥が、昨年まで行った、これ等の違法行為、特に他人の所有地に、違法と承知で電柱や瓦礫入り土砂を埋め立てて、投棄して、逃げている行為を調べて、行為者責任で、がれき等入り土砂、電柱等を撤去処理させて、まともな土砂で埋め立てさせる事を、弟(生活保護事業)と甥に果たさせるよう求めます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653293
ユニークアクセス:3903629
今日
ページビュー:83
ユニークアクセス:82
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed