エントリー

2019年04月29日の記事は以下のとおりです。

犯罪事実の申告も

  • 2019/04/29 16:50

環境犯罪が、誰によって、どう行われたか、ある意味当事者の一人が、環境犯罪の詳細を文書に記載して、警察、役所に「調査、捜査を願い出ました、直接当時者として、です」

当事者の一人が、環境犯罪が、何処で、誰によって、何時から何時まで、どうやって行われたかを、文書に記載して、警察、役所に捜査、調査を求める為出した訳です。

こうなった先は「土地に産廃を投棄、埋設された地権者が”産廃を投棄されて、埋設されて、行為者に処理をさせる気が有るのか、産廃の処理を、自分の責任で行うから構わない”と、公式に決めて、警察、行政に宣告するのか、之次第で、今後が変わってしまいます」

地球の汚染と言う、本質を理解出来れば「地権者の独善決定で、産廃等投棄、埋設行為者責任を問わない、いずれ自分が処理責任を負うから良い、とはならないのですけれどね」

ですが実際には「何れ地権者が、違法に投棄、埋設された産廃の処理責任を負う、こう公に意思表示すれば、自分が権利を持つ土地に、廃棄物を不法投棄した、埋めた行為者の責任は、消せるんですよね」

中沼地区の、4カ所の、産廃違法埋設、投棄が行われた土地も、行為者責任を、どの地権者が公に問うのか、地権者が何れ、自分で産廃処理責任を負うから、行為者責任を問わない、で通すのか、ですよね。

地権者が自分で、何れ産廃を処分する、行為者責任は問わない、こう公式に決めたなら「売る時にも”埋設産廃を、綺麗に撤去してからしか、売る事は出来ません”地権者は公に、産廃が埋められて居る事等を承知して居ます、自分が産廃処理責任を負う、こう公に意思表示して居ます、産廃を埋めたまま売れば、詐欺行為です」

行為者責任を問わず、地権者が自己責任で産廃を処理すると決めたなら、もう売れもしないでしょうから、地権者以外が何をしても、どうにも出来なくなるだけです。

廃棄物処理事業合法化を阻止、国家権力が結託して

  • 2019/04/29 16:37

消防車が過積載出動して居る、日本中の消防車の多くが、とは大々的に報道し続けて居ますけれど「産廃収集運搬車両、解体業者、産廃収集運搬業者の車両の大半が、過積載用違法改造を施して有り、車検証を国交省ぐるみ偽造して、二次架装の重量を消す、犯罪車両ですが」

この事実を承知の上で、報道も、絶対に、この産廃収集運搬車両の大半が、過積載用に違法改造されて居て、車検証偽造となっており、違法改造は無い事と、偽りでされて居て。

二次架装の重量を消して有る分、10トンクラスのダンプだと、トラッククレーン搭載も有る車両なら、4~5t二次架装の重量が有るけれど、この重量も、車検証を偽造して、消して、過積載運行が、警察も共犯で、国中で行われて、見逃されて居る上に。

鋼鉄製のあおりを、高さ限度一杯まで嵩上げして有る理由の「10トンクラスのダンプに、20トン前後過積載して、運行する事も、恒常的にされて居る事実、二次架装分も、車検証偽造で消して有るから、本当は5~6トン積載ダンプなのに、20トンクラスの積載を、日常的に行い、通されて居る」

この真実を、絶対に報道もしません、確信犯で、この真実も、報道せず、無い犯罪とさせて有るのです。

廃棄物処理事業を、犯罪を山のように、国家権力が法を所管する特権を悪用させて認めて、通して居る事に、共犯の一角報道も迎合して、廃棄物処理事業は、犯罪を幾らでも、公に行い、通されるとしている結果です。

警察、法曹権力、行政機関、労働局、労基も共犯で、ここまでの犯罪を、国中で通して居るのですよ「千葉市で起きた、ばら積み産廃輸送トレーラー、過積載故横転、対向車に積載産廃が落下して、乗員3人が死亡事件も、この国家権力犯罪が原因で、3人が殺されたのです、国家権力が殺したんですよ」

廃棄物処理事業犯罪を

  • 2019/04/29 08:30

廃棄物処理事業は、国家権力が共犯となっており、犯罪を必要な部分、全部闇で認めて、犯罪を重ねて成功させて、安く廃棄処理費を上げる事を果たせています。

犯罪を認めて、安く廃棄処理費を上げている、認めて有る犯罪は、普通であれば、逮捕される犯罪ばかりです。

廃棄物を過積載運搬出来るように、二次架装の重量を、車検証を偽造する手を、国の機関、都道府県庁、国の出先、警察、報道が共謀して講じて有り、過積載廃棄物運行を、国中で行わせて、通して居る、危険極まりない事ですが、今も国中之を強引に、国家権力の悪用を武器で使い、通して居ます。

廃棄物処理費を、思いっきり安く上げる為です、合法な廃棄物収集運搬事業実施となれば、費用が嵩むので「過積載運行用違法改造車製造販売、車検証偽造で二次架装無しと偽装で、思いっきり過積載運行を、国中で認めて、行わせて通して居る、安く廃棄処理費を上げる為に、国家権力が手を汚して、汚させて有る犯罪の一つです」

昨年9月8日に、千葉市の千葉県道で、過積載用違法改造ばら積みトレーラーが、過積載運行の結果転倒して、対向車線を走行して居た軽乗用車に、過積載ばら積み産廃が落下して、3人を圧死させた事件も、過積載用違法改造、車検証偽造で違法改造抹殺、過積載運行した結果です。

人殺し用の、重大な違法改造車、車検証偽造で違法改造抹殺、恒常的に過積載運行を公認、官民で過積載運行を前提で、産廃処理費発注事実の結果です。

廃棄物処理事業は、犯罪を必要な部分認めて有り、犯罪を認めて行わせる国家権力テロにより、安く廃棄物処理が果たせてある、皆が恩恵を受けているから、犯罪を認めて正しい事業、報道、警察、役人が嘯く事実が理由の、闇の事業なのです。

廃棄物処理事業犯罪に手を入れれば

  • 2019/04/29 08:09

廃棄物処理事業は、地方自治体が法の所管権限と、事業の許可権限、事業の監督権限を持てています。

その特権を悪用させて、地方自治体、地方政治、地方警察、報道挙げて、廃棄物処理関係事業を、犯罪で構成させて、通して居るのです。

廃棄物輸送車両が、過積載用に違法改造されて、車検証偽造の手で、二次架装重量、鋼鉄製高さ限度一杯のあおり重量を消して、過積載し放題、積み込む時に使う、ヒアブクレーンも違法改造、殺人トラッククレーン操作、クレーン重量も、車検証偽造で消して有る、之で通せている理由も「都道府県庁、政令指定都市環境部署、土木建設工事発注部署が、国土交通省、運輸支局、厚生労働省機械課、安全衛生部、地方警察、民間業者、報道が共謀して、違法改造産廃輸送車両、車検証偽造で二次架装重量も消して有る」

ここまでの違法改造車を、トラックメーカー、トレーラーメーカーも直接共犯となって製造して、車検証を偽造して、過積載運行し放題とさせて「廃棄物処理費を思いっきり安く出来て、発注する側も、犯罪によって処理費を安く上げられて、儲けて居るから良い、こう言う根拠で、廃棄物処理事業犯罪を構成させて有るのです」

犯罪し放題とさせて有る事で、合法な事業より、出費が思いっきり安く上げられて居るから、誰もが恩恵を受けられており、良いのだ、之が国家権力他の、廃棄物処理事業を犯罪で構成させて、通して居る、廃棄物処理事業を犯罪で構成させて、犯罪を通して居る根拠です。

この殺人産廃輸送ダンプは、日本中で走って居ます「見た事も無い車両だ、国家権力がこう言って逃げているけれど、嘘ですよ一台も見た事が無い筈が有りません、日本中でこの違法改造廃棄物輸送ダンプが運行、使用されて居ますから」

偽造が蔓延し切って居る

  • 2019/04/29 07:39

日本国民の多くが知らなかっただけで、この国は、国家権力がこぞって、大企業や「定番過ぎる詐欺犯罪を、多少形を変えて、繰り返す犯罪者と結託して、犯罪を正当化する為に、必要な偽造捏造、でっち上げ、証拠隠滅、証拠握り潰しを恒常的に行い、認めている国です」

多くの国民は、日本の国家権力が、まともに公務を遂行して居る、国家資格者が、正しく法に沿い、国家資格者業務を務めていると、騙されて錯覚して居るに過ぎません。

この国の国家権力、国家資格者は「黒い理由が主体で”国家権力を、国家資格を悪事に用いて、国家権力、国家資格者犯罪が発覚しても、握り潰す、強引に事実、問題点を捻じ曲げる手口を常時使い”犯罪を正当化させた、事で押し通す事を日常とさせて居ます」

産廃輸送車両の内、あおりを鋼鉄製で、屋根上まで嵩上げして有る、トラッククレーン装着車も有る、あの手の車両の大半が「この二次架装の重さを、車検証を偽造して、架装は無いと、車検証上して、過積載を恒常化させて居るのも、黒い理由故です」

この犯罪改造、車検証偽造の手で「思いっきり過積載産廃輸送が、国中の官民発注で行えて、通せています”産廃処理費が、大きく減額出来て、発注する側に利益を齎して居ます”」

標準のあおりで有れば、過積載するにも限度が有るので「思いっきり過積載運行出来るように、鋼鉄製の、高さ限度一杯まで嵩上げした、過積載産廃の圧力で、壊れる事の無い、頑丈で数トン重さが有るあおりを装着して、過積載がより出来るように、車検証を偽造して、二次架装を消して有るのです」

10トンクラスのダンプで有れば、二次架装の重量4~5tを、車検証偽造で消して有ります、で、10トンクラス積載ダンプと偽らせて、10~20t過積載させ、運行させて居ます。

国家権力挙げての犯罪ならば

  • 2019/04/29 07:16

産廃処理費は「公共事業からして”産廃収集運搬車両を、過積載運行二倍超え”用に違法改造する、車検証を偽造して、違法改造二次架装の重量を、車両重量に加算せず”思いっきり過積載で運行を、国家権力が先に立ち、公認”して居ます」

この犯罪廃棄物処理用運行で、産廃の処理費が、激安と出来て居ます、正しい積載重量は「10トンクラスのダンプで有れば、過積載用違法改造二次架装分の重さが4~5t車両重量に加算されて、積載重量が5~6トンに落ちますけれど、10トン前後の積載重量だと、車検証を偽造して、偽られて居ます」

国策犯罪で、之が国中で行われて居ます、あおりを屋根上まで嵩上げの理由は「過積載が思いっきり出来るように、あの改造が施されて居ます、本当は積載重量5~6トンの産廃輸送ダンプに、15~20トンも積載して、運行される事が、公共事業でも恒常化して居ます」

産廃輸送用、あおりを鋼鉄製で屋根上までの高さで制作、装着して、目一杯産廃を積んで居る、産廃輸送ダンプの新しい車両も「重量計が搭載されて居るが、過積載し過ぎるので、重量計が壊れるからと、重量計のスイッチも切って、過積載運行されて居ると、交通課の警察官も、証言して居ます」

消防車が過積載運行、違法でしょうけれど「廃棄物輸送車両の犯罪行為より、ずっとましでしょう、産廃輸送車両は”過積載用に違法改造されて、過積載用の二次架装分の重量も、車検証偽造で消して、より過積載運行出来る仕様ですから”」

消防は叩き易いが「宣伝広告費を出す産廃屋等は、どれだけの犯罪を行って居ても”故意に無い事と偽り、通す”毎度の報道プロパガンダです」

消防車の車検証偽造

  • 2019/04/29 06:23

@本日付け道新記事でも”道内19消防で過積載”と、消防が叩かれて居ます、産廃輸送車で、あおり鋼鉄製で制作、装着、トラッククレーン頂部に、違法改造で操作機器、椅子設置車両の車は、大半がこの二次架装重量を、車検証偽造の手口で、車両重量に計上せず、過積載用仕様ですが、こっちの巨大犯罪は、握り潰され続けて居ます

                                平成31年4月29日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

マテック本社  マテックも、下記違法改造、車検証偽造で過積載運行
TEL0155-37-5511  記載ダンプ、正しい積載量は6トン前後
FAX0155-38-7185
※マテック所有車両、札131-のー18産廃輸送ダンプ、鋼鉄製あおり屋根まで装着、トラッククレーン頂部に違法改造椅子、操作機器装着車両も”積載重量9,7t”と、新車時に貼ったシールが付いて居ますが、二次架装重量4~5tが、車両重量に乗せられておらず、過積載用違法車両ですね

北海道新聞社
TEL0123-23-2345 道新千歳支局、池田記者
FAX0123-24-4474 上記車両の車検証記載真贋、調べるべき
FAX011-210-5592道新報道センター川崎、内山、樋口記者
恵庭消防本部警務課、中村課長
TEL0123-33-5191 恵庭市に限らず日本中で、土木建設他工事
FAX0123-33-7105 発注で、上記違法改造産廃車使用、公認

国土交通省自動車整備課、加野島他担当(42-422)
FAX03-5253-1639 
FAX011-712-2406札幌運輸支局木野主席、上記違法車検公認
厚生労働省安全衛生部、松本他担当(5477)機械課、殺人クレーン可
FAX03-3502-1598違法改造トラッククレーン、車検証偽造承知
FAX011-756-0056 道労働局、各労基署長、上記承知で公認
鈴木道知事、道議会、土木建設工事部署
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹他、上記違法車公認
秋元札幌市長、市議会、土木建設工事課
FAX011-218-5165
FAX011-218-5105環境局3課長、公社下請けも同じ違法車多数
FAX011-218-5108 環境事業部清水課長
FAX011-218-5124 共産党市議団
山下直人道警本部長、生活経済、交通課、公安委員会
TEL,FAX011-251-0110過積載用に重量計もカット、警察証言

1、記載先”消防車両が過積載運行、違反運行”よりも”国挙げて、廃棄物輸送処理費削減目的と言って、過積載、違法トラッククレーン操作用に、あおり高さ限度まで、鋼鉄製で制作、搭載、トラッククレーン頂部に、違法に椅子、操作機器設置、この二次架装重量を、車検証を偽造する手で車両重量に加えず、過積載用仕様の違法改造車を国中に蔓延させ、官民で廃棄物処理費削減を果たせている現実が、とんでも無く重大な犯罪です。

2、マテック、上記産廃輸送ダンプも「メーカー納車時から、二次架装重量が、車検証偽造で消して有る、車検証偽造、違法過積載仕様車ですよね、積載重量シールが、メーカー出荷時のシールですから」

3、このダンプの場合は「鋼鉄製あおりの重量が3トン前後、違法改造ヒアブトラッククレーンの重量が1,5トン前後なので、正しい積載重量は”9,7トンでは無く、5~6t程度ですよね”同じ違法改造車多数所持、産廃事業者の丸松総業、丸栄他が認めている、正しい積載量です」

4、道新恵庭市局池田記者他「昨年秋に見た”積載量4トンダンプに、鋼鉄製制作煽り屋根上までの高さで装着、ヒアブトラッククレーン頂部に椅子、操作機器設置、新車のダンプは、積載重量1トン積み”と、納車時のシールで記載されて居ました、二次架装分重量が、3トン程度と言う事です、改造無しなら4t積載、過積載用改造の意味が失われて居ます」こう言う事ですよ、違法改造は、過積載、違法トラッククレーン操作で廃棄物処理費大幅減を果たす為、国策犯罪で行われて居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653372
ユニークアクセス:3903707
今日
ページビュー:162
ユニークアクセス:160
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed